2017年9月(長月)の俳句「歳時記」!!

Dscn8618

▼二百十日の「雲見」!!
 たしかに雲は高くなり、そこには秋がやってきていた。
 高いと言っても、それはせいぜい10㎞までの話だ。
 
▼さあ、今月も

◆NHK「俳句」 テキスト 

より名句11句を引用させてもらう。

(1) 秋風や模様の違ふ皿二つ  原 石鼎
(2) 水澄みて金閣の金さしにけり 阿波野青畝
(3) さわやかにおのが濁りぬけし鯉 皆吉爽雨
(4) 秋扇もてなし薄く帰したり   佐野美智
(5) 火より火を奪ひ烈しく秋刀魚もゆ 天野莫秋子
(6) 窯攻めの火の鳴る二百十日かな  廣瀨町子
(7) 露草も露のちからの花ひらく   飯田龍太
(8) 鈴虫とひとりの闇を頒ち合ふ   野見山ひふみ
(9) ふつくりと桔梗のつぼみ角五つ  川崎展宏
(10) 日陰ればたちまち遠き花野かな  相馬遷子
(11) ゆれ交しゐてコスモスの影もなし 大橋宵火

▼次もいつものとおりシロウト選句に挑戦だ!!

【私の選んだ名句ベスト3】

(8) 鈴虫とひとりの闇を頒ち合ふ   野見山ひふみ

(10) 日陰ればたちまち遠き花野かな  相馬遷子

(7) 露草も露のちからの花ひらく   飯田龍太

【次点】

(5) 火より火を奪ひ烈しく秋刀魚もゆ 天野莫秋子

 このひとりよがりの私の選句にもなんらかの傾向があるんだろうと思う。
それは今の自分には見えない。
 もう少し続けているとひょっとしたら見えてくるかも知れない。

『歳時記は日本人の感覚のインデックス(索引)である』と言ったのは我らが寺田寅彦だ。
 このコトバの意味が、ほんの少しだけ納得いきだした。

 名句には及びもつかぬが、この9月も「もどき」づくりにはげみたい。
 さあ、どんな自然の「インデックス」に挑戦するかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月(長月)の「雲見」は!?

Dscn8589
▼8月(葉月)が終わった!!
 そして9月(長月)の「雲見」が始まる。8月最後の「雲見」である昨日はすでに秋が始まっていた。台風15号が巻き込んでくれた寒気は秋の空をつれてくれていた。
 はたして9月の「雲見」は!?
 その前に8月の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    0
・巻雲    2
・巻積雲  5
・巻層雲  0
・高積雲  3
・高層雲  3
・層積雲  5
・積雲    9
・層雲    1  
・乱層雲  2
・積乱雲  1

 「積雲」「層積雲」などの比較的低い雲が多い。
▼いつものように9月の「雲見」を2つの資料をもとに予想してみることにする。
ひとつは
 
◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)


である。
 「日本海側」と「太平洋側」では天気の様子が少し異なるようだ。
 ちょうどその中間に位置する当地での天気の変化は微妙である。
 アタリマエのことであるが、あらためて納得である。すでに顔を出している秋雨前線、高気圧の影響をうけそうである。

▼もうひとつはよりローカルに迫ってみよう。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

である。
 雨量は8月にくらべ増えそうだ。秋雨前線の影響であろう。
 台風はどうだろう。今年の9月はいくら上陸するだろう?
 その影響は!?

▼ どんな「雲見」が予想されるだろう。
 一般的には昨日見たような高い位置の雲がみられるだろう。
 ケンケン三兄弟「巻雲」「巻積雲」「巻層雲」の頻度高い登場かな!?

 「雲見」定点観測地の変更を余儀なくされている。定点は変わっても「雲見」そのものを愉しむ試みは変わりなく継続するつもりである。
 それにしても
 「雲見」の旅から遠ざかっている。
 やがてはヒガンバナの季節でもある。
 どこかへヒガンバナ&「雲見」の旅に出たいな!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月(葉月)の俳句「歳時記」!!

