58号コウガイビルはエサなしで2ヶ月生きのびたか!?(2022/05/10)#コウガイビル #生命と再生 #教材化 #陸棲プラナリア #生命誌研究館

Dscn0073_20220511044401

ヤバイ!!
 58号コウガイビルがどっぷり水のなかに浸かっている!!

 「58号コウガイビルはエサなしで2ヶ月生きのびた」と報告するつもりで、昨日(2022/05/10)冷蔵庫(農業用)からナイロン袋をだしてくると、こうなっていた。
 これまでに何度も見てきたシーンだった。
 こうなると見る見るうちにとけいるように消えてしまうのである。
 どす黒く濁った液が残るだけだった!!

Dscn9883

Dscn9968

Dscn0054


▼58号は前々日(2022/05/08)には別の場所で「の」字に蜷局巻き眠っていた(!?)
 まちがいない!!
 生きていた!!

 2022/05/08には、もうひとつの悲しいことも起きていた。
 59号コウガイビルをナイロン袋に入れて1ヶ月目の日である。
 こちらもまたどす黒い濁った液だけが残っていたのである。

Dscn9843

Dscn9850_20220511044501

▼私がこの「ふしぎ!?」な生きものに出会って14年目であった。

◆「コウガイビル」を追う

 この間に59匹のコウガイビルと出会ってきた。
 はじめて知って感動することも多々あった!!
 同時に残してきた「ふしぎ!?」もたくさんある。

 エサなしで385日も生きのびたコウガイビルもいた!!
 今回の58号、59号のように水に浸かりとけいるように消えてしまうコウガイビルも多くいた。
 寿命!? 
 それとも!?
 どこがちがうのだろう!?
 やっぱり「ふしぎ!?」だ!!
 
▼Webテキスト試案『コウガイビルの「ふしぎ!?」』のためには、今一度ゼロからはじめる必要があるのかも知れない。
 コウガイビル=陸棲(生)プラナリア!!

 コウガイビルの「ふしぎ!?」の謎解きを最初に教えてもらった渡辺憲二先生をネットで検索していたら、次の記事にであった!!
 
◆生き物さまざまな表現 プラナリア - その生命力の秘密:姫路工業大学(渡辺憲二 + 阿形清和 + 織井秀文)(季刊「生命誌」・生命誌研究館)

 ここからはじめてみようかな。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

| | コメント (0)

58号コウガイビルはエサなしで1ヶ月生きのびた!! そして…!?(2022/04/10)#コウガイビル #生命と再生 #教材化

Dscn9749_20220412041601

▼「2022年版・授業びらきを構想する」で、私の「ふしぎ!?」の具体例としてとりあげたコウガイビル=陸生プラナリア!!
 そのコウガイビルに、ここ数日でとんでもない異変が起こっていた!!
 あらためてコウガイビルの「ふしぎ!?」を問い返すこととなった。
 コウガイビルが生きるとは!?
 「再生」とは!?
 「食べる」とは!?
 そして「生命」とは!?

▼58号コウガイビルと出会って1ヶ月が経っていた。
 ナイロン袋のなかでかたまったようになっていた。
 しばし観察をつづけると、頭のほうが少しうごきはじめた。
 生きている!!
 58号コウガイビルはエサなしで1ヶ月生きのびた!!

Dscn9766_20220412041601

▼とんでもない「異変」は、57号コウガイビルの方に起きていた。
 エサなしで4ヶ月経ったとき(2022/03/21)にはたしかに元気に生きていた!!
 ところが、このとき(2022/04/10)には姿が見あたらないのである。
 ナイロン袋のなかにあるのは、どす黒く濁った水だけだ!!
 あのダーウィンの観察したようになったのである。

生活現象が終われば、一般に見る天然の変化の法則がここにも働いて、体は全体に柔らかくなり、液化する。そのはやさは、他に比べるものもないほどである。(「ピーグル号航海記 上」(チャールズ・ダーウィン著 島地 威雄訳 岩波文庫 P54より)

 やっぱり「ふしぎ!?」である!!

