Twitterはじめて3,100日目に思うこと!!

Dscn6817

▼まだまだ燐寸(マッチ)を追っていた!!
 昨日、阪神方面にでかけたついでにずっと気になっていた

◆マッチ専門店『マッチ棒』

に寄ってみた!!
 もうビックリだ。感動だ!!
 「マッチ専門店」というくらいだから、ある程度予想もし、期待もしていた。
 まったくそれを越えていた。
 いろんな種類のマッチがあった。
 昔懐かしいマッチ、復元されたマッチ、今風マッチ、炎色反応を利用したマッチ…
 一日いても飽きないだろう。
 すごいのはそれだけではなかった。

 マッチのことについてのすべての「情報」がここに集積されていた!!

▼「情報」と言えば、今日は情報発信ツールTwitterをはじめて3,100日目だとtwilogが教えてくれた。

 2009/09/23、私はひょんなことから迷い込むようにしてこのTwitterを使い始めた。
 すごく気に入ってしまった。
 どこか昔の「パソコン通信」のにおいがしたんだ!!
 やがて気がついた。
 それは「パソコン通信」だけのにおいではない。
 
 時代を超えた「ヒューマンネットワーク」のにおいだ!!。
▼私はそのにおいを集約してひとつのコトバにした。
「Twitter的」である。

Twitter的=
 「リンク」
 「シェア」
 「フラット」
 「等身大」
 「リアルタイム」
 「アクティブ」

 Twitter的はツールTwitterだけを意味ししない。
 それはネットの世界における自分のスタンスを意味した。
 もっと大げさに言えば、これは私の「哲学」でもあった。
 大げさすぎ!?(^^ゞポリポリ
▼次の100日のあいだに吟味しておきたいことがいくつかある。

・「シェア」 私は日本語で「おすそ分け」と呼んでいた。「おすそ分け」とは!?
・「等身大」の大きさの基準は!? 誰がきめるの!?
・「リアルタイム」 どこまでが「リアルタイム」!? 「ゆっくり 急ぐ!!」に矛盾しないの?

答えみつかるかな。

「マッチ棒」も今朝フォローしてみた。

Dscn6809

Dscn6852

Dscn6837

Dscn6832


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年の抱負2018 !!

Dsc_4169


去年今年雲見道楽尽きぬなり @福崎


新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。 <(_ _)>   2018年 元旦


▼今年も私の 「新年の抱負」をあげておきます。
 私自身の覚え書きであり、迷ったときの指針です。
 昨年を引き継ぎ、ひとつを加える。

(1)共愉(conviviality コンヴィヴィアリティ)

(2)挑戦(challenge チャレンジ)

(3)簡素(simple シンプル)

(4)活動的(active アクティブ)

CCSA作戦!!
 「active」を加えたわけは、動けるうちに動いておこうと思ったからだ。
 具体的には時間をかけて考えるとして今、頭にあることを列挙しておく。

・【理科の部屋】25周年記念オフ(11/23(金)~11/25(日))
・オンライン「寅の日」200回達成記念オフ(8/26(日)?)
・「テーマ」オフの実施!!
・ヒガンバナオフ(9/23(日)?)

・100人リンク集の旅 再開!!
・全国各地への「雲見」の旅!!
等々

今年も ゆっくり ゆっくり 急ごう!!
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【私の撮った写真・ベスト5】2017!!

▼今年もあと2日だ!!
 このblogを見ながら一年間をふりかえってみた。
 単にふりかえるだけでなくもう一つの目的があった。それは何年か恒例にしている企画だ。
 
 【私の撮った写真・ベスト5】2017!!

 blogにアップしている写真から、特に印象深かったものをランキングしようという企画だ。
 昨年まで【ベスト3】だったが、あまりに迷うもので今年から【ベスト5】にした。
 それでも次点がいくつか出てきてしまったが…(^^ゞポリポリ

 人から見れば、こんなピンぼけ写真が…と言うようなものばかりだ。
 ところが私にとっては2017年の感動を「記録」する写真なのである。

▼でははじめよう。

 

【私の撮った写真・ベスト5】2017!!

