2019年版・授業びらきを構想する!!(7)#タンポポ

_dsc6042

▼教材には旬というものがある。
 野で最も旬なものと言えば、ツクシとタンポポだろう。
 ツクシの胞子の観察は、顕微鏡観察事始めとしては面白いかもしれない。
◆胞子(つくし)のダンス - YouTube

▼もうひとつの旬であるタンポポについて考えみたい。
 これまでは、5月の連休間の課題研究として提案してきたことがある。
 今年は10連休となり、いつもの年よりも時間的なゆとりがあるかも知れない。「授業びらき」でいきなりというわけにはいかないかも知れないが、できるだけ早めに提案しておいた方がよいかもしれない。
 今が旬!!というあいだに。

◆『タンポポの研究』

▼『タンポポの研究』で提案された課題は8つだ!!
1. まず、タンポポの花を「ひとつ」とってみよう。
2.ひとつの花の集まりにはいったい、いくつぐらいの小さな花(舌状花)からできているのかな。
3.花の開き方について調べてみよう。
4.タンポポはどんな場所に多く見られるかな。
5.日本のタンポポとセイヨウタンポポをさがそう。
6.君は、タンポポの根っこを見たことがありますか。
7.タンポポの花が咲いた後に、綿毛のような種子(果実)ができます。
8.タンポポを食べてみよう。

「課題」は、きっかけにすぎない。生徒たちは提案以上の「発見」をいっぱいしてくれることだろう。
 この「課題」のレポート報告をあらかじめ予告しておこう。
▼連休明けには、ぜひぜひ『タンポポの研究』発表会をやりたいものだ。
 また、理科室前に、仮設の展示コーナーを設けて研究成果を楽しみたいものだ。

 2019年版・授業びらきを構想する!!はこれまでとしたい。
 今年度は気まぐれにいくつかの「単元」をとりあげて、授業を構想する試みに挑戦したいと思っている。
 やっぱり「授業」のこと考えているときがいちばん楽しいもので…(^^)V

_dsc6014

_dsc6006

| | コメント (0)

2019年版・授業びらきを構想する!!(6)#マッチ

_dsc8167_1

▼一時間の「授業」を構想するということは、なかなかクリエイティブな作業である。
 ましてはその一時間が「授業びらき」の「授業」であるなら、なおさらである。
 なにをメインのネタ(教材・実験・観察・資料)とするのか?
 どんな発問からはじめるのか?
 どんなシナリオ展開にするのか?(「起承転結」)
 どこに山を持ってくるか?(「感動」を与えられるのはどこか?)
 時間の配分はどうするのか?
 等々 考えていると時間がかかるが、なかなか楽しい作業でもある。
▼はじめにやってこそ、効果的であり、意義ある「授業」というのがある。
 それが「安全」に関する授業だ。
 すぐれた教材の法則=3K1A(感動・簡単・きれい・安全)にもあげたように「安全」は重要である。
 実験なども可能な限り体験してもらいたいが、「安全」であることが大前提である。

 そんなことを考えるとき、ぜひやってみたいのが
●「燐寸(マッチ)の授業」 である。
▼ここからは少し、いやかなり強引な我田引水の話だ。
 私はマッチにはまっていた。(^^ゞポリポリ

◆燐寸(マッチ)一本化学の元!! 

 まだまだ「マッチを追う旅」は道半ばである。しかし、ふたつの確信に達していた。
(21) 「マッチの歴史」は日本近代「化学」の歴史そのものである!!
 
(22) 「燐寸(マッチ)一本 化学の元!!」は本当だ!! 
デアル!!

こんなすぐれもの教材=マッチを理科室から消してはならない!!
 
