2017年5月(皐月)の俳句「歳時記」!!

Dsc_3770
▼今日は端午の節句であり、「立夏」である!!
 今日から「暦の上では」夏である。私はどうもこの「暦の上で」とか「二十四節気」とか言うものをなめていた。
どちらかと言うと、前近代的なもの、非科学的なものというイメージでとらえていた。
 それは、まったく違っていた。
 自然をゆっくりと観察するような暮らしになってはじめて気づいた。
 
「暦」「二十四節気」!!これぞ使える「科学」だ!!
自然を豊かにとらえるための「科学」だ!!
 
▼ひよっとしたら俳句「歳時記」も…。
と言うのが、毎月この俳句「歳時記」を連載している理由だ。
今月も参考させてもらっている

NHK「俳句」 テキスト
 
 から巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) 目つむりていても吾を統ぶ五月の鷹  寺山修司
(2) あるときは船より高き卯浪かな   鈴木真砂女
(3) 更衣駅白波となりにけり      綾部仁喜
(4) 鯉のぼり目玉大きく降さるる    上村占魚
(5) 柿若葉重なりもして透くみどり   富安風生
(6) そら豆はまことに青き味したり   細見綾子
(7) ぼうたんと豊かに申す牡丹かな   太 祇
(8) 附き人が菩薩を煽ぐ練供養     右城暮石
(9) 葉桜の中の無数の空さわぐ     篠原 梵
(10) 新茶汲むや終りの雫汲みわけて   杉田久女
(11) 山々に麓ありけり桐の花      小島 健

▼巻頭にあげられぐらいの「名句」ばかりであるが、そのなかでも私にピッタリときたベスト3を選んでみた。

【私の選んだ名句ベスト3】

(7) ぼうたんと豊かに申す牡丹かな   太 祇

(5) 柿若葉重なりもして透くみどり   富安風生

(6) そら豆はまことに青き味したり   細見綾子

▼我が家の「ぼうたん」「柿若葉」「そら豆」の今を写真に撮ってみた。

 俳句「歳時記」を私の「科学の方法」のひとつとして採用しようときめた。
 そう決めてからでも、月日は経つが、いっこうに上達の兆しはない。(^^ゞポリポリ

 でもそれでいいと思っている。
 愉しみが増したことは<事実>だから…。

Dsc_3792

Dsc_3835

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月(皐月)の「雲見」は!?

Dscn5525
▼4月(卯月)が終わった!!
なんというスピードだ。これで2017年が1/3終わったことになる!!
 5月(皐月)の「雲見」が今日からはじまる。その前に4月の「雲見」をもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返ってみよう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    7
・巻雲    0
・巻積雲  2
・巻層雲  4
・高積雲  1
・高層雲  1
・層積雲  5
・積雲    5
・層雲    2  
・乱層雲  3
・積乱雲  0

 いちばんに目立つのが「快晴」7だ。3月は0であったのに…。
 「快晴」シールがどんどんなくなっていく ちょっとうれし悲しい。(^^ゞポリポリ
 「積雲」「層積雲」5というのはなんとなくそうだったなと思い出すことができる。

▼さて、5月(皐月)の「雲見」はどうなるだろう?
 2つの資料を参考に考えてみようと思う。
まず
 
◆気象庁・一か月予報(近畿地方PDF版)

だ。どうやら前半は暑くなりそうだ。
 昨日の天気をみていても予想できる。雨の方は平年よりはすくなそうだ。
 移動性高気圧が周期的にやってきて天気も周期的に変わりそうだ。上空に寒気が流れ込めば急激に天気が変化することもあるかも知れない。
 「雲見」としては「積乱雲」が見られるようになるかも知れない。
▼次は、「よりローカルに!!」だ。

◆兵庫県 福崎の気温、降水量、観測所情報(アメダス)

 月間降雨量では、7月、6月に次いで第3位だ。
 やっぱり雨はそれなりに降るのかな。
 最近の「アメダス」の風向を見て気づいたのだが、もう「海陸風」始っているのかも!!
▼5月(皐月)の「雲見」の旅はどこにでかけようかな!?
 観光でもない!!
 フィールドワークというほどたいそうなものでもない!!
 吟行などという洒落たものでもない!!
 ただただ空を見上げて雲を見るという
 「雲見」の旅!!

