【Web更新2/17】19-07 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc1588


ホシノヒトミ足元に小宇宙かな 19/02/16撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】19-07
週末定例更新のお知らせ
 「雨水」も過ぎた!!
 なんとも律儀に時は過ぎていくことか。
 はやくも今年になって7回目のWeb更新だ。

◆表紙画像集2019 更新  ホシノヒトミ(オオイヌノフグリ・イヌノフグリ)
 『日本植物方言集成』(八坂書房)によれば、「イヌノフグリ」のことを千葉(柏)では、「ほしのひとみ」と呼んでいたらしい。なんともスバラシイネーミングである!!
 「イヌノフグリ」などよりも、その花のようすを表現したものだ。そもそも「イヌノフグリ」とは花の後の実のことを言ったものだ。
 これを知ってから、やっぱり花は「ホシノヒトミ」と呼ぶようにしている。
 『日本植物方言集成』をあけたついでに他にはと見ていると、「はたけのくわがた」(和歌山・西牟婁)というのがあった。昔の人の観察眼に恐れ入るばかりだ。

 同じ視点で詠んだ俳人がいた。「客観写生」を唱えた虚子である。さすがである!!

 

犬ふぐり星のまたゝく如くなり 高浜虚子
 

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 「これから」を考えるなかから生まれた私の寺田寅彦「活用」法。
 その究極のかたちのひとつ
 ・サイエンスカフェ「寅の日」 
 さらに具体案を8年目がはじまるまで検討したい。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 【お薦め本】も、ファラデーラボ等も同じくこちらにリンクした。
 こちらの方も、今一度「現在地」を確認しておきたいものだ。

 「啓蟄」「春分」までには何をこそ…。
 ゆっくり 急ごう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新2/10】19-06 【ヒガンバナ情報2019】 等 更新!!

_dsc0969


春の雪そつと着地し消えにけり 19/02/10撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】19-06
週末定例更新のお知らせ
 あのウメサオタダオが『知的生産の技術』の「日記のすすめ」のなかでこう言っていた。
 
 

「「自分」というものは、時間とともに、たちまち「他人」になってしまうものである。」

 
「日記というものは、時間を異にした「自分」という「他人」との文通である」

 ポンコツ度増すにつれて「他人」になるスピードが加速されているように感じる。(^^ゞポリポリ

◆表紙画像集2019 更新 春の雪 ヒガンバナ
 昨日の朝、生野峠を越えて市川沿いに雪が少しこぼれ落ちてくることを予想していた。
 まだ薄暗い夜が明けきらぬ段階で予想どおり、わずかな雪がそっと先端が少し黄色くなってきたヒガンバナの葉にそっと着地した。
 着地したかと思ったらすぐ消えてしまった。

◆【ヒガンバナ情報2019】 新設!!
 信じられないような話だが、【ヒガンバナ情報】のページは、ホームページ開設と同時にはじまったから、なんと22年目になる。
 Webテキスト『ヒガンバナ』(2013年版 2013.09.01解説版)の方もリンクぎれになっているところ少し修復した。
 このテキストの改訂版も検討したいものだ。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 「これから」に焦点をあて、私の寺田寅彦「活用」法を具体的に語っていきたい。
 それをもって原初なる問い「今、なぜ寺田寅彦なのか!?」の私の答えとしたい。

 さて、今週はなにに出会うかな?
 「他人」になってしまわないあいだに「記録」しておきたいものだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【理科の部屋】7がスタートして一ヶ月!! #【理科の部屋】

Dscn4838_2
▼鉄塔の足元にある「アメダス」が気になって仕方なかった。
 なんともあたたかい立春の朝だった。
 こんな日の「雲見」は、可能なかぎりやっておいて【理科の部屋】7の「きょうの雲見」に報告したいと思った。
 それはとても愉しい作業だった。
 なにも特別の「雲見」である必要はなかった。
 遠く離れたあの人の「雲見」の「おすそ分け」画像だと思うと見ているだけで愉しい!!

 かつて【理科の部屋】には、【星空の連帯】という人気企画があった。
 これが実に面白く大いに盛り上がった。その「雲見」版がコレ!!

 これは、言わば【「雲見」の連帯】だ!!

