Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(13)

Dscn6674

Dscn6689

▼最初に「日暈」に気づいたのは26日15時前だった。日はそのまま西に傾いていった。
 昨日、27日は朝からずっと雨が降り続いていた。いったん小降りになったかと思ったが、また降り出した。
 「日暈」から24時間たってもやはり雨は降り続いていた。

Dscn6708_20200328051901

Dscn6726

▼「日暈」は氷晶の存在を意味する。
 それから雨が降るまでのプロセスを想像してみるのだった!!
 ここもやっぱり「高層天気図」だ!!

●アジア500hPa・300hPa高度・気温・風・等風速線天気図(AUPQ35)
●アジア850hPa・700hPa高度・気温・風・湿数天気図(AUPQ78)

 それぞれ26日12時、27日0時、27日12時をプリントアウトし、ならべてみる。
 またまたこの数値をならべておく。

・300hPa…基準高度9600m
・500hPa…基準高度5700m
・700hPa…基準高度3000m
・850hPa…基準高度1500m

▼ここで少し余談を
 頭のなかで具体的なイメージをつくろうとするのだが、なかなか…(^^ゞポリポリ
 図に書いてみるのも方法だと思う。
 
 もっといいのは模型だ!!
 高さ1m50㎝(対流圏)ぐらいの本棚のような模型をつくっておく。
 十種雲形の雲の模型をつくり配置する!!
 300hPa(96㎝)、500hPa(57㎝)、700hPa(30㎝)、850hPa(15㎝)の位置に透明のプラ板で棚をつくる。
 この高さの様子をあらわしたのが、この「高層天気図」デス!!と。

 誰かつくってくれないかな!!

▼いつも「高層天気図」に慣れ親しむために
 ひまなときに「高層天気図」見るためのサイトをiPhoneに登録している。

●北海道放送HBC(予想にチャレンジ!専門天気図)

●地球気(専門天気図)

 さあ!!
 次は予想だ!!
 今日はどうなるだろう!?
 明日はどうだろう!? かなり切実な問題であった。

(つづく)

Dscn6753

 

| | コメント (0)

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(12)

Dscn6066

Dscn6084

▼春分の日(2020/03/20)。
 私は首がいたくなるほど一日中上空をながていた!!
 青空がずっとずっと広がっていた!!
 だから、上空を通過する飛行機が目立っていた。
 あらためて、こんなにもたくさんの飛行機が上空を飛んでいるのかと驚いた!!
 それは我が家のとなりを通過する播但線以上だった!!

●Flightradar24

 このアプリを立ちあげておいて、通過する飛行機をながめていると面白さ倍増だ!!
 飛行機の飛ぶ経路は一発でわかる。その飛行機に関する情報はすべて…!!

 飛んでいる高さもリアルタイムに!!

Dscn6091

▼飛行機が飛んでいる高さの気象情報はどの「高層天気図」を見ればいいのだろう!?
 それはこれだ!!

●アジア500hPa・300hPa高度・気温・風・等風速線天気図(AUPQ35) ( 12時間毎(00UTC,12UTC) )

 さっそく昨日の0時と12時のプリントアウトしてみた。
 
 300hPaの標準高度は9600mである!!

▼300hPa「高層天気図」こそ、飛行機が飛んでいる高さの気象情報が満載だ!!
・気温は? 寒い{{ (>_<) }}
・等風速線 破線で表示されている。20ノットごとだ!!
・ここでやっぱり注目は 風だ!! (゜o゜)ゲッ!! 100ノットを越えていることざらではないか!!
 1ノット=0.51m/s → 100ノット=51m/s
 これぞジェット気流だ!!

 昨日0時我が家の上空に100ノットの風が
 12時には東北の上空にそれ以上の風が…。
▼この「ジェット気流」こそが、日本の「天気の変化」の謎解きの鍵になる!!
 詳しくは、ゆっくり ゆっくり だ。
 ここまでで一応、

 ・300hPa…基準高度9600m
 ・500hPa…基準高度5700m
 ・700hPa…基準高度3000m
 ・850hPa…基準高度1500m

 は出そろった。
 我が「大気の物理学実験室」は、徐々に立体的に見えてくるのだった!!

(つづく) 

Dscn6122

Dscn6167

| | コメント (0)

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(11)

Dscn5956

Dscn5956teftef

「暑さ寒さも彼岸まで」!!
 とはやはりうまく言ったものだ。事実、昨日(2020/03/18)は朝こそ寒かったが、昼間の気温はどんどんあがていった。
 いくらまでいったんだろう!?
 「アメダス」の記録を見てみると、17.7℃(16:30)まであがっていた!!