 地図をひろげて空想するだけでも楽しい o(^o^)o ワクワク

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(145)

Dsc_3485
▼2017年・大賀ハス観察池は3つに分かれていた。
どこにでも移動可能にするためだ。仮に黄色鉢2つをA、Bとし黒色鉢をCとする。
 蓮根の植え替えから一週間がたった。
 A、Bになんの変化もない。移動させたこともあるが、まだ水は濁っていた。
 Cには最初からはみ出した芽があった。その芽から「新芽」のようなものが成長しはじめていた!!
 さあ、今年はどんな展開を見せてくれるだろう。楽しみである。
▼昨日(2017/04/29)の天気は昼過ぎに急変した!!
 空は急に真っ暗になり、雷雨だった。
 しかし、それは長くは続かなかった。
 私の暮らす「大気の物理学実験室」で、何が起こったのだろう?
 
 どんな実験がおこなわれたんだろう?

▼「ふりだし」にもどっての学習は、「天気」の謎解きに役だっただろうか?
 久しぶりに「高層天気図」「数値予報天気図」を見ながら挑戦してみた。
 まずは

◆「高層天気図」(気象庁)

 を見ながら、「雷雨」があった時間帯の「実験室」のようすを立体的にイメージしようとする。
 これはまるでシミュレーションゲームだ。
▼次は未来予測だ。
 
◆「数値予報天気図」(気象庁)    
を参考に未来の「実験室」を予想する。
 益々、高度なゲームだ。ポンコツ頭にはなかなかハードである。
 しかし、「ふりだし」にもどる以前よりは面白さを増したように思える!!

 飽くなき挑戦はまだまだ続く!! 
 
(つづく)
Dsc_3457


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(144)

Dscn5514
▼朝起きたら蛙の鳴き声がうるさい!!
そんな季節になってきた。
「雲見」の雲もモクモク状態になることが多くなってきたような気がする。
大型連休に突入だ。
さて天気は!?
▼実は「ふりだし」にもどって

◆『大気の科学~新しい気象の考え方~』(小倉義光著 NHKブックス76 1968.9.20)

を読みながらの学習をまだ続けていた。
 このblogにメモしておくというのはとても便利だ!! いつでも再開できる!!
やっと
●地球をめぐる風ー大気の大循環 (同書p115)
まで来ていた。
最初に読み、授業テキストつくるときにはずいぶん参考にさせてもらったのだろう。
線が一杯引いてあった!!
「ハドレー循環」のコトバでここでおぼえたのだろう。
▼この章にあの興味深い有名な実験が出てきていた。

◆回転円筒による大気大循環の模型実験(フルツ博士による) (同書 p133)

 実際に一度だけこの実験をみせてもらったことがある。(そのときはあまりうまくいかなかったような記憶が)
実に興味深く面白い実験だ!!

実験は「事実」である。シミュレーションではない!!

実験結果が観測データと合致すれば、理論が正しいことが立証できる!!

そんな意味でとてもすばらしい実験だ。
今ならYouTubeでそんな画像はあるだろうと検索かけて見てみた。
やっぱり面白い!! 
今度は生で再度見てみたい!!(情報あれば教えてください<(_ _)>)
▼さあ大型連休の天気にもどろう。
まず

◆北半球500hPa高度・気温天気図(AUXN50)
( 24時間毎(12UTC) )

を見る。
 やっぱりそうだ!!
 私たちは間違いなく「大気の物理学実験室」のなかで暮らしている!!

