本日(2019/12/07)、第240回オンライン「寅の日」!!#traday #寺田寅彦

Dscn4102_20191207050301

Dscn4153_20191207050301

▼「大雪」
 11回目の「土佐の寅彦」詣の旅から2週間がたとうとしている。
 しかし、まだまだ旅の余韻のなかにいた。
 寺田寅彦邸の庭の草花・樹木
 友の会のみなさんとの会話
 あの寺田寅彦の銅像
 種崎の海岸
 等々 まざまざと蘇ってくるのだった!!
 そして 銅像のあのコトバも
 
 「ねえ君 ふしぎだと思いませんか」

▼朝起きて、久しぶりに復活した「寅彦珈琲」を入れた!!
 そう、本日(2019/12/07)は、第240回オンライン「寅の日」である。
 12月のテーマは
 「中谷宇吉郎に「寅彦」を読む!!」
 である。オンライン「寅の日」8年目にして、はじめてである。寅彦以外の随筆を読むのは。
 第一弾として読むのは「指導者としての寺田先生」(中谷宇吉郎 青空文庫より)である。

◆本日(2019/12/07)、第240回オンライン「寅の日」!!

●「指導者としての寺田先生」(中谷宇吉郎 青空文庫より)

▼「中谷宇吉郎 雪の科学館」で宇吉郎の「年譜」を見ていて、あらためて気づいた。
 恩師・寺田寅彦が亡くなったのは、宇吉郎35歳のときである!!
 実に若い!!若き科学者宇吉郎にとって「寅彦」とは!?
 これが、今月のテーマである。この随筆は、寅彦が亡くなった(1935.12.31没)翌年の3月に書かれている。
 
 宇吉郎が師・寺田寅彦を敬愛していたかがわかる文章がつづく。

 若い仲間の集りにありがちなこととして、時には情熱的な興奮をもって誰かの行為に対して批難がましい話をするようなこともあった。そのような話が先生の耳に入ると、よく先生は、「相手の人の身にもなって考えなくちゃ」といわれたものであった。そのような一言半句にも先生は極めてプラクチカルな指示を与えられた。相手の身になって一応考えて見ることによって、つまらぬ心の焦燥を霧消させ得た経験はその後(ご)限りなくある。
また時には先生は極めて抽象的な言葉を用いられることもあった。その時にも「それから時々根に肥料(こやし)をやる事も忘れないで」と附加された。そのような言葉にも実は前から十分にその意味を理解し得るような準備はさせて戴(いただ)いてあったのである。それは、雑誌ばかり読まずに時々本も読むこと、そして出来たら専門以外の本も読むことを折に触れて注意されてあってのことである。

▼今月のテーマにそって、この随筆を第一弾として選んだのにはわけがあった。
 あのコトバがはじめて登場する随筆だからであった!!

 そして先(ま)ず均質一様と考うべき空気の中を、何故(なぜ)わざわざあのように遠廻りをして火花が飛ぶか、そして一見全く不規則と思われる複雑極まる火花の形に或る統計的の法則があるらしいということを不思議がられたそうである。「ねえ君、不思議だと思いませんか」と当時まだ学生であった自分に話されたことがある。このような一言(ひとこと)が今でも生き生きと自分の頭に深い印象を残している。そして自然現象の不思議には自分自身の眼で驚異しなければならぬという先生の訓えを肉付けていてくれるのである。

「ねえ君、不思議だと思いませんか」のコトバがどんな文脈のなかで登場してきたのかがよくわかる!!
「天災は忘れた頃来る」然り
師・寺田寅彦を「寅彦」たらしめているのは、実は中谷宇吉郎なのかも知れない。
 もうひとつだけ引用させてもらおう。

 

先生の流儀は、或る現象の研究には、先ずその現象自身をよく「見る」というのである。

  
 

| | コメント (0)

