【Web更新10/20】19-42 【ヒガンバナ情報2019】 等 更新!!

_dsc0618

溝蕎麦や石橋の淵写りたり 19/10/18撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-42
週末定例更新のお知らせ
 「一週間」という時間の流れが徐々に薄れていく!!
 そんなとき、週末定例更新というこの作業が、「一週間」を意識させてくれる。

◆表紙画像集2019 更新 溝蕎麦
 近くを流れる西谷川。
 流れの両脇は溝蕎麦でいっぱいだ!!
 とりわけ石橋のちかくは、中州も溝蕎麦であふれている。
 川面に溝蕎麦の花がこぼれ落ちたかのように写っていた。

◆【ヒガンバナ情報2019】更新!!
 またまたヒガンバナ三昧の一週間だった。
 「えっ!? ヒガンバナ 今ごろ ?(゜_。)?(。_゜)?」
 この時期、ヒガンバナを話題すればほとんどの人の反応はこうだった。
 でも、ヒガンバナの「ふしぎ!?」を追いかける私には、今がいちばんの旬なのです。
 Facebook版「日本ヒガンバナ学会」まではじめてしまった!!
 「今、日本のヒガンバナに何かが起こっている。」という「事実」ができるだけたくさん欲しい!!
 ぜひ、ぜひ…<(_ _)>
 
◆オンライン「寅の日」 更新!!
 10月の「科学と文学」もやっぱり面白かった。
 11月の「寅彦と草花・樹木」も楽しみである。実際にその草花・樹木に触れながら寅彦の随筆読めばより楽しめそうな気がする。
 また、そんな機会があるのが楽しみだ。o(^o^)o ワクワク

 また新たな「一週間」がはじまる。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

| | コメント (0)

【Web更新10/13】19-41 【ヒガンバナ情報2019】 等 更新!!

_dsc8292

ゆるやかに時の刻むや烏瓜 19/10/10撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-41
週末定例更新のお知らせ
 時はとまらない!!
 時は遡行しない!!
 ナラバ…

◆表紙画像集2019 更新 カラスウリ
 前の竹藪に少しはみ出したかたちで、高い所からカラスウリがぶらさがっていた。
 ずいぶん以前から気になっていた。
 葉などはすっかり枯れてしまっているのに。なんとも丈夫な蔓であることか!!
 ゆるやかに ゆるやかに 振り子時計のように 烏瓜がゆれていた!!

◆【ヒガンバナ情報2019】 更新!!

 自覚症状もあった。
 あきらかに持病の「ヒガンバナばっかり病」の発症である。とっくにヒガンバナの「花の季節」は過ぎてしまったというのに…。
 ザ・植物「ヒガンバナ」の観察は今からが本番デアル!! 
 それが私の長年の主張だった。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 10月は、「科学と文学」を読んでいる。
 わずかなりとも「科学者」から軸足をずらすことのない寅彦から、私たちどんなメッセージを受けとるだろう。
 寅彦「活用」の道とは!?

 あの烏瓜はどうなってしまっただろうか?
 今朝は行ってみよう。

| | コメント (0)

【Web更新10/6】19-40 【ヒガンバナ情報2019】 等 更新!!

_dsc7386

ゆらゆらと夕日ゆれるや実むらさき 19/10/04撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-40
週末定例更新のお知らせ
 季節がいっきょに前にすすんだ!!
 そんな気がする。2019年もあと3ヶ月だ。
 いつも「これから」から最高!! 
 でいきたいものだ。

◆表紙画像集2019 更新 ムラサキシキブorコムラサキ (実むらさき)
 「ムラサキシキブ」の名で売られていた苗木を気まぐれに購入して、西の庭の片隅に植えた。
何年前だったろうか。
 今では側の道路にはみ出すまで大きな群落になった。
 かたまって鈴なりとなった実はみごとである。実の重みがあるのだろか、枝はゆらゆらとゆれた!!
 それはまるで夕日がゆれているようでもあった。

◆【ヒガンバナ情報2019】 更新!!