 すばやく反応した蝶だった!!
 菜の花のまわりを何匹も乱舞していた!!

Dscn5942

Dscn5977

▼この変化を「高層天気図」で読み解こう。
 今度は、18日0時と12時 700hPa をプリンアウトしてみた。

●アジア850hPa・700hPa高度・気温・風・湿数天気図(AUPQ78) ( 12時間毎(00UTC,12UTC) )
 
▼この700hPa「高層天気図」の見どころはどこだろう。

・まず標準高度は3000m!! 850hPaの倍の高さだ。
・3000m上空の気温がすぐわかる。 地上で17.7℃まであがった昨日昼でも約 -3.0℃!!
 (これが一発でわかるなんて、なんか楽しいな!!)

・いちばん面白いのは湿域だ!!(メッシュ状点で表示されているところ)
 湿域(湿っているところ)→中・下層の雲があるところ!!

▼ここで宇宙からの「雲見」とリンクだ!!

●ひまわり8号リアルタイムWeb

 この作業自体が面白い!!
 3000m上空の「湿域」に雲ができている!!アタリマエすぎるほどアタリマエのこと!!
 それを、地上からの「雲見」と宇宙からの「雲見」で確かめる!!
 やっぱり「高層天気図」は面白い!!

 夕方のあたらしい散策コースで、あらたなお気に入り「夕焼け」スポットの景をみつけた。
 この幾何学的デザイン最高!!
 
 さあ、今日の天気は…。

(つづく)

Dscn5985_20200319045101 

| | コメント (0)

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(10)

_dsc6983

_dsc6964

「根毛氷」は見ることができたが、残念ながら「ストロー氷」は見ることができなかった!!

 昨日(2020/03/17)の朝、今季最後の「ストロー氷」を見るチャンスかと思い、Wコップの装置を準備したのだった。
 確かに朝はよく冷え込んでいた。
 今、「アメダス」の記録で確かめたら、-1.2℃まで冷え込んだようである。
 道の水たまりにも、大賀ハス観察池にも氷が張っていた。

_dsc6993

_dsc7033_20200318054001

▼ところが太陽がのぼってくると、どんどん気温はあがりポカポカ陽気になっていった。
 「アメダス」によれば13.1℃まであがったようだ。
 その高低差14.3℃だからなかなかだ!!

 上空はどうなんだろう!?
 上空と言っても、いちばん低い所の「高層天気図」はどれだ!?
 850hPa→1500mを基準にして
 (゜o゜)ゲッ!!1500m!! 水平にだとすぐそこではないか!!

 とりあえず17日0時と12時の分をプリントアウトしてみた。

●アジア850hPa・700hPa高度・気温・風・湿数天気図(AUPQ78) ( 12時間毎(00UTC,12UTC) )

▼見方は、やはり 「専門天気図(HBC北海道放送)」を参考にさせてもらう。
 この850hPaもなかなか興味深いものが書き込まれている。

●なにより興味深いのはたった1500m上空の気象情報であることだ!!
 (垂直に車を走らせることができるなら、すぐそこだ!!いつか可能になるのかな。)

●気温情報だ。(等温線 破線 今の時期は6℃ごと) 確かに上空は低い!!このアタリマエがうれしい!!
●湿域 (大気が湿っているところをメッシュ状の点で表示) いいなコレ!!雨(雪)が降りそうなところ一目瞭然!!
●等温線つまっているところ→あたたかい大気と冷たい大気がぶつかっているところ→「前線」発見!!

▼17日0時~12時の実際の変化と見比べながらながめてみると益々面白くなってくる。
 徐々に
 「大気の物理学実験室」が立体(3D)化していくようで楽しい!!

 さて、今日の「雲見」は!?
 次の展開はどの「高さ」の「高層天気図」を見るかな。o(^o^)o ワクワク
 
(つづく) 

Dscn5859

Dscn5891

| | コメント (0)

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(9)

Dscn5724

Dscn5722_20200317060301

▼なんじゃコレ!?
 雨!! いや 雪!! いやちがう!!
 みぞれ だ!!

 「ふしぎ!?」だった。たった今まで晴れていたのにいっきょに「みぞれ」が降ってきたのだ。
 生野峠の方を見たら、真っ白になっていた。
 少し落ち着いて、山を見ると、雪化粧をしていた。
 ひっとしたらこの景は今季はじめてかもしれない。
 少し落ち着いたかと思ったら、またして今度は雨が降り出した。
 と思ったら青空が見えてきた。 なんとも不安定な天気だった!!
 じっと上空をみあげてしまうのだった!!