【ベスト1】 36号コウガイビルは「エサなし」で新記録更新か!?
Dsc_4038


【ベスト2】ジョロウグモ2次「団居」(3齢)でみんな下向きに!!(重力認識!?)
Dsc_8429


【ベスト3】大賀ハス観察池の泥のなかにこれだけの蓮根が眠っていた!!
Dsc_2444


【ベスト4】今年も「自然結実」ヒガンバナ種子が発芽・発根!!
Dsc_5213


【ベスト5】覗いた赤い太陽の上に太陽柱が!?
Dscn3497


【次点1】「あこがれの4日間」二日目、ホバリングする蜂たち!!
Dsc_8936_2


【次点2】あらたな「雲見」スポット発見~観天望気の像~!!
Dscn1001


【次点3】「雲見」は私の究極の道楽!!
Dscn9627


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【私の重大ニュース2017】(2)

Dscn3719

▼「雲見」定点を変更した!!
 変更したといっても物理的には足場の位置が数十㎝移動したのと画像の中心に鉄塔(その方向にアメダスがある)が来るように方向を変えたにすぎない。
 他人にとってはどうでもいいこと。
 しかし、私にとってはこれぞ【重大ニュース】なのかも知れない。

【私の重大ニュース2017】を続ける。

 【私の重大ニュース2017】!!

【その6】 36号コウガイビルは「エサなし」の記録を更新か!?
 昨年は庭先で出会ったコウガイビルは25匹だった。それにくらべ今年の数は少なかった。
 たった2匹だけである。35号、36号コウガイビルである。
 35号コウガイビルは例によって夏の暑さにやられまたたくまにとけるように消えた!!
 ナラバと36号コウガイビルはナイロン袋ごと冷蔵庫(温度10℃前後)に入れた。
 6ヶ月過ぎても今なおエサなしで生きている!!
 ひょっとしたら1号コウガイビルの「261日」の記録を更新するかも知れない。

【その7】 環境の変化が私の「クモ学」に影響した!!
 偶然コガネグモの狩りを目撃したことからはじまるシロウト「クモ学」。今年は5年目であった。
 環境の変化はいろんなかたちで現われた。
 しかし、春から初夏にかけてのジョロウグモの「団居」「バルーニング」をじっくり観察できたのはラッキーだった。
 コガネグモは例年の場所以外にもみつけることができた。
 ゲホウグモは今年は現われることがなかった。
 長期につき合ったジョロウグモは今年はない。従って越冬する「卵のう」も観察していない。
 少し残念である。

▼これまた忘れてはならない重大ニュースをあげておこう。

【その8】ファラデーラボで「共愉の科学」を楽しんだ!!
 これまでもファラデーラボでは、いろんな人の「私の科学」を楽しませてもらってきた。
特に今年は、これまでに増して多くの方が参加され、一部の講師の方だけでなく、二部で発表される方々に楽しませてもらった。

 ここには「私の科学」が交叉することで生まれる「共愉の科学」があった!!
 
▼また私ごとにもどろう。

【その9】私の「研究室」が移動した!!
 「研究室」なんて呼んでいるのは私だけ!!
 納屋(物置)の一角にそれはあった。
 「もくもくカレンダー」「大賀ハス観察池」「雲見定点」「宇宙見物」基地、…
 古びた机がひとつだけ置いてあるだけ!!
 それが私とってはかけがえのないマイ「研究室」!!
 事情あって移動した。また来年はあらたなマイ「研究室」つくりたいナ!!

【その10】新・「整理学」元年!! 
 佐藤可士和は「空間の整理」「情報の整理」「思考の整理」を提案してくれた。
 まずは「空間の整理」を!!と。
 その「空間の整理」をはじめた!!断捨離の連続だった!!

 「これから」に向けて「これまで」をどう整理するか。

 道は遠い!!
 今年はきっと新・「整理学」元年だったのだろう。

(おわり)
 
Dscn3729

Dscn3745

Dscn3756

Dscn3768


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【私の重大ニュース2017】(1)

Dscn3651
▼昨日(2017/12/25)朝、「雲見」定点からの空は雨があがり晴れていた。
 ところが午後に時雨れてきた。
 14:40頃、時雨がやみ晴れ来た!! こんなときは ひょっとしたら…!?
 やっぱり だった!! 

 ザ・虹だった!!

