そこにはイソウロウグモが居た!! #ジョロウグモ #シロカネイソウロウグモ #クモ学

_dsc7390_20211008042901

_dsc7348

▼あいかわらず、柿の木の下のジョロウグモの動きは朝から活発であった。
 「狩り」をして、食べ残しの量も目立つようになってきた。
 ネットも何層にもなり、高層マンションのようになってきた。
 そのネットの周辺部に気になるものがあった!!
 
 朝日にあたってピカピカ光っているのだった!!

_dsc7410

▼近づいて、じっくり見てみる。
 動いている!!
 これもまたクモだ!!
 その名もズバリ 「イソロウグモ」(居候蜘蛛)!!
 銀ピカ ダカラ

 シロカネイソウロウグモ!!

 なんともピッタリの名前をもらったものだ!!
 「居候」だから、他のクモのネットに侵入し、ネットの主が捕らえた獲物を盗み食いしたり、ネットにかかった小さな昆虫を食べたりするらしい。
 食べ残しの処理もするのかな?

▼コガネグモのネットでもよく見かけたことがあるクモだった。
 このイソウロウグモに関して「ふしぎ!?」に思うことが2つあった。

(1)ここに「居候」にふさわしいネット(網)があるとどのようにして知るのだろう!?
   この「物件情報」はどうして!?
 
(2)なぜ目立つ「銀ピカ」なの!?
   「銀ピカ」であることで主に何か貢献しているのかな!?
   それとも自身のためなのかな!?
   デメリットの方が多いのではと思ってしまうのはシロウトが故か!? 

▼ともかく、「クモ学」に「ふしぎ!?」のタネの尽きることはないのである。
 汲めども汲めども、次なる「ふしぎ!?」が生まれてくるのである。
 あのコトバを思いだす。

 最大の「ふしぎ!?」は最も身近にある!!

 別のネットでは、またしてもカメムシの「狩り」が行なわれていた。
 カメムシ登場のシーズンなんだ!!
 そこにもやっぱり「銀ピカ」のヤツが居た!!

(つづく)

_dsc7461_20211008042901
 
 

| | コメント (0)

ジョロウグモのメスとオス!! #ジョロウグモ #クモの一生 #クモ学

_dsc7142

▼朝夕はめっきり涼しくなった。
 しかし、昼間の暑さはなかなかおさまらなかった。
 昨日も28.0℃まであがったようだ。
 柿の木にネットをはったジョロウグモたちの活発な動きと、この天気と関係するのだろうか!?

▼2015年8月の末に出会ったあのジョロウグモが教えてくれた「クモの一生」!!
 春に「卵のう」から出てきた子グモたち。
 ここであらためて驚いたのだが、「卵のう」から出てきた子グモたちは、最初から大人のクモのかたちをしているのだった!!
 クモは昆虫のように変態しないのだ!!
 子グモたちは「団居」(まどい)をし、やがてバルーニングをして大空に旅立つ。
 子グモたちは「脱皮」を繰り返して大人のジョロウグモとなる。

 大人のジョロウグモにはメスとオスがいる!!
 このアタリマエ!!
 メスが圧倒的に大きい!!
 オスは圧倒的に小さい!!

▼今はジョロウグモの恋の季節のようだ。
 柿の木にネットをはったどのジョロウグモにも、一匹にメスに対して少なくとも複数のオスがちかくにいた。
 オスの数はあきらかに一昨日よりもふえていた!!
 オスたちは恋のチャンスを待っているのだった。

 チャンスはメスの食事時に訪れることが多いという!!
 観察をしていると確かに!!

 オス同士のバトルもなかなかはげしいらしい!!

_dsc7252

_dsc7306

▼少しはなれたところにいるオスはけっこう大きくなったものもいた。
さて、この後、オスたちはどうするのだろう!?
メスが「産卵」にむかうのはいつだろう!?
なかなか目がはなせない!!

やっぱり「クモ学」は最高に面白い!!

(つづく)

_dsc7105

| | コメント (0)

ジョロウグモの季節がやって来た!! #ジョロウグモ #クモの産卵 #クモ学

_dsc7052_20211006043501

_dsc7019

▼庭に古びた柿の木がある。定点ヒガンバナの上である。
その柿の木に今、4匹のジョロウグモがネットをはっている。
何層にもネツトをはり、かなりの空間を占拠しているやつもいる。
カメムシの「狩り」をしているものもいた。
どのネットにも、オスのジョロウグモらしきものも見える。
そうだ!!

 ジョロウグモの季節がやって来ていたのだ!!