 ザ・植物「ヒガンバナ」の観察は今からが本番である。
 花茎の足元からのびてくる葉!!
 萎れゆく花の子房部に注目だ。子房部が膨らんでくる花茎はないだろうか!?
 あせる必要はない。今年は、開花が一週間~10日は遅れたのだから、「自然結実」だって遅れるはず!!
 いや、「自然結実」発見には遅い方が好都合かも知れない。
 ほとんどの花茎が倒れてしまった頃、群落を観察すれば「自然結実」花茎だけがにょっきりと立っている!!
 「種子」に水と栄養を送り込むために!!
 今年は、何個の「種子」に出会えるかな。o(^o^)o ワクワク

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 10月の「雲見」、俳句歳時記の更新だけだ。
 またしても台風が心配だ。
 Webテキスト試案『「雲見」を楽しもう!!』の具体化にむけて少しずつ準備をすすめている。
 構想を練るのはなかなか楽しい作業である。

「これから」の一週間を展望してみる。
 これまた楽しい作業である。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう !!

 

| | コメント (0)

【Web更新9/29】19-39 【ヒガンバナ情報2019】 等 更新!!

_dsc5638

燃え立つや畦どこまでも曼珠沙華 19/09/27撮影@安富

■楠田 純一の【理科の部屋】19-39
週末定例更新のお知らせ
 9月が終わる!!
 季節はけっして遡行しない!!
 螺旋的に進行するのみ!!

◆表紙画像集2019 更新 曼珠沙華 ヒガンバナ
 二週連続曼珠沙華!!
 できるだけ同じ場所の田の畦を撮った。ヒガンバナはやっぱり「お彼岸」を忘れてはいなかった。
 垂れる稲穂と燃え立つ曼珠沙華のコラボは最高!!

◆【ヒガンバナ情報2019】 更新!!
 いよいよその季節が巡って来た!!
 例年より一週間~10日の遅れとみた。
 これは例年のことだが、ザ・植物「ヒガンバナ」の観察は今からである。
 今はできるだけ近くで「群生地」を確認しておき、一ヶ月後にぜひその場の観察にでかけて欲しい!!
 立っている花茎の先に「自然結実」をみつけて欲しい!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 長きにわたった「ルクレチウスと科学」。
 その続きは、サイエンスカフェ「寅の日」で続けたいものだ。
 俳句結社「寅の日」も立ちあげた。その後の展開もやはりサイエンスカフェ「寅の日」に期待するところ大である。

◆「コウガイビル」を追う!! 更新!!
 まだまだ「コウガイビル」の「ふしぎ!?」は続く。
 「ふしぎ!?」をうまく人に伝えることができてこそ「科学」になる。
 その意味でもまだまだ…デアル!!

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから27週目だった。
 時期が遅れてしまったから、立葉の茎もこれ以上は太らないのだろうか。
 せめて可能な限り地下の蓮根に栄養を送り込んで欲しいと願うばかりである。
_dsc6437 

| | コメント (0)

【Web更新9/22】19-38 【ヒガンバナ情報2019】 等 更新!!

_dsc3989

遅れてもなほ律儀かな曼珠沙華 19/09/20撮影@安富

 

■楠田純一の【理科の部屋】19-38
 週末定例更新のお知らせ
 秋分の日を過ぎて、秋はますます深まっていくだろう。
 「大きな喪失にたえてのみ
   あたらしい世界がひらける」(「峠」より)

◆表紙画像2019 更新 曼珠沙華・ヒガンバナ
 ヒガンバナの開花が遅れている!!
 それは確かだ。
 一週間~10日は例年より遅れているだろう。
 でも、けっして「お彼岸」を忘れたりはしなかった。どこまでも、どこまでも律儀だった。

◆【ヒガンバナ情報2019】 更新!!
 開花の遅れは全国的なものなのだろうか!?
 なぜだろう!?
 地温がいつまでも下がらなかった。それはどうして ?(゜_。)?(。_゜)?
 全国の開花情報を知りたいものだ。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 8月、9月と続けてきた「ルクレチウスと科学」もう少しになってきた。
 10月は「科学と文学」を提案している。考えってみると、ずっと「科学とは!?」を問い続けていることになる。
 俳句結社「寅の日」も誕生した。どんなあらたな展開が待ち受けているのだろう。o(^o^)o ワクワク

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 かがくカフェ報告、【お薦め本】紹介とつづいた。
 これらもサイエンスコミュニケーターとしての重要な「仕事」である。

台風一過の昨日(2019/09/23)の朝
なんと西の空にみごとな「朝虹」が…!!
「朝虹は雨」を裏切って、青空の下 運動会が実施された!!
Dscn1300


 

 

| | コメント (0)

【Web更新9/15】19-37 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc3305

仲秋や土手の菊芋背伸びして 19/09/14撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-37
 週末定例更新のお知らせ
 加賀への旅からまだ一週間がたっただけだった!!
 ポンコツ頭のなかでは、まだまだ旅の途中という気分だ。

◆表紙画像集2019 更新 菊芋
 中国縦貫道沿いの土手に菊芋がぎっしりと咲いていた。
 菊芋!!この黄色がみごとデアル。仲秋を告げてくれる!!
 青空に向けて精一杯の背伸びをしているがごとく。
 芋を掘り起こして、「子宝飴」に挑戦したことがある。なんともあっさりした味の記憶が…!?

