サイエンスコミュニケーター宣言(99)

▼実は、私はここ数日限られたネット環境のなかでアクセスしている。だから、資料に自在にリンクをつけたり画像も貼り付けたりしないで更新をしている。やや意地になっている面があるが、なんとしても毎日blogを更新し続けたいのだ。
 今年あらたに小さなパソコン(レッツノート)を導入したのも、旅先からでもblogの更新をするためといえる。どうしても一日一更新にこだわりたいのだ。そのために周辺を整えるそれが私のやり方である。というようなことで非常に限られた時間しかつながらないところから、今日も、『日本理科教育史』を追うことをつづける。
▼多様な「理科」が歴史に登場してきた。
そして、今の時代の理科教師ならば、常識的に使っている「概念」であるとか、「教授法」の走りとなるような取り組みが大正時代から、昭和にかけていっぱい出てきた。
盛衰の波も大きかったようだ。
 そのころ大活躍だった神戸伊三郎が『日本理科教育発展史』(1938(昭和13))
に書いているそうだ。
 「その盛時最高点は大正8年[1919]頃に在り、衰時最低点は昭和10年[1935]に在ったと思います。」 (『日本理科教育史』板倉聖宣著仮説社 p343より)
▼「科学」は深く社会と関係している。あたりまえすぎるほどアタリマエのこと。そして、その社会情勢によって、「科学」は違った顔をもって現れてくる。
もちろん「理科」教育は、即科学教育を意味するものではない、残念ながら、ある面で理科教育の方が付和雷同するものなのかも知れない。
 時に「危険思想」と見られたり、理屈ばかり言う「金食い虫」扱いを受けたりしている。
しかし、人々は知っている。日々の暮らしや「戦争」と深く関わっているものらしいことを…。
▼理科教師にとってうれしいことが起こってきていた。それは、大正期の自由主義的な思想性のある科学者たちが助っ人に登場してくれだしているということだ。
寺田寅彦や石原純が、いろんなところで活躍しだした。
そして「科学的精神」「科学する心」の普及に一役も二役もかっているのである。
神戸伊三郎が最衰点と言った1935年にだってこんなものが出されていた。
●1935年(昭和10) 石原純編「理化学辞典」岩波書店刊
石原純も寺田寅彦も今日なお残してくれたものは大きい。
私たちは直接的に、この時空の隔たりを超えて彼らから学ぶことできるのである。
なんとありがたいことだ。!!
それをこれからの「理科」に生かさない手はないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、冬芽の観察が面白い!!

▼毎朝の定例散歩は、いつもは2度おこなっていた。家での愛犬加奈をつれての散歩と校庭の自然散策である。
両方とも私には自然観察の楽しみを与えてくれていた。たくさんの「発見」ももたらしてくれていた。
ところが、先日、愛犬が亡くなってしまった。十数年一緒に散歩した相棒がいなくなってしまった。
私は、家での散歩を今しなくなってしまっている。
Dscf5807▼今は学校での校庭散歩だけになってしまった。その校庭散歩にひとつ楽しみが増えた。
Webページの表紙画像の取材ということもあって、これまでも校庭のあるいは校庭周辺の樹木の観察というのは楽しみメニューに入っていたが、その樹木観察に「冬芽」の観察が加わった。
もちろんこれまでも、少しは興味も持っていたが、こんなに面白いものかと思いだしたのは最近である。
Dscf5819▼冬芽の観察の楽しみを加速してくれる本に出会った。
◆「冬芽」ハンドブック(広沢 毅/解説  林 将之/写真 文一総合出版 2010.11.20)
である。これは、この本自体をながめているだけでもなんかうれしくなってくる本だ。
 漫然と観察していた冬芽にも、樹木それぞれの個性があるものかと驚く、そしてでは今日の散歩ではこの樹木を確かめてみようとなる。
▼維管束痕の観察も面白い、維管束は植物にとってはライフラインである。その痕跡は生命の証しでもある。
ときにそれは、表情豊かな人間の顔にみえたりしてそれも面白い。
同じ樹木の冬芽の観察であっても、日々ちがうように見えてくる。楽しみはつきない。
しばらくは、冬芽の観察に病みつきになりそうだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【星連】今日は、皆既月食だ!! #hosiren

