本日(2017/09/24)、第171回オンライン「寅の日」!!#traday

Dsc_4759
▼「引っ越し」した大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから22週目だった。
 先日の台風18号の風で直立した果托はもう一本もなくなってしまった。その向かいに我がヒガンバナ定点観察の庭があった。
 定点A~D、東京からの「引っ越し」ヒガンバナの今(2017/09/23)を「記録」しておこう。
 いつの日か「言葉」「文章」になることを期待して…。
▼本日(2017/09/24)、第171回オンライン「寅の日」である。
 9月に読むのは 「科学と文学」 の一本である。
 本日はその2回目だ。

◆本日(2017/09/24)、第171回オンライン「寅の日」!!#traday

「科学と文学」(2)(青空文庫より)

▼にわかには84年も前に書かれたと信じがたい文章である。
 きわめて示唆的かつ今日的「言葉」「文章」がならぶ。何度読んでもポンコツ頭にどれほど本意を読み解けたか不安ではあるが、ひとつの結論を持っていた。
 
 これは、科学者・寺田寅彦の「随筆のすすめ」である!! 

 そう思ったところを少し引用させてもらおう。

 そういうことから考えても、科学者が科学者として文学に貢献しうるために選ぶべき一つの最も適当なる形式はいわゆるエッセーまた随筆の類であろうと思われる。
 それはとにかくとして、現在において、科学者が、科学者としての自己を欺瞞することなくして「創作」しうるために取るべき唯一の文学形式は随筆であって、そうしてそれはおそらく、遠き「未来の文学」への第一歩として全く無意味な労力ではないと信ずるのである。

▼「科学」に興味を持ち少しは関わってきたとは言え、「科学者」ではないポンコツ理科教師の私が言うのも少し恥ずかしいが、

私もいつの日か、寅彦の言う「随筆」を書いてみたい!!

と思っていた。
 そんな私に次なる文章は示唆的だ。

 科学者が自分の体験によって獲得した深い知識を、かみ砕きかみ締め、味わい尽くしてほんとうにその人の血となり肉となったものを、なんの飾りもなく最も平易な順序に最も平凡な言葉で記述すれば、それでこそ、読者は、むつかしいことをやさしく、ある程度までは正しく理解すると同時に無限の興趣と示唆とを受けるであろうと思われる。
 それで、考え方によっては科学というものは結局言葉であり文章である。文章の拙劣な科学的名著というのは意味をなさないただの言葉であるとも言われよう。

Dsc_4724

Dsc_4734

Dsc_4662

Dsc_4741

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日(2017/09/24)、第171回オンライン「寅の日」!!#traday

Dsc_4759
▼「引っ越し」した大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから22週目だった。
 先日の台風18号の風で直立した果托はもう一本もなくなってしまった。その向かいに我がヒガンバナ定点観察の庭があった。
 定点A~D、東京からの「引っ越し」ヒガンバナの今(2017/09/23)を「記録」しておこう。
 いつの日か「言葉」「文章」になることを期待して…。
▼本日(2017/09/24)、第171回オンライン「寅の日」である。
 9月に読むのは 「科学と文学」 の一本である。
 本日はその2回目だ。

◆本日(2017/09/24)、第171回オンライン「寅の日」!!#traday

「科学と文学」(2)(青空文庫より)

▼にわかには84年も前に書かれたと信じがたい文章である。
 きわめて示唆的かつ今日的「言葉」「文章」がならぶ。何度読んでもポンコツ頭にどれほど本意を読み解けたか不安ではあるが、ひとつの結論を持っていた。
 
 これは、科学者・寺田寅彦の「随筆のすすめ」である!! 

 そう思ったところを少し引用させてもらおう。

 そういうことから考えても、科学者が科学者として文学に貢献しうるために選ぶべき一つの最も適当なる形式はいわゆるエッセーまた随筆の類であろうと思われる。
 それはとにかくとして、現在において、科学者が、科学者としての自己を欺瞞することなくして「創作」しうるために取るべき唯一の文学形式は随筆であって、そうしてそれはおそらく、遠き「未来の文学」への第一歩として全く無意味な労力ではないと信ずるのである。

▼「科学」に興味を持ち少しは関わってきたとは言え、「科学者」ではないポンコツ理科教師の私が言うのも少し恥ずかしいが、

私もいつの日か、寅彦の言う「随筆」を書いてみたい!!

