38号コウガイビルはエサなしで3ヶ月生きのびた!! #コウガイビル

_dsc7243
▼あれは2011年6月ごろのことだった。
 私のこの拙いblog・私の【理科教師日記】の一日アクセス数が異様に跳ね上がったのだ。
 私には何が起こっているのかわからなかった。
 後日知ったのだか、あの「しょこたん」がコウガイビルに関して興味を持ち自らのblogで、私のblogを紹介してくださったのだ!!

◆「しょこたん ぶろぐ」(中川翔子OFFICIAL BLOG) 「コウガイビル」 

▼それからでも7年が経った!!
 しょこたんに驚いてもらったのは第1号コウガイビルを観察していたころの話だ。
 今もなお同じこと繰り返しやっていると言ったら、しょこたんはびっくりするかな!?

 今は、第38号コウガイビルだ。
 2018.06.28にナイロン袋に入れ、冷蔵庫に入れたコウガイビルだ。

▼冷蔵庫から出してしばらくすると活発に動きはじめた!!
 まちがいなく 生きている!!
 エサなしで3ヶ月生きのびた!!
 自らを「食べて」、再生し続けている!!

 逆三角形の頭(コウガイ)をヒラヒラさせながら動き始めた。
 見えているのだろう!? 目はどこだ!?
 私の唯一の参考文献

◆『プラナリアの形態分化~基礎から遺伝子まで~』(手代木渉、渡辺憲二著、共立出版 1998.3.25)

には次のように書かれていた。

 コウガイビルの眼は、多数の小眼が体側縁部に沿って分布するmarginal eye であり、頭部(コウガイ)から頚部にかけては密に、後方では疎らとなる。(同書 p268より)
 

_dsc7285

▼身体のまんなかの一本のすじ(管)はなんだろう。
 腸、それとも…?(゜_。)?(。_゜)?

 長く長くつき合ってきても、まだまだわからないことばかりだ!!

 コウガイビル観察から、究極の「ふしぎ!?」=「生命とは!?」に関連しての大発見をしたら、

 いつの日か、あの しょこたん に報告したい!!

_dsc7294

_dsc7346

_dsc7322

_dsc7338


| | コメント (0) | トラックバック (0)

38号コウガイビルはエサなしで2ヶ月+2日生きのびた!! #コウガイビル

_dsc2820
▼今日で8月が終わる!!
 どんな8月だったのか?ふり返ってみると
 「猛暑!!」
 の一言につきる。今、アメダスの記録をみると、昨日もまだ最高気温は33.8℃まであがったようである。
 この猛暑の中、冷蔵庫(農業用 10℃前後)のなかであいつはどう生きたのだろうか?
 いや生きてくれているのだろうか?
▼おそるおそる冷蔵庫からナイロン袋を取り出した。
 確かにその姿はあった!!
 あたたかいところに出たあいつは活発に動きはじめた!!

 生きている!!

 あいつが冷蔵庫に入ったのは、2ヶ月と2日前である。
 それ以来、水はいっしょに少量入れてはいるが、それ以外のエサはいっさい与えていない。
▼コウガイビルの最大の敵=「高温」を冷蔵庫で逃れたというものの、動物最大の課題「食べる」はどうしているんだろう!?
 動物の「ふしぎ!?」は、たいてい「食べる」を追究すれば謎解きができた。
 できると信じていた!!

 ではコウガイビルはどうしているのか!?
 「自分を食べる」とは!?
 「自分の体を更新し続ける」とは!?

▼そして、最も究極の「ふしぎ!?」

 生きているとは!?
 「生命」とは!?
 
あの38号コウガイビルが問いかけてくる!!

