サイエンスコミュニケーター宣言(381)

Dscn4584
▼やわらかい空だった!!
 元々空に「硬さ」などあろうはすもないので、これは「感じ」だ。
 「感じ」は科学ではないのか!?
 
 ここはどこ?
 今はいつ?
▼サイエンスコミュニケーターとしての「現在地」を確認する作業をつづける。
二つ目の座標軸にいく。

(2) サイエンスイベント・ムーブメントに参画する。

 いつものことながら、大げさな表現だ。ときどき自分でもあきれる。(^^ゞポリポリ
 そんなコトバがあるのかどうか知らないが、イベント「科学」、イベント「理科」にはあまり興味ない。
 むしろ、日常の「科学」、日常の「理科」の方が面白いと思っている。
 
▼とは言いながらも、今、定例的(月一回)にふたつの学びの場に参加させてもらっている。
よほどの用件がないかぎり参加させてもらっている。

・「ファラデーラボ」
・「日曜会」

 少し切り口はちがうところがあるかもしれないがともに面白い!!
共通して面白いところは

 自分以外の人の「私の科学」と出会える!!

ことだ。   
▼これは実に愉しく、かなり満足している。
 欲ばりを言えば、これは「参加」であり、「参画」ではない!!

 夢物語として、語るだけは語っておこう。
 いつかやってみたい!!

●オフライン「寅の日」
●俳句結社 「寅の日」の会

(つづく)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイエンスコミュニケーター宣言(381)

Dscn4584
▼やわらかい空だった!!
 元々空に「硬さ」などあろうはすもないので、これは「感じ」だ。
 「感じ」は科学ではないのか!?
 
 ここはどこ?
 今はいつ?
▼サイエンスコミュニケーターとしての「現在地」を確認する作業をつづける。
二つ目の座標軸にいく。

(2) サイエンスイベント・ムーブメントに参画する。

 いつものことながら、大げさな表現だ。ときどき自分でもあきれる。(^^ゞポリポリ
 そんなコトバがあるのかどうか知らないが、イベント「科学」、イベント「理科」にはあまり興味ない。
 むしろ、日常の「科学」、日常の「理科」の方が面白いと思っている。
 
▼とは言いながらも、今、定例的(月一回)にふたつの学びの場に参加させてもらっている。
よほどの用件がないかぎり参加させてもらっている。

・「ファラデーラボ」・「日曜会」

 少し切り口はちがうところがあるかもしれないがともに面白い!!
共通して面白いところは

 自分以外の人の「私の科学」と出会える!!

ことだ。   
▼これは実に愉しく、かなり満足している。
 欲ばりを言えば、これは「参加」であり、「参画」ではない!!

 夢物語として、語るだけは語っておこう。
 いつかやってみたい!!

●オフライン「寅の日」
●俳句結社 「寅の日」の会

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイエンスコミュニケーター宣言(380)

Dsc_0034

▼もう20年以上観察を続けている定点ヒガンバナの株がはやくも枯れ始めた!!
 カラスノエンドウの包囲網のなかにあった。
 それにしても早すぎる気がした。
 他の場所のヒガンバナを見てもそれほど枯れはすすんでいないのに…。?(゜_。)?(。_゜)?
 ひとつ気になることがあった。
 退治しても退治しても出現したあのイモムシだ。
 あれは何者!?
 はたして…?
▼ヒガンバナの「ふしぎ!?」を追う。
 これも私の長年の道楽のひとつだ。
 サイエンスコミュニケーターとしての「現在地」の確認作業、ここからはじめよう!!

(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求!

 道楽的「科学」ってなんだろう!?
 私は、自分にピッタリとくる「○○の科学」を探してきた。思いつくままにならべてみる。
・「常民の科学」
・「熊楠の科学」
・「ファラデーの科学」
・「デクノボーの科学」
・「高いレベルの科学」
・「等身大の科学」
そして
・「私の科学」

▼そのときどきで興味は変わってきた。
 今のところの到着点は「私の科学」だと思っているが、他の「○○の科学」への関心がなくなったわけではない。
 先日、ファラデーラボ6周年企画「実験でたのしむ宮沢賢治・サイエンスファンタジーの世界」で四ヶ浦さんに生で実験を見せていただいた。
 そして、たまたまこの3月にEテレ「100分de名著 宮沢賢治スペシャル」をやっていたこととも重なった。
 そんなこともあって、今、再び
・「デクノボーの科学」
に興味が湧いてきている。
 「デクノボー」それは「雨ニモマケズ」に出てくる賢治のなりたかったモノだ。
 それは…(・_・)......ン?
▼もうひとつ関連して、最近変わりつつあることがある。
道楽的「科学」の愉しみ方である。
 自分の「私の科学」だけにこだわるのでなく、他の人の「私の科学」を楽しませてもらうことが、きわめて面白いことに気づきはじめた。
 これぞ、究極の道楽的かも…(^^)V

