今年も自然結実ヒガンバナの「種子」の発芽・発根がはじまった!!(2022/05/04) #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ #日本ヒガンバナ学会

Dscn8933_20220505035701

▼2021年の晩秋、自然結実するビガンバナから驚異的な個数の「種子」を採集・回収した。
 823個である!!
 その823個の「種子」を使っての実生実験をすでに開始していた。

・823個のヒガンバナ「種子」の実生実験をはじめた!!(1)(2022/03/11) #自然結実 #3倍体 #ヒガンバナの種子 #実生実験
・823個のヒガンバナ「種子」の実生実験をはじめた!!(2)(2022/03/15) #自然結実 #3倍体 #ヒガンバナの種子 #実生実験

 育苗プラグトレーの数は12個にもなっていた。

Dscn8895_20220505035501 

Dscn8900

▼トレーのまわりの除草作業をしながら、恐る恐るトレーのフタをあけてみた。

 ある!!
 たしかに「発芽・発根」した「種子」が!!

Dscn8910

Dscn8953_20220505040701

Dscn9146

▼すでに長く根をのばしたものもある。
 よく見ると、少しうっすらと「緑」の部分もある。
 土中に根をもぐらせているものもある。
 連続した場所の「種子」が「発芽・発根」しているのも特徴である。(考えてみるとアタリマエ!?)

Dscn8925_20220505041801 

Dscn8939

Dscn8964_20220505042201

Dscn9026_20220505042101

Dscn9053

▼「種子」ひとつひとつにナンバリングしてあった。
 「発芽・発根」した「種子」の採集場所、採集日、「種子」回収日が特定できるようにしていた。
 
 現段階(2022/05/04)での「発芽・発根」した「種子」は
・【安富】16個
・【福崎】 7個
・【福崎B】1個
・【福崎S】2個
・【福崎M】3個

 総合計は29個である!!

 さて、このあと何個まで!?

Dscn9187

 

| | コメント (0)

実生コヒガンバナは今!!(2022/04/29) #コヒガンバナ #二倍体 #実生コヒガンバナ #日本ヒガンバナ学会

Dscn0215_20220430040001

定点ヒガンバナ、実生ヒガンバナの枯れがすすんでいくなか、実生コヒガンバナはどうだろう!?

 前回の観察(2022/02/02)から3ヶ月近くが過ぎようとしていた。
 木陰に置いておいたコヒガンバナは、それでも冬の光をたっぷり受けてその姿を堅持していた。
 しかし、葉は少し枯れ始めていた。

▼「おすそ分け」してもらったコヒガンバナの「種子」から育てている実生コヒガンバナ!!
 実生コヒガンバナの鉢はぜんぶで16鉢あった。
 すべてを明るい場所に出して、ならべてみる。
 これだけで、なかなかの圧巻である。
 現在出ている葉の枚数によって分けてみると次のようになった。

【10枚】…1鉢
【9枚】 …1鉢
【6枚】 …1鉢
【5枚】 …3鉢
【4枚】 …6鉢
【3枚】 …3鉢
【2枚】 …1鉢 

 これは3ヶ月前とまったく同じだった。
 10枚の葉の出ている鉢、葉の最長は40㎝と前回より2㎝ばかり伸びている。
 しかし、個々の葉を見てみると、すでに枯れははじまっているようだった。

Dscn0228

Dscn0233

Dscn0242


▼枯れがはじまっているとは言え、この姿を見ていると

 コヒガンバナは、やっぱり2倍体(2n=22)ダ!!

 を実感するのであった。
 コヒガンバナの「種子」を「おすそ分け」してもらったのが、2014.10.26だった。
 この「種子」を使っての実生実験をはじめたのが2015年春である。
 こうして8度目の春が終わるのだった。

Dscn0252


▼このあとも枯れがすすみ、地上部から完全に姿を消してしまうだろう。
 そして…!!
 ついつい期待してしまうのである。

 いよいよ 今年あたり!!と

 秋口になると、花芽が顔を出し、花茎がスルスルとのびて花が咲く!!
 2倍体だから、「種子」で殖えてもアタリマエ!!
 でも私はまだそれを自分の眼で確かめてはいなかった。
 花が咲いたら、また「種子」をアタリマエにつくるだろうか!?

 できたら、今度は私が「おすそ分け」しよう!!

