【理科の部屋】30年史に向けて!!(3) #30thrika

_dsc9149

_dsc9168

▼いつもの朝の散策コースにある西谷川に川霧が発生していた!!
 この季節ならではの必見の景であった。
 ところで「霧」って何!?
 水の液体それとも気体!?
 川の土手の霜は水の固体!!川を流れるのは水の液体!!
 「霧」は目に見えるから… 

 こんなアタリマエの「ふしぎ!?」をわかりやすく教えてくれている科学者がいた。
 ファラデーである!!
▼事実、1860年12月27日から翌年1月8日まで6回に分けて行なったクリスマスレクチャーの記録である『ロウソクの科学』には、ロウソクを燃やしてできる水についてもくわしくふれてくれていた。
 もちろんアタリマエの「ふしぎ!?」である水の状態変化についても!!

 今、このファラデーの『ロウソクの科学』が注目されているという。
 先日ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さんが、小学校の先生に勧められて「科学事始め」にこの著を愛読したそうである。

◆科学の入り口、易しく刺激的に ノーベル賞・吉野さん愛読「ロウソクの科学」(朝日新聞デジタル)

 ここに登場するファラデーラボのクリスマスレクチャーが今月22日(日)、ファラデーラボ六甲で実施の予定だ。

◆「ロウソクの科学」講演のご案内(ファラデーラボ六甲)

 二年前の「記録」を少しだけ残していた。でもやっぱり 生でぜひ !!
◆ファラデーラボ・クリスマスレクチャーは最高!!(1)

これは日本の理科教育史にとっても一大事だ!!
 かねてよりファラデーの「科学」に注目してきていた。中学までの理科はファラデーに尽きると思ってきた。
 これがこんなかたちで注目されるなんてうれしいかぎりだ!!
●【理科の部屋】30年史年表
 のなかにも

「・吉野彰さんノーベル化学賞を受賞する。(愛読書 ファラデーの『ロウソクの科学』が注目される!!)」

 としてプロットしておきたい。
▼「日本理科教育史・他」の項には他になにをプロットしておけばいいのだろう?
 しばし、考えてみたい!!
 もし参考になるようなサイト、ページ、参考文献などあればぜひ教えてほしい。

(つづく)
 

| | コメント (0)

【Web更新12/8】19-49 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc9006

枯草やゆく途はばみ遠回り 19/12/07撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-49
週末定例更新のお知らせ
 またしても、週のなかばにして週末定例更新のお知らせとなってしまった。
 一日一エントリーのblogの鉄則を貫けばこうなってしまう。
 ポンコツ頭はかたくなにこの鉄則にこだわるのである。(^^ゞポリポリ

◆表紙画像集2019 更新 センダングサ
 「センダングサ」にもいくつか種類があるそうだ。私はずっとこのセンダングサを「アメリカセンダングサ」とばかり思っていた。ネットの図鑑で調べていたらどうもちがうのではないかと思いだした。「コセンダングサ」かな!?
 いずれにしてもやっかい奴だ!!
 ちょっと触れるだけで、衣服に手袋にくっついてくる。今、もっともやっかいな「ひっつき虫」だ。
 散歩道に群れをなして「通せんぼう」している。
 しかたない遠回りだ!!

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「サイエンスコミュニケーター」と自らを名のり始めて9年目。
 この「サイエンスコミュニケーター宣言」のページには、少しでもサイエンスコミュニケーターとしての活動に関連しそうなことはすべてツナイデいる。今回は【理科の部屋】、ファラデーラボ関連をツナイデみた。

◆オンライン「寅の日」 更新!!

 今月のテーマは、「中谷宇吉郎に「寅彦」を読む」である。
 いま、むしょうに中谷宇吉郎を訪ねる旅にでたい気分でいる。北陸に「雪」はまだだろうか?

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 試案「アメダス」の作成にとりかかたい!!
 冬の「雲見」はいかに!? 
 冬の「雲見」の旅も!! 「みちはかぎりなくさそうばかりだ。」

◆【ヒガンバナ情報2019】 更新!!
 「自然結実」の完熟「種子」回収をどこできりあげるか?
 これがいまいちばん思案しているところだ。枯れた子房部にシワシワになってくっついているのがある程度になっている。
 もうコンクリートの床にころがり落ちていることも少なくなってきた。
 さあ、いつ ?(゜_。)?(。_゜)?