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(144)

Dscn5514
▼朝起きたら蛙の鳴き声がうるさい!!
そんな季節になってきた。
「雲見」の雲もモクモク状態になることが多くなってきたような気がする。
大型連休に突入だ。
さて天気は!?
▼実は「ふりだし」にもどって

◆『大気の科学~新しい気象の考え方~』(小倉義光著 NHKブックス76 1968.9.20)

を読みながらの学習をまだ続けていた。
 このblogにメモしておくというのはとても便利だ!! いつでも再開できる!!
やっと
●地球をめぐる風ー大気の大循環 (同書p115)
まで来ていた。
最初に読み、授業テキストつくるときにはずいぶん参考にさせてもらったのだろう。
線が一杯引いてあった!!
「ハドレー循環」のコトバでここでおぼえたのだろう。
▼この章にあの興味深い有名な実験が出てきていた。

◆回転円筒による大気大循環の模型実験(フルツ博士による) (同書 p133)

 実際に一度だけこの実験をみせてもらったことがある。(そのときはあまりうまくいかなかったような記憶が)
実に興味深く面白い実験だ!!

実験は「事実」である。シミュレーションではない!!

実験結果が観測データと合致すれば、理論が正しいことが立証できる!!

そんな意味でとてもすばらしい実験だ。
今ならYouTubeでそんな画像はあるだろうと検索かけて見てみた。
やっぱり面白い!! 
今度は生で再度見てみたい!!(情報あれば教えてください<(_ _)>)
▼さあ大型連休の天気にもどろう。
まず

◆北半球500hPa高度・気温天気図(AUXN50)
( 24時間毎(12UTC) )

を見る。
 やっぱりそうだ!!
 私たちは間違いなく「大気の物理学実験室」のなかで暮らしている!!

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(143)

Dscn4960
「ユキヤナギ」と「アメダス」と「雲見」!!
 これが昨日(2017/04/13)の一枚だ。
 白いユキヤナギと青空がいい!!バックは福崎の「アメダス」だ。私は数年前に家からの定点「雲見」画像にこの「アメダス」が写し込まれていることを知った。
なんという偶然!!感動であった!!
 そうと知って以来、毎日夕方にはこの「アメダス」まで散策することを日課としている。
▼日課と言えば、その散策から帰れば必ず片平さんのお天気予報を見ることにしていた。
 この4月からは新番組になっていた。
◆報道ランナー【片平さんのお天気図鑑】
 視聴者からの写真・動画を紹介するコーナーもできた。とびっきりいいのが撮れたら送ってみようかな。
 片平さんの天気予報は、前からファンだったが、『仕事で得する天気の雑学』(片平 敦著 いろは出版)を読ませてもらって大大ファンになってしまったのである。
▼片平さんは前著で、「天気の町医者」でありたいと言われていた!!
 

気象解説のモットーは、「平時はわかりやすく・生活に役立つ解説を、荒天時は命を守る解説を」。気象解説者の最大の使命は、人々の命を守ること。地域の空を丁寧に解説し、いざという時に大勢の命を守れる「天気の町医者」でありたい
 

 こんなプロの真似は私にはできそうもない。
 しかし、Webテキスト『天気の変化』のめざしたいものがここにあるような気がする。
▼「ふりだし」にもどって
◆『大気の科学~新しい気象の考え方~』(小倉義光著 NHKブックス76 1968.9.20)
を読みながら、「天気」が「大気の科学」になるまでの歴史をふりかえってみた。
 「数値予報」にまで辿り着いた!!
 では「天気予報」はもうコンピューターにまかせればいいのか!?
 それだけでは「科学」したことにならない!!
 第一そんなの面白くない!!
 ほんとうの防災・減災にツナガラナイ!!

 ではどうするか?

(つづく) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(142)

Dscn4933
高速道路と「雲見」!!
 最近お気に入りの「雲見」カットだった。ふだんの「雲見」定点はきめていた。
 いつもの場所からいつもの方向の「雲見」をする。そのことに意義があると思っていた。
 同時に俳句ではないが、「雲見」と取り合わせのいいカットを探していた。
 昨日は、高速道路(中国縦貫道)と「雲見」がいちばん気に入った。
 車は東(大阪)から西(岡山)へと向う。大気は…!?
 土手の菜の花がうれしい!!
▼「ふりだし」にもどって読み始めた
◆『大気の科学~新しい気象の考え方~』(小倉義光著 NHKブックス76 1968.9.20)
は実に面白い!!
 とてもこれが半世紀も前に書かれたものとは思えなかった。
半世紀前の~新しい気象の考え方~は、私にとってはとても新鮮であった。
 そして、なによりわかりやすかった!!
 だから面白い!!と言いながらもまだ半分も読めていなかった。(^^ゞポリポリ
▼「大気の科学」の歴史を今まで読んだところでおおざっぱにふり返っておく。