Dscn0282_20220430040701

Dscn0289

Dscn0298

| | コメント (0)

実生ヒガンバナ(2019年採集分)は今!!(2022/04/27) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験

Dscn0122

▼庭の定点ビカンバナ、2019年以前に採集・回収した「種子」を使った実生実験中のヒガンバナと見てきた。
 いずれもが枯れがはじまっていた。
 2019年に「自然結実」ヒガンバナから採集・回収した530個の「種子」を使った実生ヒガンバナ実験ではどうだろう。
 27個が「出葉」していた!!
 前回の観察(2022/02/07)から年を越して、79日がたっていた。
 「出葉」の様子はどう変化しただろう。
 
 定位置に置いたまま観察してみた。

▼一昨日(2022/04/27)現在を「記録」しておく。

まず【安富】【夢前】の鉢が置いてある場所だ。
まわりの草、笹などがけっこうのびていた。それらをとりのぞいて観察した。

【安富】
・「出葉」している鉢はかわらず2つである。
・となりあわせの2つだ。
・一鉢の方の葉は完全に枯れてしまっていた。もうひとつの方も先からかれはじめていた。(13.0㎝)

【夢前】
・「出葉」している鉢はかわらず3つである。
・葉は確かに以前より少しだけのびてきていた。(12.0㎝、21.0㎝、19.0㎝)
・葉の先の方から少し枯れ始めている。

Dscn0020_20220429035301

Dscn0031

Dscn0036

Dscn0038_20220429035401

Dscn0052

▼次は【福崎】である。

【福崎】
・「出葉」している鉢は前回と変わらず13鉢である。
・二枚の葉をのばしている鉢も2つあった。一鉢の葉は枯れてしまっていた。
・三枚の葉をのばしている一鉢ではもっとすごいことが起こっていた。
 「分球」!?(球根は分かれかけているように見える!!)
・一枚の葉でもすごくのびているものもあった。それも前回より3㎝ものびていた。(26.0㎝)
・ふたつの鉢で枯れて完全消失!!
・多くで葉の先で枯れがはじまっていた。

Dscn0068_20220429040701

Dscn0075_20220429040701

Dscn0082_20220429040801

Dscn0092_20220429040801


【その他】
・「出葉」している鉢は前回と同じく3つあった。
・二枚の葉がでているものも前回より1㎝のびていた。(17.0㎝、17.0㎝)
・一枚の葉でもよくのびているものもあった。先は枯れ始めていた(19.0㎝)

Dscn0143

Dscn0136

Dscn0138_20220429041501

▼その他に「育苗プラグトレー」のままになっていたものについては、2022/03/08に植木鉢に植え替えていた。

【育苗トレー】
・6鉢あった。
・二枚葉を出していた鉢はすっかり枯れてしまっていた。

Dscn0113_20220429043001

Dscn0128_20220429043001

 全体をまとめて、葉の枯れははじまっている!!
 すでに枯れて消失したものもあるほどである。
 これで2021年の秋にはじまった2年目の「出葉」の観察は終わる。
 いったんまとめてみよう。


【2019年採集分の実生実験】の現段階での結果(2022/04/27)

【2019年】 530個の「種子」採集・回収

【2020年】
・発芽率  140/530×100=26.4 %
・出葉率  54/140×100=38.6%
 全体で  54/530×100=10.6%

【2021年】
・2年目の出葉率 27/54×100=50.0%

 さて、3年目の今年の秋は!?

| | コメント (0)

実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2022/04/23) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験

Dscn9797

▼庭の定点ヒガンバナの葉は枯れ始めていた。
 「自然結実」したヒガンバナの「種子」から育てている実生ヒガンバナの葉はどうだろう!!

 前回の観察から78日が過ぎていた。
 昨日(2022/04/23)、9つの鉢を明るいところに持ち出して観察してみた。

▼実生実験開始が古い順番に見て行く。

●2014年「種子」採集→2015年実生実験開始→植木鉢3つ

・「出葉」しているのは一鉢だけ。
・葉の数は前回と変わらず三枚!!
・葉の長さはほぼ33㎝、30.5㎝、30.5㎝ これだけでも圧巻だ!!
・前回観察から2㎝~2.5㎝のびている。
・すでに一枚の葉は先の方から枯れ始めている。
・枯れきってしまうのはいつだろう!?
・秋のお彼岸近くに「花芽」が顔を出す日はほんとうに来るのだろうか!?

