私のヒガンバナ研究・その後(15) #ヒガンバナ

Dsc_4250
▼大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから35週目だった。
 観察池は凍てついていた!!

 振り返り見れば、この大賀ハス観察池もやはり一粒の実(種子)の実生実験からはじまっていた。
 まもなく10年の歳月が流れたことになる!!
 
▼ヒガンバナの方はどうだろう?

◆楠田式「自然結実」ヒガンバナ実生実験法!! 

 私はどこまで来ているのだろう。
【Step6】 花茎がのびてきて花が咲くのを待つ。
(13) 【Step5】の「出葉」観察を何年間か繰り返し花茎がのびてくるのを待つ。
●2014年「種子」採集→2015年実生実験開始 →植木鉢3つ
●2016年「種子」採集→2017年実生実験開始 →植木鉢3つ

これが私の「現在地」だった。
その顛末の一部始終は【ヒガンバナ情報○○○年】に記録した。

▼さて「これから」である。
 「これから」の課題を思いつくままにあげてみる。

(1) 「自然結実」ヒガンバナ実生実験の事例をふやしていく!!
 まずはこれだ!!
 ここまでは、私のわずかながらの事例にすぎない。もっともっと多くの事例が出てきてこそ「研究」の名に値するものになるのだ。

(2) 「ヒガンバナに何が起こっているのか?」を明らかにする。
 今の私の環境では、染色体数も数えることができない。
 それどころか私はまだ、実際にヒガンバナの染色体の顕微鏡観察もしたことがない。

(3) Webテキスト『ヒガンバナ』改訂版の制作!!
  Webテキスト『ヒガンバナ』(2013年版 2013.09.01解説版)以降の展開をふまえて改訂版をぜひともつくりたい。

▼と「大風呂敷」を広げてみても、今の私にはそれを具体化する知識も能力もない。
 研究をすすめるための設備、「研究室」もない。

 しかし、それらに増して強力な味方があった!!

 ネットを駆使したビカンバナ・ヒューマンネットワーク!!

 である。これにまさるものはなかった。
 またこれ以上の愉しみもなかった。
 私のヒガンバナ研究の「これまで」すべてを支えてくださったのはこれだ。
 「これから」もよろしくお願いします。<(_ _)> 

Dsc_4287

Dsc_4294

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究・その後(14) #ヒガンバナ

Dscn3596

Dscn3599

▼昨日は「冬至」!!
 日の出の位置を確認した。

 季節はきわめて律儀に巡っていく。すべてはこの太陽と地軸の傾きに所以する。
 地球上のすべての生きものの営みがこの支配下にある!!
 アタリマエすぎるほどのアタリマエ!!
 
 これって「科学」!?

▼我らがヒガンバナも同様だった。

◆楠田式「自然結実」ヒガンバナ実生実験法!! 

を続ける。

【Step3】「種子」を発芽・発根させる。

(7) 保存して置いた「種子」を冷蔵庫から出してくる。(2月~3月中旬)

(8) 「種子」を一粒ずつ「タネまき土ポット」(市販品)にまく。そのとき採集場所、花茎採集日、種子回収日の記録されたナイロン袋は工夫をしてつけておく。
   土ポットを入れる容器は、プリンの空容器等を工夫する。

 (発芽、発根だけであれば適当な容器に濡れたティシュを敷いて床としても可)

(9) 発芽・発根を観察する。(~5月中旬)

【Step4】植木鉢に植え替える

(10) 発芽してから、小さな鱗茎がふくらみ緑の部分が消えかかるまで観察して、土ポットごと植木鉢に植え替える。使用する土は市販の「花・野菜栽培用土」で可。(~6月中旬)


【Step5】「出葉」を観察する。

(11) 植木鉢の土のなかから葉が出てくるのを観察する。(9月中旬~) 

