2020年・夏の「自由研究」は!?(7) #自由研究 #エマグラム #アメダス #オンライン自由研究

Dscn4179

Dscn4183

▼久しぶりの「青空」が妙にうれしかった。
 傘を持たずに歩いてみて気づいた。
 あの栗の花は、もうイガグリになっていた!! 
 夏草は繁っていた!! 
 雨の間にも、季節は進んでいたのだ。この アタリマエ !!

Dscn4190

▼7月前半。
 私たちが暮らす「大気の物理学実験室」に何が起こったのだろう。
 3つのWebテキスト試案をつかってふり返ってみよう。

◆Webテキストミニ試案「エマグラム~エマグラム鉄道物語~」

◆Webテキスト試案「高層天気図・数値予報図」(pdf版)

◆Webテキスト試案「アメダス」(PDF版)

▼こうして見てみると、プロ仕様と思い込んでいるデータもけっこう面白い!!
 他の分野においても、専門家しか使わないと思われているデータのなかにも「自由研究」に役立ちそうなものがいっぱいあるにちがいない。
 それをそのままにしておくのは モッタイナイ!!

 「自由研究」に役立ちそうなプロ仕様のデータを発掘しよう!!

▼発掘したなら、それらを使いこなす術を学ぼう!!
 それでこそ

 オンライン「自由研究」は一生モノ !!

 となるだろう。
 
(つづく)

Dscn4211

| | コメント (0)

2020年・夏の「自由研究」は!?(6) #自由研究 #隠れ帯 #クモ学 #オンライン自由研究

_dsc0973

▼ おっ!!「隠れ帯」だ!!
  一昨日は見られなかったのに、昨日の朝にはあった!!

 「隠れ帯」は、典型的な「X」型をしていなかったが、白い帯は「隠れ帯」にまちがいなかった。
 と言うことは、3号コガネグモは、10日~11日朝までのあいだに、雨の中、ネットの張り替えをしたのだろうか。
 その必要性が生じたのだろうか?
 今度は、なぜ「隠れ帯」をつけたのだろうか?
 そもそも「隠れ帯」とはなんなのだ!? なんのために!?
 長く続く「ふしぎ!?」が またしても…。
▼前にあげた「自由研究」データーベースでこれまでの研究を検索してみることにした。

(5) 理科自由研究データベース
(お茶の水女子大学・サイエンス&エデュケーションセンター)

 「クモ」「隠れ帯」で検索すると とても面白い研究がヒットした。

●クモに会いたい!?Ⅵ

 長年にわたる研究だ。実にスバラシイ!!
 「詳細」も読ませてもらえる アリガタイ!!

▼すばらしい研究を見せてもらいながら、またまた我田引水であるが、「これから」の自由研究として、今から22年前の7月(1998年7月)に4つのことを提言していたことを思い出した。
 4つのこととは、次のようなものだった。

(1) 研究の成果をデジタル処理をしていく。
  ・デジタルカメラの活用(処理、加工・保存性・共有性にすぐれている。)
  ・共通ソフトの使用によりビジュアルで説得力のあるまとめが可能。
  ・研究の蓄積が可能(何年もかけた自由研究も可能になる。)

(2) インタラクティブな研究の可能性を追求する。
  インターネットを利用したテーマに関する情報収集からはじまり、研究の過程においても、電子ネットワークの活用してその道の研究機関・専門家への問い合わせをするなど、これまで以上に広範囲のなかでの「学びあい」のなかから研究をすすめていく。

(3) 遠隔地との共同研究を実現する。
 すでに、「学級・学校間交流」などで、いくつか先行する実践例のある「共同研究」を、生徒個人のレベルでも実現していく。それは、すでにプロの研究者たちが実現している手法でもある。ネットワーキングとしての「自由研究」の具現化である。

(4) Webページ上に研究発表(情報発信)をしていく。
 上記のことをふまえるなら、自由研究の成果をWebページ上に発信していくことは、きわめて有効な方法と言えるだろう。

▼今では、アタリマエのことばかりだ!!
 今から考えると、ちょっと陳腐な言葉遣いのところもあるが、
 今、オンライン「自由研究」を考えるとき、なにかヒントになりそうな気がしてひっぱりだしてきた。

 こうしてみると、オンライン「自由研究」は、「自由研究」だけにとどまらず、これからの学びの「かたち」を考えることにツナガル!!
 オンライン「自由研究」は一生モノだ!!