それを繰り返し力説だけでは説得力を持たない。
 「マッチの授業」をつくらなければならない。思案中をとりあえず列挙したみる。

・『安全なマッチの使い方』(実験・体験)
 マッチ軸の持ち方、マッチ箱の持つ方向(頭が手前に)、擦りつける方向(絶対に人のいる方向に向けない)
 火の消し方(水を入れた容器準備)、長く火を保つためにはどのように…
・必ずひとりひとりが体験してみる。(ひとり3回!?)
・所要時間は…?
・こちらが想定する以上に未体験者は多い。そして、想像以上に楽しい!!
・マッチによって火をつけるもの(たとえばロウソク)を用意するかは検討中(?) 
・『安全なマッチの使い方』単独で授業を考えるか? それとも『ガスバーナーの使い方』とセットで考えるかは状況による。
THE MAKING (101)マッチができるまで (サイエンスチャンネル 科学技術振興機構)は見るに値する!!
マッチの歴史(「マッチの世界」 日本燐寸工業会)も。
マッチのキャラクター「モンキーマッチ」公式PVも聴いてみたいな!!

いやいやこんなこと言っていたら、完全に時間オーバーだ!!
もっともっとスリム化が必要だ。しばらく吟味をしてみよう!!

(つづく)
Dscn2276

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年版・授業びらきを構想する!!(5)

Dscn9197
年度はじめだからこそやりたい「授業」がある!!
 いつからはじめてもかまわない、いつからでも充分楽しい。
 でも、やっぱり 年度初めからがいちばんいい!!
 そんな「授業」がある。
 年間を通して「観察」して欲しいことの「呼びかけ」などがそれである。
▼そのひとつとして「雲見」がある。
 学年は問わないが、「気象」の単元のある中学2年生はぜひぜひである。
 あと高校生、大学生でもお薦めである。

 「防災・減災」を語る前に、我々はどこに暮らしているのかを意識しよう!!  我々は「大気の物理学実験室」のなかにに暮らしている!!  この実験室は、きわめて薄っぺらい!!
 実験室では一日たりとも、いや一刻たりとも休むことなく実験がおこなわれている。
 この実験の結果、可視化されたものが「雲」だ!!
 「雲」を観察する「雲見」は、自然観察事始めだ!!

▼「雲見」はきわめて簡単である!!
 いつでも、どこでも 空を見上げて「雲」を観察するだけだ。
 何も特別の準備はいらない。もちろん面白くなってくれば写真を撮ったりするのはいっそう楽しくなるが。
 最初にぜひやりたいことがある。
 雲には「十種雲形」と言って、10種類の雲の名前があるだ!!
 それを憶えてしまおう。
 教科書・資料集、ネットなどを参考にして10種類の雲形を見てみよう。

●覚えるのに自分でいろいろ工夫してみよう!!
例えば、こんなつくってみた。

 ※ 「雲見」のうた(雲家族10のうた)
 ケンケン三兄弟に(巻雲 巻層雲 巻積雲)
 コウコウ姉妹 (高層雲 高積雲) 
 ソウセキ(層積雲) はなれても りっぱに ソウ! セキ! (層雲 積雲)
 雨 雨 ふれ ふれ ラン!ラン! (乱層雲 積乱雲)

▼覚える最高の方法は毎日使ってみることだ!!
 毎日空を見上げて、雲の名前を十種雲形で呼んでみることだ。
 まちがってもたいした問題ではない。使いつづけることの方がうんと大切なんだ!!
 その日の「日記」に、カレンダーにその日に見た雲の名前を書いてみよう。

 そんな「雲見」をより楽しくしてくれるグッズがある。
 「もくもくシールセット」
 である。
 
雲の名前で呼んだら、もうひとつやってみたいことがある。
 その雲の「高さ」をおよそでいいから言ってみて欲しい。
これまたまちがってもなんの問題もない、そのうちでいい!!

 雲の名前を覚えたら、これは一生使える!!一生モノだ!!
 3ヶ月続けたら、雲は友だちに!!
 6ヶ月続けたら、雲と天気が見えてくる!!
 一年続けたら、あなたはりっぱな雲博士!!

