60号・61号コウガイビルはエサなしで2ヶ月生きのびた!! (2023/01/08)#コウガイビル #陸生プラナリア #生命と再生 #教材化

Dscn1278

▼昨日(2023/01/08)、そのナイロン袋2つを冷蔵庫(農業用)から、そっととりだした。
最初はいつものように「の」字を描くように蜷局を巻いていた。
しばらくすると、イチョウの葉のような(コウガイ)頭から動きはじめた!!
60号も61号もだ!!

60号・61号コウガイビルはエサなしで2ヶ月生きている!!
  
Dscn1260_20230109034401 

Dscn1262

Dscn1268_20230109034501

Dscn1279


▼ついに年を越して、あの日から2ヶ月経ってしまった。
 あのときに、ナイロン袋に少量の水を入れた、それ以外の「エサ」(=食べ物)はまったく与えていなかった!!
 やっぱり「ふしぎ!?」だ。
 
60号・61号コウガイビルに出会った!!(2022/11/08) #コウガイビル #陸生プラナリア #飢餓と再生 #教材化 #渡辺憲二

60号・61号コウガイビルはエサなしで1ヶ月生きのびた!! (2022/12/08)#コウガイビル #陸生プラナリア #生命と再生 #教材化


 確かに、からだ全体は少し「小さく」なったように感じる!!

Dscn1302

Dscn1333

▼私はずっと「動物の世界」の謎解きのキーワードは「食べる」であるとかたく信じて来た!!
 いや、今もそう思っている!!
 では、なぜ!? やっぱり「ふしぎ!?」だ!!

 「水生プラナリア」は、すっかり市民権(「教材権」こんなコトバあるのかな!?)を得て超人気者!!
 それにくらべて
 「陸生プラナリア」=コウガイビルは、なかなか「教材権」を得ることができない。
 どこまでも「キモイイキモノ」の汚名を脱出できない。
 ナラバ

 Webテキスト試案『コウガイビル』を!!
 
 いったん断念しかけた試み、今一度「再生」を!!

Dscn1348


| | コメント (0)

60号・61号コウガイビルはエサなしで1ヶ月生きのびた!! (2022/12/08)#コウガイビル #陸生プラナリア #生命と再生 #教材化

Dscn0126

▼私の長年にわたる 「コウガイビル」を追う もいよいよ59号を持って終わりだと思っていた。
 事態が変わったのは、ちょうど1ヶ月前だった!!

●60号・61号コウガイビルに出会った!!(2022/11/08) #コウガイビル #陸生プラナリア #飢餓と再生 #教材化 #渡辺憲二  

▼それから、1ヶ月たって、そろりと冷蔵庫からナイロン袋ふたつをラボの方へと運んだ!!
 60号・61号も、「の」字に蜷局を巻いていた。
 やがて、少しずつ動き始めた!!

 まちがいなく「生きている」!!  60号も61号も エサなしで 水だけで1ヶ月生き延びた!!  
先に活発に動きはじめたのは、61号の方のコウガイビルだった!!

Dscn0098_20221209035401

Dscn0131_20221209035301

Dscn0142

Dscn0146

▼遅れてゆっくり動き始めたのが、60号コウガイビルの方だった。
 両方とも、ナイロン袋のなかの水は、にごってはいなかった!!
 また、その量にさほど変化なく見えた。

Dscn0116_20221209035901

Dscn01872

▼その姿をのんびりとながめていると、忘れかけていた「あの夢」が再びよみがえってくるのだった。

● Webテキスト試案「コウガイビル」!!

我が「コウガイビル」の師・渡辺憲二先生を亡くして、ちょっと意気消沈としていた。
試案を検討してもらうことを楽しみにしていたのに!!
墓前に報告したいものだ!!

教材化に向けた、その一歩を!!

 2ヶ月目のその姿が楽しみだ!!

Dscn0201_20221209040101
 
 

| | コメント (0)

60号・61号コウガイビルに出会った!!(2022/11/08) #コウガイビル #陸生プラナリア #飢餓と再生 #教材化 #渡辺憲二

Dscn1813

人生で60匹目、61匹目のコウガイビルに同時に出会った!!

 それは、皆既月食&天王星食の「宇宙見物」が期待される日の朝のことだった。
 庭先に置いていた黒い発泡スチロールトレーの裏側にへばりつくようにして蜷局を巻いていた。
 逆三角形のイチョウの葉のような頭(笄・コウガイ)を確認した。
 まちがいない!!
 陸に生きるプラナリア=コウガイビルだ。
 日が当たっていることに気づいたのだろうか、ゆっくりと動き始めた。
 ヌルヌルスルスルと動きは思いのほかはやい!!
 
