私のヒガンバナ研究はどこまで来たのか?(6) #ヒガンバナ

Dsc_4876
「出葉」だ。まちがいない\(^O^)/
 2014年に自然結実した「種子」を手に入れ、2015年から「実生」に挑戦しはじめた実生ヒガンバナの鉢のひとつから今年も「出葉」してきたのだ。それも最初から2枚の葉が確認できた。
 2015年、2016年の出葉でたっぷり栄養貯め込んだので球根(鱗茎)もさぞ大きくなっていることだろう。
 あとの2つの鉢からも「出葉」はあるだろうか?
▼同じことを2016年に回収し、今年の春に「発芽」(発根)に成功した3つの鉢がある。
 こちらの方は、いくら目をこらして見てもまだ「出葉」は確認できなかった。
 はたしてほんとうに「出葉」してくるだろうか?
 楽しみである。o(^o^)o ワクワク
▼ここまでが、私のヒガンバナ研究の現段階である。
 2013年から4年連続しての「自然結実」ヒガンバナ群落を「発見」した。
 それによって、あんなに探し求めていた

 「自然結実」はアタリマエ!! 

 に思えてきた。でも自分だけが納得してもそれで「科学」にならない!!
 「ほんとうだ。探したらあるもんなんだね!!」と多くの人に言ってもらってこそ、「科学」になる。
 昨年は、2人の報告を聞いた。
 
 今年こそ多くの人の報告を聞きたい!!

 開花最盛期の今、群生地の場所を確認しておいて、10月下旬~11月上旬に再び訪ねて欲しい。
 きっと まだ緑を残した花茎が何本が立っているはずだ。
 ぜひ、ぜひ…。

「自然結実ヒガンバナに何が起こっているのか?」
 その謎解きはまだまだはじまったばかりだ。
 作業仮説はいくつか立てみた。
 それを立証することは、現段階の私の知識・技量ではむつかしい。
 環境的にも無理である。
 でもあきらめたくない!! 
 
 できることは具体的事例をいっぱいつくることだ!!

 いつかヒガンバナゲノムがあきらかにされ謎は解明されるかも知れない。
 その日を夢見ながら…。
 
 いったん終りにするが、このあとどんな展開が待ちうけているかわからないので、「つづく」としておく。

(つづく)
Dsc_4836

Dsc_4895

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究はどこまで来たのか?(6) #ヒガンバナ

Dsc_4876
「出葉」だ。まちがいない\(^O^)/
 2014年に自然結実した「種子」を手に入れ、2015年から「実生」に挑戦しはじめた実生ヒガンバナの鉢のひとつから今年も「出葉」してきたのだ。それも最初から2枚の葉が確認できた。
 2015年、2016年の出葉でたっぷり栄養貯め込んだので球根(鱗茎)もさぞ大きくなっていることだろう。
 あとの2つの鉢からも「出葉」はあるだろうか?
▼同じことを2016年に回収し、今年の春に「発芽」(発根)に成功した3つの鉢がある。
 こちらの方は、いくら目をこらして見てもまだ「出葉」は確認できなかった。
 はたしてほんとうに「出葉」してくるだろうか?
 楽しみである。o(^o^)o ワクワク
▼ここまでが、私のヒガンバナ研究の現段階である。
 2013年から4年連続しての「自然結実」ヒガンバナ群落を「発見」した。
 それによって、あんなに探し求めていた

 「自然結実」はアタリマエ!! 

 に思えてきた。でも自分だけが納得してもそれで「科学」にならない!!
 「ほんとうだ。探したらあるもんなんだね!!」と多くの人に言ってもらってこそ、「科学」になる。
 昨年は、2人の報告を聞いた。
 
 今年こそ多くの人の報告を聞きたい!!

 開花最盛期の今、群生地の場所を確認しておいて、10月下旬~11月上旬に再び訪ねて欲しい。
 きっと まだ緑を残した花茎が何本が立っているはずだ。
 ぜひ、ぜひ…。

「自然結実ヒガンバナに何が起こっているのか?」
 その謎解きはまだまだはじまったばかりだ。
 作業仮説はいくつか立てみた。
 それを立証することは、現段階の私の知識・技量ではむつかしい。
 環境的にも無理である。
 でもあきらめたくない!! 
 
 できることは具体的事例をいっぱいつくることだ!!