_dsc6963

_dsc7074_20211006043601

_dsc7083

▼「ジョロウグモ」というと必ず思い出す特定の一匹のジョロウグモが居た!!
 彼女は、2015年の8月の末、私の目の前に出現した。
 「観察せよ!!」
 と言わんばかりに、観察しやすい場所にネットを張ったのである。
 毎日、朝夕だけでなく何時間ごとに目にしたのだった。「狩り」を繰り返し大きく成長した彼女はやがて産卵をした。

●あのジョロウグモが産卵した!! #クモ学 (2015/10/24)

 もっと驚いたのは、同じ彼女が11月にも再び産卵したのである。

●あのジョロウグモが再び産卵を!! #クモ学 (2015/11/15)

 私は偶然とは言え、彼女にすごいものを見せてもらったのである。


▼自分でも驚いてしまうような驚異のジョロウグモの観察はこれで終わらなかったのだ!!
 翌年の5月、彼女が残してくれた「卵のう」から、子グモたちが出てきたのだ!!
 そして、「団居」(まどい)を見せてくれたのだ。

●あのジョロウグモの「団居」(まどい)を見た!! #クモ学 (2016/05/05)

 「団居」からバルーニングまでの一部始終も見せてもらった。
 あのジョロウグモには感謝しかなかった!!


▼彼女が目の前に現れたあの建物も今はない。
しかし、6年前の驚異のジョロウグモ観察は、いつまでも忘れることできない!!

 さて、今年、柿の木にネットを張った4匹のジョロウグモ!!
 彼女たちはこの後どうするだろう!?
 可能なかぎり追跡観察をしてみたい。

(つづく) 

| | コメント (0)

ナガコガネグモも凄いぞ!! #コガネグモ #ナガコガネグモ #クモの食事 #体外消化

Dscn0511_20210818044701

Dscn0527

▼(゜o゜)ゲッ!!
 巨大なバッタがクモを襲っている!?
 近づいてよく見ると反対だった!!
 クモは今、もっとも旬のクモ、コガネグモの仲間のナガコガネグモだ!!

 それにしてもダイナミックなナガコガネグモの「狩り」である。
 コガネグモの「狩り」に魅せられて、シロウト「クモ学」をはじめた。
 そのコガネグモには、今年は2匹しか出会うことができなかった。
 そのかわりと言ったら語弊があるが、今、ナガコガネグモの活躍が目に付く!!
 
 ナガコガネグモも凄いぞ!!
 
▼コガネグモの「狩り」のように獲物を糸でぐるぐる巻にするには巨大すぎた。
 しかし、しっかりバッタの動きはとめてあった。
 ナガコガネグモは食事中のようだった。
 クモの食事はちょっとかわっていた。獲物にがぶりとかぶりつき、口のなかにいれて「食べる」のではなかった。
 唾液は口の外で分泌された。
 クモの食事は、結論から言えばこうだ!!

 クモは固形物を口の中に入れない!!
 口の外で出された消化液でドロドロになった液状の食べ物を摂取するのである!!
 「体外消化」デアル!!
 食事はチュウチュウするのデアル!!

 ナガコガネグモは、巨大なバッタをチュウチュウする最中だったのだ!!

▼別の場所では、糸でグルグル巻きにして「狩り」をしているナガコガネグモもいた。
 また、巨大なトンボの「狩り」をしているものもあった。

 チュウチュウしたあとの食べかすの残骸は、ネットの近くに落ちていたりする。

Dscn0604

Dscn0613_20210818044701

▼ナガコガネグモは今からがもっとも活躍するクモだ!!
 ネットの中央部には縦に直線上の隠れ帯つけ、待機の姿勢でいた。
 ときおりネットをゆさぶっているのは、どうやら「威嚇」しているらしい。

 別の場所で、子グモたちの「団居」(まどい)を見た!!
 誰の子グモだろう!?

_dsc2809

Dscn0626


 

| | コメント (0)

「クモ学」は、やっぱり面白い!! #クモ学 #コガネグモ #コガタコガネグモ #ナガコガネグモ

_dsc2446

▼ついに今年3匹目のコガネグモをみつけたぞ!!
 と思いより近づいてしばらく見ていた。
 「ちがう!?」
 大きさが、少し小さかった。それに色具合も少し茶色っぽい。
 どちらかと言うと、コガタコガネグモに近かった。
 次の瞬間決定的になった。それまでじっとしていた貴奴が、「狩り」に入ったのだ。
 振り向きざま「獲物」に飛びついたとおもったら、すぐさまもとの定位置にもどったのだ。
 この動きはコガタコガネグモだ!!
 コガタコガネグモの大型だ!!
 残念!!