Dscn9786_20220412042001

Dscn9773

▼その二日前(2022/04/08)。
 まるで、57号と入れ替わるように、人生59番目の59号コウガイビルに出会っていた。
 59号コウガイビルは長くのびると12㎝を越えるほどであった。
 
 「授業びらき」に持ち込むなら、この59号コウガイビルかな!?
 Webテキスト試案『コウガイビルの「ふしぎ!?」』も急ぎたいものだ!!

Dscn9582

Dscn9605_20220412042201

Dscn9619_20220412042301

Dscn9633_20220412042301

Dscn9659

| | コメント (0)

57号コウガイビルはエサなしで4ヶ月生きのびた!! (2022/03/21)#コウガイビル #飢餓と再生 #生命誌研究館 #プラナリア #幹細胞 #教材化

Dscn9973

あれから4ヶ月がたった。
 少しあたたかくなってきたせいもあるのだろうか。
 外に出すなり、あのイチョウの葉のような頭(コウガイ・笄)をヒラヒラさせながら動き始めた。
 
 生きている!!

▼この「ふしぎ!?」とつき合うようになってずいぶんになる。
 動物が「食べる」ことなく生きる!?
 そんなバカなことがあるか!? なかなかにわかには信じられない事実だった。
 ひとつの答えがあった。

 自らを食べながら、小さくつくり変えながら(=「再生」)生きる!!

 4ヶ月たっても、目で見るかぎりではそんなに小さくなっているようには見えなかった。
 できるだけエネルギーの消耗をひかえて、生きているのだろうか。


Dscn9947_20220322045701

Dscn9991

Dscn0026_20220322045901


▼先日の「JT生命誌研究館」での 
 
● 「再生力のチャンピオン イモリとプラナリアのワザ比べ」 (近藤寿人先生)

 配信されたものを見せてもらった。実に面白かった!!
 動物の「再生」には、「イモリタイプ」と「プラナリアタイプ」があるらしい。
 今、特に興味をもっているのはもちろん「プラナリアタイプ」だ。
 なにしろコウガイビルは「陸生プラナリア」!!

▼プラナリアの「再生」について、二冊の本が紹介された。

◆『プラナリアの形態分化』(手代木渉・渡辺憲二編著 共立出版)

 いつもコウガイビルのことをくわしく知るためにお世話になっている本だ。
 コウガイビルについての唯一の専門書なのかも。
 そして、なによりうれしいのは渡辺憲二先生編著であることだ。
 渡辺憲二先生がコウガイビルの「ふしぎ!?」に答えてくださった「あの日」を思い出した。

●コウガイビルとES細胞(2009/08/21)

●コウガイビルが生命科学最前線へ(2009/08/22 )

●コウガイビルからiPS細胞まで(2009/08/23 )


◆『切っても切ってもプラナリア』(阿形清和 文 土橋とし子 絵 岩波書店)

●名著『切っても切ってもプラナリア』に感動!!

 実はこの名著にも渡辺憲二先生が関連しておられた。講師の近藤寿人先生は、この本の興味深いところをわかりやすく解説してくださっていた。


 どうやらこのあたりに「コウガイビル」の教材化のヒントがありそうだ!!
 さあ、57号コウガイビルは、いつまで「再生」を繰り返すだろう!?


Dscn9982_20220322045801 

Dscn0010

| | コメント (0)

58号コウガイビルに出会った!!(2022/03/10) #コウガイビル #陸生プラナリア #飢餓と再生 #教材化 #生命誌研究館

Dscn9183_20220316042901

▼やっぱりちゃんと報告しておこうと思った。
 それは、823個のヒガンバナの「種子」を使った実生実験のための場所を確保する作業しているときのことだった。
 倉庫の横に置いていた瓶、鉢などを移動したときだ。
 コンクリートの上に、ミミズのようなものが…!!
 移動した跡にヌメヌメとしたものが…。ちがう あいつだ!!
 
 私の人生58匹目のコウガイビルだ!!