(12)翌年の春、葉が枯れるまで観察する。

※もしその年に「出葉」しなくても植木鉢はそのままにしておく。


【Step6】 花茎がのびてきて花が咲くのを待つ。

(13) 【Step5】の「出葉」観察を何年間か繰り返し花茎がのびてくるのを待つ。

(14) 花茎がのびてきて開花すれば、実生実験は成功!! \(^O^)/

以上だ。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究・その後(13) #ヒガンバナ

Dscn3249

▼少し事情があって「雲見」定点をずらした。
 しかし、この鉄塔にはこだわった。それは、この鉄塔の下にはあの「アメダス」があるからだ。
 だから、この新しい「雲見」定点からの画像は、「アメダス」真上の空を様子を示すことになる。
 「アメダス」は刻々と「記録」を残していってくれている。
 だからそれとリンクすればいつでも「雲見」のときのデータを確認することができる!!
 偶然のこととは言え、アリガタイかぎりだ!!
 私の「雲見」を定式化してくれている。
 「雲見」の楽しみを大いにふくらませてくれる。

▼いつも「無手勝流」ばかりを押し通してきた私には、ときにはこの定式化することがきわめて有効であることを体験的に学んできた。
 私のヒガンバナ研究においてもそれは言えるだろうと思っていた。
 
 「自然結実」ヒガバナ群生地発見から5年!!
 この5年間の試行錯誤の取り組みから、いったんヒガンバナ実生実験を定式化しておく。
 名づけて

◆楠田式「自然結実」ヒガンバナ実生実験法!! 

▼これが、「これから」の私自身のヒガンバナ研究に役立つと同時に、今からはじめる人にも役立つことを願いつつはじめる。

◆楠田式「自然結実」ヒガンバナ実生実験法!! 

【Step1】「種子」を手に入れる。

(1) お彼岸の前後にビカンバナが群生しているところをみつけておく。候補地はできるだけ自宅から近くで複数がよい。(9月中下旬)

(2) 「自然結実」している花茎を採集する。花は萎れ葉が目立ちはじめ頃、「自然結実」した花茎は直立していることが多く目立つ。(10月中旬~11月上旬)

(3) 採集した花茎を「水栽培」する。ペットボトルなどに水を入れ、花茎を挿して置く。
 
(4) 子房部が割れ、黒い「種子」が見えてきたら注意深く観察し、落下したら回収する。(11月中旬~12月上旬) 


【Step2】「種子」を保存する。

(5)  「種子」を1個ずつチャック付きナイロン袋(12×7㎝)に入れる。袋には採集場所、花茎採集日、「種子」回収日をマジックで記入しておく。(11月中旬~12月上旬)

(6) すべての「種子」が回収し終わったら、ナイロン袋をケースに入れ、冷蔵庫で保存する。(12月中旬~)

(つづく)

Dscn3261

Dscn3272


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究・その後(12) #ヒガンバナ

Dsc_3514
▼私の確認した「初雪」だった!!
・庭の定点ヒガンバナ
・畦のヒガンバナ
そして
・南天 
もうっすらと雪化粧をしていた。
▼ヒガンバナに「種子」!?をつづけよう。

 ヒガンバナが「種子」をつくらない不思議を最初に指摘したのはあの牧野富太郎である!!

と栗田子郎先生は『ヒガンバナの民俗・文化誌Ⅱ「花は咲けども」』のなかでのべておられる。

 ヒガンバナに種子ができないことの不思議を最初に指摘したのは牧野富太郎だった。彼は明治40年(1907)に出版された飯沼慾斎の『増訂草木図説』のマンジュシャゲの補記に「予ハ未ダ本種ノ結実セシモノヲ見タルコトナシ」と書いている。

 その後の謎解きも詳しく書いてある。必読だ!!
  
 それにしても、あの牧野富太郎が「見タルコトナシ」とは!?

▼私が5年間に見て来たモノはなんだったのだろう?
 そこで、あらたな「作業仮説」だ!!

【仮説その2】

「今、ヒガンバナに何かが起きている!!」 
 
【仮説 1】「自然結実」するヒガンバナは、2倍体(2n=22)になっている。

【仮説 2】無融合種子形成をするようになっている。3倍体(2n=33)のままである。

【仮説 3】 【仮説 1】と【仮説 2】とが入り交じっている。


▼どの仮説が正しいのだろうか。

 結論を出すまでにはまだまだ時間が必要なようだ。
 道は遠い!!
 克服すべき課題も多い。
 
 でもこの謎解きはつづけたい!!
 