と思っていた。
 そんな私に次なる文章は示唆的だ。

 科学者が自分の体験によって獲得した深い知識を、かみ砕きかみ締め、味わい尽くしてほんとうにその人の血となり肉となったものを、なんの飾りもなく最も平易な順序に最も平凡な言葉で記述すれば、それでこそ、読者は、むつかしいことをやさしく、ある程度までは正しく理解すると同時に無限の興趣と示唆とを受けるであろうと思われる。
 それで、考え方によっては科学というものは結局言葉であり文章である。文章の拙劣な科学的名著というのは意味をなさないただの言葉であるとも言われよう。

Dsc_4724

Dsc_4734

Dsc_4662

Dsc_4741


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月のオンライン「寅の日」は #traday

Dsc_4076
▼シロバナヒガンバナと言えども蕾にはどこか赤色を内包しているように見えた。
 それにしてもこの「律儀さ」はどこからくるのだろう?
今日は「彼岸の入り」である。
 庭の定点ヒガンバナは定点AからDまでどれもが多少の早い遅いの違いがあるが、きっちり顔を出していた。
▼2017年10月のオンライン「寅の日」の計画を考える時期だ。
 自然の「律儀さ」を現わしたものに歳時記がある。かつて寅彦は歳時記についてこう言った。

 

『歳時記は日本人の感覚のインデックス(索引)である』


 10月のテーマも繰り返しになるが、これでいこうと思う。

 【10月テーマ】 寅彦と「俳句」 

 10月は3回ある。

■2017年10月オンライン「寅の日」

◆第172回オンライン「寅の日」 …10/06(金)
◆第173回オンライン「寅の日」 …10/18(水)
◆第174回オンライン「寅の日」 …10/30(月)

▼寅彦は「俳句」「俳諧」「連句」に関して多くの随筆を書いていた。
 そのなかでもいくつかの「定番」を決めていた。今回もそのなかの3つでいこうと思う。
 「俳句の精神」「天文と俳句」「俳諧の本質的概論」である。

■2017年10月オンライン「寅の日」

◆第172回オンライン「寅の日」 …10/06(金) 「俳句の精神」

◆第173回オンライン「寅の日」 …10/18(水) 「天文と俳句」

◆第174回オンライン「寅の日」 …10/30(月) 「俳諧の本質的概論」

俳句結社「寅の日」!!
 それは遠い遠い夢物語。
 如何に遠い道であっても、最初の一歩をはじめなければなにも始まらない。
 それも事実である。
 
 吟行「ヒガンバナ」はいつでかけようかな!?

Dsc_4054

Dsc_4060

Dsc_4031

Dsc_4039


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日(2017/09/12)、第170回オンライン「寅の日」!!#traday

Dsc_3002
▼昨日の夕方、今にも雨が降ってきそうな気配であった。
 朝方は外出するためにあわただしくしていて、花芽が出はじめたヒガンバナを見に行っていなかった。目を離しているあいだに花茎がスルスルと伸びてきているのではと気がかりだったので、薄暗くなったなか見に行った。
 やっぱりそうだ!!
花茎は伸び、赤い部分が頭巾からはみ出してきていた。地面から顔を出した花芽の数も圧倒的に増えていた。
 やがて雨が降ってきた。
 この雨があがればさらに…。
▼本日(2017/09/12)は、第170回オンライン「寅の日」である。
9月に読むのは「科学と文学」一本である。
だから9月のテーマも そのものズバリ 「科学と文学」でいく。
その一回目が本日である。

◆本日(2017/09/12)、第170回オンライン「寅の日」!!#traday

●「科学と文学」(1)(青空文庫より)

▼私はずっとずっとこの文章が気になっていた。
 だからオンライン「寅の日」のなかでも繰り返しとりあげ読み解きに挑戦していた。
 寅彦が亡くなる前々年(昭和8年)に書かれたこの文章は科学者・寺田寅彦の集大成とも読み取れた。
 鎌田浩毅氏流に言えば
 
 「寺田寅彦を「活用」する」(鎌田)ためのヒントがここにある!!