Dscf4698▼昨日から、ずっと「雲行き」が気になった。今日の皆既月食があるからだった。
今日の皆既月食については
◆「皆既月食を観測しよう」(国立天文台)にくわしく書いてある。多くの報告も、ここを通してあがってくるだろう。
楽しみである。居ながらにして、全国の皆既月食のようすが観られるかと思うとワクワクしてくる。
時間帯も、夕方ということで多くの観察者が期待できる。
情報がたくさん集まれば、それだけより興味深い観察ができる。
多くの「発見」も期待できるというものだ。
▼かつて【星空の連帯】と言うプロジェクトがあった。
これは、実におもしろい企画であった。月一回、今月の【星連】の提案がある。それを受けて全国の人たちが「観察」を行い報告する。
それは、テキスト中心の時代であったので、「見えた!」「見えなくて残念(/_;)」というような簡単な報告だったり
したが、面白かった。なかには、画像で報告してくださる方もあったりして羨望の思いだった。
同じ星空を同時間に一緒に見る。等身大のリアルタイムな情報交換。
もうそれだけで夢中にさせるものがあった。
▼時代はかわった。Webも急速度に進化した。
私は今、思う。
あの【星空の連帯】の面白さを、味わう格好の環境になってきているのではないかと。
天気が悪くて見えなかってもいいではないか。
その「天気の変化」を報告しあえば、それもまた楽しい!!
それが【星連】だ。
自分が画像に収めることができなくても、あの人が撮った画像が見せてもらえる。
これぞ、
Twitter的【星空の連帯】だ!!

つぶやく環境にある人は、 #hosiren をつけてつぶやこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大気の物理学実験室」にて!

Dscf2812▼久しぶりに校舎のなかの「雲見」定点観測地から、窓の外を見ていた。そしたら、雲が発生するその様子がよく見えた。この学校に勤務するようになって、はじめてこれを「発見」ときに、すごく感動したのをおぼえている。誰彼となく、伝えたかった。「雲が発生しているぞ!!」と。
 「雲の発生」実験なんか必要ないではないか、これ見れば一目瞭然だ!!とまで思った。
▼それが、いつしかアタリマエになってしまっていた。今、ちょうど「大気圧」の授業を構想しているところだ。
どのように我々は「大気の海の底にくらしている」ことを実感させるかを考えている。
いくつかの実験が考えられる。
もちろん大気圧の大きさすごさを実感することも大切なことだ。その大きさを数値化して捉えることも大切なことだ。
しかし、いちばん大切なことは、私たちは「大気の物理学実験室」にくらしているということの「発見」ではないだろうか。
▼その「発見」があれば、天気の変化の学習につながるだろうし、テレビの天気予報の「ヘクトパスカル」ともつながっていくのではないだろうか。
 そこにツナガルカガク!!ある。

 もういちど「大気圧」の授業の構想を練り直してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コケの森に「クマムシ」は生きていた!!

▼昨日も、私は残された「宿題」を片付けるあいまに理科室にこもった。二回こもって、あわせて1時間30分を越えていた。少し、秋の気配がしてきだしたといってもやっぱり暑かった。しかし、そんな暑さは気にならなかった、もっともっと気になることがあったからだ。
 「クマムシ」である。理科ハウスの山浦安曇さんからいただいたサンプルカプセルのなかに、確かにそいつは居た。生きていた!!なのに画像に収めようとして、そいつを見失ってしまった。
巨大な「乾眠」状態のものかと思ったものも、どうも疑わしい?なにか別の生物???
▼仕切り直しをすることにした。いただいたもうひとつの方で挑戦である。採集したコケそのものをいただいていた。そちらの方だ。
 いただいてから、もう20日以上たっている。
 その間、なにもしていない水分の補給もなにもしていない。ずっと気にはなっていたが、それは後回しにしてしまっていた。一昨日、コケの半分をシャーレに移し、水を加えていた。
 それをほぐすことからはじめた。ピンセットと柄つき針で、コケをバラバラにしていった。
そして、顕微鏡で観察してみた。
Dscf0862▼まず最初に驚いたのは、コケの緑だ!!
コケたちはみごとに緑を回復していた。そして次が、うごくものだ!!
センチュウだ!
猛スピードで動き回るゾウリムシ(?)!!
名も知らないものが動き回っている。生きているのだ!!
20日以上も乾燥したままだったのに。
 そしてそいつは居た。生きていたのだ!!
 コケの森に「クマムシ」は、生きていた!!
森をゴソゴソのし歩く「クマ」のように…。そのスピードは、センチュウやゾウリムシのスピードにくらべるとゆっくりである。しかし、それは実存の足どりである。
「緩歩動物」とはうまくいったものである。
▼これは画像に収めなければとあせって、デジカメを接眼レンズにつけていると、また見失ってしまう。
懲りずに、またコケをかき分けて捜す。
そんなことしていると時間の経つのはすぐだ。
1回目の発見から一時間はすぐに経っていた。いったん時間切れで引き上げた。夕方になって、それでも「もう一回」と顕微鏡をのぞいた。
 居そうな場所がなんとなくわかってきた。
他の動物たちが、活発な動きをしているところだ。そこには「生命」の気配がある。
それにしても、コケの森の生命の豊穣さには感動してしまう。
▼次々と課題でてくる。
○「自校の校庭」「我が家の庭」のコケからも発見したい。
○今度は、きっちりと画像に収め、私の「自由研究」として生徒に見せたい。
○なぜ、コケでなければいけないのか。コケのすごさはどこに…。
○誰でも、いつでも見られる環境を理科室につくりたい。

