【理科の部屋】30年の歩み!!(8) #理科の部屋 #30thrika #30年史 #Twitter #Twitter的 #SNSの歴史

_dsc3294

_dsc3301

▼「ストロー氷」どころではなかった!!

 想定以上の大雪は、「Wコップの実験」装置にまるごと被さってしまった!!
 どうしても外出する用件があって、夕方やっと帰宅して、さっそく装置を見るとまだまだ雪を残しながらも姿をあらわしていた。

_dsc3310

_dsc3322_20230126035501

 話がここまでだったら、なにも面白くない。
 前日の「Wコップの実験」を鹿児島の榎本顕人さんがさらにバーションアップして、追試してくださっている。
 クリアカップと紙コップでもやられている!!画像も「報告」してくださっている!!
 私には「実験」そのものより、これが面白い!!

 だからネット発信はやめられない!! 

【理科の部屋】30年の歩みの話をつづけよう。
 さらにプライベートなことであるが、mixi版【理科の部屋】の開設から、3年ほどたった2009年9月のことである。
 ある「失敗」をやらかしてしまった。
 ノートパソコンのキーボードの上にコーヒーをこぼしてしまったのである。(^^;ゞポリポリ
 その日のことを「記録」しているかな!?

●奇跡的「復活」から(2009/09/13)
 
 しかたなく新規ノートパソコンを購入にした。
 ちょうどTwitterが話題になっているときだった!!興味半分にはじめてみた。

●2009年 9/23 Twitterをはじめる(楠田)

▼私はすっかりTwitterにはまってしまった!!
 そこには、【理科の部屋】創生期のときのような雰囲気があった。
 そのころハッシュタグ「#rikanoheya」を多用していた。
 瞬時に多くの人とツナガルのが楽しかった!!
 
 Twitter的(=「リンク」「シェア」「フラット」「等身大」「リアルタイム」「アクティブ」)は今日も使いづけている。

▼先日から「異変」が起きている。
 Twitterをより便利に使うために使い続けて来たクライアントアプリケーションソフトが、うまく動かない!!
 根っこのところでよくわかっていない人間はこういうとき困る。(^_^;)
 これはなにかを「変化」させよ!!と教えてくれているのかも知れない。

 さあ、今朝の「Wコップ」の様子はどうだろう!?
 明るくなるのが楽しみである!!

(つづく)

 

| | コメント (0)

【理科の部屋】30年の歩み!!(7) #理科の部屋 #30thrika #30年史 #mixi #SNSの歴史

Dscn9099_20230125044901

「現在は過去の鍵である」

 この言葉に象徴される「斉一主義」とは地球の歴史を研究するに際しての方法論的視点のことだそうです。
 勝手に自分なりに解釈すると「今、目の前にある地形(山・川・池)は過去に何があったあったかを教えてくれる」!!
 さらに言えば、「これから何が起こるかをおしえてくれる」!!
 この視点は、あらゆる「歴史」研究に応用できかも知れない!?

▼しばらく休んでいた【理科の部屋】30年史を追う作業をつづける。
 私から見た30年史年表の方も遅々として進んでいなかった。

◆【理科の部屋】30年史年表

▼その年表のなかに「インターネットの歴史」という欄をつくっていた。
 それは【理科の部屋】の歴史が、深くインターネットの歩みと関係していると考えているからである。
 なかでも、現在の視点で言うならば「SNSの歴史」と深く関係しているように思う。
 
2006年に注目してみよう!!

● 2006年 9/23 mixi版【理科の部屋】開設

 なんとうれしいことに、その一部は見ることができるようだ。
 
▼mixiのキーワードは「コミュニティ」である。
 mixi版【理科の部屋】という「コミュニティ」の存在は、「これから」に何を教えてくれるだろう!?
 しばし、「過去」を楽しんでみよう。(「過去」と言い切るのはちょっと失礼かも知れない。)

(つづく)


 

| | コメント (0)

【Web更新1/22】23-04 オンライン「寅の日」等 更新!!

