実生ヒガンバナ実験(2020年採集分)を開始した!!(2021/02/25) #日本ヒガンバナ学会 #実生ヒガンバナ #ヒガンバナの種子

Dscn1382

昨年度採集・回収したヒガンバナの種子16個を冷蔵庫から出してきた。
 16個の内訳は次のようになっていた。

 【安富】5個+【福崎】4個+【福崎B】7個 = 16個 !!

 いつもの群生地【夢前】がない。また、一昨年の530個にくらべると、おそろしく少ない。
 まあ、一昨年が異常すぎるのかも!?
 ナイロン袋に書かれた「花茎採集日」「種子回収日」「花茎採集場所」で種子は特定された。

Dscn1252

Dscn1293

▼一昨年度までは、自然結実したヒガンバナの種子から育てる実生実験法を「楠田式「自然結実」ヒガンバナ実生実験法」として、定着させようとしていた。
 ところが、一昨年度の530個では、これに対応できなかった。
 そこで、「種まき」ケースを利用しての方法に変えた。
 これなら、いくら種子があっても簡単に対応できる。それに安上がりだ!!
 幸い、昨年度はうまく「発芽・発根」「出葉」を観察できた。(現在進行中!!)
 これなら、誰でも 簡単に すぐ「実生ヒガンバナ実験」に挑戦できる。
 そこで、これを

「新・楠田式「自然結実」ヒガンバナ実生実験法」

 として普及させたい。
▼では、具体的に行こう。

(1)冷蔵庫から出してきたナイロン袋にナンバリングをする。(以前はナイロン袋自体をラベルとして利用していたが、すぐボロボロになってしまった。これなら、いくら数が多くても後に種子の「花茎採集日」「種子回収日」「花茎採集場所」を特定できる。)

(2)「種まき」ケースに色テープを貼り、「住所」を特定した。(黄色-【安富】、青-【福崎】、緑-【福崎B】)

(3)土をケースに入れた。(使う土はごく普通の「花と野菜の培養土」)

(4)土を水で湿らせておく。

Dscn1310

Dscn1337

Dscn1345

Dscn1354

Dscn1370

▼これで いよいよ準備完了だ。いよいよ種まきだ!!

(5)ナイロン袋から出して、ていねいに撒いていく。順番どおりの「住所」に!!

Dscn1373

Dscn1394

Dscn1397

Dscn1401

Dscn1408_20210226054401

(6)全部まき終わったら、別の「種まき」ケースをシェルターがわりにかぶせる。(昨年、思いつきでやったことだが、種子の保護、極度の乾燥を防ぐという意味でも正解だったと思っている。)

(7)直射日光のあたりにくい日陰に置いておく。(ときどきシェルターをとって、様子を観察する)

 さあ、16個のうち「発芽・発根」するのはいくつだろう!?
 
Dscn1412 

Dscn1432

| | コメント (0)

実生コヒガンバナは今!?(2021/01/30)#日本ヒガンバナ学会 #コヒガンバナ #2倍体

Dscn9723

実生コヒガンバナ物語!!
 その「物語」は、2014年10月26日から始まった。

●コヒガンバナの種子を手に入れた。\(^o^)/ #higanbana (2014.10.26)

 翌年の春から種子から育てる実生実験にとりかかった。
 それ以降、毎年秋には「出葉」を繰り返し、葉は枚数を増やし、長く成長してきたのだった。

前回の観察(2020/11/27)から、年をまたがって2ヶ月以上経っていた。
 八手の木陰から、17個の鉢を明るいところ持ち出してみた。
 
 もうそれだけで圧巻だった!!
 明らかに葉はたくましく成長していた!!

