2022年9月(長月)の俳句「歳時記」!! #俳句 #歳時記 #オンライン句会

_dsc6131

▼昨日(2022/09/01)は、立春から数えて二百十日。まだまだ暑さが残っていた。
この年の残暑もきびしかったようだ。
寅日子先生はこのように詠んでいた。

未だ秋の句にもならざる残暑哉 (明治33年)

この年(1900年、明治33年)の9月8日、英国留学の漱石先生を横浜で見送ったのだった。
寅日子先生23歳の秋だった。

▼さあ、今月も名句の鑑賞 より<俳句修業>をはじめよう!!
 名句の参考にさせてもらうのは、いつものように

◆NHK「俳句」 テキスト

である。ここより巻頭の名句11句を引用させてもらう。

(1) 満月や耳ふたつある菓子袋 辻田克巳
(2) 片頬を引き摺られゆく案山子かな 高柳克弘
(3) 岐れてもまた岐れても花野みち 富安風生
(4) 秋茄子にこみあげる紺ありにけり 鈴木鷹夫
(5) 窯攻めの火の鳴る二百十日かな 廣瀬町子
(6) ひや〱と朝日さしけり松の中 正岡子規
(7) 松の幹みな傾きて九月かな 桂 信子
(8) はなびらの欠けて久しき野菊かな 後藤夜半
(9) 折鶴に秋冷満ちてくる夜かな 林 桂
(10) 月明き浜に流木曳きしあと 上田五千石
(11) 月面になびいて旗の愚かさよ 関 悦史

▼<俳句修業>の第一歩は「選句」から!!
 俳句は詠み手と読者の共同作業で成立する。
 ダカラ 愉しい!!
 今月もシロウト「選句」を楽しむことからはじめてみよう!!

【私の選んだ名句ベスト3】

(3) 岐れてもまた岐れても花野みち 富安風生

(1) 満月や耳ふたつある菓子袋 辻田克巳

(4) 秋茄子にこみあげる紺ありにけり 鈴木鷹夫

【次点】

(8) はなびらの欠けて久しき野菊かな 後藤夜半


【選評】
・ひとり吟行の「みち」を思い出した。どのコースにも定番の「花野」があった。
・あの白い「菓子袋」、ワクワクが詰まっていたな。袋をクルクルと回すとふたつの耳が!!
・「こみあげる紺」とはうまいもんだ!!他に言い換えることは不可能だ。
・「欠けて久しき」は野菊ナラデハ!!きまった場所で出会うのが楽しみだ。

▼寅日子先生に師事する私たちのオンライン句会「寅の日」も、はや3年目に入ります。

◆第25回オンライン句会「寅の日」9月例会案内!!

 選句修業の次は「句会」に挑戦です。
 いつでも、誰でも 今すぐ はじめることができますよ!!
 「俳句」はじめての方も大歓迎です。
 私も 只今 修行中デス!!    

| | コメント (0)

2022年9月(長月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール

Dscn8895_20220901044501

▼ステージはかわった。9月(長月)デアル。
 9月の「雲見」を予想する前に8月の「雲見」のまとめをもくもくシールセットによる「雲見」カレンダー(理科ハウス)でふり返っておこう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    1 
・巻雲    0 
・巻積雲   1 
・巻層雲   1     
・高積雲   1  
・高層雲   1     
・層積雲   5 
・積雲   17  
・層雲    0  
・乱層雲   4   
・積乱雲   0

 「快晴」1+「積雲」17=18
 「積乱雲」0+「乱層雲」4=4
 結果的にこうなった。あれっ!? 自分でも少し違和感がある。
 たびたび「雷雨」にも出会ったし!?
 これは、基本的には朝9時の「雲見」の結果だった。
 だから、「積雲」シールを貼った日の午後に「雷雨」ということもしばしばだった。
 そういうことを考えたうえでも、8月はやっぱり夏だったんだ!!
 ここのところ、メモ書きはアメダスの「記録」により「最高気温」~「最低気温」を書き込むようにしている。
 それによれば
 ・「猛暑日」=5日
 ・「真夏日」=23日
 ・「夏日」=3日
 やっぱり暑い暑い 「福崎の夏」だったんだ!!