_dsc2807

_dsc2805

_dsc2836

_dsc2844

| | コメント (0) | トラックバック (0)

38号コウガイビルはエサなしで1ヶ月生きのびた!! #コウガイビル

_dsc0395
▼おそるおそるそのナイロン袋を冷蔵庫から取り出した。
 385日もエサなしで生きのびた36号コウガイビルもついには消え、最新の39号コウガイビルはたった半日で溶けいるように消えた。
 一ヶ月前に少々の水とともにナイロン袋にいれた38号のことが心配だった!!
 猛暑がつづき39号が消えたときには、「水浴び」をしていたりしたから、なおさらであった。
▼冷蔵庫から出してすぐは、「の」の字をかくように頭をまんなかにうずくまっていた。
 なにをしているのだろう!?
 眠っているのだろうか?
 このときの生命活動は極力省エネモードとしているのだろうか?
 なにしろエネルギー源の「エサ」がないのだから。あるのは自らの体だけである。
 自らを「食べて」生きのびるにしても限界がある!!
▼外に出してしばらくすると、あたたかくなったのだろう。
 あの逆三角形の独特の頭をヒラヒラさせながら活発に動き始めた。
 まちがいなく

 生きている!! 

 やっぱり あのコトバを使ってみたくなる。
 
 「ねえ君 ふしぎだと思いませんか 寺田寅彦」

 さて、38号コウガイビルはいつまで…!?
 38号君が生きているあいだに謎解きは少しは進むだろうか。

_dsc0315

_dsc0348

_dsc0357

_dsc0420

_dsc0326

_dsc0333

▼同じく継続観察を続けている大賀ハス観察池。
 蓮根の植え替えから18週目だった。
 たったひとつの果托もうなだれてしまった!!

 葉も連日の猛暑で水不足になり、枯れはじめていた。

_dsc0294


| | コメント (0) | トラックバック (0)

39号コウガイビルはたった半日で消えてしまった!! #コウガイビル

_dsc9573
▼まだまだ灼熱地獄が続いていた!!
 それを見たのは昨日(2018/07/18)の朝の散策であった。
 別の田んぼの「落とし」にそれを見た。
 前日にあの39号コウガイビルが「水浴び」をするのを観察していただけにそれがコウガイビルであることはすぐにわかった。特徴的な逆三角形の頭部のかたちがかろうじて確認できただけになおさら確信が持てた!!
 しかし、もう動きはとめていた!!
 もはや生命活動は停止していたのだ!!

 ここでひとつのシロウトならではの作業仮説が生まれた!!
 
 コウガイビルは最大の敵=「高温」に対して、最終手段として「水浴び」をする!!

▼農業用冷蔵庫に入れた39号コウガイビルのことが気になった!!
 ナイロン袋を取り出してみた。
 「不安」はやっぱり的中した。
 すでに生命活動を停止していた!!
 辛うじて、全体の姿を確認できる程度にまでなっていた。

 見る見るうちにとろけるように姿がわからなくなってしまった!!
 午前中には 「茶色く濁った液」だけになってしまった。

_dsc9589

_dsc9605

_dsc9609

_dsc9615

_dsc9662

▼これまでに何度も観察した変化だ。
 何が起こっているのだろう!?
 エサなしで385日も生きのびるのも「ふしぎ!?」だが、こうして消えてしまうのもやっぱり「ふしぎ!?」だ。
 
 「生命活動」における温度の臨界点があるのだろうか?
 「生命活動」を停止した後、細胞レベルでは何が起きているのだろう?
 分子レベルでは!?
 他にこんな生きものはいるのだろうか?

▼夕方の散策では、アスファルトの道路に累々と横たわるミミズの死骸を見た!!
 土中の高温に耐えきれず這い出してきたのだろうか?
 水を求めての逃避行だったのだろうか?

 「生命活動」を停止したあとの姿がコウガイビルとはちがっていた。
 かわいそうであるが、まだ死骸は見えた!!
 どこがちがうの!?
 それはなぜ!?

 やっぱり寅彦のあのコトバを使いたくなってくる。

 「ねえ君、不思議だと思いませんか?」

Dscn3199

Dscn3222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

36号コウガイビルはついに消えた!!(2018/07/10) #コウガイビル

_dsc8507
ナイロン袋の中に36号コウガイビルの姿が見られなかった!!

 前回画像におさめたのは7/3である。
 それ以降も頻繁に冷蔵庫のなかをなかをのぞき込み、ナイロン袋のなかの「黒いかたまり」を確認していた。
 ところが、昨日(2018/07/10)それが見られなかった。
 あわててナイロン袋ごと冷蔵庫から出してさがしてみた。
 あった!!いや居た!!
 水の中に「黒いかたまり」が、引き上げ袋の口あたりで確認してみた。
 しかし、もうそれは「生きもの」の気配がなかった。
 しばらく時間をおいて観察を続けたが、

 「黒いかたまり」すら溶けいるように消えていった!!