 と思っていた。もちろん同じ「活用」すると言っても、鎌田氏と私とではレベルがまったくちがうだろうが、それも承知のうえでやっぱりこう言いたいのだ。
▼今回の読み解きはちょっとかわったかたちで挑戦してみようと思う。
 まず最初に文章全体を俯瞰してみよう。
 小見出しのフレーズを列挙するところからはじめてみる。

・緒言
・言葉としての文学と科学
・実験としての文学と科学
・記録としての文学と科学
・芸術としての文学と科学
・随筆と科学
・広義の「学」としての文学と科学
・通俗科学と文学
・ジャーナリズムと科学
・文章と科学
・結語

 どこから読んでも面白い気がしてきた。
 どんな文脈で寅彦を読むか。
 それはひとそれぞれだろう。またそれに従って、寅彦の「活用」方法もそれぞれだろう。
 ひとそれぞれちがうから面白い。
 だからこそ学び合うに値するのだろう。
 私は元祖サイエンスコミュニケーターとしての寅彦の「活用」を考えている。

 今回は緒言のなかから一文だけを引用させてもらおう。

全くそのころの自分にとっては科学の研究は一つの創作の仕事であったと同時に、どんなつまらぬ小品文や写生文でも、それを書く事は観察分析発見という点で科学とよく似た研究的思索の一つの道であるように思われるのであった。

(つづく)

Dsc_3021


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日(2017/08/31)、第169回オンライン「寅の日」!!#traday

Dscn8530
▼8月が終わる!!
 今、あらたな「雲見」定点観測地を模索していた。アメダスを画像内におさめることのできる現在の定点は大のお気に入りだが、物理的に不可能となれば変更せざるを得ないのだ。
 
 9月が明日からはじまる。本格的台風上陸シーズンである。

▼本日(2017/08/31)は、第169回オンライン「寅の日」である。
 8月の「寅の日」のテーマ
・寅彦と「風」
 であった。これまでの2回は海陸風を中心としたものを読んだ。
 今回は「風」のなかでも特筆すべき台風に関する「颱風雑俎」を読む。

◆本日(2017/08/31)、第169回オンライン「寅の日」!!#traday

●「颱風雑俎」(青空文庫より)

▼寅彦最晩年のエッセイである。
 これまでに鳴らし続けてきた警鐘「天災は忘れた頃に来る」の考えがバークボーンとしてあるように思えた。
 昭和9年9月の「室戸台風」についての話からはじまっていた。
 話は多岐にわたっているが、私が注目した点は前回と同じく3つである。

 ひとつめは「相地術」である。

昔は「地を相(そう)する」という術があったが明治大正の間にこの術が見失われてしまったようである。颱風もなければ烈震もない西欧の文明を継承することによって、同時に颱風も地震も消失するかのような錯覚に捕われたのではないかと思われるくらいに綺麗に颱風と地震に対する「相地術」を忘れてしまったのである。
このように建築法は進んでも、それでもまだ地を相することの必要は決して消滅しないであろう。

私流に読み解けば、
「自分が地理的・地形的にみてどんなところに住んでいるか」を把握することが、防災減災の第一歩ということだろうか。

 ふたつは「理科教育」についてである。

これに限ったことではないが、いわゆる理科教育が妙な型にはいって分りやすいことをわざわざ分りにくく、面白いことをわざわざ鹿爪(しかつめ)らしく教えているのではないかという気がする。子供に固有な鋭い直観の力を利用しないで頭の悪い大人に適合するような教案ばかりを練り過ぎるのではないかと思われる節もある。これについては教育者の深い反省を促したいと思っている次第である。

長年まがりなりにも理科教育に携わってきた人間としては反駁したい気分でいっぱいである。
 でも少しそうかもしれないと納得するところもあるというのが正直なところだ。

▼3つ目は「事実の観測」についてである。

 颱風のような複雑な現象の研究にはなおさら事実の観測が基礎にならなければならない。それには颱風の事実を捕える観測網を出来るだけ広く密に張り渡すのが第一着の仕事である。
  