(つづく)
Dsc_3496

Dsc_3504

Dsc_3572

Dsc_3526

  


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究・その後(11) #ヒガンバナ

Dscn3111
▼今一度、昨年度までと比較対照するため今年回収した「自然結実」ヒガンバナの種子をテーブルにならべてみた。「自然結実」ヒガンバナの群落ごとにならべた。

【2017年】 31個

【安富】 4個 (内訳 花茎採集10/25 種子回収日12/5)

【夢前】 7個 (内訳 1個10/17 -12/5 6個10/25-12/5)

【福崎】 20個 (内訳 2個10/17-12/5 1個10/25-11/11 17個10/25-12/5)

▼「自然結実」群落発見以降の5年間をふり返ってみよう。

【2013年】10個以上正確には不明 「安富」群落発見で喜んでしまい散逸

【2014年】30個 「夢前」群落発見、「安富」群落なし

【2015年】69個 「福崎」群落発見、「福崎」63個が目立つ

【2016年】73個 再び「安富」33個が目立つ

▼もはや、たまたまの偶然などではない!!

 ヒガンバナ「自然結実」は想像以上に、高頻度に起こっている!!

そう結論づけても「非科学的」とは言えないのではなかろうか。
ではどうして「めったにない」と言われ続けてきたのだろう!?

現段階での私の「仮説」はこうだ!!
【仮説その1】
・誰も「あるもの」として本気で探さなかった。
・現に私も2013年11月まで捜しまくっていたが、どこか半信半疑だった。群落を見てからは「あるもの」として探し始めた。
・「自然結実」の時期が、10月下旬~11月中旬と、ヒガンバナの存在など意識されない時期である。
・そこで結論だ。

 「あるもの」として探せば誰でもみつけることができる!!

▼最終的に回収した「種子」を私は「完熟種子」と呼んできた。
 しかし、これではすべてが「発芽」する種子のように誤解されるのではと、栗田子郎先生からアドバイスをもらった。そこで、これからはただの「種子」とすることにした。
 また「発芽」することもあったので、「種子もどき」ももうやめにする。

さあ、来年の春まで冷蔵庫で眠らせよう。
今年は、枯れた花茎も「証拠品」「記念品」として保存して置くことにする。

(つづく)

Dscn3130

Dscn3136

Dscn3118

Dscn3144

Dscn3151


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究・その後(10) #ヒガンバナ

Dsc_3405
▼どんな「研究」でも同じスピードで展開していくわけではない。
 ひとつの「発見」「出会い」で、急激に加速されることがあるのである。
 私のヒガンバナ研究においては次の2つのこと急展開を見せることになる

(1) 「自然結実」ヒガンバナ群生地の発見!!(2013.11.13)

(2) 大量のコヒガンバナ種子の入手!!(2014.10.26)

▼コヒガンバナは、ふつうに見られる日本のヒガンバナとちがって2倍体だと言われている。
 従って、「種子」をつくってアタリマエ!!。
 ほんとうだろうか!?
 どうしてもそれを自分で確かめてみたかった。「種子」が欲しかった!!
 ずっと念じておれば叶うものである。

 51個もの「種子」を手にいれた私は、さっそく2015年の春、種子から育てる実生実験に取り組んだ。
 そしたら、ほんとうに次々と「発芽」(発根)して来たのだ。

◆コヒガンバナは続々「発芽」!! #ヒガンバナ

◆ヒガンバナの仲間たちの実生は…!? #ヒガンバナ

 そして、なんと最終的に49個の種子が「発芽」したのである。

発芽率49/51=97.6%

▼さらに驚くことがあった。春に発芽したものを土の中に眠らせた。
 そして、秋をむかえた。
 今度は土の中から葉が出てきたのである。

◆実生コヒガンバナに葉が…!? #ヒガンバナ

◆実生「コヒガンバナ」物語の今!! #ヒガンバナ

 そして、最終的に出葉したのは41個あった。
 出葉率41/49=83.7%!!