_dsc2526

▼そう!!
 私の「クモ学」は、8年前の2013年夏のコガネグモの「狩り」の目撃からはじまった。
 それまでは、こんな身近に面白い生きものがいっしょに暮らしているなんて、まったく意識になかった。
 昆虫少年でもなかったし、特に生きもの大好き人間でもなかった。
 理科の教師であるという職業がら、それなりの興味をもっていたかも知れないが、どちかというと「苦手」であった。
 
 クモがこんなに面白いなんて思い出したのはごく最近である。
 そのきっかけはこのコガネグモとの出会いだった。
 そのコガネグモに、2013年以来、毎年何匹も出会ってきた。そしていろんなことを教えてもらってきた!!
 それが今年は今までにたった2匹にしか出会っていない。

 どうして ?(゜_。)?(。_゜)?

▼同じコガネグモの仲間でも少しずつ登場するシーズンがずれていた。
 まずコガタコガネグモ(遅くまで居てくれた。アリガタイ!!)
 そして、コガネグモ!!
 コガネグモの姿が目立たなくなったころからナガコガネグモだ!!
 立秋過ぎたらナガコガネグモというのが、私の目安だった。
 ナガコガネもなかなか大きくなってくる。なかにはコガネグモに負けないくらいに大きくなるのもいる。
 そして、長く居てくれる!!
 ヒガンバナの観察に出かける季節まで居てくれるのだから!!

▼ナガコガネグモの隠れ帯は縦に「一直線」だ!!
 コガネグモ、コガタコガネグモの「X」とはちがっていた。
 もっとも幼体のナガコガネグモの隠れ帯は「ジグザクの渦巻き」状だ。
 図鑑を見ていたら、面白いことが書いてあった。
 コガネグモ全種共通して、幼体の隠れ帯は「ジグザクの渦巻」状だと。(゜o゜)ゲッ!!
 
 そもそも隠れ帯って何!?

 このころのナガコガネグモが面白いことをやっていた。
 
 ネットをブランコをゆらすようにはげしく大きくゆらしていた!!
 何をしているんだろう !?

 「クモ学」の「ふしぎ!?」は尽きることはなかった!!

_dsc2364

_dsc2338_20210813043301

| | コメント (0)

2021年・今年もコガネグモがやって来た!!(2021/06/17) #コガネグモ #クモ学 #糸疣 #コガネグモの雄

_dsc1359

今年も待望のコガネグモがやってきた!!
 
 それしても今年第1号のコガネグモは、とんでない想定外の場所に登場してきた。
 正確に「発見」の日にちを言うならば、2021/06/15だ。
 その日夕方、雨が降ってくるまでにと大慌てで畑で作業していているときにみつけたのだった。
 なんと貴奴は、畑にものを置き、そのうえにかけているブルーシートの上に登場したのである。
 一昨日(2021/06/16)が雨で、昨日(2021/06/17)の朝の観察となったわけである。

 それにしてもなんでこんなブルーシートの上に!?
 間近に観察さしてくれるので 出糸突起(糸疣)もはっきり見えた!!
 アリガタイ!!

_dsc1380

_dsc1424

コガネグモの狩りからはじまった私のシロウト「クモ学」!!


◆「クモ学」のすすめ


 このページも9年目である。
 今年もこのコガネグモ1号がやって来てくれたことにより、連続して9年コガネグモに出会ったことになる。
 しかし、そんなことあるだろうか!?
 突然として、コガネグモがやってくるようになるなんて (・_・)......ン?
 それは
 きっと私が、偶然コガネグモの狩りに出会うまで、そのつもりで観察していなかったからだろうと思っている。

 最大の「ふしぎ!?」は最も身近にある!!


▼コガネグモ第1号のネットの端を見ると小さなクモがいた。
 どことなくコガネグモに似ている!!
 
 そうだ!! コガネグモの雄だ!!

 ネットのセンターに居るのは雌のコガネグモだ。
 どのクモもだいたいそうだった。

_dsc1403

▼さあ、今年は何匹のコガネグモと出会うことができるだろ。
 そして、貴奴等に 何を見せてもらえるだろう!?
 何を教えてもらえるだろう!?

 楽しみである。o(^o^)o ワクワク

| | コメント (0)

ゴミグモの狩りを見た!!(2021/05/31) #クモ学 #ゴミグモ #クモの狩り #クモの食事

_dsc9922
【2021/05/31 06:32:51】

▼それは5月末日のことだった!!
 いよいよ5月も終り、6月がはじまる。クモたちの季節がやってくるのだ!!
 すでに先陣をきって登場しているクモがいた。
 「ゴミグモ」だ!!