Dscn9687_20220424035101

Dscn9707_20220424035101


▼次に行く。

●2016年「種子」採集→2017年実生実験開始→植木鉢3つ

・こちらも「出葉」しているのは一鉢だけ。
・葉の数も前回とかわらず四枚!!
・葉の長さもけっこうよくのびていた。
 25㎝、22.5㎝、19㎝、15㎝
・前回よりも2㎝~3㎝のびていた!!
・よく伸びた2枚の葉が先端から枯れ始めていた。
・あと2枚はまだ緑を残している!!

Dscn9736_20220424035201

Dscn9743


▼最後は2018年採集分だ。

●2018年「種子」採集→2019年実生実験開始→植木鉢3つ

・こちらは「出葉」している鉢は二鉢だ。
・二鉢とも「出葉」している葉の枚数は一枚だけだ!!
・どちらの鉢の葉も、前回の観察より1.5㎝~3㎝ のびていた!!
 A 20.5㎝、 B 17㎝
・いずれも群生地「安富」で採集した「種子」からであった。
・いずれの鉢の葉もまだ枯れははじまっていなかった!!
・若い!?ということだろうか。

Dscn9756_20220424035401

Dscn9783_20220424035401


●実生ヒガンバナに花が咲くことはあるのだろうか!? それはいつだろうか!?
●私はその花を見ることができるだろうか!?

私のビカンバナの「ふしぎ!?」はつづく!!


Dscn9807

Dscn9814_20220424035601

Dscn9821_20220424035701

Dscn9829_20220424035701

| | コメント (0)

定点ヒガンバナの葉は枯れ始めた!!(2022/04/22) #ヒガンバナの葉 #ヒガンバナの一年 #日本ヒガンバナ学会

Dscn9601_20220423043301

▼庭の定点ヒガンバナの葉が、カラスノエンドウの包囲網のなか枯れ始めた!!
 毎年のことながら、今!! なんだと「記録」しておきたくなった。

 \(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ
 ところで庭を覆い尽くそうとする「カラスノエンドウ」ってほんとうに「カラス」なのかな!?
 もっと小さければ「スズメ」で「スズメノエンドウ」!!
 「カラス」と「スズメ」の中間ぐらいだったら「カスマグサ」!!
 いいな!!
 このアバウトさ最高!! 誰がこんな命名したのだろう!?

▼枯れ行く定点ヒガンバナに
・定点A…二十数年継続観察をつづける株だ。ほとんどが黄色く枯れている。
・定点B…紅白そろいぐみのヒガンバナだ。シロバナヒガンバナの少し幅の広い葉はすっかり枯れてしまっている。
・定点C…東京から引っ越してきたヒガンバナ。植木鉢の中でこちらもすっかり
・定点D…いつの頃からか庭に入り込んだヒガンバナ。他の花のなかで、埋もれるように倒れ込んでいた。まだ緑を多くのこしていた。

Dscn9613_20220423043301

Dscn9618_20220423043401

Dscn9623_20220423043401


▼いずれもが、冬のあいだは光をひとり占めして、あんな元気だった姿はもうない。
 やがて梅雨時が近づけば、枯れた葉も姿を消すだろう。
 そして、完全に地上部から姿を消してしまうだろう。
 ヒガンバナを「引っ越し」させるなら、この時期だ!!

 そして、秋のお彼岸が近づいて来ると、にょっきりと花芽が顔を出してくる。
 やがて花茎をスルスルとのばし、あの燃え立つようなみごとな花が。
 でも 「ハミズ ハナミズ(葉見ず 花見ず)」!!

 なんとみごとな「戦略」だ!!今さらのごとく感動だ!!

◆<科学読み物>「彼岸花の一生」~一年間をかけたみごとな戦略~


▼あの田んぼの畦のヒガンバナは今どうなっているだろう!?
 毎年楽しませてもらうあの土手のヒガンバナは今!?

 そして、「種子」から育ている実生ヒガンバナの葉は 今!?


| | コメント (0)

823個のヒガンバナ「種子」の実生実験をはじめた!!(2)(2022/03/15) #自然結実 #3倍体 #ヒガンバナの種子 #実生実験

Dscn9778

▼来る日も来る日も指定の場所に「種蒔き」を続けた!!
 まずは 2022/03/12。
 
Dscn9408_20220318033501

Dscn9419_20220318033501

Dscn9420

Dscn9434_20220318033901

Dscn9444_20220318033901

Dscn9449_20220318034101

● 2022/03/13 これでやっと半分だった!!