 

(つづく) 
Dscn9184  

 

| | コメント (0)

2019年版・授業びらきを構想する!!(4)

_dsc5507

_dsc5525

▼生徒たちの 私の「ふしぎ!?」を問うと同時にやっぱり私自身の 私の「ふしぎ!?」をストレートにぶつけてみたい!!
 そして、言いたい!!
 私もやっぱり現在進行形で この「ふしぎ!?」の謎解きをやっているだ!!
 この謎解きを「理科」って言うんだ!!
と。
▼ここで思い当たるものがいくつかあった。でもやっぱり「いのいちばん」にあげたいのはあいつのことだった。
「コウガイビル」だ!!
10年以上のこの生きものの「ふしぎ!?」を追ってきた。その顛末のすべてをここに「記録」していた。

◆「コウガイビル」を追う

 私が人生で出会った41匹のコウガイビルのすべての姿がここにあった。
 ただし、3号コウガイビルの姿だけない。それにはちよっとした顛末話があった。
 3号の発見者は生徒である。「授業びらき」でコウガイビルの「ふしぎ!?」の話を聞いて、自分でも捜してくれたのである。
それを学校に持ってきてくれた。
 「これが、話のコウガイビルだ!!」と生徒たちに見せることができた。アリガタイ!!深謝<(_ _)>
 あまりにうれしかったもので、多くの人に見せ回っているあいだに袋から「脱出」をゆるしてしまったのだ!!
 画像にも納めもしないうちに…(^^ゞポリポリ
▼現在観察中のコウガイビルは41号コウガイビルだ。今年の2月20日に、我が家の庭でみつけ、少しだけの水と共にナイロン袋にいれて、エサなしで飼育(?)観察している。
昨日でエサなしで45日生きのびたことになる。
エサなしで デアル!! 
冷蔵庫から出してすぐは、ただの黒いかたまりの物体であった。
やがて、逆三角形の頭(コウガイ)をヒラヒラさせながら、動き始めた!!
まちがいなく生きている。
やっぱり「ふしぎ!?」だ!!
▼いくら「ふしぎ!?」だからと言っても、こいつを見せるだけでは一時間の「授業」は成立しない。
 ほんとうの「ふしぎ!?」は伝わない。
 少し具体的展開を考えてみる。

生きもの→動物→「食べる」→生きるとは!?
1. 知っている「動物」の名前をできるだけたくさんノートに書いてみよう。
・魚は!?
・昆虫は!?
・動物園にいる「動物」だけが動物ではないゾ。
・ここでは、生きものには「植物」と「動物」がいる。「植物」以外は「動物」とザックリと…
・時間を決めてあまり深入りしない。
・名前の前に番号つけておいて、いくら書けたかカウントしてみる。
・挙手によって「動物チャンピオン」を決める パチパチ!!

2.それら動物に共通することは!?
・動く。
・細胞でできている。
・死ぬ。
・仲間をつくる。 等々
・ここは時間をみて、強引になっても 「食べる」へ導く!!

3.ここに45日も「食べる」ことなく生きている生きものがいると、「コウガイビル」を見せる!!
・キモイ!!の反応するかも知れないが、ヒルマナイ!!
・コウガイビルの凄さを強調する。
・陸棲プラナリアであることを紹介する。(ここは人気者のプラナリアの知名度にあやかろう。)
・第1号261日、第36号385日の記録を紹介する。
・君たちのまわりにも生きている!!
・「食べない」で生きる!?何が起こっているのだろう!?
・生きるとは!? 
・そして、究極の「ふしぎ!?」 生命とは!?

最後はやっぱり あの言葉を借りてしめくくろう。

「ねえ君、不思議だと思いませんか?」

(つづく)
_dsc5478

_dsc5576

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから2週目であった。濁りはまだ完全には落ち着いていなかった。
 しかし、わずかに葉芽ひとつが水面から顔を出そうとしていた。

 

_dsc5434

| | コメント (0)

2019年版・授業びらきを構想する!!(3)

