2018年7月(文月)の俳句「歳時記」!!

_dsc8126

▼暦の「半夏生」、植物「半夏生」も律儀に半分白い!!
 
 唯一の大賀ハスの花も、律儀に「あこがれの4日間」の三日目。果托は緑色に変化していた。
 
 めずらしいと思っていたキノコの女王「キヌガサダケ」、なんと続けて今年は7つまでみつけていた。
 しかし、昨日はそのすべてがあとかたもなく消えていた。
 ていねいにまわりを見回していると8つ目をみつけた。
 竹藪になにが起こっているのだろう!?

 自然はどこまでも律儀である。!!

_dsc8045

_dsc8005


▼7月(文月)も俳句「歳時記」を続ける。引用させてもらうのは

◆NHK「俳句」 テキスト 

である。ここより巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) どれも口美し晩夏のジャズ一団 金子兜太
(2) 白馬駆け下りるごとくに滝の水  鷹羽狩行
(3) 滝の前だんだんわれの居なくなる 奥坂まや
(4) 打水の流るる先の生きてをり 上野 泰
(5) やはらかに人を否める団扇かな 長谷川 櫂
(6) 引越のたびに大きくなる金魚 星野恒彦
(7) 翅わつててんたう虫の飛びいづる 高野素十
(8) 日々草朝な夕なに門掃いて  西嶋あさ子
(9) 火を使ふことを習ひてキャンプの子 大橋敦子
(10) 西日中電車のどこか摑みて居り 石田波郷
(11) 競ふとも見えぬ遠さのヨットかな 三村純也 

▼シロウト選句を今月もつづける。

【私の選んだ名句ベスト3】

(7) 翅わつててんたう虫の飛びいづる 高野素十

(5) やはらかに人を否める団扇かな 長谷川 櫂

(2) 白馬駆け下りるごとくに滝の水  鷹羽狩行


【次点】

(8) 日々草朝な夕なに門掃いて  西嶋あさ子

 虚子のコトバに「客観写生」というのがある。
 これは究極の自然観の表明である。
 自然の律儀さをみごとに「写生」するところにこそ、俳句の醍醐味があると思っている。
 名句とよばれる句には必ずそれがある!!

▼自分でそんな「名句」を詠むことはなかなか叶わぬ夢である。
 ナラバ
 「名句」に値すような景に出会うことはどうだろう?
 それならば、ひょっとすると可能かも知れない!!

 夏だ!!
 可能な限り動いてみよう。
 それが、ひょっとしたらうれしい吟行になるかも!!


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月(文月)の「雲見」は!?

Dscn2685

▼7月(文月)の「雲見」がいよいよはじまる!!
 2018年も後半である。
 その前に6月(水無月)の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴   1  
・巻雲   3  
・巻積雲  0 
・巻層雲  4 
・高積雲  1 
・高層雲  4 
・層積雲  3 
・積雲    4 
・層雲   0     
・乱層雲 10  
・積乱雲 0

 こうしてあげてみてあらためて「梅雨なんだ!!」と感じてしまう。
 一日、一日とても迷ってしまう「一言コメント」も2ヶ月目、いつもいつも一言を意識していた。
 なおさら天気が一日のあいだでもコロコロかわっていることに気づいた。
 
 天気はとても「お天気屋さん」デアル!!

▼ずっと思ってきたこと、2018年後半スタートに際し、実行してしまう。
 まずはグローバルに7月の「雲見」を予想する。
 昨年2017年7月の天気図だ。
 
◆日々の天気図 2017年7月 (気象庁)

 気になるのは「梅雨前線」の動きだ。
 そして 台風も… 毎年同じようなでも少しちがう動きをしているのだ。
 もくもくシール「積乱雲」を貼ることでてきそうな…。
▼さあ、さらにローカルに見ていこう。
ひとつは

◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

だ。
 暑い暑い日々が続きそうだ。
 雨は例年より少なそうだが、どうだろう!?
 
