庭のヒガンバナも「自然結実」か!?(2018/10/16) #ヒガンバナ

_dsc0725

▼先日のファラデーラボでも、「ヒガンバナの「種子」をさがそう。」を呼びかけさせてもらった。
 人に呼びかけた手前、自分自身の「観察」にも力が入った!!

 昨日(2018/10/16)、いつものように庭の定点ヒガンバナA~Eの写真を撮っていた。
 すべての地点で花茎は倒れ始めていた。
 最初に開花したD地点などすっかり花茎が倒れ葉ばかりが目立っていた。
 倒れた花茎の中に妙に緑を残している残しているものがあった。
 「ひょっとしたら…!?」
 やっぱり予想はあたった。緑を残した花茎の先に子房部の膨らんだそれがあった!!

 「自然結実」したのだろうか!?

_dsc0756


▼ほんとうに不思議なもので、こういう「発見」は連鎖する!!
 身近でみつけたのは庭でだけでなかった。
 東の畑の畦にも、子房部の膨らみかけたヒガンバナをみつけた。
 それもらしいものを含めると2~3個はある。
 これまた、花茎が倒れかけたなかだから、緑を残して佇立した花茎はすぐわかった。

_dsc0803

_dsc0821

_dsc0837

▼「自然結実」らしきものをみつけた株でとんでもないものに出会ってしまった!!

 ヒガンバナの宿敵 ヨトウ だ!!

 それもまた一匹ではない。
 葉をムシャムシャと貪欲にたべるもの、花茎をのぼるもの等々かなりの数いそうだ。
 ひょっとしたら「自然結実」した「種子」を食べてしまうかもしれない (^_^;)

_dsc0845

_dsc0871

▼いずれの「自然結実」したかも知れない花茎は切りとらなかった。
 切りとって「水栽培」しなくても、観察しようと思えば、すぐ見ることができるからそのままにしておいた。
 
 それにしても「ふしぎ!?」だ!!
 実は庭のDの株も、東の畦の株も、以前の年にも「自然結実」したのを目撃していたのだ。
 ということは

 高頻度に「自然結実」する株があるということか!?
 このヒガンバナに何かが起こっているのだろうか!? 

 謎は深まるばかりだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナの「種子」をさがそう!!(4) #ヒガンバナ

_dsc0463

前回の「自然結実」ヒガンバナ群生地巡り(2018/10/09)から4日がたっていた。
 そのとき採集した花茎をペットボトルに挿していた。
 「安富」3本、「福崎」4本である。
 「安富」の花茎は3本とも元気だ。先には完熟に向けて膨らんでいく子房部があった!!
 「福崎」の2本の花茎は萎れてしまった。
 最後の最後まで子房部は緑を残していた。その姿にいたく感動するのだった!!

_dsc0454

_dsc0473

_dsc0482

_dsc0489

▼さあ、いよいよその季節がやってきた!!
 何度も繰り返そう。今年の最大のミッションは

 ひとりでも多くの人にビカンバナの「種子」に出会ってもらうことだ!!

 自分自身が6年連続して「自然結実」ヒガンバナの「種子」を手に入れることだけでなく、よりこちらの方にウエイトをかけてねらいとしたい。
 それこそが、私のヒガンバナ研究を加速することになると信じるから!!

▼これまた繰り返してみよう。
 現段階で私がヒガンバナの「種子」をみつける秘訣を!!

(1) 「ある」と信じること!!
 なんとも「非科学的」な秘訣に聞こえるだろう。しかし、「ないのでは?」と半信半疑でさがすのと「きっとあるはず!!」と思って探すのでは大きなちがいが出てくる。
 
(2) 観察時期を考慮すること!!
 これまで多くの人が、その「種子」を探しながら、どうしてみつけることができなかったか!?
 私は、ひとつの作業仮説をたてていた。
 「それは、探す時期を間違っていた。」という仮説である。
 やっぱり花が咲いた後すぐに探したくなる。それが人情というモノだ。
 そこがちがう!!
 人々がヒガンバナのことなど忘れしまったころに探すのである!!
 花を咲かせた後、花茎の栄養は球根(鱗茎)へ回収されるだろう。
 ほとんどの花茎は倒れていく。
 しかし、先端で「自然結実」した場合はどうだろう。
 最後の最後まで水分と栄養を届けようとするだろう!!
 だから「自然結実」した花茎は倒れない!!
 最後の最後まで緑を残している!!