Dscn7759
▼それはほんとうに突然のできごとだった!!
 ともかく昼までは暑かった。外にでるだけでも億劫なるぐらいだった。
 昼前に突然雲がもくもくと沸き上がってきた。見る見るうちに成長していった!!
 ザ・積乱雲!!
 「上がるとザアザア」はほんとうだった。はげしい雨がひとしきり降った。
 
 このカラクリを知ることは「俳句の精神」に通ずるというのが寅彦の教え!!

▼さあ、今月も

◆NHK「俳句」 テキスト 

より名句11句を引用させてもらう。

(1) 流灯や一つにはかにさかのぼる 飯田蛇笏
(2) 七夕やまだ指折つて句をつくる 秋元不死男
(3) 硯洗ふ墨あをあをと流れけり  橋本多佳子
(4) 三人に見つめられゐて西瓜切る 岩田由美
(5) おしろいが咲いて子供が育つ路地 菖蒲あや
(6) 身を裂いて咲く朝顔のありにけり 能村登四郎
(7) 水引の雨こまやかに降りはじむ  荏原京子
(8) ひぐらしや明るき方へ鳴きうつり 暁台
(9) 走馬燈消えてしばらく廻りけり  村上鬼城
(10) 手をあげて足を運べば阿波踊   岸風三樓
(11) 新涼や白きてのひらあしのうら  川端茅舎

▼なんともみごとなものだ!!
 名句なんだからアタリマエ言えばアタリマエなんだがやっぱり感心する。
 さあ今月もシロウト選句に挑戦してみよう。

【私の選んだ名句ベスト3】

(7) 水引の雨こまやかに降りはじむ  荏原京子

(3) 硯洗ふ墨あをあをと流れけり  橋本多佳子

(6) 身を裂いて咲く朝顔のありにけり 能村登四郎

【次点】

(9) 走馬燈消えてしばらく廻りけり  村上鬼城

 8/7は「立秋」、この世界では秋がはじまる。歳時記も「秋」編にかえなければ…。

▼その瞬間の景を一句に詠む。
なかなか「もどき」を脱却できない世界だ!!
いつも最後は居直りだ。(^^ゞポリポリ

「もどき」でもいいではないか。愉しければ!!

雨上がりの夕方、コガネグモが柵にへばりつき待避していた。

Dscn7781


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月(葉月)の「雲見」は!?

Dscn7728
▼8月(葉月)がはじまる!!
 どんな「雲見」となるだろう。その前に7月の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    0
・巻雲    0
・巻積雲  0
・巻層雲  1
・高積雲  3
・高層雲  5
・層積雲  5
・積雲    5
・層雲    2  
・乱層雲  7
・積乱雲  3

 こうならべて見ただけでもわかる。
 雲はずいぶん低いところにあったんだ!!「乱層雲」「層積雲」「高層雲」「積雲」の合計が22日にもなった。
 蒸し暑い!!
 そんな印象だった。
▼いつものように8月の「雲見」を2つの資料をもとに予想してみることにする。
ひとつは
 
◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

である。
先月の「暑い!!雨は少ない」の予想は半分あたっていたが半分はハズレた。
 今月はどうだろう?
 これを見る範囲では「暑い!!雨は少ない」と予想されるがわからない!?
 さっそく「台風」も迷走していることだし…。
▼よりローカルに迫ってみよう。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 30年間のデータでは、8月の雨量は7月にくらべたらガタッと減っている。
 はたして今年はどうだろう。
 風(海陸風)にも注目したい。
▼その「アメダス」の近くの公園の百日紅がみごとだった!!
 名前のとおり、8月の終りまで咲き続けているだろうか?

 例年の「雲見」の旅の計画は今年はない。少し淋しい気分だ!!
 その分、より「ローカル」に徹した「雲見」をつづけたい。

Dscn7752


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月(文月)の俳句「歳時記」!!

Dsc_6688
▼大賀ハス「あこがれの4日間」が次々と連続してやってきていた。
2号(「水栽培池」)は三日目、3号(「観察池A」)は二日目!!
 「あこがれの4日間」はそれぞれの日の美しさを持っているが、やはりこの二日目三日目の美しさは最高である。荷風も「最高」だ!!
 その瞬間を画像として切りとるはできても、「荷風」までは記録することはできない。
 
 それをも可能にするのが「俳句」ではないかと思っている!!

