中谷宇吉郎「虹」を読む!! #中谷宇吉郎 #虹 #科学の学校「にじ」

Dscn1300_20200714045801

▼先日の第111回ファラデーラボ「かがく」カフェ(「虹のかがく~虹と光学現象 6次の虹を見る方法~」) において講師の佐藤誠先生にたいへん興味深い文章を紹介していただいた。

◆中谷宇吉郎「虹」

 青空文庫にはまだあがっていないが、ここに行けば読めると教えてもらった。
 あの中谷宇吉郎が書いているということにも惹かれて読んでみた。

▼この文章の初出は、科学の学校「にじ」の創刊号であるという。

◆科学の学校「にじ」

科学の学校「にじ」は1947年10月にに実業之日本から創刊され、翌1948年11/12月号をもって廃刊となった子ども向けの科学雑誌である。

 えっ!?
 これが「子ども向け科学雑誌」!? と思いたくなるほど高いレベルのことが書いてある。
 雑誌のタイトルも「にじ」、その創刊号の巻頭「よみもの」が、この中谷宇吉郎「虹」ということで気合いも入っていたのだろう。
 しかし、よく読んでみると なかなか面白い!!

▼私は、これまでにこれほどまとめて虹に関してくわしく解説された文章を読んだことがない。
 「へぇー、そうだったのか!!」とはじめて知って驚くことも多かった。
 
 文章はさすが中谷宇吉郎だ!!
 導入からみごとなものだ。少しだけ気に入ったところを引用させてもらおう。

一度でも本当によく自然を見た人には、虹の色というような分かり切ったことにも、すぐ疑問が出て来るはずである。それが当然なのであって、実は分り切ったことではないのである。

 アタリマエ!!と見逃さず、自然をよく観察することからはじめようと呼びかける。
 宇吉郎流の「科学のすすめ」デアル。
 そして、次のように展開する。

 こういういろいろな現象を、順を追って説明してみよう。そして中学校の教科書にまでのっているくらい、分り切ったことと思われている虹の現象が、なかなかそう簡単なものではないことを、知っていただくことにしよう。

 

 私自身も「そうだったのか!!」とはじめて合点することも多かった。
 さらには

ところが困ったことには、前にも言ったように、実際の虹は、時によって幅が広かったり狭かったりするし、スペクトルの七色を全部揃えている方がむしろ珍しいのである。それで以上の説明、すなわち普通の教科書にかいてある説明では不十分であることは明白である。

▼最後もとても納得のいくまとめである。(「立春の卵」の最後を思いだした。)
 あまりに気に入ったので長くなるが引用させてもらう。

それをよく見ないことがいけないのである。実際の虹をよく見ないで、虹は七色と思いこんでしまうのは科学の心に反していることなのである。
 自然というものは、非常に複雑で、不思議なことにみちみちているものである。虹などは、その中でも比較的簡単なものであるが、それでもこれだけの説明をひつようとした。実はこれでもまだもんdないは残っているのである。こういう複雑な現象を一つ一つ明らかにして行く時に、はじめて人間は自然の美しさを本当に理解出来るのである。

 わかったつもりになっている人へも警告してくれていた。

「虹は水滴の反射屈折によるスペクトル作用さ」と言って、それ以上実際の虹を見ない人がある。そういう人には虹の美しさは分らない。学問によって眼をあけてもらうかわりに、学問によって眼をつぶされた人である。

 これは、「虹」に関する最高の「科学よみもの」である。
 科学絵本「虹」の復刻を望みたい!! 

 梅雨が明けて、今度、「虹」を見るのが楽しみだ o(^o^)o ワクワク

Dscn9129_20200714045801

 

| | コメント (0)

サイエンスコミュニケーター宣言(415)

Dscn7639_20200404052201

▼ どの桜の木にもそれぞれの物語がある!!
 
 その「物語」を想像しながら、桜の木巡りを続けている。
・標高103mの手城山の山桜と麦畑
・祠のとなりの桜の木
・鳥居の向こうに記念樹
・高位段丘上の池に張り出す桜
 旧街道を行き交う人たちもこの桜をながめたのだろうか!?

