新・クラウド「整理学」試論(55) #整理学

Dscn9381

「三種の神器」
 最近、あまり耳にしなくなったコトバだ。
 家電製品などが華やかなりし時代、本来の意味から少しはなれて現代の暮らしの「三種の神器」「新・三種の神器」などいう使われ方していた。

 そんな時代、私は勝手に私の「整理」のための「三種の神器」というものを決めていた。
 P(パソコン)
 S(システム手帳)
 F(袋ファイル)

 それにふれたずいぶん古い文章があった。

◆学年末の「整理学」~パソコン・システム手帳・袋ファイルを連動させて~

▼それからでもずいぶん時間がたった。
 しかし、恥ずかしながら私の「整理」の「三種の神器」はあまり進化していなかった。
 なかでも、もはやその名前すら忘れ去られたしてしまっただろう

 「袋ファイル」!!

 実は私はいまだにこれを愛用し続けていた!!
 角2の封筒を買い込み、「袋ファイル作成定規」を使って自作する。
 いわゆる「山根式袋ファイル」と呼ばれていたものだ。
 これまた自作の「袋ファイル作成定規」第1号の日付は
 「90.12.06」作成
 となっている。
Dscn9388

Dscn9410

▼なんと、私は28年間もこの「袋ファイル」システムを続けていることになる。
 自分でも驚いてしまう。
 いったいどれほどの数の「袋ファイル」をつくっただろう!?
 「袋ファイル」システム最大の欠陥は、メンテナンスを怠るととんでもないゴミの山となってしまうことだ。
 廃棄した「袋ファイル」も多い。
 しかし、まだ本棚にケースに残っているものも多い。
▼当面は、この「メンテナンス」「処分」に時間を費やすことになるだろう。
 今、「空間の整理」「情報の整理」での最大の課題がこれである。
 その作業もできるだけクリエイティブな営みにツナガルことを願いつつ。

(つづく)

Dscn9421

Dscn9425


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新・クラウド「整理学」試論(54) #整理学

_dsc2106

▼東の畑の藍の花に朝日が当たりとてもきれいだった。
  花が「赤まんま」の仲間のタデ科の植物であることを教えてくれる。
  藍の花を見ているとある時期の「記憶」が蘇ってくる!!
  藍を畑でけっこうたくさん育てていた時期がある。
 それは、藍や紅花の草木染めを追いかけていた時期でもあった。
▼それは1986年・夏のことだった!!
 もう32年も前のことだ。「記録」が残っていた!!

●紅花を追って (1)「山形・最上」編 ~ついに見たぞ!紅花畑を~ 

●紅花を追って (2)「京都」編 ~「最上の紅花」は京の都で口紅に~

▼自分でも久しぶりに読んでみた!!
 実に面白い!! 完全な自画自讃だが (^^ゞポリポリ
 32年も前となれば完全な赤の他人だ。こんなときには思い出すのだった。
 「情報の整理」の鉄則中の鉄則のあのコトバを!!

・ ものごとは、記憶せずに記録する。(梅棹忠夫著『知的生産の技術』より)

▼そう!!
 そのコトバは「情報整理学」のバイブル!!
 いや、全ての「整理学」の原点!!
 名著中の名著 『知的生産の技術』(梅棹忠夫著 岩波新書 1969.7.21)のなかにあった。
 その名著を読む試みも記録していた。

◆『知的生産の技術』を読む

そのなかでもやはりあのコトバに注目していた!!