子規庵の糸瓜から「へちまたわし」を!? #子規庵 #糸瓜

_dsc8437

▼もう師走に入って、三日もたってしまっていた!!
 遅れに遅れて子規庵の糸瓜を収穫したのは、先月の21日だった。
 なんと私はせっかく収穫した糸瓜をそのまま放置してしまっていた!!
 ここから、「へちまたわし」をつくりたいとは思っていた。
 しかし、いろいろあってまとまった時間もとれないまま昨日になってしまっていた。
▼「へちまたわし」をつくるのははじめての経験だった。
 ネットで調べたり、友人に聞いたりしていた。
「においがすごい!!」という話も聞いていた。
 それが少し決断を鈍らせた原因かも知れない。(^^ゞポリポリ
 図書館で二冊本を借りていた。
・『へちま』(吉見律子さく かがくのとも特製版 福音館書店)
・『ひょうたん・へちま』(森 善夫著 家の光協会)
 特に前者は面白い!!「へちまたわし」づくりに私を誘ってくれた!!
▼ネットで調べていると、「におい」の少ない炊き込む方法もあるようだが、今回は昔からの「水漬け」法をとることにした。
 ちょうど大賀ハス観察池用の大きな水槽がひとつあまっていた。
 そこへ、もうすでに枯れてしまっていた一本をのぞき、12本の糸瓜を入れた。
 これもまた、たまたま蓋にふさわしい円い木片があったので上からかぶせた。
 水を張ると糸瓜は浮かんできた。
 そこで、蓋のうえにもうひとつのプラスティク桶を置き、そこに水をいれ「重石」とした!!
 これで完了である。
 こんな簡単な作業なら、もっとはやくやればよかったな。
▼さあ、はたして「へちまたわし」まで行き着くことはできるだろうか!?
 もうひとつの興味は、子規庵の糸瓜の「種子」である!!
 元々は今年の5月に子規庵を訪れたときに「おすそ分け」してもらった5粒の「種子」がすべてのはじまりだった。
 ここからうまく「種子」を取り出せたら、今度が私が「おすそ分け」する番である!!
 それも楽しみである。o(^o^)o ワクワク

_dsc8464_20191204045901

_dsc8514

_dsc8556

_dsc8642

| | コメント (0)

寺田寅彦邸の庭の植物たち(秋編)(2) #traday #寺田寅彦

_dsc7636

▼「大杯」という種類のゆかりの楓があった。
 寺田寅彦記念館友の会の呼びかけ応えて寺田寅彦二女の関弥生さんが寄贈されたものであるという。
 確かに随筆「庭の追憶」には登場していた。それによれば「ついぞ一度もその霜に飽きた盛りの色を見る機会はなかった」のだそうだ。
 「大杯」という名のいわれも、説明を聞いてみてこそ納得である。

_dsc7624

▼「ヤブコウジ(藪柑子)」は寅彦の俳名。随筆集『藪柑子集』もあった。
 寅彦はずいぶん藪柑子がお気に入りだったようだ。なんとなくわかるような気がする。
 庭を長年管理しておられる伊東さんは、この藪柑子を庭のいろんな場所にたくさん育てておられる。
 そんなところにも伊東さんが、どれだけ「寅彦先生」を敬愛しておられるのかわかる。

_dsc7554

▼庭のなかで、他の草花・樹木とちがう印象を受ける植物があった。
 「リュウゼツラン(龍舌蘭)」である。二株あった。
 そのものズバリの随筆「竜舌蘭」もある!!
 降っていた雨がやんだ後のイチョウの黄葉はとびっきりきれいだった。
 その黄葉の落下について、「どこかでスイッチを切って電磁石から鉄製の黄葉をいっせいに落下させるとでもいったような感じがするのであった。」と書いた随筆「藤の実」もあった。
 庭にはぎっしりと「どんぐり」が落ちていた。先日、オンライン「寅の日」でよんだ「どんぐり」を思い出すのだった。

Dscn3787

_dsc7682

_dsc7637

▼こと左様に寺田寅彦邸のほとんどの植物たちは、寅彦の随筆と深くリンクしていた。
 研究会でいただいた伊東さんの「資料」に登場する随筆をリストアップしてみた。

1.「庭の追憶」
2.「芝刈り」
3.「花物語」
4.「嵐」
5.「竜舌蘭」
6.「短章 その一」(「柿の種」)
7.「路傍の草」
8.「沓掛より」
9.「藤の実」
10.「森の絵」
11.「郷土的味覚」
12.「東上記」
13.「重兵衛きんの一家」
14.「物売りの声」
15.「祭り」
16.「自由画稿」
17.「雑記帳より」

 なんと17編にも及んだ!!(もれていたらスミマセン。)
 アリガタイことにこれらすべてが、青空文庫で今すぐにも読める!!