Dscn7651

Dscn7685

Dscn7699

Dscn7690

▼サイエンスコミュニケーターとしての「現在地」検証と「これから」の展望をつづけよう。
 次なる座標軸はこうだ。

(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!
 寅彦は「科学上の骨董趣味と温故知新」のなかで次のように言っていた。

 しかし自分の見る所では、科学上の骨董趣味はそれほど軽視すべきものではない。この世に全く新しき何物も存在せぬという古人の言葉は科学に対しても必ずしも無意義ではない。
自分は繰返して云いたい。新しい事はやがて古い事である。古い事はやがて新しい事である。

 まったく合点のいく言説である。
ホンモノの「流行」は、「不易」を内包する!!
ホンモノの「不易」は、「流行」を創造する!!
 ここからは、まったくの我田引水だ。

 【理科の部屋】コミュニティはこれからも有効である!!
 【理科の部屋】は、理科教育の「不易流行」を追究する!!

▼最後の座標軸にいく。 
(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる。
 これまた大風呂敷ひろげた話である。(^^ゞポリポリ
 でも本人はいたって本気である。
 今でなければ、消えてしまう!! どんなに小さな「歴史」でも「記録」しておけば蘇ることもある。
 未来に有効になる可能性もでてくる。
 記憶せずに記録する!!
 途中で保留したままの作業を思い出した。

●【理科の部屋】30年史年表

▼この状況のなかで、今をどう生きるか!?
 一日一日をどう暮らすか!?
 それが、あらたな「歴史」をつくり、次なる「物語」がはじまる!!

 サイエンスコミュニケーター10年目の歩みははじまったばかりだ。
 さあ ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

Dscn7735

| | コメント (0)

サイエンスコミュニケーター宣言(414)

Dscn7607

▼「桜を愛する仲間13名による植林  平成12年3月吉日」
 
 昨日も夕方から、「花見」散策にでかけた。
 最初から、この場所をめざしていたわけではなかった。たまたま近くを通りがかったとき、この桜並木に夕日があたりあまりにきれいだったので近づいてみたのだった。
 そこの記念碑にはこのように記してあったのだ。
 スバラシイ\(^O^)/

Dscn7601_20200403055301

Dscn7569

Dscn7576

▼自らを「サイエンスコミュニケーター」と名のりはじめて10年目がはじまっていた。
 はやくもその3日目である。
 9年の歩みでどこまできたのだろう!?「現在地」は!?
 10年目の歩みはどこをめざそうか!?
 例の5つの座標軸を使ってひとつひとついこう。

(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求!
 9年の歩みのなかでも、自分で一番納得のできる「○○の科学」を追い求めてきた。
 「常民の科学」
 「萃点の科学」
 「ファラデーの科学」
 「デクノボーの科学」
 「等身大の科学」
 「私の科学」等々
 そして、今、最も気に入っているのが
 「共愉の科学」=convivial science !!
 
 では、具体的に何から…少し時間をかけて計画たててみよう。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!
▼第二の座標軸に行こう。

(2) サイエンスイベント・ムーブメントに参画する。
 これが今もっとも困難な状況にあるのだろう。
 今こそ「参画」の意義が問われている。
 もっとも困難な状況の克服こそ、新たな道を切り拓くきっかけになるかも知れない。
 さて、どうする…(・_・)......ン?

▼次の第三の座標軸に行こう。

(3) 中学校「理科」カリキュラム全課程実践的検討!!
 これがいちばん具体的かも知れない。
 何度も繰りかえしとりあげるように、それまでの歩みはここに集約していた。

●私の「ふしぎ!?」からはじめて「卒業論文」にいたるまでの中学校3年間「理科」全課程を構想する!!
新・中学校「理科」を構想する(2016年版)

 これ以上でも、これ以下でもなかった。
 作業は終わったのか!?
 終わってはいなかった。継続中の作業がいくつもあった!!
 なかでも、今、いちばん力をいれたい作業は次だ。

●生徒の授業感想文に学ぶ!! 

 膨大かつ遠大なる作業である!!
 同時に最高に楽しい作業でもある!!

(つづく)

Dscn7626

| | コメント (0)

サイエンスコミュニケーター宣言(413)

Dscn6578_20200329051201

Dscn6606

「播磨国神西郡手城山開路碑」
 確かにそう読めた!!
 その碑の本文は苔むしもう定かには読めなかった。調べてみた!!
 碑は明治13年(1880)に建てられたそうだ。
 つまり今からちょうど140年前だ!!

 手城山の硬い岩石は東を流れる市川に向けて張り出していた。従って旧生野街道は手城山の西を通っていた。
 硬い岩石を火薬で爆破し、まっすぐな「新生野街道」をつくった!!文明開化時代の到来だった。
 今週のはじめ手城山城跡にたった私は、一日おいて今度はこの碑の前にたっていた。

 自然にはたらきかけて生きてきた私たちの「歴史」をたどるのはなかなか面白い!!