 いつかヒガンバナゲノムがあきらかにされ謎は解明されるかも知れない。
 その日を夢見ながら…。
 
 いったん終りにするが、このあとどんな展開が待ちうけているかわからないので、「つづく」としておく。

(つづく)
Dsc_4836

Dsc_4895

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【祝】「日本ヒガンバナ学会」10周年\(^O^)/ #ヒガンバナ

Dsc_4567
▼庭のシロバナヒガンバナ株の「走りもの」が咲いた!!
 シロバナヒガンバナと言いながらも色はややクリーム色がかっている。それにしてもやっぱりきれいだ。
 ネットでシロバナヒガンバナのことを話題にしていたら、近くの方から「おすそ分け」していただいたものだ。
 植木鉢のヒガンバナも花茎がのびてきた。こちらの株は東京の野島高彦さんところから「引っ越し」してきたものだ。お互い継続観察しているヒガンバナを交換して、環境がかわれば開花期、出葉期などがかわるだろうかを確かめるために交換した株だ。
 このように私にとってヒガンバナ研究とネットは深い関係にあった。
▼そんなかで、ちょうど10年前の今日(2007/09/23)、ひとつの「学会」を立ち上げた。
それが
Higangakukais

である。
 当時多くの人が利用していたmixiコミュニティのひとつとしてである。

◆「日本ヒガンバナ学会」

▼そのときの呼びかけ文はこうだ!!

-------------------------------------------------------------------------------
「ヒガンバナに興味・関心がある。」という一点だけで共通項をもつみんなで創るコミュニティです。

◆時空を超えて学び合う会(=学会)をみんなで創ろう。
 未来派「学会」に。
「学び合う」楽しさ・喜びをみんなで。 

◆あなたがノックするところがドア(入口)です。
 自分の興味あるところから入ってきてください。
 なければ自分で作ってください。
-------------------------------------------------------------------------------

▼10年経った今も志は不易である。
 おかげで多くの人に参加していただき、私自身多くのことを学ぶことができた。
 なによりうれしかったのは「ヒガンバナ」をネタにあらたなヒューマンネットワークが構築されていくことだった。
 「かたち」は変わるかも知れないが、この未来派「学会」は続いていくだろう。
 この10年間に関わって下さったみなさんに感謝である。
 多謝 <(_ _)>
 
 私のヒガンバナスポットのヒガンバナは赤く燃え立っていた!!

Dsc_4541

Dsc_4530

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究はどこまで来たのか?(5) #ヒガンバナ

Dsc_4389
▼種子から育てる実生ヒガンバナに挑戦するとは言っても当時は何も知らなかった。
 いかにいつもの「無手勝流」と言えども少しはヒントが欲しかった。
 ヒガンバナの仲間のキツネノカミソリとコヒガンバナの実生実験が大きな勇気を与えてくれた。
 ふたつとも2倍体であり、アタリマエに「種子」をつくると言われていた。
▼2倍体だからアタリマエと言われても自分で目にするまではすぐには納得できなかった。
 まずはキツネノカミソリからはじめた。
 以前から知っていた群生地に8月の末にでかけてみた。
 確かに花の咲いたあとに子房部が丸くふくらんだ花茎がいくつもあった。大喜びして、その花茎を持ち帰りペットボトルに水を入れた簡易花瓶にさした。いつも観察できるようにそれを玄関に置いておいた。
 やがて完熟し、真っ黒で真ん丸の「種子」を手に入れた。
 それをチャック付きナイロン袋に濡れたティシュとともに入れた。
 なんとこんな簡単な処理をしただけで

 キツネノカミソリの種子が発芽したのだ!!

 アタリマエと言えばアタリマエ!!なにしろ2倍体!!
 でも感動だった。実生ヒガンバナへの光が見えてきた。
 しかし、このときはまだ実生の全貌は見えてはいなかった。「発芽」と思ったのは正確には「発根」であると知るのは後のことだった。
▼もうひとつの2倍体コヒガンバナの実生はさらに感動的なものだった。
 コヒガンバナのことは本などで知っていた。実際にこの目で確かめたく「宇治市植物公園」にでかけて行ったりしていた。
 そんなときうれしいことが起こった。

 2014/10/26 コヒガンバナの種子51個も分けてもらったのだ。

・チャック付きナイロン袋に保存
・2015.04 土ポット、育苗ケース(容器に濡れティシュを敷いただけ)で育てる。
 最終的には49/51が発芽(発根)する。(発芽率97.6%!!)
・2015.05 5月はじめ49個を育苗土に植え替える。土ポットの分はそのままに
・2015.09.11 「出葉」はじまる!!
・最終的に39/49「出葉」する。(79.5%) 種子→「出葉」(39/51 76.5%)

やっぱりほんとうにコヒガンバナは2倍体だ!!

▼コヒガンバナは2016年の秋にも「出葉」してきた。
 そして、2017年の昨日も「出葉」してきていた!!