誰でも、いつでも見れてこそ「科学」だ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホントに「クマムシ」なのか!?

▼時間というモノは、どうしてこうも非情なものなんだろう。しかし、逆に言えば「情け」があったら、ややこしくて混乱の極みであろう。月はきっちりと時間の経過どおり、昨夜は「満月」になっていた。今年一番小さな「満月」とカレンダーに書いてあった。
 時間の経過を無視しても、今どうしても追いかけたいものがあった。
「クマムシ」である。
Dscf0818▼どうやら持病の「ばっかり病」が発症してしまったようである。
時とところをかまわず発症するから困ったものである。その予感があったから、少しあれから時間をおいておいたばずにしていたのに。
 一昨日の続きである。朝から「仕事」がつまっていた。
少し時間がとれるようになったのは、夕方近くになって、スポイトで例の「クマムシ」らしきものに水を注いだ。
じっと顕微鏡のぞきながら、そいつの変化を待った。
猛暑は続いていた。休み中で締め切っている理科室、そこは恐ろしく暑い。
顕微鏡のぞき込む顔から汗がしたたり落ちて、接眼レンズにかかる。やばい!
少し目を接眼レンズからはなし、タオルで汗をふく。
そのくりかえしだ。
10分がたち、20分、30分が経つ。
▼そこで、疑りだした、これはホントに「クマムシなのか?」と。
ホントにそうであるなら、「三分待てば…」はオオバーであっても、これだけ時間がたてばなにか変化がみられるのではなかったか。
 顕微鏡の視野を別のところに移してみた。
そしたら、一昨日見たはずの「ゴソゴソと」動き回っていたはずのものの姿がないのである。
こちらの方は、まちがいなく「クマムシ」であった。
では、それはどこに行ったのだろう。
どこかで「チリ」「ゴミ」のようになって眠っているのだろうか。
「ふしぎ!?」だ。
▼気持ちの仕切り直して、ゴルジ体さんからいただいていたナイロン袋の入ったコケの方で、最初から再度挑戦
してみることにした。
 コケの半分をシャーレに入れ、水でふやかしてみた。
昨日は、そこまでとした。時間切れ!である

家に帰って、再び
『クマムシ?!』(鈴木忠著 岩波科学ライブラリー)
をひらいてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに「クマムシ」を見た!?

▼夏休みの最後の一週間、後回しばかりにしてきて「山積み」になった宿題を、かたわきにおいて
ひとつずつ
ひとつずつ
ゆっくりと …
呪文のように唱えながら、リストアップしておいてプライオリティつけて、今の「課題」を設定していっていた。
しかし、どうしても気になってしかたないものがある。
「クマムシ」である。
▼本格的に興味をもちはじめたのは、丁度2年前の夏休みの終わりであった。
2008/08/29 のblogには次のように記している。

