【理科の部屋】25周年記念オフ 11/23(祝・金)に!! #【理科の部屋】 #25thrika 

Dscn4745
いつでも どこでも 誰でも
  簡単に できる
 「雲見」 が 私は大好きだ。
 「雲見」の旅は もっと好きだ!!

 晩秋の 「雲見」の旅 をきめた!!


*********************************************
日本の理科教育情報発信基地
【理科の部屋】へようこそ        
                                
(^o^)/ あなたもここで情報発信者に\(^o^)   

情報は、発信されるところに集まる。

あなたがノックされるところがドアです。

時空を超えて響きあい・学びあい・高めあう世界を

*********************************************

 こんなwelcomeメッセージではじまる【理科の部屋】がスタートしたのは、1993年11月23日だ。
 今年で25周年になる。
 25年と言えば四半世紀である。その歩みには感慨深いものがある。
▼20周年記念オフからはや5年が経った!!
 次なる日程で25周年記念オフを実施したい。場所は10周年、20周年記念オフ同様に100周年をむかえたナリカさんで行いたい。それもまた意義深いものになるだろう。

****************************

■【理科の部屋】25周年記念オフ

【期日】2018年11月23日(祝・金)午後~

【会場】 ナリカ(旧中村理科)
        (東京都千代田区外神田・最寄駅:JR御徒町など)
     
****************************

▼これ以上はまだなにも決まっていない。

 ぜひ予定に入れておいてください。

 どんな内容にするかは、これから参加されるみなさんで決めていきたいと思います。
 それが【理科の部屋】流です!!
 参加資格なんてまったくありません。
 面白そうだと思ったら ノック してください。

 あなたがノックされるところがドアです !!

Dscn4755

Dscn4770

Dscn4767

Dscn4776

Dscn4780

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新1/14】18-02 新・私の教材試論 等 更新!!

Dsc_5477


不凍液仕込みはだかの冬芽かな 18/01/13撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】18-02
週末定例更新のお知らせ
 はやくも1月半ばである。小正月である。
 「新年の抱負」の軌道修正をする時期なのかも知れない。

◆表紙画像集2018 更新 アジサイの冬芽
 冬芽には防寒対策のいろんな工夫がある。それがなかなか面白い。
 なかでもアジサイの頂芽の「知恵」にはびっくりである。不凍液を貯め込んで冬の寒さをのりきるという。
 冷え込む朝、その頂芽をみているとなにかうれしくなってきた!!

◆新・私の教材試論 更新!!
 久しぶりに再開した。単なる繰り言に終わらせず、あらたなる展開をめざしていきたいものだ。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 5つの座標軸での「現在地」検証はいったん終えている。
 あとはひとつずつ前に進めよう。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 1月のテーマは随筆集『空想日録』だ。
 2月のテーマを考え始めている。ちょっと変わった視点でと思っている。
 
さあ、今週も ゆっくり 急ごう !! 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新1/7】18-01 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

Dsc_4902


山茶花や霜のはかなくとけるなり 18/01/04撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】18-01
週末定例更新のお知らせ
 2018年はじめての週末定例更新のお知らせである。
 はや七日正月をすぎ、8日だ。
 「今年こそは…」の思いも「三日坊主」の泡沫となりそうな時期だ。
 でも嘆くことはない。

 「三日坊主」も122回繰り返せば365日を越える!!

◆表紙画像集2018 更新 山茶花
 山茶花がかくも美しき花とははじめて知った。
 どちらかと言えば椿の方が好きだった。
 それは 霜の朝だった。
 光が射して来て 蕊の霜は はかなく 消えた。
 それは消えゆく美しさだったのだろうか。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 年始めということもあり、サイエンスコミュニケーターとしての「現在地」の自問を続けている。
 どこまでも「これから」に照準をあわせた自問でありたい。
 時間は遡行しないのだから。

◆新・クラウド「整理学」試論 更新!!
 今年も「断捨離」挑戦の一年が続きそうである。
 
◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!?
 「テキスタイル」を愉しむという基本方針にかわりない。
 より具体的に「見える化」が これからの課題だ。


 さあ、次なる「三日坊主」に向けて…
 ゆっくりと 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新12/31】17-53 新・クラウド「整理学」試論等 更新!!

Dsc_4693


ゴシタマの眠りて年の暮れるかな 17/12/30撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-53
週末定例更新のお知らせ
 昨年末最後の定例更新のお知らせです。
 昨年は日曜日からはじまって日曜日までということで、けっきょく53回の定例更新ということになった。
 もう2018年はじまって3日目であるが、昨年分として報告しておく。

◆表紙画像集2017 更新 ゴシタマ(リュウノヒゲの実)
 ずいぶん以前に「ゴシタマ」のことを話題にしたら、「その呼び方知っているよ」と連絡いただいて驚いたことがある。「ゴシタマ」とは、私が小さい頃、リュウノヒゲ(ジャノヒゲ)の実をさして使っていた里名だ。
 今ためしに『日本植物方言集成』(八坂書房)を開いて調べてみてもそんなものはなかった。
 あえていちばん近そうなものをあげるとすれば 「ごせのたま」(山口県 大津)だ。
 
 もう誰にも使われることなく消えていく名かと思うと、強引にも使ってみたくなった!!