 2015年の暮れ、私はひとつのプロジェクトを立ち上げた。名づけて

◆「実生コヒガンバナを咲かせよう!!」プロジェクト!!

 
 この実生コヒガンバナは「出葉」を繰り返し、栄養を球根(鱗茎)に貯め込みつづけ何年後かには、花茎をのばしコヒガンバナの花を咲かせるだろう。
 遠大なる実生実験である。
 私ひとりでは花を咲かせるところまで行けるか心許ない。
 このコヒガンバナは元々「おすそ分け」で手に入れたものだ。
 そこで考えたのが、この遠大なる実生実験を、「出葉」したコヒガンバナを「おすそ分け」して、多くの人で挑戦してみてはというこのプロジェクトだ。
 もうすでに何人もの人の手元に行っている。

 今年も「出葉」してきましたか?


(つづく)

Dsc_4367


| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究はどこまで来たのか?(4) #ヒガンバナ

Dsc_3987
▼台風18号の雨は、ヒガンバナに勢いを与えたようだった。
 庭の定点ヒガンバナも、続々と顔をだしていた。家の近くのヒガンバナ散策コースのヒガンバナはいっきょに満開に達した株もあった。
 赤く燃え立つビカンバナは、私をワクワク気分にしてくれる。
▼「ヒガンバナばっかり病」が徐々に発症してきたようだ。
 ヒガンバナの「ふしぎ!?」研究の話をつづけよう。
 2013年秋の「自然結実」ヒガンバナ群落との出会いが、その後の劇的展開を方向付けた。

・2013年 「自然結実」種子を手に入れたことがうれしく、それを見せ回っているあいだにつぶれたりして最終的に何個の種子を手に入れたのか不明になってしまった。(10個以上であることは確かだ。)
・2014年 完熟種子33個!!
・2015年 完熟種子62個!!
・2016年 完熟種子73個!!  

 もはや「偶然」などではあり得ない!!
 自然結実はアタリマエ!! 

▼でもこれだけではホンモノの「種子」とは言いがたい。
 「種子」なら次世代のヒガンバナに育ってこそホンモノ!!今はまだ「種子もどき」なのかも?

 「種子」から育てる実生への挑戦は必然だった!!

 しかし、実生の知識も情報も多くはなかった。あるのはいつもの「無手勝流」だけ!!
 そんな私をヒガンバナは見捨てなかった。

 2015.4.14 ついに実生ヒガンバナが「発芽」したのだ!!

 それに続いて2個が「発芽」(発根)した。2014年採集の33個のうち3個が「発芽」(発根)したのである。
 感動はそこまででとどまらなかった。
 
 その年の秋(201.09.17)、今度は「出葉」してきたのだ!!

▼ことは順調に展開していくかに思えた。
 しかし、そうそううまくいくことばかりではなかった。2015年採集の62個についてはすべてカビでやられてしまい(今のところ原因はカビと判断しているが…)、どれひとつとして「発芽」(発根)しなかった。
 私はあきらめなかった。いやあきらめたくはなかった!!

 2016年採集の73個(そのうち3個は東京へ)について再挑戦をした。
 今年の春、そのうち3個が「発芽」(発根)した。

 シロウトの「無手勝流」に限界があることは確かだ。
 しかし、シロウトだからこそ見えてくる「ふしぎ!?」もある。

(つづく) 

Dsc_3978


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究はどこまで来たのか?(3) #ヒガンバナ

Dsc_3801
▼台風18号、秋雨前線の影響で朝から雨が降っていた。
 いつものヒガンバナ散策にでかけることはできない。こんなときは庭のヒガンバナ観察定点があるのはアリガタイ!!
 その前にちょっと都合が悪いことが起こっていた。大賀ハス観察池である。蓮根の植え替えから21週目に入りもう枯れた果托が立つのみになっていたのだが、ヒガンバナ観察定点のちょうど前に「引っ越し」してきていたのだ。そこで再び「引っ越し」だ。ここで果托は台風の風に耐えられだろうか、ちょっと不安だ。
 
 これでバッチリとヒガンバナ定点の観察ができるようになった。
 定点A…ついに花芽がひとつだけ顔を出しかけた!!
 定点B…シロバナヒガンバナの花茎はぐんぐんのびてきた。赤い花の方も花芽がひとつ。
 定点C…やはりここがいちばん成長が目立つ。それにしていつのまにやら「分球」して大きな株になっていた。
      最初はひとつの球根だったろうに。やっぱり「ふしぎ!?」

▼私のヒガンバナ研究の履歴をつづけよう。
 それまでのシロウトのこだわり研究が、自分でも驚くほどの急展開を見せたのは2013年の秋のことだった。

 2013.11.13!!

