ファラデーラボ「六甲山地の生い立ちと土砂災害」!!

Dscn2166

▼昨日(2019/10/26)のファラデーラボ第106回かがくカフェは、久しぶりにフィールドワークだった。

◆第106回かがくカフェ「六甲山地の生い立ちと土砂災害」
●講師(案内者): 觜本 格さん
<テーマ>「六甲山地の生い立ちと土砂災害」~50年前の市ヶ原災害現場を訪ねて~
<コース>
  山麓駅 ― 山頂駅(布引ハーブ園)― 市ケ原山津波現場 ― 布引貯水池(布引断層)― 六甲花崗岩と布引花崗閃緑岩 ― 
  布引の滝 ― 諏訪山断層と新神戸駅

 このコースは、觜本さんにとっては「我が庭」のようなものだった。
 それだけにどんなところへ案内してもらえるか、何を見せてもらえるか楽しみだった。o(^o^)o ワクワク
▼結論から言う。
 たくさんのことを始めて知った!!
 説明を聞いて、その景の意味が読み取れて目から鱗だった!!
 実際に岩石にさわって納得だった!! それが次から次へとあって感動の連続だった。
 用意してくださった資料も膨大だった。(参加してくださった二宮直樹さんにも「昭和42年7月豪雨」の資料をいただいた。深謝)

 やっと先ほどそれを読み終えた。
 現場での觜本さんのコトバの意味がやっとわかった!!そんなことも多い!!
 いや、そればっかりかも知れない。まだわかっていないことも多い。 (^^ゞポリポリ
▼とりあえず写真を中心として、見たものを「記録」しておく。
 そうすれば、わかっていないことも、のちほどわかるきっかけになるかも知れない。
 ロープウェイ山麓駅で待ち合わせをし、そろったところで山頂駅に向かった。
 山頂駅からさっそく市ヶ原山津波現場に向かった。そのとき驚くべきことを聞いた。
 「斜面崩壊」「山津波」がおこったその場所に「ゴルフ場」があったという。
 絶壁のようなところを歩きながら、どう考えても「ゴルフ場」あったとは信じられなかった。
Dscn2179

Dscn2186
 今回のフィールドワークのひとつのメインの現場に着いた!!
 1967年(昭和42年)7月9日 だからもう52年がたっていた。石垣、敷石、こわれた瓦等が、そのままにあった。
 しばし、立ち止まり52年前の惨事を想像したのだった。

◆昭和42年六甲山系豪雨土砂災害50年リーフレット(PDF ... - 兵庫県

Dscn2212

Dscn2258

Dscn2261

Dscn2266

Dscn2302

▼その大災害と「六甲山地の生い立ち」とは深い関係があった。
「布引貯水池」
「布引断層」「活断層」「露頭」
「六甲花崗岩」と「布引花崗閃緑岩」
「布引の滝」
「神戸のおいしい水」
「断層と水の流れ」
「生田川」と「新生田川」
「新神戸駅」と「諏訪山断層」
・・・
 やっぱり現場で説明を聞くと実感度が全然ちがう!!
 しかし、まだしばらく反芻作業が必要だ。
 
 「私たちはどこに暮らしているのだろう!?」
 今一度考えてみよう。
 Dscn2343

Dscn2374

Dscn2376

Dscn2406_20191027152501

Dscn2459

Dscn2475

Dscn2479

Dscn2497

Dscn2516

Dscn2517

Dscn2523

Dscn2525

Dscn2532

Dscn2575

Dscn2589

Dscn2604
 
 

| | コメント (2)

カマキリの赤ちゃんを見た!!(2019/05/10) #カマキリ

_dsc9112

▼先日(2019/05/08)、西の庭の掃除をしたときのことだった。
 草むらのなかにカマキリの卵のうをみつけた。
 ほんの気まぐれであった。実は今まで、じっくりとカマキリの赤ちゃんが生まれてくるの観察したことがなかった。
 透明なフタつき瓶の中に卵のうのついたつるごと入れて置いた。
 目立ちやすいところに置いたつもりだったが、はやくも忘れてしまうところだった。
 昨日(2019/05/10)、何気なくそこに目をやった。 (゜o゜)ゲッ!

 ほんとうに孵化したのだ!! カマキリの赤ちゃんだ!!