 「事実の観測」があってこその「科学的」である!!
 寅彦がこう言ってから82年経った。「事実の観測」もずいぶん進化しただろう。
 「事実の観測」から得た情報に敏感であろう。
 
 さあ、今年の9月はどんな台風が…?
 15号はどう動くのだろう?   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月のオンライン「寅の日」は #traday

Dsc_1860
▼大賀ハス蓮根の植え替えをしてから17週目。
 「水栽培池」の方は、水漏れが進行し、葉はすっかり枯れかけてしまった。いくつもの果托が佇立するのみだ。

 今年の夏の終りで、大賀ハスの種子を三粒を阪本尚生さんから「おすそ分け」していただいてからちょうど10年になる。今、この10年間に見聞きしたことを基に私の「大賀ハス物語」を書いてみたい衝動にかられている。

▼2017年9月のオンライン「寅の日」を考える時期が来ている。
 寺田寅彦の文章に魅了されるようになって6年目の夏が終わろうとしている。
 文章の巧みさもさることながら、80~90年の時空を超えて感動が伝わってくるのはどうしてだろう?
 その秘密が晩年に書かれた「科学と文学」のなかにあるような気がしていた。
 9月は2回あった。

■2017年9月オンライン「寅の日」

◆第170回オンライン「寅の日」 …9/12(火)
◆第171回オンライン「寅の日」 …9/24(日)

▼実はオンライン「寅の日」のなかで、これまでに4度、この随筆を取り上げていた。
 だから今回で5度目である。それだけお気に入りいうか、気になる随筆なのである。
 長文なのでなんでもゆっくりな私にはなかなか寅彦の本意をすばやく読み解くことができないのだが、何かとても大切ことが書いてあると感じていた。読む度に少しずつゆっくり深まっていくようでうれしい!!
 今回は2回に分けて読み進めたい。

■2017年9月オンライン「寅の日」

◆第170回オンライン「寅の日」 …9/12(火) 「科学と文学」(1)(青空文庫より)

◆第171回オンライン「寅の日」 …9/24(日) 「科学と文学」(2)(青空文庫より)

▼5度目の読みで何を知ることができるだろう?
 再発見はあるだろうか?

私の「大賀ハス物語」を書くヒントをもらえることができるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月のオンライン「寅の日」は #traday

Dsc_1860
▼大賀ハス蓮根の植え替えをしてから17週目。
 「水栽培池」の方は、水漏れが進行し、葉はすっかり枯れかけてしまった。いくつもの果托が佇立するのみだ。

 今年の夏の終りで、大賀ハスの種子を三粒を阪本尚生さんから「おすそ分け」していただいてからちょうど10年になる。今、この10年間に見聞きしたことを基に私の「大賀ハス物語」を書いてみたい衝動にかられている。

▼2017年9月のオンライン「寅の日」を考える時期が来ている。
 寺田寅彦の文章に魅了されるようになって6年目の夏が終わろうとしている。
 文章の巧みさもさることながら、80~90年の時空を超えて感動が伝わってくるのはどうしてだろう?
 その秘密が晩年に書かれた「科学と文学」のなかにあるような気がしていた。
 9月は2回あった。

■2017年9月オンライン「寅の日」

◆第170回オンライン「寅の日」 …9/12(火)
◆第171回オンライン「寅の日」 …9/24(日)

▼実はオンライン「寅の日」のなかで、これまでに4度、この随筆を取り上げていた。
 だから今回で5度目である。それだけお気に入りいうか、気になる随筆なのである。
 長文なのでなんでもゆっくりな私にはなかなか寅彦の本意をすばやく読み解くことができないのだが、何かとても大切ことが書いてあると感じていた。読む度に少しずつゆっくり深まっていくようでうれしい!!
 今回は2回に分けて読み進めたい。

■2017年9月オンライン「寅の日」

◆第170回オンライン「寅の日」 …9/12(火) 「科学と文学」(1)(青空文庫より)

◆第171回オンライン「寅の日」 …9/24(日) 「科学と文学」(2)(青空文庫より)

▼5度目の読みで何を知ることができるだろう?
 再発見はあるだろうか?