▼この場に及んで、昨夜からとんでもないことにはまってしまった。
注文していた『クマムシを飼うには』(鈴木忠・森山和道著 地人書館)と『クマムシ?!』(鈴木忠著 岩波ライブラリー)がきてしまったのだ。
別に、私は「熊楠」と「クマムシ」、不謹慎な語呂合わせを楽しんでいるのではない。
「クマムシ」ちょっとだけ、興味はもっていた、今回、「クマムシ」本を購入したのは、森山和道が書いていると知ったからである。森山さんにここ10年以上いろんなこと示唆を受けてきている。ネットではいちばん気になる人のひとりだ。
読み出したら、面白すぎるのだ。\(^o^)/
「研究」についても、いっぱい書いてある。
合点することばかりだ。
ほんとうは車中では、熊楠のヒガンバナについての文『石蒜の話』を読んで復習して、熊楠に会いにいこうと思っていたのに・・・(^^ゞポリポリ
 まあ、熊楠のことだから許してくれるだろう。勝手な理屈である。
柳田國男が南方熊楠を訪ねてから、95年の歳月が流れた。
今日、「熊楠」に会いにいく。

 紀国オフに向かう車中で、夢中で2冊の本を読んだのを思い出す。
その後、何度も「クマムシ」について触れ、授業でも何度か話をした。
はやく自分のこの目で、見たいと思っていた。
▼理科ハウスでは、すでにそれを飼い始めておられた。今度、お邪魔したときには、ぜひこれを見せてもらおうと思っていた。それが、前に書いたようにその場で、捕獲してもらっていただいていたのだ。
今回はいろんな事があって「後回し」「後回し」になっていた。クマムシのことだから、時間が経過しても大丈夫だろうという思いもあったから。
 でも、もう気になってしかたないので、昨日のすき間時間を利用して、理科室で見てみた。
Dscf0781▼まずは、双眼実体顕微鏡でみた。サンプルカプセルに入った方からみた。
ネットや本では、何度も見ているというものの生のものを見るのははじめてであった。
見始めは、まだ半信半疑だった。双眼実体顕微鏡の方では、なんかみずらかった。ペトリ皿にあけて、顕微鏡でみてみた。
 そしてみつけた!!
 まちがいなく動く生物を、水の中を泳ぐというより、ゴミ(コケのかけらだろうか)のあいだをゴソゴソと動く物体を…。おっ、歩いているのでは…。
 でも、顔まで確認できない。ゴソゴソ動き回りじっとしていない。
すき間時間は短かった。ゆっくり時間を無視して観察することができない。
あわてて理科室を出た。
Dscf0804▼次に、時間をとれたのは、それから数時間後であった。装置はそのままにしていた。
観察のための蛍光灯もつけたままにしておいた。なんということだ、ペトリ皿の水はほとんど蒸発してしまっていた。先ほどの観察で「動いていたもの」の姿は、今度はなかった。
しまった!!と思いつつ、ペトリ皿のなかをスミからズーッと観察する場所を移動させていた。
そしたら、今度は先ほど観察したよりも大きなものが、動かずに顕微鏡の視野に入ってきた。
えっ!!
樽のようになって乾眠!!するってこれかも。
ついに私は、クマムシを見たのか!?
いや、見せてもらったのか!

今日は、そこに再び水をいれてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「リコリス」たちの季節へ!!

Dscf0746▼まだまだ猛暑がつづく。気温が38℃を上まわるような情報が流れても、さほど驚かなくなった。それこそが「異常」である。さらにその大気が水蒸気を含んでいるいるから、不快感はいっそ増すばかりである。
 そんな季節のなか、いつもの年のように目につくようになった。散歩のときのあの家の庭に、通勤路のあの土手に、道路沿いにつくられたフラワーガーデンに…。夏ズイセンである。
▼いちばん印象深い土手があるのだが、そこではなかなか車が停めにくい。帰宅するとき、家のいちばん近くの「定点観測地」で車を停めて、カメラを向けてみた。
 夏ズイセンの後が、キツネノカミソリ、そして本命のヒガンバナとつづく。
今年も、またそんな「リコリス」たちの季節がやってきた。
 私の知る「リコリス」たちは、夏ズイセン、キツネノカミソリ、ヒガンバナ程度であるが、ほんとうはいっぱい仲間たちがいるようだ。リコリスさんの「今日のリコリスガーデン」ではそれを楽しませてもらえる。
▼それにしても、この仲間たちは「ふしぎ!?」である。
そのときが来ると、スルスルとされている花茎をのばし開花する。この「ふしぎ!?」さに、昔からいろんな物語をつくって謎解きをしようとした。それは、ヒガンバナの里名の多様さでもわかる。
 それでは、私たちのもつ科学では、この「ふしぎ!?」のすべてがわかっているのだろうか。
 この猛暑は、本命のヒガンバナの開花の時期にどう関係するのだろうか。
いや、それはもう7月ごろの天気で決定されていることなんだろうか。
・ヒガンバナの開花時期を決めているのはなにか。
・究極の決定要因はなんなのだろう。
・それはどこに、どんなかたちで「情報」として入力されているのか。
・たどっていけば、それは「物質の化学変化」なのだろうか。

