【Web更新03/26】17-13 サイエンスコミュニケーター宣言 等更新!!

Dsc_9939


集まりて集まりてこそ蕗の薹 17/03/24撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-13
週末定例更新のお知らせ
 はやくも3月最後のWeb更新となった。
 2017年もこれで1/4は終わってしまう。
 年度末だ!! ゆっくり 急ごう !!

◆表紙画像集2017 更新 ふきのとう
 毎年観察している小屋のそばに「蕗の薹」が顔を出した。
 見るだけでもあの独特の「にがみ」を思い出す。ちょうど蕗の「花」として気になっていたところ、秋田の酒井浩さんにFBでたいへん興味深いことを教えてもらった。
 小さな「花」の集まりであることは知っていた。キク科であることもナットクしていた。
 しかし、それだけではなかった。「雄花」「雌花」があるという。
 蕗の薹の「その後」までしっかり観察したことはなかった。
 今年はぜひ…。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 年度末だ。
 サイエンスコミュニケーターとしての「現在地」の検証をはじめた。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 「ふりだし」にもどってのこの取り組みは年度関係なく継続する。
 
◆【大賀ハス観察日記】 更新!!
 蓮根の植え替えは「見通し」がたつまで延期する!!
 
◆オンライン「寅の日」 更新!!
 4月より6年目の取り組みがはじまる。
 オフライン「寅の日」の企画を考えていきたい。

2016年度もあと5日!!

すぎ来しみちはなつかしく ひらけくるみちはたのしい。      真壁仁 『峠』 より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新03/19】17-12 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!!

Dsc_9547


雲見旅さそうばかりのツクシかな 17/03/18撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-12
週末定例更新のお知らせ
  「春分の日」だ!!
 自然は律儀である。
 太陽からの光は<季節>をつくる。
 今も昔もかわらぬ律儀さで…。

◆表紙画像集2017 更新  ツクシ
 ツクシが川の土手に次々と顔を出してきた!!
 ツクシを見ると真っ先にあの歌を思い出す。
 「つくし誰の子 …♪」 あの前後はどうなっているのだろう?
 調べてみたことがある。
 驚いてしまった。(゜o゜)ゲッ!!

 つくし

作詞 /五十野惇、作曲 /早川史郎


(1)
つくし
だれの こ
すぎなの こ

(2)
つくし
はるです
あそぼう よ


 

以上だ!!
なんとすごい!! 言いたいことだけを単刀直入ダ!! うまい!!
 もうひとつある。生まれてはじめてYouTubeで動画をアップしたのは「胞子(つくし)のダンス」だった!!
 「胞子」たちはたくみな技をつかって自立の旅に出ていた。
 それを思うと
 「雲見」の旅に誘われている気分になる。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 「ふりだし」にもどって「暴風雨」の謎解き物語の歴史を追っている。
 わかってきたことがある。
 それは昔からアタリマエだったわけではない!!ということだ。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 あと一回で丸5年が終わる。思えば遠くまで…!?

さあ、また新しい一週間が…
ゆっくり 急ごう !!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新03/05】17-10 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!!

Dsc_8416


竹かごに溢れんばかり蓬かな 17/03/04撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-10
週末定例更新のお知らせ
 「啓蟄」が過ぎた。
 そしていよいよ「卒業式」のシーズンがやってきた。
 このシーズンになると毎年思い出す詩がある。
 真壁仁の「峠」である。 

  すぎ来しみちはなつかしく

ひらけくるみちはたのしい。
  
みちはこたえない。
  
みちはかぎりなくさそうばかりだ。
  
(真壁仁「峠」より)

◆表紙画像集2017 更新 蓬・ヨモギ
 小さな子供用の竹かごがあった。ちょっと色模様がつけてあってうれしかった。
 なんか名前がついていたような気がするが、思い出さない。
 そのかごにいっぱいヨモギを摘んでくるのが、このシーズンの私の仕事だった。
 その小さなかごでは間に合わないので、大きなかごに持ち替えて再び摘みにいったこともある。
 「よもぎ餅」をつくってもらうためである。
 
 田の畦が「ヨモギ色」に変わってきた!!

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 「ふりだし」にもどって考えている。
 やっぱり「大気の科学」は面白い!!

◆【ヒガンバナ情報2017】 更新!!
 野島高彦先生の実生への挑戦もはじまった。 今年の展開がとても楽しみだ o(^o^)o ワクワク

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 3月のテーマは、
 警鐘「天災は忘れた頃にやって来る」
 だ。
 3.11が近い!! この警鐘の意味とは!?


