吟行と自然散策!!

Dsc_3052
▼寒の入りの朝。
 いつものようにいつものコースを「自然散策」した。
 いちばんの発見は、椿のつぼみのピンクだった!!

 あたたかった正月三が日、そしてその余韻の4日。
 寒に入ったとたん、うって変わり冷たい北風が吹いてきた。まるでその暦にあわせるように…
 やっぱり自然とはどこまでも律儀なものである。
▼私は、基本的には一日に二度「自然散策」にでかる。
 朝、夕方である。
 時間とコースを決めていた。いずれもカメラをぶらさげてである。
 朝は前の竹藪を中心とするコースである。
 これが季節によって「クモ散策」「ヒガンバナ散策」等になる。夕方の方は、いろいろコースを変えたこともあったが、最近は定番コースに落ち着いた。
 自宅→川沿い→「アメダス」→「図書館」(少々読書)→川沿い→自宅 のコースである。
 本来は自然観察が目的ではなかった。運動をしない私の健康対策だった。
 それが、同じ歩くのなら楽しみながら…と、カメラをぶらさげてが定番になってしまったのだ。
 これが今また、もうひとつの楽しみを加えようとしている。
 
 それは、もうこれまでにもやってきていることであったが、より意識的にやってみようということだ!!

 この毎日の「自然散策」をひとり「吟行」としよう!! 

▼そう決めたから、突然と名句が詠めるわけでも、自然観察のスキルがいっきょに向上するわけではない。
アタリマエ!!
のことだ。
 ただ、「雲見」「宇宙見物」に次いで究極の道楽として採用した「俳句」に少しでも親しめるかも知れないというはかない願いからである。
 私にとっての「吟行」は、特別の場所(名所など)にでかけていくものではなく、毎日の「自然散策」そのものなのである。
 これまた安易・安直・安価の「アンアン三拍子!!」だ。

▼とは言いながらも、私にはとんでもないオオボラの夢もある。
正月気分も手伝って、この夢 語っておこう。

俳句結社・「寅の日」の会 結成!!
「寅の日」の会みんなででかける 吟行!!

その日まではひとり吟行を愉しんでおこう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「部分日食」観察は無理だったが…

Dscn2530
▼昨日(2016/03/09)は、残念ながら終日雨だった(/_;)
久しぶり望遠鏡を引っぱり出してきて、前々日にはリハーサルまでやっていた。
 あわせて、これまでに「日食」観察グッズとしてきたものも出して来ていた。
▼それらを見ていると、前回の金環(部分)日食(2012.5.21)の観察を思い出した。
そのときの観察の「記録」を新・【地球と宇宙】DBに残していた。

・金環(部分)日食の記録1(平面鏡を使って)
・金環(部分)日食の記録2(投影板を使って)
・金環(部分)日食の記録3(ピンホールいろいろ)

なつかしくなって見いってしまった。
▼そうこうしているあいだにインドネシアで皆既日食が見られる時間になった。
ネットでライブ中継があると教えてもらったのでそれを見た!!
ダイヤモンドリングがすばらしかった。
コロナ、プロミネンスも!! 思わずその瞬間拍手をしてしまった\(^O^)/
気象衛星からの画像に月の影が見えるというのでそれも見せてもらった。
 そして、何と言っても楽しかったのは、インドネシアに観察ツアーに行っておられる武田康男さんから「おすそ分け」画像を見せてもらったときだ。
 画像そのものも感動だが、知っている人の撮った画像ということで、観察している姿を想像し、その現場の気分まで少しだけ「おすそ分け」してもらったように思えて感動だった!!
▼本来「部分日食」が観察できる時間帯だけでなく、ほんとうに一日雨は降り続いていた。
残念ではあるが、考えてみると「面白い!!」とも思った。
 一億5千万㎞もかなたの太陽と38万㎞の距離にある月が重なる。その影に入る時間帯は刻銘に計算されてわかる!!なのにわずか十数㎞の空間で起こる「天気の変化」はまだ正確には予測できない。
このアタリマエ!!
私にはとっても「ふしぎ!?」だ!!
そして面白い!!と思う。
 私たちは、とっても不思議な「大気の物理学実験室」に暮らしているのだ!!
見えなかったからこそ、見えて来たこともある。
さあ、今日も「雲見」をしよう!! 
Dscn2659
Dscn2634


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「雲見」と「宇宙見物」でまるごと空を楽しむ!!