◆作家別作品リスト:No.42 寺田寅彦 (青空文庫)

 さあ、じっくりじっくり復習しておいて、12回目の「土佐の寅彦」詣に備えよう。
 今度は春編がかけるかな。

_dsc7450

_dsc7456

_dsc7461

_dsc7596

_dsc7655

_dsc7612

_dsc7661

_dsc7587

Dscn3886

Dscn3890

Dscn3893

Dscn3899

Dscn3906

_dsc7669

_dsc7671

 

| | コメント (0)

寺田寅彦邸の庭の植物たち(秋編)(1) #traday #寺田寅彦

Dscn3928

_dsc7416

▼まだまだ11回目の「土佐の寅彦」詣の余韻のなかにいた。
 その日、寺田寅彦記念館の入口でむかえてくれたのは、黄葉のはじまった梧桐と紅葉したドウダンツツジ(満天星)だった。
 たしかに春の庭とはちがっていた。

Dscn3781

▼今回の詣でいちばん印象深かったのは、友の会秋季研究会として行なわれた伊東喜代子さん(寺田寅彦記念館友の会幹事・同館管理人)の 「寺田寅彦邸の花に想う」 のお話だった!!
 伊東さんは同館の管理人として30年近く務めてこられた。
 だから、この庭の隅々まで熟知しておられた!!
 庭の植物たちの管理をしてこられた。それだけでない、それらの植物たちについて、寅彦は随筆のなかでどのように語っているかを熟読され、熟知されていた。
 その場では、「下手な鉄砲方式」で闇雲に撮った写真をながめながら、しばし反芻作業を繰りかえしてみたい。
▼入口の梧桐の横に「説明板」が立っていた。
 「説明板」は寅彦の随筆「庭の追憶」を引用してのものだった!!
 すごい説得力をもつものになっていた。
 庭には同様の「説明板」があと2つ立っていた。
 「ヤマブキ(山吹)」(随筆「嵐」引用)
 「ジョウザンボク(常山木)の花」(臭木)(随筆「花物語」[常山の花]引用)
 いずれも寅彦の随筆を引用しての説明板だった。

Dscn3863

_dsc7425

_dsc7436

_dsc7567

▼そこが、ここの庭のもっとも面白いところだった!!
 寅彦が随筆のなかで語り書き残してくれた草花・樹木がいっぱい見ることができるのだ!!
 「寅彦の随筆」⇔「草花・樹木の観察」
 の往復運動を繰りかえしながら、各季節の庭の草花・樹木を楽しめるのだ!!
 まさに
 寅彦ワールドを堪能できるのである!!

(つづく)
 
_dsc7656

Dscn3883

 

| | コメント (0)

11回目の「土佐の寅彦」詣!!(2) #traday #寺田寅彦

Dscn4040

▼11回目の「土佐の寅彦」詣二日目。
 11回目にもなると、「お気に入り」の定番コースをきめていた。まずは

◆高知県立文学館

である。なによりうれしいのは、ここは月曜日でも開いていることだった。
 ここには常設の「寺田寅彦記念室」があった!!
 まずは、超「お気に入り」ビデオ3本を観る。
■「渦巻きの実験」(4分23秒)
■「割れ目と生命」(4分05秒)
■「地滑りの実験」(4分02秒)
 そして、常設展示をみる。何度見ても見るたびに新しい「発見」がある!!
 今回は、「夏子さんの手紙」が特に気になった。
 滅茶苦茶うれしいことがあった。
 前回に訪問したときはなくなっていた「寅彦珈琲」が復活していたのだ\(^O^)/
 オンライン「寅の日」の朝、毎回この「寅彦珈琲」を飲むことからはじめることにしていた。この習慣も、ここ数回ストックがなくなり途切れていた。
 ついうれしくなり大量に入手してしまった。ひょっとしたら、これが今回の旅の最大の収穫かもしれない。