Dscn5733

Dscn5780

Dscn5783

▼「上空5500mあたりに-30℃の寒気が流れ込み、大気がきわめて不安定になり…」
 少しうろ覚えだが、一昨日のTVの天気予報がそう言っていた。
 アタリだ!!
 そうだこんなときこそ、「高層天気図」だ。
 実は久ぶりなんだ。ここにあった。

◆高層天気図(気象庁)
 
 うろ覚えの「上空5500m」が正しければ、これだ!!

●アジア500hPa・300hPa高度・気温・風・等風速線天気図(AUPQ35)( 12時間毎(00UTC,12UTC) )

▼16日0時と12時の両方を今プリンアウトしてみるが、久しぶり「高層天気図」はすっかり見方を忘れかけていた。(^^ゞポリポリ
 こんなときにとってもアリガタイ ページの存在を思い出した。

◆専門天気図(HBC北海道放送)

 何がアリガタイと言って、なんとここには「高層天気図」の見方がくわしく書かれているのである!!
 それだけでない!!
 私のようなシロウトが見るときのポイントも書かれていた!!

▼ さっそく「500hPa」の説明を読んでみる。
 きっちりと説明があった。
・「上空の寒気」とは
・「500hPaで-36℃以下の寒気が…」→「大雪」
・「上空に寒気が流入すると」→「大気は不安定に」→なぜ!?

 特に最後の「なぜ!?」の説明がいい!! 必見だ!!
 プリントアウトした500hPa16日0時と12時「高層天気図」に-30℃と-36℃の寒気のラインを蛍光ぺんで記入してみた。
 昨日(2020/03/16)午前中の「不安定」な天気のわけが見えたきた!!
 各地の「竜巻」「ひょう」「季節はずれの雪」も…!!

 やっぱり「高層天気図」は面白い!!

 夕方の空は「安定」をとりもどしているようだった。

(つづく)

Dscn5802

Dscn5819
 

| | コメント (0)

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(8)

Dscn5542

▼一昨日(2020/03/13)の朝、そんなにはっきりしなかったが、「日暈」を見たような気がした。
 やっぱりそうだったんだ!!
 昨日は朝からずっと雨が降り続いた。
 夕方になってやっとまた青空が見えはじめた。
 
 「日暈」→「雨」→「青空」!?
 上空で何が起こったのだろう。

Dscn5660

Dscn5677

Dscn5693_20200315043101

Dscn5703

▼このアタリマエすぎるほどアタリマエの「ふしぎ!?」。
 その謎解きにすごく役に立つものがあることを知ったのは比較的最近であった。
 アリガタイことに、それは誰でもいますぐ見ることができるという!!

 「高層天気図」デアル!!

 「上空」とひとくちにいっても、そう簡単に語れるものではない。
 でもやっぱりその「からくり」を知りたい!!
▼「高層天気図」の面白さに気づきはじめたころ、「覚え書き」レポをしていた。
 もう5年も前のものだ。

------------------------------------------------------------------------------------------
今、「高層天気図」が面白い!!
     2015/02/22
     
1 どこにあるのか?
 ○気象庁・高層天気図
http://www.jma.go.jp/jp/metcht/kosou.html
◆ アジア850hPa・700hPa高度・気温・風・湿数天気図(AUPQ78)
( 12時間毎(00UTC,12UTC) )
 ◆ アジア500hPa・300hPa高度・気温・風・等風速線天気図(AUPQ35)
( 12時間毎(00UTC,12UTC) )
◆ 北半球500hPa高度・気温天気図(AUXN50)
( 24時間毎(12UTC) )

2 何がわかるのか?
・「地上天気図」だけではわからないことが
 ・「大気の物理学実験室」が立体的に
 ・プロだけのものにしておくのはモッタイナイ!!
 ・アタリマエだけど納得!!のことばかり

(1)高さと気圧
 ・300hPa…基準高度9600m
 ・500hPa…基準高度5700m
 ・700hPa…基準高度3000m
 ・850hPa…基準高度1500m
 ○高くなるほど気圧は低くなる!!
私たちは「大気の海の底」にくらしている。

(2)高さと気温
○大気は下からあたためられる!!
○雲粒は氷の粒!!