Dsc_9306

▼「授業」を考えることは楽しい!!
 たとえそれが「構想」だけであろともやっぱり面白く楽しい。
 ここまでは、これまでにやってきた「私の「ふしぎ!?」からはじめる授業びらき」を構想してみたが、今度はまったくあらたにこれまでにやったことのない「授業びらき」を構想してみたい。
 今すぐできることになにがあるだろう!?考えるだけでも o(^o^)o ワクワク
▼思いついたものひとつずつあげてみよう。
 最初に思いついたのは
●「立春の卵」の卵を立てよう!!
だった。
 ひとりひとりの生徒に「卵立て」に挑戦してもらう。「実験教室」のようなところでやったことはあるものの一時間の「授業」として構想することははじめてであった。この実験のすぐれたところがいくかあった。
・ひとりひとりの生徒が体験できる。
・実験材料は比較的簡単に手に入る。
・いつ、誰がやっても立つ!!→それが「科学」だ!!
・ホンモノの「科学」を体験しよう!!
・家庭でも再現実験ができる。
▼これを「授業びらき」にと思いついたのは、2015年の経験があったからである。
◆【立春の卵】191日の軌跡

卵は必ず立つ!!
ツルツルに思える卵の殻にも必ず凸凹がある。3つの凸で三角形描く、卵の重心からの垂線が三角形のなかに入っておれば必ず立つ!!
けっこう傾いていても立つ!!
立ったものは他から力が加わらないかぎり立ち続ける!!
アタリマエすぎるほどアタリマエ!! それが「科学」だ!!
▼「授業」には準備が必要だ。
それも具体的に「授業」をイメージしながらやれば楽しい作業だ。
・「生卵」(安売り卵で充分、生徒の人数プラスいくらか準備)
『立春の卵』(中谷宇吉郎著 青空文庫より)プリント生徒分(時間があまればそれを読んでみることにする)
どんな発問から入ろうかな!?
どんな反応が返ってくるだろう!?
卵が立ったときの生徒の感想も聞きたいな。
ああでもないこうでもないと考えているだけでやっぱり楽しいな!!

(つづく)

| | コメント (0)

2019年版・授業びらきを構想する!!(2)

Dscn9075
「一日でいちばんきれいな空」!!
 
それを教えてもらったのはずいぶん昔のことになる。
 しかし、「一日でいちばんきれいな空」にも季節があることに気づいたのは最近のことだ。
 春の「一日でいちばんきれいな空」が昨日見られた。
 なんとも最高のゼイタクだ!! 
▼私の「「ふしぎ!?」の授業は次なる呼びかけからはじめた。

私の「ふしぎ!?」は
12~13年この世に生きてきて、「ふしぎ!?」だ、と思ったことがきっといくつかあると思います。
それはどんなことですか。最低3つはあげてみよう。
どうして不思議に思うのか。どこまでわかっているのかも書いておこう。』

 「ふしぎ!?」という表現にけっこうこだわっていた。
 「!?」である。
 まずは感動の「!」が先行し、不思議(疑問)の「?」がついてくる!!と主張したかったのだ。
▼中学に入学したばかりの新一年生を対象とした「授業びらき」だった。
 「私の「ふしぎ!?」」の発表を持って自己紹介を兼ねるようにした。
 「○○を「ふしぎ!?」に思っている○○○○です」と。
 あまりに面白かったので、次の機会にも実践してみた。
  やっぱり面白かった!! それを次に「記録」していた。

•私の「ふしぎ!?」からはじめる授業びらき(4)

•私の「ふしぎ!?」からはじめる授業びらき(5)

▼もちろん「ふしぎ!?」のすべてに即座に答えることなどできるはずはない。アタリマエ!!
 しかし、答えようとする意思表明は必要だ!!
 その「ふしぎ!?」に答えようとするのが、中学校3年間の「理科」だ!!
 と表明してしまおう。

 私の「ふしぎ!?」を保留・維持しつづけることの大切さを力説しよう!!
 私の「ふしぎ!?」を活用しよう。
・各単元の導入に 「○○さん「ふしぎ!?」に、こんなのがあったが…」と
・夏休みの自由研究のテーマ選びに  私の「ふしぎ!?」を発展させて…。

教師自身の私の「ふしぎ!?」の発表は必須だ!!
発表のタイミングと時間は臨機応変に判断。
やりすぎると生徒たちの「ふしぎ!?」が、これにひきずられる。
しかし、教師自身の私の「ふしぎ!?」発表は、生徒にとっても興味津々!!
これもまた確かだ!!