 あたらしい一週間はどんな一週間に?

 「みちはかぎりなくさそうばかりだ。」!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新02/26】17-09 【ヒガンバナ情報2017】 等更新!!

Dsc_7626


達陀の音それぞれの椿かな 17/02/24撮影 @福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-09
週末定例更新のお知らせ
 2月最後の更新である。
 はやくも2月が終わってしまう。
 2017年の1/6が終わるのである!!思い出そう!!
 CCS(共愉・挑戦・簡素)!!  

◆表紙画像集2017 更新  椿
 前の藪に椿が本格的に咲き始めた。
 咲き始めの椿を見てすぐさま思い出すのは 奈良二月堂の椿だ!!
 「お水取り」の花付けの椿!!
 じっとながめていると達陀の響きが聞こえてきた!!

◆【ヒガンバナ情報2017】 新設 !!
 今年はずいぶん遅れた【ヒガンバナ情報】の開設だ。
 思い起こせば19年前(1998年)の春、見よう見まねではじめてホームページなるものをつくったときにも最初につくったのはこの【ヒガンバナ情報】のページだった。
 日本ヒガンバナ学会発足からも今年は10年目!!
 今年はどんな展開があるだろう。自分でも愉しみである o(^o^)o ワクワク

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 3月オンライン「寅の日」のテーマはズバリ
 寅彦の警鐘「天災は忘れた頃にやって来る」 である。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 ちょっと暗礁にのりあげている。
 こんなときは「原点」にもどろうと思う。

● 「おもしろ自由研究 智恵の楽しい実験教室」 リンク!!
 一週間前、ファラデーラボでお世話になった上橋智恵さんHPに表紙から直接リンクさせてもらった。
 ともかく 
 凄い!!感動!!の連続。このセンスはどこから!?

さあ、ゆっくり 急ごう!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新02/19】17-08 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!!

Dsc_7071


耳元にペンペン草の鳴らしけり 17/02/17撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-08
週末定例更新のお知らせ
 近畿地方にも4年ぶりに「春一番」が吹いたという。
 だからと言って、いっきょに春がやってくるわけではない。行きつ戻りつを繰り返しながら春はやってくるのだ。
季節の変化はいつも直線的でない、螺旋的だ!!

◆表紙画像集2017 更新 ペンペン草(ナズナ)
 ペンペン草は継続観察をしていると、とても面白い植物だ。
 冬のあいだは葉は地べたにはりつくようにして暮らしている。春先になると、白いかわいい花をつけた花茎が立ち上がってくる。花が咲いた後はあの三味線のバチ(ハート型)のような果実をつける。その頃になると、花茎はまた伸びて先端に花を咲かせている。それを繰り返しながら背が高くなっていく。
 その背の高さが本格的春を教えてくれているのかもしれない。変な「ふしぎ!?」が頭に浮かんだ。
 背が高くなるスピードは、等速運動それとも加速度運動?
  ある程度背が高くなったら、果実の枝を少しだけはがして、耳元でクルクルとまわすと、あの懐かしい音がした!!やっぱりもう春だ!!

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 近畿地方に「春一番」が吹いたと言っても、当地に吹いたかどうかは定かではない。
 アメダスで確認しても、8m/sもの風は吹いていなかった。
 私は変なこだわりを持っているのではない。
 「よりローカルに!!」
 「よりリアルに!!」
 天気の変化を実感したいだけだ。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 他の人の「私の科学」に学ぶことはやっぱり愉しい!!

◆新・私の教材試論 更新!!
 教材の「整理」をすすめながら教材試論を続けていきたい。

もうすでに新たな一週間ははじまっている。
ゆっくり 急ごう!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新02/12】17-07 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!!

Dsc_6472


春寒やホシノヒトミの迷いたり 17/02/11撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-07
週末定例更新のお知らせ
 学ぶことは愉しい!! 
 知らない世界が見えてくるのだから。
 知っているツモリのことがより豊かに見えてくるのだから。
 それも 人から学ぶのがより面白い!!
 そのために ネットは きわめて有効な手段である!!