(3)わずか10㎞上空に猛烈な風が…(ジェット気流)
・300hPa…基準高度9600m 高層天気図参照
○「光は東から 天気は西から」が見えてくる。

(4)雲のおよその高さが見えてくる。

等々
------------------------------------------------------------------------------------------

▼その後、どのように展開していったのだろう?
 Webテキスト試案「高層天気図」は、どのあたりまで実現したのだろう。
 しばし、この5年の軌跡を追いかけてみようと思う。
 今となっては、私の最大の興味関心は

 「高層天気図」をいかに愉しむか!!

 である。
 面白いこと!!愉しいこと!! を最優先にrevengeしてみよう。

(つづく)

Dscn5708

| | コメント (0)

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(7)

Dscn4896

もしも原子がなかったら……?
 “青空”は原子論の最も美しい証明だ!!

 これは昨年読んだ『青の物理学』の帯のコトバだ。
 雲のない「雲見」=“青空” それは限りなく美しく 奥が深かった!!

 その“青空”の下、ジャガイモの植え付けをした。
 今朝はもう雨だ!!昨日のうちにやっておいてよかった。

Dscn4893_20200310045801

▼ここらあたりで、一度、Webテキスト試案「アメダス」をしめておこう。
 とりあえず、誰が参照するというわけではない、私自身がみるだけだと思うが、PDF化をしておこう。

◆Webテキスト試案「アメダス」(PDF版)

▼今一度、確認しておこう。

【ねらい】 自分の住む地域の「天気」ことを知ろう!!
     それに地域の「アメダス」を利用しよう!! 

▼現時点での最大の課題(展望)は次のようになる。

 【課題1】「アメダス」データの有効活用方法を開発する。
 【課題2】「アメダス」ヒューマンネットワークの構築!!

 これまで加えて、今回【やってみよう】を加えた。

【やってみよう】
● 周辺の「アメダス」観測所に機会をみつけて行ってみよう。
● 旅に出たときその地域の「アメダス」をチェックしておこう。

 これが、今の私としては、いちばんの愉しみとしているところである。
 次はどこの「アメダス」に行こうかな。 o(^o^)o ワクワク

(つづく)

| | コメント (0)

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(6)

Dscn4848

西の空に次々とケンケン三兄弟(巻雲・巻層雲・巻積雲)が登場したんだ!!

 「ケンケン三兄弟」!?
 使ってみて思い出した。あの「雲見」のうた(雲家族10のうた)を!!
 
 ケンケン三兄弟に (巻雲 巻層雲 巻積雲)
 コウコウ姉妹 (高層雲 高積雲)
 ソウセキ (層積雲) はなれても りっぱに ソウ! セキ! (層雲 積雲)
 雨 雨 ふれ ふれ ラン! ラン! (乱層雲 積乱雲)

 なかなかの傑作デアル!!(自画自讃モード(^^ゞポリポリ)
 「ケンケン三兄弟」の登場のあとやがて雨は降り出した。
 今朝は雨だ!!

▼私の「雲見」は最高にゼイタクだった。
 「雲見」定点からの空の画像に「アメダス」が写し込まれているというのだから、これ以上のゼイタクはなかった。
 居ながらにして撮った「雲見」画像の気象データは、刻々と「アメダス」が「記録」してくれているというのだから、最高!!
 せっかくのこのゼイタクを無駄にしたくない。
 そんな思いが、このWebテキスト試案「アメダス」の発端にあった。

Dscn4853

 繰りかえす。
 
●播磨平野(姫路)の海陸風の統計的解析ー海面水温との関係(河野 仁・西塚幸子)

 ここでは、この地の「海陸風」の謎解きに、「アメダス」(福崎)等のデータが使われているのだった。
・年間の風配図
・海陸風の季節変化
・月別の陸風方向と海風方向の風の割合 
・播磨灘(明石市南二見)の海面水温と内陸(福崎)の日最高気温および日最高および最低気温の月平均値
等々

 この真似事でもいい。自分自身の手でやることはできないものだろうか!?

▼もうひとつ同様の興味深い論文をみつけていた。

●姫路市におけるヒートアイランドの研究ー気温分布の季節変化観測(古橋 和樹 河野 仁) 

 これまた実に面白い!!
 今年も訪れるだろう暑い暑い夏までに、次なる展開の手がかりを得ることができるだろうか。

▼昨年の台風で壊れてしまっていた「モグラ撃退風車」を久しぶり修理して東の畑にたてた。
 なかなか軽やかな動きだ!!
 カタカタの震動が伝わりモグラを撃退するというのだが、…!?
 カタカタの震動は「風速」を感覚で教えてくれた。
 
 リアルタイムの「風向」「風速」を「アメダス」の「記録」と照合してみるのも面白いかも…!!
 