 51個の種子から「出葉」まで辿り着いたのは41個である。 
 41/51=80.3% !!

 ほんとうにコヒガンバナは2倍体だ!!

▼このアタリマエがうれかった!!
 気をよくした私は2015年末から面白いプロジェクトをはじめた。

◆「実生コヒガンバナを咲かせよう!!」プロジェクト

 私一人で育てて行くのでなく、出葉したコヒガンバナを何人かに「おすそ分け」して育ててもらうというプロジェクトだ。
 出葉を何年か繰り返し、鱗茎を太らせ、何年か後に花茎をのばし花が咲く日がくることを夢見てのプロジェクトだ。何人かで取り組めば、私ひとりでは無理でも誰かが成功するかも知れない。
 その花は、またきっと種子をつくるだろう。
 そしたら、多くの人が「コヒガンバナは2倍体!!」に納得するだろう。
 それは何年先だろう!?
▼昨日(2017/12/12)ふだん木陰に置いている実生コヒガンバナを陽の当たるところに出してみた。
 多くが葉は2枚になっていた。
 現段階で「出葉」しているものは19個あった。

 さて、
 「あのコヒガンバナが咲いた!!」
 と報告できるのは何年先だろう!?
 
(つづく) 
Dsc_3423

Dsc_3442

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究・その後(9) #ヒガンバナ

Dsc_3081

Dsc_3055

Dsc_3087
▼「大雪」の朝。
 庭の定点ヒガンバナには霜が降り、ふるえていた。葉はうなだれ元気がないように見えた。
 田んぼには氷がはりはじめていた。
 「なにもこんな季節に…」
 というのは私のいらぬお節介だった。
 日が高くのぼってくると様子は一変した。
 葉はきらきらと輝き始め、光は「独り占め」だ!!

 何度見ても、なんともみごとなヒガンバナの「戦略」だ!!
▼ヒガンバナの「戦略」はこれだけではなかった。
  実生実験に取り組むなかで知らなかったもうひとつの「戦略」に出会った。
 春に「発芽」(発根)したビガンバナは、そのまま成長して葉を出してくるのではなかった。
 いったん地下に眠り、秋に「出葉」して来るのである。

 ヒガンバナの生長は二段構え!!
 春 「発芽」(発根) 秋「出葉」 !!

 私にはこれもまたみごとなヒガンバナの「戦略」に見えてくるのであった。
▼知ってしまえば、アタリマエ。
 でもやっぱりはじめてそれを自分の眼でたしかめたときは感動であった。
 それもまた「記録」していた。

◆ついに実生ヒガンバナにも葉が…\(^o^)/ #ヒガンバナ

◆実生ヒガンバナの葉は順調に伸びてきた!! #ヒガンバナ

▼この年、同時並行であらたな「ふしぎ!?」が生まれていた。
 そして、第3の「自然結実」ヒガンバナ群生地も発見していた。

◆ヒガンバナ「自然結実」の場所は年ごとに変わるのか!? #ヒガンバナ

◆ヒガンバナ「自然結実」は今!! #ヒガンバナ

◆今こそ、ヒガンバナ「自然結実」探索を!! #ヒガンバナ

最後の呼びかけ

あなたのフィールドで!! 今こそ、ヒガンバナ「自然結実」探索を!!

は今もつづく!!来年こそぜひ…。

(つづく)

Dsc_3128

Dsc_3106


| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究・その後(8) #ヒガンバナ

Dsc_2984

Dsc_3011

▼久しぶりに日当たりの良い縁側に6つの植木鉢を出してみた。
・2014年採集「自然結実」ヒガンバナ実生実験中3つ
・2016年採集「自然結実」ヒガンバナ実生実験中3つ
である。
 これぞ私のヒガンバナ研究の「現在地」(到達点)を示すものだった。

▼「現在地」にいたるまでの過程を書き残してきたこのblogでたどってみよう。
 この手法のお手本は、あの『ファラデーの日記』だった。

◆『ファラデー 王立研究所と孤独な科学者』(島尾 永康著 岩波書店 2000.3.14)