◆表紙画像集2017 更新 ホシノヒトミ(オオイヌノフグリ)
 手持ちの『日本植物方言集成』の「イヌノフグリ」の項に
 「ほしのひとみ」千葉(柏)
 と記してある。その名を教えてもらったのはもうずいぶん前だ。
 とても気に入っていた。イヌノフグリにかわりみかけるのはほとんどがオオイヌノフグリになってしまっているが、春の訪れいちはやく教えてくれる花だ。イヌノフグリとはちょっと…(^^ゞポリポリ
 それにこれは花をさしていない!!花の後にできる実をさしての命名である。
 その観察眼には感心するが、
 花はやっぱり「ホシノヒトミ」だ!!
 そのホシノヒトミが野のいたるところでヒトミを開きはじめていた。
 ところが再びの寒波で開くのを少し迷っているように私には見えた。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 恐るべし「JPCZ」(日本海寒帯気団収束帯)!!
 もうこれ以上の被害がでないことを祈るのみである。
 それでも、今日も大気は動く!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 2月のテーマは 寅彦と「道楽」 である。
 道楽的科学こそ私の理想だ。

◆新・クラウド「整理学」試論 更新!!
 「空間」の整理が必要となってきた。
 同じやるのなら愉しみながらやりたいものだ。
 
 さあ、この一週間はどんなこと学べるかな。o(^o^)o ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新02/05】17-06 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!!

Dsc_5910


紅梅の紅の空より通ゐけり 17/02/04撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-06
週末定例更新のお知らせ
 1月が終わり、2月最初の更新である。
 このごろほんとうに一週間過ぎるのをはやく感じる!!
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!
 と自分に言い聞かせてみる。

◆表紙画像集2016 更新 紅梅
 立春。東の畑の紅梅がほころびはじめた!!
 
  紅梅の紅の通へる幹ならん     高浜虛子

 という名句中の名句がある。いちどためしに枝を折って確かめたことがある。確かに枝は少し紅色が滲んでいた。さすが虛子と感心した。
 この名句の真似をしたくなった。あえて少しだけ異議を唱えて、私は「空より」としてみた!!
 春は空からやってくると…。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 あいかわらず「高層天気図」「数値予報天気図」は面白いと思っている。
 しかし、シロウトの私には難解な専門用語がならぶことも確かである。
 そんなとき思い出すが、あの井上ひさしのコトバだ。

「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでゆかいに」

 あくなき挑戦が続く。
 アリガタイことに、空では日替わりメニューで「実験」が展開されている。
 それも年中無休で…!!

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「立春の卵」から70年!!
 今年は全国でいくつくらいの卵が立っただろう? 
 今日でも明日でも立つけど…!!

さあ、あらたな一週間がはじまる。
やっぱり はやいかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新01/29】17-05 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!!

Dsc_4864


霜の朝はじまり探し歩きけり 17/01/26撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-05
週末定例更新のお知らせ
 可能なこと可能な限りやり続ける!!
 それあるのみだ!!
 2017年になって5回目の定例更新である。1月最後の更新でもある。

◆表紙画像集2017 更新 霜

 「終わり」と「はじまり」はツナガッテイルはずだ。だから続いてきたのだから…。
 霜の朝、「はじまり」をみつけたくなって歩いてみた!!

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 やっぱり予想通り雨が降った!!
 なにがどのように起こったのだろう!?
 たかだか高さ10㎞ほどの空間のなかで何が…?
 その謎解きはまだまだ続ける。
 こんな面白い謎解きはなかなかないのだから…。
 
 「みちはかぎりなくさそうばかりだ。」(『峠』より)

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 2月のテーマは 寅彦と「道楽」 だ。
 毎日が「寅の日」になるといいな。o(^o^)o ワクワク

◆新・中学校「理科」を構想する(2016年版) 更新!!
 私の「ふしぎ!?」からはじめて「卒業論文」にいたるまでの中学校3年間「理科」全課程を構想する。 
 「私の科学」の原点はここにある!!
 これまで「単元」名を入れていなかったが、それを書いた。
 その「単元」でどんな構想を描いたか、自分でもわかりやすくなった!!

 さあ1月が終わり、2月がはじまる。
 さらに ゆっくり 急ごう!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新01/22】17-04 Webテキスト『天気の変化』の可能性!?