Dscn4024

▼次に向かったのが、2018年7月24日にオーテピアに建立された「寺田寅彦銅像」である。
 寅彦ファン必見のスポットだ!!
 しばし、ここにとどまり、いろんな方向から写真を撮りまくった。
 台座の言葉をゆっくり堪能させてもらった。後ろの「説明板」「ゆかりの地マップ」もなかなかいい!!
 向かいが寅彦の母校、追手前高等学校である。
 この銅像については、次の資料・パンフレットがとても参考になる。

◆『寺田寅彦博士』(銅像完成・生誕140周年記念パンフレット)

Dscn4153

Dscn4138

Dscn4102

Dscn4107

Dscn4123

Dscn4164

Dscn4172

▼次が最近私が独自に定番コースに加えた「高知地方気象台遠隔露場」である。
 ここには、高層気象観測のための「ウィンドプロファイラー」があった!!
 いちはやく「高層気象観測」の必要性を唱えていた寅彦だから、今、生きておれば、きっと見学に訪れるのにちがいない!?
 江ノ口小学校の近くにあった!!

Dscn4184

Dscn4178

Dscn4206

Dscn4215

▼そして最後が、「墓所」である。
 寅彦の墓の前に立ち、オンライン「寅の日」は239回目まで来たことを報告した。
 墓にはきれいな花が手向けてあった。(皇帝ダリア?)
 今回は、「どんぐり」を読んだばかりだったので、特に夏子さんの墓が気になった!!
 夏子さんの墓にじっくりお参りしているうちに、どうしても行ってみたいところが出てきた。
 「種崎」である!!
 「種崎」は、夏子さんが療養していた場所である。
 いつもなら、「墓所」を出てすぐ帰路につくところ、今回は「種崎」海岸まで行ってからにした。
 「種崎」に着くと、いきなりうまく「貴船神社」行き着いた。
 若き日の寅彦が夏子さんを見舞ったとき、この森影の広場で、盆踊りをみたという場所だ。
 次に海岸に出てみた!!おお太平洋だ!!
 向かいの桂浜からなにやら放送が聞こえてきた。
 静かな海辺を若き日の冬彦(寅彦)と夏子さんが連れだって歩いてはいないかと目をこらしてみるのだった!!

Dscn4262

Dscn4294

Dscn4333

Dscn4334

Dscn4340

Dscn4382

Dscn4393

Dscn4408

Dscn4436

Dscn4438

 

| | コメント (0)

11回目の「土佐の寅彦」詣!!(1) #traday #寺田寅彦

Dscn3768

Dscn3775


▼11回目の「土佐の寅彦」詣の起点はやはり、ここ「寺田寅彦記念館」であった。
 そしていちばん参考になるのが

◆土佐の寅彦 寺田寅彦記念館友の会(公式HP)

だった。初回の「土佐の寅彦」詣のときから、ここを参考に「ゆかりの地」をめぐったりしていた。
 「友の会」の貴重な情報も、ここにいっぱい詰まっていた!!
▼今回の「土佐の寅彦」詣のメインイベントのこともここの「掲示板」に案内されていた。

■令和元年度秋季研究会(「掲示板」より)
・日時 令和元年11月24日(日)午後1時30分から
・場所 寺田寅彦記念館
・講師 伊東喜代子 寺田寅彦記念館友の会幹事(同館管理人)
・演題 「寺田寅彦邸の花に想う」
・内容 寺田寅彦記念館に咲く草花・樹木などを、関連する寺田寅彦の随筆とともに紹介し、寺田寅彦に思いをはせる。

▼たいへん興味深い内容だった。
 実はオンライン「寅の日」の11月のテーマを「寅彦と草花・樹木」としたのは、この秋季研究会の予習をかねるという意図もあった。
 3回のオンライン「寅の日」では
・「花物語」