記憶というものはほんとにあてにならないものである。どんなに記憶力のすぐれた人でも、時間とともにその記憶はたちまち色あせて、変形し、分解し、消滅してゆくものなのである。記憶の上にたって、精密な知的作業をおこなうことは、不可能にちかい。記録という作業は、記憶のその欠陥を補うためのものである。ものごとは、記憶せずに記録する。はじめから、記憶しようという努力はあきらめて、なるだけこまめに記録をとることに努力する。これは、科学者とはかぎらず、知的生産にたずさわるものの、基本的な心得であろう。 (同書 P170より)

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新・クラウド「整理学」試論(53) #整理学

Dscn9264
▼佐藤可士和を真似て
・「空間の整理」
・「情報の整理」
・「思考の整理」
を進めてようとしていた。
 進言によればいちばん身近な「空間の整理」からはじめるのが肝要だということである。
 私は何度も何度も同じことを「シーシュポスの神話」のごとく繰り返すのみだった!!
▼私にとって、「空間の整理」での最初の課題は「教材」の整理だった。
 直接授業をすることがなくなった今は、ほとんどの教材は学校に残して来たが、自分でこだわってきた手作り教材のいくつかはまだ手元に残して来た。
 自分が道楽で「実験・観察」「研究」を楽しむために!!
 その小物の量もばかにならない。
 「電気」「電磁気」「力学」「化学変化」「三態変化・金属」「植物」「動物」「天気」「天文」等々の単元毎に衣装ケースに入れ棚に並べてみた。
 机の上には一度は何もおかないようにした。
 これまたあこがれの佐藤可士和の真似だ。
▼ケースのなかみの「整理」は今から徐々にやっていくことにする。
 可能なかぎり2つの試論

●新・私の教材試論

●新・「自由研究」のすすめ試論

にツナガルようなクリエイティブな「整理」ができればうれしいな!!

▼考えてみたら、生来「整理ベタ」な私はずっとずっとこの「整理」にこだわってきたように思う。
 今度は、これまでの「整理」の総決算のつもりで、少し細かいところまでふれてみようと思う。

 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新・クラウド「整理学」試論(52) #整理学

Dscn9183

▼ずいぶん久しぶりに

◆『佐藤可士和の超整理術』(佐藤可士和著 日本経済出版社 2007.09.14)

を読んでいる。10年ほど前にこの本と出会って大いに刺激を受けた!!
 いや刺激というより衝撃だった!!
 本を開いてまず飛び込んできたのは口絵写真だった。
・何も置かれていない広い広い作業机!!その片隅に佐藤可士和!!
・徹底的に「整理」された作業空間!!
 いつしか、それが私の夢見る「理想空間」となった!!

Dscn9205

Dscn9212

▼10年経っても「理想空間」はなかなか実現していなかった。
 「整理学」は私の生涯の課題のようだ。
 これまでにも何度も何度も挫折しながら、私なりの「整理学」に挑戦していた。

◆新・クラウド「整理学」試論
 
というページを展開しはじめてからでもずいぶん時間がたってしまった。
 新・クラウド「整理学」試論(1)を書いたの2009/09/22 だ。
 そして、最後に新・クラウド「整理学」試論(51)を書いたのは、2015/03/28 だ。それからでもずいぶん時間がたってしまった。
 「クラウド○○」なんて今さら言うと陳腐に思えてくるが、久しぶりに再開したくなってきた。
▼『佐藤可士和の超整理術』から影響を受けたことは、「理想空間」についてだけではなかった。
三つのStepを踏んでの「整理術」には感化された。
・「空間の整理」
・「情報の整理」
・「思考の整理」
 これをビジュアルに表現した「整理のプロセス」はコピーさせてもらい、今も愛用させてもらっていた。

Dscn9234

▼残された「時間」を考えてみると、なにかのための「整理」というより

 「整理」そのものを愉しむ!! 

 そんなスタンスで、しばらくこれをつづけてみようと思う。
 なにが飛び出してくるかは、やりながら考えてみよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitterはじめて3,301日目に思うこと!!