 「出葉」している葉の枚数を数えてみた。
 鉢ごとの葉の枚数を数えてみた。

【9枚】…1
【6枚】…1
【5枚】…3 
【4枚】…5
【3枚】…3
【2枚】…3
【0枚】…1

 葉の枚数の総合計は65枚!! 前回(66枚)より1枚減っていた!!
 あれ ?(゜_。)?(。_゜)?
 再度よく調べてみた。
 わかった!! 6枚だった鉢のひとつか5枚になっていた。一枚が何かのアクシデントがあって枯れていたのだ。

Dscn9674_20210131041901

Dscn9747_20210131041901

▼葉の長さ・太さも驚くほどたくましく成長していた。

【9枚】…25~27㎝
【6枚】…20~26㎝
【5枚】…28~30㎝ 
【4枚】…25~26㎝
【3枚】…30㎝までのびたものもある。
【2枚】…30㎝までのびたくましくなっている。

 相対的には枚数の少ない鉢の方がよくのびていると言えるかも知れない。

Dscn9707

Dscn9725

▼この姿をながめていると
 コヒガンバナは2倍体(2n=22)!! に納得がいくのであった。
 
 「実生コヒガンバナを咲かせよう!!」プロジェクトはいよいよ現実味を帯びてくるのだった。
 
  やっぱり鉢の底から根が伸びていた。
 前回から、大きな鉢への「引っ越し」の時期を思案していたが、決めた!!
 これらの葉が枯れた時期と。

Dscn9753


| | コメント (0)

実生ヒガンバナ(2019年採集分)は今!!(2021/01/28) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験

Dscn9584

530個ものビガンバナの種子を用いた実生実験は前代未聞だった!!
 これは今、目の前で起こっている「事実」だった!!

 前回の観察ではこうだった。
実生ヒガンバナ(2019年採集分)は今!!<その1>(2020/11/16) #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験

実生ヒガンバナ(2019年採集分)は今!!<その2>(2020/11/17) #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験

▼それから年をまたいで2ヶ月と10日あまり経っていた。
 「出葉」したビカンバナの葉はどうなっただろう。あらたに「出葉」したものは出てきただろうか?

まずは【安富】【夢前】の鉢が置いてある場所だ。
・八手の木の下に置いているということもあり、八手の枯れ葉、花の後のものがいっぱい鉢の中に入っている。
・けっこう雑草も育っていた。
・できるだけていねいに、ヒガンバナの葉を確認する。
・葉はあまり成長している感じではなかった。
結論だ!!

【安富】4
【夢前】8

Dscn9615

Dscn9618

Dscn9610

▼次は【福崎】である。

【福崎】26
・こちらは同じ木陰でも少し光があたりやすい。だからだろうか「成長」を感じる。
・葉が長くのびて12㎝、13㎝までのびたものもある。
・もっと驚くことは一年目の出葉から、2枚がのびてきているものもあった!!
・さらにあらたに「出葉」してきた鉢も2つあった。 【360】【411】

Dscn9556

Dscn9559

Dscn9552

次は【その他】であった。

【その他】6
・こちらもよく成長していた。
・最高に伸びた葉は16㎝に達していた。
・こちらでも2枚の葉がのびようとするものがあった。
・あらたに「出葉」している鉢もあった。【502】加美 

Dscn9587

Dscn9593

▼最後に、前回の観察でみつけた鉢に植え替える前のケースで「出葉」してきたものをみた。

【ケース】10
・ケースのフタはとったままにしておいた。
・光がよくあたったせいだろうかスクスクと成長していた。
・「出葉」したものの数も採集場所もかわらなかった。
・これで「出葉」してきたということは、この段階で植木鉢に植え替える必要はあったのか?
 
Dscn9596

Dscn9606

Dscn9631_20210129061801

結果的には、前回の観察より増えた数は 3つだ!!
総合計は54個!!

「安富」5+「夢前」12+「福崎」29+「加美」2+「福崎B」2+「庭」1+「線路」3=54個 !!

暫定出葉率54/140個×100= 38.6% !!

530個の種子全体から見ても

暫定出葉率54/530個×100= 10.2% !!