▼ともかくすごい数だ!!
 ちょっと数えただけでも50匹を越えているように見えた。
 こんなにじっくりとカマキリの赤ちゃんを観察するのははじめてだった。
 赤ちゃんはかわいい!!
 いくら見ていてもあきない!!
 当人(いや当カマキリ)にとってはそのつもりはないのだろうが、なんともそのしぐさがひょうきんである。
_dsc9115

_dsc9191

_dsc9236

_dsc9268

_dsc9300

▼観察をしていてすぐ思い出したことがある。
 ちょうど一年ほど前に、ファラデーラボで山下浩之さんにお聞きした実践だった。
 ◆第二幕『初等教育での飼育体験がもたらすもの』(「オオカマキリ飼育物語」!!)
  これが実に面白かった!!
  小さな赤ちゃんカマキリを指のうえにのせ、契りの水を与えるシーンが印象的だった。
  学級のひとりひとりが家庭も巻き込みながら自分のオオカマキリを飼育するのである!!
  いつしか、山下学級の一員になりたいと思ったものだ。
▼思えば、そのチャンスが今やって来たのだ!!
 まずは、もう少し広いスペースをと飼育ケースに移すことを考えた。
 飼育ケースのなかに卵のうがついていたつる草を入れた。つる草に水をふりかけた。
 そして、そのなかに透明の瓶をまるごと入れ、フタをとった。
 赤ちゃんカマキリたちは、続々とひろい空間へと移動していった!!
 さて、次は… エサは!?
 はたして、念願の山下学級の一員になれるかな o(^o^)o ワクワクドキドキ

_dsc9322

_dsc9342

_dsc9346

_dsc9379


| | コメント (0)

トウモロコシを収穫はしてみたが…(^^ゞポリポリ #トウモロコシ

_dsc1780
▼いっきょに秋めいてきた昨日の朝、東の畑に行ってみた。
 あのトウモロコシはすっかり枯れ果てていた。
 台風で倒れた後に、あわてて支柱を立てたのもむなしく無惨な姿になっていた。
 まあそれもアタリマエかも知れない。
 あの連日晴天が続くなか、一度も水やりをしなかったのだから…\(__ ) ハンセィ
 それでもカラーコーンの方はなんとかまだ緑を残していた。

 ためしにひとつの皮をはいでみた。
 やはりまばらにしか結実していなかった!!

_dsc1757

_dsc1759

_dsc1742

▼考えてみると、これが種子からトウモロコシを育てたはじめての経験かも知れない。
 授業では、茎の断面、維管束の顕微鏡観察などでさんざんトウモロコシを扱いながら…。
 そうそう、「花と実」の授業でも…
 5月のはじめに種子を蒔いて、その発芽率に驚いた。
 また、その成長の速さにさすがスバヤ型と実感もしたのに…
 最後までつきあっていなかったな!!

▼秋めいてきたとは言え、昼の日射しはきつかった。
 夕方になってやっと決心した。
 「もうこれ以上まっても、次なる展開は期待できない。収穫してしまおう。」
 (カラーコーンの方はもうしばらく待つことにして…)
皮をはぐだけでもけっこう時間のかかる作業だった。
 これは行ける!!
 と実感できるものがないだけに、よけいに…

 これが今年のトウモロコシ!! (^^ゞポリポリ 

_dsc1826

_dsc1880

▼まだ青かったものもひとつ含まれていた。
 よくみるとひとつひとつからひげがのびていた。

 こんなトウモロコシでも、一粒一粒が輝いて、妙に愛おしく見えてくるのだった!!
 来年のリベンジを誓った!!

_dsc1915

_dsc1975

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コップの氷はどのようにしてできるのか!?

_dsc6681

「ストロー氷」の「ふしぎ!?」が頭をはなれなかった!!

 それ自体の「ふしぎ!?」もさることながら、私はたった2週間ほどのあいだに2度までもこの不思議な現象を見たのだろう?
 過去にはこんな現象を見た記憶はなかった。しかし、それは私が見たことないだけで、寒冷地では比較的高頻度に見られる現象なんだろうか?
 これについての研究はどこまで来ているのだろう?
 似たような現象はどこでいつ見られるのだろう?
 
 次々と「ふしぎ!?」は膨らむ一方だ!!

