2018年9月(長月)の俳句「歳時記」!!

_dsc2981
▼水不足になった大賀ハスの葉は周辺から枯れ始めていた。
 やっとの秋雨は間に合わなかったようだ。
 そんな葉もまた美しい!!
 「水栽培池」の大賀ハスは完全に枯れてしまっていた。
 これまた美しい!! と思えた。
 
 大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから23週目であった。
 来年の植え替えまで半年以上ある。
 その間に私はどれほどの「美しい」ものに出会えるだろう!?

▼9月(長月)も俳句「歳時記」を続ける。引用させてもらうのは

◆NHK「俳句」 テキスト 

である。ここより巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) 月さして一間の家でありにけり 村上鬼城
(2) ひざまづく八千草に露あたらしく 坂本宮尾
(3) 岐れてもまた岐れても花野みち 富安風生
(4) 見えさうな金木犀の香なりけり 津川絵理子
(5) 竹を伐る無数の竹にとりまかれ 鈴木六林男
(6) 蟷螂のをりをり人に似たりけり 相生垣瓜人
(7) 西国の畦曼珠沙華曼珠沙華   森 澄雄
(8) ぬくもりのたゝむ手にあり秋袷 武原はん
(9) 鈴虫のいつか遠のく眠りかな  阿部みどり女
(10) 月の雨こらへ切れずに大降りに 高浜虚子
(11) 生涯にかかる良夜の幾度か   福田蓼汀 

▼シロウトの我流選句を今月もつづける。

【私の選んだ名句ベスト3】

(7) 西国の畦曼珠沙華曼珠沙華   森 澄雄

(4) 見えさうな金木犀の香なりけり 津川絵理子

(9) 鈴虫のいつか遠のく眠りかな  阿部みどり女

【次点】

(6) 蟷螂のをりをり人に似たりけり 相生垣瓜人

 今年もまた「曼珠沙華」「金木犀」の季節がやって来たのである。
 今年はそこへ玄関の「鈴虫」も加わった!!

▼「定番」の景を楽しむだけでなく、遅れん坊や走りも愉しみたいものだ!!
 「美しい」景に出会うためには、単に動くだけでなく
 五感のレセプター全開にして…
 「こだわり」捨てて…
 
 客観写生!!

 さあ… o(^o^)o ワクワク

_dsc2964

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月(長月)の「雲見」は!?

Dscn7042
▼秋雨だろうか!?
 さあ、9月(長月)の「雲見」がはじまる!!
 
 その前に8月(葉月)の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴   2
・巻雲   1 
・巻積雲  0  
・巻層雲  1 
・高積雲  1 
・高層雲  2 
・層積雲  3 
・積雲  18  
・層雲   0     
・乱層雲  2   
・積乱雲  1

 8月もまた圧倒的な特徴ある雲見だった。
 「積雲」18 はまさに記録的である。
 続く猛暑と台風!! これが8月だった。

▼ まずはグローバルに9月の「雲見」を予想する。
 昨年2017年9月の天気図だ。
 
◆日々の天気図 2017年9月 (気象庁)

 昨年9月の天気図を見て、最初に驚くのは台風である。
 昨年の9月はじめに話題になっているのは、台風15号である。
 今年はもう21号なのである!!
 さて、今年はどれほどの台風がやってくるだろう?
 そして、それによって「雲見」はどう変化するだろう?
 「天気図」「宇宙からの雲見」(気象衛星画像)等を参考し、「雲見」を予想しながらつづけたい。

▼さあ、さらにローカルに見ていこう。
ひとつは

◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

だ。
 台風21号、秋雨前線の動きが気になるところである。
 はやく残暑からも脱出してほしいものだ。
 
もうひとつも よりローカルに迫ってみよう。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 台風は困るが、適度な雨が欲しい!!
 さて、空はそのリクエストに答えてくれるだろうか。

▼いろんなことがあって気分を一新したいところである。
 He is not what he was !!
 である。

 でもやっぱり「雲見」はつづく!!
 「雲見」は究極の道楽!!  可能な限り続ける!! 
 「雲見」の旅にも出たいな!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!? #天気 #Webテキスト 

_dsc0932

▼「立秋」だ!!
 なにも見られなかった地面からいつの間にやらスルスルと花茎がのび、蕾がひらき花が咲く!!
 リコリスの仲間の一番手に
 ナツズイセンが咲き始めた!!