◆新・クラウド「整理学」試論 更新!!
 2017年を「重大ニュース」「読んだ本」「撮った写真」でまとめてみた。
 さて、2018年はどうなるだろう!?
 それが楽しみだ o(^o^)o ワクワク

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 12日ごとに巡って来る「寅の日」!!
 予定通り進めば、今年の8/26(日)には、第200回を迎える。
 200回達成記念オフをその前後に企画したいと思っている。
 

 さあ、今年も52回の週末定例更新をめざして

 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新12/24】17-52 【ヒガンバナ情報2017】等 更新!!

Dsc_4352


蓑虫や聖夜の鐘のゆらしたり 17/12/23撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-52
週末定例更新のお知らせ
 あと一週間となった。
 もうカウントダウンはじめよう。
 こんなときはやっぱり『峠』(真壁 仁)だ
 

  峠にたつとき
  すぎ来しみちはなつかしく
  ひらけくるみちはたのしい。
  みちはこたえない。
  みちはかぎりなくさそうばかりだ。
 

◆表紙画像集2017 更新 蓑虫
 目の前の石榴の木に蓑虫ひとつぶら下がっていた。
 観察せよ!! とばかりに。
 たった今、動いたかのように見えたのは錯覚だったのだろうか。
 春まで可能なかぎり観察してみようと思う。
 
◆【ヒガンバナ情報2017】 更新!!
 やっぱりこの時期に「ヒガンバナ、ヒガンバナ…」と繰り返していれば変な人かな。
 でも熊楠なんて正月から「石蒜の話」だったのだから…。これもありか…
 「私のヒガンバナ研究・その後」はいったん終わる。
 2018年の展開を楽しみだ。  

◆「コウガイビル」を追う 更新!!
 36号くんはついに年を越しそうだ。
 はたしていつまで…??
 「261日」を超すことかせできるだろうか?

◆オンライン「寅の日」 更新!! 今週は「寅の日」三昧となりそうだ。
 行く年来る年も 寅彦 で…!!。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新12/17】17-51 【ヒガンバナ情報2017】等 更新!!

Dsc_3673


蔓ひけばぽろり落つるや冬苺 17/12/15撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-51
週末定例更新のお知らせ
 2017年もラスト2週間となった。今年の「新年の抱負」にツナイデみた。 
(1)共愉(conviviality コンヴィヴィアリティ)
(2)挑戦(challenge チャレンジ)
(3)簡素(simple シンプル)
「CCS作戦」がでてきた。
 あと、2週間でどこまでいけるかな。

◆表紙画像集2017 更新 冬苺
 朝の散策の山道に毎年同じ場所に冬苺をみかける。
 坂道の土手だ。手が届きそうでなかなかとどかない。
 特に赤く熟したのに限って届きにくいように思う。
 蔓をひっぱって引き寄せようとすると、ぽろりと… (^^ゞポリポリ

◆【ヒガンバナ情報2017】 更新!!
 「私のヒガンバナ研究・その後」も、もうそろそろまとめたい。
 あくまで「これから」のために。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 寺田寅彦は1935年(昭和10)12月31日、数え58歳の若さで亡くなった。
 82年前の大晦日だ。
 今年も大晦日には、オンライン「寅の日」で、最晩年の作品「日本人の自然観」を読む!!
 ここに寅彦のすべてがある。

さあ 2週間 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新12/10】17-50 【ヒガンバナ情報2017】等 更新!!

Dsc_3202


剪定の鋏迷ふや枯紫陽花 17/12/08撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-50
週末定例更新のお知らせ
 「情報は交叉するところに生まれる。」
 はやっぱりほんとうだ。
 まだまだ先日のファラデーラボ・クリスマスレクチャーの反芻作業を続けている。

◆表紙画像集2017 更新 枯紫陽花
 この年になってはじめてというのも少し恥ずかしいが、新しい「剪定鋏」を買った。
 荒れた庭の枯れ枝をチョッキンチョッキンやる。
 はじめての感触だ。その感触がたまらず、目につく枝はあたりかまわず…。
 枯紫陽花の前で鋏は迷ってしまった。
 あの初夏の紫陽花もきれいが、これもこのままできれいではないか!!
 冬の紫陽花もあってもいいではないか!!

 私はやっぱり「庭師」に向かないのかな!?

◆【ヒガンバナ情報2017】 更新!!
 「私のヒガンバナ研究・その後」をふり返っている。
 ここ何年間をふりかえるだけでも実にいろんなことがあったものだと自分でも驚いてしまう。
 また「記憶」というもののあやふやさにも痛感する。
 「ものごとは、記憶せずに記録する。」(ウメサオタダオ) 
 は、研究の第一歩だ!!

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「科学」は生の人、モノから学ぶの一番。
 文字(本)、映像、ネットからの学びをより豊かなものにしてくれる。
 このアタリマエに 今さら気づくこと多々!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 12月は随筆集「自由画稿」だ。
 そして大晦日は特番「日本人の自然観」。
 
◆新・クラウド「整理学」試論 更新!!
 そろそろ2017年をふり返り、「整理」する時期が来ている。

 さあ
 ゆっくり 急ごう!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新12/03】17-49 【ヒガンバナ情報2017】等 更新!!