Dscn6570

Dscn6634

▼ちょっとこじつけのような話をするが、私は最近自分自身の歩んできた「歴史」に興味をもっている。
 「新生野街道」の半分ほどの私自身の「歴史」=「自分史」デアル!!
 こんなこと言い出すの年のせいだろうか。(^^ゞポリポリ

 私が自らを「サイエンスコミュニケーター」と名のりはじめたのは2011.4.1だった!!

●サイエンスコミュニケーター宣言(1)

▼それからまもなく9年が終わろうとしている。
 そして10年目に入ろうとしている。
 今こそ、また問うておこう。私自身の「現在地」を!!

 またまたサイエンスコミュニケーターとしての「現在地」を確認するための5つの座標軸を引っぱり出してこよう。

(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求!
(2) サイエンスイベント・ムーブメントに参画する。
(3) 中学校「理科」カリキュラム全課程実践的検討!!
(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!
(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる。

▼9年目のおわりと10年目のはじめにわたり「現在地」の確認と「これから」を展望する作業にとりかかる!!
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

 「サイエンスコミュニケーター」よりも長い「歴史」もつ大賀ハス観察池!!
 蓮根の植え替えから53週目であった。
 ほんとうは、今年度の蓮根の植え替えを昨日する予定であったが、雨天のため本日に延期した。
 すでに、あらたな「葉芽」が水面から顔を出そうとしていた。
 さあ、今日はできるだろうか?

(つづく)

_dsc7510

| | コメント (0)

3.11 あれから9年が!!

Dscn4941_20200311051501

▼あれから9年!!
そう言えば、「あの日」の天気はどうだったんだろう!?
「あの日」の前後は!?
 「記録」が残っていた!!

●日々の天気図(2011年3月)・気象庁

 私も「あの日」の記録を残していた。

●【授業】まさか、その数時間後に…!(2011.03.11)

▼毎年、「あの日」の「記録」はとりあげるが、その前後の日のことをとりあげることはあまりなかった。
 今年は、その前後の日のことを取り上げてみよう。
 まずは前3日である。

●【授業】未来の「地震」を知るためには…。(2011.03.08)
●やっぱりこんなときは、真壁仁の「峠」だ!(2011.03.09)
●三つの「試論」のこれから(2011.03.10)

 前日のことを思い出しつつ、blogの日付は一日ずつずれている。
▼今度は、「あの日」の後3日をみてみる。

●今こそ考える!「科学」と「くらし」(2011.03.12)
●【Web更新3/13】11-11【大地の動きをさぐる】更新!(2011.03.13)
●【授業】「私たちはどこにくらしているのか!?」を(2011.03.142011.03.14)

▼確かに「あの日」(2011.03.11)でなにかが変わった!!
 なにかが!?
 「あの日」の翌日、「ファラデーラボの開所式」があった!!

 それから9年!!
 ファラデーラボ9年の歩み、そこに「これから」を考えるヒントがつまっている!!

◆ファラデーラボ「これまで」の歩み(過去の実績)

Dscn4953_20200311051501

| | コメント (0)

ファラデーラボ「高専における教育と研究」(2)

Dscn3677

連句的!!

 きわめて唐突に妙なコトバを思いついた。
 シロウトの無知をさらすようだが、「連句」というものがあるそうだ。
 5・7・5の発句,7・7の脇句以下の長短句を連ねていくもので、複数の人間の共同作業として「連句」が詠まれるらしい。
 発句、脇句のバランス・ツナガリ・連鎖の妙が魅力とか。(体験したこともないが (^_^;))
 発句が独立して「俳句」になったとか。言わば座の文芸として愉しむのである!!

 「かがく」もこんな愉しみ方はできないものだろうか!?
 そこで変な作業仮説を勝手に立てた。

 ファラデーラボの「かがく」は連句的である!! 

▼いつものように第二部も充実していた。
 「連句」を巻くように次々と私の「かがく」が報告された。

【音と光 山本さん】
 トップバッターは山本さんだ。山本さんは、最近手作り教材づくりが楽しくてしかたないと言う。凄い!!
 身近に手に入るものでつくられた「音と光」実験装置を紹介してもらった。ナルホド(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
 特に、「おんさ」の音を波で見せられたのには感動だった。

【觜本先生in岡山 中谷さん】
 ファラデーラボつながりで、觜本さんが岡山の中谷さんの学校に出かけて行って「出前授業」を行なったときの報告があった。
 生徒たちには大好評だったようだ。
 他にもファラデーラボつながりで、第一部、第二部の講師が他のところで授業されるということもでてきているようだ。
 とてもうれしい展開だ!!