 あと一ヶ月もすれば走りのヒガンバナが登場するだろうか!?

_dsc0966

▼ヒガンバナの「ふしぎ!?」を追いはじめてからもかなりの歳月がたったが、同じように長くなりつつある取り組みがある。
 それはWebテキスト『天気の変化』の取り組みである。

 「Webテキスト『天気の変化』の可能性!?」という妙なタイトルではじめて書いたのは、2013/12/08だった。

・どんなことをやりたかったのだろう?
・何をめざしたのだろう?
・そして今、どこまで来たのだろう?

 しばし、自問自答してみる。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!?

▼最初は自分でもどんなものがつくりたいのか わからなかった。
 おぼろげな全体構想をつんではくずすを繰り返していた。
 
 はじめに「雲見」を持ってきたい!!
 それ以上はなかなか進まなかった。そんなとき、「まずは試案を作ってみては…」とアドバイスを受けた。
 ではと言うことで試案の試案!!
 テキスト部分だけをつくってみた。

◆Webテキスト試案『「雲見」を楽しもう!!』 

である。
 このWeb化まだやっていない。どんなかたちにするのがもっとも有効か!?
 まだ迷いがあるからだ。

▼次に興味ある部分からテキスタイルを試みた。
それが

(2)試案 「高層天気図」

(3)試案 「アメダス」

(4)試案 「天気コトワザ」

 いずれもテキスト部分は一応できている。
 どのようにして実践的検討を加えていくか? 
 次の一手に迷っている。 

(つづく)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月(葉月)の俳句「歳時記」!!

Dscn5473

▼「アメダス」の上空に巨大な雲が立ち上がろうとしていた。
 この雲は歳時記にあるだろうか!?
 手持ちの歳時記をさがしてみた。やっぱりあった!!

【夏の雲】夏雲

【雲の峰】峰雲 入道雲 積乱雲 雷雲

 かつて、我らが寺田寅彦は言った!!

『歳時記は日本人の感覚のインデックス(索引)である』

と。 さあ、今月も我流に「感覚のインデックス」紐解いてみよう。
▼8月(葉月)も俳句「歳時記」を続ける。引用させてもらうのは

◆NHK「俳句」 テキスト 

である。ここより巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) 花よりも鳥美しき秋扇 後藤夜半
(2) ねむりても旅の花火の胸にひらく 大野林火
(3) 手花火が昼間は見えぬもの照らす 行方克巳
(4) 落葉松林ひぐらしのまたはじめから 橋本美代子
(5) 草市の風に呼び止められしかな 三森鉄治
(6) 赤のまま記憶の道もここらまで 下村ひろし
(7) みづうみに北指す流れ稲の花 山本洋子
(8) 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡邊白泉
(9) 眠る子の足裏見えて地蔵盆 井上弘美
(10) 秋めくと言ひ夕風を諾へる 稲畑汀子
(11) 新涼や尾にも塩ふる焼肴 鈴木真砂女

▼ここからが我流の極み、シロウト選句を今月もつづける。

【私の選んだ名句ベスト3】

(6) 赤のまま記憶の道もここらまで 下村ひろし

(9) 眠る子の足裏見えて地蔵盆 井上弘美

(4) 落葉松林ひぐらしのまたはじめから 橋本美代子

【次点】

(11) 新涼や尾にも塩ふる焼肴 鈴木真砂女

 「赤のまま」「地蔵盆」に反応してしまうのは昔人間故か(^^ゞポリポリ
 名句とはなんとうまく「ある ある !!」をコトバにするのか。
 「ひぐらしのまたはじめから」なんて感服である。

▼ポンコツ理科教師が今さら、「俳句」とはなぜ!?
 本人もときどき浮かぶ疑問だ。

 不器用な私は、そんな高尚な趣味にあらたに手をだすつもりはない。
 あくまで「理科」がらみである。
 
 「俳句」という方法を自然観察のすぐれた手法として採用することはできないだろうか!?

 さらに寅彦流に言えばこうだ!!

『歳時記は日本人の自然観のインデックス(索引)である』

 大法螺これぐらいにしておこう。
 
 8月はどんな「インデックス」に出会えるか楽しみである o(^o^)o ワクワク

Dscn5480


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月(葉月)の「雲見」は!?