_dsc3118

バケツなかここにも在りや冬の菊 23/01/21撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】23-04
週末定例更新のお知らせ
 はやくも2023年4回目の週末定例更新となった!!
 Web更新というこの「作業」が、一週をふりかえる絶好の機会となっている。
 同時にそれは「これから」の一週間を展望するときでもある。

 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

◆表紙画像集2023 更新 冬菊
 凍てつく畑の冬菊が美しい!!
 いつか「挿し木」用にと採取したバケツの冬菊もまた美しい!!
 この色まで凍結してしまったのだろうか!?

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 2月テーマは「科学と文学」である。
 じっくり楽しみながら、学びたいものである。
 「子規庵の糸瓜」の種子採取の報告をながながとあげてしまった。
 そもそも「子規庵の糸瓜」と「寅の日」がどうツナガッテいるのだろうか!?
 「子規庵の糸瓜」→「子規」→「俳句」→「漱石」→「寅日子先生」→オンライン句会「寅の日」
 考えてみると私のなかでは深く深くツナガッテイタ!!

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「1.17」で、私のなかの「課題」は明確になりつつある。
 私の暮らす「動く大地の物語」は!?
 あの山は!?
 あの池は!?
 これまた ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから43週目である。
 枯れハスの霜が美しい!!
 観察池の氷は 今週は厚くなるだろうか!?

 _dsc3148 

| | コメント (0)

【Web更新1/15】23-03 サイエンスコミュニケーター宣言等 更新!!

_dsc2938

葉のかたち顕している冬芽哉 23/01/14撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】23-03
週末定例更新のお知らせ
 はやくも一月半ばを過ぎた!!
 2013年3回目の週末定例更新のお知らせである。
 微々たる更新にすぎないが、これまた「歩み」の「一歩」であることは確かだ。

◆表紙画像集2023 更新 冬芽(アジサイの頂芽)
 やっぱり今年もアジサイの冬芽(頂芽)が気になってしまうのだった。
 季節はずれの暖気は、雲をも運んできたかのようだった。
 アジサイのてっぺんの冬芽(頂芽)は、幼い葉が「裸ん坊」だった。
 「不凍液」をため込むというその防寒対策にうなってしまう。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 【理科の部屋】30年の歩み を思いつくまま、気ままにつづってみた。
 30周年記念オフ(2023/11/23)も提案してみた。
 多くのみなさんの顔をみるのが今から楽しみである。

◆「コウガイビル」を追う 更新!!
 60・61号コウガイビルはまだまだ元気だ!!
 今のうちにWebテキスト試案『コウガイビル』を「かたち」にしたいものである。


 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから42週目だった。
 さあ、また今週から凍り始めるのかな!?

_dsc2960 

| | コメント (0)

【理科の部屋】30年の歩み!!(6) #理科の部屋 #30thrika #30年史 #なるほどの森 #ロボコン


Dscn0324_20230115045301

▼今も鮮明に記憶する一冊の本があった!!

◆ 『私の【理科の部屋】活用法』(教育実践フォーラム【理科の部屋】編 民衆社 1997.8.1)

 ページを開いて見ると、その当時の「あの時代」「あの人」が蘇ってくるのである。
 今もたいへんお世話になったり、つながっている人がたくさんいるのはうれしい。

▼まったく個人的に見た「30年史年表」をあげるなかで、いくつかの「リンク切れ」を指摘していただいていた。
 そして、今もつながっている箇所を教えてもらっていた。アリガタイ!! 深謝 <(_ _)>
 なかでも、現在もたいへんお世話になっている理科ハウスの森さんの「なるほどの森」は今読み返してみてもとても面白かった!!すごい!!

◆インターネット版【なるほどの森】
 

▼またフォーラム内に特設の【会議室】まで取り組んだ【ロボコン】は思い出深い【企画】ものの先駆けであった。

◆【理科の部屋】杯ロボットコンテスト


▼ 「これから」もいろんな【企画】ものが提案され、みんなで取り組むことができたら楽しいだろうな。

 「科学」を楽しむ!!
 から
 「科学」を愉しむ!!
 になるといいな。

(つづく)
 
 

| | コメント (0)

【理科の部屋】30年の歩み!!(5) #理科の部屋 #30thrika #30年史 #2022年

Dscn1652

▼4年目の「子規庵の糸瓜」はすっかり枯れてしまっていた!!