【はりま灘の歴史 觜本さん】
 その觜本さんが、「10分間 地学小ネタ」の続きである。
 「大阪層群高塚山層」の化石の話からはじまり、「海進」の話へそして、播磨灘へと…
 觜本さんの語る「動く大地の物語」はいつもドラスティクで面白い!!
 つづきが楽しみである。

Dscn3694

Dscn3687

Dscn3709

Dscn3723

Dscn3727

Dscn3733

Dscn3740

Dscn3747

Dscn3758

Dscn3770

▼つづいて

【磁石 石原さん】
 小学校「磁石」教材の話。
 いつものことながら、ほんとうに面白いいろんな「教材」を紹介していただくのはアリガタイ!!
 こんな楽しいいろんなモノがあるのとないのとでは、まったくちがう授業が展開されるのだろうと容易に想像できる。
 今回特に興味深かったのは、小学校でもきっちり「磁化」を扱おうと提案されているところだった。
 また、「磁石」にもいろんなタイプの磁石があることも教えてもらった。

【新型コロナウィルスの致死率について 野村さん】
 グリーンフラッシュ目撃談からはじまり、今もっともタイムリーな話題「新型コロナウィルスの致死率」について熱く語られた。
 野村さんの科学的考察はなかなか興味深いものがあった。

【ソーラークッカー(パンフ) 福寿さん】
 以前にファラデーラボでも実演紹介をしていただいた「ソーラークッカー」について、パンフとその後の展開を紹介していただいた。
 世界中のいろんなところで「ソーラー(太陽熱)クッカー」が活躍しているようだ!!

Dscn3777

Dscn3788

Dscn3803

Dscn3813_20200224065201

Dscn3814

Dscn3825

Dscn3843

Dscn3846

Dscn3852

Dscn3854

Dscn3856

▼最後に

【電池とモーター 円尾さん】
 ふだんはあまり気にしていない「電池」のくわしいつくりについて、円尾さんより「分解」したものを見せてもらいながら説明してもらった。 「モーター」についても、同様に「分解」したものを見せてもらった!!「コイル」と「磁石」があった!!アタリマエ!!
(なかなかひとりではここまでしないな(^^ゞポリポリ)
 猟師・円尾さんからは、最近の収穫物としてりっぱな角の「シカの頭骨」が披露された。すぐさま引き取り手があらわれた!!
    

【回路カード 今後の予定 森本さん】
 最後にファラデーラボの主・森本さんより、「回路カード」についてとファラデーラボの「今後の予定」について話があった。
 くわしい「今後の予定」については

●ファラデーラボ「今後の予定」

 を参照してください。変更される場合もありますので、最新情報をチェックよろしくお願いします。
 また「これまでの取り組み」については

●ファラデーラボ「過去の実績」

 を参照してください。
 今度は、あなたも参加してあなた自身の「私のかがく」を披露して(巻いて)くれませんか!!

Dscn3869

Dscn3875

Dscn3885

Dscn3888

Dscn3892

Dscn3899_20200224065501

| | コメント (0)

ファラデーラボ「高専における教育と研究」(1)

Dscn3486_20200223095801

▼昨日(2020/02/22)、ファラデーラボ(加古川)で第110回のかがくカフェが行なわれた。

◆第110回かがくカフェ 「高専における教育と研究」
●テーマ:「高専における教育と研究」
●話題提供:宇野宏司さん(神戸市立工業高等専門学校 准教授)
  http://www.kobe-kosen.ac.jp/department/staff/toshi/uno.html

 ふだんあまりお聞きする機会のない「高専」のお話をたっぷり聞かせてもらって、とても面白かった!!
▼知っているようで知らない「高専」という「学校」についてくわしく教えてもらった。
 はじめて知って納得ということもたくさんあった!!
 宇野さんだからこそ知る「高専」の魅力を熱く語られた!!
 それだけでない
 「高専」の抱える課題についても、忌憚なく誠実に語ってくださったのがうれしかった。

Dscn3488

Dscn3493_20200223095801


Dscn3494

Dscn3496

▼「高専」教員に求められる3要素として
 「教育・研究・地域貢献」
 をあげておられた。そして、そのひとつひとつについてすばらしい取り組みの報告を聞いた。
 とりわけ私が興味深かったのは、「研究」である。
 教える側の「研究」に対する姿勢は、あきらかに生徒たちに伝わっていた!!
 5年生での宇野研究室の「卒業研究」「特別研究」テーマのリストも見せていただいた。
 そのレベルの高さに驚く!!
 もちろん教師の指導助言があってのことと思うが、とても興味深いテーマがならぶ!!
 宇野さん自身も生徒たちの発想に学ぶことも多いという。それにもまた感動だ!!