Dscn9495 

▼次は2022/03/14 

Dscn9529_20220318035201

Dscn9559_20220318035201

Dscn9590_20220318035501

Dscn9540_20220318035501

Dscn95672

Dscn9605_20220318035601

▼いよいよ最終ラウド 2022/03/15

Dscn9616_20220318040301

Dscn9621_20220318040301

Dscn9653

Dscn9766_20220318040501

Dscn9632

Dscn9675

Dscn9685

Dscn9786

Dscn9801_20220318040801

▼これで2021年に採集・回収したヒガンバナの「種子」823個すべての「種蒔き」を終えた!!
 
【安富】208個+【夢前】55個+【福崎】419個+【その他】141個 = 823個 !!

 花茎採集場所、採集日、「種子」回収日の書かれた袋は保存しておく。
 また、「種子」の「住所地図」も作成した。
 これで何番の「種子」が「発芽・発根」したかがすぐわかるようにした。
 
 トレーはすべてで12個になった。
 さて、どんな展開になるだろう!?

Dscn9783

Dscn9820

Dscn9840

Dscn9854_20220318043501

 

| | コメント (0)

823個のヒガンバナ「種子」の実生実験をはじめた!!(1)(2022/03/11) #自然結実 #3倍体 #ヒガンバナの種子 #実生実験

Dscn9277_20220317042201

▼2021年に採集・回収したヒガンバナの「種子」の数は823個であった。
 ともかく膨大な数であった。
 すでにナンバリングもすませ、花茎の採集場所、採集日、「種子」回収日が特定できるようにしていた。
 どのように実生実験を展開するか、それにずっと思案していた。
 そして、決めた!!

 育苗プラグトレーで、ずっと育てる!!と
 
 「発芽・発根」「出葉」を観察確認するだけならこれで充分である。
 また、どこから・いつごろ採集回収した「種子」が発芽しやすいかも特定できる。

Dscn9222_20220317042401

Dscn9223

Dscn9225_20220317042501

Dscn9227

▼トレーの底に小さく切ったネットを入れた。
 土は市販の「花と野菜の培養土(肥料入り)」を使用した。たっぷり水をやって、準備完了だ。

Dscn9246_20220317043301

Dscn9233_20220317043301

Dscn9262_20220317043301

Dscn9271_20220317043301

▼さあ、いよいよ指定された場所に「種蒔き」だ。
 なにしろ823個は多い!!
 気の遠くなるほど遠大なる作業である。

Dscn9281_20220317044201

Dscn9283_20220317044201

Dscn9315_20220317044301

Dscn9346

▼ひとつのトレーには72個の「種子」が種蒔きできた。
 ひとつのトレーが完了するごとに、再度水やりをして、上から別のトレー(シェルター)をかぶせた。
 トレー3つを設置場所に移動した。
 これでやっと全体の1/4である!!
 まだまだ道は遠い!!

(つづく)

Dscn9357_20220317045301

Dscn9378_20220317045301

Dscn9382

Dscn9389_20220317050201 

| | コメント (2)

実生ヒガンバナ(2019年採集分)は今!!(2022/03/08) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 #823プロジェクト

Dscn8961

▼私はずっと思案していた!!
 2021年に採集・回収したした823個のヒガンバナ「種子」を使った実生実験をどのように展開したものかと。
 まず、場所の確保が緊急の課題だった。
 2019年採集分実生実験の「育苗プラグトレー」をまだそのままにしていた。
 それは、現にまだ「出葉」したヒガンバナがそこにあるからだ。
 6つもあった。
 それらを、植木鉢に引っ越しして、トレーの場所を空けることにした。

Dscn8879

Dscn8941

▼ヒガンバナを掘り起こしてみてビックリだった。

 球根(鱗茎)がとってもりっぱに大きくなっていた!!
 根もしっかり伸びていた!!

Dscn8886

Dscn8915

Dscn8929_20220312043001

Dscn8930

Dscn8955_20220312043301

Dscn8972_20220312043301

▼植木鉢に植え替えた!!

Dscn8897_20220312043501

Dscn8980_20220312043501

▼ここに思案していたこと解決の大いなるヒントがあった。
 2019年採集分(530個)については、「発芽・出根」した段階で、小さな植木鉢に植え替えた。
 しかし、「発芽率」「出葉率」を確認するだけなら、「育苗プラグトレー」のままでも充分なのではないかと思った。
 よし!!決めた!!

 823個のヒガンバナ「種子」を使った実生実験(名づけて「823プロジェクト」)はこれでいこう!!
 