・「庭の追憶」

・「どんぐり」

を読んだ。研究会でもこの三作品は度々登場してきたので、少しは役だってうれしかった。
 しかし、結論から言うと、まだまだだった!!こんな「にわか」勉強では、なかなか追いつかなかった!!
 その圧倒的な知識・「寅彦愛」に感動するばかりだった!!
 寺田寅彦邸の庭の草花・樹木ひとつひとつをあげながら、それについては寅彦はどの随筆のどこでふれているかをくわしくお話してくださったのだ!!
 驚き、感動し、感服するばかりだった!!
 さらに驚くのは、どんな質問をしても、即座に答えて下さるのだ。うれしいことにプラスアルファの知識も加えて教えてもらえるのだ。
 説明を聞いたあとで見る草花・樹木たちは、それまでにましてより生き生きと見えてくるのだった。
▼お話のための「資料」もたいへん充実していた。
 今ひとつ、ひとつ読み返している。
 読み返してみて、はじめて「そういうことだったのか!!」 (゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウンと納得することも多い。
 次回の「土佐の寅彦」詣までにちゃんと復習をしておきたい。
 ありがとうございました。

 とても興味深い資料も手に入れた。
・『寺田寅彦邸址の庭園樹』(寺田寅彦記念館友の会)
・『寅彦随筆の草と花』(寺田寅彦記念館友の会)
(※先の「掲示板」には入手案内も出ていた!!)
  
(つづく)

Dscn3813

Dscn3858

 

| | コメント (0)

本日(2019/11/25)、第239回オンライン「寅の日」!!#traday #寺田寅彦

_dsc7344

▼実は、只今11回目の「土佐の寅彦」詣の旅の途中だった。
 オンライン「寅の日」がスタートしたのが、2012年4月。
 第1回目の「土佐の寅彦」詣が同年の8月!!
 オンライン「寅の日」と私の「土佐の寅彦」詣とは深くリンクしていた。
▼本日(2019/11/25)は、第239回オンライン「寅の日」である。
 11月3回目である。
 11月テーマは「寅彦と草花・樹木」!!
 このテーマも、このたびの11回目の「土佐の寅彦」詣と深く関係していた。それは後ほど…。
 今日、読むのは「どんぐり」である。

◆本日(2019/11/25)、第239回オンライン「寅の日」!!

●「どんぐり」(青空文庫より)

▼今朝起きて、今一度「どんぐり」を読んでみた。
 昨日、教えてもらったことをふりかえってみると、この作品の背景を知っておく必要があると思った。
 そこで、『寺田寅彦ー天然に育まれし眼差しー』(高知県立文学館)の「年譜」から関連しそうな部分を引用させてもらう。
 寅彦の年齢は数え年で示してある。

●1897(明治30)年  20歳
 7月24日、阪井重季の娘夏子(15歳)と結婚。
●1901(明治34)年  24歳
 2月、夏子と小石川植物園へ行き、夏子は団栗を拾う。のち、高知へ帰り種崎で療養。
 5月26日、種崎で長女貞子が生まれる。
 9月、(寅彦)夏休みに帰省中肺炎カタルを患い、高知県須崎の浜で療養。一年間大学を休学。
●1902(明治35)年 25歳
 4月、須崎から高知の家へ戻り自宅養生。
 7月末、夏子は種崎から浦戸へ移って療養。
 8月21日、夏子を浦戸に見舞う。
 9月19日、正岡子規死去。
 11月15日、夏子死去(20歳)。
●1905(明治38)年 28歳
 1月『ホトトギス』で漱石の「我が輩は猫である」の連載始まる(翌年の8月まで)。
 2月25日、漱石宅の文章会に出席。
 4月『ホトトギス』に「団栗」掲載。

かくして、「どんぐり」は生まれた!!

▼単純なふたつの驚き!!
・寅彦も夏子さんも若い!!
・寅彦は文章がうまい!!
 2つ目のいかにもシロウトならではの驚きは、次のようなところで感じた。
「実にいい天気だ。「人間の心が蒸発してかすみになりそうな日だね」と言ったら、一けんばかりあとを雪駄せったを引きずりながら、大儀そうについて来た妻は、エヽと気のない返事をして無理に笑顔えがおをこしらえる。この時始めて気がついたが、なるほど腹の帯の所が人並みよりだいぶ大きい。」