Dscn8234

▼昨日の東の空は真っ赤に燃え立つようなみごとな朝焼けだった!!
 「朝焼けは雨」
 ほんとうだろうか!?
 一日の「雲見」で確かめてみた。なんとか夕方まで雨が降らずにすんだ。
 
▼今朝起きて、別件でtwilogを見ていてあわててしまった。
 今日で、Twitterはじめて3,301日目になるのだ。
 2009.9.23にはじめて以来、100日ごとに書き込んできた「Twitterはじめて○○○日目に思うこと!!」、またして一日ずれてしまったが書き込んでおく。
twilogを見たついでに、そのメモ書きを見てみる。

・561フォロー
・597フォロワー

 あらためて自分でもびっくりしてしまう。(゜o゜)ゲッ!!
 いつの間にやら、膨大な人をフォローし、膨大な人からフォローされている。
 最初は、なにか共有する情報がきっかけでお互いの情報交換からはじまったのだろう。

 そのコンヴィヴィアルな関係がたまらなく愉しかった!!

今はどうだろう!?
「Twitter的」の現在地はどこだろう!?

Twitter的=
 「リンク」
 「シェア」
 「フラット」
 「等身大」
 「リアルタイム」
 「アクティブ」 
 
 
 今日一日はひとつひとつ問い返してみよう。

 今朝起きたら、ついに雨がパラパラと…。
 秋祭り宵宮だというのに… 

Dscn8239

Dscn8254

Dscn8268

Dscn8264

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitterはじめて3,201日目に思うこと!!

_dsc7285

曇天の朝、ツユクサの青がうれしかった!!

 青空は見られなくても、草むらにはなんともみごとなブルーがあった。
 この花と人々のつき合いは古かったようだ。
 ためしに例の『日本植物方言集成』(八坂書房編)の「ツユクサ」(オオボウシバナ)のところを見てみると、なんと260もの里名があがっていた。
 「あおばな」「いんきぐさ」「いんきばな」「かまつか」「ぎーすぐさ」「ちんちろぐさ」「ちんちろりんぐさ」「とんぼぐさ」「はながら」「ぼーしばな」「ほたるぐさ」等々
 多種多様の里名は、この植物とのつき合い深さを物語るものである。

 私にも忘れられない思い出があった。
◆紅花を追って (2)「京都」編~「最上の紅花」は京の都で口紅に~
の旅で、京都の友禅工房で見せてもらった「オオボウシバナの汁を何度もしみ込ませた」カーボン紙のような和紙を思い出すのである。下絵を描くのに使い、後で水で流すのである。
オミゴト!!これぞまさに「ツケクサ」!!

▼「こんな多くの里名調査も、今ならTwitter使えば簡単にできないかな!?」と変なこと考えてしまった。
 そのTwitter使い始めて、昨日で3,200日!! 本日で3,201日目とtwilogが教えてくれた。
 
 それがどれほどの歳月であるのか。にわかにはピンとこない。
 2009/09/23がスタートであるからもうすぐ9年だ!!

▼9年のあいだには、ネットも大きく進化した。
 Twitterの役割も大きく変わったのかも知れない。

 しかし、私は何度も何度も飽きもせず

「Twitter的」を主張していた!!

Twitter的=
 「リンク」
 「シェア」
 「フラット」
 「等身大」
 「リアルタイム」
 「アクティブ」
 

 Twitter的は、少し大げさに言えば 私の 「作風」「流儀」であった!!
 さらに言えば 私の「生き方」「哲学」である!!

▼このごろは滅多にないが、ネットを語るときには、私はTwitter的を吹聴してきた。
 なかでも最近は

 「等身大」と「アクティブ」に力点を置いてきた。
 「等身大」情報こそがほんとうに価値ある情報!!
 「私」発にこそ意味が!!

 次なる100日後には、どんなTwitter的を語っているだろう!?
 楽しみでアル o(^o^)o ワクワク


はげしい雨だ。
こんな朝はツユクサはどうしているのだろう?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitterはじめて3,100日目に思うこと!!