もうひとつも よりローカルに迫ってみよう。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 雨温図によれば7月が一年中でいちばん雨が多い月になっているのだが、今年はどうなんだろう!?
 「梅雨明け」はいつごろやってくるのだろう。
 
 海陸風も意識して、アメダスの「記録」を見続けたいものである。

 北の窓あけたらやっぱりすずしいな(^^)V

▼大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから、14週目だった。
 今年はやはり変則的だ。
 「水栽培」池から花芽がふたつ顔をだしたのみだった。そして、そのひとつは枯れてしまった(/_;)
 生き残ったひとつの「あこがれの4日間」が昨日はじまったかに見えた。
 微妙な開き方だ。どんな展開になるのだろう?

 変則的なのは、大賀ハスも「雲見」もどうようだった!!
 今月は、「雲見」の旅の計画もある。楽しみである。  o(^o^)o ワクワク

_dsc7799


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月(水無月)の俳句「歳時記」!!

_dsc5223

_dsc5302

▼茄子の花が咲く頃では!?
  東の畑に見に行った。花はシャイなのだろうか、えらく下を向いていた。
 少し上を向いてもらって写真を撮った。
 黄色とムラサキがとても似合いだ!!

 少しはなれたところに同じ仲間のトマトの花が咲いていた。
 やっぱり同じ仲間!! どこか似ている!?

▼6月(水無月)も俳句「歳時記」を続ける。引用させてもらうのは

◆NHK「俳句」 テキスト 

である。ここより巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) 紫陽花や家居の腕に腕時計 波多野爽波
(2) 田を植ゑていちにち光る飛騨の国 日下部宵三
(3) 草木より目覚めの早き茄子の花 福田甲子雄
(4) 降り出して明るくなりぬ杜若 山口青邨
(5) むらさきも濃し白も濃し花菖蒲 京極杜藻
(6) さみだれや船がおくるる電話など 中村汀女
(7) 樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ 日野草城
(8) あぢさゐの毬は一つも地につかず  上野草子
(9) 教会の木の扉から夏の蝶      熊谷愛子
(10) 梔子の花見えて香に遠き距離    八木澤高原
(11) 竹林に蛍の星座組まれけり     渡辺恭子

 おっ、茄子の花も出てくるぞ!!

▼シロウト選句を今月もつづける。

【私の選んだ名句ベスト3】

(11) 竹林に蛍の星座組まれけり   渡辺恭子

(3) 草木より目覚めの早き茄子の花 福田甲子雄

(8) あぢさゐの毬は一つも地につかず  上野草子


【次点】

(2) 田を植ゑていちにち光る飛騨の国 日下部宵三

 「竹林に蛍」「茄子の花」「あぢさゐ」「田を植ゑ」
 今月は俳句の選句というより、今、最も近に実感しているものをとりあげた。

▼「夏の創造」で、ひとり吟行をやりたいとあげた。
 しかし、考えてみると わざわざ遠くへ吟行にでかけなくて
 ネタはゴロゴロ!!
 
 さあ!!
 今朝も「ひとり吟行」にでかけてみるか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月(水無月)の「雲見」は!?

Dscn1877
▼6月(水無月)の「雲見」がはじまる!!
 
 その前に5月(皐月)の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴   4  
・巻雲   3  
・巻積雲 1 
・巻層雲 2 
・高積雲 2 
・高層雲 3 
・層積雲 2 
・積雲   7 
・層雲   0     
・乱層雲 7  
・積乱雲 0

 「積雲」「乱層雲」7が目立つ!!
 象徴的でもある。梅雨にはまだ入っていないが、梅雨空ははじまっている!!
 5月よりはじめたことがある。
 武田康男さんの進言により「一口コメント」をはじめてみたのである。これがなかなか面白い!!
 以前だともくもくシールを朝の9時に貼ってしまえばそれで終りだったのだが、「今日の一口コメントは何を書こう!?」と考えていると、ついつい一日中空がが気になってくるのである。

 
▼いつものように2つのものを資料としてよりローカルな6月(水無月)の「雲見」を予想してみよう。
ひとつは
 
◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

だ。
 まず気になるのが「梅雨入り」だ!!
 それはいつになるだろう?そう遠くではないような気がする。
 もくもくシール「積乱雲」を貼る日はでてくるかな!?
 