▼9月(長月)の「雲見」の予想に入ろう。
 まずは昨年の9月の天気図を見てみる。

◆日々の天気図 2021年9月 (気象庁)

・本日は二百十日!!やっぱりいちばんに気になるのは台風だ!!
・まずは台風11号の動きに注目だ。
・防災・減災はもちろんのこと!!そのうえでの話、「台風は雲の展覧会!!」という。「雲見」を楽しもう!!
・秋雨前線にも注目だ!!
・「光は東から 天気は西から」を実感する季節に入る。
・秋晴れの「快晴」シール何枚貼れるかな?
・「猛暑日」はまだあるのかな!?

 9月の「雲見」予想をつづけよう。
 よりローカルな資料を使ってみる。
 アメダス「福崎」のデータに基づく資料である。

◆兵庫県 福崎 の気候(雨温図 最高気温、最低気温の推移

・雨は8月に比べれば増えてきそうである。
・気温も上旬は高いものの、中旬下旬にかけてどんどん下がっていきそうだ。
・ケンケン三兄弟=「巻雲」「巻積雲」「巻層雲」のシールが増えてきそうな余寒がする。
・「暑さ寒さも彼岸まで」はアタリ!!となるかな。
・ヒガンバナの初見はいつになるだろう。

▼「雲見」の旅をまだ再開できずにいる。
 ヒガンバナのシーズンにあわせて

 ヒガンバナスポット+「雲見」の旅 に出たい!!

 さあ、気の向くままに!!

| | コメント (0)

2022年8月(葉月)の俳句「歳時記」!! #俳句 #歳時記 #オンライン句会

Dscn8918

▼1898(明治31)年7月初め頃。我らが寅日子先生(寺田寅彦)は、夏目漱石先生を訪ね、俳句の話を聞いた。
 さっそく夏休み中に詠んだ俳句を漱石先生に送り添削を受けた。
 「夏目漱石へ送りたる句稿 その十七」は、ちょっと変わった題がつけられていた。
 「夏季廿四時」と題され、午前一時~午後十二時○○まで一時間に一句、全部で二十四句が詠まれていた。
 「午後四時」に詠まれた句は、次のようであった。

 寺の門に猿曳憩ふ百日紅


▼さあ、今月も名句の鑑賞 より<俳句修業>をはじめよう!!
 名句の参考にさせてもらうのは、いつものように

◆NHK「俳句」 テキスト

である。ここより巻頭の名句11句を引用させてもらう。

(1) 手花火の煙もくもく面白や 川崎展宏
(2) 大きな木大きな木蔭夏休み 宇多喜代子
(3) 氷水真赤広島被爆の日 矢島渚男
(4) 晩涼の幼な机の灯がひとつ 飯田龍太
(5) 新涼やたしなまねども洋酒の香 中村汀女
(6) 秋来れば秋の団扇となる団扇 三橋鷹女
(7) 荒海や佐渡に横たふ天の川 芭蕉
(8) 鬼太鼓の済みたる闇のきんひばり 佐怒賀正美
(9) 桃冷す水しろがねにうごきけり 百合山羽公
(10) 学校が好き朝顔に水をやる 津田清子
(11) 水脈の果て炎天の墓碑を置きて去る 金子兜太

▼<俳句修業>の第一歩は「選句」から!!
 「名句」は声に出して読んでみると、ナルホドと 納得だ!!
 そんななかでも、特に私の「お気に入り」がみつける。
 この作業を「選句」という。
 今月もシロウト「選句」を楽しむことからはじめてみよう!!

【私の選んだ名句ベスト3】

(7) 荒海や佐渡に横たふ天の川 芭蕉

(2) 大きな木大きな木蔭夏休み 宇多喜代子

(9) 桃冷す水しろがねにうごきけり 百合山羽公

【次点】

(10)学校が好き朝顔に水をやる 津田清子

【選評】
・まずはスタンダードから。声に出して読んでみると景が浮かんでくるから不思議だ!!
・アタリマエをアタリマエに。「夏休み」という着地がみごと!!
・たしかに「あるある」ダ!!「水しろがねにうごきけり」の瞬間を切り取る技、おみごと!!
・こんなストレートに詠んで名句になる。やっぱり俳句は面白い!!


▼きっと究極の俳句修業が、自分で句を詠み、<句会>に参加することだ!!
 寅日子先生に師事する私たちのオンライン句会「寅の日」も、はや2年が経った。

◆第24回オンライン句会「寅の日」8月例会案内!!