▼コウガイビルが溶けいるように瞬く間に消えてしまうことは、あのダーウィンも「記録」してくれていた。
 36号の命日を記してもう一度引用させてもらおう。

私は、南半球の各地で、陸生のプラナリアを十二種以上見た。ブァン ディーメンス ランド Van Dimen's Land で得た若干の標本には、朽木を食わせて、約二ヶ月も生存をつづけさせた。一匹のプラナリアをだいたい相等しい大きさに横断すると、二週間のうちに双方とも完全な体となった。更に、片方が下面に開口を二つとも持ち、従って他の方は開口を一つも持たぬように切ってみた。施術後25日を経て、比較的完全に近かった方は、普通の標本と区別できぬまでになった。片方もその形がいちじるしく大きくなり、そして後端に近く柔らかい細胞集団のうちに透明な空間を生じ、その中には椀のような形の口の原基が明らかに認められた。しかし下面に裂口が開くには到らなかった。赤道に近づいたために、気温の上昇によって、すべての個体を殺すようなことがなかったならば、この最後の段階も構造を完成したに違いない。この実験はすでによく知られているところであるが、一方の個体の簡単な体の一端から、必須の器官がことごとく次ぎ次ぎに生ずるのを見るのは面白かった。プラナリア類を飼うのは極めてむずかしい。生活現象が終われば、一般に見る天然の変化の法則がここにも働いて、体は全体に柔らかくなり、液化する。そのはやさは、他に比べるものもないほどである。(「ピーグル号航海記 上」(岩波文庫)P54より)

さすがダーウィンである。
陸生プラナリア=コウガイビルのすべてがここに書かれていた。
「体は全体に柔らかくなり、液化する。そのはやさは、他に比べるものもないほどである。」
その通りのことが目の前で起こったのだ。
▼最初にナイロン袋の中に入れてから、なんと一年と20日が過ぎていた!!
 10年前に出会った第1号コウガイビルの記録「261日」をはるかに越え、「385日」も生きのびたのだ!!

 36号コウガイビルはエサなしで「385日」生きのびた!!

 これは間違いのない事実デアル!!
 今後、コウガイビルについての研究が進んだとき、ぜひとも参照してもらいたい一事例デアル!!

▼まだ38号コウガイビルが冷蔵庫のなかにいるから、この研究はおわりではないが、36号コウガイビルが教えてくれたことをわかる範囲でまとめておく。

(1) コウガイビルはエサなし(飢餓状況)で長期間生きのびることができる。
  ※ 自らを食べて、再生(更新)し続けている!!

(2) 高温に弱い!!
   36号からはじめて、冷蔵庫(10℃前後)に入れた。
 

 もっと、もっとありそうだが今のところここまでとしておく。
 繰り返すが、これはあくまで一事例にすぎない。この後たくさんの事例が出てくればまた多くことを確信もって言うことができるだろう。

 36号コウガイビル「生命」のがんばりに感謝して…合掌
  
_dsc8558

_dsc8595

_dsc8642

_dsc8569

_dsc8572

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「キヌガサダケ」&第38号コウガイビルを見た!! #コウガイビル

_dsc7359

まちがいない!!それはキノコの女王「キヌガサダケ」だ!!

 朝の散策のとき雨はまだ残っていた。カメラを持って行くのを少しためらっていた。
 定例コースを歩いて帰ろうとしたそのときだ。
 「昨夜の雨は雨だけでなく強い風が吹いて、どこからか紙切れを飛ばして…!?」
 近づいてすぐちがうと気づいた。
 そのレース編みのようマント!!
 まぶしいばかりの白いレース!! 集う虫たち!!
 
 キノコの女王「キヌガサダケ」だと名前までわかったのは、数年前に一度、この近くでこれに出会っていたからだった。

_dsc7416

_dsc7386

_dsc7461

_dsc7405

▼それにしても美しい!!
 ひょっとしたらこのめずらしいキノコに再度出会うことはないかもしれない!?
 そう思ったら、他の人にも見せたかった!!
 妻と息子の嫁さんを連れだって再びその場所に行ってみた!!
 知ったかぶりをして、少し解説までしてしまった。
 「このレース編みのマントができるのは、動画でネットで見ることできるで…」
 
 たまたまだろうか!?ひょっとしたらもうひとつぐらい…と思って、坂道をのぼっていった。
 あった!!
 竹の影に半分かくれて白いレースが…。
 おお!!みごとなもうひとつの「キヌガサダケ」だ!!
 