●18世紀はじめ 「あらしの本質は人智のおよぼすところにあらず」

●1820年 ハインリッヒ・ブランデス(独)、1783年のヨーロッパ各地の気圧・気温・風の分布を表す「天気図」を発表    

●1921年 「理想化された低気圧」 (J.ビヤクネスとゾルベルク :ノールウェー)

●1922年 「数値計算よる天気予報」リチャードソンの夢(「数値予報の歴史」気象庁)

 さらにザックリと言ってしまえば
「天気図」200年!! 
「数値予報天気図」100年!!
ということになる。
▼それでは、その100年の歴史を「数値予報の歴史」(気象庁)で見てみると驚いてしまう!!
 これはコンピューター進化の歴史でもあった。
1959年の運用開始以降の「気象庁のコンピュータの演算速度の推移」は驚異的であった。
 こうしてはじき出された「予報天気図」を今すぐにも、誰もが目にすることができる時代に私たちは生きている。
 
(つづく) 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(141)

Dscn4864_2
▼現場にいなくなって「実験室」、「研究室」(理科準備室)がなくなってしまった。これは正直言って理科大好き人間にとってはきつかった。
 「自然は最高の教科書!!」と唱えてきた者としてはこれであきらめるわけにはいかなかった。
 ナケレバつくればよい。
 考えてみると、私が暮らす空間は巨大な「大気の物理学実験室」!!
 この「実験室」では日替わりメニューで多種多様の実験が展開されていた!!
 さらにうれしいことに年中無休だ!!
 
 昨日は、一日中、液体の水(雨)が落下しつづけていた。
▼「大気の物理学実験室」で「雲見」をしながらWebテキスト『天気の変化』づくりに挑戦する。それが私の次なるミッションだった。
 テキストづくりに関して以前からとても意識し、気に入っているコトバがある。

 「テキスタイル」!!

 である。少し長くなるが引用させてもらう。

 ”テキスタイル”ということばは、いつとはなしに造り出され、使用されるようになった。”わたしたち”の造語である(textile=織物ではなくて、text+style=textyleである。)”わたしたち”が教えたい、わかってほしいと願う事柄がきまったからといって、それはまだテキストではない。テキストは、発問と、資料と、実験と、読み物などで構成されるが、とりわけ、どんな発問を、どんな順序で用意するかが重要である。いや、内容がきまってから「さて発問は?」というのでなくて、事例に関する発問、事例を法則の支配下に位置づけさせる発問、等を考える過程の中で、”わたしたち”の中に次なる内容が求められ、獲得されていくのである。(『極地方式入門』(高橋金三郎・細谷純編、国土社1974.3.20) p174より)

 テキストづくり=テキスタイル化は、私の学びの方法でもあるのだ。
▼さて、その作業はどこまで来ているか?
 試案・『「雲見」を楽しもう!!』 の次は『高層天気図』だと思っていた。
 「高層天気図」は、「大気の物理学実験室」を立体的にとらえさせてくれる。
 「高層天気図」「数値予報天気図」は日々展開される実験のデータを見るようなものだった。
 これをプロだけのものにしておくのはモッタイナイ!!
 いくつかの使えるルールをつくりながらすすめていた。しかし、途中で暗礁にのりあげてしまった。
▼そこで、私は「ふりだし」にもどって考えてみることを決意した。
「大気の物理学」とは?
その研究史は?
参考文献は

◆『大気の科学~新しい気象の考え方~』(小倉義光著 NHKブックス76 1968.9.20)

だった。半世紀近く前の本だ。
 しかし、実に面白かった!!
 「そうだったのか!!」と膝をたたくことしきりだった。

(つづく)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Webテキスト『天気の変化』の可能性!?(140)

Dsc_1247
▼私は何をやっても「ゆっくり」である。
 小さい頃から「おまえはいっつも のそいんやから…!!」と叱られていた。(^^ゞポリポリ
 「ゆっくり」だと肝心のことを見逃すこともあるが、逆にあまり誰もが見ないもの見ることができるといういいこともある。

 東の畑ほったらかしにしていたら
 水菜の花(これもやっぱり「菜の花」!?)がきれいに咲いていた!!
 ダイコンの花もきれいだった!!