Dscn6817

▼まだまだ燐寸(マッチ)を追っていた!!
 昨日、阪神方面にでかけたついでにずっと気になっていた

◆マッチ専門店『マッチ棒』

に寄ってみた!!
 もうビックリだ。感動だ!!
 「マッチ専門店」というくらいだから、ある程度予想もし、期待もしていた。
 まったくそれを越えていた。
 いろんな種類のマッチがあった。
 昔懐かしいマッチ、復元されたマッチ、今風マッチ、炎色反応を利用したマッチ…
 一日いても飽きないだろう。
 すごいのはそれだけではなかった。

 マッチのことについてのすべての「情報」がここに集積されていた!!

▼「情報」と言えば、今日は情報発信ツールTwitterをはじめて3,100日目だとtwilogが教えてくれた。

 2009/09/23、私はひょんなことから迷い込むようにしてこのTwitterを使い始めた。
 すごく気に入ってしまった。
 どこか昔の「パソコン通信」のにおいがしたんだ!!
 やがて気がついた。
 それは「パソコン通信」だけのにおいではない。
 
 時代を超えた「ヒューマンネットワーク」のにおいだ!!。
▼私はそのにおいを集約してひとつのコトバにした。
「Twitter的」である。

Twitter的=
 「リンク」
 「シェア」
 「フラット」
 「等身大」
 「リアルタイム」
 「アクティブ」

 Twitter的はツールTwitterだけを意味ししない。
 それはネットの世界における自分のスタンスを意味した。
 もっと大げさに言えば、これは私の「哲学」でもあった。
 大げさすぎ!?(^^ゞポリポリ
▼次の100日のあいだに吟味しておきたいことがいくつかある。

・「シェア」 私は日本語で「おすそ分け」と呼んでいた。「おすそ分け」とは!?
・「等身大」の大きさの基準は!? 誰がきめるの!?
・「リアルタイム」 どこまでが「リアルタイム」!? 「ゆっくり 急ぐ!!」に矛盾しないの?

答えみつかるかな。

「マッチ棒」も今朝フォローしてみた。

Dscn6809

Dscn6852

Dscn6837

Dscn6832


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年の抱負2018 !!

Dsc_4169


去年今年雲見道楽尽きぬなり @福崎


新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。 <(_ _)>   2018年 元旦


▼今年も私の 「新年の抱負」をあげておきます。
 私自身の覚え書きであり、迷ったときの指針です。
 昨年を引き継ぎ、ひとつを加える。

(1)共愉(conviviality コンヴィヴィアリティ)

(2)挑戦(challenge チャレンジ)

(3)簡素(simple シンプル)

(4)活動的(active アクティブ)

CCSA作戦!!
 「active」を加えたわけは、動けるうちに動いておこうと思ったからだ。
 具体的には時間をかけて考えるとして今、頭にあることを列挙しておく。

・【理科の部屋】25周年記念オフ(11/23(金)~11/25(日))
・オンライン「寅の日」200回達成記念オフ(8/26(日)?)
・「テーマ」オフの実施!!
・ヒガンバナオフ(9/23(日)?)

・100人リンク集の旅 再開!!
・全国各地への「雲見」の旅!!
等々

今年も ゆっくり ゆっくり 急ごう!!
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【私の撮った写真・ベスト5】2017!!

▼今年もあと2日だ!!
 このblogを見ながら一年間をふりかえってみた。
 単にふりかえるだけでなくもう一つの目的があった。それは何年か恒例にしている企画だ。
 
 【私の撮った写真・ベスト5】2017!!

 blogにアップしている写真から、特に印象深かったものをランキングしようという企画だ。
 昨年まで【ベスト3】だったが、あまりに迷うもので今年から【ベスト5】にした。
 それでも次点がいくつか出てきてしまったが…(^^ゞポリポリ

 人から見れば、こんなピンぼけ写真が…と言うようなものばかりだ。
 ところが私にとっては2017年の感動を「記録」する写真なのである。

▼でははじめよう。

 

【私の撮った写真・ベスト5】2017!!