(つづく)
  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイエンスコミュニケーター宣言(379)

Dsc_9840
▼前の竹藪の椿が落ち始めた!!
 その落ちた花が
 「仰向きか?」
 「うつ伏せか?」
 そんなこと5年前まではまったく気にもとめなかった。
 5年前(2012年)の3月、オンライン「寅の日」を準備していて寅彦の「思い出草」を読んだ。
 そこに師・漱石の句「落ちざまに虻(あぶ)を伏せたる椿(つばき)かな」をきっかけに「仰向きか?」「うつ伏せか?」を真剣に問う寅彦がいた。
 面白いと思った!!
 それ以来、毎年落ちた花を自分の眼でも確かめるようにしている。
▼それを溯ること一年!!
 6年前の春、私は「サイエンスコミュニケーター宣言」をはじめた。

◆サイエンスコミュニケーター宣言(1) (2011/04/01)

 夢中で問い続けた。
 「科学」とは?
 「サイエンスコミュニケーター」とは?
 
▼やがていくつかのことが見えてきた。
 夢中になるがあまり、自分の「現在地」を見失いそうになった。そこで、「現在地」確認のための5つの座標軸をつくった。その座標軸のどこに居るのだろう? と多元的にみることができるようにしたのだ。
 その5つの座標軸とは次のようなものだ。

(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求!
(2) サイエンスイベント・ムーブメントに参画する。
(3) 中学校「理科」カリキュラム全課程実践的検討!!
(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!
(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる。

▼年度末になると、こうして反応してしまう。
 これも長年の生活のなかで、身にこびついてしまった「職業病」のようなものだ。
 ひとつひとつ ゆっくり と 「現在地」を検証してみようと思う。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【祝】ファラデーラボ創立6周年記念企画\(^O^)/

Dscn4131
▼感動!!感動!!感動!!…
の連続だった。
 昨日(2017/03/12)はそうとしか言いようのない一日だった。

◆ファラデーラボ創立6周年記念企画

のある日だったのである。
 今朝、起きてもまだその余韻なかにいた。
▼私はこの日をずっと楽しみに待っていた!!
 昨年末に『増補版 実験で楽しむ宮沢賢治~サイエンスファンタジーの世界』(四ヶ浦弘著 細川理衣 絵 金沢・金の科学館)を読ませてもらった。
 実に面白かった。
 宮沢賢治には興味があった。
 とりわけ「デクノボーの科学」というのに興味があった。
 ところが、この本を読んで私は何もわかっていなかったと気づいた。わかったふりをしていただけだとわかった。
 しかし、それは恥ずかしいこととは思わなかった。むしろうれしいことに感じられた。
 それは「宮沢賢治は楽しめばいいんだ!!」とこの本が教えてくれたからだ。
 どうしても、
 「四ヶ浦さんに「生」でこの実験を見せてもらいたい!!」という思いがわき起こった。
 この我が儘な願いが、四ヶ浦さん、ファラデーラボの森本さんのおかげで実現することになった。
 アリガタイかぎりだった。
▼今、撮った写真の整理しながら思った。

 やっぱり「生」は面白い!!

 ネット時代だから、画像・動画などを駆使すれば多くの情報が伝わるだろう!!
 でもそれではどうしても伝わらないものがある。
 炎のゆらぎ、苦味チンキのにおい、水晶玉の触感…等々
 ほんとうに「宮沢賢治をの世界」を楽しむためには、「生」に実験を体験することが必要ななのかもしれない。
 賢治が愛した「実験」とはそんな意味をもっているのかも知れない!!
 数々の「実験」にも増して感動したものがある。
 
 それは、四ヶ浦さん自身の声による生朗読だ!!

 なんという迫力!!なんというリアリティ!!なんという説得力!!

 今の段階で感動のすべてを語ってしまうのがモッタイナイ気がする。
ちびりちびり反芻作業を繰り返して、またつづきを語ってみたい。
 四ヶ浦さん遠方よりありがとうございました。 深謝 <(_ _)>

▼午後の第二部にいっぱいの「生」を楽しませてもらった。
 前回に引き続き上橋智恵さんのお世話になった。

◆ダイソーのネオジム磁石を使った「連続ガウス加速器」

◆ループ回転する自動連続ガウス加速器

 ふたつを解説つきで「生」で見せてもらった!!
 一同  おおっ~!!(^^)//""""""パチパチ
 原理も説明してもらったが、説明うまいなー!!