 だから、「自然結実」ヒガンバナの花茎はこれからがみつけやすいのだ!!

 10月中旬~11月中旬(場所によっては下旬まで)

(3) 繰り返し観察すること!!
 たった一度の観察で「ない」ときめつけず、何度も何度も観察してみること。
 同じ畦でも、歩く方向を変えてみる。
 観察の時間帯を変えてみる。等々
 
▼みつけたら、ぜひぜひ画像とともに報告してほしい。
 よろしくお願いします<(_ _)>

 「日本のヒガンバナは不稔性」の定説は覆るかも!?

 花茎を採集したら、ぺットボトルなどを使って、「水栽培」をしてほしい。
 完熟して黒々した「種子」が顔を出すまで…

 
 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから29週目だった。
 池に使った枯れ葉が美しく見えた!!

_dsc0354

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実生ヒガンバナは今!!(2018/10/11) #ヒガンバナ

_dsc9853

_dsc9749

▼やはり私のヒガンバナ研究の本命はこちらにあった!!

 不稔性であるはずの日本のヒガンバナの「種子」をみつけて、「種子」から育てる実生実験に挑戦する!!

 5年前の私にとっては夢物語であった。
 ところがこの5年のあいだの「偶然」のできごとが、夢物語を現実のものとしてくれた。
 とりわけ
 相次いでの「自然結実」ヒガンバナ群生地の発見!!
 コヒガンバナ実生実験の成功!!
 このふたつが私の研究を加速してくれた。
▼2014年に手に入れた完熟「種子」は30個あった。
 翌年(2015年)の春、30個の「種子」を使って実生実験に挑戦した。
 「発芽」「発根」に成功したのは3個のみだった。
 発芽率は 3/30=10.0%
 発芽したものは、植木鉢に植え替えた。その年の秋には、その3つから葉が出てきた。(「出葉」)
 今年の秋も、ひとつの鉢から「出葉」していた。
 
 なんと今年の葉は2枚だ!! 

▼完熟「種子」を手に入れたこれまでの最高は2016年の73個である。
 翌年(2017年)の春、3個は他所で挑戦してもらうことにして、70個の「種子」を使って実生実験に挑戦してみた。
 そのうち「発芽」「発根」成功したのは3個だけだった。
 2017年の秋、「出葉」を見たのはひとつだけだった。

 昨日(2018/10/11)も3つの植木鉢を木陰からひっぱりだしてきて観察すると、ひとつだけ一枚のヒガンバナの葉をのばしていた!!

ここから花茎がするすると伸びてきてあのみごとな花を咲かせるのは何年後だろう!?
 ほんとうにそのときは訪れるのだろうか!?

 「種子」の方法、実生実験で「発芽」「発根」させる床、育てる土、等々。
 どれがベストなのか不明のままだ!!
 シロウトの無手勝流試行錯誤がつづく!!

 でもいつの日か…の夢追いかけて!!
 
_dsc9924

_dsc9874


 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実生コヒガンバナは今!!(2018/10/10) #ヒガンバナ

_dsc9576

▼アタリマエに「種子」をつくるコヒガンバナ!!
 そのコヒガンバナを「種子」から育てる実生実験に取り組んで4年目!!。
 今年も、すでに「出葉」してきたことは、半月前(2018/09/25)に報告していた。
 コヒガンバナは日本のヒガンバナに比べて開花か早い。
 だからその分、「出葉」も早い。
▼一年目(2015年)は、一枚だけだった葉も、今年は三枚になったものも出てきた。
 葉がグングンのびていく姿はたくましく見えた!!
 葉の緑もずいぶん濃い緑になってきた。
_dsc9606