 著者島尾先生は42年間継続しつづけた『ファラデーの日記』にふれて示唆的なことを語っていた。

  注目に値するのは、研究記録の各パラグラフに通し番号をつけていることである。電磁誘導を発見した年の一八三一年二月二日から始め、…(中略)…。そして一八三二年八月二五日から始めたのは、一八六〇年三月六日まで続き、一~一六〇四一となっている。約三十年間にわたって研究に通し番号をつけた科学者は他にいない。(上記書P125)
ここでも各パラグラフに、三巻(『電気学実験研究』三巻のこと:私)を通じての通し番号一~三二四二をつけている。目次もパラグラフ番号で探すようにしてある。ファラデーは生涯を通じて記憶力のなさを嘆いていた。自分の研究のパラグラフに通し番号をつけた動機はそのためかも知れない。確かに通し番号は、いつでも自分の研究を参照できる強力な手段となったことだろう。しかし、三十年も、これを通した徹底ぶりには、妄執的なものさえ感じられる。(同書P126)

 「お手本」とは言ってはみたもののレベルが違いすぎることは歴然としている。
 でもやっぱりシロウト「研究」をすすめる私には大いに参考になる。
 今のblogならば「パラグラフ」「通し番号」も必要なく、瞬時に自分の研究を参照できるのである。

▼またまた寄り道してしまった。(^^ゞポリポリ
 続けよう。
 2014年に新しい群生地も発見しアタリマエのようにみつけた「自然結実」ヒガンバナ種子!!
 このときは「完熟」種子であっても少し「種子」ときめつけることに躊躇していた。
 少し遠慮して「種子もどき」とよんでいたときもある。
 
 正真正銘の「種子」ならば、発芽して育ち一人前のヒガンバナにナルハズだ。
 では実験だ!!
 種子から育てる実生実験だ!!

 はじめて「発芽」を見たときの感動を次のように「記録」していた。

◆ついにヒガンバナも「発芽」!! #ヒガンバナ 

◆ヒガンバナ実生、2個の種子が「発芽」して…!! #ヒガンバナ

◆ヒガンバナの「自然結実」「発芽」「発根」は事実となった!! #ヒガンバナ

◆ヒガンバナの実生、その後は…!? #ヒガンバナ

▼実生実験は多数の「失敗」をともなった。
ほんとうに「失敗」だろうか!?
私はまだまだ疑っていた。
そうすると研究の「残骸」がいっぱい残っていく。
もうそろそろ処分をしようと思うのだが、なかなか踏ん切りがつかない。
研究の「現在地」を示すものと一緒にこの「残骸」をひっぱりだしてきた。

さあ、つぎに行こう。

(つづく)
Dsc_2909

Dsc_2920


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究・その後(7) #ヒガンバナ

Dsc_2772

昨日(2017/12/05)、ついに「完熟」種子回収を決行した!!

 今年も「自然結実」ヒガンバナ群生地で採集した花茎を、採集場所、採集日に分けてペットボトル、海苔の瓶等を使い「水栽培」をしていた。
 「完熟」を待っていたのだ。
 これまでだと「目玉オヤジ」状態になった「完熟」種子は、やがてこぼれ落ちた。それを回収してきた。
 ところが今年はいっこうにこぼれ落ちなかった。
 以前とちがって「水栽培」の場所を日当たり良い縁側にしたことが関係しているのだろうか?
 このままだと黒光りしてつややかな「完熟」種子もシワシワになってしまう。それに、風に飛ばされ散逸してしまうリスクもある。そこで決行を決めたのである。

▼回収した種子は、昨年度から一粒ごとにチャック付きナイロン袋に入れて保存している。
 この方法がベストなのかは今のところわからない。(カビ被害にあった経験からこうするようになった。)
 回収作業は想定外に手こずった。
 なにしろまだ子房部が枯れてはいるもののまだ割れていないものあったからだ。
 干からびた子房部から「完熟」種子を取り出すのはなかなか難しかった。また出てきたものもこれで「種子」と読んでいいのか迷うような小さなかけらのようなものもあった。
 これまで経験しなかったことだ。
 もうひとつ気づいたことがある。干からびた子房部が種子をこぼれ落ちるのを邪魔をしているかと思っていたら、それだけではなかった。種子は「へその緒」ように比較的強く子房部とツナガッテイタ!!