Dscn5337

▼今朝もスズムシが元気だ。
 8月(葉月)の「雲見」がはじまる!!
 
 その前に7月(文月)の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴   2 
・巻雲   1  
・巻積雲  1  
・巻層雲  2 
・高積雲  0 
・高層雲  2 
・層積雲  2 
・積雲  13  
・層雲   0     
・乱層雲  5   
・積乱雲  3

 圧倒的な特徴ある雲見だった。
 「積雲」13、「乱層雲」5、「積乱雲」3 がすべてを語っていた。
 連続二週間にもわたる猛暑日の「一言」は、最高気温を記していた。
 土佐の高知より暑かった!!
▼ まずはグローバルに8月の「雲見」を予想する。
 昨年2017年8月の天気図だ。
 
◆日々の天気図 2017年8月 (気象庁)

 まず気になるのは台風だ。
 昨年は8月上旬に活発だったのは5号だ。なのに先日の逆走台風は12号だ。
 今年は多く発生しているのだろうか!?
 8月はどんな台風がどれだけやってくるだろう?
 猛暑日はいつまで続くのだろう!?

▼さあ、さらにローカルに見ていこう。
ひとつは

◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

だ。
 明日の最新情報を見る必要がありそうだが、やっぱり暑さはまだまだ続きそうだ!!
 雨もまた多そうだ。
 
もうひとつも よりローカルに迫ってみよう。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 これまでの推移を見てもわかる。
 やっぱり、今年はとびっきり暑いのだ!!
 「雨温図」を見ると、7月、9月にくらべ雨量は少ない。しかし、これも台風しだいというところも…

▼「雲見」は究極の道楽!!
 これほど簡単・安価な自然観察はないだろう。
 そのくせ奥が深い!!
 「大気の物理学」の謎解きの事始めは「雲見」だ!!

 8月もできるだけローカルな「雲見」にこだわりたい!!
 そこに私は暮らしているのだから…。

Dscn5364

Dscn5370

Dscn5375

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風は「雲の展覧会」って!? #台風

Dscn4836
▼昨日(2018/07/28)夕方、図書館をでたときのことだった。
 西の空にぽっかり浮かぶ巨大な雲があった。
 富士山の雲の写真などでよく紹介されている あの雲に見えた!!

 「つるし雲」!!

 まさかほんとうに!?
 自分でも半信半疑だった。
 何枚も何枚も写真をとりつづけた。
▼まわりの凸レンズのかたちをしたレンズ雲も夕日があたってきれいだ。
 見る角度を変え、ズーム度をかえ
 「下手な鉄砲」方式で撮りまくった。

Dscn4870

Dscn4900

Dscn4909

 北の空に目をうつしても空はにぎやかだった!!

Dscn4913

▼そして再び西の空に目をうつしたときだ。
 山に日が沈もうとしていた。
 そのときだ。右手の方に少し色づいた雲を見た!!
 あれ!?
 気のせいかと凝視していた。まちがいない!!

 「幻日」だ!!

 左の方も確かめたかったが、すでにやまに隠れていた。

Dscn4922

Dscn4955

Dscn4964

▼なんとレアーな「雲見」だ!!
 
 台風は「雲の展覧会」はほんとうかも!?

 こんなこと書いたらちょっと顰蹙ものかもしれないと思いつつ、忘れないうちに「記録」しておく。
 台風が通過後も、雨、風に充分注意が必要!!
 大きな被害にならないことを願いつつ。

 Dscn4989

Dscn4990

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今さらですが、「台風」って何!? #tnk #台風

Dscn4790

私たちは「大気の物理学実験室」のなかに暮らしている!!
 その実験室で、昨日、夏の夕方よくみられるごくありふれた「ひとつの実験」がおこなわれた。
 巨大積雲はもくもくと盛り上がり「せきらんうん」へと成長しようとしていた。
 しばらくすると、突風が吹き
 雨が滝のように降ってきた!!
 30分もすると 何ごともなかったように 陽まで射しだした。

Dscn4788

Dscn4793

Dscn4798

Dscn4820

 この「実験」データは、アメダスにきっちりと記録されていた!!