_dsc9614

▼土を掘って、球根(鱗茎)がどこまで育ったのか見てみたい衝動にかられるが、ここはぐっと我慢だ!!
 49粒もの「種子」が発芽したもので、このような育苗ケースを使っていた。
 こんなケースでは窮屈だろう!?
 試しに底をあげてみたら、りっぱな根がはみ出していた。
 大きな植木鉢に引っ越ししてやろうと思う。
_dsc9649

「実生コヒガンバナを咲かせよう!!」プロジェクトで興味あるみなさんに「おすそ分け」して、 私の手元に残ったなかで、現在「出葉」しているのは17個である。
 このなかから、花茎をのばし花をさかせるものは出てくるだろうか?
 それより早く、全国のどこからか「開花」報告があるだろうか?
 それは、いつだろう!? o(^o^)o ワクワク

 その花もアタリマエに「種子」をつくるかな。

_dsc9727_2

_dsc9729

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「自然結実」ヒガンバナ群生地は今!!(2018/10/09) #ヒガンバナ

_dsc8932
▼昨日(2018/10/09)、今年度2度目の「自然結実」ヒガンバナ群生地めぐりをした。 
 第1回目は、2018/09/21であった。
 それから18日が経過していた。巡回コース順番は前回と同じである。

 最初に訪れたのは安富である。「自然結実」ヒガンバナ群生地を最初にみつけた場所だった。
 その田はすでに稲刈りがすんでいた!!
 刈田の畦に倒れかけたヒガンバナの花茎が密集していた。
 遅れん坊ヒガンバナもまだ咲いていた。
 いちばん最初にこの地を発見したのは、2013.11.13であった。それからすると一ヶ月以上早い!!
 このなかから「自然結実」を発見するのは至難の業である。
 でも「ある」という確証があるからなんとか3つをみつけた。

_dsc8955

_dsc8917

_dsc8903

_dsc8894
▼次が、夢前である。
 こちらは、稲刈りもまだだった。
 また前回のときも確認したが、開花も遅れ気味だったので、花茎の先はまだ赤みを帯びていた。
 花茎の先でバッタが気持ちよさそうにひなたぼっこをしていた。
 萎れた花びらが絡まった花茎の先に、「自然結実」になりかけをさがすが、昨日の時点ではひとつもみつけることができなかった。

_dsc9033

_dsc9072

_dsc9108

_dsc9138

_dsc9172

▼最後が福崎であった。
 こちらも稲刈りはまだであった。溝の水面に映る花茎が印象的だった。
 こちらも、ここから「自然結実」をみつける作業はなかなか困難だ。
 それでなんとか4つをみつけることができた。

_dsc9287

_dsc9351

_dsc9373

_dsc9410

_dsc9436

▼やっぱりもう少し後の方が、「自然結実」ヒガンバナをみつけることが簡単だ!!
 もう10日もすればほとんどの花茎は倒れてしまうだろう。
 しかし、「自然結実」した花茎は倒れない!!
 最後まで水・栄養の補給がおこなわれるだ!!
 なんと合理的!!科学だ!!
 倒れた花茎の中で、凜として直立した花茎をさがし、その先をみれば…(^^)V

 採集した花茎を水をはったペットボトルにさして、「完熟」するまで水栽培をすることにした!!

_dsc9524

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今こそ、植物「ヒガンバナ」の葉を観察しよう!! #ヒガンバナ

_dsc8424
▼『日本植物方言集成』(八坂書房 2001.2.28)には、555ものヒガンバナの各地での呼び名が紹介されています。研究者によっては、1000以上の名をあげる人もいるようです。
 この膨大な数の意味するところは何でしょう?
 それはこの植物が、人々の暮らしの身近にあったということでしょう。昔の人々もきっちりとヒガンバナを観察していました。それは、次のような呼び名からよくわかります。
「ハッカケバナ」
「ハッカケ」
「ハコボレ」
等々です。その極めつけが

「ハミズハナミズ(葉見ず花見ず)」

です。たいした観察眼です。 

▼今、私たちがヒガンバナを見て、すぐさま不思議に思うことにやっぱり気づいていたのです。
 「りっぱな花が咲くのに葉がないではないか?」と。
 でもほんとうに葉はないのでしょうか?
 花茎を一日で10㎝をのばすエネルギーはどこからやってくるのだろう?
 そのエネルギーをどのように蓄積したのだろう?
 どう考えても
 植物「ヒガンバナ」に葉がないなんて考えられないです!! 