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 旅の報告も、ファラデーラボ「かがく」カフェの報告も みんなみんな私のなかでは、重要なサイエンスコミュニケーターとしての「仕事」なのである。
 レポートすることを前提に、「取材」をしているという意識でものごとを見ていると、いっぱい「発見」が!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!

 9月のテーマ「ルクレチウスと科学」もあと一回を残すのみとなった。
 「中谷宇吉郎・雪の科学館」に行った。宇吉郎35歳のときに寅彦はなくなった。
 しかし、宇吉郎のなかには生涯、「寅彦」が生き続けていた!!
 あの言葉とともに、「ねえ君、不思議だと思いませんか?」
 オンライン「寅の日」も、はや8年目だ。
 うれしいことに私のなかにも「寅彦」が住み着きはじめた!!そんな気がする今日この頃デアル。

◆燐寸(マッチ)一本 化学の元!! 更新!!
 いよいよ、マッチの祖・清水誠を追い始めた。
 さて、次は何処へ。

 「彼岸の入り」が近い!!
 「暑さ寒さも彼岸まで」とはうまく言ったものだ。

 報告が遅れている大賀ハス観察池。蓮根の植え替えから25週目だった。
 華はあきらめていたが、地下の蓮根だけは太らせたかった。
 立葉が林立しつつある。はたして復活か!?
_dsc3209

| | コメント (0)

【Web更新9/8】19-36 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc2463

蔓延りて世界分けるや藪枯らし 19/09/07撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-36
週末定例更新のお知らせ
 9月に入ってはやくも2度目の定例更新である。
 おそろしく時間が加速してきているように感じている。こんなときこそ呪文のように唱える。
 「ゆっくり ゆっくり 急ごう!!」と。
 
◆表紙画像集2019 更新 藪枯らし・ヤブガラシ
 もうワープロ使いだして久しいが、今でもときどき漢字変換してみてびっくりすることがある。
 「はびこる」と入力して、変換してみたら「蔓延る」とでてきた!!
 まさにその様をみごとに表現した漢字ではないか。これを使いたくて詠んだような句が今週の一句である。
 少し草刈りを怠っていると、そこにヤブガラシが「蔓延る」!!
 ヤブガラシが囲い込む世界とそれ以外の世界とをまるで世界を二分するように「蔓延る」!!
 「蔓延る」「藪枯らし」の語のおどろおどろしさに似合わぬかわい花が私は好きだ!!

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 今週は2度までも遠出の旅をした。
 旅のレポートを書くのも、サイエンスコミュニケーターのひとつの仕事と考えている。
 「雲見」の旅も、「○○を追って」の旅も私にとっては重要な「サイエンス」なのである!!

◆【ヒガンバナ情報2019】 更新!!
 今年も全国の開花情報を楽しみにしている。
 今年のヒガンバナは、特別の意味をもつヒガンバナとなるだろう。
 哀しい!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!

 9月は、8月に引き続き「ルクレチウスと科学」を読んでいる。
 なかなか先が見えてこない。
 それしても、寅彦をしてかくも熱く語らせたものは何!?
 たとえ、そのひとつでも…。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 今月の俳句歳時記のなかで、俳句結社「寅の日」発足宣言をした。
 期日は、子規忌・糸瓜忌 9/19(木)である。

◆「コウガイビル」を追う 更新!!
 今も生き続ける4匹のコウガイビル!!
 究極の「ふしぎ!?」=「生命」とは!? にどこまでせまれるか。
 「ふしぎ!?」を持続することこそが唯一の道。

どれも、これも
今週も
「ゆっくり ゆっくり 急ごう!!」 


| | コメント (0)

【Web更新9/1】19-35 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc1425

青花の流れて下絵浮かぶかな 19/08/31撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-35
週末定例更新のお知らせ
 はやくも9月(長月)も3日目である。
 ステージが変わっているのに「大きな喪失」たえかねて、なかなか次なる風景に入っていけない。
 