私の「大賀ハス物語」を書くヒントをもらえることができるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日(2017/08/19)、第168回オンライン「寅の日」!!#traday

Dscn8094
▼いったん青空が見え、猛暑がつづいた。
 しかし、夕方になって再び雷雨となった。未明の強烈な雷雨とあわせて二度も雷雨であった。
 私の暮らす「大気の物理学実験室」で、大気はどのように動いたのだろう!?

 アメダス「福崎」の記録をみながらしばし想像してみた。

▼本日(2017/08/19)は、第168回オンライン「寅の日」である。
 8月のテーマは 
 寅彦と「風」
 である。その第二弾として読むのは「夕凪と夕風」である。
 
◆本日(2017/08/19)、第168回オンライン「寅の日」!!#traday

●「夕凪と夕風」(青空文庫より)

▼昨日、自分が体験したことと重ね合わせながら読んでみた。
 合点がいくことが多かった。ナルホド(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

どうして高知や瀬戸内海地方で夏の夕凪が著しく、東京で夏の夕風が発達しているか、その理由を明らかにしたいと思って十余年前にK君と共同で研究してみたことがあった。それには日本の沿岸の数箇所の測候所における毎日毎時の風の観測の結果を統計的に調べて、各地における風の日変化の特徴を検査してみたのである。

 80年以上前の寅彦の試みが、私にひとつの「野望」をいだかせた。いつものようになんの予備知識も技能もない無手勝流の「野望」である。

 全国の「アメダス」データを利用して寅彦の試みの再現はできないものだろうか!?

▼寅彦はすでにひとつの結論を得ていた。

その結果を綜合してみると、それらの各地の風は大体二つの因子の組合せによって成り立っていると見ることが出来る。その一つの因子というのは、季節季節でその地方一帯を支配している地方的季節風と名づくべきもので、これは一日中恒同なものと考える。第二の因子というのは海陸の対立によって規定され、従って一日二十四時間を週期として規則正しく週期的に変化する風でいわゆる海陸軟風に相当するものである。そこで、実際の風はこの二つの因子を代表する二つのヴェクトルの矢の合成によって得られる一本の矢に相当する。

 再び昨日体験したことを思い出す。
 

そうして海陸の位置分布の関係でこの凪の時間が異常に引延ばされるらしい。

 昨夜の寝苦しい暑さと重ねてみる。
 こうも言っていた。

同じような異常は局部的な雷雨のためにもいろいろの形で起り得るのである。

 どうやら寅彦には「大気の動き」が明確に見えていたようだ。
 少しでも追いつきたいものだ!!

Dscn8101


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日(2017/08/07)、第167回オンライン「寅の日」!!#traday

Dscn7912
「アメダス」の百日紅は紅かった!!
 その「アメダス」の風の「記録」を見た。
 やっぱりそう思う。
 昼間は南寄りの瀬戸内海の方から、夜間は北寄りの中国山脈の方から風が吹いている。もっと台風5号の風が影響しているかと思ったが、まださほどではないようだ。
 「立秋」の本日はどうだろう?

▼本日(2017/08/07)は、第167回オンライン「寅の日」である。
 8月のテーマは、まさにこの「風」だった。
【8月テーマ】 寅彦と「風」 
 まずその第一弾として読むのは「海陸風と夕なぎ」である。

◆本日(2017/08/07)、第167回オンライン「寅の日」!!#traday

●「海陸風と夕なぎ」(青空文庫より)

▼私は恥ずかしながら、ごく最近まで自分自身が「海陸風」の典型の地に暮らしていることに気づかなかった。
 寅彦はきっちりと知っていたようだ!!