これまで出会ってきたコウガイビルは、「クロイロコウガイビル」ばかりだと思っていた。
 しかし、今度の58号コウガイビルには、背中に「ミスジ」が見られるような気もする。
 「オオミスジコウガイビル」の子どもだろうか?
 それともまた別の種類のものだろうか?
 つき合いは長くなるが、まだまだ知らないことばかりだ。

Dscn9178

▼知らないと言えば、これもそうだ。
 観察・研究とは言っても「○○のひとつおぼえ!!」で、みつけたら少量の水といっしょにナイロン袋に入れるだけだ。
 そして、ときどきナイロン袋ごしに「観察する」だけである。
 
 自らを「食べ」ながら「再生」を繰り返すコウガイビルを観察するだけだ!!


Dscn9211

Dscn9213


研究テーマは「再生」デアル!!
 まったくの偶然であるが、「JT生命誌研究館」で面白そうな催しものがあるのを知った。 
 
● 再生力のチャンピオン イモリとプラナリアのワザ比べ (2022/03/19(土) 14:00-15:30)

 なかなか面白そうなレクチャーだ!!ライブ配信もあるそうだ!!
 参加してみようかな。
 我らがコウガイビル=「陸生プラナリヤ」も仲間に入れて欲しいな!!
 
Dscn9197_20220316043201

Dscn9203_20220316043201

| | コメント (0)

57号コウガイビルはエサなしで3ヶ月生きのびた!! (2022/02/21)#コウガイビル #飢餓と再生 #教材化

Dscn8716

生きている!!

 最初は「の」字にかたまっていたが、やがてイチョウの葉のような頭(コウガイ)をヒラヒラさせながらのびてきた!!
 前回の観察から1ヶ月!!
 少々の水といっしょにこのナイロン袋に入ってから3ヶ月!!
 まちがいない!!
 57号コウガイビルはエサなしで3ヶ月生きのびた。

Dscn8658_20220222040101

Dscn8664_20220222040301

Dscn8669

もう10年以上同じ「ふしぎ!?」を飽きもせずに追いかけていた。
 コウガイビルに出会うまで
 動物の不思議の謎解きは、「食べる」できまりだと思ってきた。
 何を食べているのだろう!?
 そのためには!?
 と考えていけばたいていの謎解きはできると思っていた。

 エサなしで生きのびるなんて ?(゜_。)?(。_゜)?

▼この謎解きのキーワードは「再生」だった!!
 「再生」!?
 あの名著『切っても切ってもプラナリア』(阿形清和 文 土橋とし子 絵 岩波書店)が教えてくれていた。
「エサを食べなくても再生できるのか?」(同書p37から)に答えがあった。

 このことは、何を意味しているかというと、プラナリアはエサがなくてちぢんでいくときも、エサを食べて大きくなっていくときも、いつも体の<つくり直し>をしているということだ。(同書P38)
 

 ちなみにコウガイビル=陸棲プラナリア
 再生とは<つくり直す>こと。
 57号コウガイビルは、3ヶ月閒ずっと再生を繰り返したのだ。

▼さらにコウガイビルは教えてくれていた。

 ●「生きている」とは、再生=<つくり直し>を繰り返すこと!!
 ●再生をやめるとき生きものは死に向かう!!

 さて、57号コウガイビルは、どこまで再生を繰り返すだろう!?
   
Dscn8684_20220222040901

Dscn87112

Dscn87482

Dscn8758

| | コメント (0)

57号コウガイビルはエサなしで2ヶ月生きのびた!! (2022/01/21)#コウガイビル #飢餓と再生 #教材化

Dscn9752_20220122040001

あの日から2ヶ月が経った!!
 前回の観察からでも、年を越して1ヶ月経った。
 最初にナイロン袋に入れた水以外はなにも与えていなかった。
 しかし

 57号コウガイビルはエサなしで2ヶ月生きのびた!!

Dscn9697

Dscn9706

▼冷蔵庫からナイロン袋を出してきてすぐのときは、57号コウガイビルは「の」字を描いてかたまっていた。
 クマムシの「乾眠」のように、エネルギーの消耗を防ぐように「眠って」いたのだろうか!?
 やがてイチョウの葉(コウガイ)のような頭をヒラヒラさせながら動き出した!!
 まちがいなく 生きている!!
 全長は一ヶ月前とさほど変化したように見えなかった。
 やっぱりここは寅彦のコトバをかりよう。
 
 「ねえ君、不思議だと思いませんか?」

Dscn9726_20220122044101

Dscn9733_20220122044101

Dscn9770_20220122044101

▼この不思議に答えてくれる本に出会っていた!!

