私の「科学」雑話(24) #マッチ #川本幸民 #化学新書

Dscn0899

▼手に入れた冊子は3つある。

◆『川本幸民の足跡をたどる~蘭学の伝統~』(八耳俊文著 NPO法人歴史文化財ネットワークさんだ 2011.1.25)

◆『川本幸民の 遠西竒器述 解読』(足立元之編著 NPO法人歴史文化財ネットワークさんだ 2010.4.10)

◆『蘭学者 川本幸民の「化学新書」解読・実験の手引き』(阪上正信著 三田市郷土先哲顕彰会刊行 1998.3.1)

である。
 まだ完全に読んでしまったわけではないが、実に面白い!!
 求めていたもの、いやそれ以上のものがそこにはあった。アリガタイ!!

 川本幸民もまた、宇田川榕庵、久米通賢たち同様きわめてマルチな活躍をした科学者だった!!

▼では肝心の川本幸民がつくった燐寸(マッチ)とはどんなものだったのだろう!?
 くりかえしいろんなところに書かれているようだ。
 なかでも、『遠西竒器述 第二輯』にくわしく書かれているようだ。しかし、それがわかったとしても私にはちんぷんかんぷんで手も足も出なかった。
 そこでアリガタイのが、この度手に入れた

◆『川本幸民の 遠西竒器述 解読』(足立元之編著 NPO法人歴史文化財ネットワークさんだ 2010.4.10)

だ。
 これなら私にもわかった!!(なおうれしいことに、電話で少し足立先生と話をさせてもらった。深謝)
 「I 燐柹 マッチ (ホスホルストック リュシヘルス)」の項にたいへんくわしく書かれていた。
 洋書のなかのマッチの作り方の紹介にとどまらず、独自に工夫したマッチの作り方が書かれていた。
 
 川本幸民のすごいのはそこまでにとどまらず実際にマッチを作っているところだ!!

 もちろんこの段階では「黄リンマッチ」である。

▼ここで今一度、日本のマッチの歴史を「マッチの歴史(「マッチの世界」 日本燐寸工業会) 」を参考にピックアップしてみる。


●1837 (天保8)年
・ 宇田川榕庵(ようあん)が欧州の文献を参考にマッチについての記述もある化学書『舎密開宗(せいみかいそう)』を著す。

● 1839 (天保10)年
・ 高松藩士、久米通賢(くめつうけん)栄左衛門がドンドロ附木、吹弾子(雷汞(らいこう)マッチ)を発明。史実としてはわが国最初の国産マッチの発明。

●1848 (弘化4)年
・兵庫県加古郡横谷村(現在の三田市)出身の蘭学者、川本幸民(かわもと こうみん)が黄りんを使ったマッチの試作に成功。

 先日からの宇田川榕庵、久米通賢、川本幸民を訪ねる旅でだいぶんその「歴史」が見えてきた!!

▼先に進めることでそのときわからなかったことが見えてくることもある。
 宇田川榕庵が『舎密開宗』において、「マッチについて記述」しているということであるが、それが「130章 燐の燃焼性」だけなのかわからなかった。それが、今回、川本幸民ことをくわしく知るなかでわかってきた。
 もう一度『舎密開宗』現代語訳をみかえしてみたい。

 それにつけてもつくづく実感する!!

 「マッチの歴史」は日本近代「化学」の歴史そのものである!!

 「燐寸(マッチ)一本 化学の元!!」は本当だ!! 

さて、次は

(つづく)

Dscn0675

Dscn0653

Dscn0661

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私の「科学」雑話(23) #マッチ #川本幸民 #化学新書

Dscn0803

▼次なるターゲットは決まっていた。

 「川本幸民」 である!! 

 私の「燐寸(マッチ)一本 化学の元!!」の旅はまだまだ続いていた。
 その名は、「舎密開宗」の宇田川榕庵を訪ねて津山洋学資料館に行ったときにも学芸員の方からも聞いていた。
 「マッチの歴史について調べているのですが…」
 「それなら三田のあの川本幸民ですね。ここからも三田の方へもうかがったことがあるんです…」と。
 そのときから、次は「川本幸民」であると決めていた。
▼先ず向ったのは

◆三田ふるさと学習館

だ。中国縦貫道を車で走って一時間あまりのところにあった。
 津山洋学資料館にしろ、この三田ふるさと学習館にしろ、ほんとうに近くにこんな施設があるとはアリガタイ!!

▼自分でも感心してしまうほど、こんなときいつも私はラッキーだった。
 学習館に入るなり、いっぱい情報を教えてもらった。
 文献資料もいっぱいあった。
 「自由に閲覧してください。」の言葉に甘えて、時間を忘れて見せてもらった。
 
 「川本幸民」とは!?
 いただいた子ども向けリーフレットにわかりやすく書いてあった。

 「べんきょうおもしろいね! じっけんたのしいね! 三田ゆかりの川本幸民をご存じですか?」

 ・三田が生んだ偉大な蘭学者・幸民
 ・西洋の最新機器を解説したよ。
 ・自分と妻を自作の写真機で撮影したよ。
 ・日本ではじめてビールをつくって、飲んだよ。
 ・マッチをつくって金持ちの鼻をあかしたよ。
 ・初めて「化学」という言葉を使ったよ。

 私にはやはり「マッチ」「化学」がいちばん気になるところだった。

Dscn0780

Dscn0685

Dscn0612

▼三冊のくわしい資料を手に入れた。
 なおうれしいことに、その資料の作成者とコンタクトをとっていただき電話でお話をすることができた。
 アリガタイかぎりである!! 深謝!!

 学習館を出て教えていただいた

◆川本幸民 顕彰碑 

◆川本幸民出生地 

を訪ねてみた。


(つづく)

Dscn0716

Dscn0738

Dscn0708


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)