 いつでも、誰でも はじめることができますよ!!
 「俳句」はじめての方、大歓迎です。
 私も 只今 修行中デス!!

| | コメント (0)

2022年8月(葉月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール

Dscn9258

▼またまた 暑い!!暑い!!
と叫んでいるまに8月(葉月)となってしまった。
 8月の「雲見」を予想する前に7月の「雲見」のまとめをもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返っておこう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    2 
・巻雲    2 
・巻積雲   1 
・巻層雲   1     
・高積雲   1  
・高層雲   3     
・層積雲   2 
・積雲   11  
・層雲    0  
・乱層雲   7  
・積乱雲   1

 「快晴」2+「積雲」11=13
 「積乱雲」1+「乱層雲」7=8
 これだけ見ても、暑い日が続いたことが予想がつく。
 「二度目の梅雨!?」と思ったのは前半のことだった。
 ここのところ、メモ書きはアメダスの「記録」により「最高気温」~「最低気温」を書き込むようにしている。
 それによれば
 ・「猛暑日」=5日
 ・「真夏日」=20日
 ・「夏日」=6日
 やっぱり暑い暑い 「福崎の夏」が来ていたんだ!!
 8月はどうなるだろう。

▼8月(葉月)の「雲見」の予想に入ろう。
 まずは昨年の8月の天気図を見てみる。

◆日々の天気図 2021年8月 (気象庁)

・やっぱり昨年の夏も暑かったんだ!!今年もかな!?
・大雨も心配だ。ごくごくふつうに「線状降水帯」というコトバも使われるようになってきた。
・台風はどうだろう!?
・「雲見」とい視点で予想するならば、やっぱり多いのは「積雲」「快晴」だろうか!?
・「猛暑日」は何日になるだろう!?

▼8月の「雲見」予想をつづけよう。
 よりローカルな資料を使ってみよう。
 アメダス「福崎」のデータに基づく資料である。

◆兵庫県 福崎 の気候(雨温図 最高気温、最低気温の推移

・いがいと8月の降水量は下がっている。
・畑の水やりたいへんだ!!
・やっぱり8月は暑くなりそうだ。
・「猛暑日」県下第1位の記録は今年もだろうか!?

▼「雲見」と「宇宙見物」は、究極の道楽!!
 こんな無手勝流で、安直・簡単な「自然観察」は他にはない。
 180°の空をながめるだけ!!

 道楽のオプション=「雲見」の旅の計画を久しぶりに立てていたが。
 もう少し、様子をみておこう。
 定点観測で【「雲見」の連帯】という手もあることだし!!


| | コメント (0)

2022年7月(文月)の俳句「歳時記」!! #俳句 #歳時記 #オンライン句会

Dscn0290_20220702043801

▼われらが寅日子先生は夏が大好きだったようだ。
 <雲の峰>もたくさん詠んでおられた。

 雲の峰見るゝ雲を吐かんとす (「落穂集」明治32年)

▼さあ、今月も名句の鑑賞 より<俳句修業>をはじめよう!!
 名句の参考にさせてもらうのは、いつものように

◆NHK「俳句」 テキスト

である。ここより巻頭の名句11句を引用させてもらう。

(1) フェリーより降りし日傘を廻しけり 遠山陽子
(2) 絶えず人いこふ夏野の石一つ 正岡子規
(3) 夏山の大噴火口隠すなし 高野素十
(4) 沖が見えよき音となる貝風鈴 伊藤政美
(5) 睡蓮や聞き覚えある水の私語 中村苑子
(6) 蜘蛛に生れ網をかけねばならぬかな 高浜虚子
(7) 日盛や梯子貼りつくガスタンク 相子智恵
(8) トマト煮るもうすぐタイマーが鳴る 藤野武
(9) 大空に富士澄む罌粟の真夏かな 飯田蛇笏
(10) 暗く暑く大群衆と花火待つ 西東三鬼
(11) 街への投網のやうな花火が返事です 夏石番矢

▼<俳句修業>の第一歩は「選句」から!!
 シロウトの私が言うのも気が引けるが、「名句」を声に出して読んでみると、ナルホド(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウンだ!!
 そんななかでも、特に私の「お気に入り」がみつかる!!
 みつける作業を「選句」という。
 今月もシロウト「選句」を楽しむことからはじめてみよう!!