◆『プラナリアの形態分化~基礎から遺伝子まで~』(手代木渉、渡辺憲二著、共立出版 1998.3.25)

 この不思議に答えてくれる部分は 「14.9 飢餓と再生」(P275)にあった。この章は牧野尚哉・白澤康子先生が書いておられる。

 コウガイビルの飼育では給餌が大切な要素となるが、餌に対しての反応は同一種内でも異なり積極的に摂取するグループとそうでもないものとがある。また長期間の飢餓に耐え、もとの体重の1/100に減少しても生存し続けることができる。このような生理的変化が、顕著な再生能をもつ本動物の器官形成にどのような影響を及ぼすのか、頭部再生の有無、形成所要時間、極性との関連について、採集直後の体重を100として、もとの30~40%に減少したグループを飢餓個体として実験を行った。  なお、飢餓個体の設定は、採集された個体のうち、何としても餌を食べないものがあり、かなりの期間絶食にも耐えられるが、やがて死に至る。体重減少と生存期間の長短は一定ではないが、採取後減少の一途をたどる体重は、ある時点で平衡状態となり、これ以降急激に減少して死ぬものが多い。体重が安定をみせる状態を越えると個体は死を迎えることから、この安定期(もとの体重の30~40%)を飢餓状態と考えた。これらの飢餓グループと採集まもないものとを次の実験により比較した。(同書P276より)

 この本の編著者である渡辺憲二先生に直接、言わば「自らを食べて生き延びている」のだと教えてもらった。
 もうそれからでも10年以上の歳月が経とうとしていた。

▼Webテキスト試案「コウガイビル」を構想をする作業は遅々として進まない。
 しかし、断念することはない!!
 この「ふしぎ!?」がつづくかぎりは…!!

 テキストのキーワードは!?
・「食べる」
・「飢餓」
・「幹細胞」
・「再生」
・「生きる」
・「生命」

Dscn9779

 

| | コメント (0)

57号コウガイビルはエサなしで1ヶ月生きのびた!! (2021/12/21)#コウガイビル #飢餓と再生 #教材化

Dscn9110_20211222040501

その黒い塊はわずかに動いた気がした!!
 やっぱり生きている!!エサなしで…!!

 57号コウガイビルがわずかな水とともにナイロン袋に入って一ヶ月がたっていた。
 57号コウガイビルには悪いが、これは予想外の展開だった。
 これまでの観察から、これだけ大きな図体のコウガイビルは、長く生きのびるのは難しいのではないかと思っていたからである。

Dscn9035

Dscn9045

Dscn9060_20211222040701

▼「エサなしで生きのびる」!?

 この「ふしぎ!?」をこれまでは、自らの体を食べながら生きのびる!!と理解していた。

 ナラバ
 57号の体は小さくなっただろうか!?
 ながくのびるのを待って定規をあててみるが、さほど顕著な変化は見られない。

Dscn9073_20211222041001

Dscn9089_20211222041001

Dscn9113

Dscn9116

▼「の」字を描いて黒い塊になっていたのは、「休眠」状態に入っていたのだろうか?
 エネルギーの消耗を少なくするため

● この飢餓状態に耐えることと、幹細胞との関係は!?
 
● 幹細胞と「再生」との関係は!?

●「再生」とは!?

 まだまだ「ふしぎ!?」のかたまりのような生きもの=コウガイビルの謎解きはつづく。

▼人気者「プラナリア」に負けぬ教材化への道をめざす

◆Webテキスト試案「コウガイビル」!!