 そんな気がしてくるのだった。
 
(つづく) 

| | コメント (0)

2020年・夏の「自由研究」は!?(5) #自由研究 #コガネグモ #クモ学 #オンライン自由研究

_dsc0947_20200711045501

▼ 3号コガネグモは、雨の中でもネットの中心部「こしき」に、待機のスタンスでじっとしていた!!

 3号コガネグモが登場したのは、2020/07/08の朝だった。それまでの2号までが見えなくなっていただけにとてもうれしかった。
 やっぱり雨が降っていた。雨の中、巧みなネットづくりの技を披露してくれた。
 そのときのネットを使い続けているのだろうか!?
 2020/07/09の朝は、待機のスタンスに入っていた。
 あの「X」型の隠れ帯がみられない。どうして!?
 ここは溝を流れてきた水が川にでるところの草むら。
 確かに獲物(虫)たちが現われやすそうに思える。
 水音もはげしい!! ところでクモたちはこの音が聞こえるのか!?

_dsc0785

_dsc0813

_dsc0859

▼クモたちの「ふしぎ!?」を追いかけていたらきりがなかった。
 こんな不思議で面白い生きものが、身近にいることにどうして気づかなかったのだろう!?
 今となってはそれが最大の不思議だ!!

 2013年夏から始めた「クモ学」のすすめ のはじめに 私はこう書いた。

 最大の「ふしぎ!?」は最も身近にある!!

 還暦を過ぎてからはじめた「クモ学」の最大の収穫はこのことに気づいたことだ。
▼このように身近なアタリマエの「自然」のなかにこそ、「自由研究」のテーマはごろごろ転がっていた。
 新・「自由研究」のすすめ試論を展開するなかで、私は変な方式を提唱していた。
 
 <アカソナキヤ方式>の提唱デアル!!

●<アカソナキヤ方式>

 タリマエ を当たり前として流さずに
 ンガエテミルト けっこう「ふしぎ!?」なことはいっぱいある。 
 ウイエバ そのこと教科書に、本に、Webにあったような。
 ントナク でいい。その「ふしぎ!?」に予想をたててみよう。
 ットコウナルハズ の私の仮説をたててみよう。
 ッパリ そうだったか!!となれば、これは大発見だ。

▼今年の夏は、さらにそれらを発展させて、オンラインでも展開できないものだろうか。
 
 オンライン「自由研究」!!

●その利点は
●その具体的展開は
●注意すべきことは

(つづく)


| | コメント (0)

2020年・夏の「自由研究」は!?(4) #自由研究 #寺田寅彦 #自由研究の歴史 #オンライン自由研究

Dscn4102_20200709045801


 「ねえ君、不思議だと思いませんか?」

 「自由研究」へ誘う最高のコトバに聞こえる。
 このコトバについて、あの中谷宇吉郎が書き残してくれていた。

 私が理研にいた三年の間に、先生の仕事を手伝った主な題目は火花放電の研究であった。ずっと以前、先生が水産講習所へ実験の指導に行っておられた頃の話であるが、その実験室にあったありふれた感応起電機を廻(まわ)してパチパチ長い火花を飛ばせながら、いわゆる稲妻形に折れ曲(まが)るその火花の形を飽(あ)かず眺めておられたことがあったそうである。そして先(ま)ず均質一様と考うべき空気の中を、何故(なぜ)わざわざあのように遠廻りをして火花が飛ぶか、そして一見全く不規則と思われる複雑極まる火花の形に或る統計的の法則があるらしいということを不思議がられたそうである。「ねえ君、不思議だと思いませんか」と当時まだ学生であった自分に話されたことがある。このような一言(ひと)ことが今でも生き生きと自分の頭に深い印象を残している。そして自然現象の不思議には自分自身の眼で驚異しなければならぬという先生の訓えを肉付けていてくれるのである。(中谷宇吉郎『指導者としての寺田先生』 青空文庫より)

▼その寺田寅彦自身にも、直接「自由研究」に触れた文章があった。
 昭和三年(1928)十一月『理科教育』に寄稿された「雑感」のなかにあった。
 こうである。

 

小学校でも中学校でもせめて一週間に一時間でもいいから、こういう「自由研究」の時間を設けて、先生も生徒も一緒になって、何でも手近な題目を取扱い、そうして、自然が如何に分らない事だらけであるかという事、その分らない事が、熱と根気で向って行けば少しずつ少しずつ分って行く事、その少しずつ分って行く少なくも分ったような気がして行く事が如何に愉快なものであるかという事などを実習したらいいだろうと思う。先生の分らない事は大抵誰にも本当はよく分らない事である。分らない事は恥でも何でもない。分らない事を分ったような顔をするほど恥ずべき事はない。(寺田寅彦「雑感」 青空文庫より