 しばらく竹藪からが目が離せないぞ!!

_dsc7483

_dsc7493_2

「…ヒルはもういらんか!?」
 昼前だった。家の中にいた私に向けて妻が玄関で挑発的に叫んでいた。
 はじめよく聞こえなかった。なんのことを言っているか ?(゜_。)?(。_゜)?

 あっ!!あいつのことを言っているのだと気づくまでに少し時間がかかってしまった。
 庭掃除をしていて、植木鉢の下にあいつをみつけてしまったのだ!!
 
 私の人生で38番目に出会ったコウガイビルだった。  
 エサなしで36号が一年以上生きのびていることはよく知っていた。
 そして、次なる事例を欲しがっていることも…。
 だから…(^^)V

▼小石の上にのせて玄関まで持ってきていた。
 玄関のタイルの上を這わしてみた。
 イチョウの葉のような頭(ここが笄(コウガイ)に似るから)!!
 伸びたときの長さは10㎝近くある。
 元気だ!!

 36号と同じく少しの水と一緒にナイロン袋に入れ冷蔵庫(農業用)に入れた。
 はたして、あらたな事例は生まれるだろうか。

_dsc7508

_dsc7552

_dsc7611

_dsc7587

_dsc7621


| | コメント (0) | トラックバック (0)

36号コウガイビルはエサなしで一年(12ヶ月)生きのびた!! #コウガイビル

_dsc6765

Dsc_2384

▼36号コウガイビルに出会ったのは、まちがいなく一年前だった。

2017.06.20の夕方だった!!

 blogの「記録」に残っていた。
 それ以来ときどき水は入れるが、それ以外のエサは与えていない。
 梅雨空のもと、冷蔵庫からおそるおそるそのナイロン袋をとり出してみた。
 動かない!!
 そっと定規を添えてみる。このままでは1㎝そこそこの体長である。
 一年前にくらべるとずいぶん小さくなってしまったものである。
▼もう死んでしまったのだろうか(・_・)......ン?
 いやそうではない!! それは10年近くのシロウト観察からでも確信をもって言える!!
 しばらくすると動き始めた。
 何かが変だ ?(゜_。)?(。_゜)?
 そうコウガイビルがコウガイビルたる由縁のあのイチョウの葉のような逆三角形の頭がみあたらないのだった。
 たまたま目立たないだけなんだろうか?
 それとも …?
 
 私にはわからない。しかし、生きていることは確かだ!!

 36号コウガイビルはエサなしで一年(12ヶ月)生きのびた\(^O^)/

▼どういうことだろう?
 この私の「ふしぎ!?」に答えてくれいる唯一の文献があった。
 もう何度も何度も引用させてもらってきたが、36号コウガイビルがエサなしで一年生きのびた記念に今一度引用させてもらう。

◆『プラナリアの形態分化~基礎から遺伝子まで~』(手代木渉、渡辺憲二著、共立出版 1998.3.25)

 私の不思議に答えてくれる部分は 「14.9 飢餓と再生」(P275)にあった。この章は牧野尚哉・白澤康子先生が書いておられる。

 コウガイビルの飼育では給餌が大切な要素となるが、餌に対しての反応は同一種内でも異なり積極的に摂取するグループとそうでもないものとがある。また長期間の飢餓に耐え、もとの体重の1/100に減少しても生存し続けることができる。このような生理的変化が、顕著な再生能をもつ本動物の器官形成にどのような影響を及ぼすのか、頭部再生の有無、形成所要時間、極性との関連について、採集直後の体重を100として、もとの30~40%に減少したグループを飢餓個体として実験を行った。  なお、飢餓個体の設定は、採集された個体のうち、何としても餌を食べないものがあり、かなりの期間絶食にも耐えられるが、やがて死に至る。体重減少と生存期間の長短は一定ではないが、採取後減少の一途をたどる体重は、ある時点で平衡状態となり、これ以降急激に減少して死ぬものが多い。体重が安定をみせる状態を越えると個体は死を迎えることから、この安定期(もとの体重の30~40%)を飢餓状態と考えた。これらの飢餓グループと採集まもないものとを次の実験により比較した。(同書P276より)
 

▼ではこの36号くんはどこまで生きのびるのだろう。
・生と死の境界線はどこに?
・不可逆的現象はどのようにはじまるのか?いやもうはじまっているのか?
・生命とは?
・生きるとは?
・「食べる」とは?