 まあ、とことん「アメダス」を楽しもうというわけだ!!

(つづく)

_dsc6618

| | コメント (0)

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(5)

_dsc6361

つくしが水滴残す草むらに立ち上がっていた!!

 まわりを見渡せばまだあちらこちらにいっぱいというわけではない。
 ぽつりぽつりという感じだ。
 これがきっと「走りもの」だろう!!
 「走りもの」はいつもその季節の到来を教えてくれる。
 そう言えば、背の短いタンポポが「黄色」を誇示する季節でもあった。

_dsc6369

_dsc6376

_dsc6406

「走りもの」つくしと「アメダス」のデータを結びつけて統計的解析はできないものだろうか!?

 この地域では「走りもの」つくしはいつだろう?
 それにいちばん関係しているのは「気温」!? それとも…!?

 たいへん興味深いDB(データーベース)があった。

●生物季節観測データベース 

 なかなか面白い!!
 「たんぽぽ開花日」はあるが、「走りもの」つくし はない。

▼私がイメージしている各地の「アメダス」データの利用はもう少し具体的なものだった。
 より具体的な取り組みの例を私は偶然知った!!

●播磨平野(姫路)の海陸風の統計的解析ー海面水温との関係(河野 仁・西塚幸子)

 たまたま河野先生のお話を聞く機会があった。
 私にはまったく「目から鱗」の話であった。
 長いあいだ「海陸風」を授業で教えてきていながら、自分が住む地域がその典型の地であることをはじめて認識したのである。
 そのつもりで、夏場「アメダス」(福崎)のデータをみた!!
 ビックリである。まさに教科書どおり!!

▼論文なかでもきっちりと言われていた。
 「アメダス(姫路、福崎)の風データとアメダス(家島、姫路、福崎、生野)の気温データを」解析に使ったと。
 ここでいちばん私に興味あることがでてくる。

 シロウトの私にも公開されている「アメダス」データを利用して各種解析を行なう方法はないものだろうか!?

 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

(つづく)

Dscn4835 

 

 

| | コメント (0)

Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(4)

Dscn4712

Dscn4739_20200306051501

Dscn4751

▼「アメダス」の上空の「雲見」はコロコロと変わった。
 雨は降ったり、やんだりを繰りかえした。
 洗濯ものを出したり、取り入れたりと忙しかった。
 最後は少しだけ虹も見えかけた!!
 この変化を「アメダス」の雨量計はどのように「記録」しただろう。
 今、その「記録」を見てみた。
・8:00~9:00 0.5㎜/h
・9:00~10:00 1.0㎜/h
・14:00~15:00 0.5㎜/h
 それだけしか「記録」はなかった。0.5㎜に満たない雨は「記録」されていなかった。
 それにしてもアリガタイ!!
 昨日一日の雨がこうしてきっちり「記録」され、それをいつでも見ることができるのだから。

Dscn4760

Dscn4799

▼Webテキスト試案「アメダス」の意図するところはここにあった。
 それは試案のなかにも書いていた。

7 私たちの地域の「アメダス」は、日々の気象観測の「記録」をデータとして残してくれています。   こんな貴重なデータをそのままにしておくのはモッタイナイ!!。   いろんな有効活用の方法を考えてみよう。

 おぼろげなところはわかるが、では具体的にどうすれば?
 けっきょくそこのところがよくわかっていなかった!!
 そこが知りたいのだ!!
▼8つの「発問」(質問)をよくみてみると、誰かに向けて発しているというより自分自身に問いかけているものばかりだ。
 なかば結論めいたものが見えてきた。
 
 Webテキスト試案「アメダス」の第一対象者は私自身である。
 私自身がより豊かに「アメダス」を愉しむためのテキスト!!

 そう考えると、「ねばならぬ」から脱出して気持ちが軽くなってきた。
▼これまでに、何カ所かの「アメダス」を訪問していた。
 これがなかなか楽しい!!
 いちど訪問してから見るその場所「アメダス」の「記録」はぐっと身近にリアルに感じるものだ。
 今までに訪れているのは
・「福崎」
・「生野」
・「姫路」
・「東京」(北の丸公園露場)
・「高知」
である。
 もっともっといろんなところにいってみたいな。

(つづく)

Dscn4808

| | コメント (0)

より以前の記事一覧