▼花が萎れ始めた今こそ、植物「ヒガンバナ」の観察が始まるのです。

  花茎の足元に緑あざやかな葉が観察できるのです!!

 花茎の足元だけではありません!!
 少し離れた場所から、葉がいっぱい続々と!!
 少し遅れん坊の花は今が盛り!!
 今こそ、期間限定で

「ハミルハナミル(葉見る花見る)」

が観察できるのです。

▼期間限定の観察が終わっても、植物「ヒガンバナ」の葉をときどき観察しつづけてみよう。
 やがて畦、土手の草花は枯れてしまい。
 植物「ヒガンバナ」の葉が、畦、土手を独り占めしてしまうだろう。
 冬の太陽を独り占めして、栄養をたっぷり球根(鱗茎)に貯め込んでいくだろう。
 来年の春になって他の草花が芽を出すころ葉は枯れていくのだ!!

 なんとみごとな戦略だ!!

 さあ、今こそ植物「ヒガンバナ」の葉を!!
 
_dsc8447

_dsc8452

_dsc8361

_dsc8322

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナの「種子」をさがそう!!(3) #ヒガンバナ

_dsc7234
一昨日(2018/09/28)、庭の定点Aヒガンバナは圧巻であった!!
 200本近い花茎が林立し、その先に燃え立つような真っ赤な花が…。
 もう何年も観察しているが、今年の定点Aはとりわけみごとである。
 定点Bの紅白ヒガンバナのコラボも。

 実は、この庭の定点ヒガンバナからも、ここ数年で何回か「種子」を手に入れるようになっていた。

_dsc7218

▼今年のミッションをひつこく繰り返す。

 ひとりでも多くの人がヒガンバナの「種子」をみつけること!!
 それを可能にするためにあらん限りの情報を流し続けること!! 

▼それにしても「ふしぎ!?」な話だ。
 長年その「種子」を探し続けて来たのにいっこうにみつからずに、ひとたび「自然結実」ヒガンバナ群生地を発見すると、5年連続してアタリマエのように「種子」をみつけることができるようになった。

 どうしだろう!?

 現段階では、2つの作業仮説をたてていた。

(1) 「ある」という確証を強く抱いていなかった。どこか半信半疑だった!!
 これまでに「偶然」に見かけた記憶があっても、またネットなどでその画像を見せてもらってもまだ、「自分の身近にも存在する」という確証が持てないでいたのだと思う。
 あの「究極のクリップモーター」で、誰かが「回った!!」と言い出すと次々と続くようなもの。
 「立春の卵」一度立つと、今までがうそのようにアタリマエに立つ!!
 あの感じだ!!

(2) 「種子」を探す時期が問題だ!! 
 「種子」が採集できるのは、10月中旬から11月中旬だ。
 誰もがもうヒガンバナのことなど忘れてしまった頃だ!!
 そんな時期に、プロたちも「種子はつくらない」と言っているものを物好きに探す人間はそうはいない。
 ほんとうは、昔から探す時期さえあえば、もっともっと「種子」はみつかっていたのかも知れない。

▼この5年間の私の取り組みを

◆私のヒガンバナ研究・その後(楠田純一 2018.7)

としてまとめた。
 そのなかで、次のように語っていた。

4 楠田式「自然結実」ヒガンバナ実生実験法

「自然結実」ヒガバナ群生地発見から5年!!
この5年間の試行錯誤の取り組みに基づき、いったん私流のヒガンバナ実生実験を定式化しておこうと思う。これが、「これから」の私自身のヒガンバナ研究に役立つと同時に、今からはじめる人にも役立つことになることを願いつつ。

◆楠田式「自然結実」ヒガンバナ実生実験法!! 