Dscn8066
▼朝起きたら西の空の月を撮るところからはじめた。
天頂の冬の大三角形、オリオン座。東の金星、木星の惑星!!
早朝「宇宙見物」をたっぷり楽しむ。
やがて「一日でいちばんきれいな空」のときがやってくる。
そして、日の出。
 一日の「雲見」のはじまりである。
▼朝の「雲見」は秋晴れであった。
秋晴れもと地上の観察もいろいろ興味深い。
・割れる石榴
・復活した彼女(ジョロウグモ)
・完熟に向かう「自然結実」ヒガンバナ
やがて「雲見」の空はにぎやかになってきた。
あわや雨が降り始めるのかと思うまでになった。
しかし、その雲たちは消え、つるべ落としの日は沈んでいった。
▼「雲見」と「宇宙見物」はほぼ毎日の日課となってしまっていた。
「雲見」のコトバは宮澤賢治からの借りものである!!

眺(なが)めても眺めても厭(あ)きないのです。そのわけは、雲のみねというものは、どこか蛙の頭の形に肖(に)ていますし、それから春の蛙の卵に似ています。それで日本人ならば、ちょうど花見とか月見とか言う処(ところ)を、蛙どもは雲見をやります。
「どうも実に立派だね。だんだんペネタ形になるね。」
「うん。うすい金色だね。永遠の生命を思わせるね。」
「実に僕(ぼく)たちの理想だね。」
(宮澤賢治『蛙のゴム靴』(青空文庫)より)

▼「宇宙見物」のコトバは寺田寅彦からの借りものである!!

好きなもの 苺 珈琲 花 美人 懐手して 宇宙見物

これは寺田寅彦が昭和9年の一月に詠んだ短歌である。
「懐手して 宇宙見物」が気に入ってしまってお借りしている。

「雲見」も「宇宙見物」も誰でもいつでもできること!!
それがいちばん気に入っているところだ。
自分ひとりでやるだけでも楽しいが、多くの人と一緒にやったらもっと楽しいだろうなと思う。
でもそれは必須ではない。
いろんな楽しみ方があっていいのだから

さあ、今日も早朝「宇宙見物」からはじめた!!

Dscn8079
Dsc_9755
Dsc_9777
Dsc_9814
Dscn8083


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もくもくシールセット(武田康男先生監修 理科ハウス作成)が最高に面白い!!

Dscn6238
▼4月「雲見」カレンダーが完成した!!
 そのカレンダーを見ながら4月の「雲見」をふり返っていた。定点観測地からの「雲見」ばかりでなく、水平移動しての若狭、高知等への「雲見」の旅もあった。
雨ばっかりの「雲見」もあった。終日雲のない青空ばかりの「雲見」もあった。
 これで私は2015年がはじまってから4ヶ月(一年の1/3)、毎月この「雲見」カレンダーをつくってきたことになる。
▼その「雲見」カレンダーをつくるのに使わせもらったのが

◆もくもくシールセット(武田康男先生監修 理科ハウス作成)

だ。これが実に面白いのだ!!
シールセットの説明文を引用させてもらう。

 手持ちカレンダーにもくもくシールをはって、天気の変化を観察しましょう。だれでも簡単に雲の種類を見わけることができる『もくもくチャート』つき。
3か月続けて観察すれば、雲はかせになれます!