 繰り返し繰り返し言うが、
 
 これは「事実」の記録デアル!!
 しかし、これは一事例にスギナイ!!
 一事例だけでは、「科学」にナレナイ!! 
 いっぱいいっぱい事例が出てくることを切に願う!!

_dsc6810

_dsc6837

_dsc6860

_dsc6757

_dsc6755


| | コメント (0) | トラックバック (0)

36号コウガイビルはエサなしで11ヶ月生きのびた!! #コウガイビル

_dsc4307

それは科学(science)か!?

と問われれば少し躊躇してしまう。
 しかし、

それは事実(fact)か!?

と問われれば、なんのためらいもなく Yes と答えよう!!

昨年の6月20日の夕方、庭の植木鉢の下にいたあいつを捕まえて、少量の水とともにナイロン袋の中に入れた。
 ついに、昨日でそれから11ヶ月が過ぎた!!
 エサなしである!!
 ほぼ一ヶ月ごとにその姿を「記録」しつづけた。

 また少し小さくなったようである。
 しかし
 まちがいない!!
 
 36号コウガイビルは生きている!!

_dsc4352

_dsc4370

_dsc4389

▼いくつもの作業仮説はつくっている。
・自らをエサとしながら生きのびている。
・全身を日々つくり変えながら生きている(更新)。
・それを「再生」という!!
・コウガイビルの別名は「陸生プラナリア」!!
・多くの幹細胞がこの「再生」に深く関与している。
・キモイ!?だけでない。

・すぐれた生命科学の「教材」デアル!!  

・今いちばん必要なのは多くの事例研究!!

▼最初に出会った第1号コウガイビルは261日で消えた。
 今、36号コウガイビルはエサなしで335日生きのびた。記録更新中だ。
 
 では、いつまで生きのびるのだろう!?
 一年は可能だろうか!?

 もうその「臨界点」が近づいている気がする。

_dsc4345

_dsc4335


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

37号コウガイビルが消えた!!(2018/04/29) #コウガイビル

_dsc2561
コウガイビル!!
 私はこの生きもの語るとき妙に熱くなるのを感じていた。
 それだけではなかった。
 
 同時になんとも言えぬもどかしさを感じていた!!
 
 「ふしぎ!?」を連発するだけで、どれだけほんとうの不思議さは伝わっているだろう!?
 独りよがりの不思議の押しつけになっているだけでは!?
 どうすれば…!?
 そのもどかしさであった。
あの37号コウガイビルが消えた!!

 それに気づいたのは、2018/04/29の朝だった。別の用件で冷蔵庫(農業用)を開けたときだった。
その日はともかく暑かった!!
 例のナイロン袋のなかにあの黒い「巨体」が見当たらなかった。
 「まさか!?」と思いナイロン袋を明るいところに出して確認してみたが姿はなかった。
 あるのはいくつかの黒い破片とどす黒い液だけだ!!
 
 37号はとろけるようにして消えた!!死んだのだ!!

 2018/04/12にナイロン袋のなかに入ってから17日目だった。

_dsc2501

_dsc2544

_dsc2553

▼私はこの様子を見るのははじめてではなかった。
 何度も何度も見てきた。
 いちばん多く見たのは、2016年だった。
 2016年の夏、私は我が家の半径10mほどの範囲で25匹ものコウガイビルに出会った!!
 そのいずれもが37号のように消えた!!

 何日経っても「生」から「死」へは遡行することはなかった。 

_dsc2595

_dsc2815

_dsc2878

▼やっぱり言ってしまう。

「ねえ君、不思議だと思いませんか?」 

何が起こっているのだろう!?
数時間のあいだにとろけるように液状化する!!
その「瞬間」はどのように訪れるのだろう!?
どこまでが「生」で、どこからが「死」だろう。
その境界は!?
三途の川は何処に!?