▼さあ、今月も

◆NHK「俳句」 テキスト 

より名句11句を引用させてもらう。

(1) 金魚玉とり落としなば舗道の花 波多野爽波
(2) 青田には青田の風の渡りくる  星野 椿
(3) 雲の峰一人の家を一人発ち   岡本 眸
(4) ゆるやかに光琳模様泉より   宮津昭彦
(5) また少しこぼれて鬼灯市の雨  村沢夏風
(6) 白玉は何処へも行かぬ母と食ぶ 轡田 進
(7) 日を追わぬ大向日葵となりにけり 竹下しづの女
(8) 採る茄子の手籠にきゆァとなきにけり 飯田蛇笏
(9) 花茣蓙にわがぬくもりをうつしけり 阿部みどり女
(10) ゆけどゆけどゆけども虹をくぐり得ず 高柳重信
(11) 羅をゆるやかに着て崩れざる     松本たかし

▼毎回同じことを言うが、なぜ名句とはかくもうまく景を切りとるのだろう!?
 自らをかえりみることもなく、今月も「名句中の名句」を選んでみよう。

【私の選んだ名句ベスト3】

(2) 青田には青田の風の渡りくる  星野 椿

(3) 雲の峰一人の家を一人発ち   岡本 眸

(10) ゆけどゆけどゆけども虹をくぐり得ず 高柳重信

【次点】

(8) 採る茄子の手籠にきゆァとなきにけり 飯田蛇笏

「青田」「雲の峰」「虹」そして「茄子」!!
 季語で自然を切りとればどんな景が見えてくるだろう。私としては「蓮の華」をここに加えたいところだ!!

 シロウトの最大の特権は勝手に愉しむことができることだ。
 7月はどんな愉しみが待っているのだろう。o(^o^)o ワクワク

 Dsc_6714

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月(文月)の「雲見」は!?

Dscn6661
▼さあ、7月(文月)がはじまる!!いよいよ夏だ!!
 どんな「雲見」となるだろう。その前に6月の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    2
・巻雲    1
・巻積雲  2
・巻層雲  7
・高積雲  1
・高層雲  1
・層積雲  2
・積雲    7
・層雲    1  
・乱層雲  6
・積乱雲  0

 「積雲」「巻層雲」「乱層雲」の3つの合計が20で全体の2/3である。
 降るときははげしく降るが、全体として少なかったような気がする。6/7に「梅雨入り」宣言があったが、9月には修正されるかも知れない。
 「積乱雲」だけが0である。ちょっと悩んでいるというか迷っているところでもある。実際には夜間にはげしい雷雨のときが何度かあった。そのときはまちがいなく「積乱雲」だと思うが、原則朝9時を「雲見」定刻としているのでそのときと重なることはめったにない。だから「積乱雲」シールだけがいっぱい残ってしまっている。(^^ゞポリポリ
 7月はどうしようかな?

▼7月の「雲見」を2つの資料をもとに予想してみることにする。
ひとつは
 
◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

である。
まあ、ザックリと言ってしまえば
 暑い!! 雨は少ない!!

▼よりローカルに迫ってみよう。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 30年間のデータでは、7月の雨量が一年間でもっとも多いことになっている。
 はたして今年はどうだろう。
 ここの「アメダス」にはこだわりを持っている。それは、ほぼ毎日この測候所まで散歩するからである。
 だから、ここは言わば「マイアメダス」みたいなもんなんだ!!

▼ここのところ慌ただしくして 「雲見」の旅から遠ざかっている。
ちょっと淋しい。
 私の 「雲見」の旅は 安易・安直・安価だ!!
 列車の車窓から 「雲見」をするだけだ。どこか名所旧跡を訪ねる旅でもなければ、とりわけの絶景を求めての旅でもない。
 ただただ「雲見」するだけだ。プラスアルファの景を見ることができたらもうけもんだ。
 「青春18きっぷ」は今日から購入できるのだったかな。o(^o^)o ワクワク
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月(水無月)の俳句「歳時記」!!