三ヶ月分の「もくもくシール」と『もくもくチャート』がセットになっているのだ。
▼私も以前から「雲見」をしていた。「雲見」のうた をつくったりして10種雲形を覚えたりしていた。
 毎日の「雲見」を心がけているつもりでも、忙しさにかまけて忘れしまうことも多々あった。
ところがこの「もくもくシール」を使うようになってからはそれがなくなった。
必ず一日に一回は「雲見」をするようになった。しなけばシールが貼ることができないからだ(^^)V
シールを貼りながら、雲の「名前」とその雲の「高さ」を口で言ってみることにした。
4ヶ月続けるともうそれはうれしいことに半ば習慣となってきた。
 雲の名前を同定するときにとっても参考になるものが付いていた。
『もくもくチャート』である。このすばらしさは使ってみてこそわかるものだった。
10種雲形を見わけることは簡単そうでいざやろうとするとけっこう迷うものなんである。
 そんなときこれがとっても役に立つのだ。
 これがきっと「武田康男先生監修 理科ハウス作成」の最大の成果なんだろうと思う。
▼私は、自然観察の第一歩に「雲見」が最もお薦めだ!!
だってこれほど簡単に、いつでも、誰でも取り組めて、なおかつ奥が深くて楽しい自然観察はないのだ。
雲の名前についても最初から「10種雲形」で覚えていくことをお薦めする。
一度覚えてしまえば一生の宝ものだ!!
一生「雲見」をより豊かに楽しめるのだ!!そして「明日の天気」も少しずつ見えてくるのだ!!

もう一度言う。
 その最初の「雲見」のともに「もくもくシール」は最高にお薦めだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もくもくシールセット(武田康男先生監修 理科ハウス作成)が最高に面白い!!

Dscn6238
▼4月「雲見」カレンダーが完成した!!
 そのカレンダーを見ながら4月の「雲見」をふり返っていた。定点観測地からの「雲見」ばかりでなく、水平移動しての若狭、高知等への「雲見」の旅もあった。
雨ばっかりの「雲見」もあった。終日雲のない青空ばかりの「雲見」もあった。
 これで私は2015年がはじまってから4ヶ月(一年の1/3)、毎月この「雲見」カレンダーをつくってきたことになる。
▼その「雲見」カレンダーをつくるのに使わせもらったのが

◆もくもくシールセット(武田康男先生監修 理科ハウス作成)

だ。これが実に面白いのだ!!
シールセットの説明文を引用させてもらう。

 手持ちカレンダーにもくもくシールをはって、天気の変化を観察しましょう。だれでも簡単に雲の種類を見わけることができる『もくもくチャート』つき。
3か月続けて観察すれば、雲はかせになれます!

三ヶ月分の「もくもくシール」と『もくもくチャート』がセットになっているのだ。
▼私も以前から「雲見」をしていた。「雲見」のうた をつくったりして10種雲形を覚えたりしていた。
 毎日の「雲見」を心がけているつもりでも、忙しさにかまけて忘れしまうことも多々あった。
ところがこの「もくもくシール」を使うようになってからはそれがなくなった。
必ず一日に一回は「雲見」をするようになった。しなけばシールが貼ることができないからだ(^^)V
シールを貼りながら、雲の「名前」とその雲の「高さ」を口で言ってみることにした。
4ヶ月続けるともうそれはうれしいことに半ば習慣となってきた。
 雲の名前を同定するときにとっても参考になるものが付いていた。
『もくもくチャート』である。このすばらしさは使ってみてこそわかるものだった。
10種雲形を見わけることは簡単そうでいざやろうとするとけっこう迷うものなんである。
 そんなときこれがとっても役に立つのだ。
 これがきっと「武田康男先生監修 理科ハウス作成」の最大の成果なんだろうと思う。
▼私は、自然観察の第一歩に「雲見」が最もお薦めだ!!
だってこれほど簡単に、いつでも、誰でも取り組めて、なおかつ奥が深くて楽しい自然観察はないのだ。
雲の名前についても最初から「10種雲形」で覚えていくことをお薦めする。
一度覚えてしまえば一生の宝ものだ!!
一生「雲見」をより豊かに楽しめるのだ!!そして「明日の天気」も少しずつ見えてくるのだ!!