これは「事実」である!!
この「事実」をどう読み解くかはこれからである!!
2019年日本のヒガンバナに「何かが起きた」ということも、またまちがいのない「事実」である!!

| | コメント (0)

実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2021/01/27) #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験

Dscn9517

▼植物「ヒガンバナ」にとって冬場は、光をたっぷりひとり占めして、栄養を地下の球根(鱗茎)に貯め込む書き入れ時だった!!
「自然結実」したヒガンバナの種子から育てている実生実験中のヒガンバナはどうしているだろう!?

 前回の観察(2020/11/25)から、年を越えて2ヶ月以上が経っていた。
 寒の内に、その様子を観察しておきたかった。
 
▼まずは、2019年採集・回収の分はのぞいてそれ以前の分を報告する。
古い順番に行こう。

●2014年「種子」採集→2015年実生実験開始→植木鉢3つ

・「出葉」しているのは一鉢だけ。
・葉の数は三枚!!
・葉二枚はほぼ25㎝、一枚は19.5㎝!!前回は三枚ともほぼ25㎝と報告しているが、縮んだのかな!?
・三枚とも肉厚もでてきて太った感じだ!!

Dscn9451

Dscn9467_20210128042801

▼次に行こう。

●2016年「種子」採集→2017年実生実験開始→植木鉢3つ

・こちらも「出葉」しているのは一鉢だけ。
・葉の数は三枚だ!!
・葉の長さもさらに大きく伸びてきている。
 19㎝
 18㎝
 15.5㎝

Dscn9472

Dscn9479

▼最後は2018年採集分だ。

●2018年「種子」採集→2019年実生実験開始→植木鉢3つ

・こちらは「出葉」している鉢は二鉢だ。
・二鉢とも「出葉」している葉の枚数は一枚だ!!
・一枚だけでもよく伸びてきている。
 18.5㎝
  9㎝

Dscn9496

Dscn9498

 全体で四鉢で「出葉」が確認できている。
 九鉢を一同にならべてながめていると、これからの展開が楽しみになる。
 これらの葉はいつごろ枯れ始めだろう。
 
 ここからヒガンバナの花茎が伸びてくるのはいつだろう!?
 ほんとうにそんな日はくるのだろうか!?

 それまでに、後何年の歳月が必要だろう!?

Dscn9444

| | コメント (0)

2020年・ヒガンバナの完熟「種子」回収した!!(2020/12/15) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子

Dscn9040

Dscn8999

▼「自然結実」ヒガンバナ群生地から採集した花茎16本を「水栽培」していた。
 数が少なかったので、屋外の軒下で十分だった。
 例年なら、時期が来れば黒々とした完熟「種子」が床にこぼれ落ちるところだが、今年はいっこうにその気配がなかった。
 「目玉オヤジ」状態になったものもそのままシワシワになってしまうところだった。
 そこで、このあたりで強制回収することにきめた。
 驚くことがあった。
 皮をかぶったままの完熟「種子」は、思っていた以上に水分を保有していたのだ!!
 けっして カラカラ シワシワ でなかったのだ。

▼例年のように、チャックつきナイロン袋に回収した「種子」を一個ずつ入れていった。
 ナイロン袋には、「花茎採集日」「種子回収日」「花茎採集場所」を記入した。
 
 全部で16個である。  採集場所(群生地)ごとにならべてみた。

 【安富】5個+【福崎】4個+【福崎B】7個 = 16個 !!

▼群生地発見の2013年以来、こんなに少ないのははじめてである。
 昨年採集・回収した530個にくらべたら大違いだった!!

【安富】107個+【夢前】186個+【福崎】184個+【その他】53個 = 530個 !!

 いちばん極端なのは【夢前】だった。
 昨年は最高の186個も回収できたのに、今年は0個だった!!

▼この事実をどう読み解けばいいのだろうか!?
 思いつくままに記しておく。

・2019年日本のヒガンバナに「異変」が起こった!!
・「自然結実」は、周期的にやって来る!!(この傾向は以前からみられた。)
・大量に「自然結実」した翌年には寡少である!!
・これがヒガンバナが生きのびるための戦略!?
・群生地発見からまだ8年だ。2019年は「異変」でなく、仮に10年に一度起こる アタリマエだとしたら!!
・日本のヒガンバナは3倍体(不稔性)で、分球によってのみ殖えるというアタリマエが 変わるかもしれない!?
・まだまだすべてが作業仮説の段階だ。
・もっと多くの「事実」が欲しい!!