 他にも次々と「生」を見せてもらった。みなさんお世話になりました。<(_ _)>

 ファラデーラボ6年の歩みのなかでこのような感動体験を何度させてもらってきただろう。
 感謝するばかりです。
 6周年記念 おめでとうございます。 ( ^_^)/□☆□\(^_^ )
 7年目もよろしく。
Dscn4116

Dscn4188

Dscn4145

Dscn4195

Dscn4208

Dscn4224

Dscn4247

Dscn4256

Dscn4284

Dscn4294

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3.11 あれから6年が!!

Dscn4058
「ものごとは、記憶せずに記録する。」
と言ったのは、ウメサオタダオだ。
 私は、6年前のあの日(3.11)を「記録」していた。

◆【授業】まさか、その数時間後に…!

 「記録」以上でも「記録」以下でもない。
 「記録」はたったひとつの事実だ!!
▼ではあの日の天気はどのように「記録」されているだろう?
あの日の「雲見」は?

◆気象庁・日々の天気図(2011.3)

 「大気の動き」が記録されていた。
 「シベリア高気圧の勢力が強く、冬型の気圧配置となる日が多かった。」とも記録されている。

▼その日から20日経って私は

◆「サイエンスコミュニケータ宣言」

 をはじめた!!
 それから、また一年経って

◆オンライン「寅の日」

 をはじめた!!

▼彼はそれを「神話」と言わずに「寓話」と言った!!
 どこがちがうのだろう!?
 6年経っても私はまだ明確な答えをもたない。
 
 毎年の「記録」を今見返しながら、少しなさけない気分になった。
 あまりに同じところを堂々巡りしていることに!!

 

「自然」は過去の習慣に忠実である。

 という寅彦のコトバを思い出す。
 少し気を取り直して、これからも「記録」を続けること決意する。

 私にはそれしかない!!
 
            あの日から6年目の朝  合掌!! 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファラデーラボ「電子工作のかがく」はとても楽しかった\(^O^)/

Dscn3552
▼昨日(2017/02/18)は「雨水」だった。
 蓮根の植え替えから47週目の大賀ハス観察池には、もう氷がはっていなかった。
 水温む季節がやってきていた。
 実は前々からとても楽しみにして待ちに待った日だった。
▼それは、ファラデーラボで「第74回かがくカフェ」が開催される日だったからである。

◆第74回かがくカフェ  電子工作のかがく  

●テーマ 電子工作のかがく
●講師  上橋智恵さん

     プロフィール ブログ「智恵の楽しい実験」より        
       兵庫県姫路市在住。ドライブ旅行大好き♪
       食べるの大好き♪ 科学大好き♪
       さらに独学好きで電験3種、気象予報士の資格も取得。
       https://draft.blogger.com/profile/02755945979673243448 
       HP 「智恵の楽しい実験教室」http://www.eneene.com/
●内容  「発振回路を利用した永久コマ」(部品調達の関係でこちらに変更)

 私はここ何ヶ月かのあいだに何度
 「凄い!!」
 「感動!!」
 というコトバを使っただろう。ともかくそれ以外のコトバが出てこなかった!!
 Facebookで上橋さんの実験・工作を見せてもらう度にだ!!
 それも次から次へとだ。
  そんな上橋さんが講師になってくださり「工作」を体験できるのである。
  楽しみにしないわけはなかった。o(^o^)o ワクワク
▼行くなり机の上には用意周到の準備がしてあった。
 ここでまたまた思った。
 「凄い!!」
 「感動!!」である。
 こんなきっちりではないが、まがりながらも長年実験の準備をしてきた身としてはこの「凄さ!!」さがわかる。
 それだけではない。実際に工作をはじめたとき、どんなことでトラブルか、それら想定して準備されていた。
 そこにも上橋さんならではの工夫・アイデアがいっぱいだ!!