もう一度言う。
 その最初の「雲見」のともに「もくもくシール」は最高にお薦めだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【星連】「赤い月」は見ることできなかったが…!! #hosiren

Dscn4395
▼大賀ハスの蓮根の植え替えから1週間がたった。雨が降ったこともあるのだろうか、観察池の水はまだ濁っていた。その濁った水面の下にうっすらと葉芽が見える。
 この葉芽が水面から顔をだすのはいつだろう。それを楽しみにしておこう。
水栽培の方にも大きな変化はみられなかった。
▼さあ、いよいよだった。
皆既月食の「赤い月」が見られる日だった。ここ数年、基本的には毎日月を撮り続けている私としては、この「赤い月」はどうしても撮りたかった。昨年の10/8以来だった。 
 朝から、「雲見」ばっかりしていた。いつのまにか天気図、雲画像をくりかえし見ていた。
朝方には病院に行き、帰ってきてすぐ遅れて地域の「花見」に参加した。
あたたかく桜は満開の花見日和だった!!ついでになんとしても月見日和になって欲しかった。
▼願いむなしく、夕方になると雲はますます厚くなってくるようだった。
Twitter、Facebookにつないでみた。はやくも倉敷では雨が降り出したようだ。
では全国で観察可能なとこはどこだろうと聞いてみた。東北の方から応答があった。
岩手、青森は晴れていると。
 やがてその時間になった。福島、青森、岩手等からリアルタイムに「赤い月」を見せてもらった。
うれしかった。楽しいと思った。
 TVのニュースなどに流れる画像とちがって、撮った人の顔が見える画像は、その人の興奮や感動!!
息づかいまで伝わってくるようで面白い!!
これこそが【星連】の醍醐味でもあった。
▼今朝起きて、SNSにつないでみると、「あの人」の画像の「おすそ分け」もアップされていた!!
アリガタイ!!
 私と同じスタンバイまでしていたのにという残念報告もたくさんあがっていた。
これが面白いと思った。
「赤い月」は見そこねてしまったが、ヒューマンネットワークのすばらしさ!!はたしかに見た!!
「おすそ分け」を見せていただい方々にあらためて感謝します。
深謝<(_ _)>
Dscn4409


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜(ソメイヨシノ)、神戸の標本木は今!?

Dscn3724
Dscn3653
Dscn3677
Dsc_3430
Dsc_3457
▼そろそろ桜前線のことが話題になる頃だ。気象庁では各地の気象台の近くの標本木を決めて「開花日」「満開日」を決めているそうである。
 では私の住む兵庫県ではどこにその標本木あるのだろう。気になったので調べてみた。そしたら神戸の王子動物園にあるとわかった。
 たまたま昨日(2015/03/21)、尼崎で研究会があった。その帰りに王寺動物園に寄ってみることにした。
▼尼崎から三ノ宮まで新快速でもどり、再び普通で灘まで行った。
何度か行った記憶があるが、ずいぶん昔のことで記憶はうすれていた。駅からしばらく坂道を登ると神戸市立王子動物園が見えてきた。
休日でお天気もよかったのでたいへんな人の賑わいであった。もちろん家族連れが圧倒的に多かった。
入園しようとチケットを買おうとすると、窓口がふさがれていた。
まごまごしていると案内の方が、「今日は開園記念日ですので無料です。どうぞ…」と。
ラッキー!!
 まったくそんなこと知らなかった。後でなかの動物科学資料館にある年表を見てみると、1951年(昭和26)3月21に開園されたようである。開園初日はなんと「10万人もの人で身動きができないほどの賑わいだった」と書かれていた。凄い!!
 王子動物園と私は同い年64歳になるんだ。おめでとうございます!!
▼ついでにあつかましく案内の人に聞いてみた。
「ここに気象台の桜の標本木があると聞いたんですが…」
「はい!そこ正面の少し傾いた桜の木です。」
と指さされた先にあった。正面ゲートを入るとすぐのところにあった。言われたように少し傾いているのか添え木がしてあった。歓迎パンダ花園のすぐ側だ。
木の根元には「看板」が立っていた。問題の開花状況であるが、つぼみはふくらみ少しピンクがかってはいるが開花した花はひとつもなかった。5~6つが開花する「開花日」はもうすぐのようである。
園をでたそこかしこに「夜桜見物」の案内のポスターが貼ってあった。4/3(金)~4/5(日)のころには「満開日」になっているのかな。
▼一方、昨日は我が家の大賀ハス観察池は蓮根植え替えから51週目の定例観察日だった。
出かける前に観察した。
 観察池に近くのあの紅梅の花びらが数枚浮かんでいた。紅梅は先日から散り始めたのだ。
この観察池は私にとっては季節の移りかわりを教えてくれる「標本池」なのかもしれない。
この「標本池」もあと一週間となった。
来週末にはいよいよ蓮根の植え替えの予定だ。
どんな蓮根が出てくるだろう。楽しみである。
Dscn3742
Dsc_3389