(つづく)

 

 

| | コメント (0)

2019年版・授業びらきを構想する!!(1)

_dsc5160

_dsc5148

▼なんという名の木だろう!?
そう思いだしてからでもだいぶん経つが、未だに確かなことは知らない。
それにしてもきれいで、とてもかわいい!!愛おしさを誘う花だ。毎年この時期に、その場所で出会う花だ。
東の畑に 残っていた大根に花が咲き始めた。これまた毎年の如く。
でも、大賀ハス観察池には薄氷が…。「寒の戻り」を教えてくれていた。
_dsc5185

_dsc5213

それにしても自然とはなんと律儀なんであろう!!
毎年同じ時期には同じような景を繰り返す。
▼毎年この時期に同じようなことを繰り返すのは自然だけではなかった。
 私も新年度のこの時期になると、なぜかワクワクドキドキしてくる。
 直接的に「授業」に携わる現場を離れて何年か経つのだが、やっぱり
 「今年は、どんな授業びらきをしようかな!?」
 「どんな生徒と出会えるのかな!?」
 「あの実験今年は、うまくやれるかな!?」
 「授業が楽しい!!って言ってくれるかな!?」
 「今から、なんの準備をしておけばいいかな!?」
等々考えはじめると、期待と不安が入り混じった不思議な気分になる。
 それは今も変わらない。これは一種の「職業病」のようなものだろうか。
▼私はこれまでに、自分自身が行って来た中学理科の授業を 

 

◆私の「ふしぎ!?」からはじめて「卒業論文」にいたるまでの中学校3年間「理科」全課程を構想する!!
 新・中学校「理科」を構想する(2016年版)

 

というかたちでまとめていた。私の「授業」のすべてを網羅したつもりである。
でも「完成」ではない!!
 私にとって「授業」とは、私自身の学びの「原点」である!!  この事実は不変であり不易だ!!
▼ナラバ!!と面白いことを試みる気分になった。
直接的に「授業」するかどうかの話は \(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ

 「授業」を構想をすることで、中学校理科を愉しんでしまう!!

 今年度は、いたって気まぐれに、「授業」の構想を書き込むことにきめた。

▼まずは、その手始めは「授業びらき」を構想する!!である。
すでにまとめたなかに次があった。

•私の「ふしぎ!?」からはじめる授業びらき(1)

•私の「ふしぎ!?」からはじめる授業びらき(2)

•私の「ふしぎ!?」からはじめる授業びらき(3)

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

授業の「年間計画」を立てよう!!

Dscn4800
▼4月に入って一週間がたった。
 「アメダス」の桜はすっかり葉桜にシフトしていた!!
 かわりに「アメダス」の雪柳が盛りを迎えていた!!
 
 いつのまにやら季節は進む!!
▼サイエンスコミュケーター7年目がはじまっていた。
 直接「授業」にかかわらなくなって3年目のスタートである。
 ここのところ連日のように「整理」に取り組んでいる。
 断捨離の決行である。
  ところが、なかなか思うようには進まない。(^^ゞポリポリ
 そんななかでつくづくと思うのは 
 
 私の「これまで」の人生は、「理科」の授業中心の人生であった!!
 
ということだ。
 さりとてりっぱな「授業」実践があるわけではない。
 むしろ「失敗」の連続!!悪戦苦闘の毎時間!!
 でもやっぱり「授業」がすべてに最優先だった。
 何を見てもこれは「授業」で使えないか!?
 それが私がモノを見るときの「ものさし」だった!!
▼元々不器用な私はなかなかシフトチェンジが簡単にできない。

ナラバ居直ってしまおう。
 
 「授業」づくりの視点を堅持したまま情報発信をしよう!!

  生半可な知識だけでは「授業」は成立しない!!
  「授業」は面白くなければならない!!
  面白くなければ、ほんとうの「科学」は伝わらない!!
  「授業」は私にとっては最高の「学び」の方法である!!

  そう考えてみると、サイエンスコミュニケーターの道に通ずるのではないか。

▼この時期、「授業」づくりにとってもっとも大切なことは、「授業」の年間計画を立てることだ。
 来年の3月までを射程内に入れた計画を!!