 低い虹は端から端まで見えた。こんな虹を見るのは久しぶりだった。
 しかし、それは長くは続かなかった。
 消えかかったそのとき、うっすらと もう一つの虹(副虹)が見えた!!

 2017年の「雲見」のなかでも「記録」に残して置きたい雲見だった。
▼そうその2017年もカウントダウンをはじめていた。
 ここ何年か恒例としてきた【私の重大ニュース】をあげていこう。

 【私の重大ニュース2017】!!

【その1】 blog更新/日、Web更新/週 を継続し続けた!!
 私は、このblogを2007.11.24以来毎日一日一回の更新をし続けている。そのblogをツナグかたちでWeb更新も一週間に一回更新つづけている。
 梅棹忠夫はあの名著『知的生産の技術』のなかで「日記」について次のように言っていた。

 日記は、人にみせるものでなく、自分のためにかくものだ。自分のためのものに技法も形式もあるものか。こういうかんがえ方もあろうが、そのかんがえは、二つの点でまちがっているとおもう。第一に、技法や形式の研究なしに、意味ある日記がかきつづけられるほどには、「自分」というものは、えらくないのがふつうである。いろんなくふうをかさねて、「自分」をなだめすかしつつ、あるいはばましつつ、日記というものは、かきつづけられるのである。第二に、「自分」というものは、時間とともに、たちまち「他人」になってしまうものである。形式や技法を無視していたのでは、すぐに自分でも何のことがかいてあるのか、わからなくなってしまう。日記というものは、時間を異にした「自分」という「他人」との文通である、とかんがえておいたほうがいい。手紙に形式があるように、日記にも形式が必要である。(同書 P162) 

 これぞ究極の「blogのすすめ」に私には読めた!!
 10年以上毎日書き続けるわけがここにある。

 めざすは『ファラデーの日記』だ!!

▼続けている!!ということでは次のこともあげられるだろう。

【その2】「雲見」「宇宙見物」を毎日楽しんだ!!
 先の「ザ・虹」との出会いも、きっと毎日「雲見」を楽しみ続けているからこそのものだろう。
 今年も可能なかぎり月を、「地球照」を撮り続けた。
 それはもはや習慣のようになってきた。だからどうだということはない。
 ただただそれ自体が愉しいのだ。
 「雲見」「宇宙見物」は私の究極の道楽だ!!

【その3】 オンライン「寅の日」を継続した!!
 「継続は力なり」それを実感してきた。
 科学者・寺田寅彦が少しずつ見えてくるのがうれしい。
 来年は200回記念オフも!!

▼長く長くつづけていることが他にもあった。

【その4】 Webテキスト「天気の変化」の可能性!?を追求し続けた!!
 試案の試案という程度のものであるが、
 ・試案『高層天気図』
 ・試案『アメダス』
 ・試案『天気コトワザ』
 をつくったのは大きな成果である。Web化は次なる課題だ。

【その5】 「私のヒガンバナ研究・その後」をまとめた!!
 「自然結実」ヒガンバナ群生地発見以降の5年間をまとめてみた。
 {これから」の展開のために。

(つづく) 
Dscn3678

Dscn3694

Dscn3631

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitterはじめて3,000日目に思うこと!!

Dscn2709


▼私が「雲見」などという究極の道楽を楽しみはじめたのはいつだろう?
 例によって「記録」をたどってみた。

 「雲見」のうた=「雲家族10のうた」などを作って楽しんでいたのが2009/02/08だから、「雲見」そのものはもっと前ということになるのだろう。
 
◆『雲家族10のうた』をつくった!(2009/02/08 )

▼そうすると「雲見」は私がTwitterはじめたより以前ということになる。
 私がTwitterをはじめたのは2009/09/23だ。
 本日(2017/12/09)がTwitterはじめてちょうど3,000日目になるとtwilogが教えてくれた。

 私のはじめてのツイート(つぶやき)はどんなものだったんだろう?これもtwilogで調べてみた。

「なにかよくわからないうちにここへ来しまいました。 いろんなことができるようになっていくんですね。それが面白い。」

 この日あとつづけて2ツイートしていた。

「さっそくecochemさん、argさんにフォローしていただいたので、迷い込みついでに少し楽しませてもらいます。 今日は『日本ヒガンバナ学会』の誕生日です。」
「私の連休はまだ続きます。この間に「整理」すすめなければと思っています。「クラウド整理学試論」をはじめたことだし、少しずつ楽しみながら…」

 迷い込んだ割にはけっこう楽しみながらはじめたようだ。
▼私はやがてこのツールに夢中になり、勝手にTwitter的を唱えるようになっていた。

Twitter的=
 「リンク」
 「シェア」
 「フラット」
 「等身大」
 「リアルタイム」
 「アクティブ」

これが私のネットにおける流儀のようなものだ。
 少しずつ意味も変遷してきたがやっぱりこれからも唱え続けたい!!