 あけても暮れても「整理」ばっかり!!
 まだまだ道は遠い。
 衝動的に列車に乗ってしまいたくなる。

| | コメント (0)

【理科の部屋】30年史に向けて!!(2) #30thrika

_dsc9047

▼「底冷え」のする朝だった!!
 しかし、蓮根の植え替えから37週目の大賀ハス観察池には氷は張っていなかった。
 この大賀ハス観察池にも長い「歴史」があった。
 「歴史」のはじまりは、2007.8.26 【理科の部屋】科学史セミナーin姫路 」にあった。
 このとき、大賀ハス保存会の阪本さんから、3粒の大賀ハスの実をおすそ分けしてもらった。
 これがすべてのはじまりだった!!

_dsc9053

_dsc9082_20191208053601

▼【理科の部屋】30年史に向けての取り組みを少しずつ続けよう。
 まずは、<【理科の部屋】の活動>に、思いつくままにプロットしていこう。
 繰りかえし言うが、これはあくまで私が関わったこと中心の極私的「歴史」である。

 「大賀ハス観察池」の「歴史」を続けよう。
 実(種子)を手に入れた翌年の2008.5.16 理科ハウスはオープンした!!
 そのオープンを祝して、私は「大賀ハス」種子入刀!!のセレモニーを行なった。
 それから10年!!たしかな歩みがあった!!
 そして、理科ハウスは今年の5.16リニューアルオープンしたのだ。
まずこれは絶対にプロットしておかねば

・2019年 5/16 理科ハウス リニューアルオープン!!

▼少し、月日をさかのぼろう。
 オンライン「寅の日」の取り組みでもあらたな展開があった。
 それも、プロットしておきたい。

・2019年 3/9 Facebook版・サイエンスカフェ「寅の日」スタート!!

・2019年 4/21 寺田寅彦記念館友の会で「 オンライン「寅の日」の取り組みを通して~今、なぜ寺田寅彦なのか!?~」を語る。

・2019年 9/19 俳句結社「寅の日」発足!! 

▼これまた長い長い取り組みである「ヒガンバナ研究」にあらたな展開があった。


・2019 10/14 Facebook版「日本ヒガンバナ学会」がスタート!!

 

 まずは、これらを【理科の部屋】30年史年表にプロットしてみよう。

 

(つづく)

 

| | コメント (0)

【理科の部屋】30年史に向けて!!(1) #30thrika

_dsc8899

_dsc8887

▼師走の朝。
 タンポポの綿毛に霜がおりていた!!
 まわりの草たちも霜のフリルをつけていた!!

 午後。
 綿毛たちは冷たい北風にのって旅に出た!!
 どこに着地しただろう。
 うまくいのちをツナグことできるだろうか!?
 自然は私が考えるよりはるかにしなやかでたくましいものなのかも!?

_dsc8948

▼2019年も残すところ25日ばかりとなってきた。
 どことなくあわただしい気分になるのが、師走!!
 そんななか少し未来のことを含めて、「歴史」のことを語ってみたい。
 【理科の部屋】満26歳の誕生日から、はや2週間近くなる。
 【理科の部屋】25周年記念オフを機につくった【理科の部屋】25年史年表を更新しておきたい気分になった。
 未来年表の意味もこめて。

◆【理科の部屋】30年史年表 

 まずは、2023年までの年表の枠だけをつくってみた。
▼あとは枠なかに、起こった「歴史」をプロットしていく作業だ。
 3つの項目枠があった。
 ひとつめが
●【理科の部屋】の活動
 今さらであるが【理科の部屋】というのは不思議なコミュニティである。
 従来の組織や団体・グループとは少しちがう。【理科の部屋】メンバーといってもはっきりしていない。
 自分がメンバーと思っている人はきっとそうなのである!!
 だから、ここで<【理科の部屋】の活動>と言っても、これはあくまで私が知る範囲のことであり、私が関わったことが中心の話デアル!!
▼次が
●日本理科教育史・他
 ここはもう少しpublicな話しである。
 とは言え、狭い視野の私のとらえた「歴史」であり、
 もっともっと広い視野にたった「日本理科教育史」が語りはじめられることを切に願うところである!!
 今こそ!!

