ファラデーラボ「科学マジックの世界・・科学小ネタ集パート2」(2)

Dscn4792

▼ファラデーラボのクリスマスレクチャーの愉しみはまだまだ続いた!!
 二部の最初は、今やクリスマスレクチャーの定番となった「プレゼント交換」である。
 ひとつひとつのプレゼントが、プレゼンターによって紹介される。
 科学がらみのうんちく聞けば、どれもこれもがスバラシイ!!\(^O^)/
 欲しくなってくるのだった。

Dscn4764

Dscn4772

Dscn4777_20191210051601

Dscn4778

Dscn4781

Dscn4788

▼いつも時間不足になる第二部であるが、今回はなおさらであった!!
 限られた時間であったが、濃厚な報告がつづいた。

 <常識と非常識 下末さん>
 自らの体験からくる「真の学力をつけるためには?」の問いかけは興味深いものだった。

 <気象の小ネタ 二宮さん>
 もはや定番化してきた二宮さんの「気象小ネタ」シリーズだ。
 今回は「冬の天気~雪の降り方について~」であった。いつものようにわかりやすく面白い!!
 すごく専門的な話であるのに面白い!! ホンモノは面白い!!
 いよいよ次回サイエンスカフェでは、第一部でお話をしてもらう。
 楽しみである o(^o^)o ワクワク

 <水素の安全な実験 山本さん>
 水素の安全な実験実験装置の紹介とそれを使っての楽しい授業実践報告!!
 生徒たちのノリがスバラシイ\(^O^)/
 水素入りシャボン玉!!酸素入り!!  声をそろえて「H2 O」は最高!!

Dscn4805

Dscn4800

Dscn4813

Dscn4816

Dscn4817

Dscn4827

Dscn4850

Dscn4858

Dscn4861

▼まだまだ続いた。
 <ジオカーニバル・ロウソク 大西さん>
 ジオカーニバルの紹介。
 「電気パン」セットのおすそ分け。いろんなものを芯にしてのろうそくつくり等の実践報告。
 「こうやどうふ」を芯に…(゜o゜)ゲッ!! などの実践があって滅茶苦茶面白い!!
  たいへん興味深い実践報告を少しずつPDF化して公開の予定もあるそうだ。楽しみである。

 <水のはたらき  庭瀬さん>
 「「流水の働き」の単元で条件制御の学習は可能か?ー「直線水路型流水実験装置」の開発と実践による検証ー」の報告。
 配布していただいたレポートを見せてもらうと、これまでなかった視点での取り組みがなかなか面白い!!
 この実験装置の開発により、「仮説設定」をし、検証しながら楽しく学ぶ子どもたちの姿が見えてくるようだった。
 ナルホド この単元も こうするとなかなか面白いな。(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

 <高塚山断層 觜本さん>
 觜本さんの長年のライフワークのいったんが紹介された。
 二宮さんにならって毎回小ネタ紹介の予定もあるそうだ。楽しみである!!
 觜本さんの話は、いつ何度聞いてもダイナミックだ!!
 ほんとうに大地が動いているように思えてくるから不思議だ。(いや実際に動いているだが…(^^ゞポリポリ) 
 六甲山・神戸の大地の動きをわが庭でのできごとように語る觜本さんの話は面白い!!

Dscn4880

Dscn4866

Dscn4871

Dscn4888

Dscn4891

Dscn4900

Dscn4903

Dscn4906

Dscn4913

▼最後に森本さんより連絡・報告が
 その前に
 <日食観察シート 森本さん>
 12/26の「部分日食」にあわせて、「日食観察シート 2枚組」の配布があった。アリガタイ!!
 続けて、
 今、ノーベル化学賞をされた吉野彰さんが、最初に読んだ科学の本ということで一躍注目をあつめているファラデーの『ロウソクの科学』!!そのファラデーのクリマスレクチャー!!
 そのホンモノそっくり実演がファラデーラボ六甲で行なわれる。その案内があった。

◆「ロウソクの科学」講演のご案内 

 ファラデーラボ次回以降の予定は

◆自然とかがくの学び舎 「ファラデーラボ」

 を参考にしてください。<(_ _)>

  
 

| | コメント (0)