◆表紙画像集2019 更新 青花・ツユクサ
 33年ぶりに「古代友禅苑」を訪ねた。しかし、もうそれはなかった。あったのは「古代友禅株式会社」のみだった。
 ていねいに「友禅染め」のビデオを見せてもらいお話も聞けた。
  33年前に教えてもらった下絵を描くための「青花」について再度質問した。そして、それを入手することはできるかを聞いてみた。
 そこでは無理だったが、次に行った「田中直染料店」では実際に手に入れることができた。
  今度は、この「青花」のもとオオボウシバナ(ツユクサの一種)を追って草津へ行きたいと思っている。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「原子論的物質観と授業」を連載している。ねらいは二つある。
 ひとつは今一度、自分自身の物質観を問い直すこと、もうひとつはオンライン「寅の日」で読んでいる「ルクレチウスと科学」をより深く読み解くためである。
 連載のタイトルにつけた「授業」は、私の最も有効な学びの手法を意味する。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 次なるWebテキスト試案「アメダス」(PDF版)の検討に入りたいと思う。
 【「雲見」の連帯】については、実践あるのみ!!

 あらたなステージであること認識するため、今から「雲見」の旅に出る。
 「雲見」の景は何を教えてくれるだろう。
 車窓からヒガンバナ見えることあるかな!?

| | コメント (0)

【Web更新8/25】19-34 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc1224

昨朝の朝顔赤くしぼみけり 19/08/24撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-34
週末定例更新のお知らせ
 【再訪】「紅花を追って」の旅からはや一ヶ月だ!!
 またしても、行き先も決めずに列車に飛び乗ってしまいたい衝動にかられる。
 秋風のせいだろうか!?

◆表紙画像集2019 更新  朝顔
 朝顔を見ると、「夏休み」を思い出す。
 その長かった「夏休み」も、はや最終週だ。いや、もう二学期がはじまっているところも多いのだろう。
 門先に朝顔が毎朝いくつも咲いている。
 昨朝の朝顔は赤く萎んでいる!!萎むことによって今朝の青い朝顔をひきたてるが如く!!

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「原子論的物質観と授業」というなんとも奇妙なシリーズをはじめてしまった。
 はじめるときは、少し意気込んでいた。
 書きながら、ちょっと自分でも「つまらない」と思う瞬間がある。
 ひょっとしたら、途中でやめてしまうかも知れない。(^^ゞポリポリ

◆オンライン「寅の日」 更新!!

 第200回オンライン「寅の日」からちょうど一年だ!!
 自分でも驚いてしまう。
 「思えば遠くへ来たもんだ♪」そんな歌なかったかな。

すぎ来しみちはなつかしく
ひらけくるみちはたのしい。
みちはこたえない。
みちはかぎりなくさそうばかりだ。 真壁仁『峠』より

「峠」に立つ一週間がはじまる!!

 

| | コメント (0)

【Web更新8/18】19-33 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等 更新!!

_dsc0544

仏さん今年も送り葛の花 19/08/16撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-33
週末定例更新のお知らせ
 ずいぶん遅れた週末定例更新のお知らせである。
 一日一エントリーの鉄則に従えば、今朝までずれ込んでしまった。だからと言って、二週間分を一度というわけにはいかない。
 それはまた、一週間に一Web更新の「枷」からはずれてしまうことになる。
 「枷」はより自由度を確保するためには必要!!

◆表紙画像集2019 更新 葛の花
 例年15日の夕方に行う「仏さん」送りが、台風10号の通過で、一日遅れて16日の朝、近くの川で送った。
 帰りに見た線路沿いの土手は、風雨の影響にもめげず 葛が覆い被さっていた。
 ところどころに葛の花が顔を出していた。
 蔓の先はさらにのび高き草木にからまり、「もっと光を!!」と絶叫しているようだった!!
 残暑は続く!!

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 Webテキスト試案『「雲見」を楽しもう!!』(PDF版)の再検討をいったん終えた。
 あらたなアプリ、資料の活用もふくめて順次更新を続けていきたい。
 自分でも実践の機会があれば、また報告したい!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 「ルクレチウスと科学」を読んでいる。
 9月続投も決めた。
 寅彦がここまで熱く語るのにはわけがあるはず!!
 きっとココになにかが…!!
 なかなか難解であることは確かである。
 でも ゆっくり ゆっくり急ごう!!
 
 前の田にトンボの群れが飛び交っていた!!
 秋は確かに近づいている。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