 収穫したのは昨年の2022/11/07だった。
 収穫した糸瓜から、「ヘチマタワシ」と「種子」を取り出すのに、水に浸けてという方法をとったのは一年目だけだった。
 それ以降は自然乾燥で、枯らしてしまってからという方法をとっていた。
 年を越してしまったがいよいよ今からである。
 5年目に向けての「種子」はどれほど手に入れることができるだろう!?

▼2022年という年は、私にとっては記憶すべき年となってしまった。
 自由気ままに動き回ることによってすべてを学んできた私にとって、それを制限されることは痛かった!!
 しかし、そのなかでも、いろんなものを育てたり観察したりするのは楽しかった。
 「子規庵の糸瓜」もそのひとつだった。

・「藤の実」の「潮時」
・実生ヒガンバナの実験
・実生コヒガンバナの実験
・大賀ハス「あこがれの4日間」の観察
・「虹色コーン」
・「コウガイビル」とのつきあい
・「クモ学」とのつきあい
・「子規庵の糸瓜」(4年目)
・「自然結実」ヒガンバナの「種子」
等など である。

▼なかでも「○○を科学する」シリーズをはじめたことは、私には大きな意義あることであった!!

●「煮干しの解剖」を科学する

●「静電気」を科学する

●「原子論」を科学する


▼この私の小さな小さな「さざなみ」も、「30年史年表」にプロットしておこうと思う。

◆【理科の部屋】30年史年表


(つづく)

| | コメント (0)

【理科の部屋】30年の歩み!!(4) #理科の部屋 #30thrika #30年史 #2020年 #2021年

_dsc2893

【2023/01/12-08:23 撮影 】

▼たしかに「根毛のようなもの」に見えた!!
 
 「これは何!?」とこの「ふしぎ!?」を最初に発信したのは2018年1月のことだった。
 この謎解きをわかりやすく教えてくださったのが神田健三先生だった。
 今年も、この「Wコップの氷の実験」に取り組んでいる。
 今年は、より冷え込むことを想定して、3つの装置をセットしてしまった。
 ぜひとも、今年こそは再び「ストロー氷」を見てみたいものだ!!

▼現場を離れて時間が経つにつれて、なかなか直接モノに触れながら、「自然にはたらきかける」実験が困難になってきた。
 コロナ禍のなかではなおさらであった。
 そんななかでの2020年、2021年の自分の「動き」を少しだけプロットしてみよう。

◆【理科の部屋】30年史年表


▼繰り返して言いますが、これはあくまでひとりのポンコツが見た「30年史」です。
 「私の場合は…」という一人ひとりちがった「30年史」があるハズです!!
 いやもっともっと「現在進行形」の【理科の部屋】もあります、それが面白いです!!
 「これから」もそれが知りたいです!!

▼『私の【理科の部屋】活用法』(97.8.1)のなかで言っておられた天神さんコトバが私は大好きです。
 少しだけ引用させてもらいます。

 「さざなみを集めて大きなうねりに」

 大切なのは双方向的であること…。互いの連帯感が重要です。一つひとりの波動は小さくても、重なり合って位相がそろえば大きな力を発揮することができるのです。さざなみを集めて大きなうねりに……【理科の部屋】はその一助になれるかもしれません。(同書P220より)

(つづく)

| | コメント (4)

【理科の部屋】30年の歩み!!(3) #理科の部屋 #30thrika #30年史 #2019年 #青春18きっぷ 

Dscn1483

▼「雲見」の旅は、私の最高の楽しみのひとつだった。
 利用するのは「青春18きっぷ」と決めていた。
 「大気の物理学実験室」の水平移動だ。列車の車窓からの「雲見」がメインの旅!!
 地上の景と「雲見」のコラボはあくまでオマケだ!!