Dscn4821

Dscn4854

▼その【理科の部屋】7がオープン化してスタートしてからちょうど今日で一ヶ月だ。

◆【理科の部屋】7(サイエンスフォーラム)

 「きょうの雲見」「季節のたより」等でにぎわっている。
 閲覧数は、【理科の部屋】6とくらべると格段に増えてきた。
 うれしいかぎりである。

▼【理科の部屋】オープン化のいちばんのねらいはできだけ多くの人との「響きあい・学びあい・高めあう」ことだった。
 最初の「出会い」の機会が増えたということではオープン化はアリガタイ!!
 一歩も二歩も前進である。

 レスポンスはゲストでもできる。
 一言でもレスポンスすれば益々愉しくなることまちがない!!
 かつてwelcomeメッセージでも言い続けてきた。
 自分にとって面白そうな話題がなかったら、あなたがあらたなトピックをたちあげてください。
 【理科の部屋】はいつも

 「あなたがノックされるところがドアです」

 情報は発信するところに集まる!!

▼あらたな時代にはあらたな【理科の部屋】がある。
 【理科の部屋】の「不易流行」は

ホンモノの「流行」は「不易」を内包する!!

ホンモノの「不易」は「流行」を創造する!!

です。
 常にあらたな【理科の部屋】が創造されることこそ、【理科の部屋】の「不易」です。

 あなたの発信であらたな【理科の部屋】を!!
 
Dscn4817

Dscn4824

Dscn4848

Dscn4858


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新2/03】19-05 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc9552


紅梅の走り一輪参上哉 19/02/02撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】19-05
週末定例更新のお知らせ
 「立春」だ!!
 「暦の上では」は春がはじまるが…とおきまりの文句ではじめようとして、この異変に気づいた。 
 ほんとうに春のような温かさだ。
 いつもの温度計で気温を見た。(゜o゜)ゲッ!!「9.6℃」
 何かの間違いかとアメダスで確かめた。
 アメダスはもっとすごかった「現在 10.8℃」と!!どうして?(゜_。)?(。_゜)?

 「暦の上では」を甘く見てはいけない。
 八十八夜、二百十日、二百二十日も今日からカウントがはじまる!!
 起算日!!
 ここにけっこう「科学」があるのだ。

◆表紙画像集2019 更新 紅梅
 東の畑の紅梅のつぼみがほころびはじめた。
 スタートは一斉だった。
 やっぱりここにも「走りもの」がいるようだ。
 走りの一輪がはやくもゴールしたようだ。
 雨がやんだら後続が次々となるのだろう。
 さて、いくつの紅梅が…!?

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 7年の歩みを駆け足でふりかえり、「これまで」の概要をまとめた。
 ひとつの試みとして、これまでに読んだ随筆から厳選して
 分野毎に 寺田寅彦「○○○」十選 もつくってみた。
 「これから」を語りはじめようと思う。
 そして、今一度、問いかけてみよう。

 今、なぜ寺田寅彦なのか!?

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 今月の「雲見」「歳時記」にふれただけだ。
 寝かしっぱなしになっているWebテキスト試案の試案、もうそろそろWebページ化しなければ日の目を見ないうちに「お蔵入り」になってしまう。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 平成最後の「立春」!!
 この「立春」の前後に、全国でどれほど人が、「卵を立てる」というこの小さな実験に挑戦するだろう。
 「卵を立てる」は教えてくれる!!
 「科学とは!?」を


 さあ、今日は何の起算日とするかなo(^o^)o ワクワク 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新1/27】19-04 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc8721


春待つや藤の実時計時刻み 19/01/23撮影@安富


■楠田 純一の【理科の部屋】19-4
週末定例更新のお知らせ
 はやくも2019年1月最後の週末定例更新のお知らせである。
 「平成」という時代のカウントダウンがはじまっている。
 4C(continue 、challenge、creative 、convivial)作戦の「現在地」を問いながら
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

◆表紙画像集2019 更新 藤の実時計
 小さな小さな「雲見」の旅に出た。
 旅というのも少しはばかれるようなドライブだ。でもやっぱりわたしのなかでは、「旅」だった。
 「雲見」の旅だから、「雲見」がメインだ。
 でもときとして、地上にも「発見」するものがある。
 「藤の実」時計!!
 寒風にふるえながらも、確実に時を刻んでいた。
 「藤の実」と言えば、即座に思い出すのか、寅彦の「藤の実」だ。
 たしかに、「藤の実」時計の下には、よじれて硬い鞘と実が落ちていた。

_dsc8699

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 7年の歩みの「ふりかえり」続けている。
 「ふりかえり」はあらたな発見をもたらす。
 読んできた92編の随筆からお薦め「十選」づくりをしていると、あらためて寅彦の凄さを発見する。
 寅彦は面白い!!
 寅彦はいつ読んでも今日的だ!!