 私のヒガンバナ研究を語るうえで忘れられない日となった。
 
 この日偶然にも自然結実ヒガンバナの群生地を「発見」したのだ!!

 「偶然にも」という表現は正確ではない。
 私はずっとずっと自然結実ヒガンバナを探していた。友人と自然結実ヒガンバナを探すことに特化したヒガンバナオフを企画し播磨一帯のヒガンバナ群生地を廻ったこともあった。
 なかば諦めかけていたときの「発見」だけにメチャクチャうれしかった\(^O^)/
▼この「発見」は一回かぎりのものとはならなかった。
 授業で「究極のクリップモーター」をやるとき、ひとりが『回った!!』と言い出すと、それまで半信半疑で取り組んでいた生徒も夢中になり、あちらでもこちらでも『回った!!回った!!』と声が続出するのである。
 あの感じに似ていた。アタリマエと思っていることも実際に目にすると実感するのである。
 科学・技術史でも「発見」が連鎖するのがよくわかる。

 「発見」は2013年だけにとどまらなかった。

・2014年

・2015年

・2016年

 とつづいた!! 4年連続だ!!
▼「日本のヒガンバナは3倍体であり、種子をつくらない」
このアタリマエを疑いたくなってきた。
 それにしても「ふしぎ!?」だった。

 なんの特別の知識・技量もない私にみつけることができて、なぜ多くの人が目にすることができないのか!?

 今のところひとつの結論に達していた。

 それは、誰も「そんなもの」を本気で探そうとしないからだ!!

 次なる課題は見えてきた。
 これはほんとうに「種子」と呼んでいいのだろうか?
 実生ヒガンバナの挑戦がはじまる。

(つづく)

Dsc_3822

Dsc_3837

Dsc_3844

Dsc_3820

 
  
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究はどこまで来たのか?(2) #ヒガンバナ

Dsc_3558
「ハミズハナミズ(葉見ず 花見ず)」!!
 数あるヒガンバナの里名のひとつである。なんとみごとな観察眼だろう。
  スルスルと伸びてくる花茎を見ていると、みごとと驚くと同時になにか違和感がある。
  それはお馴染みの「葉」を見ないのだ。
  一年間かけたヒガンバナのみごとな戦略を知ればナルホドと納得するのであるが、やっぱり最初は「ふしぎ!?」なものだ。
▼そんな「ふしぎ!?」も含めて、昔から秋の風物詩として愉しんできたヒガンバナ。
 そのヒガンバナを21世紀の今、多くの人と共に愉しむためのガイドブックのようなテキストはできないものだろうか。そんな願いを込めて作ったのが

◆Webテキスト『ヒガンバナ』(2013年版 2013.09.01)

▼テキストは以下の三部構成とした。

Ⅰ ヒガンバナの「ふしぎ!?」

Ⅱ どうやって殖えるのか?

Ⅲ もっと知ろう!「ヒガンバナ」のこと!!

そして、その時点で私の知る限りのヒガンバナ情報を

【参考文献・Webページ等】

としてあげた。
▼元々は「植物」の授業でこのヒガンバナを取り上げたいというのが本意だった。

 ヒガンバナを理解すれば「植物」がわかる!!

という確信があったからだ。
 このテキストを作成してからも私のシロウト「ヒガンバナ研究」はつづいた。
 特に「Ⅱ どうやって殖えるのか?」の部分で更新の必要性が出てきた。

(つづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究はどこまで来たのか?(1) #ヒガンバナ

Dsc_3391_2
▼周辺のヒガンバナの花芽が出てきたり、開花が進んでくると庭の定点観察地のヒガンバナが気になり出した。
 何と言っても観察の本命はこれだ。
 20年以上観察を続けている株 定点A。
 紅白ヒガンバナのそろっている 定点B。
 少し離れていつのまにやら庭に侵入して株のある 定点C。
 少し入念に観察してみた。
 定点Aは今年は過酷な環境下にあった。その周りを踏んづけまくった。あらかじめの「引っ越し」も考えたが、2度目の「引っ越し」は躊躇してしまったのである。
 今、浮き株ばかりが目立ち花芽の気配はない。
 定点Bは周辺の草むしりをしていてやっと気づいた。ひとつだけシロバナヒガンバナの株の方から花芽が出ていた。
 定点Cはすでに二本の花茎がのびてきていた。