 地域貢献のアクティブな活動にも驚く。 
 【教材開発】遊んで学ぼう防災すごろく なかなか面白そうだ!!

Dscn3498_20200223095901

Dscn3500

Dscn3506

Dscn3515_20200223100001

Dscn3528_20200223100001

Dscn3532_20200223100001

Dscn3536

Dscn3537

Dscn3540_20200223100101

Dscn3543

Dscn3549

Dscn3566

Dscn3576

Dscn3577

Dscn3584

▼最後に「私の研究紹介」として4つの「研究」についての報告があった。

① 河口域のカニの棲み処を考える【環境】

② デジタルカメラで砂粒の大きさを測る【環境】

③ 都賀川水難事故からの教訓を考える【防災】

④ 神社は安全か?【防災】

 どの「研究」もとても興味深い。テーマだけでなく、その研究手法からも学ぶべきものが多い。
 これらのなかでも私は特に「④ 神社は安全か?【防災】」が面白いと思った!!
 こんな切り口での「研究」こそ、ほんとうに役に立つ「研究」なのではと思った。

 4つの「研究紹介」を聞かせてもらっているうちに、あの生徒たちの「卒業研究テーマ」がなぜ面白いかがわかってくる気がした!!
 またつづきがぜひ聞いてみたい。
 ありがとうございました。 深謝 

(つづく)

Dscn3588

Dscn3592

Dscn3603

Dscn3612

Dscn3623

Dscn3627

Dscn3634

Dscn3635

Dscn3639

Dscn3641

Dscn3645_20200223100501

Dscn3652

Dscn3655_20200223100501

| | コメント (4)

進化し続ける「クリップモーター」を見た!! #クリップモーター

Dscn3321

▼昨日(2020/02/20)、とてもうれしい機会があった!!
 上橋智恵さんの凄い「クリップモーター」を生で見せてもらったのだ。\(^O^)/

●「高速回転のクリップモーターと直径10cmのクリップモーター」(上橋 智恵さん)

 生で見せてもらってあらためて感動デアル!!
 驚きの工夫・アイデアの連続デアル!!
 ビュンビュン!! 高速回転の迫力も実感デアル!!

▼まずは「高速回転のクリップモーター」である。
 なにより驚くのは「安定」した高速回転である!!
 それは、置いておくだけでなく手に持って少々斜めにしても、「安定」して高速回転を続けた。
 縦にして立てかけてもまったく問題なかった。
 その「安定」した高速回転の秘密は、驚くべき工夫・アイデアにあった。
 なかでもいちばん凄いと思ったのは、コイルの先端にまち針を使用していることだ。
 もうひとつある。
 その軸受けにネオジウム磁石を使用していることだ。
 こんな発想どこから出てくるのだろう!? それが不思議だ!!

Dscn3338

Dscn3337

Dscn3351

Dscn3327

Dscn3366

▼次は「直径10㎝のクリップモーター」である。
 直径10㎝が高速回転をする。
 これまたど迫力がある。
 仕上がりの美しさに感動である。
 アルミ線一巻きにした場合にも、先端にすばらしい工夫がある。
 くわしい作り方の説明もわかりやすい。
 先日、私も挑戦してみただけに、この工夫の凄さがよくわかる。
 磁石なども100円ショップで手に入る磁石だけを使用しているのもいい!!

Dscn3372

Dscn3400

ほんとうにすばらしいと思ったのは、工作の工夫・アイデアの凄さだけにとどまらないところだ!!
 <クリップモーターが回転する理由について>
 は、くわしく図や電圧波形の画像まであげて説明されていた。
 昨日、直接お話を聞いて、あらためて読みなおしてみた!!
 こんなくわしい説明はじめて見た!!
 私にも少しわかりはじめた。
 すばらしい\(^O^)/ これは必見だ!!
 