「ものごとは記憶せずに記録する」(ウメサオタダオ)
 群生地ごとに「記録」しておこう。
 花茎採集日 「完熟」種子回収日 も「記録」しておく。

【安富群生地】
・4個        10/25  12/5

計 4個

【夢前群生地】
・1個(双子?)  10/17  12/5
・6個        10/25  12/5

計 7個

【福崎群生地】
・2個        10/17  12/5
・1個        10/25  11/11
・17個        10/25  12/5

計 20個

総合計 31個 !!

▼総合計31個は、群生地にはじめて出会った2013年をのぞけば過去最低である。
 なにが原因だろう!?

 それはともかく私は5年連続して「自然結実」ヒガンバナ群生地で「完熟」種子を手に入れた!!
 これは「仮説」ではない。「事実」だ!!
 もはや「偶然」などではけっしてない!! 
 
(つづく)

Dsc_2810

Dsc_2740

Dsc_2763

Dsc_2688

Dsc_2632

Dsc_2562

Dsc_2566

 


| | コメント (4) | トラックバック (0)

私のヒガンバナ研究・その後(6) #ヒガンバナ

Dscn2491
2013年11月、「自然結実」ヒガンバナ群生地「発見」!!
 その「発見」は私にとって衝撃的でありかつ感動的なものであった。
 それをよく物語るひとつの「現物」(モノ)を残していた。
 「自然結実」ヒガンバナ花茎標本!!
 である。
 花茎は5本あった。同じ田んぼの西畦(A)2本と東畦(B)3本に分けて黒い画用紙に貼り付けていた。
 花茎の先には4年たった今も子房部の膨らんだ痕跡が確認できた。
 採集日はいずれも「2013.11.28」となっていた。
 その年はずいぶん遅くまで花茎が立っていたようだ。

 久しぶりにゆっくりと標本をながめているとあのときのワクワクドキドキが蘇ってきた。
▼私はまったく有頂天になっていた!!
 うれしかった。これ以上の喜びはめったに経験できることではなかった。
 「これで一緒にヒガンバナの「種子」を追いかけてきた友人と「自然結実」ヒガンバナ観察会ができる。」
 「この群生地ナラバ確実に「自然結実」を観察できるだろう!!」
 そう考えると一年経つのが待ち遠しかった!!
▼だが事態はそう単純に展開していかなかった。
 いや、もっと驚きの展開をみせてくれたのだ。

 2014年秋、ヒガンバナの咲く前から何度もこの「群生地」に足を運んでいた。
 なにかが変だった。
 想定していたこととちがうことになっていた。
 そのときの様子を次のように「記録」していた。

◆今年もヒガンバナの「自然結実」を見ることができるか? #higanbana

◆今年もヒガンバナの「自然結実」を見ることができるだろうか!? #higanbana

▼ほんとうに「自然」とは面白いものだ!!
 私などの勝手な「想定」をはるかに越えたところで展開していた。
 2013年発見の「群生地」ではみつけることはできなかったが、2014年は他のいろんな場所で「自然結実」を確認できた。驚くべきことに、あらたな「群生地」(夢前)もみつけていた。
 だから予定通り「自然結実」ヒガンバナ観察オフを実施することにした。

◆ヒガンバナ「自然結実」観察オフin播磨!! #higanbana

観察オフを終えたあと、「自然結実」について次のようにまとめていた。(2014.11.02)


(1) どこでも「自然結実」ヒガンバナは観察できる!!
  それは、想像以上に「自然結実」の頻度は高いということを意味する!!

(2) 「自然結実」観察には今が最も適している!!

(3) 「自然結実」の頻度は、環境、その他によって異なる!!

(4) 完熟までにはもう少し時間が必要!!

(5) 完熟した種子が発芽(発根)するかは、次なるstepだ!!


(つづく)
Dscn2574

Dscn2560

Dscn2568

Dscn2544

Dscn2547_2

Dscn2555_2


| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