シロウトの「等身大の科学」が、この「ふしぎ!?」に挑戦したくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「クマムシ」に出会えるかも!?

▼夏休みがどんどん残り少なくなってきている。最後の夏休みが…。
昨日久しぶりに講演を聴く機会があった。
何度も、自分に言い聞かせてきた言葉が出てきた。なんかうれしい気分になった。

「過去と他人(ひと)は変えることができないが 自分と未来は変えることができる」

過ぎ去った過去を如何に努力したって変えたりできない。
この当たり前すぎるほどアタリマエの事実。そのエネルギーは「これから」に注ぎ込むべきだ。
Dscf0703▼夏休みに入る前に、「夏の創造」と題して、いくつかの宿題を自分に出した。
そのなかに私自身の「自由研究」がある。
そのなかでも、いくつかのものをあげている。
・大賀ハス
・クマムシ
・ピンホールカメラ
・教材づくり  等々
 そう、そこにあげているのだ。例の「クマムシ」を…
 一昨年の夏の終わり、遅ればせながら「クマムシ」の存在を知った。そして、これだ!!
と思った。
【動物の世界】の最初にも、こいつを「粘菌」とともに登場させた。
その後も、何度か機会がありながらも本格的にはまだ捜していなかった。
いつか、いつかと思っていた。
Dscf0698▼この夏休みは、最後のチャンスかと思っていた。そこへ、うれしい思わぬ展開となったのだ。
理科ハウスのゴルジ体さんが、この度の科教協大会の会場で
「ここの校庭で、捕まえて見せてあげますから…」と言ってくださり、ほんとうに【理科の部屋】オフの場に持ってきてくださったのだ。時間がなくて、その場では観察できなくて、帰ったらすぐみせてもらうつもりでいた。
 ところが、この度のことがあってまだになっている。ずっとずっと気になりながら…。
 如何に「世界最強の動物」と言えども、もう死んでしまっているか、「乾眠」状態に入っているかも知れない。
はやく「クマムシ」に出会いたい。!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツナガル「ふしぎ!?」を追い続けよう!!

Dscf8861▼昨日は、まだあの「はやぶさ」の感動の余韻が残っていた。と言うよりジワジワとその面白さが深まっていきつつある。入ってくるニュースをみているとあの「タイムカプセル」のなかみが気になってくる。
 人類の追い求めてきた「ふしぎ!?」の解答がいっぱいつまっているかも知れない。私たちの等身大の「ふしぎ!?」ともツナガルものが…。
Dscf8869▼授業は、植物の「ふしぎ!?」を追いかける最終の週となるだろう。放課後、次なる授業で使うシダ類の採集に校庭周辺にでかけた。梅雨に入ったから必ず雨が降るというものでもない。大気の「ふしぎ!?」だって、そんな簡単なものでもない。それが面白いのだが…。
 シダ採集地の周辺で、偶然白いホタルブクロをみつけた。「そろそろだが、見たいな」と思っていたら、出会うのだから面白い。シダを校庭内まで持ち帰っていると、今度はピンクのホタルブクロを草むらのなかにいくつかみつけた。あれ!?毎日見ているはずなんだけど…。
▼植物の「ふしぎ!?」もまだまだ残っている。わかったことは、ほんのわずかのこと。ずっとずっと付き合っていく植物たちの「ふしぎ!?」をアタリマエやカンケイナイに片付けないでほしい。
 今は、その「ふしぎ!?」のすべてをわからかくても追い続けたら、面白い付き合い方が見えてくるはず。
きっと、あのはやぶさの「タイムカプセル」の「ふしぎ!?」ともツナガルはず。

ツナガルからカガクだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