もうひとつも よりローカルに迫ってみよう。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 「雨温図」を一目瞭然である。
 6月、7月は雨が多いのである!!
 風にも注目したい。「海陸風」である!!

▼毎月思う。
 順番が逆かも知れないと…
 今度はよりグローバルな眼で6月の天気をみておこう。
ひとつは昨年2017年6月の天気図だ。
 
◆日々の天気図 2017年6月 (気象庁)

 やっぱり気になるのは「梅雨入り」だ。
 昨年と同じ頃のような…。

もうひとつは

◆デジタル台風: 雲画像動画アーカイブ(全球画像)2017年6月

 これは宇宙からの「雲見」のアーカイブだ。
 梅雨前線、台風に注目して見てみる。 
 毎月同じことを言うが、これ見ていたらもうなにも「解説」の必要ないような…(^^)V

▼夏だ!!
 「夏の創造」で動くことを決意した。
 6月の「雲見」の旅は何処へ!?

 今朝、月を撮っていて気づいた!!
 月は低い!!
 太陽は高い!!
 それは アタリマエ !! 自然は律儀すぎるほど律儀だ!!
 
 どんな「雲見」になるだろう。 o(^o^)o ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月(皐月)の俳句「歳時記」!!

_dsc2793
▼エンドウがどんどん伸びていた!!
 花は次々と「エンドウ豆」にかわろうとしていた。

 花から実(種子)へ
 このアタリマエ!! 
 このアタリマエの「客観写生」も俳句にツナガルものなんだろうか!?

▼5月(皐月)も俳句「歳時記」を続ける。引用させてもらうのは

◆NHK「俳句」 テキスト 

である。ここより巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) 花に葉に花粉たヾよふ牡丹かな 松本たかし
(2) 日曜はすぐ昼となる豆の飯  角 光雄
(3) 草笛を子に吹く息の短さよ  馬場移公子
(4) 袋角熱あるごとく哀れなり  中田みづほ
(5) みち汐に追われて戻る鹿の子かな 久保より江
(6) 武者人形兜の紐の花結び    高橋淡路女
(7) 夕空や切先のぞく軒菖蒲   草間時彦
(8) 鞍馬より貴船へ下る朴の花  大橋越央子
(9) 筍の光放つてむかれたり   渡辺水巴
(10) 棕梠の花海に夕べの疲れあり 福永耕二
(11) 麦秋の野を従へて河曲がる  内藤吐天

▼シロウト選句を今月もつづける。

【私の選んだ名句ベスト3】

(11) 麦秋の野を従へて河曲がる  内藤吐天

(2) 日曜はすぐ昼となる豆の飯  角 光雄

(7) 夕空や切先のぞく軒菖蒲   草間時彦

【次点】

(1) 花に葉に花粉たヾよふ牡丹かな 松本たかし

 自分のことは自分ではなかなか「客観写生」ができない。
シロウト選句と言いながらも、自分の好みの傾向というものが出てしまっているのだろう。
どこか記憶の景にあるものには響く。
 「麦秋」「豆の飯」「軒菖蒲」「牡丹」
確かに…

▼一週間一度Web更新にともなって更新する表紙画像!!
 その画像に添える一句を詠んでいる。
 なかなか「俳句もどき」の域を脱せない。 (^^ゞポリポリ

 それでも、シロウトなりに納得できるように景が詠めたときは一週間が妙にうれしい!!

 まずは「客観写生」に徹せよ!!

それが当面の私のミッション!!