Dscn1822_20221111035701

Dscn1826

▼ずいぶん久しぶりのコウガイビルだった。
 5月初旬に58号・59号コウガイビルに相次いで突然の別れをして以来だった。

●58号コウガイビルはエサなしで2ヶ月生きのびたか!?(2022/05/10)#コウガイビル #生命と再生 #教材化 #陸棲プラナリア #生命誌研究館

 だから、ほぼ半年ぶりの再会ということになる。
 考えてみると不思議な話である。もっとも活発に活動するだろう「夏場」をはずしてなぜ今なんだろう!?
 いやちがう!?
 コウガイビルは「夏場」が大の苦手だったんだ!!

▼動き始めたコウガイビルを少量の水と一緒にナイロン袋に入れた。
 2008.11.14にはじめて第1号コウガイビルに出会って以来、ずっとやりつづけてきた「研究」方法である。
 
◆「コウガイビル」を追う
  
 「研究」方法というのも少しはばかられるが、いつもの「無手勝流」だった。
 偶然とったこの方法が、「飢餓と再生」という思わぬテーマの展開をみせることとなった。

 ナイロン袋に入った60号、61号ともに伸びたときの全長は10数㎝程度はあった。

「袋のなかのコウガイビルは、自らを食べながら再生を繰り返すのである!!」
 とはじめて教えてくださったのは渡辺憲二先生だ!!

 私は自らの無知を省みず、ひとつの野望を抱いていた!!

●「コウガイビル」の教材化!!

 である。そのためのWebテキスト試案『コウガイビル』にとりかかりたいと思っていた。
 そして、それを持って再び渡辺先生にお会いして教えをこいたいと思っていた。
 しかし、それは今となってはかなわぬ夢となってなってしまった。
 でもやっぱり…。

 さあ、60号・61号コウガイビルはどこまで「再生」をつづけるだろう!?
 現在の「記録」は
 ・第1号 …261日 
 ・第36号…385日
 である。
   
Dscn1835

Dscn1842

Dscn1867

Dscn1885_20221111045701

| | コメント (0)

58号コウガイビルはエサなしで2ヶ月生きのびたか!?(2022/05/10)#コウガイビル #生命と再生 #教材化 #陸棲プラナリア #生命誌研究館

Dscn0073_20220511044401

ヤバイ!!
 58号コウガイビルがどっぷり水のなかに浸かっている!!

 「58号コウガイビルはエサなしで2ヶ月生きのびた」と報告するつもりで、昨日(2022/05/10)冷蔵庫(農業用)からナイロン袋をだしてくると、こうなっていた。
 これまでに何度も見てきたシーンだった。
 こうなると見る見るうちにとけいるように消えてしまうのである。
 どす黒く濁った液が残るだけだった!!

Dscn9883

Dscn9968

Dscn0054


▼58号は前々日(2022/05/08)には別の場所で「の」字に蜷局巻き眠っていた(!?)
 まちがいない!!
 生きていた!!

 2022/05/08には、もうひとつの悲しいことも起きていた。
 59号コウガイビルをナイロン袋に入れて1ヶ月目の日である。
 こちらもまたどす黒い濁った液だけが残っていたのである。

Dscn9843

Dscn9850_20220511044501

▼私がこの「ふしぎ!?」な生きものに出会って14年目であった。

◆「コウガイビル」を追う

 この間に59匹のコウガイビルと出会ってきた。
 はじめて知って感動することも多々あった!!
 同時に残してきた「ふしぎ!?」もたくさんある。

 エサなしで385日も生きのびたコウガイビルもいた!!
 今回の58号、59号のように水に浸かりとけいるように消えてしまうコウガイビルも多くいた。
 寿命!? 
 それとも!?
 どこがちがうのだろう!?
 やっぱり「ふしぎ!?」だ!!
 
▼Webテキスト試案『コウガイビルの「ふしぎ!?」』のためには、今一度ゼロからはじめる必要があるのかも知れない。
 コウガイビル=陸棲(生)プラナリア!!

 コウガイビルの「ふしぎ!?」の謎解きを最初に教えてもらった渡辺憲二先生をネットで検索していたら、次の記事にであった!!
 