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/08皆既月食を観た!!撮った!!

Dsc_8444
Dsc_8625
Dsc_8700
Dsc_8771
Dsc_8835
Dsc_8960
▼昨日は今年最大の天文ショー皆既月食だった。
私は、月食、日食のたびにきわめてアタリマエのことが「ふしぎ!?」でならなかった。
太陽まで1億5千万㎞!!
月まで38万㎞!!
そんな俄にイメージしずらい距離だ。
それが食のはじまりや終わりの時間が秒単位で正確にわかる。
それにひきかえたかだか10㎞までぐらいの「大気の動き」=天気はわからない!!
「ふしぎ!?」だ!!
理科の教師らしからぬ不思議だ。
でもやっぱり「ふしぎ!?」だ!!
▼その天気はかつてないほどに絶好であった。食がはじまってから終わるまでまったく雲ひとつなかった。
月の観察は私にとってめずらしいことでなかった。
ここ数年、基本的には可能な限り毎日その姿を撮っていた。
でもやっばり昨日の月は特別だった。
食がはじまる前の18時10分から、食の終わった後の21時45分まで3時間35分写真を撮りまくった。
なんとその枚数は574枚に達した。
そのわりにまともなものはほとんどなかった。それはそれで満足だった。
私にはその月を観て、撮るということが大切だった。
▼幸い赤い月を観た!!撮った!!
いろいろ撮影条件を変えて月撮影の練習でもあった。
もうひとつ楽しみがあった。ネットにつないでおいてリアルタイムに全国各地で観察された月を見せてもらった。
観察の「おすそ分け」をもらったのである。
これが実に面白かった!!
今日以降もまた報告があるだろう楽しみである。
▼「ふしぎ!?」ですばらしいのは遠くの天文ショーだけでなかった。
38万㎞かなたの月もきれいだが
皆既月食観察後に観た
38㎝目の前のゲホウグモのネットもすばらしかった!!
Dsc_8975

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「蜘蛛の子を散らす」を見た!!

Dsc_5071
Dsc_5126
▼私の夏ははじまっていた!!
それを見たのは昨日の朝のことだった。いつものように朝の散策に出ようとしてカメラを持って外に出た。
いきなりだった。西の庭の金柑の木にそれを見たのだった。
「蜘蛛の子を散らす」を見たのだった。
私は、ずっとずっとそれを見たいと思っていた。
こんな言葉も知っていたし、使ったこともある。だが、実際に意識してそれを観察したことはなかった。
昨年、「クモの世界」に興味をもって以来益々これをこの眼で見たかった。
そのときが訪れたのだった。
▼昨年の夏、偶然コガネグモの「狩り」見た。それ以来ずっと夏は「クモばっかり病」に取り憑かれたままだった。
今年もまた夏のはじまりはクモとの出会いなんだろうか。
気がついたのが昨日の朝というだけで、実はもっと前から居たのかも知れない。
少し離れて位置からはあまりはっきりわからなかった。
皿網や棚網のかたまりのようにも見えた。近づいていって確認をした。まちがいなく黒い粒々が動いていった。
黒い粒々はまちがいなく赤ちゃん蜘蛛だ。夢中になって写真を撮りまくった。(6:14)
西の庭だから直接朝日はあたっていなかった。裏側にまわって南の空に向けても写真を撮った。(6:24)
この子ぐも集まりを後で調べたのだが、「まどい」というらしい。
いったい何匹ぐらいいるのだろう?数え切れない数だ。
Dsc_5285
Dsc_5311
Dsc_5436_2
▼もう少し直接日の当たり出した時間帯にも見に行った。(10:17)
朝方の観察からするともう少しかたまっているようにも見えた。お昼にはさらにかたまって活動があまりみられないように見えた。かたまりから少し離れているやつのみに動きが見られた。(12:23)
夕方には、ハンモックのなかで風に揺られがら眠っているかに見えた。(17:00)
▼この念願の「蜘蛛の子を散らす」と出会いは、とてもうれしいものだった。
「ふしぎ!?」はどんどん脹らんでいった。
・この子蜘蛛は誰の子?
・昨年の12月末までこの金柑の木に居座っていたのはジョロウグモだった。だとすると…?
・この「まどい」をつくっている糸は誰がつくったのか?
・「まどい」から旅立つのはいつか?
・春先から見かける蜘蛛はもう旅立ってきたものか?
・大空へ飛び立つってホント!?
・このうち何匹が親蜘蛛になるのだろう?