Dsc_9611
『歳時記は日本人の感覚のインデックス(索引)である』

は寅彦のコトバである。
 シロウトの私にも納得のいくコトバである。これが「雲見」第二弾として俳句「歳時記」を採用したわけである。

 それにしても、昨夜はいかにも「水無月」の幕開けという雷雨だった!!
 あれ水の季節なのになぜ「水無月」!?

▼さあ、今月も

NHK「俳句」 テキスト 

から巻頭名句11句を引用させてもらう。
 
(1) 大雨の中に四五人田植えかな 正岡子規
(2) 今年竹空をたのしみはじめけり 大串章
(3) 押さへてもふくらむ封書風薫る 八染藍子
(4) 幸せのぎゅうぎゅう詰めやさくらんぼ 嶋田麻紀
(5) 黴のアルバム母の若さの恐ろしや  中尾寿美子
(6) すずらんのりりりりりりと風に在り 日野草城
(7) 目のついてゆけぬ迅さの出水川   藤﨑久を
(8) 蛞蝓といふ字どこやら動き出す   後藤比奈夫
(9) みづうみへゆらりと抜けし茅の輪かな  大石悦子
(10) 一の橋二の橋ほたるふぶきけり   黒田杏子
(11) やはらかく肩つかまれし蛍狩    朝倉和江

▼さすが「名句」!!
 どこかそんな景が見えてくるところがすごい!!
 例によってシロウトまるだしの【ベスト3】の選句をやってみよう。

【私の選んだ名句ベスト3】

(2) 今年竹空をたのしみはじめけり 大串章

(1) 大雨の中に四五人田植えかな 正岡子規

(8) 蛞蝓といふ字どこやら動き出す   後藤比奈夫

▼「今年竹」「田植え」「蛞蝓(なめくじ)」で検索すれば、どんな景が現出するのだろう。
楽しみである。
 前の竹藪、枯れかけたのかと心配したが、緑をとりもどしつつある。
 「蛞蝓(なめくじ)」、私の場合は「コウガイビル」だろうか?36号は!?

 前の溝の「ほたる」、今年もみることできるかな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月(水無月)の「雲見」は!?

Dscn6277
▼昨夜は雷雨だったようだ。
 さあ、6月(水無月)がはじまる!!どんな「雲見」となるだろう。その前に5月の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    5
・巻雲    2
・巻積雲  2
・巻層雲  3
・高積雲  0
・高層雲  7
・層積雲  2
・積雲    6
・層雲    1  
・乱層雲  3
・積乱雲  0

 「高層雲」「積雲」が目立つ、「快晴」も5とけっこうあったんだ。
 ともかく後半は暑かったことが印象に残る。

▼6月の「雲見」を2つの資料をもとに予想してみることにする。
ひとつは
 
◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

である。こちらの方はあいにく毎週木曜日更新ということで本日更新だ。更新されてからもう一度見てみることにしよう。
 注目はやはり「梅雨入り」だ!!
 それはいつだろう? でもまちがってはいけないのは梅雨に入ったから、雨がつづくのではなく、雨が続くから梅雨なんだ!!
 「雲見」から大気の立体的運動をイメージすることにをつづけたい。
 「乱層雲」「積乱雲」「層雲」あたりが増えてくるかな。
▼よりローカルに迫ってみよう。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 6月の降水量は、7月に次いでに2番目に多い。
 気温、降水量だけでなく風向にも注目したい。
 「海陸風」はもうはじまっている!!地形との関係について考えていくのも今年の夏の研究課題としたい。
▼気になりながらも先延ばしにしていることがある。

◆Webテキスト試案『「雲見」を楽しもう!!』

の制作である。すでにテキスト版は試案の試案みたいなものは作っている。
これのWeb化である。ゆっくり 急ごう!!

 「雲見」の旅への衝動が間歇的にやって来る。(^^ゞポリポリ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月(皐月)の俳句「歳時記」!!