▼そもそもの「Wコップの氷」の「ふしぎ!?」にもどる。
 昨日の朝も、「ストロー氷」は見られなかったものの、紙コップの底には
「根毛のような氷」
「逆さ透明プリン」
が見られた。二日目になると「逆さ透明プリン」の部分が大きくなってきている気がする。

▼昨日の朝は、突然妙なことを思い立った。実行してみた!!

コップを逆さまにしてみた!! 

 紙コップのなかの氷も、ガラスコップの氷もかたまったままだから、こぼれたりしない!!
 そのときだ!!
 たいへん興味深いものを目撃した。

 「逆さ透明プリン」の部分に空気の泡が…。
 そして、「逆さ透明プリン」の部分に液体の「水」が…(゜o゜)ゲッ!!
 液体の水がここに閉じ込められたようになっている!!

▼「Wコップの氷」の謎解きは混迷するばかりだ!!
 いったいどのようにして氷ができるのだろう?
 
 こんなアタリマエの「ふしぎ!?」
 こんな簡単にできる不思議実験だ。研究されていないわけがない!!
 
 次はどんなはたらきかけをしてみようかな!?

_dsc6688

_dsc6692

_dsc6641

_dsc6655


| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても「ストロー氷」を見た\(^O^)/

_dsc6387
▼昨日(2018/02/12)の朝、私は自分の眼を疑った!!
 「Wコップの氷」の実験、11日の夕方、紙コップを新しくしてリセットしていた。
 壊れかけたブロックの上に2セット実験装置を設置していた。
 その一方に

 見た!!あの「ストロー氷」がコップの中央に立つのを!!

_dsc6500

_dsc6480

_dsc6606

▼1/31の朝、それを見て驚き画像をアップして、「ストロー氷」と神田健三先生に教えてもらった。
 もう人生で二度と見ることはなかろうと思っていた。
 こんなめずらしいものを!!
  水が氷になると約9%の体積が増加する。水道管が破裂するのも、あの「御神渡」が見られるのも同じ理屈だ。周りから押された水は、表面の弱いところから吹き上げる。
 そして即座に氷になる。それを繰り返す。これが重力に逆らって「ストロー氷」が立ち上がる原理だそうな。
 理屈には納得だ!!(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
 アメダス(福崎)によれば昨日朝の最低気温は-3.7℃だった。

 でもやっぱり不思議だ!!

 あの言葉を借りたくなってくる。

 「ねえ君、不思議だ思いませんか?」 

_dsc6366

_dsc6348

_dsc6408

▼そもそもの「Wコップの氷」の不思議は置き去りにされてしまうところだった。
「根毛のようなもの」
はあいかわらず見ることができた!!
紙コップの底に氷かできるとき、どんなプロセスを経ているのだろう?
この「根毛のようなもの」との関係は?
まだなにひとつ謎解きの糸口をみつけられずにいた。
▼しかし、面白い!!
 
 「水が冷えて氷になる!!」
 これほどアタリマエと思ってきたが、こんなに不思議に見えてくるとは!! 
 
 このアタリマエの謎解きは今はじまったばかりだ。

_dsc6507

_dsc6527

_dsc6544


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/09の朝に

Dsc_3274

▼昨日(2017/12/09)の朝は案外あたたかかった。
 蓮根の植え替えから33週目の大賀ハス観察池には氷がはっていなかった。
Dsc_3303

Dsc_3307

▼いつもの朝の散策で例の糞を観察しようとしたとき、不思議なものを見た!!
 例のイノシシの糞らしきものの側に、新しい糞を見たのだ。
 どう見ても、ちがう種類の動物のもののように見えた。
 どうしてだろう!?
 単なる偶然?
 それとも…

Dsc_3296

Dsc_3300


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吟行と自然散策!!

Dsc_3052
▼寒の入りの朝。
 いつものようにいつものコースを「自然散策」した。
 いちばんの発見は、椿のつぼみのピンクだった!!

 あたたかった正月三が日、そしてその余韻の4日。
 寒に入ったとたん、うって変わり冷たい北風が吹いてきた。まるでその暦にあわせるように…
 やっぱり自然とはどこまでも律儀なものである。
▼私は、基本的には一日に二度「自然散策」にでかる。
 朝、夕方である。
 時間とコースを決めていた。いずれもカメラをぶらさげてである。
 朝は前の竹藪を中心とするコースである。
 これが季節によって「クモ散策」「ヒガンバナ散策」等になる。夕方の方は、いろいろコースを変えたこともあったが、最近は定番コースに落ち着いた。
 自宅→川沿い→「アメダス」→「図書館」(少々読書)→川沿い→自宅 のコースである。
 本来は自然観察が目的ではなかった。運動をしない私の健康対策だった。
 それが、同じ歩くのなら楽しみながら…と、カメラをぶらさげてが定番になってしまったのだ。
 これが今また、もうひとつの楽しみを加えようとしている。
 
 それは、もうこれまでにもやってきていることであったが、より意識的にやってみようということだ!!