ファラデーラボ「科学マジックの世界・・科学小ネタ集パート2」(1)

Dsc_3938s

▼ずっと楽しみしていたファラデーラボのクリスマスレクチャーが昨日(2019/12/08)あった。
 
■第108回ファラデーラボかがくカフェ クリスマスレクチャー
●テーマ:「科学マジックの世界・・科学小ネタ集パート2」
●話題提供:北野貴久さん(神戸村野工業高等学校 理科教諭)

▼今年もゼイタク極まりないクリマスレクチャーだった。
 時間にすれば4時間あまりの時間だが、なかみの充実ぶりは丸一日、いや以上に何日もかけてやったほどであった。
 結論から言うと、私のポンコツ頭と手はパニック状態にあった。(^^ゞポリポリ
 今朝から少しずつ少しずつ反芻作業をくりかえしている。
 まだ、まだ未消化の部分も多いが、できるだけリアルタイムの報告ということであげていく。
▼全国で人気の実験ショー展開する北野さんのことだから、たっぷり楽しい小ネタを紹介してもらえるものと期待していた。
 実際はその期待をはるかに越えて、面白小ネタが次々と紹介された!!
 とりあえず、順番にならべてみる。
(1) アズキ糸電話
(2) ロウソクのバックドラフト実験(北野さんの「ロウソクの科学」)
(3) 「魔法の葉っぱ」
(4) NASAテスト
(5) タコあげ
(6) プチガリガリトンボ
(7) PPバンド竹とんぼ
(8) 「エッヘン」「ペコペコ」エジソン
(9) お札パズル
(10) ティシュ落下傘(パラシュート)
(11) iPhone電卓マジック
(12)ストーリーパズル
(13) 正三角形パズル
(14) 「芝坊主」(プレゼント)
(15)「100円玉12枚の高さは!?」
(16)紙ひもで割り箸切断!!
(17)うさちゃん遠心力!!
(18) 禁断の「予言」マジック!?
(19) 食紅「火山噴火」!!
(※ 庭瀬さんのメモも参考にさせてもらった。<(_ _)> 私が勝手にネーミングしてしまったのもあるスミマセン <(_ _)>)

なんとなんと19連発だ!!
 いや、もっとあったかも知れない。
 時間があればまだまだ出てきそうだった!!
▼凄い!! 凄すぎる!!
 いったいこんな楽しいアイデアはどこから生まれるか!?  
 それこそが「ふしぎ!?」だった!!
 19連発共通することはなんだろう? これまた勝手に3つを考えてみた。

●Y(安い!!) 小ネタの材料はすべて安い!!ほとんど100円ショップで手に入る。北野さん言う「そのほうが、ここでは適している」と。

●K (簡単!!) 手の込んだネタは、小ネタの趣旨に反する。超不器用な私には少し手こずることもあったが、基本的にはみんな簡単!!

●K(感動!!) どれもが、最後は「おおー!!」と、感動の歓声があがっていた!!みんなの笑顔があった!!

 あわせてYKK!!(シャッター会社でない(^^ゞポリポリ)
 名づけて YKKの19連発!!
 最高のお気に入りは「(10) ティシュ落下傘(パラシュート)」だ。
 さっそくやってみた。 私にもうまくいった(^^)V
 持ちネタにいただこう。  
 北野さん いっぱいいっぱいありがとうございました。<(_ _)> 

(つづく)

Dscn4644

Dscn4645 

Dscn4633

Dscn4650

Dscn4659

Dscn4663

Dscn4668

Dscn4680

Dscn4689

Dscn4698

Dscn4705

Dscn4710

Dscn4731

Dscn4722

Dscn4728

Dscn4738

Dscn4739_20191209104301

Dscn4746

Dscn4748_20191209104401

| | コメント (0)

【必見】ファラデーラボの「これまで」と「これから」がわかる!!

_dsc5982

▼「自然結実」ヒガンバナ花茎を「水栽培」である。
 花茎はすっかり枯れ、完熟「種子」が花茎の先からこぼれ落ち、コンクリートの土間に次々と転がっている。
 それらを「採集場所」「花茎採集日」「種子回収日」を記した袋に入れていった。
 19日、20日の二日間で回収した「種子」だけでも、50個を越えてしまった!!
 今まさに旬だった!!