▼この季節をむかえて今一度、「私のヒガンバナ研究はどこまで来ているのか?」をまとめておこうと思う。
 頭のなかを整理してみて、これからの課題、今年の課題をあきらかにしようということである。

▼定点Aの株の観察を中心として2010年度に機会がありまとめたことがある。

◆『人の暮らしに密着するヒガンバナ』
(会報「自然保護」2011年3・4月号/発行:日本自然保護協会)

 多忙な時期でもありまとめる作業を躊躇したが、今となってはやっておいてほんとよかったとおもう。
機会を与えてくださったみなさんに感謝します。深謝。
▼これを書くために用意した資料もWeb化してみた。

◆『人の暮らしに密着するヒガンバナ』のための画像集
「ヒガンバナ情報2012」よりたどり閲覧可能)

 そのときどきに情報を蓄積しておくことの大切さを痛感する。
 今、見なおしているとヒガンバナのどんな「ふしぎ!?」を追いかけようとしてきたのがよくわかる。

 ゆっくり 急ごう!!

(つづく)
Dsc_3437

Dsc_3402


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年・ヒガンバナは今!? #ヒガンバナ

Dsc_3208
▼あれっ!?
もう咲いているではないか!!
 雨があがって、別の用があって近くの川の土手に行ったときすでに開花したヒガンバナを一本みつけた。
 慌てて花芽初見の定点に行ってみた。
 グングンと花茎がのびてきていた。
Dsc_3215

Dsc_3246

Dsc_3287

Dsc_3331
▼ひょっとしたら別の場所ではもっと開花しているのではないか。
 気になってしかたがなかった。
 そこで夕方の「アメダス」までの散策のとき、足を伸ばして福崎の自然結実ヒガンバナ群落のようすを見に行った。
 やっぱりそうだった。
 もうすでにいくつかが開花していた。
 それにしても、やっぱりヒガンバナと稲穂のコラボは最高だ。
 ヒガンバナが真っ赤に燃え立つ日が楽しみだo(^o^)o ワクワク
▼またまたこの季節がめぐってきた。
 秋の野にヒガンバナ、きわめてアタリマエの風景だ。
 しかし、
 私にとってヒガンバナは特別の植物だ。

 たかがヒガンバナ、されどヒガンバナ!!

なのだ。かつてこんな<科学読み物>を書いたことがあった。

◆彼岸花の一生~一年間をかけたみごとな戦略~ 

▼ネット上では今、東北、九州、東京等々の全国から続々と開花情報が届いている。
 全国のヒガンバナの今を楽しませてもらいながら、今年もまたヒガンバナの「ふしぎ!?」を追いかけていきたい。
 なんともゼイタクで楽しい作業だ!!

 あなたの近くのヒガンバナは今!?

 Dscn9268

Dscn9274

Dscn9282

Dscn9290


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実生ヒガンバナ2つ目も発芽(発根)!!(2017/05/06) #ヒガンバナ

Dsc_4231
▼「0」と「1」とでは大きくちがう。「無」と「有」のちがいである。
  「1」と「2」もまた大きく意味がちがう!!
  「単数」と「複数」の違いだけでない。 「たまたまひとつだけ」と「2つ目も」というのでは可能性という点では大きく意味が違うのである。

 つい先日やっと発芽(発根)した種子から育てる実生ヒガンバナ、昨日(2017/05/06)は2つ目が発芽(発根)しているのに気づいた!!
▼今度の「自然結実」種子の採集場所、採集日、「完熟」日は
・福崎
・10/25
・11/11
 花茎を採集した日の記録を残していた。
▼この「自然結実」ヒガンバナ群生地から、最終的に手に入れた「完熟」種子は17個あった。
同じ場所で2015年度、手に入れた「完熟」種子は58個だった。
だから、昨年は不作であったとも言える。
年によって大きくちがうのはどうしてだろう?
やはり「自然結実」は周期的に起こるものなんだろうか?

いずれにしても、この場所から手に入れた「種子」が発芽(発根)した!!
その意味は大きい。
 今年いちばん目に発芽(発根)した安富の分は見えている部分が緑がかっていた。
 自分で栄養をつくりはじめているのだった。

「自然結実」ヒガンバナに何が起こっているのか?
「ふしぎ!?」はまだまだ続く!! 

Dsc_4248

Dsc_4267

▼大賀ハス観察池の方は、蓮根の植え替えから2週目だった。
A.B.Cいずれの観察池からも、いくつかの葉芽が顔を出していた。
なんともたくましいかぎりである!!

 植物の生命の営みは私の想像以上にもっともっとフレキシブルなものなのかも知れない!!


Dsc_4128

Dsc_4130

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