 この毎日の「自然散策」をひとり「吟行」としよう!! 

▼そう決めたから、突然と名句が詠めるわけでも、自然観察のスキルがいっきょに向上するわけではない。
アタリマエ!!
のことだ。
 ただ、「雲見」「宇宙見物」に次いで究極の道楽として採用した「俳句」に少しでも親しめるかも知れないというはかない願いからである。
 私にとっての「吟行」は、特別の場所(名所など)にでかけていくものではなく、毎日の「自然散策」そのものなのである。
 これまた安易・安直・安価の「アンアン三拍子!!」だ。

▼とは言いながらも、私にはとんでもないオオボラの夢もある。
正月気分も手伝って、この夢 語っておこう。

俳句結社・「寅の日」の会 結成!!
「寅の日」の会みんなででかける 吟行!!

その日まではひとり吟行を愉しんでおこう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「部分日食」観察は無理だったが…

Dscn2530
▼昨日(2016/03/09)は、残念ながら終日雨だった(/_;)
久しぶり望遠鏡を引っぱり出してきて、前々日にはリハーサルまでやっていた。
 あわせて、これまでに「日食」観察グッズとしてきたものも出して来ていた。
▼それらを見ていると、前回の金環(部分)日食(2012.5.21)の観察を思い出した。
そのときの観察の「記録」を新・【地球と宇宙】DBに残していた。

・金環(部分)日食の記録1(平面鏡を使って)
・金環(部分)日食の記録2(投影板を使って)
・金環(部分)日食の記録3(ピンホールいろいろ)

なつかしくなって見いってしまった。
▼そうこうしているあいだにインドネシアで皆既日食が見られる時間になった。
ネットでライブ中継があると教えてもらったのでそれを見た!!
ダイヤモンドリングがすばらしかった。
コロナ、プロミネンスも!! 思わずその瞬間拍手をしてしまった\(^O^)/
気象衛星からの画像に月の影が見えるというのでそれも見せてもらった。
 そして、何と言っても楽しかったのは、インドネシアに観察ツアーに行っておられる武田康男さんから「おすそ分け」画像を見せてもらったときだ。
 画像そのものも感動だが、知っている人の撮った画像ということで、観察している姿を想像し、その現場の気分まで少しだけ「おすそ分け」してもらったように思えて感動だった!!
▼本来「部分日食」が観察できる時間帯だけでなく、ほんとうに一日雨は降り続いていた。
残念ではあるが、考えてみると「面白い!!」とも思った。
 一億5千万㎞もかなたの太陽と38万㎞の距離にある月が重なる。その影に入る時間帯は刻銘に計算されてわかる!!なのにわずか十数㎞の空間で起こる「天気の変化」はまだ正確には予測できない。
このアタリマエ!!
私にはとっても「ふしぎ!?」だ!!
そして面白い!!と思う。
 私たちは、とっても不思議な「大気の物理学実験室」に暮らしているのだ!!
見えなかったからこそ、見えて来たこともある。
さあ、今日も「雲見」をしよう!! 
Dscn2659
Dscn2634


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「雲見」と「宇宙見物」でまるごと空を楽しむ!!

Dscn8066
▼朝起きたら西の空の月を撮るところからはじめた。
天頂の冬の大三角形、オリオン座。東の金星、木星の惑星!!
早朝「宇宙見物」をたっぷり楽しむ。
やがて「一日でいちばんきれいな空」のときがやってくる。
そして、日の出。
 一日の「雲見」のはじまりである。
▼朝の「雲見」は秋晴れであった。
秋晴れもと地上の観察もいろいろ興味深い。
・割れる石榴
・復活した彼女(ジョロウグモ)
・完熟に向かう「自然結実」ヒガンバナ
やがて「雲見」の空はにぎやかになってきた。
あわや雨が降り始めるのかと思うまでになった。
しかし、その雲たちは消え、つるべ落としの日は沈んでいった。
▼「雲見」と「宇宙見物」はほぼ毎日の日課となってしまっていた。
「雲見」のコトバは宮澤賢治からの借りものである!!