は遅々たる歩みだ。しかし、あきらめない!!
この「ふしぎ!?」を置き去りにすることはできない。
 

| | コメント (0)

57号コウガイビルに出会った!!(2021/11/21) #コウガイビル #陸生プラナリア #飢餓と再生 #教材化

Dscn0586_20211124041101

▼「また、これが…!!」と言いながら、小さなナイロン袋を持って妻が玄関に立っていた。

 それは、ファラデーラボ「かがく」カフェにzoom参加していて第一部が終了し、ちょうど休憩にはいり一階に降りていったときのことだった。
 その言葉を聞いて、ピーンと来た!!
 コウガイビルだ!!
 55号はまたたくまにとけるように消えた。
 天から降りてきた56号とは一瞬の出会いだった!!
 今年中の出会いはなかばあきらめていただけにうれしかった。

 これが人生57匹目のコウガイビルとの出会いだった。

▼いったん玄関先に置いて、写真を撮った。
 広い道にも移動してみた。
 けっこう巨大であった。ゆっくり ゆっくり しかし すばやく 動きはじめた!!
 ちょうど觜本格先生の「生命と地球の共進化」の話しを聞いたばかりだった。
 だから なおさら思った。

 この「ふしぎ!?」のかたまりのような生きもの=コウガイビルはいつごろからこの地球上にいるのだろう!?

Dscn0576

Dscn0599_20211124041101

▼例によって、少量の水といっしょにナイロン袋に入れた。
 いつも無手勝流の私には、今のところこれ以外の研究方法を思いつかなかった。
 ナイロン袋のなかでは、じっくり観察できた。
 腹部の白い筋は!?
 頭部の出し入れする突起は!?

 のびたときの体長は10㎝を越えていた。

Dscn0605_20211124041601

Dscn0630

Dscn0650_20211124041601

10年以上の飼育(?)観察から、この大きなコウガイビルの姿はみられるのは長くないと予想した。
 この姿が見えるあいだに

●Webテキスト試案「コウガイビル」!!

 にとりかかりたいものだ。
 人気者「プラナリア」にまけず、陸生プラナリア=コウガイビルにも教材化への道を切り拓くためにも!!

Dscn0672

| | コメント (0)

「コウガイビルのミイラ!?」を見た!! #コウガイビル #コウガイビルのミイラ

Dscn9360

コウガイビルのミイラ!?

 私にはそれがコウガイビルの姿に見えてしかたなかった。
 気がついたのは、一昨日の「子規庵の糸瓜」の蔓の後片付けをしているときだった。
 そこのコンクリートの壁は、このひと夏、糸瓜の蔓で覆われていた場所だった。

 あの特徴的な逆三角形のイチョウの葉のような頭(コウガイ)!!
 やっぱりコウガイビルだ!!
 壁にへばりつき干からびてしまったコウガイビル!!

 言わば「コウガイビルのミイラ!?」!!

 そんなものがあるのか私は知らなかった。

Dscn9374

Dscn9422

Dscn9394

▼それがコウガイビルだと思う理由がもうひとつあった。
 その場所は、はじめてコウガイビルの卵をみつけた場所でもあったのである。

●コウガイビルの赤ちゃんをはじめて見た!!(2019/05/10) #コウガイビル 

 そのコンクリートの壁の下で、はじめてコウガイビルの卵をみつけたのである。
 今年も卵からコウガイビルの赤ちゃんが生まれ、壁をよじ登っているとき灼熱の太陽で干からびミイラ化してしまった。
 そんなストリーを勝手につくってしまった。
 「コウガイビルのミイラ!?」はなんと5体も見られたのだ!!

▼でもやっぱり「ふしぎ!?」だ。
 私はこれまで、57匹のコウガイビルに出会ってきた。
 そのコウガイビルたちの最期は、ダーウィンが「記録」していてくれた通りだった。

 

プラナリア類を飼うのは極めてむずかしい。生活現象が終われば、一般に見る天然の変化の法則がここにも働いて、体は全体に柔らかくなり、液化する。そのはやさは、他に比べるものもないほどである。(「ピーグル号航海記 上」チャールズ・ダーウィン著(岩波文庫)P54より)

 「体は全体に柔らかくなり、液化する」その変化ははやかった!!
 数時間から半日で「溶けて」、「消えた」!!
 まったく「存在」しなかったように。
 もちろん それは水の入ったナイロン袋のなかでの変化であったが。

 そう言えば、5体のなかには「液化」の痕跡を残すものもみられた。

▼それでもやっぱり「ふしぎ!?」だ!!
 この「ふしぎ!?」のかたまりのような生きもの=コウガイビルにはじめて出会ったのは、2008.11.14である。
 それからまもなく13年である。
 この「ふしぎ!?」の追跡の全「記録」を残していた。

◆「コウガイビル」を追う

 ここにまたひとつ「コウガイビルのミイラ!?」の「ふしぎ!?」が加わった!!