 実際に工作をはじめると予想したとおり、根っからの不器用な私は、いちばんの「遅れん坊」になってしまった。(^^ゞポリポリ
 まわりの人や上橋さんの手助けもあって、私の作った「永久コマ」も回った\(^O^)/
 回った!!回った\(^O^)/
 長年思い続けてきた夢がひとつ叶った。とてもとてもうれしかった。
 
 発展型も見せてもらった。
 助けてもらったみなさんに、そして上橋さんに感謝である。<(_ _)>
▼第2部の「ティータイム交流会」に入った。
今回もまた楽しかった。
・光通信
・たい積説明器
・IHのつくり、原理
・磁石を使ったおもちゃ
・手作り物理実験器具各種
等々 どれもこれでも面白かった!!
 なかでも極めつきは、「時の人」觜本格さんのNHK『ブラタモリ』登場の顛末報告だ!!
 昨夜放映のジャストタイミングの報告だけにみんな興味をもって耳を傾けた。

 
 ほんとこんなゼイタクでいいのというほどのゼイタクの一日だった。
 みなさんの「私の科学」を存分に愉しませてもらった。 深謝<(_ _)>
Dscn3523
Dscn3547
Dscn3575
Dscn3614
Dsc_7152


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も「立春の卵」を立てた!!

Dsc_5432
▼昨日の朝、つまり節分の朝(立春でないところがミソ)。
台所で卵のケースをみて、あの「小さな実験」を思いだした。そこで久しぶりにその「小さな実験」に挑戦してみることにした。
 「小さな実験」とは、平らな机の上に卵を立てるだけのことだった。
 やってみた。一つ目は意図も簡単に立った。アタリマエ!!
 ところが二つ目がなかなか立たない。暖房器具のない寒い部屋でやっているのに手が段々汗ばんできた。

 口の中で唱えてみた。
 「三点主義!!三点主義!!三点主義!!…」と。
 「三点主義」とはこうだ。ツルツルに見える卵の底もよくみると凸凹がいっぱいある。そのうち凸3点をみつけ、3点で描く三角形をイメージする。
 その三角形内の上に卵の「重心」を持ってくるようにすると卵は必ず立つのだ!!
 
 やがて二つ目、三つ目も立った。
 アタリマエだけどやっぱりうれしかった。\(^O^)/

いつ、どこで、誰がやっても「卵は立つ」!!
 だからこれは「科学」なんだ!!

 それを教えてくれた科学者がいる。
 あの「雪は天から送られた手紙である」で有名な中谷宇吉郎である。
 ちょうど今から70年前(1947)の話である。

◆『立春の卵』(中谷宇吉郎 青空文庫より)

 70年前の立春、この「小さな実験」は科学者をも巻き込んで大騒動になったという。
 その全顛末が書かれている。これを読むだけでもとても面白い!!

▼私は、2年前の節分の朝にもこの「小さな実験」に挑戦した。
このとき、ちょっと変わった実験にも挑戦していた。
それは「実験」とよべるかは疑問であるが…。
そのときは5つの卵を立てた。
「この5つの卵は、いつまで立ち続けるだろうか?」
 それを観察する。
 卵を立てる実験はこれまでやってきたが、「立ち続けるか?」なんてやったことなかった。
 私が知る範囲ではそんなこと誰もやっていなかった。
 そんな大げさに言う話ではない。
 毎朝、起きたらその部屋に行き、写真を撮りTwitterでつぶやくだけだ。
 それを毎日続けた!!
 倒れたたら、その卵の「なかみ」の検証実験もやった。

 最後の一個が倒れたのはなんと191日目だった!!

 その全記録をページ化したみた。

◆【立春の卵】191日の軌跡 

▼私は、この「小さな実験」に夢中になった。
機会あるごとに普及させていった。そのなかで小学一年生が目の前で次々と卵を立てるのも見た!!
いつ、どこで、誰がやっても「卵は立つ」!!
だからこれは「科学」なんだ!!
の確信は深まるばかりだ。

 中谷は『立春の卵』のなかで最後にこう書いた。

人間の眼に盲点があることは、誰でも知っている。しかし人類にも盲点があることは、余り人は知らないようである。卵が立たないと思うくらいの盲点は、大したことではない。しかしこれと同じようなことが、いろいろな方面にありそうである。そして人間の歴史が、そういう瑣細ささいな盲点のために著しく左右されるようなこともありそうである。

「立春の卵」から70周年の今、自らにも問いかけたい。

「科学」とは?
「科学的」とは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1.17 あれから22年の歳月が!!そして…

Dsc_3988
▼昨日(2017/01/16)の朝。
 大賀ハス観察池に雪の花が咲いていた。
 山も川もすっぽり雪の中にあった。
 今回の雪はきっと当地にとって記録的な「大雪」だったにちがいない。
▼22年前のあの日の朝も、今朝と同じように私はパソコンに向っていた!!
 【理科の部屋】ははじまっていたのだ。
 正直言って当初何が起こったのかわからなかった。
 しばらく時が経って、少し落ち着きはじめたとき、【理科の部屋】では『変動する日本列島』(藤田和夫著 岩波新書)をテキストにしてオンライン学習会をはじめた。
 学習会を通して少しずつわかってきた!!
 「これはアタリマエのことが起きたのだ!!」
 「私たちの暮らす大地は、常に現在進行形で動き続けている!!」
 「この動きが六甲山をつくり、大阪湾をつくった!!」
 と。
授業『大地の動きをさぐる』なかでは、これまでにも増してそれを伝えたかった。
 学習のメインテーマは

●大地の動きを「現在進行形」でとらえよう!!