 私はすでに、「これまで」を参考に

私の「ふしぎ!?」からはじめて「卒業論文」にいたるまでの中学校3年間「理科」全課程を構想する!!
新・中学校「理科」を構想する(2016年版)

を発表していた。
 しかし、それはあくまで「これまで」であり、「これから」ではない!!
 「これから」の計画を立ててみよう!!
 
 ゆっくり 急ごう!!

Dscn4821


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の「ふしぎ!?」からはじめる授業びらきを!!(3)

Dsc_0740

「さまざまなこと思いだす桜かな 芭蕉」

 一昨日、浜坂の街なかを歩いていて「芭蕉」に出会ってしまった。
 ほんとうだな!!
 桜は「さまざま」を思い出してしまう。
 降り出した雨がせっかくの桜を散らしてしまわないこと願うのみだ。
 せめて週末までは…。
▼生徒の「ふしぎ!?」も「さまざま」だった!!
 それが面白い。
 出しっばなしにしてしまうのはモッタイナイ!!
 「記録」しておきたいものだ。
 すぐさまは無理でも連休明けあたりまでには…。
 一覧をプリントし、配布して「永久保存版」しておきたいものだ。
▼私の場合、二つの場面でこれを活用してみた。
 ひとつは、各単元の授業の導入においてである。
 庄司和晃先生は、
 「理科」の授業は謎解き訓練だ!!
 と言った。ナラバその「謎解き」の導入に、この私の「ふしぎ!?」はとても有効だ。
 
 「○○さん「ふしぎ!?」だった謎解きと関連して…」

 と単元の最初に言うだけで、興味関心の度合いは一変するのである。
▼もうひとつは、
 「夏休みの自由研究」のテーマをきめるときである。
 わざわざアリキタリのテーマにあわせるのでなく、私の「ふしぎ!?」をヒントにするのである。
 私の「ふしぎ!?」にこだわることにより、すばらしいオリジナル研究テーマが出てくるのである。

 私の「ふしぎ!?」は簡単に答えはでてこないかも知れない。
 でもその「ふしぎ!?」は「保留」しつづけて欲しい!!
 いつまでも追い続けて欲しい。
 そこからきっと 私の「科学」 が生まれるのだから。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の「ふしぎ!?」からはじめる授業びらきを!!(2)

Dscn4770
▼日本海を見た!!
 予定していなかった場所から山陰の海を見た。「山陰海岸ジオパーク館」からである。
 驚いてしまった!!
 たまたまついでに立ち寄ったここに、私がこれまで追いかけきた私の「「ふしぎ!?」に関連するようなものがいっぱいあったからだ。
 たとえば
・AT(姶良)火山灰、大山火山灰
・「玄武洞と松山逆磁極期」について 「磁石石}の「ふしぎ!?」に関連して
・「たたら」遺跡について
等々である。実に面白い!!何時間でもねばっていたかった。
 しかし、本来の目的は別にあった。
 「ホタルイカづくし」を食べることだった!!これとて、元々は「ホタルイカの身投げ」の「ふしぎ!?」がはじまりだった。
▼教師自身の 私の「ふしぎ!?」は、この「授業びらき」に重要な意味をもつ。
教師の自己紹介を今現在、最も「ふしぎ!?」に思っていること。
その「ふしぎ!?」をどのように追いかけているかを語ることだ。
 これが、私の「科学」!!というものを披露することだ。
 もちろん未完のものでよい。
 いや未完の方がいい!!
▼きっと生徒たちはそれに応えるようないろんな「ふしぎ!?」を出してくるだろう。
実際にはどんな「ふしぎ!?」が出てきたかみてみよう。

・私の「ふしぎ!?」からはじめる授業びらき(2)

・私の「ふしぎ!?」からはじめる授業びらき(3)

▼ちょっとした問いかけの方法を変えてみるとまたまったくちがったものが出てくる。
面白いものだ!!

・私の「ふしぎ!?」からはじめる授業びらき(4)

・私の「ふしぎ!?」からはじめる授業びらき(5)

(つづく)

Dscn4783

 
  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