 もうひとつが
●インターネットの歴史
 【理科の部屋】はパソコン通信の時代に出発した。
 これまでの「歴史」をみてもわかるように、【理科の部屋】はネットの進化と深く関わっていた。
 【理科の部屋】はネット世界の「不易流行」追い続けていた!! きっとこれからも!!

 さあ、少しずつ少しずつプロットをはじめよう!!

| | コメント (0)

【Web更新12/1】19-48 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc8241

土塀より溢れ出したる紅葉かな 19/11/30撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-48
週末定例更新のお知らせ
 いよいよ師走である。
 あと4回の週末定例更新で2019年52回の更新が終わる。
 「更新」と大げさに言うほどのことでもない。
 日々更新のblogをページにリンクするだけのこと!!
 表紙のページの写真を貼り替えて、一句を添えだけのこと!!
 唯一の自慢できるコンセプトは、
 「誰でもできることを、誰もやらないほどに続けること!!」

◆表紙画像集2019 更新 紅葉
 紅葉のスポットが、TV・ネットで連日紹介されている。
 もっと身近にないものだろうかと、少し歩いてみた。
 あった!!
 家から数分歩いたところにあるお寺の土塀から、「これでもか!!」と言わんばかりに、紅葉が溢れ出ていた!!
 
◆オンライン「寅の日」 更新!!
 「寅の日」三昧の一週間であった。
 「土佐の寅彦」詣で、寺田寅彦記念館友の会の人と話すたびに、まだ私の知らない「寅彦」を発見するのだった!!
 どこまでも面白い「寅彦」!!
 12月は、中谷宇吉郎の語る「寅彦先生」に耳を傾けてみよう。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 もう少し「かたち」になりはじめたら、その意義を語り始めよう。
 今は粛々と…。

 「もういくつねると…♪」
 おしりを限定されると少しあせる気にもなるが、
 やっぱり
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

| | コメント (0)

【Web更新11/24】19-47 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc7129

倉庫裏明かり点けるや花八手 19/11/23撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-47
週末定例更新のお知らせ
 週のなかば過ぎてから、週末定例更新のお知らせも変な話であるが都合でこうなってしまったのである。
 都合とは、11回目の「土佐の寅彦」詣である。
 実際の更新は旅にでかける前にしたのだった。これが11月最後の更新であった!!

◆表紙画像集2019 更新 花八手
 西の倉庫の裏に、昔からの八手の木がある。だいぶん枝を切ってこじんまりしたつもりだったが、またすぐ伸びてくるのだった。
 ふだんは忘れかけているのだが、この時期になると、パッと明かりを点したときのように明るくなる!!
 周囲一面まで!! 
 花八手だ!!
 そうすると夏の街灯に群がる虫たちのように、蠅や虻たちが一斉にやってくるのだった。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 まだまだ11回目の「土佐の寅彦」詣の旅の余韻のなかにいた!!
 それにしても、私にとって「寺田寅彦記念館友の会」の存在は大きい!!
 ここから私は実に多くを学んできた。オンライン「寅の日」をここまで継続できたのも「友の会」のおかげであるとも言える。
 深謝<(_ _)>

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 【理科の部屋】は27年目の歩みをはじめた。
 どこまでも「時空を超えて 響きあい・学びあい・高めあう世界」は面白い!!
 ホンモノの「流行」は「不易」を内包する!!
 ホンモノの「不易」は「流行」を創造する!!

 今回の更新で表紙にあらたなページをリンクした!! 
ファラデーラボの「これまで」と「これから」のすべてがわかる!!
 自然とかがくの学び舎 「ファラデーラボ」

 はや次の週末が近い!!
 もう師走だ!!
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

| | コメント (0)

【祝】本日(2019/11/23)、【理科の部屋】は満26歳に\(^O^)/

_dsc6973_20191123045201

▼「どうして、○○先生のことご存知なんですか?」
 「それは、【理科の部屋】で交流があって…」
 「えっ、【理科の部屋】って ?(゜_。)?(。_゜)?」
 「それは…」
 コトバを続けようとしてやめてしまった。先日、若い理科の先生と話をしていたときのことだ。
 あんなとき、どう答えるのがいちばんいいのかなと思いながら、あの文章を読み返してみた。

◆【理科の部屋】とは~情報は発信するところに集まる~ 

▼そう26年の前の朝も、こうしてパソコンの前にワクワク気分で座っていた。
 【理科の部屋】は、1993年11月23日に誕生した!! 
 本日(2019/11/23)は、満26歳の誕生日なんだ!!