 群生地の畦にそのまま置いていた花茎の方が気になってきたので観察に行ってみた。
 すっかり「目玉」オヤジ状態になっていた。
 このまま放置すれば、ヒガンバナの葉の森に埋もれてしまうだろう。そこで、野での観察はここまでとし採集した。
 日本全国の野で、今、「目玉」オヤジはどれほど出現しているのだろう!?

_dsc6069

_dsc6099

_dsc6124

▼ファラデーラボでそれまでのヒガンバナ「ふしぎ!?」を追いかけてきたのをまとめて「ヒガンバナのかがく」として話をさせてもらったのは、2013.9.7であった。
 これが、後の「自然結実」ヒガンバナ群生地発見の大いなるきっかけとなった!!

 そのファラデーラボは、先日、第107回の「かがく」カフェの終えたところである。
 2011.3.12にスタートして9年目!! そして107回!!(実はもう少し多いらしい)
 驚異的な回数だ!!
 その「これまで」の歩みと、「これから」の予定すべてがよくわかるページできた!!
 【必見】デス!!

◆自然とかがくの学び舎 「ファラデーラボ」 (かがく教育研究所運営 )

▼「完了」ではない!!
 「資料」等もこれからさらに加わりより充実していくことだろう。
 第一部の「テーマ」を見ているだけでも、楽しくなってくるのである。o(^o^)o ワクワク

▼最近の第二部の盛り上がりも、ファラデーラボの大きな魅力のひとつである!!
 いつも時間が足らなくなってしまうほどの盛り上がりだ!!
 
 今度は、あなたも参加して 「私のかがく」を発表してみませんか!!
 
 

| | コメント (0)

ファラデーラボ「手回し発電機と2足歩行ロボ」(2)

Dscn3472

▼ファラデーラボ「かがく」カフェでは第一部と第二部のあいまのティータイムに、ホワイトボードに第二部の発表者がテーマを書き込むことになっていた。原則的にはそのときまで、第二部でどんな発表があるのかわからないことになっている。
 発表者のみぞ知るということだ。これがまた楽しい o(^o^)o ワクワク
 一昨日(2019/11/16)も、多様な分野でいっぱいになった!!

 結論から言う。
 ポンコツ頭は今なおカオスchaos状態にあった!!
 「カオスchaos」を広辞苑でひいたら、「天地創造以前の世界の状態。混沌。転じて、大混乱」!!
 願わくば、転じる前の状態であると信じたいが…。
▼「下手な鉄砲方式」で撮りまくった写真を見ながら少しずつ反芻作業をやってみる。
●トップバッターは大多和さんの「回路カード用・電流計・電圧計」である。
 高校物理でもいかに「回路カード」が有効か、発表があった。
 その「回路カード」用の電流計・電圧計もひじょうに安価入手できることの紹介があった(^^)V
●続けて、今や第二部の定番となりつつある二宮さんの「気象の小ネタ」だ。
 今回のテーマは「これだけは知っておこう 防災気象情報の見方」!! 
 実にタイムリーで、興味深い内容だった。
 二宮さんのお話を聞くといつも思うのだ。「ホンモノはわかりやすい!!」と。
 最後にお話してくださった「気象庁HPの見方」はとても役に立ちそうだ。深謝<(_ _)>
 来年には第一部でもお話してくださる予定だ。楽しみである。

Dscn3300

Dscn3317

Dscn3326_20191118093201

Dscn3343

Dscn3363_20191118093301

Dscn3365

Dscn3398

Dscn3405

Dscn3424

Dscn3427

Dscn3431_20191118093501

Dscn3438

▼次は
●岸本さんの本格的実践報告だった。
 「6年理科「大地のつくり」実践報告」
 同時に配布していだいた報告『小学校6年生理科「大地のつくり」における恐竜化石の活用と地質フィールドワークの効果~大地の営みがもらす恩恵と災いを伝える試み~』は、なかなか読みごたえのある実践レポートであった。
 岸本さんの活き活きとしたお話ぶりからも、楽しく学ぶ子どもたちの姿が見えてくるようだった!!
●加山さんの「天球儀」の提案。
 生徒たちは、どこでわからなくなっているのか!?それに応える手作り「天球儀」の報告だった。
 きわめて本質的な課題であり、古くからある「宿題」でもある!!
 生徒たちは、どこで「わかった!!」と言ってくれるだろうか。今後の展開が楽しみデアル。
●高田さんの「ぶんぶんゴマ発電機」。
 第一部と関連してなかなか興味深い教材である。
 高速回転するぶんぶんゴマに磁石をつけるのはなかなかのアイデアだ!!