「睡蓮すいれんもまだつめたいどろの底に真夏の雲の影を待っている。」

)「「「「どんぐりを拾って喜んだ妻も今はない。お墓の土にはこけの花がなんべんか咲いた。山にはどんぐりも落ちれば、ひよどりの鳴く音に落ち葉が降る。ことしの二月、あけて六つになる忘れ形身のみつ坊をつれて、この植物園へ遊びに来て、昔ながらのどんぐりを拾わせた。」

いつもの「土佐の寅彦」詣の定番コースでもあるが、最後に夏子さんのお墓にも参ってかえろうと思う。

 

 

| | コメント (0)

Facebook版・サイエンスカフェ「寅の日」その後 #traday #寺田寅彦

_dsc0158

▼軌道修正はやりながら考えていくこととし、とりあえずFacebook版・サイエンスカフェ「寅の日」を立ちあげたのは今年の3月9日であった。

◆Facebook版・サイエンスカフェ「寅の日」がスタート!!(2019/03/09) #traday #寺田寅彦

 今さらのごとく、いつもの自分の「無手勝流」にあきれてしまう!!
 「とりあえずはじめてやりながら…」という作風は、ながいあいだのネット世界で学んだことでもある。
▼9ヶ月近く経った今、どこまで来たのだろう?
 最初に思いつくままにあげていた、6つの<やりたいこと>を今一度ならべてみよう。

(1) オンライン「寅の日」(寺田寅彦の随筆をオンラインで読む会)をサポートする。
(2) オフライン「寅の日」の企画を提案する。
(3) サイエンスカフェ「寅の日」実現に向けて、日常的な情報交換をする。
(4) 「寅の日」をめぐるヒューマンネットワークを構築する。
(5) 俳句結社「寅の日」準備会
(6) 寺田寅彦の随筆をきっかけに「科学」を愉しむ。

▼(2)と(5)に関連して少し進んだことがある。
 俳句結社「寅の日」の発足(2019/09/19)!!
 である。
 まだ、具体的な動きははじまっていない。
 今日(2019/11/24)、今から11回目の「土佐の寅彦」詣にでかける。
 「これから」について、多くの「ヒント」みつけたいと思っている。
▼特に
(4) 「寅の日」をめぐるヒューマンネットワークを構築する。
 に関しての期待が大きい!!
 どんな「出会い」が待っているだろう。楽しみである!! o(^o^)o ワクワク

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから35週目であった。
 葉は完全に緑を失い、朽ち果てるのみであった!!
 観察池は「初氷」「初雪」観察の「標本池」として活躍してくれるだろう。さて、それはいつ…!? 

_dsc7125

| | コメント (0)

子規庵の糸瓜を収穫した!! #子規 #糸瓜

_dsc6891

▼今年は、春から「子規づいて」いた!!
 子規を訪ねて伊予松山へ旅したのは3月のことだった。
◆子規を訪ねて~伊予松山へ~(1)
◆子規を訪ねて~伊予松山へ~(2)
 そして、5月には根岸の「子規庵」を訪問した。
◆東京スカイツリー「雲見」・子規庵・目黒寄生虫館を巡った!!
▼5月に「子規庵」を訪ねたときに、5粒の糸瓜の「種子」をおすそ分けしてもらった。
 5月の末に種子を蒔いて、4粒がうまく発芽した。
 どこまで成長するのかわからなかった。蔓が伸び出したころ半信半疑のままネットを張った。
 その後、ひとつの糸瓜の実ができた。
 とても、うれしかった\(^O^)/
 9月、子規忌・糸瓜忌には、俳句結社「寅の日」を立ちあげた!!
◆本日(2019/09/19)、俳句結社「寅の日」発足!! #traday #寅の日 