 春の利用期間は 3/1~4/10 !! 計画をたてるだけでも楽しくなってくるのだった。


▼私にもできることを 続けてみよう。

◆【理科の部屋】30年史年表

 あくまで私の見た「30年史」である。
 私の技術・能力の限界もあり、たいへん見にくいものになっている。また「リンク切れ」の箇所もいっぱいある。
 まちがっているところもあるかも知れない。
 ゆっくりゆっくり修正・更新を繰り返していくつもりである。

【理科の部屋】25周年記念オフ 以降もっとも、自分なりによく動いたのは2019年かもしれない。
 2019年を年表にプロットしてみた。
  
▼「青春18きっぷ」をもっともよく利用したのもこの2019年だった。
 「雲見」の旅は、たくさんの「出会い」「発見」につながっていった。
 伊予松山に子規を訪ねたのも
 33年ぶりに紅花を追ったのも
 「土佐の寅彦」詣だけでなく、中谷宇吉郎を訪ねたのも
 等など

 きっぷ購入の予定をするだけでも楽しくなってくるのだった。
 

(つづく)

| | コメント (0)

【理科の部屋】30周年記念オフ 11/23(祝・木)に!! #理科の部屋 #30thrika #記念オフ 

Dscn1469

▼【理科の部屋】の創設期のwelcomeメッセージは次のようにはじまっていた。
 
*********************************************
日本の理科教育情報発信基地
【理科の部屋】へようこそ        
                                
(^o^)/ あなたもここで情報発信者に\(^o^)   

情報は、発信されるところに集まる。

あなたがノックされるところがドアです。

時空を超えて響きあい・学びあい・高めあう世界を

*********************************************
 
なんとも「なつかしい」響きすらある。
しかし、その思念は今もかわらないと思っている!!

▼その【理科の部屋】が、今年(2023)の11月23日 で30周年を迎える!!
 これまでも「10周年」「20周年」「25周年」と記念オフを実施してきた。
 今年も同様に記念オフを実施したいと思っている。
 11月と言うと、年度もちがって少し計画がたてにくいところもあるが、現段階での予定を公開しておく。

▼これまでと同様、11月23日(祝・木)を予定しています。

****************************

■【理科の部屋】30周年記念オフ

【日時】2023年11月23日(祝・木)午後~

【会場】 ナリカ(旧中村理科)
        (東京都千代田区外神田・最寄駅:JR御徒町など)
     
****************************


▼現段階ではここまでしかきまっていませんが、

 ぜひ予定に入れておいてください。

 どんな内容にするかは、これから参加されるみなさんで決めていきたいと思います。
 それが【理科の部屋】流です!!
 参加資格なんてまったくありません。
 面白そうだと思ったら ノック してください。
 創設期のwelcomeメッセージにあるとおり

 あなたがノックされるところがドアです !!

 

| | コメント (0)

【Web更新1/08】23-02 サイエンスコミュニケーター宣言等 更新!!

_dsc2693

水仙のどこから来る黄色かな 23/01/07撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】23-02
週末定例更新のお知らせ
 はやくも2023年2回目の週末定例更新のお知らせである。
 七日正月もすぎて、いよいよ2023年が本格始動しはじめる!!

 どんな「出会い」や「発見」が待っているだろう!?
 楽しみである!! かつ愉しみである!!

◆表紙画像集2023 更新 水仙・スイセン
 庭のスイセンが凜として咲いている。
 色なきこの季節にこの「黄色」はうれしい!!
 それにしてもこの「黄色」どこからやってきたのだろう!?
 どんな意味をもつのだろう!?

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 今年もやっぱり「サイエンスコミュニケーター」を名のりつづけるつもりだ。
 やや「なにもかも」の感があるが、しかし、それでいいと思っている。
 私の場合は、はじめから「サイエンスコミュニケーター」の概念があったわけではなかった。
 やりながら少しずつ、「なかみ」と「かたち」がわかってきた。
 当面、【理科の部屋】30周年の話題を中心にすすめたい。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 今月の「雲見」「俳句歳時記」についての更新をした。
 5つのWebテキスト試案の具体的検討を今年こそはぜひ進めたいものである。
 
◆オンライン「寅の日」 更新!!
 今年こそはぜひとも、「土佐の寅彦」詣を再開したい!!
 しかし、事情があって残念なことに、「かたち」をかえる必要がある。
 そのピンチをチャンスにしたいものだ。

 
 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから41週目である。
 今年の植え替えまでの方が近くなってきた。
 植え替えの時期は、3月末から4月はじめを予定している。
 はたして、どんな蓮根が!?

 _dsc2771_20230110034101

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