Dscn3461

Dscn3464

Dscn3486

Dscn3491

Dscn3516

Dscn3526

▼ひとりひとりの発表時間が限られるのは残念であるが、いろんな分野の「かがく」を楽しめるのはうれしい!!
●先日、「たつの科学館」で、山下さんが頭骨標本などをつかいながら、「動物のかがく」の学習をやられた。
 あまりにも面白かったので、ここでも「おすそ分け」報告をしていただいた。
●関連して、シカの角を持参してくださった円尾さんから近況報告。物理ネタも少々
●最後に、先日のフィールドワークとも関連して「布引フィールドワーク」の報告があった。
室内に聞くと、「現地」で聞いたことをまた思い出し、深めることができた。
何度聞いても觜本さんの話はドラスティクで面白い!!   

 最後に森本さんより、「これから」の予定等のお話があった。

 頭のカオスchaosは、まだまだ当分つづきそうだ。
 発表者の本意を理解したうえでの報告でないので、誤解や失礼があったら許してください。<(_ _)>

Dscn3540

Dscn3542

Dscn3551

Dscn3570

Dscn3594

Dscn3614

Dscn3607

Dscn3629

Dscn3645

Dscn3655

Dscn3670 

 

| | コメント (0)

ファラデーラボ「手回し発電機と2足歩行ロボ」(1)

Dscn3085

▼昨日(2019/11/16)は、ずっと楽しみにしていたファラデーラボでの「科学工作」であった。

◆第107回ファラデーラボかがくカフェ科学工作「手回し発電機と2足歩行ロボ」
●テーマ: 電気工作ワークショップ「手回し発電機と2足歩行ロボ」
●話題提供:上橋智恵さん(かがく教育研究所)

▼少し早めにファラデーラボに着いたが、机上にはすでに準備万端整えられていた!!
 これで上橋さんの工作教室を体験させてもらうのは確か4度目になると思う。それ以外にも、かがくカフェ二部等で数々の作品を見せてもらってきた。その都度、驚き感心し感動してきた。
 とりわけ上橋さんの「工作教室」には感動した!!
 理科の教師としては、実に学ぶべきところが多い!!いっぱいいっぱい凄いところが多くありすぎてコトバでまとめしまうのは難しい!!
 しかし、あえて今回はそれに挑戦してみる。あくまで勝手な個人的感想です。

(1) 高度の専門的知識に裏打ちされたわかりやすい説明は、すごい説得力をもつ!!
(2)徹底した準備!! 実際に工作するにあたり困難なところに配慮した工夫・アイデア!!
(3)「工作教室」後のフォロー!!

 「工作教室」を「授業」に置き換えてみるとき、私など恥じ入るばかりである。

Dscn3017

Dscn3023

▼実際に手回し発電機で2足歩行ロボを動かしてみせてもらい、「作るぞ!!」のモチベーションを高めてもらう。
 三度ともラストランナーの私には少し不安があるが(^^ゞポリポリ
 「お道具箱」からものを出してつくりはじめる。
 その「もの」ひとつひとつの説明を聞く度に感動の声が上がる!!
 例えば、「お道具箱」にストローに詰め込まれた個人用「ボンド」が入っていた。口はクリップで閉じてあった。(これだけでも十分(゜o゜)ゲッ!!すごいアイデアだ。多人数の工作教室では最高に便利!!)
 爪楊枝は二本入っていた。一本の爪楊枝は、接着部位にボンドを付けるのに使い、もう一本は使い残しボンドの「枕」につかう!!
 なんという凄い!!こんなのが随所に出てくるのである。
 (2)徹底した準備!! 実際に工作するにあたり困難なところに配慮した工夫・アイデア!!
 を実感するばかりであった。

 うまいなぁー!!
 と思ったのは、ボンド乾くのを待つ間に「モーターって何?」から考えるのである。
 これは、中学校の「電流と磁界」の授業そのものだった!!
 ちゃんとモーターを開けて、そのなかを「ひとりひとり」が確認できるようにされていた!!
 すばらしい\(^O^)/
 「モーター」⇔「発電機」もみごと!!やっぱりプロはちがうな!!
 (1) 高度の専門的知識に裏打ちされたわかりやすい説明は、すごい説得力をもつ!!