▼昭和三年(1928)に寅彦が「自由研究」という言葉を使っていることからわかるように、「自由研究」教育は始まっていた。
 大正自由教育運動のなかで誕生したもののようだ。
 また、寅彦の提言に呼応するかのごとく、昭和二十二年(1947)から5年ほど小学校の「教科」として「自由研究」があった時代もあるという。

▼私が言いたいのは、その「自由研究」を復活させようということではない。
 「自由研究」の原初の思念を生かしつつも、今の時代に即した展開だ!!
 今の時代だからこそ可能なこと
 「これから」の時代の「自由研究」のひとつの「かたち」!!

 それが、オンライン「自由研究」だ!!

 その可能性をさぐってみたい!!
 
(つづく)

| | コメント (0)

2020年・夏の「自由研究」は!?(3) #自由研究 #理科 #コウガイビル

_dsc0728

_dsc0761

▼ 動いた!!
  容器のフタにこびりついたモノが動いたような気がしたのだ。
  フタをあけて裏返し、じっくり観察してみた。
  まちがいない 動いている!!
  コウガイビルの赤ちゃんだ!!

 容器の中には、49号、50号、さらに53号の卵が入っていた。
 そう、私は二年連続してクロイロコウガイビルの卵から生まれた赤ちゃんを目撃したのだ。

_dsc0747

▼他のコウガイビル本体はどうしているだろう!?
 小さかった(若かった)51号、52号コウガイビルはまだ元気だった。
 一番最近に出会った53号コウガイビルは、すでに濁った水と化していた。

 偶然の出会いからはじまるコウガイビルとのつき合い!!
 コウガイビル研究は、究極の「ふしぎ!?」
にツナガルものだった。
 
 究極の不思議=「生命とは!?」にツナガル!!

 今年はそんな「自由研究」にいっぱい出会いたいな。
▼昨年、はじめてクロイロコウガイビルの卵をみつけたとき、そのことをくわしく教えてもらったのは、オンラインでその道のプロからであった。どんな「研究」に関しても、その道のプロがいるものだ!!
 私は自分に都合よく勝手にルールをつくっていた。

 ホンモノのプロ(専門家)は必ず応えてくれる!!

 もちろん「前提」となるいくつかのことはある。
 その「前提」はなになのかを学ぶことも「自由研究」の重要な一部!!
▼今、世間では「オンライン」が注目されている。
 実は、実際の科学者たちの科学研究も以前からオンラインはアタリマエになっている。
 今年は、ぜひ

 オンライン「自由研究」への道!!

 が拓かれることを期待したい。

(つづく)

_dsc0660

_dsc0680_20200708052501

_dsc0691

_dsc0708_20200708052501

_dsc0711

 

| | コメント (0)

2020年・夏の「自由研究」は!?(2) #自由研究 #理科 #理科自由研究サイト

Dscn3793

Dscn3779

Dscn3806

▼ 
 なんというみごとなボルダリング技術だ!!

 それが「ふしぎ!?」でならなかった。
 子規庵の糸瓜の成長ははやかった。ネットをする時期が少し遅れてしまった。
 それでも、しっかりつるを使ってネットにからまり伸びてきた。
 不思議なことに何もない垂直なコンクリートの壁もみごとにクライミングしていた!!
 よく見ると、壁にあいた小さな穴に「巻きひげ」が…!!
 
 やっぱり不思議だ!!どうして、そこに穴があることがわかったのだろう!?
 あのコトバを借りたくなる。
 「ねえ君、不思議だと思いませんか?」

Dscn3798

▼変則的な夏休みだ。
 「自由研究」をする時間の確保がむつかしいかも知れない。
 だからこそ、ほんとうの「自由」であってもいいかも知れない。

 今年の夏休みもやっぱり自然の不思議は続いているのだから、「自由研究」は続けたいな!!

 今年だからこそできる「自由研究」もあるはず!!