▼Webテキスト『天気の変化』づくりについてもやっぱり「ゆっくり」だった。
 Webテキスト『天気の変化』の可能性!?というタイトルではじめて記事を書いたのは、2013/12/08であった。
 だからもう3年以上同じような書き綴っていることになる。
 今さらながら、「Webテキスト」って何!?から
 自問をはじめるのだった。

「永久の未完成これ完成である」

 いつ「完成」するのだろう?と考えていたら宮沢賢治「農民芸術概論綱要」のあのコトバを思い出した。
 そんなカッコイイものではないが、永久に「完成」をめざして挑戦しつづけたいと思っている。
 Webテキストづくりでは、永遠に「現役」である。
▼もう少し具体的に行こう。
 このテキストづくりどこまで来ているのだろう。
 全体構想をいっきょにはむつかしいと思った。部分的にいくつかの試案をつくってみようと思った。
 部分的な試案としてこんなのが面白いかなと考えたのが
・Webテキスト試案『「雲見」を楽しもう!!』
・『高層天気図』
・『天気コトワザ』
・『アメダス』
等々である。
 Webテキスト試案『「雲見」を楽しもう!!』については、Webページ化は未だであるが、テキスト自体はできている。他についてはまだまだ試案の試案を検討中だ。

(つづく)
Dsc_1259

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月(卯月)の俳句「歳時記」!!

Dscn4654
▼4月(卯月)の「雲見」は「日暈」の観察からはじまった。その時間はそんなに長くはなかった。
 やがて青空が広がっていった。
 その下に、蓮根の植え替えから53週目の大賀ハス観察池があった。
 もうタイムオーバーだ!!
 2017年度の方針が少し見えてきた。来週あたりに準備をして植え替えに入りたいが…。
▼天気の「ふしぎ!?」を「俳句「歳時記」」で追いかける日だ。
 今月も参考させてもらっている

NHK「俳句」 テキスト
 
 から巻頭名句11句を引用させてもらう。

(1) 城を出し落花一片いまもとぶ 山口誓子
(2) さくらみちてさくらあをざめゐたるかな 野澤節子
(3) 日本語のはじめはいろはさくらちる  田中裕明
(4) ねこの子の猫になるまでいそがしく  鈴木 明
(5) 教室の入口ふたつヒヤシンス 津川絵理子
(6) ぶらんこの影を失ふ高さまで 藺草慶子
(7) あをあをと空を残して蝶別れ 大野林火
(8) 遠足の列大仏へ大仏へ  藤田湘子
(9) 石鹸玉まだ吹けぬ子も中にゐて 山内雅子
(10) あらはれし干潟に人のはや遊ぶ 清崎敏郎
(11) ラレレラと水田の蛙鳴き交わす 山口誓子

▼シロウトゆえの大胆さで「選句」に挑戦だ。
今月も「私のベスト3」を選んでみる。

【私の選んだ名句ベスト3】

(7) あをあをと空を残して蝶別れ 大野林火
 「あをあをと空を残して」が気に入った。そんな青空を今月はどれほど…。

(11) ラレレラと水田の蛙鳴き交わす 山口誓子
 「ラレレラ」がとてもいい!!こんな鳴き声の蛙がうれしい!!

(5) 教室の入口ふたつヒヤシンス 津川絵理子
 新入生が入って来る前の「教室」を思い出してしまった。

▼今月も自分の才能をかえりみることなく、この世の恥はかき捨て!!
とばかり「迷句」に挑戦しつづけてみたい。
 週末定例更新のときには、画像に一句、「俳句もどき」を貼り付ける。今月は最低5回は悪戦苦闘することになる。
 週末がくるのがこわい (^^ゞポリポリ

Dsc_0491


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