_dsc2791

_dsc2768

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月(皐月)の「雲見」は!?

Dscn0321

▼5月(皐月)の「雲見」がはじまる!!
 
 その前に4月(卯月)の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴   6  
・巻雲   4  
・巻積雲 0 
・巻層雲 4 
・高積雲 3 
・高層雲 4 
・層積雲 2 
・積雲   3 
・層雲   0    
・乱層雲 4  
・積乱雲 0

 目立つのは「快晴」6と「巻雲」「巻層雲」それぞれ4だ。
 異常な暑さが記憶に残る。
 すでに「夏日」が何日もだった!!

▼いつものように2つのものを資料としてよりローカルな5月(皐月)の「雲見」を予想してみよう。
ひとつは
 
◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

だ。
 どうやら4月に引き続いて暑い日が続きそうである。
  もうそろそろ本格的に夏の準備をはじめてよさそうである。
 
もうひとつも よりローカルに迫ってみよう。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 「夏日」はうんと増えてきそうである。また「真夏日」もけっこう出てきそうである。
 「降水量」も年間第3位だ。
 「乱層雲」シールばかりでなく「積乱雲」も出てくるかな。そんな予感がする!!

▼順番が逆かも知れないが、今度はよりグローバルな眼で5月の天気をみておこう。
ひとつは昨年2017年5月の天気図だ。
 
◆日々の天気図 2017年5月 (気象庁)

 「真夏日」も全国的に多くなってきているようだ。
梅雨前線が目立ちはじめる!!
 でも昨年のトピックスに「・東京、松江、西郷、姫路で5月の月降水量の少ない方から1位更新。」などと書いてある。はたして今年は…!?


もうひとつは

◆デジタル台風: 雲画像動画アーカイブ(全球画像)2017年5月

 これは宇宙からの「雲見」のアーカイブだ。
 いつ見てもいくら見ても飽きない!!これを見るだけでも「天気」に対する考えが変わってくる。
 一年分を流しながら「何がわかるか!?」とワイワイとやるだけでもけっこう面白い授業ができそうだ。
 今月は梅雨前線に注目しながら見てみよう!!

▼4月は「雲見」の旅をかねて少し動けたのがうれしい!!
 とりわけ高知地方気象台露場で、人生二基目のウィンドプロファイラを見たのは大きな収穫だった。
 あらためて「天気の変化」に興味をもたせてくれた!!
 
 さあ5月はどこへでかけて、どんな「雲見」をするかな!?
 どんな景に出会うことができるだろう。 o(^o^)o ワクワク 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月(卯月)の俳句「歳時記」!!

Dscn7798

▼「雲見」の空が春 真っ盛りを主張していた。
 空をぼやかしているのはヒノキ花粉だろうか!?
 春を主張しているのは空ばかりではなかった。
 土筆づくしの土手も
 アメダスのユキヤナギも
 西谷川のせせらぎも

▼4月(卯月)も俳句「歳時記」を続ける。引用させてもらうのは

◆NHK「俳句」 テキスト 

である。ここより巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) 空よりも広きものなし石鹼玉 三橋敏雄
(2) ゆさ〱と大枝ゆるゝ桜かな  村上鬼城
(3) 身を滑る水のおもさの花衣  赤松惠子
(4) 入学の朝ありあまる時間あり 波多野爽波
(5) 遠足の列大仏へ大仏へ    藤田湘子
(6) 花蘇枋弥勒のゆびは頬にあり 吉田汀史
(7) 春日傘まはすてふこと妻になほ 加倉井秋を
(8) 安良居の花傘の下混み合へり  永方裕子
(9) ひたすらに入日惜みて汐まねき 河野静雲
(10) 岩の間のいそぎんちゃくの花二つ 田中王城
(11) 春の星またたきあひて近よらず  成瀬櫻桃子

▼作業を進めながら、ふっと思うことがある。

 これまでその世界とは対極にいたような人間がこの年になってこんなことしているんだろう!?