【Step1】「種子」を手に入れる。

(1) お彼岸の前後にビカンバナが群生しているところをみつけておく。候補地はできるだけ自宅から近くで複数がよい。(9月中下旬)

(2) 「自然結実」している花茎を採集する。花は萎れ葉が目立ちはじめ頃、「自然結実」した花茎は直立していることが多く目立つ。(10月中旬~11月上旬)

(3) 採集した花茎を「水栽培」する。ペットボトルなどに水を入れ、花茎を挿して置く。

(4) 子房部が割れ、黒い「種子」が見えてきたら注意深く観察し、落下したら回収する。(11月中旬~12月上旬) 

 

※なおこの報告は
◆『かがく教育研究所 研究紀要(創刊号)』(かがく教育研究所発行 2018.7.30)
で読むことができる。ぜひご一読を!!

 さあ、台風が過ぎていった後、いまのうちに「候補地」を何カ所かみつけておこう!!

 昨日、台風の前の秋雨前線の雨が、蓮根の植え替えから27週目の大賀ハス観察池に降っていた。

(つづく)

_dsc7415


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナの「種子」をさがそう!!(2) #ヒガンバナ

_dsc6898
▼今年最高の景と思っていたヒガンバナも秋雨に濡れ、あわれな姿となっていた。

 花が咲いた後、子房部がふくらみ実ができる。
 その実のなかに「種子」ができる!!

 私はそれほど不可思議なことを言っているだろうか!?
 このアタリマエ!!
_dsc6911

_dsc6940

_dsc6944

▼「日本のヒガンバナは3倍体だから…」だけでは、腹の底からは納得できなかった。
  「でも、あんなにたくさんみごとに咲くのだから…」という思いはくすぶり続けていた。
 そのうち、ネット上でヒガンバナの「種子」を見せてくれるふたりの先達とも出会った。
 益々、私は自分のこの目でヒガンバナの「種子」を見ることを念じるようになっていた!!

 そして、ついにその日(2013/11/13)はやってきた!!
 私は、「自然結実」ヒガンバナ群落を安富の地で発見したのだ!!

▼これがまたまた不思議なもんだ。
 ひとたび「自然結実」ヒガンバナ群落を発見すると、翌年2014年は夢前で、さらに翌々年2015年には福崎で群生地をみつけた。その3つの群生地を中心に、連続5年間もヒガンバナの「種子」を手に入れることになった。

【2013年】10個以上正確には不明 「安富」群落発見で喜んでしまい散逸
【2014年】30個 「夢前」群落発見、「安富」群落なし
【2015年】69個 「福崎」群落発見、「福崎」63個が目立つ
【2016年】73個  再び「安富」33個が目立つ
【2017年】31個 「福崎」20個が目立つ

▼もはや、これは「偶然」などではあり得ない!!
 私が目にしたまちがいのない「事実」である!!
 
 群生地発見から6年目、今年の私のミッションは決めていた。
 
 私の目にした「事実」を「科学」にすることだ!!

 私だけにこんな「偶然」が連続して訪れるわけがない。
 私に「神の手」「神の目」があるはずもない。
 ナラバ

 誰もがこの「事実」を目にすることができるはずだ。
 これまでにも単発的に発見の報告を聞いていたが、その後がつづかなかった。
 伝えたつもりになっていただけで、伝わっていなかったのだろうか!?
 今年の最大のミッションの再確認だ!!

 ひとりでも多くの人がヒガンバナの「種子」をみつけること!! 

 
(つづく) 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒガンバナの「種子」をさがそう!!(1) #ヒガンバナ

_dsc6798
▼昨日(2018/09/26)は、「彼岸明け」だった!!
 庭のヒガンバナは、今年もピッタリと「彼岸」に照準をあわせて開花してくれた。
 みごとなものだ!!

 定点Aは例年よりも花茎の本数が多いように思う。
 定点Bの紅白ヒガンバナ、やっぱり今年もシロバナヒガンバナ先行したようだ。
 定点Cは東京からの引っ越し組、今年は一本だけ花茎をのばしただけだったが、完全に開花していた。

_dsc6804

_dsc6807

▼「記録」に残しているだけでもう20年以上観察している古株の定点Aの花茎は100本までは数えていたが、もうはるかにそれを越えているようだった。
 花茎の立つ範囲も広がってきたように思う。

 日本のヒガンバナは「種子」をつくらないとすれば、どうして殖えるのか!?
 