▼この「大気の物理学実験室」に台風12号が異様なコースをたどりながら近づいているという。
 
◆台風情報(気象庁) 

 今一度、台風12号(ジョンダリ)についてわかっていることを整理してみよう。
 この機会に
 今さらだが、「台風」って何!?
 からはじめたい。そんなときとっても参考になるのが

◆台風に関する用語(気象庁)

 「強さ」「大きさ」「進路予報円の見方」等々、わかったつもりになっていることについても、いろいろ「発見」があるはずだ。
 これらを知っておいてTVやネットの「台風最新情報」を見るとずいぶんちがって見えてくるはずだ。

▼台風の「正体」について、ずいぶん昔になるが【科学読み物】を書いたことがある。

◆【科学読み物】『台風は水蒸気を食べて成長する』 

 ここでいちばん強調したかったのは、台風は「薄いせんべい」のような存在であるということです。
 そのことは、ふだんの天気予報ではあまりふれられことはないですから。
 「大気の物理学実験室」は水平方向の広がりに比べ垂直方向の距離はきわめてわずかです。
 直径が1000㎞に達する台風でも高さはせいぜい十数㎞です。
 そのなかで
 「上がるとザアザア 下がるとカラカラ」
 が起こるのです。
 大気が如何にデリケートな動きをするか想像できます。それを予測することの困難さも少し見えてきます。
 しかし、そんなことばかり言っておれません。
 風も雨も桁外れのダイナミックな変化をもたらすわけですから…。

▼「正体」を少し知ったうえで、最新情報に注目しておきたい。
 台風12号接近に備えて、できるだけはやく、可能な限りの準備をしておこう。

 そのうえで、私たちの暮らす「大気の物理学実験室」で何が起こるか観察してみよう。
 「台風は雲の展覧会!!」と言った人がいた。
 地上からの「雲見」だけでなく、宇宙からの「雲見」もしたいものだ!!

 大きな被害が出ないことを願いつつ…。


 
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月(文月)の俳句「歳時記」!!

_dsc8126

▼暦の「半夏生」、植物「半夏生」も律儀に半分白い!!
 
 唯一の大賀ハスの花も、律儀に「あこがれの4日間」の三日目。果托は緑色に変化していた。
 
 めずらしいと思っていたキノコの女王「キヌガサダケ」、なんと続けて今年は7つまでみつけていた。
 しかし、昨日はそのすべてがあとかたもなく消えていた。
 ていねいにまわりを見回していると8つ目をみつけた。
 竹藪になにが起こっているのだろう!?

 自然はどこまでも律儀である。!!

_dsc8045

_dsc8005


▼7月(文月)も俳句「歳時記」を続ける。引用させてもらうのは

◆NHK「俳句」 テキスト 

である。ここより巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) どれも口美し晩夏のジャズ一団 金子兜太
(2) 白馬駆け下りるごとくに滝の水  鷹羽狩行
(3) 滝の前だんだんわれの居なくなる 奥坂まや
(4) 打水の流るる先の生きてをり 上野 泰
(5) やはらかに人を否める団扇かな 長谷川 櫂
(6) 引越のたびに大きくなる金魚 星野恒彦
(7) 翅わつててんたう虫の飛びいづる 高野素十
(8) 日々草朝な夕なに門掃いて  西嶋あさ子
(9) 火を使ふことを習ひてキャンプの子 大橋敦子
(10) 西日中電車のどこか摑みて居り 石田波郷
(11) 競ふとも見えぬ遠さのヨットかな 三村純也 

▼シロウト選句を今月もつづける。

【私の選んだ名句ベスト3】

(7) 翅わつててんたう虫の飛びいづる 高野素十

(5) やはらかに人を否める団扇かな 長谷川 櫂

(2) 白馬駆け下りるごとくに滝の水  鷹羽狩行


【次点】

(8) 日々草朝な夕なに門掃いて  西嶋あさ子

 虚子のコトバに「客観写生」というのがある。
 これは究極の自然観の表明である。
 自然の律儀さをみごとに「写生」するところにこそ、俳句の醍醐味があると思っている。
 名句とよばれる句には必ずそれがある!!

▼自分でそんな「名句」を詠むことはなかなか叶わぬ夢である。
 ナラバ
 「名句」に値すような景に出会うことはどうだろう?
 それならば、ひょっとすると可能かも知れない!!

 夏だ!!
 可能な限り動いてみよう。
 それが、ひょっとしたらうれしい吟行になるかも!!


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月(文月)の「雲見」は!?