 いつもその結論は決まっていた!!

 まあ、それも愉しければそれでいいか!!シロウトだからこその愉しみ方があるハズ!!

 名句からの選句それもひとつの愉しみ方!!
 今月のベスト3をあげてみる。

【私の選んだ名句ベスト3】

(2) ゆさ〱と大枝ゆるゝ桜かな  村上鬼城

(1) 空よりも広きものなし石鹼玉 三橋敏雄

(4) 入学の朝ありあまる時間あり 波多野爽波

【次点】

(11) 春の星またたきあひて近よらず  成瀬櫻桃子

▼青春18きっぷの期限が迫っている!!

 ひとり吟行の旅 !?
 ひたすら車窓から「雲見」の旅 !?
 マッチの「ふしぎ!?」を追う旅 !?
 熊楠への旅!?
 
 どれにしようかな o(^o^)o ワクワク

Dscn7837

Dscn7861

Dscn7871

Dscn7821

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月(卯月)の「雲見」は!?

Dscn7648
▼春本番の4月(卯月)はどんな「雲見」になるのだろう!?

 その前に3月(弥生)の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴   7   
・巻雲   2  
・巻積雲 0 
・巻層雲 4 
・高積雲 0 
・高層雲 1 
・層積雲 4 
・積雲   6 
・層雲   0    
・乱層雲 7  
・積乱雲 0 

 印象的なのが、月末4日連続の「快晴」だ!!またまたいっきょに「快晴」シールが不足してきた。気温も春を通り越して初夏の気配すらするのだった。
 その「快晴」が7、「乱層雲」つまり「雨」が7!!なんとも極端な「雲見」だった。

▼いつものように2つのものを資料としてローカルな4月(卯月)の「雲見」を予想してみよう。
ひとつは
 
◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

だ。
 どうやらあたたかい日が続きそうだ!!またまた「快晴」シール不足してくるかな(^^ゞポリポリ
 
もうひとつはよりローカルに迫ってみよう。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 たしかに気温の波は大きく波打っているようだ。この調子だと「夏日」もそう遠くないかもしれない。
 「雨温図」見れば明らかに3月によりも「降水量」増えている。
 「乱層雲」シールも後半増えてくるかな。

▼今年から採用したもう2つの資料を見ておこう。
ひとつは昨年2017年4月の天気図だ。
 
◆日々の天気図 2017年4月 (気象庁)

 桜前線は一ヶ月かけて北海道まで北上しているようだが、今年は様子がちがっていた!!
 「花見」の桜は今日あたりが最高!!
 はたして一週間もってくれるかな!?


もうひとつは

◆デジタル台風: 雲画像動画アーカイブ(全球画像)2017年4月

 これは宇宙からの「雲見」のアーカイブだ。
 いつも思うのだが、これ見ているだけずいぶん天気の「周期性」見えてくる気分になる。
 学校内のどこかにこの映像流し続けてくれているとずいぶん認識ちがってくるだろうな。

▼4月はあらたな年度のはじまる月だ。
 気分もあらたに「雲見」だ!! 青春18きっぷ あと3日も残しているんだ。
 さて「雲見」の旅はどこへ…

 「マッチを追う旅」も気がかりなところだ。
 4月中にはどこまで行けるかな。 o(^o^)o ワクワク

 2018年度大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから一週間たった!!
 3つの池、いずれも大きな変化はなかった。 

Dscn7641


  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月(弥生)の俳句「歳時記」!!

Dscn5779
▼近畿地方にも「春一番」が吹いたと発表があったようだ!!
 春の嵐のあとの青空はうれしい!!
 