 この不思議に長期の観察で応えたヒガンバナ研究の大先達がいた。
 松江幸雄先生である。

◆ 「ヒガンバナの繁殖~32年目の株を掘る~」(松江幸雄 『遺伝』裳華房VOL51NO.4 1997.4.1)

のなかで松江先生はつぎのようにまとめていた。
 

 1球から始めた分球調査は、肥料も施さず、自然状態のまま放置し、32年間にわたって観察を続けてきた。結果は表1のごとく、926球となった。

 たった1球が926球に!!
 その「分球」繁殖力に驚くばかりである。

▼日本のヒガンバナが「種子」をつくらないこと最初に指摘したのはあの牧野富太郎先生である。

◆ 「ヒガンバナの民俗・文化誌」(Ⅱ)「花は咲けども」 栗田子郎先生

では、栗田先生は次のように書かれていた。

 ヒガンバナに種子ができないことの不思議を最初に指摘したのは牧野富太郎だった。彼は明治40年(1907)に出版された飯沼慾斎の『増訂草木図説』のマンジュシャゲの補記に「予ハ未ダ本種ノ結実セシモノヲ見タルコトナシ」と書いている。

でも私はまだ疑っていた!!

 あんなにみごとな花をいっぱい咲かせるのだから、なかには変わりダネがいて、「種子」をつくることもあるのではないか!?

 現に私はそれらしいものを見た記憶があったから!!
 シロウト研究の執念で

 来る年も来る年も私はヒガンバナの「種子」を探し続けた!!

(つづく)

_dsc6825


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実生コヒガンバナは今!!(2018/09/25) #ヒガンバナ

_dsc6611

_dsc6624

▼庭のヒガンバナにアゲハチョウが舞っていた。
 こんな姿を見ていると、こんなりっぱな花が咲いているヒガンバナが「種子」をつくらないなんて「ふしぎ!?」でならない。ついあの言葉を言ってみたくなる。

ねえ君、不思議だと思いませんか?

▼「日本のヒガンバナは3倍体で種子をつくらない。」そんなとおりいっぺんの説明では納得できなかった。
 「あんなにたくさんの花が咲いているのだから、なかには変わりダネがいて…」
 「そもそも3倍体って…」
 そんなこと考えているとき、とっても興味深い情報を知った。
 
 ヒガンバナのなかにもアタリマエに「種子」をつくる仲間がいるという。
 それがコヒガンバナである。
 ふつうのヒガンバナより少し小さくて、花が咲くのは8月の下旬で少し早い。
 ヒガンバナの祖先である。

 「コヒガンバナは2倍体で、アタリマエに種子をつくる。」

▼ナラバぜひともその種子が欲しい!!
 ずっと願っておれば、そのチャンスを訪れるものである。
 
 2014.10.26 ついに大量(51個)のコヒガンバナ種子を手に入れた!! 
 
 私は翌年の春からさっそく実生実験を開始した。
 そしたら、なんと49個の種子が発芽したのだ。 
 発芽率=49/51=97.6%
 さらには、その年の秋、「幼い鱗茎」(球根)から「出葉」してきたのだ。
 出葉率=41/49=83.7%
 最初の種子から考えると
 出葉率=41/51=80.3%

▼「コヒガンバナは2倍体で、…」にやっと納得するのだった。
 次に面白いプロジェクトをたちあげた。

◆「実生コヒガンバナを咲かせよう!!」プロジェクト

である。「出葉」したコヒガンバナを全国に「おすそ分け」して、私ひとりで育てるのではなく、多くの人に育ててもらおうというプロジェクトだ。
 私自身が、途中で失敗しても、花を咲かせるまでうまく育ててくれる人がでてくるかも知れない。
 そんな願いを込めてのプロジェクトだ。

 昨日(2018/09/25)、私の手元に残っているコヒガンバナが、今年も「出葉」していた!!

_dsc6692

_dsc6697

_dsc6675

_dsc6731

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