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 今年2冊目の【お薦め本】をあげた。
 この作業も、私の中ではサイエンスコミュニケーターとしての重要な仕事に思えてきた。
 
 「みちはこたえない
  みちはかきりなくさそうばかりだ」 (真壁仁『峠』より)

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新1/20】19-03 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc8242


長靴の底より凍むや寒の朝 19/01/19撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】19-03
週末定例更新のお知らせ
 「降る雪や明治は遠くなりにけり 中村草田男」
 昭和6年、草田男30歳のときの作だという。
 「平成」という時代が終わろうとしている。時代は加速してきたから、もうとっくに
 「降る雪や昭和は遠くなりにけり」という句が生まれてよかったのかもしれない。
 いや、もう生まれていた!?

◆表紙画像集2019 更新  霜の苺
 朝の散策は少し邪魔くさいがいつの季節も長靴を履いて出かける。
 この季節、長靴の底から寒がやってくる。
 畑に立つ。
 霜の苺が…。このまま夏まで保存できたら「おいしいかも!?」

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 あいかわらず、7年の歩みを追っている。
 この7年の間に実に多くの人に出会っていることにあらためて驚く!!
 それぞれの人に、それぞれの「寅彦」が居た。
 それを聞かせてもらうのがとても楽しかった。これからも…

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 オンライン「寅の日」がまもなく7年が終わるのなら、サイエンスコミュニケーター宣言の方は8年がおわるのだ。
 「現在地」を常に確かめながら ゆっくり ゆっくり 急ぎたいものだ。


 「平成」は後何日!?
 そろそろカウントダウンがはじまるのだろうか。
 いや、もうはじまっているのかな。
 ゆっくり 急ごう !!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新1/13】19-02 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc7857


蝋梅の落とす影のなほ透けるかな 19/01/11撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】19-02

週末定例更新のお知らせ
 2019年がスタートしてはや二週間が過ぎようとしている。
 2019年の抱負・4C(continue 、challenge、creative 、convivial)作戦の「現在地」を静かに問うてみる。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

◆表紙画像集2019 更新  蝋梅
 この季節にはやっぱり表紙にしてしまう蝋梅だ。
 実は自分の家にはない。
 少し歩いてその場所に行く。空気は凍てつくようにつめたい。
 そんな空気が蝋梅にはお似合いだ。
 花びらの先がくるりと巻いているのを今年、「発見」した。
 花が透明だけでなく、落とす影も透けていた!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 オンライン「寅の日」7年の歩み をふり返っている。
 7年の歳月のあいだには、こんなにもいろんなことがあったのかと自分でも驚いてしまう。
 ついつい寄り道したい気分になるが、それもまた楽し!!

◆新・クラウド「整理学」試論 更新!!
 「Twitter的」にふれての記事を追加しただけだ。
 考えてみるとこの10年を語るのには、「Twitter的」は最高のキーワードだ。

 さあ、ゆっくり ゆっくり 三週目をはじめよう!! 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新1/6】19-01 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc7735


水仙や横顔に笑みこぼれたり 19/01/05撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】19-01
週末定例更新のお知らせ
 2019年初回の週末定例更新のお知らせです。もう何日も過ぎたかに思ったが、まだ一週間もたってはいなかった。
 昨日は、待望の「部分日食」だった。なんとも皮肉にもその時間帯だけ、厚い雲が空を覆っていた。
 しかたないので、全国(茨城、秋田、大分、名古屋、大阪、鹿児島等々)からの「おすそ分け」画像を楽しませてもらった。アリガタイ!!
 自分自身で生に観察できなかったのは残念だったが、かつての【星空の連帯】を思い出して楽しかった。

◆表紙画像集2019 更新  水仙
 「ふしぎ!?」だ。
 水仙の花って、蕾のうちは凜として直立するのに、花が咲き始めると横を向くのだ!!
 どうしてだろう?
 花が重いから首をおるのかな。それとも…
 このアタリマエが、妙に「ふしぎ!?」に思えた。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 8年目に入るまでに、7年間の「歩み」をまとめておきたい。
 あれこれと少し「寄り道」も楽しみながらすすめたい。

◆Webテキスト『天気の変化』 更新!! 今月の「雲見」と「歳時記」をリンクしたにすぎない。
 Webテキスト構想、今年はどこまでいけるだろう!?
 自分でも楽しみにしておこう。

◆新・クラウド「整理学」試論 更新!!
 2019年が一週間すぎようとしている。
 4C(continue 、challenge、creative 、convivial)作戦は…!?
  
◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
●【理科の部屋】7(サイエンフォーラム)が2019/01/05にスタートした。
オープン化への移行は、ひとりでも多くの人との交流を願ってのことである。
情報は交叉するところに生まれる!!
をあらたな合い言葉に…。

さあ、あらたな一週間 
ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【理科の部屋】7がオープン化してスタート!!

Dscn3649

【理科の部屋】25年史年表を見ていると、【理科の部屋】の歩みがきわめてネットの歴史と深く関係していることがよくわかる。
 2018年末の時点では2つの【理科の部屋】が存在した。

・Facebook版【理科の部屋】

・【理科の部屋】6(サイエンスフォーラム)

である。
▼【理科の部屋】6には、「季節のたより」「雲見」などのきわめて興味深い画像の情報が流れていた。
 しかし、これまでは会員のみしか読み書きできませんでした。
 せっかくの情報がこのままではモッタイナイ!!
 
 そこで【理科の部屋】7に移行しオープン化してスタートすることになりました!!
 会議室の案内から引用させてもらうとこうです。

【理科の部屋】7 NIFTY-Serve 「教育実践フォーラム」から連綿として続いてきた「理科の部屋」です。

会員のみしか読み書きできなかった【理科の部屋】6から会員以外の誰でも読み書きできる【理科の部屋】7に移行しました。
【理科の部屋】6のログは残っていますが,会員しか読むことはできません。読みたい方は会員登録をしてください。

▼どこまでいっても【理科の部屋】開設当時のwelcomeメッセージの思念は不易です。

**************************************************

日本の理科教育情報発信基地
             
【理科の部屋】へようこそ        
                                
(^o^)/ あなたもここで情報発信者に\(^o^)   

情報は、発信されるところに集まる。

あなたがノックされるところがドアです。

時空を超えて響きあい・学びあい・高めあう世界を

**************************************************

▼これを機に多く方に【理科の部屋】7に参加してもらいたいです。
 多くの人が参加すればそれだけ情報は豊かになります。
 あらたなヒューマンネットワークも生まれます。

 情報は発信するところ集まる!!
 情報は交叉するところに生まれる!!

これからの展開が楽しみです。o(^o^)o ワクワク

Dscn3675

Dscn3683

Dscn3696

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新12/30】18-52 新・クラウド「整理学」試論 等 更新!!

_dsc7287


葉牡丹の渦それぞれに巻きにけり 18/12/27撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】18-52
週末定例更新のお知らせ
 blog1更新/日、Web1更新/週はここ何年もつづいている私の習慣だ。
 今年も週末定例更新は52回を数えることになった。
 毎日一度のblog更新も貫くことができた。\(^O^)/
 ただし、今日は例外である。今日2回目の更新をしておく。

◆表紙画像集2018 更新 葉牡丹
 したがって表紙画像も52枚目ということになる。
 52枚の写真をながめながら、撮ったときのこと思い出していた。
 今年最後は悩みに悩んだ結果、庭の葉牡丹とした。
 例年どおり「おすそ分け」してもらったものだ。
 りっぱなものを、アリガタイ!!深謝<(_ _)>
 じっとながめているとこのアタリマエに気づいた。
 それぞれに渦が巻いている!!

◆新・クラウド「整理学」試論 更新!!
 これまた恒例化してきている
 ・【私の重大ニュース2018】
 ・【私の読んだ本・ベスト15】2018!!
 ・【私の撮った写真・ベスト5】2018!!
で、2018年をふりかえり「記録」してみた。
ウメサオの「ものごとは、記憶せずに記録せよ」の命に従って…。

◆オンライン「寅の日」 更新 !!
 今朝の211回まで来た。
 来年は242回までいく予定である。
 来年もよろしくお付き合いのほどお願いします。<(_ _)>

▼もうひとつ欠かさず報告をつづけていることがあった。
 一昨日(2018/12/29)、大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから40週目を迎えていた。
 池の水面は凍り、そこにうっすらと雪がのっていた {{ (>_<) }

_dsc7348


では、今年もお付き合いくださったみなさんありがとうございました。
よいお年をお迎えください。<(_ _)>
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