 夏期瀬戸内海(せとないかい)地方で特に夕なぎが著しいのはどういうわけかと思って調べてみると、瀬戸内海では、元来どこでもいったいに強くない夏の季節風が、地勢の影響のために特に弱められている。そのために海陸風が最も純粋に発達する。従って風の変わり目の無風が著しく現われるのである。夕なぎに対して朝なぎもあるが、特に夕なぎの有名なのはそれが気温の高い時刻であるがためであろう。

蒸し暑い夕方についてもわかっていたようだ。

夕なぎの継続時間の長短はいろいろな事情にもよるが海岸からの距離がおもな因子になる。すなわち海岸から遠くなるほどなぎが長くなるわけである。

▼防災・減災の第一歩は自分が地理的・地形的にみて「どんなところに暮らしているか!?」を知っておくことだろう。そう考えるとき次なる言葉は示唆的である

 要するに日本の沿岸ではいかなる季節でも、風の日々変化するのを分析すると、海陸風に相当する風の弛張がかなり著しく認められるが、実際にいわゆる海陸風として現われるのは、季節風の弱い時季か、あるいは特別な気圧配置のために季節風が阻止された場合である。  それで、各地方でこういう風の日々変化の習性に通じていれば、その変化の異常から天気の趨勢(すうせい)を知る手がかりが得られるわけである。

さらには「研究」への誘いもつけてくれていた。アリガタイ!!

 以上は一通りの理論から期待される事であるが、実際の場合にどこまでこれが当たるか、各地方の読者の中で気象のほうに興味を持たれるかたがたの各自の研究をおすすめしたいと思うのである。

さあ、今日はどんな「風」が吹くだろう?
どんな「雲見」になるだろう?
台風5号の進路は?
Dscn7905

Dscn7910


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日(2017/07/26)、第166回オンライン「寅の日」!!#traday

Dscn7482
▼その時間じっと西の空をながめていた。
 「水星食」が見られるという時間だ。雨が降っていたが、なんとか時間にはやんでいた。
 でも細い細い月はそこには見られなかった。もちろん水星も…。
 
 「宇宙見物」はきっちり予想できるのに「雲見」は正確には予想できない!?

 「ねえ君、不思議だと思いませんか?」

▼本日(2017/07/26)は、この言葉を口癖として科学者・寺田寅彦を読む第166回オンライン「寅の日」である。
7月のテーマは
・寅彦と「研究」
である。その3回目に読むのは「研究的態度の養成」である。

◆本日(2017/07/26)、第166回オンライン「寅の日」!!#traday

●「研究的態度の養成」(青空文庫より)

▼にわかには信じがたいが、この文章が書かれて約100年が経っていた!!
なのに「なんと今日的な!!」というのが第一印象だ。
 100年の時空を超えて寅彦から理科教師に向けてのエールである。

 「疑問」「質問」「研究」のコトバが繰り返されている。
 「研究的態度の養成」のための理科教師としての心得が呼びかけられていた。

とにかく児童には、知らないことが恥でない、疑いを起さないこと、またこれを起しても考えなかったり調べなかったりすることが大なる恥である、わるいことであるといった精神を充分鼓吹(こすい)してほしいと思う。教師がこの態度になることの必要は申すまでもなかろう。
彼等の求知心を強からしめ、研究的態度に出でしむるようにありたい。科学的の知識はそうそうたやすく終局に達せらるるものではない事を呑み込ませて欲しいものである。時には更に反問して彼等に考えさせることも必要である。勿論児童の質問があるごとにかように話しているわけにはゆかないが、教師の根本態度が、この考えであってほしいのである。 

▼「科学史」にも触れながら次の言葉は示唆的である。

かようにしていって、科学は絶対のものでない、なおいくらも研究の余地はある、諸子の研究を待っているという風にしたいと思うのである。

 寅彦のあたたかい「まなざし」を感じる言葉でもある。
 続いて気をつけることもチクリと指摘してくれていた。アリガタイ!!

ただ一つ児童に誤解を起させてはならぬ事がある。それは新しい研究という事はいくらも出来るが、しかしそれをするには現在の知識の終点を究めた後でなければ、手が出せないという事をよく呑み込まさないと、従来の知識を無視して無闇(むやみ)に突飛(とっぴ)な事を考えるような傾向を生ずる恐れがある。

う~ん、スルドイな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