 それにしても凄いネーミングだ。でも、それがピッタリなんである。
 網の中央に縦に食べかす、脱皮がら、枯れ葉のくず等のゴミをならべて「ゴミ屋敷」を形成している。
 「ゴミ屋敷」の中央に屋敷の主は鎮座しているはずだった。
 しかし、その擬態は完璧だ!!ゴミになりきっていた!!

_dsc9889
【2021/05/31 06:31:59】

▼私は、まだしっかりとゴミグモに出会ったことがなかった。
 「どこにいるのだ!?」と最接近して確かめようとした。
 事が起きたのはその時だった!!
 瞬間!! 何が起こったのかわからなかった。「ゴミ屋敷」から、主が飛び出してきたのだ。
 網に獲物がかかったのだ!!獲物は翅のある虫だ。

 ゴミグモの狩りがはじまったのだ!!

 反転して獲物に飛びつく瞬間技は忍者そのものだ!!
 強靱な顎で獲物の動きを止めた。
 脚を巧みにつかって、出した糸で獲物をグルグル巻きにした。
 最後もきっちり締めて、獲物はひとつのパッケージにされた。
 狩りがはじまって、一分とかからない早業であった!!

_dsc9891
【2021/05/31 06:32:16】

_dsc9896_20210603053001
【2021/05/31 06:32:24】

_dsc9907
【2021/05/31 06:32:36】

_dsc9916
【2021/05/31 06:32:47】

_dsc9921
【2021/05/31 06:32:50】

_dsc9926
【2021/05/31 06:32:53】

▼獲物のパッケージを担いで、元の定位置にもどろうとしはじめた。
 元の位置にもどったら、一息入れて
 ここから「食事」の開始である。
 クモの「食事」は、固形物は体内に入れない。
 クモの唾液は口の外に分泌される。そして、「体外消化」を行なう。
 消化液でドロドロになったものをチュウチュウするのである。
 チュウチュウはゆっくり ゆっくり行なう。
 食べがらは、あらたなゴミになるか廃棄される。

_dsc9952
【2021/05/31 06:33:35】

_dsc9959
【2021/05/31 06:33:43】

_dsc9980_20210603053701
【2021/05/31 06:34:19】

_dsc9988
【2021/05/31 06:34:59】

_dsc9999_20210603053701 
【2021/05/31 06:35:30】

_dsc0005
【2021/05/31 06:35:39】

▼狩りをはじめてから8分!!
 このみごとなゴミグモの「狩り」「食事」に感動してしまった。

_dsc0034
【2021/05/31 06:37:16】

_dsc0054
【2021/05/31 06:37:48】

_dsc0090_20210603053801
【2021/05/31 06:38:46】

_dsc0122
【2021/05/31 06:40:19】

 不思議なもので、翌日から「ゴミ屋敷」のゴミグモは存在感を持ってそこに居た!!

 今年も「クモ学」の展開が楽しみだo(^o^)o ワクワク 

_dsc0221
【2021/06/01 06:39:53】

_dsc0293
【2021/06/02 06:40:12】

| | コメント (0)

2020年・『「クモ学」のすすめ』はどこまで!? #道楽の科学 #クモ学 #コガネグモ 

Dsc_8007

▼次なる「道楽の科学」の歴史は比較的浅かった。
 
●「クモ学」のすすめ

 である。
▼私の「クモ学」は、たまたま2013年7月に身近にコガネグモの「狩り」を目撃したことにはじまる!!

●2013年7月9日 コガネグモの「狩り」を見た!!

 糸技を駆使したみごとな「狩り」に感動してしまった。
 もうすっかりコガネグモにはまってしまった!!
 そのとき、私は「たまたま」と思ったが、後日わかってきたことだが、これはそんな偶発的なことではなかったのだ。
▼このときから、意識的に周辺を観察するようになった。
 そして、毎年、何匹ものコガネグモに出会うようになったのだ!!

 つまり2013年に突然身近に現われたのではなく、これまでもずっと身近に一緒に暮らしていたのだ!!

 コガネグモだけでなく、いろんなクモたちが身近に暮らしていた!!
 ・ゲホウグモとの2度の出会い(2014年、2016年)
 ・ジョロウグモの産卵 → 出嚢 → 「団居」(まどい)→ バルーニング(旅立ち)
 ・隠れ帯の「ふしぎ!?」
 ・巧みな糸技の数々
 などなど
 この7年半のあいだに実に多くの「ふしぎ!?」をみせてもらってきた。
 でもやっぱり最高に「ふしぎ!?」なのは 
 この「ふしぎ!?」に今までどうして気づかなかったのだろう!?
 ということだ。

 最大の「ふしぎ!?」は最も身近にある!!