【ベスト1】 36号コウガイビルは「エサなし」で新記録更新か!?
Dsc_4038


【ベスト2】ジョロウグモ2次「団居」(3齢)でみんな下向きに!!(重力認識!?)
Dsc_8429


【ベスト3】大賀ハス観察池の泥のなかにこれだけの蓮根が眠っていた!!
Dsc_2444


【ベスト4】今年も「自然結実」ヒガンバナ種子が発芽・発根!!
Dsc_5213


【ベスト5】覗いた赤い太陽の上に太陽柱が!?
Dscn3497


【次点1】「あこがれの4日間」二日目、ホバリングする蜂たち!!
Dsc_8936_2


【次点2】あらたな「雲見」スポット発見~観天望気の像~!!
Dscn1001


【次点3】「雲見」は私の究極の道楽!!
Dscn9627


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【私の重大ニュース2017】(2)

Dscn3719

▼「雲見」定点を変更した!!
 変更したといっても物理的には足場の位置が数十㎝移動したのと画像の中心に鉄塔(その方向にアメダスがある)が来るように方向を変えたにすぎない。
 他人にとってはどうでもいいこと。
 しかし、私にとってはこれぞ【重大ニュース】なのかも知れない。

【私の重大ニュース2017】を続ける。

 【私の重大ニュース2017】!!

【その6】 36号コウガイビルは「エサなし」の記録を更新か!?
 昨年は庭先で出会ったコウガイビルは25匹だった。それにくらべ今年の数は少なかった。
 たった2匹だけである。35号、36号コウガイビルである。
 35号コウガイビルは例によって夏の暑さにやられまたたくまにとけるように消えた!!
 ナラバと36号コウガイビルはナイロン袋ごと冷蔵庫(温度10℃前後)に入れた。
 6ヶ月過ぎても今なおエサなしで生きている!!
 ひょっとしたら1号コウガイビルの「261日」の記録を更新するかも知れない。

【その7】 環境の変化が私の「クモ学」に影響した!!
 偶然コガネグモの狩りを目撃したことからはじまるシロウト「クモ学」。今年は5年目であった。
 環境の変化はいろんなかたちで現われた。
 しかし、春から初夏にかけてのジョロウグモの「団居」「バルーニング」をじっくり観察できたのはラッキーだった。
 コガネグモは例年の場所以外にもみつけることができた。
 ゲホウグモは今年は現われることがなかった。
 長期につき合ったジョロウグモは今年はない。従って越冬する「卵のう」も観察していない。
 少し残念である。

▼これまた忘れてはならない重大ニュースをあげておこう。

【その8】ファラデーラボで「共愉の科学」を楽しんだ!!
 これまでもファラデーラボでは、いろんな人の「私の科学」を楽しませてもらってきた。
特に今年は、これまでに増して多くの方が参加され、一部の講師の方だけでなく、二部で発表される方々に楽しませてもらった。

 ここには「私の科学」が交叉することで生まれる「共愉の科学」があった!!
 
▼また私ごとにもどろう。

【その9】私の「研究室」が移動した!!
 「研究室」なんて呼んでいるのは私だけ!!
 納屋(物置)の一角にそれはあった。
 「もくもくカレンダー」「大賀ハス観察池」「雲見定点」「宇宙見物」基地、…
 古びた机がひとつだけ置いてあるだけ!!
 それが私とってはかけがえのないマイ「研究室」!!
 事情あって移動した。また来年はあらたなマイ「研究室」つくりたいナ!!

【その10】新・「整理学」元年!! 
 佐藤可士和は「空間の整理」「情報の整理」「思考の整理」を提案してくれた。
 まずは「空間の整理」を!!と。
 その「空間の整理」をはじめた!!断捨離の連続だった!!

 「これから」に向けて「これまで」をどう整理するか。

 道は遠い!!
 今年はきっと新・「整理学」元年だったのだろう。

(おわり)
 
Dscn3729

Dscn3745

Dscn3756

Dscn3768


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