 あの楽しかった【理科の部屋】25周年記念オフからでも、はや一年が過ぎた。
 四半世紀+1年だ!!

◆【理科の部屋】25年史年表 

の方も、+1年分を「追加」しなければ。
▼今も現在進行形の【理科の部屋】がふたつある。

●【理科の部屋】7(サイエンスフォーラム)

●Facebook版【理科の部屋】
 
 両方ともそれぞれの特徴があって面白い!!
 前者は、今年のはじめよりオープン化され会員でなくても読み書きできるようになっている。
 後者は、最近新しいメンバーが続々増えてきているようだ!!
 それは、より楽しく豊かな情報が発信されていくことツナガル!!うれしいかぎりだ!!

▼【理科の部屋】のwelcomeメッセージ
***************************************************
日本の理科教育情報発信基地
    【理科の部屋】へようこそ        

(^o^)/ あなたもここで情報発信者に\(^o^)   
情報は、発信されるところに集まる。
あなたがノックされるところがドアです。
時空を超えて響きあい・学びあい・高めあう世界を 
***************************************************
の思念は、「これから」も有効だと思っています。
「これから」どんな【理科の部屋】が誕生してくるのか?
 それが、楽しみだ。o(^o^)o ワクワク

 今度、「【理科の部屋】って!?」と聞かれたら、なんと答えようかな。
 それを考えるのも、楽しみだ。o(^o^)o ワクワク 

| | コメント (0)

【Web更新11/17】19-46 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc5693

ゴミ出しもうれしい漆紅葉かな 19/11/15撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-46
週末定例更新のお知らせ
 「更新」し続けることだけが、「生きている」証しであると、ナイロン袋のなかで385日生き続けたコウガイビルが教えてくれた。
 今年46回目の週末定例更新のお知らせである。

◆表紙画像集2019 更新 漆紅葉
 「紅葉」シリーズ第二弾は、漆紅葉!!
 ゴミ出しは私の仕事。
 ゴミ置き場は家から見える位置にある。その側の山裾が異様に明るい!!
 漆紅葉だ!!
 それをめざしてのゴミ出しまでも明るい気分になるから不思議だ。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 2011年4月から、自らを「サイエンスコミュニケーター」と名のり始めた。
 名刺の肩書きにも、そう書いてみた。
 「サイエンスコミュニケーターって何ですか?」そこから会話がはじまることに期待する面もあった。
 9年目の秋をむかえる。まだこの質問にはよう即答せんかった。(^^ゞポリポリ
 「現在地」確認のために設けた5つの座標軸で、ときどき「どこまで来たのか?」を自らに問いかけながら進みたい。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

◆【ヒガンバナ情報2019】更新!!
 「水栽培」中の「自然結実」ヒガンバナの完熟「種子」が、日々多数コンクリート土間に転がり落ちている。
 今年はいったいいくらぐらいになるのだろう!?
 これはやっぱり「異常」だ。
 「今、ヒガンバナに何が起こっているのか!?」は必然の疑問だ!!
 どこまで謎解きが進むだろう。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 11回目の「土佐の寅彦」詣が近づいてきた。
 今回はどんな学びがあるだろう!? 楽しみである o(^o^)o ワクワク 

 先週の土曜日で大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから34週目であった。
 辛うじて緑を残す葉一枚が、「生産」活動をしていた。地下の蓮根はどこまで育っているのだろう!?
 来年は花を咲かせることできるかな。

_dsc5846

| | コメント (0)

【Web更新11/10】19-45 【ヒガンバナ情報2019】 等 更新!!

_dsc4866

柿紅葉また一枚の散りにけり 19/11/09撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-45
週末定例更新のお知らせ
 「時間」は遡行しない!!
 「時間」は繰りかえすのみだ!!
 このアタリマエに人はどうして気づいたのだろう!?