しばらく「ばっかり病」かも知れない。
これぞ夏のはじまりかも。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

【「雲見」の連帯】をはじめよう!! #kumomiren

Dscn9948
Dscn9953
Dscn9956
Dscn9972
Dscn9977

▼秋の夕暮れ、雲のない「雲見」を楽しんだ!!
一昨日とうってかわり昨日の夕暮れは雲がなかった。同じ西空なのにまったくちがった顔に見えた。うっすらとピンク色に染まっていた。そのまま南・東の空に目をうつしても同様だった。そしていつもの「雲見」定点観測地、北の空にも雲はなかった!!最後に天頂だ。やっぱりはっきりした雲はなかった。!!
 すごい瞬間を見たような気がして誰かに伝えたかった。あの人の住む空はどうだろう聞いてみたくなった。
▼「雲見」をはじめて言い出したのはあの宮沢賢治だ。
こうだ!!

眺(なが)めても眺めても厭(あ)きないのです。そのわけは、雲のみねというものは、どこか蛙の頭の形に肖(に)ていますし、それから春の蛙の卵に似ています。それで日本人ならば、ちょうど花見とか月見とか言う処(ところ)を、蛙どもは雲見をやります。
「どうも実に立派だね。だんだんペネタ形になるね。」
「うん。うすい金色だね。永遠の生命を思わせるね。」
「実に僕(ぼく)たちの理想だね。」
(宮澤賢治『蛙のゴム靴』(青空文庫)より)

 そう「雲見」は「眺めても眺めても厭きないのです。」
「花見」「月見」よりもっともっと簡単に楽しめていつでもどこでも誰でも可能なんです。
こんな楽しみ逃したら生涯の大損です!!
もったいないです!!
▼【理科の部屋】の超人気企画に【星空の連帯】というのがありました。星空のプロ・渡部義弥さんのガイドでずいぶん楽しませてもらいました。
元々星のこと不案内な私などずいぶん勉強になりました。
なにより面白いと思ったのは同じ星空を全国各地多くの人と一緒に見ることです。
生徒たちと一緒に参加するのも楽しみを何倍にもふくらませてくれました。
それはまさに「地球まるごとプラネタリウム」化!!だったです。
▼その賢治の「雲見」と【星空の連帯】をドッキングさせたらどうなるだろう。
【「雲見」の連帯】( #kumomiren )だ!!
発信ツール・メディアはTwitter・Facebook等なんでもいい。
「雲見」したその画像をハシュタグ #kumomiren をつけて発信するのである。
そんな「すごい空」である必要などまったくない。
「あっきれいだ!!」
「あっ「ふしぎ!?」だ!!」
「面白い!!」
と思ったら、「おすそ分け」しあいませんか。
という提案だ。

こんなこと思いついたのは、ちょうど一週間前にお二人の空のプロフェショナル=
「星空の案内人」・渡部義弥さん「空の探検家」・武田康男さんに出会ったからだろうと思う。
感謝だ!!

思いついたのが吉日!!
どんな展開になるのかわからないが、ともかくはじめてみよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