▼来年以降、自由に「動ける」にようになったら、ぜひやってみたいことがある。
 2つある。

(1) クモ関係の学会に参加し、リアルにたっぷり「クモの話」を聴きたい!!

(2) クモに特化した観察会に行きたい!!

 さて、それはいつ実現するだろう。
 実現すれば、さらに身近なクモたちのことが面白くなるだろう。
 楽しみである。 o(^o^)o ワクワク
 
 

| | コメント (0)

今年もやっぱりコガネグモがやって来た!!(2020/06/29) #クモ学 #コガネグモ #大賀ハス

_dsc9044

▼ やっぱり来てくれた!!今年も!!
  コガネグモに出会うのは、これで8年連続であった!!

 今年、ここで最初に出会ったのは、2020/06/26だった。
 ところが、2020/06/28の夕方いったん姿を消したんだ。しかし、やっぱり再登場だ!!
 くずれかけてはいるが「X」形の隠れ帯!!
 みごとなネット!! 
8年目になるつき合いのなかで、貴奴からいろいろ学んできた。
 しかし、まだまだわからない「ふしぎ!?」がいっぱいあった。
 まずもって第一の「ふしぎ!?」は、なぜ家から数十mというこんな近くで出会うことができるのだろうか?である。
 コガネグモに好都合な環境があるのだろうか?
 それは何?
 「エサ」→「虫」→「光」「水」→「植物」環境 →それとも !?
 またまた無手勝流で勝手な作業仮説を繰り返してみる!!
 なかなか楽しい作業だ。
▼継続観察しているもうひとつも、あらたな展開がはじまった。
 大賀ハス第2号の「あこがれの4日間」が始まったのだ。
 第1号の終了の翌日から始まるとは!!
 今回は、より規則的な動きをする!!
 「めしべ」は10個である。
 10時過ぎにはもう閉じてしまった。

_dsc9011

_dsc9118

_dsc9123

▼「自然」とはまだまだ私の知らない「ふしぎ!?」でいっぱいだった。 
 コガネグモや大賀ハスを観察し続けていると 
 あのコトバが実感をともなって浮かんでくるのだった。

 「自然」は最高の教科書!!

_dsc9181

_dsc9202

_dsc9220

| | コメント (0)

コガネグモがまだ登場して来ない!? #クモ学 #コガネグモ

_dsc6090

▼ じっと目を凝らして見る。でも本体はどこに居るのかわからなかった!!
  ゴミグモだ!!
 
 ゴミは食べかす、脱皮がら、枯れ葉片などの塵芥だそうだ。ゴミ屋敷の主・ゴミグモはこのなかに居ると言うが (・_・)......ン?
 朝に輝くクモ!!
 山ぎわにはサツマの実(ハゼの実)にそっくりなサツマノミダマシなどもすでに登場していた。
 そうもうクモたちのシーズンがはじまっていたのだ。

_dsc6082

_dsc6122

私の「クモ学」のはじまりは「コガネグモの狩り」を偶然に目撃したことだった。

●コガネグモの「狩り」を見た!!(2013/07/09)

 2013年夏のことである。
 こんなに面白い生き物が、こんな身近にいっしょに生きているなんて!!

▼それ以来毎年、この近くでコガネグモを見てきた。
 私は、この近くを勝手に「私のクモ園」と名づけた。
 コガネグモは、私の「クモ学」の主役だった!!
 毎年、何匹ものコガネグモたちと出会ってきた。
 ちなみに昨年出会ったコガネグモは、「私のクモ園」以外も含めて18匹だ。
 昨年、最初に出会ったのは2019/06/03だった。
 なのに今年は、まだ一匹もコガネグモを見ていない。
 すごく不安になってきた。
 2013年以来7年連続してずっと出会ってきたコガネグモが、まだ登場しないなんて!?
▼そこで、あらためて私の「クモ学」の「記録」を見てみた。
 そうすると、7月になって「初登場」という年も多いのである。
 ここのところ何年か、6月中に出会ってきたから、そのように思い込んでいたようだ。
 では、その次に気になってきたのは、登場する時期は何によってきまるのだろう!?
 という疑問だった。

 ハグロトンボもいつもの夏と同じように飛び始めている。
 我らが主役・コガネグモはいつ登場するのだろう?

 ほんとうに登場してくるのだろうか o(^o^)o ワクワク

_dsc6106

| | コメント (0)

より以前の記事一覧