【私の選んだ名句ベスト3】

(5) 睡蓮や聞き覚えある水の私語 中村苑子

(4) 沖が見えよき音となる貝風鈴 伊藤政美

(6) 蜘蛛に生れ網をかけねばならぬかな 高浜虚子

【次点】

(11) 街への投網のやうな花火が返事です 夏石番矢

【選評】
・「水の私語」に一票です!!
・「よき音」聞こえてきそうですね。長いあいだ海水浴に行っていない。海も見ていないなぁ!!
「クモ学」ファンとしてははずせないですね。

・ここに「夏物語」を読んでしまいますよね。どんな「返事」かな!?きっと…

▼きっと究極の俳句修業が<句会>参加だ!!
 寅日子先生(寺田寅彦)に師事する私たちのオンライン句会「寅の日」も、はや第23回をむかえた。

◆第23回オンライン句会「寅の日」7月例会案内!!

 いつでも、誰でも はじめることができますよ!!
 「俳句」はじめての方、大歓迎です。

| | コメント (0)

2022年7月(文月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール

Dscn0321_20220701045201

▼暑い!!暑い!!
と叫んでいるまに7月となってしまった。
 7月の「雲見」を予想する前に6月の「雲見」のまとめをもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返っておこう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    4 
・巻雲    0 
・巻積雲   2 
・巻層雲   4     
・高積雲   0  
・高層雲   3     
・層積雲   2 
・積雲    8 
・層雲    1  
・乱層雲   5  
・積乱雲   1

 「積乱雲」1+「乱層雲」5=6
 梅雨入り6/14~梅雨明け6/28
 これだけ見ても、雨の少ない短い「梅雨」であったことがわかる。
 それにくらべて
 「快晴」4+「積雲」8=12
 ・「夏日」=11日
 ・「真夏日」=12日
 そして、昨日(2022/06/30)ついに36.1℃まであがった!!
 ・「猛暑日」=1日
 暑い暑い「福崎の夏」がやって来た!!
 「雲見」はどんな展開をみせるだろう!?

▼7月(文月)の「雲見」の予想に入ろう。
 まずは昨年の7月の天気図を見てみる。

◆日々の天気図 2021年7月 (気象庁)

・今年の「梅雨明け」がいかにはやかったかがわかる。
・現在の二段重ねの高気圧いつまでつづくのだろう!?
・この猛暑はいつまでつづくのだろう!?
・台風の発生は!?
・「快晴」「積雲」のシールはどこまでふえるかな?
・やっぱりある程度は「乱層雲」「積乱雲」シールが欲しいな!!

▼7月の「雲見」予想をつづけよう。
 よりローカルな資料を使ってみよう。
 アメダス「福崎」のデータに基づく資料である。

◆兵庫県 福崎 の気候(雨温図最高気温、最低気温の推移

・7月が一年でいちばん雨量が多くなっているが、はたして今年は!?
・これを見てもやっぱり暑くなりそうだ。
・「猛暑日」は何日でてくるだろう。
・ここにはでてこないが注目しておきたいのは「海陸風」だ!!
・猛暑のなか少しでも快適に暮らすためには!?

▼さあ、いよいよ「雲見」の旅を再開できる環境ができつつある。
 「大気の物理学実験室」水平に移動して「雲見」を楽しむだけ!!
 もっとも簡単で、もっとも面白い!! 究極の道楽!!

 定点観測の【「雲見」の連帯】も!!

 

 

 

| | コメント (0)

2022年6月(水無月)の俳句「歳時記」!! #俳句 #歳時記 #オンライン句会

Dscn9662_20220602034501

▼今年の「子規庵の糸瓜」は「地植え」で挑戦してみることにした。
 子規庵で「おすそ分け」してもらった5粒の種から出発した「子規庵の糸瓜」も今年で4年目であった。
 これまでは、プランタンまたは植木鉢で育ててきた。
 ところが、昨年度はに皮肉にも育苗トレーをそのまま地面に放置していた方が元気よく大きく育った。
 ナラバ と
 今年ははじめからすべての苗を「地植え」で育ててみることにした。
 どんな展開になることやら
 子規も見ていてくれるかな!?

▼今月も名句の鑑賞 より<俳句修業>をはじめよう!!
 名句の参考にさせてもらうのは、いつものように

◆NHK「俳句」 テキスト

である。ここより巻頭の名句11句を引用させてもらう。

(1) よりそひて静かなるかなかきつばた 高浜虚子
(2) 天上も淋しからんに燕子花 鈴木六林男
(3) 螢火の明滅滅の深かりき 細見綾子
(4) 螢の逃げ出しさうな螢籠 西村麒麟
(5) 捩花の五回ねぢれて空は青 細谷喨々
(6) 闇を濃くして十薬の咲きにけり 稲畑廣太郎
(7) 音合せ始まる夏至の広場かな 坂本宮尾
(8) 沈黙のあと噴水の立ち上がる 茅根知子
(9) 髭剃つてゐる父の日の父の唄 辻田克巳
(10) ハンガーに干されて蛸や雲低き 川上弘美
(11) 岩と波永遠にぶつかり沖縄忌 石倉夏生

▼<俳句修業>の第一歩は「選句」から!!
 今月もシロウト「選句」を楽しむことからはじめてみよう!!