Dsc_4472


寡黙にて着々の冬芽かな 17/01/20撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-04
週末定例更新
 気づけば1月もあと一週間あまり。なんという速さだ!!
 2017年「新年の抱負」の3つを思い出す。

(1)共愉(conviviality コンヴィヴィアリティ)

(2)挑戦(challenge チャレンジ)

(3)簡素(simple シンプル)

 名づけて「CCS作戦」だった。もう「三日坊主」になってしまったことも多々ある!!
 でも反省はしない!!
 「三日坊主」も122回繰り返せば366日(一年)だ!!
 繰り返そう!!
 何度でも!!可能なかぎり…。

◆表紙画像集2017 更新 アジサイの冬芽
 大寒の朝。
 暦通り寒かった。アジサイの冬芽も雪をかぶっていた。
 いかにも寒そうだった。裸ん坊の頂芽は葉脈もはっきりわかった!!
 裸ん坊でも寒くないのだろうか!?
 聞けばなんとここに「不凍液」を忍ばせているという!!
 なんという「智恵」!!
 冬芽はスゴイ!!植物はスゴイ!!

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 「高層天気図」「数値予報天気図」見るからにゴチャゴチャして複雑そうだ。
 でも面白そうな予感がする!!
 きっとこれとて誰にもわかる「アタリマエの科学」が重なり絡まっているだけなのだろう、というのが「私の科学」の楽観主義!!
 ひとつひとつの「アタリマエ」解き明かせば面白さ見えてくるかも知れない。
-----------------------------------------------------------------

 「高層天気図」「数値予報天気図」のルール(その2)

 いつでも どこでも
 <上がるとザアザア 下がるとカラカラ>

・700hPa(3000m)の「鉛直p速度」は「上がる」「下がる」を数値化した目安!!
 -(マイナス)は「上がる」
 +(プラス)  は「下がる」 (地球上のモノはみんな地球に引っ張られている:重力!!)

・湿数(=気温-露点)は大気の湿り度合いを示す!!
 湿数<3℃ で 雲ができる!!
 
・鉛直p速度の-領域で雲ができる!!
 <上がるとザアザア>でアタリマエ!!
 

-----------------------------------------------------------------
 さあ、ゆっくり急ごう!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 2月の計画も発表した。
 毎日「寅の日」めざして…(^^)V

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 Webテキスト『大地の動きをさぐる(ローカル版)』も射程に入れて。

ゆっくり ゆっくり急ごう!!
春遠からじ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新01/15】17-03 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等更新!!

Dsc_3375


在ることの意味問いにけり枯芙蓉 17/01/11撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】17-03
週末定例更新のお知らせ
 何年ぶりかの大雪である。いやひょっとしたら何十年ぶりかも知れない。
 各地でいろんな災害が起こっている。
 まだまだ過去形では語れない。今朝もまだ雪は降り続けているのだから…。
 たまたま長距離水平移動したときだけに、なおさらそう強く思う。
 
 わずか高さ10㎞ほどのうすいうすい「空間」を「ふしぎ!?」に思う!!

◆表紙画像集2017 更新 枯芙蓉
 夏から秋にかけて長きにわたり淡いピンクの花で楽しませて芙蓉が枯れていた。
 手入れ行き届いた庭では刈り倒すらしいが、私はそのままにしていた。
 なぜか、その踏ん切りがつかなかった。
 枯れた花には毛のようなものがたくさんみられた。
 なんだろう? 
 なぜだろう?
 青空に佇立した枯芙蓉は「このまま居てもいいですか?」と問いかけてくるようだった。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!?  更新!!
 「高層天気図」使いものになりそうだ。
 今朝、再び「高層天気図」(気象庁)をながめながら思いつきでルールをつくってみた!!

---------------------------------------------------------------
 雪と「高層天気図」のルール!! 

「雪は天から送られた手紙である。」(中谷宇吉郎)
「天」の情報は「高層天気図」にある!!

・850hPa(上空1500m)で-6℃は「雪」の目安!!
・500hPa(上空5700m)で-30℃は「雪」、-36℃以下で「大雪」だ!!
・風はビュンビュン300hPa(上空9600m)!!
 これがジェット気流だ。100m/sもめずらしくないぞ!!
---------------------------------------------------------------

このルールが使いものになるかどうかは、使ってみてからの判断だ。
ルールの更新も考えてみよう。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 150回を越えてまたあらたな一歩だ。
 歩幅は12日だ!!
 何回まで、それは私にもわからない。「みちはさそうばかり」だ。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!! 
今回の旅で最大の収穫はNaRiKaの「SCIENCE IS JUST THERE」だ。

▼大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから42週目(1日遅れ)だった。
 こんな観察池を見るのははじめてだった。
 定点ヒガンバナもすっぽり雪のなか!!
Dsc_3787
Dsc_3831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