だった。
  けっして「動く大地の物語」は、遠くで起こった昔物語ではない。
今自分が立つ大地で起こっている現在進行形の物語なんだ!!
 それをなんとしても伝えたかった。
 それが究極の防災・減災教育にツナガルと確信していたからだ。
▼22年経った今、私は授業でそれを語る機会もなくなった。
 できることは何だろう?
 やりたいことは何だろう?
 考えてみた。

 Webテキスト『大地の動きをさぐる』!!

  Webテキスト『天気の変化』の取り組みだって遅々としてすすまないなか無謀とも言えるプロジェクトだ。
 それは十分に承知しているつもりだ。
 「完成」なんてしなくてもいい!!試みたいだけだ!!

・徹底して「ローカル」にこだわって
・あの山はどうしてできたのか?なんであの山の上からフズリナの化石がでてくるのだ!?
・あの坂道が教えてくる動く大地の物語とは?
・窓から見える山並みが平らなのはどうして?どんな物語が?
・あそこに竹藪があるのはどうして?
・私たちは「どこに」暮らしてきたのか?
・どこに活断層(山崎断層)が!?
・動く大地の物語と私たちの暮らしはどうツナガッテいるのか?
・「現在進行形」でとらえることによってどんな「未来」が見えてくるのか?

そんなこと考えている間に時間がたった。
もう すぐ あの時間だ !!

 22年目の朝に   合掌  
Dsc_4108
Dsc_4082


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NaRiKa(ナリカ)で「理科」を楽しんだ\(-o-)/

Dscn2739_2
▼早朝より東京に向かった。
「大気の物理学実験室」!!
 今度は水平移動だ。シミュレーションだけでなく実際にこの眼で確かめてみるのだ。
 新幹線「のぞみ」が姫路を出発して、1時間10分 伊吹山が見えてきた。たしかにそこには雪が…!!
 2時間15分 雪をかぶったみごとな富士山が…!!
▼今回の旅の主目的は、久しぶりのNaRiKa(ナリカ)訪問だった。
前回の訪問は【理科の部屋】20周年記念オフだった。
10周年記念オフのときもここにお世話になった。記念オフだけでなく、【理科の部屋】創設期のころから「東京オフ常設会場」としてずいぶんお世話になった。ありがたい限りである。
 オフだけでなく、教材情報の提供、サポート等々で【理科の部屋】はずいぶんお世話になってきた。
▼ナリカに着くなり教材(実験器具)の説明をしてくださった。
 はじめて眼にするモノもたくさんあった。
 新開発はどんどん進んでいるようだ!!
 そのコンセプトに感動である。いちばん感心し感動したのは、現場のことよく知っておられるということだ。
 理科室で実験するとき、
 「教師は何に困っているか」
 「どんなものがあったらいいなと思っているか」
 それをよく把握されていることだ。
 いちばん感心したのは、折りたたみができる電流計・電圧計だ。その端子とメーターの色分けにも感動だ!!
▼うれしかったのは、夕方に「オフ会」のような親しく話し合う機会をもうけてくださったことだ。
「理科実験に対する思い入れ」
「一生に1度の実験に穴をあけることはできない!!」という意気込み。
現場の理科教師へのエールに聞こえた。
コトバだけではなかった。
具体的なサポートにも取り組まれていた。
もっとも面白く興味深くお聞きしたのは
社内一丸となって取り組まれている

「朝の実験」だ!!

みんなで「理科」を楽しんでおられる姿が目に浮かぶようだ。
すばらしい!!

会長の「SCIENCE IS JUST THERE」のコトバを今反芻してみる。
 
あらためて
「理科」は面白い!!」
「理科の教師でよかった!!」
と実感した半日だった。

ナリカのみなさんほんとうにお世話になりました。
ありがとうございました。深謝 <(_ _)>

あまりうれしかったもので少ししゃべりすぎましたハンセイ\(__ )
Dscn2693
Dscn2755
Dscn2757
Dscn2763_2
Dscn2770

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