 夕方、アメダスのうえに一匹の「積雲」が泳ぎ始めていた。

▼3月(弥生)も俳句「歳時記」を続ける。引用させてもらうのは

◆NHK「俳句」 テキスト 

である。ここより巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) 百代の過客しんがりに猫の子も 加藤楸邨
(2) 黒潮へ傾き椿林かな  高浜年尾
(3) 松風の空や雲雀の舞わかれ 丈草
(4) 天仰ぎつづけて雛流れゆく 大橋敦子
(5) 仕る手に笛もなし古雛  松本たかし
(6) 奥多摩の山見えてゐる苗木市 皆川盤水
(7) 一行詩土筆を置けば隠れたり 小檜山繁子
(8) 菫程な小さき人に生まれたし 夏目漱石 
(9) 午前より午後をかがやく春の泥 宇多喜代子
(10) 卒業の涙を笑い合ひにけり 加藤かな女
(11) 逃げ水を追うて捨てたる故里よ 市堀玉宗

▼それにしても「名句」とは 実にうまい!!
どれもうまいと思う。より私にビビッときたもの3句をあげてみよう。 

【私の選んだ名句ベスト3】

(2) 黒潮へ傾き椿林かな  高浜年尾

(1) 百代の過客しんがりに猫の子も 加藤楸邨

(9) 午前より午後をかがやく春の泥 宇多喜代子

【次点】
(11) 逃げ水を追うて捨てたる故里よ 市堀玉宗

前の藪の椿はいつだろう?
「しんがりに猫の子も」なんでこんなにうまくいうんだ!?
こんな「春の泥」心当たりがあるな。

▼今晩は「お水送り」(小浜)、そして12日~13日は「お水取り」(二月堂)!!
 韃靼の響きが耳に…。

 ひとり吟行がいいな!!
 さて どちらに向うかな。

Dscn5791

Dscn5793


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月(弥生)の「雲見」は!?

Dscn5766

▼3月(弥生)は「春の嵐」からはじまった!!
 はたしてどんな「雲見」になるのだろう。

 その前に2月(如月)の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴   4   
・巻雲   0  
・巻積雲 2 
・巻層雲 2 
・高積雲 1 
・高層雲 4 
・層積雲 3 
・積雲   9 
・層雲   0    
・乱層雲 3  
・積乱雲 0 

 こうしてまとめてみると「積雲 9」「快晴 4」が目立っている。そんな天気よかったかな!?
ともかく自分自身も体調をくずしたこともあり、天気まで…と思い込んでいるふしがある。


▼いつものように2つのものを資料として3月(弥生)の「雲見」を予想してみよう。
ひとつは
 
◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

だ。
 データは今日更新されるだろう。
 いずれにしても暖かくなってくることは確かなようだ。「春に三日の晴れなし」で周期天気に雨がふって来そうだ。 そうなれば、やっぱり「雲見」も周期的にを繰り返すのだろうか。 
 
もうひとつはよりローカルに迫ってみよう。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 「雨温図」を見るとわかる。
 2月から3月になると急激に降水量が増えていた。倍増以上である!!
 やっぱり「雨」の「雲見」が多くなるのかな。
▼今年から採用したもう2つの資料を見ておこう。
ひとつは昨年2017年3月の天気図だ。
 
◆日々の天気図 2017年3月 (気象庁)

 解説に「冬型」の文字が目立つ。いつでも「冬型」逆戻り!!というのが3月の特徴のようだ。
 そして確かに天気は周期的となっていた。
 先ほど春雷が鳴った。これが「春一番」となるだろうか? 

もうひとつは

◆デジタル台風: 雲画像動画アーカイブ(全球画像)2017年3月

 これは宇宙からの「雲見」のアーカイブだ。
 その「周期的」を裏付ける雲の流れだ!!
 「光は東から 天気は西から」の季節だ!!

▼「青春18きっぷ」はもうすでに買い込んでいる(^^)V
 いつでも思いついたら、カメラだけ持って列車に乗り込もう!!

 「雲見」の旅は「行き先」なんてどこでもいい!!
 雲は何処の空でも待っていてくれる。
 
 さあ、いつ…
 明日は「お水送り」か…!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