眺(なが)めても眺めても厭(あ)きないのです。そのわけは、雲のみねというものは、どこか蛙の頭の形に肖(に)ていますし、それから春の蛙の卵に似ています。それで日本人ならば、ちょうど花見とか月見とか言う処(ところ)を、蛙どもは雲見をやります。
「どうも実に立派だね。だんだんペネタ形になるね。」
「うん。うすい金色だね。永遠の生命を思わせるね。」
「実に僕(ぼく)たちの理想だね。」
(宮澤賢治『蛙のゴム靴』(青空文庫)より)

▼「宇宙見物」のコトバは寺田寅彦からの借りものである!!

好きなもの 苺 珈琲 花 美人 懐手して 宇宙見物

これは寺田寅彦が昭和9年の一月に詠んだ短歌である。
「懐手して 宇宙見物」が気に入ってしまってお借りしている。

「雲見」も「宇宙見物」も誰でもいつでもできること!!
それがいちばん気に入っているところだ。
自分ひとりでやるだけでも楽しいが、多くの人と一緒にやったらもっと楽しいだろうなと思う。
でもそれは必須ではない。
いろんな楽しみ方があっていいのだから

さあ、今日も早朝「宇宙見物」からはじめた!!

Dscn8079
Dsc_9755
Dsc_9777
Dsc_9814
Dscn8083


| | コメント (0) | トラックバック (0)

もくもくシールセット(武田康男先生監修 理科ハウス作成)が最高に面白い!!

Dscn6238
▼4月「雲見」カレンダーが完成した!!
 そのカレンダーを見ながら4月の「雲見」をふり返っていた。定点観測地からの「雲見」ばかりでなく、水平移動しての若狭、高知等への「雲見」の旅もあった。
雨ばっかりの「雲見」もあった。終日雲のない青空ばかりの「雲見」もあった。
 これで私は2015年がはじまってから4ヶ月(一年の1/3)、毎月この「雲見」カレンダーをつくってきたことになる。
▼その「雲見」カレンダーをつくるのに使わせもらったのが

◆もくもくシールセット(武田康男先生監修 理科ハウス作成)

だ。これが実に面白いのだ!!
シールセットの説明文を引用させてもらう。

 手持ちカレンダーにもくもくシールをはって、天気の変化を観察しましょう。だれでも簡単に雲の種類を見わけることができる『もくもくチャート』つき。
3か月続けて観察すれば、雲はかせになれます!

三ヶ月分の「もくもくシール」と『もくもくチャート』がセットになっているのだ。
▼私も以前から「雲見」をしていた。「雲見」のうた をつくったりして10種雲形を覚えたりしていた。
 毎日の「雲見」を心がけているつもりでも、忙しさにかまけて忘れしまうことも多々あった。
ところがこの「もくもくシール」を使うようになってからはそれがなくなった。
必ず一日に一回は「雲見」をするようになった。しなけばシールが貼ることができないからだ(^^)V
シールを貼りながら、雲の「名前」とその雲の「高さ」を口で言ってみることにした。
4ヶ月続けるともうそれはうれしいことに半ば習慣となってきた。
 雲の名前を同定するときにとっても参考になるものが付いていた。
『もくもくチャート』である。このすばらしさは使ってみてこそわかるものだった。
10種雲形を見わけることは簡単そうでいざやろうとするとけっこう迷うものなんである。
 そんなときこれがとっても役に立つのだ。
 これがきっと「武田康男先生監修 理科ハウス作成」の最大の成果なんだろうと思う。
▼私は、自然観察の第一歩に「雲見」が最もお薦めだ!!
だってこれほど簡単に、いつでも、誰でも取り組めて、なおかつ奥が深くて楽しい自然観察はないのだ。
雲の名前についても最初から「10種雲形」で覚えていくことをお薦めする。
一度覚えてしまえば一生の宝ものだ!!
一生「雲見」をより豊かに楽しめるのだ!!そして「明日の天気」も少しずつ見えてくるのだ!!

もう一度言う。
 その最初の「雲見」のともに「もくもくシール」は最高にお薦めだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