 「ミイラ!?」かもが消えてしまわないうちに Webミニテキスト『コウガイビル』にとりかかりたいものだ。

Dscn9401_20211112043501

Dscn9412

Dscn9413_20211112043501


| | コメント (0)

55号コウガイビルはエサなしで3ヶ月生きのびた!! (2021/09/23)#コウガイビル #飢餓と再生 #教材化

Dscn8723_20210924035301

55号コウガイビルはナイロン袋にベッタリはりつくようにして動きをとめてしまった!!
しまった!!死んでしまったのだろうか!?

 捕獲して、少々の水とともにナイロン袋に入れて3ヶ月!!
 前回の観察から1ヶ月ぶりに55号コウガイビルの観察をした。
 冷蔵庫(農業用 10℃前後で保たれているはず)からだしてすぐはまったくうごかなかった。
 「の」の字を描くようにまるまっていた。
 少し小さくなったような気がする。
 特徴ある逆三角形の頭(コウガイ)のへりを体側にくっつけるようにしてかたまっている。

Dscn86531

Dscn8678

Dscn8673

▼なかなか動きはじめなかった。
 少しあせってきた。
 「エイ、ヤー!!」と直射日光をあててみた。
 その瞬間だ!! 
 いっきょにめざめたように活発に動きはじめた!!
 体はやせ細り「扁平」になったように見える。全体にやっぱり小さくなったようだ。
 でも活発に動いた!!
 まちがいない!!

 55号コウガイビルはエサなしで3ヶ月生きのびた!!


Dscn8680

Dscn8688

Dscn8695

▼いつもの活発な動きを観察した次の瞬間だった。
 ピタッと動きをとめてしまった!!
 扁平な体をナイロン袋にはりつけるようして!!
 頭のヒラヒラも丸くなってしまっていた!!
 後から考えると、動きも活発にというよりのたうち苦しんでいたようにも思えてきた!!

 大失敗か!?
 急に直射日光にあてたのがまずかったのか!?
 急激な温度変化がまずかったか!?

 あわてて冷蔵庫にもどした。

Dscn8704_20210924050701

▼もうひとつコウガイビルについての報告があった。
 私は今もなお迷っていた。このことを「記録」しておくべきか!?
 そして、これを56号コウガイビルと認定すべきか!?

 事は一昨日(2021/09/22)、お彼岸の墓参りのときに起こった!!
 墓は近くの木立のなかにあった。
 木立にさしかかったときだ。私は一瞬自分の目を疑った!!
 自分でもつぶやいてしまった。

 「目までおかしなってしまったのやろか!?」
 「こんなところにコウガイビルがぶらさがっているように見えるなんて ?(゜_。)?(。_゜)?」

 木の枝からのびたクモの糸にクモがぶらさがるように
 
 コウガイビルがぶらさがっていたのだ!!
 ぶらさがっているのはコウガイビル自身の粘液の糸か!?

 2mばかり上の枝からぶらさがっていた。スルスルと糸はのびて近づいてきた!!
 ともかくあわてた!!
 コウガイビルであることを確かめる同時に画像におさめたかった。
 風でゆれてなかなかピントがあわない。
 できるだけ近づいてとおもうがままならない (^^ゞポリポリ
 そうだ捕獲だ!!
 と思ったがそれも後の祭りだ!!

 これをやっぱり56号コウガイビルと認定しておこう!!

 やっぱりコウガイビルの「ふしぎ!?」はまだまだ続くのでアル。

Dscn0214

| | コメント (0)

より以前の記事一覧