Dsc_3770
▼今日は端午の節句であり、「立夏」である!!
 今日から「暦の上では」夏である。私はどうもこの「暦の上で」とか「二十四節気」とか言うものをなめていた。
どちらかと言うと、前近代的なもの、非科学的なものというイメージでとらえていた。
 それは、まったく違っていた。
 自然をゆっくりと観察するような暮らしになってはじめて気づいた。
 
「暦」「二十四節気」!!これぞ使える「科学」だ!!
自然を豊かにとらえるための「科学」だ!!
 
▼ひよっとしたら俳句「歳時記」も…。
と言うのが、毎月この俳句「歳時記」を連載している理由だ。
今月も参考させてもらっている

NHK「俳句」 テキスト
 
 から巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) 目つむりていても吾を統ぶ五月の鷹  寺山修司
(2) あるときは船より高き卯浪かな   鈴木真砂女
(3) 更衣駅白波となりにけり      綾部仁喜
(4) 鯉のぼり目玉大きく降さるる    上村占魚
(5) 柿若葉重なりもして透くみどり   富安風生
(6) そら豆はまことに青き味したり   細見綾子
(7) ぼうたんと豊かに申す牡丹かな   太 祇
(8) 附き人が菩薩を煽ぐ練供養     右城暮石
(9) 葉桜の中の無数の空さわぐ     篠原 梵
(10) 新茶汲むや終りの雫汲みわけて   杉田久女
(11) 山々に麓ありけり桐の花      小島 健

▼巻頭にあげられぐらいの「名句」ばかりであるが、そのなかでも私にピッタリときたベスト3を選んでみた。

【私の選んだ名句ベスト3】

(7) ぼうたんと豊かに申す牡丹かな   太 祇

(5) 柿若葉重なりもして透くみどり   富安風生

(6) そら豆はまことに青き味したり   細見綾子

▼我が家の「ぼうたん」「柿若葉」「そら豆」の今を写真に撮ってみた。

 俳句「歳時記」を私の「科学の方法」のひとつとして採用しようときめた。
 そう決めてからでも、月日は経つが、いっこうに上達の兆しはない。(^^ゞポリポリ

 でもそれでいいと思っている。
 愉しみが増したことは<事実>だから…。

Dsc_3792

Dsc_3835

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月(皐月)の「雲見」は!?

Dscn5525
▼4月(卯月)が終わった!!
なんというスピードだ。これで2017年が1/3終わったことになる!!
 5月(皐月)の「雲見」が今日からはじまる。その前に4月の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    7
・巻雲    0
・巻積雲  2
・巻層雲  4
・高積雲  1
・高層雲  1
・層積雲  5
・積雲    5
・層雲    2  
・乱層雲  3
・積乱雲  0

 いちばんに目立つのが「快晴」7だ。3月は0であったのに…。
 「快晴」シールがどんどんなくなっていく ちょっとうれし悲しい。(^^ゞポリポリ
 「積雲」「層積雲」5というのはなんとなくそうだったなと思い出すことができる。

▼さて、5月(皐月)の「雲見」はどうなるだろう?
 2つの資料を参考に考えてみようと思う。
まず
 
◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

だ。どうやら前半は暑くなりそうだ。
 昨日の天気をみていても予想できる。雨の方は平年よりはすくなそうだ。
 移動性高気圧が周期的にやってきて天気も周期的に変わりそうだ。上空に寒気が流れ込めば急激に天気が変化することもあるかも知れない。
 「雲見」としては「積乱雲」が見られるようになるかも知れない。
▼次は、「よりローカルに!!」だ。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 月間降雨量では、7月、6月に次いで第3位だ。
 やっぱり雨はそれなりに降るのかな。
 最近の「アメダス」の風向を見て気づいたのだが、もう「海陸風」始っているのかも!!
▼5月(皐月)の「雲見」の旅はどこにでかけようかな!?
 観光でもない!!
 フィールドワークというほどたいそうなものでもない!!
 吟行などという洒落たものでもない!!
 ただただ空を見上げて雲を見るという
 「雲見」の旅!!

 地図をひろげて空想するだけでも楽しい o(^o^)o ワクワク

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