◆生き物さまざまな表現 プラナリア - その生命力の秘密:姫路工業大学(渡辺憲二 + 阿形清和 + 織井秀文)(季刊「生命誌」・生命誌研究館)

 ここからはじめてみようかな。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

| | コメント (0)

58号コウガイビルはエサなしで1ヶ月生きのびた!! そして…!?(2022/04/10)#コウガイビル #生命と再生 #教材化

Dscn9749_20220412041601

▼「2022年版・授業びらきを構想する」で、私の「ふしぎ!?」の具体例としてとりあげたコウガイビル=陸生プラナリア!!
 そのコウガイビルに、ここ数日でとんでもない異変が起こっていた!!
 あらためてコウガイビルの「ふしぎ!?」を問い返すこととなった。
 コウガイビルが生きるとは!?
 「再生」とは!?
 「食べる」とは!?
 そして「生命」とは!?

▼58号コウガイビルと出会って1ヶ月が経っていた。
 ナイロン袋のなかでかたまったようになっていた。
 しばし観察をつづけると、頭のほうが少しうごきはじめた。
 生きている!!
 58号コウガイビルはエサなしで1ヶ月生きのびた!!

Dscn9766_20220412041601

▼とんでもない「異変」は、57号コウガイビルの方に起きていた。
 エサなしで4ヶ月経ったとき(2022/03/21)にはたしかに元気に生きていた!!
 ところが、このとき(2022/04/10)には姿が見あたらないのである。
 ナイロン袋のなかにあるのは、どす黒く濁った水だけだ!!
 あのダーウィンの観察したようになったのである。

生活現象が終われば、一般に見る天然の変化の法則がここにも働いて、体は全体に柔らかくなり、液化する。そのはやさは、他に比べるものもないほどである。(「ピーグル号航海記 上」(チャールズ・ダーウィン著 島地 威雄訳 岩波文庫 P54より)

 やっぱり「ふしぎ!?」である!!

Dscn9786_20220412042001

Dscn9773

▼その二日前(2022/04/08)。
 まるで、57号と入れ替わるように、人生59番目の59号コウガイビルに出会っていた。
 59号コウガイビルは長くのびると12㎝を越えるほどであった。
 
 「授業びらき」に持ち込むなら、この59号コウガイビルかな!?
 Webテキスト試案『コウガイビルの「ふしぎ!?」』も急ぎたいものだ!!

Dscn9582

Dscn9605_20220412042201

Dscn9619_20220412042301

Dscn9633_20220412042301

Dscn9659

| | コメント (0)

57号コウガイビルはエサなしで4ヶ月生きのびた!! (2022/03/21)#コウガイビル #飢餓と再生 #生命誌研究館 #プラナリア #幹細胞 #教材化

Dscn9973

あれから4ヶ月がたった。
 少しあたたかくなってきたせいもあるのだろうか。
 外に出すなり、あのイチョウの葉のような頭(コウガイ・笄)をヒラヒラさせながら動き始めた。
 
 生きている!!

▼この「ふしぎ!?」とつき合うようになってずいぶんになる。
 動物が「食べる」ことなく生きる!?
 そんなバカなことがあるか!? なかなかにわかには信じられない事実だった。
 ひとつの答えがあった。

 自らを食べながら、小さくつくり変えながら(=「再生」)生きる!!

 4ヶ月たっても、目で見るかぎりではそんなに小さくなっているようには見えなかった。
 できるだけエネルギーの消耗をひかえて、生きているのだろうか。


Dscn9947_20220322045701

Dscn9991

Dscn0026_20220322045901


▼先日の「JT生命誌研究館」での 
 
● 「再生力のチャンピオン イモリとプラナリアのワザ比べ」 (近藤寿人先生)

 配信されたものを見せてもらった。実に面白かった!!
 動物の「再生」には、「イモリタイプ」と「プラナリアタイプ」があるらしい。
 今、特に興味をもっているのはもちろん「プラナリアタイプ」だ。
 なにしろコウガイビルは「陸生プラナリア」!!

▼プラナリアの「再生」について、二冊の本が紹介された。

◆『プラナリアの形態分化』(手代木渉・渡辺憲二編著 共立出版)

 いつもコウガイビルのことをくわしく知るためにお世話になっている本だ。
 コウガイビルについての唯一の専門書なのかも。
 そして、なによりうれしいのは渡辺憲二先生編著であることだ。
 渡辺憲二先生がコウガイビルの「ふしぎ!?」に答えてくださった「あの日」を思い出した。

●コウガイビルとES細胞(2009/08/21)

●コウガイビルが生命科学最前線へ(2009/08/22 )

●コウガイビルからiPS細胞まで(2009/08/23 )


◆『切っても切ってもプラナリア』(阿形清和 文 土橋とし子 絵 岩波書店)

●名著『切っても切ってもプラナリア』に感動!!