▼変遷ということでは気になっているのは「シェア」である。
 私はこれを日本語で「おすそ分け」と読み替えている。
 自分がこんなにも楽しく面白いのでそれを少し「おすそ分け」!!
 それが「シェア」の本意であると思っている。
 これからも考え続けてみたい。

 はじめの「雲見」もTwitter的にやっていきたいな!!

 「インスタ映え」は今年の流行語大賞だそうな。
 今の私には手に負いかねるとはじめてはいないが、もしはじめるようなことがあったらやっぱりTwitter的にやりたいな!!

Dscn2722

Dscn2725

Dscn2731

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいカメラを買ったんだ!!

Dsc_6019
▼悲劇はそのとき起きたんだ!!
 2017/10/04、今年はじめての「自然結実」ヒガンバナ群生地巡りに出かけようとしたそのときだった。私はまたしてもとんでもない「失敗」をやらかしてしまった。
 こんなときはいつも2つのデジカメ愛機を携えることにしていた。2つの愛機とは、デジタル一眼レフカメラ(NikonD5100)とクールピックスP7000だ。ふだんの自然観察、「雲見」、「宇宙見物」、「雲見」の旅等々いつでも2つは一緒だった。
 その愛機のひとつクールビックスを玄関先で落としてしまったのだ。(/_;)
 その「失敗」は実は何度か繰り返していた。一度は修理に出したこともある。
 その後もまた「失敗」し、シャッターは自動では完全に開かないようになっていた。でも手動で開け使い続けていた。
▼ところが今回の「失敗」は、玄関の硬いコンクリート上に落としてしまったこともあり、致命的だった。
 いくらシャッターを押しても反応しないのだ。
 これは困る!!
 今までできていたことができなくなる。早急な対応が必要だ。
 しかたない!!
 新しいコンパクトデジカメを購入することにした。いっきょに新しい環境になることをためらった私は同じクールピックスを購入することにしたのだ。
 
◆COOLPIX A900
 
それが新しい愛機だった。

▼寺田寅彦の随筆に

●「カメラをさげて」

というのがある。とてもお気に入りの随筆のひとつである。
 そのなかで寅彦はカメラを持って歩くのは、「新しい目を持って歩く」ことになると言っている。  
 

 このごろ時々写真機をさげて新東京風景断片の採集に出かける。技術の未熟なために失敗ばかり多くて獲物ははなはだ少ない。しかし写真をとろうという気で町を歩いていると、今までは少しも気のつかずにいたいろいろの現象や事実が急に目に立って見えて来る。つまり写真機を持って歩くのは、生来持ち合わせている二つの目のほかに、もう一つ別な新しい目を持って歩くということになるのである。

 また「新しい目」のすぐれたところは「瞬間」を「記憶」するところにあると言っていた。

 親譲りの目は物覚えが悪いので有名である。朝晩に見ている懐中時計の六時がどんな字で書いてあるかと人に聞かれるとまごつくくらいであるが、写真の目くらい記憶力のすぐれた目もまた珍しい。一秒の五十分の一くらいな短時間にでもあらゆるものをすっかり認めて一度に覚え込んでしまうのである。  その上にわれわれの二つの目の網膜には映じていながら心の目には少しも見えなかったものをちゃんとこくめいに見て取って細かに覚えているのである。

 これもこれまでもよく経験したことだ。撮ったときはまったく気づかなかったことが、後でじっくり見ているとその「瞬間」が写し込まれていて、「大発見」することも屡々だった。

 カメラは最強の自然観察アイテムだ!!