Dscn9006_20220312043701


| | コメント (0)

823個のヒガンバナ「種子」のナンバリングを終えた!!(2022/03/01) #自然結実 #3倍体 #ヒガンバナの種子 #実生実験

Dscn9798_20220304041301

▼ともかく数が多かった!!
 2021年に採集・回収したヒガンバナの「種子」の数は823個であった。
 その内訳はこうだ。

【安富】208個+【夢前】55個+【福崎】419個+【その他】141個 = 823個 !!

【その他】の詳しい内訳は
【福崎B】    … 45個
【福崎S(散策)】… 46個
【福崎F(踏切)】…  6個
【福崎M(道端)】… 20個
【福崎N(庭)】 …  8個 (大賀ハス観察池そば3個を含む)
【香寺】     … 16個    
【その他】合計 = 141個 !! 

▼【その他】の詳しい内訳を見てもわかるように、昨年はいたる場所でアタリマエにヒガンバナの「種子」が見られたのである。
 花茎の採集場所ごとに、採集日、回収日の順番にならべてみて、ナンバリングしていくのだ。
 きわめて単純な作業である。
 しかし、数が823個ともなると、なかなかの遠大なる作業であった!!

 やっと、823個のヒガンバナ「種子」のナンバリングを終えた!!(2022/03/01)

Dscn9516_20220304041501

Dscn9529_20220304041501

Dscn9533

Dscn9567_20220304041701

Dscn9621

▼作業をすすめながら何度も考えた。

「3倍体であるはずの日本のヒガンバナに、こんなに多くの「種子」ができているのはなぜか!?」

 この「ふしぎ!?」に、一応の仮説だけは立てていた。

【仮説 1】「自然結実」するヒガンバナは2倍体(2n=22)になっている。
【仮説 2】無融合種子形成をするようになっている。3倍体(2n=33)のままである。
【仮説 3】【仮説 1】と【仮説 2】とが入り交じっている。

 どの仮説が正しいのだろうか。
 今の私の環境では、それを検証するために染色体数も数えることもできない。それどころか私はまだ、実際にヒガンバナの染色体の顕微鏡観察すらしたことがなかったのだ。

▼今の私にもできることをやりつづけようと思う。
 これらの「種子」を使っての実生実験である。
 今のところ、2019年度に採集・回収した530個の「種子」で実施した方法をとろうと思っている。
 しかし、それだけのスペースが!?
 
 それにしても、やっぱり823個は多い!!

(つづく)

Dscn9650

Dscn9661

Dscn9672

Dscn9706_20220304042301

Dscn9715_20220304042101

Dscn9725_20220304042101


| | コメント (2)

2021年採集・回収したヒガンバナの「種子」にナンバリングをはじめた!!(2022/02/18) #自然結実 #3倍体 #ヒガンバナの種子 #実生実験

Dscn0051_20220219042501

▼2021年に自然結実ヒガンバナから採集・回収した823個の「種子」を冷蔵庫から出してきた。
 「種子」の保存方法もこれがベストなのかわからない。
 当初、カビの被害で悩んだ末に考えた方法だった。

 それにしてもやっぱり823個は圧巻だった!!


Dscn0024

Dscn0034

▼実はこの「種子」を使って、どのように実生実験を展開するのかきめていなかった。
 まずは、823個の「種子」に特定化を図りたかった。
 ナイロン袋には
 ・花茎の採集場所
 ・採集日
 ・「種子」回収日
 を記入していた。
 それを見ながら採集日、回収日の順番にならべてみた。

▼とは言っても、とんでもない数の「種子」だ。
 まずは自然結実ヒガンバナ群生地【安富】からはじめた!!
 机上に順番にならべておいて、赤マジックでナンバリングをしていった。
 
【安富】=208個
 花茎採集日は二日あった。
 ・2021/10/12
 ・2021/10/26 

▼たったこれだけの作業であるが、けっこう時間がかかった。
 しかし、時間がかかるぶんだけ、あらためての「発見」もあった。

 花茎の「水栽培」に入ってから、3週間を過ぎたころが回収のピークである!!

 そんなこともわかりはじめた。
 【安富】のナンバリングだけでなんと半日をかけてしまった。

 道は遠いな!!
 さてどのように実生実験を展開したものやら!?

(つづく)

Dscn0067

Dscn0085

Dscn0097_20220219043201

Dscn0116

| | コメント (0)

より以前の記事一覧