▼これまで参考にすることを薦めてきたサイトは、今年はどうなっているだろう。
 見に行ってみた。

(1) シゼコン(自然科学観察コンクール OLYMPUS)

(2) 日本学生科学賞(公式サイト)

(3) 高校生科学技術チャレンジ 

(4) 科学自由研究.info 

 取り組み方を少し変更するかも知れないが、基本的にはどこもコンクール関係は実施されるようだ。

▼実際に取り組み始めるとき、大いに参考になるサイトをもうひとつあげておこう。

(5) 理科自由研究データベース
(お茶の水女子大学・サイエンス&エデュケーションセンター)

 これまでの「自由研究」が、データーベース化されているのがなんともうれしい!!

 あなたの「ふしぎ!?」の先行研究があるかも知れない!!

(つづく)

| | コメント (0)

2020年・夏の「自由研究」は!?(1) #自由研究 #理科 #実生ヒガンバナ

Dscn3713

Dscn3719

▼ 鱗茎部分は土の中に埋もれ、緑の部分が元「種子」を持ち上げるようなかっこうをしていた。
  また別のものは、土からはみ出た鱗茎部分が少し緑っぽくなっていた。
  私は、それらをどう処理するのがいいのか迷っていた。

 昨年の秋に採集・回収した530個のヒガンバナの「種子」を用いた実生実験!!
 125個が「発芽・発根」し、それらを植木鉢に「引っ越し」をした。後は、秋になって「出葉」してくるの待つばかりになっていた。
 しかし、今、迷っているのは、せっかく緑の部分を残しているのだから、このままにしておいて栄養を稼がせて鱗茎(球根の赤ちゃん)に貯め込ませるか、それとも、土をかぶせて「保護」するかである。
 詳しい先行研究の事例は不明だった。
 試行錯誤を繰りかえし無手勝流でやっていくしかなかった。

Dscn3699

Dscn3700

私のヒガンバナ研究は、昨年から今年にかけて一大局面を迎えようとしていた。
 530個のヒガンバナの「種子」!!
 125個の種子の「発芽・発根」!!
 「日本のヒガンバナに何かが起こっている」それだけは確かだった!!

 ヒガンバナ研究こそ、2020年・夏の私の「自由研究」の目玉だった。
 
 ところで、2020年・夏の「自由研究」はどうなっているのだろう!?
 例年ならば、「自由研究」のことが話題にあがるころであるが、今年ばかりはそれどころではないのだろうか。
 夏休みそのものも短縮バージョンで、そんな「時間的」余裕はないのだろうか。

▼私は、2008年の夏より

●「理科の自由研究」の研究 

と言う妙なページをつくり、 新・「自由研究」のすすめ試論 を展開してきた。
 そのなかで「これから」の時代の「理科の自由研究」を志向してきた。

▼こんなときだからこそ、今一度考えてみたい。

・そもそも「自由研究」とは!? 
・2020年・夏の「自由研究」の可能性は!?
・今だからこそ生まれる新しい「自由研究」の「かたち」とは!?
・「自由研究」のこれから!!

 しばし、時間をとって考えてみたい。

(つづく)

| | コメント (0)

「子規庵」のヘチマにネットを張った!!(2019/07/08)

_dsc7691

二度目の「子規庵」訪問は2019/05/17だった。
 そこで私は、5粒のヘチマの種子を「おすそ分け」してもらった。
 ダメ元覚悟でその種子を2019/05/30に蒔いてみた。
▼なんとそのうち4粒が発芽した。
 あれよあれよという間に発芽したヘチマは成長していった。
 大きな植木鉢に植え替え、コンクリートの壁沿いに4鉢をならべた。
 つるが巻きつくことを想定して棒も立てかけた。
 しかし、ヘチマは想定外の展開を見せてくれた。
 棒など無視して、垂直のコンクリートの壁をよじ登りはじめたのだ!!
 (゜o゜)ゲッ!!
 どういうことだろう!?
 コンクリートの壁にあいた小さな穴!!
 そこにらせん状ひげの先を突っ込んでみごとなクライミングをはじめてしまったのである。
▼はやくネットを張って、「子規庵」のりっぱなヘチマ棚に及ばないまでも活動の場をつくってやりたかった。
 昨日やっとそれができた!!
 それにしても、この植物のドラスティクな展開を見ていて思った。
 植物も生きている!!
 はほんとうだ。
 さらには、もう35~36年以上前の
●「つる植物」は「ずる植物」の授業
 をも思い出した。
▼こうして考えてみると、自然界には「自由研究」ネタなんてゴロゴロころがっている。
 そんな気がしてくるのである。
 今いちど、「アカソナキヤ」と唱えてみよう!!
ア タリマエ を当たり前として流さずに
カ ンガエテミルト けっこう「ふしぎ!?」なことはいっぱいある。 
ソ ウイエバ そのこと教科書に、本に、Webにあったような。
ナ ントナク でいい。その「ふしぎ!?」に予想をたててみよう。
キ ットコウナルハズ の私の仮説をたててみよう。
ヤ ッパリ そうだったか!!となれば、これは大発見だ。