【私の選んだ名句ベスト3】

(5) 捩花の五回ねぢれて空は青 細谷喨々

(3) 螢火の明滅滅の深かりき 細見綾子

(6) 闇を濃くして十薬の咲きにけり 稲畑廣太郎

【次点】

(10) ハンガーに干されて蛸や雲低き 川上弘美

【選評】
・「五回ねぢれて」なんて凄いな!!今度数えてみよう。こんなのを観察眼というのだろうか。
・「滅の深かりき」なんとも深いな!!滅を詠めるのは俳句だけ!!
・十薬の咲く景がいっぺんに眼前に浮かんでくるのは俳句の力か!!

・「雲低き」の着地がとっても気に入った。着地のすばらしさは全景をひきたたせる。


▼子規は漱石の友人であり、俳句の師でもあった。
 我らが寅日子先生は、漱石に俳句の手ほどきを受けた。
 ダカラ
 寅日子先生に師事する私たちにとっては、子規は大大先生だ!!
 そんなオンライン句会は、はや第22回目をむかえていた。

◆第22回オンライン句会「寅の日」6月例会案内!!


| | コメント (0)

2022年6月(水無月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール

Dscn9617

▼本日は「気象記念日」デアル。
 6月の「雲見」を予想する前に5月の「雲見」のまとめをもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返っておこう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    5 
・巻雲    5 
・巻積雲   2 
・巻層雲   0     
・高積雲   1  
・高層雲   2     
・層積雲   2 
・積雲    4 
・層雲    0  
・乱層雲   9  
・積乱雲   1

 「乱層雲」9+「積乱雲」1=10 が目立つ!!やっぱり雨が多かったんだ。
 それから、メモ書きの気温は、アメダスの「記録」を見ながら、あとからつけ加えたものだ。
 作業しながら気づいた。やっぱり規則的に大気は動いているんだ!!
 月の後半を中心に「夏日」14日+「真夏日」1日=15日
 半分は暑かったんだ!!

▼6月(水無月)の「雲見」の予想に入ろう。
 まずは昨年の6月の天気図を見てみる。

◆日々の天気図 2021年6月 (気象庁)

・さあ、本格的な雨の季節の到来である。
・恵みの雨ではあるが、大雨には注意だ!!
・今年は何度聞くだろう!?「線状降水帯」というコトバ。大きな災害がないことを願うのみだ。
・「夏日」「真夏日」は何日までのびるだろう!?
・ふえるシールはもちろん「乱層雲」「積乱雲」かな!?

▼6月の「雲見」予想をつづけよう。
 よりローカルな資料を使ってみよう。
 アメダス「福崎」のデータに基づく資料である。

◆兵庫県 福崎 の気候(雨温図最高気温、最低気温の推移

・6月の月間降水量は、一年のうち第二位だ。7月についで多いんだ!!
・「夏日」がベースとなるのかな。「真夏日」はどのくらいでてくるだろうか!?
・本格的「梅雨入り」はいつだろう!?
・梅雨の晴れ間の日射しは厳しい!!そんな日は何日あるだろう。
・もっとも多いもくもくシールはやはり「乱層雲」かな!?

▼さあ、いよいよ「雲見」の旅再開の準備をしよう!!
 計画をたてるだけでもワクワクしてくるな。
 どの方面にするかな!?

 「線状降水帯」のコトバ聞いたときは
 垂直移動して、エマグラム鉄道「雲見」の旅にでかけよう!!