 もはや「クリップ」そのものは見られない。でもやっぱりこれも「クリップモーター」!!
 これからもまだまだ「クリップモーター」は進化し続けるだろう。
 次は、どんな「クリップモーター」が登場するのだろう。 o(^o^)o ワクワク

Dscn3381_20200221063901 

Dscn3386

Dscn3390

Dscn3393

| | コメント (0)

今さらですが、「磁石」って!?(20) #磁石

Dscn3154

Dscn3131

▼サイエンス教室「じしゃくとモーターのかがく」は午前の部・午後の部とに分かれていた。
参加してくれた小学生は以下のとおりであった。
●午前の部 10:30 ~12:00 (90分 小学校3年生~6年生向け) 23名
●午後の部 13:30 ~14:30 (60分 小学校1年生~3年生向け) 37名
 ふたつのカンタン「モーターづくり」に挑戦してもらった。

A 「じしゃく」がまわるカンタン モーター!!
B せかいでいちばんカンタンな「クリップモーター」!!

Aは午前・午後の部参加者全員時間内に回すことができた。

Bは午前14名 午後10名 が回すことができた。
時間内に回すことができなくてもやっぱり 次を強調した。
だれがやってもまわる!! だから 「かがく」なんだ!!

▼限られた時間のなかで、ふたつの「モーター」無理かと思ったが、ひとつは全員が回すことができたのでうれしい。
 「究極のクリップモーター」のけっこう楽しんでもらった。
 実はここまでできたのには、アリガタイことに強力な助っ人がいたからだ。
 中学生2人がボランティアで参加してくれていた。ふたりの「かがく」はするどかった。深謝<(_ _)>

 やりながらもっと工夫が必要なところもいっぱい気づいた!! 
 改良点もいっぱいある!!
 しかし
 午後の部で、一緒に参加されていた保護者を含めて、全員に「モーター」に大いに興味をもってもらうことができた!!
 やっぱり

 「回った!!」「回った!!」は楽しい!!面白い!!

▼ながらく続けて来たこの「今さらですが、「磁石」って!?」をいったんここで終わりたい。
 このなかで、「モータ-」に直接関係しそうなところは

◆「究極のクリップモーター」を普及させる会

のページに後ほどリンクしていきたい。

▼またこの機会に進化し続ける「クリップモーター」関する情報はいっぱいいただいた。
 動画情報もたくさんいただいた。
 こちらのほうも、「参考Webページ」で紹介させてもらいたい。

 ひきつづき、進化しつづける「クリップモーター」情報をよろしくお願いします。<(_ _)>
 
 いったん
(おわり)

| | コメント (0)

今さらですが、「磁石」って!?(19) #磁石

Dscn2950

Dscn2994

▼いよいよ たつのサイエンスひらば「じしゃくとモーターのかがく」の当日となった。
 2つのカンタン「モーター」

●「じしゃく」がまわるカンタン モーター!!
●せかいでいちばんカンタンな「クリップモーター」!!

の準備はできた。
 では、そのモーターづくりに入る前にどんな話をすればいいだろう?
 今一度、頭のなかを「整理」してみる。
▼そもそも「磁石」って何!?
・磁鉄鉱
・方位磁針
・地球磁石
・「磁石」にくっつく金属は?

<やってみよう>では何を。

「磁石」の「ふしぎ!?」うまくつたえなられるかな。
▼「電気」はどうだろう!?
・電池
・「電気」を通す金属は?

 そもそも「電気」って何!?
 そんなことやりだしたらきりがないだろう。
 でも「電気」の「ふしぎ!?」にも少しはふれたいな。
▼やはりいちばんは伝えたいのは「磁石」と「電気」の「ふしぎ!?」が出会ったときのことだろう。

●1800年 ボルタ ボルタ電池を発明!!
●1820年 エールステッド 「電流の磁気作用」を発見!!
●1821年 ファラデー 最初の電気学上の発見(「電磁気回転」)。世界初のモーターだ!!
●1831年 ファラデー 8月、電磁誘導の発見。9月磁電誘導。

 たった200年前の「出会い」「交叉」!!
でもそれって限られた時間なかでその「感動」を伝えることはなかなかむつかしい!!
 後は作業をすすめるなかで「実感」してもらえれば…

▼こうして考えていると、今回の機会で人に伝えると言うより
 今さらながら 私自身が あらためて
 
 「磁石」の「ふしぎ!?」!!
 「電気」の「ふしぎ!?」!!

を実感することとなった。
 さてさてどうなることやら o(^o^)o ワクワクドキドキ

(つづく) 

Dscn2909 

Dscn8362_20200215044101

Dscn8459_20200215044201

| | コメント (0)

より以前の記事一覧