Dsc_2361


実烏瓜振り子のごとく師走かな 17/12/02撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-49
週末定例更新のお知らせ
 師走最初の定例更新だ。
 2017年はあと4回の更新を予定している。
 これならば今の私にも可能だ。可能なことを可能な限りやり切れば、ひよっとしたら「不可能」と思えることも「可能」になるかも知れない。それを信じて…

◆表紙画像集2017 更新 実カラスウリ
 道端のちょっとこんもりとしたところにあの鮮やかな朱色したカラスウリの実がぶらさがっていた。
 師走の風がそれをゆらせた。
 実は振り子時計の振り子のようにゆれ時を刻んだ。

◆【ヒガンバナ情報2017】 更新!!
 「私のヒガンバナ研究・その後」をまとめはじめてあらためて気づいた。
 私にはとってもラッキーな「人」「モノ」との出会いがあったことを。
 
◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 こちらもどこまで「可能性!?」を続けるのか決めるときが近づいて来た。

 さあ!!
さらに ゆっくり 急ごう!!

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新11/26】17-48 【ヒガンバナ情報2017】等 更新!!

Dsc_1661


道端に寄せたる銀杏落葉かな 17/11/25撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-48
週末定例更新のお知らせ
 久しぶりに佐藤可士和の「整理のプロセス」表を見ている。
 「空間の整理」「情報の整理」「思考の整理」に加えて「時間の整理」を考えるのは師走が近いからだろうか。

◆表紙画像集2017 更新  銀杏落葉
 「銀杏散る」は秋の季語で、「銀杏落葉」は冬の季語だそうな。
 寅彦の「歳時記は日本人の感覚のインデックス(索引)である」に納得する。
 家から見える銀杏の木まであるいてみた。
 すっかり「銀杏落葉」が目立つ景となっていた。

◆【ヒガンバナ情報2017】 更新!!
 この機にと、「私のヒガンバナ研究・その後」をまとめはじめた。
 ヒガンバナの「ふしぎ!?」を追い始めて自分でも驚くほどの歳月が経っていた。
 ゆっくり 急ごう!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 大晦日は、特番で第180回となる。
 このまま順調にすすめば、来年の8月末にはには第200回を迎える。
 せめてそこまでを目標に…。

◆「コウガイビル」を追う 更新!! 36号君はエサなしでどこまで生きのびるだろう。
 「生きる」って!?
 「生命」とは?

 今週は、今一度、「空間の整理」からはじめてみようと思う。
さて、どこまで… 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【祝】本日、【理科の部屋】は満24歳に\(^O^)/

Dscn2157

『私の【理科の部屋】活用法』(NIFTY SERVE教育実践フォーラム【理科の部屋】編 民衆社 1997/8)

この本が世に出たのは今からちょうど20年前である。
 大まかな「目次」は次のようになっている。

第1章 日本の理科教育情報発信基地 【理科の部屋】でなにがおきたのか
第2章 インターネット版【理科の部屋】で、よりグローバルな展開を
第3章 広がる人と人との「つながり」
第4章 はじめて【理科の部屋】にこられる人のために

 これを見るだけでも当時のことを思い出してなつかしい!!
 
▼それをさかのぼること4年。
 1993年11月23日、【理科の部屋】は誕生した。
 つまり本日(2017/11/23)は24歳の誕生日なのである。\(^O^)/
 【理科の部屋】からずっと使って来たwelcomeメッセージは
--------------------------------------------------------------
日本の理科教育情報発信基地               
       【理科の部屋】へようこそ        
                                
(^o^)/ あなたもここで情報発信者に\(^o^)   
情報は、発信されるところに集まる。
あなたがノックされるところがドアです。
時空を超えて響きあい・学びあい・高めあう世界を
---------------------------------------------------------------
である。
 ここに【理科の部屋】の願いのすべてが語られていた。
 それは今も変わりはない。

▼20周年の2013年、私はそれまでの歩みをきわめて不完全ながら年表にまとめた。
 私の知る範囲であり、きわめて「私史」的なところが多いが。

◆【理科の部屋】20年史年表

 これを見ていると、これまで【理科の部屋】の歴史がネットの進化の歴史とどれほど深く関わっているかがよくわかる。
 「これから」もそれは続くだろう。
 現在は
●Facebook版【理科の部屋】
●【理科の部屋6】
が存在する。
 その他にも、welcomeメッセージの思念を引き継ぎいろんな展開があるのだろう。

 いつまでも【理科の部屋】は「これから」を語り続けたいものだ。

▼来年(2018年)の誕生日には、【理科の部屋】は25歳になる。
 それまでには
◆【理科の部屋】25年史年表
 に更新したいものだ。
 25年と言えば四半世紀である!!
   
【理科の部屋】25周年記念オフもぜひ実施したいな!!

情報は発信するところに集まる!!
情報は交叉するところに生まれる!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