 

 

| | コメント (0)

2022年5月(皐月)の俳句「歳時記」!! #俳句 #歳時記 #オンライン句会

Dscn8733_20220504032701

▼ 

藤棚や通いてこその花から実 栄吾

 フジはマメ科フジ属の植物。
 花が咲いたあとには実ができる。他のマメ科の植物同様に莢ができてなかに豆が入っている。
 アタリマエすぎるほどアタリマエのことだ!!
 しかし、そのプロセスをしかと見た記憶がなかった。しばらく藤棚に通い詰めたらついにその景に出会った!!
 考えてみれば
 この景は、今、他のマメ科の植物たちも畑で、野山で展開中だった。

▼今月も名句の鑑賞 より<俳句修業>をはじめよう!!
 名句の参考にさせてもらうのは、いつものように

◆NHK「俳句」 テキスト

である。ここより巻頭の名句11句を引用させてもらう。

(1) 力ある風出てきたり鯉幟 矢島渚男
(2) 大風に湧き立つてをる新樹かな 高浜虚子
(3) 葉桜や自転車の妻まつすぐ来 森 潮
(4) 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實
(5) まづ東寺見えて卯の花腐しかな 上野一孝
(6) 飛ぶ胡蝶まぎれて失せし白牡丹 杉風
(7) 泛く薔薇に茎のありける深空から 正木ゆう子
(8) 蒟蒻の花懐かしき友のごとし 谷口智行
(9) 山窪は蜜柑の花の匂ひ壺 山口誓子
(10) 揺れつつ海へ伸びゆく道や子どもの日 中村草田男
(11) 目つむりていても吾を統ぶ五月の鷹 寺山修司

▼<俳句修業>の第一歩は「選句」から!!
 今月もシロウト「選句」を大いに楽しんでみよう!!

【私の選んだ名句ベスト3】

(2) 大風に湧き立つてをる新樹かな 高浜虚子

(4) 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實

(3) 葉桜や自転車の妻まつすぐ来 森 潮

【次点】

(10) 揺れつつ海へ伸びゆく道や子どもの日 中村草田男

【選評】
・「湧き立つて」と「新樹」が響き合っている!!
・「こぼれむばかりこぼれざる」はするどい観察眼から生まれたみごとな表現だ。
・私は、最近この「まつすぐ」にはまっている。景をいっきょに浮かび上がらせるコトバだ!!

・白状しておこう。これは邪道だが、草田男の名前でとった。(^^ゞポリポリ


▼アタリマエを「科学する」と俳句を詠むを融合させる。
 シロウトならではの野望である。
 そのための<俳句修業> 今月も愉しくすすめたい!!

 「栄吾」は私の俳号。
 あなたもどうですか。

◆第21回オンライン句会「寅の日」5月例会案内!!
 

| | コメント (0)

2022年5月(皐月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール

Dscn8820_20220503035701

▼はや5月も三日目である。
5月の「雲見」を予想する前に4月の「雲見」のまとめをもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返っておこう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    3 
・巻雲    3 
・巻積雲   1 
・巻層雲   5     
・高積雲   1  
・高層雲   4     
・層積雲   1 
・積雲    6 
・層雲    0  
・乱層雲   6  
・積乱雲   0

 「乱層雲」6+「高層雲」4=10
 「積雲」6+「快晴」3=9
 これを周期的に繰り返したのが特徴だろうか。
 そして、体感したのは 暑い4月だった!!
 なんと「夏日」は、4月にしてはやくも7日もあったのだ。


▼5月(皐月)の「雲見」の予想に入ろう。
 まずは昨年の5月の天気図を見てみる。

◆日々の天気図 2021年5月 (気象庁)

・周期的な天気の変化で、高気圧に覆われれば「五月晴れ」も見ることができるだろう。
・「快晴」「積雲」シールはふえるかな?
・反対に嵐になることもありそうだ。「積乱雲」シールを貼ることになるかな。
・昨年は、近畿にとてもはやい「梅雨入り」発表(5/16)があった。今年はどうなるだろう。
・4月を上回る「夏日」が出てくるだろうか。
・さらに暑くなり「真夏日」も出てくるだろうか。

▼5月の「雲見」予想をつづけよう。
 よりローカルな資料を使ってみよう。これが今年のテーマだ!!
 アメダス「福崎」のデータに基づく資料である。

◆兵庫県 福崎 の気候(雨温図 最高気温、最低気温の推移

・5月の月間降水量は、一年のうち第三位だ。やっぱりけっこう多いんだ。
・「夏日」も増えてきそうだ。「真夏日」も!!
・蒸し暑い夏がはじまる!!
・もっとも多いもくもくシールはなんだろう?(原則として朝9時の段階で)

▼そろそろリアルな「雲見」の旅の再開を検討してもいいだろうか!?
そんな気持ちになっているが…。

 「大気の物理学実験室」水平移動=リアル「雲見」の旅!!
 「大気の物理学実験室」垂直移動=エマグラム鉄道「雲見」の旅!!

 ふたつの「雲見」の旅でより楽しく「雲見」を!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