 最後に、自分で作ったロボットを動かしてみた。
 ちょっと調整もしてもらった。動き出した!! やっぱり自分で作るのは面白い \(^O^)/
 最後に一枚プリントが配られた!!
 <歩き方が悪くなったとき>
 <注意事項>
 <今日の資料のアクセス先>
 http://www.eneene.com/pdf/20191116.pdf
(3)「工作教室」後のフォロー!!

Dscn3088

Dscn3090

Dscn3098

Dscn3103

Dscn3120

Dscn3122

Dscn3125

Dscn3128

Dscn3164

Dscn3166

Dscn3184

Dscn3188

Dscn3191

Dscn3200

Dscn3204

Dscn3224

Dscn3230

Dscn3243

Dscn3248

Dscn3251

Dscn3256

▼今回は、それで終わらなかった!!
 「おまけ」があった。上橋さんがこれまでつくって来られた名作品の数々が展示されていた!!
 作品の説明もしてもらった!!参加していた小学生も大喜び!!
 さらには、作品のいくつかを販売もしてもらったのだ!!
 今回見せてもらったなかで、特に「お気に入り」の一品があった。
 「ソーラーくるくる」(?)
 である。これはきっとすぐれた「教材」となるだろう!!

 楽しい「工作教室」をありがとうございました!!

(つづく)

Dscn3026

Dscn3030_20191117082801

Dscn3267

Dscn3075

Dscn3082

| | コメント (0)

サイエンスコミュニケーター宣言(410)

_dsc5726

_dsc5755_20191116043601

▼ついに玄関から109歩先にある「自然結実」ヒガンバナの完熟「種子」が少し顔をだした!!
 と思ったら、何か変だ!? ?(゜_。)?(。_゜)?
 半分は、完熟を意味する真っ黒、もう半分は黒くなる途中? 
 そもそもなんで半分ゝなんだ。

 一方、「水栽培」中の方は次々と完熟「種子」がころがり落ちてきている。
 一日に10個以上が…という日も出てきた。「水栽培」の方が早いのかも!?

_dsc5764

_dsc5778

▼「現在地」確認の作業を続けよう。
 次の座標軸にいく。
(3) 中学校「理科」カリキュラム全課程実践的検討!!
 「現場」を離れて久しくなっている。
 しかし、「授業」を語ることをはずして、私の「科学」も「理科」もあり得ない。
 むしろ、「授業」を語ること、構想することこそ、最高の学びの手法デアル!!と益々思えてくるのだった。

私の「ふしぎ!?」からはじめて「卒業論文」にいたるまでの中学校3年間「理科」全課程を構想する!!
 新・中学校「理科」を構想する(2016年版)

は、けっして「完了」していない!!
 とくに補足したい「作業」がいくつか出てきた。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう !!
▼次の座標軸にいこう。
(4) あらたな理科教育コミュニティの構築! 
 私にとって「理科教育コミュニティ」の原点は【理科の部屋】だった。
 出発からまもなく26年たつ【理科の部屋】は、ふたつのかたちをとっていた。
●【理科の部屋】7(サイエンスフォーラム)
●Facebook版【理科の部屋】
どちらも、それぞれの特徴があって面白い!!
 「情報は、発信するところに集まる!!」
 「情報は、交叉するところに生まれる!!」
不易である。
 最近、二つのFacebookグループをつくった。
●Facebook版・サイエンスカフェ「寅の日」
●Facebook版「日本ヒガンバナ学会」

 これからの展開が楽しみである!!
▼最後の座標軸にいく。
(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる。
 いささか不遜なことを言う。
 私が今いちばんやりたい「仕事」はコレである!!
 私が知らないだけで、どこかで営々と進められている「作業」なのかもしれない。
 publicな面だけでなく、私が体験してきた範囲での「日本理科教育史」を現在進行形でまとめたいのだ!!
 徹底的に等身大に語っておきたいのだ。
 「教材論」「教材史」も含めて語っておきたい。具体的な策はまだない!!
 でも、今やらなければ…。