 実はこの名著にも渡辺憲二先生が関連しておられた。講師の近藤寿人先生は、この本の興味深いところをわかりやすく解説してくださっていた。


 どうやらこのあたりに「コウガイビル」の教材化のヒントがありそうだ!!
 さあ、57号コウガイビルは、いつまで「再生」を繰り返すだろう!?


Dscn9982_20220322045801 

Dscn0010

| | コメント (0)

58号コウガイビルに出会った!!(2022/03/10) #コウガイビル #陸生プラナリア #飢餓と再生 #教材化 #生命誌研究館

Dscn9183_20220316042901

▼やっぱりちゃんと報告しておこうと思った。
 それは、823個のヒガンバナの「種子」を使った実生実験のための場所を確保する作業しているときのことだった。
 倉庫の横に置いていた瓶、鉢などを移動したときだ。
 コンクリートの上に、ミミズのようなものが…!!
 移動した跡にヌメヌメとしたものが…。ちがう あいつだ!!
 
 私の人生58匹目のコウガイビルだ!!


これまで出会ってきたコウガイビルは、「クロイロコウガイビル」ばかりだと思っていた。
 しかし、今度の58号コウガイビルには、背中に「ミスジ」が見られるような気もする。
 「オオミスジコウガイビル」の子どもだろうか?
 それともまた別の種類のものだろうか?
 つき合いは長くなるが、まだまだ知らないことばかりだ。

Dscn9178

▼知らないと言えば、これもそうだ。
 観察・研究とは言っても「○○のひとつおぼえ!!」で、みつけたら少量の水といっしょにナイロン袋に入れるだけだ。
 そして、ときどきナイロン袋ごしに「観察する」だけである。
 
 自らを「食べ」ながら「再生」を繰り返すコウガイビルを観察するだけだ!!


Dscn9211

Dscn9213


研究テーマは「再生」デアル!!
 まったくの偶然であるが、「JT生命誌研究館」で面白そうな催しものがあるのを知った。 
 
● 再生力のチャンピオン イモリとプラナリアのワザ比べ (2022/03/19(土) 14:00-15:30)

 なかなか面白そうなレクチャーだ!!ライブ配信もあるそうだ!!
 参加してみようかな。
 我らがコウガイビル=「陸生プラナリヤ」も仲間に入れて欲しいな!!
 
Dscn9197_20220316043201

Dscn9203_20220316043201

| | コメント (0)

57号コウガイビルはエサなしで3ヶ月生きのびた!! (2022/02/21)#コウガイビル #飢餓と再生 #教材化

Dscn8716

生きている!!

 最初は「の」字にかたまっていたが、やがてイチョウの葉のような頭(コウガイ)をヒラヒラさせながらのびてきた!!
 前回の観察から1ヶ月!!
 少々の水といっしょにこのナイロン袋に入ってから3ヶ月!!
 まちがいない!!
 57号コウガイビルはエサなしで3ヶ月生きのびた。

Dscn8658_20220222040101

Dscn8664_20220222040301

Dscn8669

もう10年以上同じ「ふしぎ!?」を飽きもせずに追いかけていた。
 コウガイビルに出会うまで
 動物の不思議の謎解きは、「食べる」できまりだと思ってきた。
 何を食べているのだろう!?
 そのためには!?
 と考えていけばたいていの謎解きはできると思っていた。

 エサなしで生きのびるなんて ?(゜_。)?(。_゜)?

▼この謎解きのキーワードは「再生」だった!!
 「再生」!?
 あの名著『切っても切ってもプラナリア』(阿形清和 文 土橋とし子 絵 岩波書店)が教えてくれていた。
「エサを食べなくても再生できるのか?」(同書p37から)に答えがあった。

 このことは、何を意味しているかというと、プラナリアはエサがなくてちぢんでいくときも、エサを食べて大きくなっていくときも、いつも体の<つくり直し>をしているということだ。(同書P38)
 

 ちなみにコウガイビル=陸棲プラナリア
 再生とは<つくり直す>こと。
 57号コウガイビルは、3ヶ月閒ずっと再生を繰り返したのだ。

▼さらにコウガイビルは教えてくれていた。

 ●「生きている」とは、再生=<つくり直し>を繰り返すこと!!
 ●再生をやめるとき生きものは死に向かう!!

 さて、57号コウガイビルは、どこまで再生を繰り返すだろう!?
   
Dscn8684_20220222040901

Dscn87112

Dscn87482

Dscn8758

| | コメント (0)

57号コウガイビルはエサなしで2ヶ月生きのびた!! (2022/01/21)#コウガイビル #飢餓と再生 #教材化

Dscn9752_20220122040001

あの日から2ヶ月が経った!!
 前回の観察からでも、年を越して1ヶ月経った。
 最初にナイロン袋に入れた水以外はなにも与えていなかった。
 しかし

 57号コウガイビルはエサなしで2ヶ月生きのびた!!