 多くの「事実」のためには、さらに簡単な実生実験法の確立が急務である。
 誰でも 簡単に 自分でこの「事実」を 確かめてみる方法を!!
 種子の保存方法についても改良の余地があるかも知れない。それについても…

 

Dscn9017

Dscn8864

| | コメント (0)

2020年・【ヒガンバナ情報2020】はどこまで!?(3) #2020年 #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生実験 #コヒガンバナ #ヒガンバナオフ

_dsc7175

「目玉オヤジ」状態から、ヒガンバナの「完熟種子」がなかなかこぼれ落ちなかった!!

 今年の「自然結実」ヒガンバナ記念日からはや一ヶ月が経とうとしていた。 
「水栽培中」の花茎は16本あった。
 これまでにこぼれ落ちた「完熟種子」は一個にすぎなかった。
 このままでは、手に入れることができる種子は、10個に満たないかも知れない。
 どこかで強制回収したいと思っている。
 
 昨年の530個の「異常さ」がますます顕著になる!!

▼種子から育てる実生実験をしているのは、ふつうのヒガンバナだけではなかった。
 コヒガンバナの実生実験もやっていた。

実生コヒガンバナは今!?(2020/11/27)#日本ヒガンバナ学会 #コヒガンバナ #2倍体

 2倍体の意味が実感できるようになっていた。
 「実生コヒガンバナを咲かせよう!!」プロジェクトはいよいよ現実味をおびてきた!!

▼2020年は
 Facebook版「日本ヒガンバナ学会」がスタートして2年目の年でもあった。
 昨年の夏、「日本ヒガンバナ学会」で これまでいろいろ教えてもらっていたヒガンバナ研究の第一人者 栗田子郎先生が亡くなられた。
 すごいショックだった。
 昨年の530個の「異常さ」も、今年の実生実験の展開も いちばんに報告したかったのに!!
 しかし
 うれしいこともある。
 まったくちがった視点でヒガンバナの「ふしぎ!?」を追っている人がいた。
 最近、
 そんな情報も入るようになってきた!!

 「情報は発信するところに集まる!!」

 はやっぱりほんとうだった!!
▼さあ、「これから」だ!!
 「動ける」ようになった2021年以降 ぜひやってみたいこと思いつくままにあげてみる。

(1) 「栗田子郎先生を偲ぶ会」を検討したい。
  ・実は今年の5月にこの企画があったが、コロナ禍でなくなってしまった。この企画とはまた別に…
  ・「ヒガンバナ」に焦点をあてて

(2) 「日本ヒガンバナ学会」の総会 を実施したい。
  ・「日本ヒガンバナ学会」は満13歳になったが、まだ一度もリアルに集まったことがなかった。
  ・そこで…

(3) 久しぶりにヒガンバナオフを実施したい。
  ・巾着田、愛知県半田 等を有力候補地として
  
(4) 全国にヒガンバナを追う旅に出たい。
  ・最近、自生地 最北端(青森)の情報も教えてもらった。実際に行ってみたいなぁ!!
  ・九州のシロバナヒガンバナ群落へも

 どれもが関連しているのかも知れない。
 「動ける」状況になったからと言って、これまでできなかったことが急に可能になるわけではないだろう。
 しかし 先に 「光」 を見ておくことは 元気になる!!
 さあ それをめざして
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!
   

| | コメント (0)

2020年・【ヒガンバナ情報2020】はどこまで!?(2) #2020年 #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生実験 #出葉率 #作業仮説

Dscn1000

▼春~初夏に「発芽・発根」したヒガンバナは、いったん土中に眠り、ふつうのヒガンバナが<葉の季節>にシフトするころ葉を出してくる。(「出葉」)
 そんな二段がまえで成長してくるのだった。
 自分で種子から育てる実生実験をやってみるまで私はそのことは知らなかった。
 
 さて、2019年採集・回収した530個の種子を使った実生実験で、「出葉」してきたのはいくつになっただろう。
 現段階(2020/11/16)で「出葉」を確認したのは 総合計は51個となった。

「安富」5+「夢前」12+「福崎」27+「加美」1+「福崎B」2+「庭」1+「線路」3=51個 !!
暫定出葉率51/140個×100= 36.4% !!