◆表紙画像集2019 更新 「柿紅葉」
 「立冬」を過ぎた!!
 季節は急に加速してきたように感じる。
 前の山の柿の木の葉、観察する度にまた一枚、そしてまた一枚と落ちていく!!
 「柿紅葉」なんとすばらしい季語だ!!
 朱・紅・黄・緑の入り混じる様は最高だ!!
 
◆【ヒガンバナ情報2019】 更新!!
 【ヒガンバナ情報○○○】は、「98ヒガンバナ情報(春~初夏編)」からはじまる。
 Webに「記録」を残しはじめてからだけでも、なんと21年になる。
 その21年の歴史のなかで、かつて見たことないような「異変」が今年起こっている!!
 ヒガンバナの「自然結実」が、きわめて高頻度に起きている!!
 この「異変」の目撃者になろう!!

◆新・クラウド「整理学」試論 更新!!
 Twitterを使い始めてから、10年が過ぎた。
 100日ごとに書いてきた「Twitterはじめて、○○日目に思うこと!!」は、今読み返してみるとなかなか面白い!!
 それは、私のなかでの「SNS10年史!!」をふりかえるようだ。
 「歴史」は繰りかえす!?

 新たな一週間がはじまっている。
 毎日の月の観察、今朝からは朝の方がいいかも…。
 月はどこまでも律儀だ!!
 遡行はしない!!
 繰りかえすのみだ!!

| | コメント (0)

【Web更新11/3】19-44 【ヒガンバナ情報2019】 等 更新!!

_dsc2898

箒のごと空掃き清めん芒かな 19/11/01撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-44
週末定例更新のお知らせ
 2019年もあと2ヶ月をきってしまった。年内にどうしてもやってしまいたいことがでてきた!!
 少し忙しくなるかも知れない。
 でも、やっぱりこだわり続けたいことがある!!
 それは、小さな小さな「ふしぎ!?」だ。人には「つまらない」「ふしぎ!?」かも知れない!!
 しかし、それが今、私にとって唯一の「科学」への道!!

◆表紙画像2019 更新 芒(すすき)
 一週間で撮った写真でいちばん「お気に入り」の1枚に一句を添えて表紙とする。
 撮った写真が先行することもあるが、「これ」を詠みたくて写真を撮りまくることもある。
 そのときは、うまく撮れたつもりでも表紙してみると気に入らないこともある。今回は少しこの気配が…(^^ゞポリポリ

 線路沿いの土手の芒、例年そんなに気にならないのに妙に今年は気になる。
 11月(霜月)に入ったら、空の雲を芒が掃き清めてくれた。いっきょに青空が広がった。
 
◆【ヒガンバナ情報2019】 更新!!
 たかがヒガンバナ されどヒガンバナ!!
 まだまだ「自然結実」の「ふしぎ!?」にこだわっていた。
 と言うより、この「ふしぎ!?」については、今こそ本番である!!
 ほとんどの花茎は枯れて倒れているだろう。しかし、「自然結実」した花茎は今なお緑を残し立っている!!
 いちばんみつけやすい時期かも知れない。
 はやいところでは、膨らんだ子房部から黒く完熟した「種子」か顔を出しているかも知れない!!
 パソコン離れて野に出よう!!

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 作業は遅々として進まない。
 しかし、それは断念する理由にはならない。
 「雲見」「宇宙見物」「俳句歳時記」は究極の道楽だから、やめるということはないだろう。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 11月のテーマは「寅彦と草花・樹木」だ。
 なかなか楽しいテーマである。
 寅彦の随筆読めば、身の回りの身近な草花・樹木の観察がいっそう楽しくなるかも知れない。
 ぜひ、あなたも…。

◆「コウガイビル」を追う 更新!!
 48号コウガイビルは、二つに分かれた「頭部」も「消えて」しまった!!
 究極の「ふしぎ!?」
 ●「生命」とは何か!?
 ●生物と無生物の「さかい」はどこにあるのだろう!?
 の謎解きが進まないうちに、すべてが「消えて」しまった。
 濁った水だけがナイロン袋のなかに残っていた。

_dsc3117

_dsc3130_20191104040101

「ふしぎ!?」に尽きることはなかった!!
今週はどこまで ゆっくり ゆっくり 急ごう!! 
  
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