さあ、次に「現在地」を確認するときはいつだろう。
そのときは、何を語るだろう。
「みちはかぎりなくさそうばかりだ。」
 

| | コメント (0)

サイエンスコミュニケーター宣言(409)

_dsc5535

それは色、かたち、大きさもヒガンバナの完熟「種子」にそっくりだった!!
 でもちがう!!では何か!?
 コウガイビルの卵である!!
 複合卵で、ここから何匹ものコウガイビルの赤ちゃん出てくるのだった。それを今年の初夏に目撃した!!
 11年にもわたるコウガイビルとのつき合いで、これをはじめて目撃したことが、今年最大の収穫だった。
 
 ところで、コウガイビルという生きものにはじめて出会ったのは、ちょうど11年前の11月14日だった。
 コウガイビル1号との「出会い」である。
 1号はなんと、この後、261日もナイロン袋のなかで「再生」を繰りかえすのだった!!
 「自然結実」ヒガンバナ群落発見の日を記念して、11月13日を「自然結実」ヒガンバナ記念日とした。
 ナラバ
 11月14日は、コウガイビル「出会い」記念日としよう!! 
 ときめた。

_dsc5577

▼芭蕉ではないが、「月日は百代の過客にして…」とつぶやきたくなる。
 あまりに月日がたつのがはやすぎて、自分の「現在地」を見失うことがある。
 そんなときのために、サイエンスコミュニケーターとしての「現在地」確認の5つの座標軸を設けていた。
 それが、これである。
(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求!
(2) サイエンスイベント・ムーブメントに参画する。
(3) 中学校「理科」カリキュラム全課程実践的検討!!
(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!
(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる。
▼しばし、この5つの座標軸を使って、「現在地」確認の作業をすすめてみようと思う。
 まず、
(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求! 
 私にとっては、「コウガイビル」も「ヒガンバナの種子」も、みんなこの道楽的「科学」の範疇にあった!!
 ともかく面白いことが第一優先だった。
 ダカラ 道楽的「科学」のメニューはコロコロかわった。
 「ばっかり病」と「あれもこれも病」の繰り返しだった!!

 最近ちょっとだけこだわっている「科学」があった。
 「共愉の科学」=「covivial science」 !!
 である。それを今、もっとも具現化しているのが、ファラデーラボの「かがく」カフェだ。
 明日だ!!
 楽しみである o(^o^)o ワクワク
▼次にいこう。
(2) サイエンスイベント・ムーブメントに参画する。
 「参加」するでなく、「参画」するとしているところがミソだ。
 「参画」の方が絶対に面白いことはたしかである!!
 私としては、面白いのは確かだが、少しあつくなりすぎて迷惑になることも \(__ ) ハンセィ

 今、イベントやムーブメントをスケジュールに書き込むときが、最高に愉しい!!

(つづく)

| | コメント (0)

ファラデーラボ「理科教育と実験」(2)

Dscn0759
▼かがくカフェの第二部が、ここのところとても充実してきた。
 第二部の面白さは、当日のその時間になるまで、誰が何を発表されるのかわからないところにある。
 定番化しつつあるメニューもあるが、予想外の発表もとびだすところが、ワクワク度を増してくれる。
 第一部と第二部の休憩時にホワイトボードに本日の発表メニーが書かれる。
 私は、ここで発表される科学を勝手に「共愉の科学」=共に愉しむ科学 と呼んでいる。
▼さて、今回はどんな「共愉の科学」が飛び出したのか!?
 私の理解した範囲で報告する。ポンコツ頭の理解の範囲を超えることも多々ある。発表の本意を理解しないで失礼な面もあることを最初にことわっておく。<(_ _)>
 
「RikaTan」
 まず橋本さんの方から、雑誌「理科の探検」=RikaTanのこれまでの取り組みと「これから」が語られた。
 編集長の左巻健男さんが参加してくださっていたので、さらに詳細について熱く語られた!!
 なんとアリガタイことに、参加者にバックナンバーの無料提供があった。深謝 <(_ _)>
◆RikaTan 