530個の種子全体から見ても

暫定出葉率51/530個×100= 9.6% !!

 注目しておきたいのは「出葉率」だけでない!!
 「自然結実」群生地から採集した種子だけでなく、我が家の庭の分も含めて、身近なヒガンバナから採集した種子からも「出葉」してきているということだ!!

▼2019年採集以前の分の実生実験も継続したていた。

実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2020/11/25) #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験

 それらと見くらべてみてもわかった。
 2019年の「異常さ」が!!

▼2019年 日本のヒガンバナに何が起こったのだろう!?
 以前からいくつかの作業仮説だけは立てていた。

【仮説 1】「自然結実」するヒガンバナは、2倍体(2n=22)になっている。

【仮説 2】無融合種子形成をするようになっている。3倍体(2n=33)のままである。

【仮説 3】【仮説 1】と【仮説 2】とが入り交じっている。

 どの仮説が正しいのだろうか。
 今年の「自然結実」の様子をみるかぎり、【仮説 1】の可能性はうすれている。
 私の今の環境では、染色体の数を数えるすべもない。

▼この謎解きの「これから」の課題がある程度見えてきた。
 いくつか思いつくままに列挙しておこう。

(1) 「自然結実」ヒガンバナの種子をつかった実生実験の事例をふやしていく!!

(2) より簡単な実生実験方法を確立する!!
 ・(1)のためにも、誰でも簡単に挑戦できる方法を確立する必要がある。 

(3) 染色体の数をかぞえる実験観察をやってみる!!
 ・関係機関の協力を得て、道を模索する。

(つづく)

| | コメント (0)

2020年・【ヒガンバナ情報2020】はどこまで!?(1) #2020年 #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生実験 #発芽率

Dscn2997_20201209051501

▼私の「道楽の科学」のなかでも、これほどまでに執拗にこだわりドラスティクな展開があったものは他にはないだろう。
 それがヒガンバナの「ふしぎ!?」研究だ。

【ヒガンバナ情報2020】

 このWebページそのものの歴史も古かった。
 HP立ちあげと同時の1998年春だった。【98ヒガンバナ情報(春~初夏編)】

▼ここ10年ばかりの展開を概観しておこう。
 2010年までの展開は次にまとめていた。

『人の暮らしに密着するヒガンバナ』(会報「自然保護」2011年3・4月号/発行:日本自然保護協会)

▼さらには2013年9月には、多くの人と一緒にヒガンバナの「ふしぎ!?」を追うために、Webテキスト『ヒガンバナ』をつくった。
 
Webテキスト『ヒガンバナ』(2013年版 2013.09.01解説版)

さらには

●2013年11月13日 「自然結実」ヒガンバナ群生地の発見!! 

はこれまでのヒガンバナ研究を劇的に変化させた。
そして2018年7月に次のようにまとめた。

私のヒガンバナ研究・その後

 このなかで、私は楠田式「自然結実」ヒガンバナ実生実験法を確立したように説明していた。

▼ところが、2019年事態は一変した。
 2019年に採集・回収した「種子」は530個におよんだ。 
 530個の「種子」を使っての実生実験は、これまでの方法ではいかなかった。
 あらたな実験法を考える必要があった。
 その一部始終をページに「記録」した。

 結論から行こう。
 
現段階で「発芽・発根」したの140個ということになった。
暫定発芽率140/530個×100= 26.4% !! 

 この発芽率は「たまたま 偶然」の域をはるかに越えていた!!