Dscn9697

Dscn9706

▼冷蔵庫からナイロン袋を出してきてすぐのときは、57号コウガイビルは「の」字を描いてかたまっていた。
 クマムシの「乾眠」のように、エネルギーの消耗を防ぐように「眠って」いたのだろうか!?
 やがてイチョウの葉(コウガイ)のような頭をヒラヒラさせながら動き出した!!
 まちがいなく 生きている!!
 全長は一ヶ月前とさほど変化したように見えなかった。
 やっぱりここは寅彦のコトバをかりよう。
 
 「ねえ君、不思議だと思いませんか?」

Dscn9726_20220122044101

Dscn9733_20220122044101

Dscn9770_20220122044101

▼この不思議に答えてくれる本に出会っていた!!

◆『プラナリアの形態分化~基礎から遺伝子まで~』(手代木渉、渡辺憲二著、共立出版 1998.3.25)

 この不思議に答えてくれる部分は 「14.9 飢餓と再生」(P275)にあった。この章は牧野尚哉・白澤康子先生が書いておられる。

 コウガイビルの飼育では給餌が大切な要素となるが、餌に対しての反応は同一種内でも異なり積極的に摂取するグループとそうでもないものとがある。また長期間の飢餓に耐え、もとの体重の1/100に減少しても生存し続けることができる。このような生理的変化が、顕著な再生能をもつ本動物の器官形成にどのような影響を及ぼすのか、頭部再生の有無、形成所要時間、極性との関連について、採集直後の体重を100として、もとの30~40%に減少したグループを飢餓個体として実験を行った。  なお、飢餓個体の設定は、採集された個体のうち、何としても餌を食べないものがあり、かなりの期間絶食にも耐えられるが、やがて死に至る。体重減少と生存期間の長短は一定ではないが、採取後減少の一途をたどる体重は、ある時点で平衡状態となり、これ以降急激に減少して死ぬものが多い。体重が安定をみせる状態を越えると個体は死を迎えることから、この安定期(もとの体重の30~40%)を飢餓状態と考えた。これらの飢餓グループと採集まもないものとを次の実験により比較した。(同書P276より)

 この本の編著者である渡辺憲二先生に直接、言わば「自らを食べて生き延びている」のだと教えてもらった。
 もうそれからでも10年以上の歳月が経とうとしていた。

▼Webテキスト試案「コウガイビル」を構想をする作業は遅々として進まない。
 しかし、断念することはない!!
 この「ふしぎ!?」がつづくかぎりは…!!

 テキストのキーワードは!?
・「食べる」
・「飢餓」
・「幹細胞」
・「再生」
・「生きる」
・「生命」

Dscn9779

 

| | コメント (0)

57号コウガイビルはエサなしで1ヶ月生きのびた!! (2021/12/21)#コウガイビル #飢餓と再生 #教材化

Dscn9110_20211222040501

その黒い塊はわずかに動いた気がした!!
 やっぱり生きている!!エサなしで…!!

 57号コウガイビルがわずかな水とともにナイロン袋に入って一ヶ月がたっていた。
 57号コウガイビルには悪いが、これは予想外の展開だった。
 これまでの観察から、これだけ大きな図体のコウガイビルは、長く生きのびるのは難しいのではないかと思っていたからである。

Dscn9035

Dscn9045

Dscn9060_20211222040701

▼「エサなしで生きのびる」!?

 この「ふしぎ!?」をこれまでは、自らの体を食べながら生きのびる!!と理解していた。

 ナラバ
 57号の体は小さくなっただろうか!?
 ながくのびるのを待って定規をあててみるが、さほど顕著な変化は見られない。

Dscn9073_20211222041001

Dscn9089_20211222041001

Dscn9113

Dscn9116

▼「の」字を描いて黒い塊になっていたのは、「休眠」状態に入っていたのだろうか?
 エネルギーの消耗を少なくするため

● この飢餓状態に耐えることと、幹細胞との関係は!?
 
● 幹細胞と「再生」との関係は!?

●「再生」とは!?

 まだまだ「ふしぎ!?」のかたまりのような生きもの=コウガイビルの謎解きはつづく。

▼人気者「プラナリア」に負けぬ教材化への道をめざす

◆Webテキスト試案「コウガイビル」!!

は遅々たる歩みだ。しかし、あきらめない!!
この「ふしぎ!?」を置き去りにすることはできない。
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