Dscn2685

▼7月(文月)の「雲見」がいよいよはじまる!!
 2018年も後半である。
 その前に6月(水無月)の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴   1  
・巻雲   3  
・巻積雲  0 
・巻層雲  4 
・高積雲  1 
・高層雲  4 
・層積雲  3 
・積雲    4 
・層雲   0     
・乱層雲 10  
・積乱雲 0

 こうしてあげてみてあらためて「梅雨なんだ!!」と感じてしまう。
 一日、一日とても迷ってしまう「一言コメント」も2ヶ月目、いつもいつも一言を意識していた。
 なおさら天気が一日のあいだでもコロコロかわっていることに気づいた。
 
 天気はとても「お天気屋さん」デアル!!

▼ずっと思ってきたこと、2018年後半スタートに際し、実行してしまう。
 まずはグローバルに7月の「雲見」を予想する。
 昨年2017年7月の天気図だ。
 
◆日々の天気図 2017年7月 (気象庁)

 気になるのは「梅雨前線」の動きだ。
 そして 台風も… 毎年同じようなでも少しちがう動きをしているのだ。
 もくもくシール「積乱雲」を貼ることでてきそうな…。
▼さあ、さらにローカルに見ていこう。
ひとつは

◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

だ。
 暑い暑い日々が続きそうだ。
 雨は例年より少なそうだが、どうだろう!?
 
もうひとつも よりローカルに迫ってみよう。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 雨温図によれば7月が一年中でいちばん雨が多い月になっているのだが、今年はどうなんだろう!?
 「梅雨明け」はいつごろやってくるのだろう。
 
 海陸風も意識して、アメダスの「記録」を見続けたいものである。

 北の窓あけたらやっぱりすずしいな(^^)V

▼大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから、14週目だった。
 今年はやはり変則的だ。
 「水栽培」池から花芽がふたつ顔をだしたのみだった。そして、そのひとつは枯れてしまった(/_;)
 生き残ったひとつの「あこがれの4日間」が昨日はじまったかに見えた。
 微妙な開き方だ。どんな展開になるのだろう?

 変則的なのは、大賀ハスも「雲見」もどうようだった!!
 今月は、「雲見」の旅の計画もある。楽しみである。  o(^o^)o ワクワク

_dsc7799


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月(水無月)の俳句「歳時記」!!

_dsc5223

_dsc5302

▼茄子の花が咲く頃では!?
  東の畑に見に行った。花はシャイなのだろうか、えらく下を向いていた。
 少し上を向いてもらって写真を撮った。
 黄色とムラサキがとても似合いだ!!

 少しはなれたところに同じ仲間のトマトの花が咲いていた。
 やっぱり同じ仲間!! どこか似ている!?

▼6月(水無月)も俳句「歳時記」を続ける。引用させてもらうのは

◆NHK「俳句」 テキスト 

である。ここより巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) 紫陽花や家居の腕に腕時計 波多野爽波
(2) 田を植ゑていちにち光る飛騨の国 日下部宵三
(3) 草木より目覚めの早き茄子の花 福田甲子雄
(4) 降り出して明るくなりぬ杜若 山口青邨
(5) むらさきも濃し白も濃し花菖蒲 京極杜藻
(6) さみだれや船がおくるる電話など 中村汀女
(7) 樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ 日野草城
(8) あぢさゐの毬は一つも地につかず  上野草子
(9) 教会の木の扉から夏の蝶      熊谷愛子
(10) 梔子の花見えて香に遠き距離    八木澤高原
(11) 竹林に蛍の星座組まれけり     渡辺恭子

 おっ、茄子の花も出てくるぞ!!

▼シロウト選句を今月もつづける。

【私の選んだ名句ベスト3】

(11) 竹林に蛍の星座組まれけり   渡辺恭子

(3) 草木より目覚めの早き茄子の花 福田甲子雄

(8) あぢさゐの毬は一つも地につかず  上野草子


【次点】

(2) 田を植ゑていちにち光る飛騨の国 日下部宵三

 「竹林に蛍」「茄子の花」「あぢさゐ」「田を植ゑ」
 今月は俳句の選句というより、今、最も近に実感しているものをとりあげた。

▼「夏の創造」で、ひとり吟行をやりたいとあげた。
 しかし、考えてみると わざわざ遠くへ吟行にでかけなくて
 ネタはゴロゴロ!!
 
 さあ!!
 今朝も「ひとり吟行」にでかけてみるか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