(つづく)

| | コメント (0)

実生コヒガンバナは今!?(2020/11/27)#日本ヒガンバナ学会 #コヒガンバナ #2倍体

Dscn0239

日本のヒガンバナは3倍体(2n=33)!!
 コヒガンバナは2倍体(2n=22)!!
 コヒガンバナは2倍体だからアタリマエに「種子」でも殖える!!

 このアタリマエを私はすんなり納得できなかった。
 実生実験が進むにつれて、実生ヒガンバナとのちがいは歴然としてきた!!
 やっとナルホドと納得するのだった。 (゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

前回の観察(2020/10/10)から一ヶ月と17日経っていた。
 八手の木陰から、17個の鉢を明るいところ持ち出してみた。
 
 もうそれだけで圧巻だった!!

 「出葉」している葉の数も増えているような気がした。
 鉢ごとの葉の枚数を数えてみた。

【9枚】…1
【6枚】…2
【5枚】…2 
【4枚】…5
【3枚】…3
【2枚】…3
【0枚】…1

 やっぱりまだ1鉢だけ「出葉」がみられなかった。
 
 葉の枚数の総合計は66枚!! 前回(58枚)より8枚増えていた!!

Dscn0272

▼変化は葉の枚数だけでなかった。葉の長さも驚くほどのびていた。

【9枚】…25~26㎝
【6枚】…20~25㎝
【5枚】…20~25㎝ 
【4枚】…20~25㎝
【3枚】…28㎝までのびたものもある。
【2枚】…30㎝近くまでのび折れたようになっている。

 相対的には枚数の少ない鉢の方がよくのびていると言えるかも知れない。

Dscn0251

Dscn0276
 
▼それにしてよくここまでと感心しながら、しばしながめていた。
 「実生コヒガンバナを咲かせよう!!」プロジェクトのことを思いだした。
 これもまったくの夢物語でなくなりつつある。いよいよ現実味をおびてきた!!
 
 何年か先にはここから、花茎がのびてきて花を咲かせるだろう!!
 花が咲いた後には、かならず「種子」をつくるだろう!!
 その「種子」を使って 多くの人が 実生実験をすれば
 コヒガンバナは2倍体!! に腹の底から納得するだろう!! 

 鉢の底から根が伸びていた。
 大きな鉢への「引っ越し」の時期を思案している。

Dscn0321

| | コメント (0)

実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2020/11/25) #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験

Dscn9954

2019年に採集・回収した530個の種子を使った実生実験の今(2020/11/17)についてはすでに報告していた。

 しかし、それ以前の分の実生実験の報告(2020/10/15)をしてから、すでに一ヶ月と10日も過ぎていた。

 「出葉」した葉は大きく伸びてきただろうか!?

 鉢を日のよく当たるところに持ち出してみた。

▼古い順番に行こう。

●2014年「種子」採集→2015年実生実験開始→植木鉢3つ

・「出葉」しているのは一鉢だけ。
・葉の数は三枚に増えている!!
・葉はいずれもほぼ25㎝にまで伸びている!!

Dscn9963

▼次に行こう。

●2016年「種子」採集→2017年実生実験開始→植木鉢3つ

・こちらも「出葉」しているのは一鉢だけ。
・葉の数は三枚だ!!
・葉の長さも大きく伸びてきている。
 18㎝
 17㎝
 14㎝

Dscn9979

Dscn9990

▼最後は一昨年採集分だ。

●2018年「種子」採集→2019年実生実験開始→植木鉢3つ

・こちらは「出葉」している鉢は二鉢だ。
・二鉢とも「出葉」している葉の枚数は一枚だ!!
・一枚でもよく伸びてきている。
 17㎝
  8㎝

Dscn9996

 全体で四鉢で「出葉」が確認できたことになる。
 九鉢を一同にならべてながめていると、これからの展開が楽しみになる。
 葉は来年の春先までのびつづけるだろうか。
 どこまで!?
 ここから花茎が伸びてくるのはいつだろう!?
 ほんとうにそんな日はくるのだろうか!?

 さて、このあとどんな展開が…。

Dscn9934

Dscn9923_20201126045101

| | コメント (0)

より以前の記事一覧