Dscn0728

Dscn0736
 
「工作品4種」
 もう定番化してきた上橋さんの仰天工作の数々だ!!
 なんで、こうも次々と凄いモノを作られるのだろう!?その発想・工夫はどこから生まれるのだろう!?
 ひとつひとついつまで見ていても飽きない!!
 芸術作品を鑑賞している気分だ!! 生の空気感、これは目の前で見せてもらわなければ味わうことができない。
 ひとつひとつの作品がつくられるプロセス、材料、「からくり」、動画等は、次のページから見せてもらえる。
 また11月のファラデーラボでは、上橋さんの工作教室が予定されている。
◆智恵の楽しい実験・工作 メニュー 
Dscn0768

Dscn0811

Dscn0852

Dscn0864

Dscn0910

▼続いて「物理」教材について2つの提案があった。
「回路カード用電圧計」
大多和さん提案の電圧計は、瞬時に電圧を計測できるのでとても便利そうだ。
回路カードを使って実践するときにより有効そうだ!!

「作用・反作用」 
今回の石原さんの提案は、接触する2物体の運動方程式から、「作用・反作用」の法則はアタリマエ!!を導こうというもの。
それは、はたして有効か?
高校物理の現況は? などが話し合われた。

Dscn0923

Dscn0941

Dscn0949

Dscn0956

▼最後に
「エナジースティク、岩石」
 觜本さんが最近手に入れた教材「エナジースティク」の紹介をした。参加者全員で手をつなぎ通電性の実験をした。
 楽しかった!!
 岩石鑑定人・觜本さんが「石ころ」を鑑定した!!(゜o゜)ゲッ!!

 最後にファラデー今後の予定が発表された。
 楽しみな企画が次々予定されている。次回はぜひ、あなたも…!!
Dscn0978

Dscn0980

Dscn0990

Dscn0997
   

| | コメント (0)

ファラデーラボ「理科教育と実験」(1)

Dscn0438

 

▼理科教育にとって「実験」とは!?
 こんなもっとも本質的なテーマに応える「かがく」カフェが、昨日 ファラデーラボで開催された。

■第105回ファラデーラボかがくカフェ

◆テーマ 「理科教育と実験」
●話題提供  手嶋 靜さん(山口県岩国市在住)
       元高等学校講師(化学)  (株)一屋 代表取締役
      「イルカのホームページ」 http://iruka.la.coocan.jp/index.html

 以前よりずいぶんお世話になり、いろいろ教えていただいてきたイルカさんに久しぶりにお会いできる。
 それだけでも楽しみだった o(^o^)o ワクワク
▼久しぶりにお会いするイルカさんこと手嶋さんは、あいかわらずするどかった!!
「そもそも科学ってなに!?」からはじまるイルカさんの体験的科学論・科学技術論は、いつも具体物があるから説得力があった。
 次から次へと登場してくる、モノ、「実験」はやっぱり新鮮で面白かった!!
 主なものだけでもリストアップしてみる
・「水ガラスのスーパーボール」
 事実をもって証明する!!それこそが科学の醍醐味!!
 子どもたちに伝えたい「科学」とは、そんなもの。その場でつくらせてもらったが、超簡単にスーパーボールができあがった。
 床に落とすとみごとに跳ね返った!!
 それにしてもイルカさんの超情報収集力は健在だった!!
・「いろいろの超簡単・安全スライム」
 これをはじめてお聞きしたときには、とっても感動した イルカさんの持ちネタだ。
 今も、ケースバイケースに応じた「レシピ」が見せてもらえるのはアリガタイ!!
Dscn0471

Dscn0458

Dscn0509

 

Dscn0478

Dscn0486_20190915103001

Dscn0494

▼「実験」もいっぱい準備してもらっていたようだが、特にドラスティクで印象に残ったのは、次だった。
・「金属Naの実験」
 安全充分配慮しながら、感動的に見せる工夫がいろいろあった。
・「卓上でのテルミット反応」
 いろんなテルミット反応を見てきたが、こんな簡単にできて、劇的変化がみられるのははじめてかも知れない。
 また最後には、いくらの鉄が回収できるかを計算させるという展開は、実際の授業を考えるとき大いにヒントとなるだろうと思った。
 