 ネットでもって「コウガイビル」で検索をかけてみると、「キモイ!!」ことを強調するばかりの画像が多い。
 たしかにそれはインパクトある画像だ。
 
 でも私には不思議に思える。
 この瞬く間に「消える」姿を目撃したのは私だけではないだろう!!
 それを「記録」化していないのはどうしてだろう!?
 
 この夏、コウガイビルに出会ったみなさんぜひぜひ…!!

 ちなみに36号コウガイビルは昨日現在記録更新中だった!!

_dsc2911


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

36号コウガイビルはエサなしで10ヶ月生きのびた!! #コウガイビル

_dsc1817
暑かった!!
 とてもまだ4月とは思えぬ暑さであった。
 今、アメダスの「記録」を見ると、最高気温は27.0℃まであがっていた!!
 「穀雨」などすっかり通り越して「夏日」であった。最低気温は10℃でその差は17℃だ!!
 この気温のアップダウンは、生きものにとってはなかなかきついものがあった。
▼この暑さが、我らがコウガイビル(陸生プラナリア)にとって大敵であることは、すでに若き日のあのC・ダーウィンが「記録」してくれていた。

私は、南半球の各地で、陸生のプラナリアを十二種以上見た。ブァン ディーメンス ランド Van Dimen's Land で得た若干の標本には、朽木を食わせて、約二ヶ月も生存をつづけさせた。一匹のプラナリアをだいたい相等しい大きさに横断すると、二週間のうちに双方とも完全な体となった。更に、片方が下面に開口を二つとも持ち、従って他の方は開口を一つも持たぬように切ってみた。施術後25日を経て、比較的完全に近かった方は、普通の標本と区別できぬまでになった。片方もその形がいちじるしく大きくなり、そして後端に近く柔らかい細胞集団のうちに透明な空間を生じ、その中には椀のような形の口の原基が明らかに認められた。しかし下面に裂口が開くには到らなかった。赤道に近づいたために、気温の上昇によって、すべての個体を殺すようなことがなかったならば、この最後の段階も構造を完成したに違いない。この実験はすでによく知られているところであるが、一方の個体の簡単な体の一端から、必須の器官がことごとく次ぎ次ぎに生ずるのを見るのは面白かった。プラナリア類を飼うのは極めてむずかしい。生活現象が終われば、一般に見る天然の変化の法則がここにも働いて、体は全体に柔らかくなり、液化する。そのはやさは、他に比べるものもないほどである。(「ピーグル号航海記 上」(岩波文庫)P54より)

 私は、これまで何度も「体は全体に柔らかくなり、液化する。そのはやさは、他に比べるものもないほどである。」を観察してきた。
▼それを克服する方法として考えたのが、冷蔵庫(なかは10℃前後)のなかに入れるという方法だった。
 36号コウガイビルは、2017.6.20に出会い、ナイロン袋に入れた。わずかばかりの水と一緒に。

 水はときどき追加するが、エサはなしである!!

 10ヶ月目の昨日、恐る恐る冷蔵庫から出してみた。
 「ずいぶん小さくなった!!」 
 そんな印象デアル。「夏日」となった昨日の陽射しはきびしかった。ゆっくり外に出して観察するのもこわかった。 生きていることを確認したら早々に冷蔵庫のなかに入ってもらった。

 「エサなしで生きのびる」記録を更新中デアル!!はたしてどこまで!?

_dsc1757

_dsc1771

_dsc1779

▼もう一匹、37号君も冷蔵庫のなかにいた!!
 こちらは、先日(2018.4.12)入ったばかりだった。入ってからたった8日目である。
 36号君とくらべればなおさら巨大だ!! 動きがきわめて緩慢である。
 しかし、生きていることは確かだ。
 図体の割に頭が小さい!!その頭をヒラヒラと動かしているから…!!

 炎天下のもと、外に出しておくのがはばかられた。
 「暑さ」にもだえているようにも見えた!!
 だから、こちらも早々に冷蔵庫のなかに入ってもらった。
 こちらの方はこの後、どう展開するのだろう!?

_dsc1864

_dsc1866

_dsc1871

_dsc1917

_dsc1834

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