▼だからと言って、私の撮影スキルはいっこうに向上していなかった。
 いつも最終的は「下手な鉄砲」方式だった。ともかくシャッターをきりまくる。
 「ひょっとしたら、そのうちの一枚に…」という淡い期待を抱きながら…

 ネットで発注したら新しい愛機はすぐさまやって来た。前機にくらべると少しコンパクトになったようだ。
 新しい機能もいろいろあるようだ。いきなりiPhoneやネットにつなぐこともできるようだ。
 しかし、私のスキルではどこまで使いこなせるかは甚だ疑問だが。(^^ゞポリポリ

 さっそく、雨の中 目の前の景を撮ってみた。

Dscn0038

Dscn0045


| | コメント (2) | トラックバック (0)

新しいカメラを買ったんだ!!

Dsc_6019
▼悲劇はそのとき起きたんだ!!
 2017/10/04、今年はじめての「自然結実」ヒガンバナ群生地巡りに出かけようとしたそのときだった。私はまたしてもとんでもない「失敗」をやらかしてしまった。
 こんなときはいつも2つのデジカメ愛機を携えることにしていた。2つの愛機とは、デジタル一眼レフカメラ(NikonD5100)とクールピックスP7000だ。ふだんの自然観察、「雲見」、「宇宙見物」、「雲見」の旅等々いつでも2つは一緒だった。
 その愛機のひとつクールビックスを玄関先で落としてしまったのだ。(/_;)
 その「失敗」は実は何度か繰り返していた。一度は修理に出したこともある。
 その後もまた「失敗」し、シャッターは自動では完全に開かないようになっていた。でも手動で開け使い続けていた。
▼ところが今回の「失敗」は、玄関の硬いコンクリート上に落としてしまったこともあり、致命的だった。
 いくらシャッターを押しても反応しないのだ。
 これは困る!!
 今までできていたことができなくなる。早急な対応が必要だ。
 しかたない!!
 新しいコンパクトデジカメを購入することにした。いっきょに新しい環境になることをためらった私は同じクールピックスを購入することにしたのだ。
 
◆COOLPIX A900
 
それが新しい愛機だった。

▼寺田寅彦の随筆に

●「カメラをさげて」

というのがある。とてもお気に入りの随筆のひとつである。
 そのなかで寅彦はカメラを持って歩くのは、「新しい目を持って歩く」ことになると言っている。  
 

 このごろ時々写真機をさげて新東京風景断片の採集に出かける。技術の未熟なために失敗ばかり多くて獲物ははなはだ少ない。しかし写真をとろうという気で町を歩いていると、今までは少しも気のつかずにいたいろいろの現象や事実が急に目に立って見えて来る。つまり写真機を持って歩くのは、生来持ち合わせている二つの目のほかに、もう一つ別な新しい目を持って歩くということになるのである。

 また「新しい目」のすぐれたところは「瞬間」を「記憶」するところにあると言っていた。

 親譲りの目は物覚えが悪いので有名である。朝晩に見ている懐中時計の六時がどんな字で書いてあるかと人に聞かれるとまごつくくらいであるが、写真の目くらい記憶力のすぐれた目もまた珍しい。一秒の五十分の一くらいな短時間にでもあらゆるものをすっかり認めて一度に覚え込んでしまうのである。  その上にわれわれの二つの目の網膜には映じていながら心の目には少しも見えなかったものをちゃんとこくめいに見て取って細かに覚えているのである。

 これもこれまでもよく経験したことだ。撮ったときはまったく気づかなかったことが、後でじっくり見ているとその「瞬間」が写し込まれていて、「大発見」することも屡々だった。

 カメラは最強の自然観察アイテムだ!!

▼だからと言って、私の撮影スキルはいっこうに向上していなかった。
 いつも最終的は「下手な鉄砲」方式だった。ともかくシャッターをきりまくる。
 「ひょっとしたら、そのうちの一枚に…」という淡い期待を抱きながら…

 ネットで発注したら新しい愛機はすぐさまやって来た。前機にくらべると少しコンパクトになったようだ。
 新しい機能もいろいろあるようだ。いきなりiPhoneやネットにつなぐこともできるようだ。
 しかし、私のスキルではどこまで使いこなせるかは甚だ疑問だが。(^^ゞポリポリ

 さっそく、雨の中 目の前の景を撮ってみた。

Dscn0038

Dscn0045


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitterはじめて2,899日目に思うこと!!