 結合のし方で、物質の世界を概観するというのもとてもいい!!
Dscn0503

Dscn0517

Dscn0518

Dscn0539

Dscn0541

Dscn0608

Dscn0629

Dscn0659

Dscn0650_20190917181701

Dscn0673

▼手嶋さんの発想・工夫で面白いのは、化学実験のみならず、いろんな「ものづくり」でも発揮されていた。
 いくつも面白いものがあるなかで、昨日は
・「スーパー輪投げ」 を実際につくらせてもらった!!
 楽しかった!!

 まだまだ他にもいっぱいあった!! 
 科学の醍醐味を味わうことこそ、学びの王道であり、近道でもある。そんな気がして来ました。
 イルカさん(ついそう言ってしまう(・・ゞポリポリ)  ありがとうございました。深謝 <(_ _)>

(つづく)
Dscn0681

Dscn0690

Dscn0697

 

| | コメント (0)

原子論的物質観と授業(7)

_dsc8864_20190831042201

▼33年前の「紅花を追って」の旅の中で手に入れた『山形の紅花』(黒木衛編著 山形市観光協会P15より)のなかに次の文章をみつけていたく感動したのをおぼえている!!
 

花びらの固まりになった花餅500匁を水1斗に一晩漬け,黄色味がでなくなるまで,5回ほど搾ってから・藁灰汁5升に戻して、また搾ると,赤黒い汁が出る。
 これに染め糸を入れて梅酢を加えると,鮮やかに発色する。紅を採って,保存したり口紅にしたりもしたが・灰汁のアルカリ度と梅酢の酸度の加減が極めて微妙で,いい色は冬の真夜中に出たという。

 これぞまさに「中和滴定」ではないか!!
 モノとのつき合いの中から「科学」が生まれ、暮らしの中で生きて働くものこそ「科学」の名に値する!!
▼学習指導要領のなかに、「物質観」=モノの見方・モノとのつき合い方 をさぐることを続けよう。

◆【理科編】中学校学習指導要領(平成29年告示)解説 (文部科学省) 

 次は「化学変化とイオン」だった。

(6)化学変化とイオン

 化学変化についての観察,実験などを通して,次の事項を身に付けることができるよう指導する。
ア 化学変化をイオンのモデルと関連付けながら,次のことを理解するとともに,それらの観察,実験などに関する技能を身に付けること。
イ 化学変化について,見通しをもって観察,実験などを行い,イオンと関連付けてその結果を分析して解釈し,化学変化における規則性や関係性を見いだして表現すること。また,探究の過程を振り返ること。

▼さらに具体的には「ア 水溶液とイオン」「イ 化学変化と電池」と続いた。

(ア)水溶液とイオン

ア◯ 原子の成り立ちとイオン
 水溶液に電圧をかけ電流を流す実験を行い,水溶液には電流が流れるものと流れないものとがあることを見いだして理解すること。また,電
解質水溶液に電圧をかけ電流を流す実験を行い,電極に物質が生成することからイオンの存在を知るとともに,イオンの生成が原子の成り立ち
に関係することを知ること。
イ◯ 酸・アルカリ
 酸とアルカリの性質を調べる実験を行い,酸とアルカリのそれぞれの特性が水素イオンと水酸化物イオンによることを知ること。
ウ◯ 中和と塩
 中和反応の実験を行い,酸とアルカリを混ぜると水と塩が生成することを理解すること。

(イ)化学変化と電池

ア◯ 金属イオン
 金属を電解質水溶液に入れる実験を行い,金属によってイオンへのなりやすさが異なることを見いだして理解すること。
イ◯ 化学変化と電池
 電解質水溶液と2種類の金属などを用いた実験を行い,電池の基本的な仕組みを理解するとともに,化学エネルギーが電気エネルギーに変換
されていることを知ること。

▼それでは、私は「これまで」にどんな授業をやって来たのだろ。

◆【物質とイオン】

 授業のサブタイトルはこうだった。
Iontitle 
 「はじめにイオンありき」これが私のスタンスだった。
 さらに発展しての授業づくりについては、また別途検討してみたい。

(つづく)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