 「糸瓜忌」に間に合うようにひとつでもヘチマの実ができるかな!?o(^o^)o ワクワク

_dsc7662

_dsc7664

_dsc7633


| | コメント (0)

2019年・今年の私の「自由研究」は!?(5) #自由研究

_dsc6744

▼今年13番目に出会った13号コガネグモは、これまでの場所から少し離れたところだった。
 小さな溝から小川に流れ出るところだった。
 これまでにくらべるとずいぶん広い空間に出てきていた。それにともなって張っているネットも大きい!!
 狩りもよりダイナミックにということだろう。
 現在観察継続中は9号、11号、12号、そしてこの13号コガネグモだ。
 コガネグモの世界もあらたなステージにシフトしたようだ。
_dsc6755

▼今年の私の「自由研究」の総合テーマは、ふたつある。ひとつは
●「動きながら」(旅をしながら)
 もうひとつは、
●「より身近に」
である。
 その「より身近に」の典型的な例として、2013年の夏からはじめたシロウト「クモ学」がある。
 そのページのはじめにこう書いた。

 最大の「ふしぎ!?」は最も身近にある!!

 「クモ学」に出会っての最初の実感であった。私の環境が急変したわけではなかった。
 ずっとずっとこんな凄いクモたちと一緒に暮らしてきていたのに…。
 今では、どうしてこれに気づかなかったのだろう!?最大の不思議である!!
▼「身近な」と言えば、大賀ハス観察池もこの11年間身近にあった。
 12年目の夏、これまでで最大のピンチを迎えていた。
 ヘタに肥料を与えすぎたのか、枯れてしまうところだった。アドバイスもらってなんとかこのピンチを脱した。
 蓮根の植え替えをして14週目の昨日は、立葉が次々と立ちだした!!
 ところが次なる大ピンチがやってきた。アブラムシだ!!
 せっかくの立葉が真っ黒になってしまうほどだ。
 はたして、今年は「あこがれの4日間」に行きつけるだろうか。
 ピンチは「研究」最大のチャンス!! となるだろうか?
_dsc6793

▼「身近な」庭から今年はじめて発見したコウガイビルの卵、卵から出てきた赤ちゃんたちの今後の展開は!?
 これもまた、今年の「自由研究」の大きな課題だった。

 まずは、記憶せずに「記録」しよう!!
 
(つづく)
 

 
 

| | コメント (0)

2019年・今年の私の「自由研究」は!?(4) #自由研究

_dsc6509

▼子規庵のヘチマの鉢は4つともすくすくと成長していた!!
 一ヶ月前はあんな小さな種だったのに信じられない展開である。
 アタリマエと言えばアタリマエ!!
 でもやっぱり考えてみると「ふしぎ!?」だ!!
 こんなときは、やっぱりあの「アカソナキヤ方式」だ!!
 ところでヘチマのつるって右巻! ?左巻!?
 そもそも決まっているのかな ?(゜_。)?(。_゜)?
_dsc6520

_dsc6526

_dsc6535

▼私には長いあいだ追い続けてきた「ふしぎ!?」がいくつかあった。
 置き去りにしてしまうわけにはいかない!!
 動くことによってのみ次なる展望が見えてくる「「ふしぎ!?」研究だ!!
 この夏、可能なかぎり動いて挑戦してみようと思う。
 ひとつ目は

◆「燐寸(マッチ)一本 化学の元!!」研究

である。すでに「これまで」も「これから」もまとめていた。
 あとは動くのみだった!!
▼二つ目も長いあいだの研究の歴史があった。
 そこにはライフワークとも言える遠大なるテーマもあった。

◆「「丹生」を追う」研究 

 こちらもまた「これまで」と「これから」を整理していた。
 こちらも次なる展望は、動くことによってのみ切り拓かれると思っていた。
▼最後にもうひとつだ!!
 こちらの方は、「研究」先行というよりなつかしい旅の再現だ。
 今から33年前の旅だ!!

●紅花を追って (1)「山形・最上」編
●紅花を追って (2)「京都」編
 
できれば33年前と同じコースを辿りながら、新発見はあるのだろうか!?
自分の目で確かめてみたいのだ!!

(つづく)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