Dscn8442
▼いよいよ我が家の風向風速計(モグラ撃退機)とサヨウナラのときが来た!!
 アメダス「福崎」の記録と見比べながら大気の動きを楽しむのに大いに活躍してもらってきた。事情あってそれを撤去する必要が出てきたのだ。別の場所に設置するか今のところ見通しが立たない。
twilogが教えてくれた。明日でTwitterはじめて2.900日目になることを。
 私が2009/09/23にTwitterを始めたきっかけはずいぶん変な偶然からであった。
 その前にとんだ大失敗をしてしまっていた。
 ノートパソコンのキーボードのうえにコーヒーをこぼしてしまったのだ。
 大ピンチ!! だった。悪戦苦闘の末、新機を購入してしまった。大失敗をそのままにするのはくやしかったので、なにか新しいことをはじめようと思った。
 それが、Twitterだった。今はアタリマエすぎるほどアタリマエだが、当時は少し珍しかったのだ。
  例によってネット上の名指南役にめぐまれて今日まで使い続けることとなった。

 今また大ピンチが…

▼Twitterをはじめてしばらくたってから妙なことを言い出した。
 「Twitter的!!」だ。

Twitter的=
 「リンク」
 「シェア」
 「フラット」
 「等身大」
 「リアルタイム」
 「アクティブ」

 6つの概念をまとめたコトバだ。けっこう気に入ってずっと使い続けている。
 それはけっしてTwitterのみを意味しない。
 Facebook的かもしれない、ひょっと別のSNSを意味するかも知れない。
 いや未来のツールをさすかも知れない。

 今、Twitter的はどこに?

▼さて、今の大ピンチだが、事情あって光ケーブルを切断の必要が出てきたのである。
 今度のこの大ピンチは克服できるだろうか?

 大ピンチは大チャンス!!

 なんて言うことになるだろうか。
 不安いっぱいだが、さて…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitterはじめて2,800日目に思うこと!!

Dsc_6222

▼ 情報は発信するところに集まる!!
 これは【理科の部屋】創設期の私たちの合い言葉だった。

 2017/05/19に東のトタン屋根の裏に張り付いていたジョロウグモの「卵のう」から子グモたちが出てきて「団居(まどい)」をはじめた。続いて翌日(2017/05/20)には玄関の「卵のう」から出てきた子グモたちが「団居」をはじめた。一日ちがうだけで、「団居」する様子が少し違う気がする。トタン屋根の方は強い風に煽られながらも、そのなかで脱皮をはじめたのだろうか?
 もうひとつの車庫の上の「卵のう」にも黒いかたまりのようなものが見え始めた。ひょっとしたら…!?
 
 私が今、いちばん欲しい「情報」は、この子グモたちの「団居」に関するものだった!!

▼私はひょんなことがきっかけで2009/09/23にTwitterをはじめた。本日ではじめて2,800日になるとtwilogが教えてくれた。
 このTwitterをはじめたころすっかりその魅力に取り憑かれはまった。どこが面白かったというと、このツールが【理科の部屋】創設期のころのパソコン通信に似ていると感じたからだ。
 Twitterはじめてから、100日ごとに「Twitterはじめて、○00日目に思うこと!!」を記録し続けている。
 それを見返してみると「Twitter的」というコトバをかなりはやい段階から始めていた。
▼Twitter的=【理科の部屋】的と勝手に読み替え納得していた。

 Twitter的=
 「リンク」
 「シェア」
 「フラット」
 「等身大」
 「リアルタイム」
 「アクティブ」

 6つの方法・哲学・思想をミックスしたもの。
 それはネットの世界を超えて生き方の私の「作風」「流儀」でもあった。
 大げさいうのは一生なおらない私の癖 (^^ゞポリポリ
▼今、「情報」そのものの意味が大きく変わろうとしている。
 
 そう感じるのは私が年をとったせいだろうか?
 今さら「昔はよかった」などと言うつもりはさらさらない。
 時代は遡行しない!! 
 ホンモノの「流行」は「不易」を内包する!!
 ホンモノの「不易」は「流行」を創造する!! 

 私は、今、子グモたちの「団居」に関する「情報」が欲しい。
 だから、私は我が家の子グモたちの「団居」の「情報」を発信する。

Dsc_6227

Dsc_6278


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