_dsc6296

_dsc6327_20191122053201

_dsc6320

▼その後も、いくつもの糸瓜の実ができて成長しつづけた。
 巨大な糸瓜は台風にも耐えて大きくなりつづけた。
 「いつ収穫するのか!?」決断がつかぬまま冬が近づいてしまっていた。
 昨日(2019/11/21)、思いきって巨大になった糸瓜を収穫した!!13個もあった\(^O^)/
 最初に実をつけた糸瓜は、もうすっかり枯れてしまっていた。
 13個をひとつずつステージにのせ、大きさ(長さ、太さ:いちばん太いところの胴回り)を測ってみた。
1 56㎝ 38㎝
2 47㎝ 32㎝
3 44㎝ 31㎝
4 42㎝ 34.5㎝
5 42㎝ 29㎝
6 42㎝ 27㎝
7 41㎝ 24㎝ (トップに実になったもの、すでに枯れている)  
8 40㎝ 32㎝
9 38㎝ 31㎝
10 36㎝ 29㎝
11 35㎝ 25㎝
12 30㎝ 30㎝
13 21㎝ 22㎝

_dsc6454

_dsc6466

_dsc6475

▼さてここから、「種子」を取り出したいなあ。
 いくらぐい種子を取り出せるだろう!?
 その種子、今度は「子規庵糸瓜の種子」として、私が「おすそ分け」してみたいな。
 「糸瓜のたわし」もつくりたいな!!
 実はやったことがない!! 初挑戦だ!!
 うまく行くかな。 o(^o^)o ワクワク
 
_dsc6876

_dsc6836
 

| | コメント (0)

2019年12月のオンライン「寅の日」は #traday #寺田寅彦

Dscn0103_20191120050801

Dscn0088_20191120050701

▼残暑厳しい今年の9月10日。
 私は久しぶりに「中谷宇吉郎 雪の科学館」を訪ねた。
これまで以上に時間をかけて、じっくりと「雪の科学館」を堪能させてもらった。
そのとき、こんなことを書いていた。

 やっぱり私がいちばん気になるのは寅彦がらみのところだった。
 寅彦から譲り受けたというネクタイが展示してあった。
 年譜を見ていて気づいた。寅彦が亡くなったとき宇吉郎は35歳だった!!若い!!
 宇吉郎にとって寅彦という存在は!?
 寅彦にとって宇吉郎という存在は!?
 また、オンライン「寅の日」でもとりあげたいテーマでもある。 
 

Dscn0061_20191120050701

▼2019年12月のオンライン「寅の日」の計画を立てる時期である。
 実はこのときにテーマは決めていたのである!!
 「中谷宇吉郎に「寅彦」を読む!!」
 と。12月は3回(年に一度の特番を含めて)ある。

■2019年12月オンライン「寅の日」!!
◆第240回オンライン「寅の日」 …12/07(土)
◆第241回オンライン「寅の日」 …12/19(木)
◆第242回オンライン「寅の日」 …12/31(火)

▼オンライン「寅の日」をはじめて8度目の冬を迎えようとしている。
 はじめてのことだった!!
 寅彦以外の人の書いた文章を読むのは。
 それにしても、中谷宇吉郎が師・寺田寅彦について語った随筆の多いことか!!
 私たちは、ひょっとしたら中谷宇吉郎の眼を通して、「寅彦」像をつくってしまっているではないかと思うほどだ。
 迷ったあげく2つに決めた。
 「指導者としての寺田先生」 「寺田寅彦の追想」に。
 12/31は寅彦の命日。だから<特番>に読むものは決めていた。
 「日本人の自然観」を読みながら「ゆく年くる年」を!!

■2019年12月オンライン「寅の日」!!

◆第240回オンライン「寅の日」 …12/07(土)「指導者としての寺田先生」(中谷宇吉郎 青空文庫より)

◆第241回オンライン「寅の日」 …12/19(木)「寺田寅彦の追想」(中谷宇吉郎 青空文庫より)

◆第242回オンライン「寅の日」 …12/31(火)「日本人の自然観」(青空文庫より)

▼9月、「雪の科学館」へ向かうバスのなか、首からカメラをぶらさげている私に向かってバスガイドさんが教えてくれたった。
 「雪の季節なら、ここからの景色が最高なんですよ!!」
 「ぜひ雪の季節にもう一度…」
 そう言えば、まだ雪の季節に「雪の科学館」を訪れたことがなかった。
 中谷宇吉郎を読んでいるこの機会に訪ねてみたくなった。
 9月とはまたちがった景に出会えそうな…。
  
 「冬の華」の景は…
 
Dscn0049_20191120050701

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