【Web更新7/12】20-28 新・「自由研究」のすすめ試論 等 更新!!

_dsc1040

向日葵や曇天に立ち向かいたり 20/07/11@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-28
週末定例更新のお知らせ
 「ゆっくり行く者は遠くへ行く!!」
 どこかの国のコトワザにこんなのがあったような。
 これにたいそう気に入っていた。
 もともと「ゆっくり」タイプの人間だが、最近、ポンコツ度を増すにつれ益々 超「ゆっくり」になっている。
 「遠くへ」行けるかは別にして、今の私にぴったりの「スピード」をみつけるのが当面の課題だ!!

◆表紙画像集2020 更新 向日葵
 昨年に引き続き、家の前の超巨大な向日葵が群れ立っている!!
 梅雨空は続く!!
 向日葵は曇天に果敢に立ち向かうかのごとくだった。
 梅雨明けが待ち遠しい!!

◆ 新・「自由研究」のすすめ試論 更新!!
 「2020年・夏の「自由研究」は!?」をシリーズで続けた。
 キーワードは #オンライン自由研究 だ。
 どこまで続けるかは 気の向くままに だ !?

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 超「ゆっくり」になってきた私は、少し取り組みの間口を焦点化する必要も感じてきている(^^ゞポリポリ
 でも、やっぱり これだけは 更新し続けたい。
 ここに、これまでのすべても集約できそうな気がするのだ。

◆「クモ学」のすすめ 更新!!
 3号コガネグモはいつまで?
 今年、出会うコガネグモは どこまでいくだろう?
 梅雨が明けたら もっと 出てくることはあるだろうか?

◆「コウガイビル」を追う 更新!!
 2年連続であったコウガイビルの赤ちゃん 実生ヒガンバナの土のなかに帰してやろうと思う。
 2020/07/09 大賀ハスの葉の上を54号が這っていた。

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから15週目だった。
 本格「観察池」の方には、まだひとつも花芽が見られない。
 一方「水栽培池」には、なんと3号、4号の花芽が突出してきた。
 このぶんだと、梅雨が明けるまでに「あこがれの4日間」がやってきそうだ!!

_dsc1085

_dsc1102

| | コメント (0)

【Web更新7/5】20-27 新・「自由研究」のすすめ試論 等 更新!!

_dsc0120

紅花や高瀬の里のおもひだし 20/07/01@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20ー27
週末定例更新のお知らせ
 day by day
 week by week
 愉しむこと最優先に!!

 更新する故に我あり!!

◆表紙画像集2020 更新  最上紅花
 東の畑で最上紅花が咲き始めた!!
 それを見ていると、「あの日」のことをまざまざと思い出すのだった。
 高瀬の里の紅花は今…!? 

◆新・「自由研究」のすすめ試論 更新!!
 実に久しぶりのページ更新だ。
 今年はスルーしておこうと思ったが、やっぱりこの時期になると虫がさわぐ。
 こんな「時代」だからこその可能性をさぐってみたい!!

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 5つの試案をつくってみたが、そのままになってしまわないように、機をみてひっぱりだして使ってみたい。
 毎月の「雲見」と俳句「歳時記」は続けながら…。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 オンライン「寅の日」関連の【お薦め本】が続いている。
 私としては、とてもうれしいことである。次はどんな本が読めるかな 楽しみだ。

◆「クモ学」のすすめ 更新!!
 今年のコガネグモはまだ二匹だけだ。
 第1号はすでにどこかに「引っ越し」してしまった。次の登場を待ちたい!!

 「大賀ハス観察池」は蓮根の植え替えからはや14週目だ。
 本命の観察池の方には立葉が多く見らるようになったが、花芽はまだだ。
 「水栽培池」の方には、「あこがれの4日間」を終えた果托が2つ立っていた。
 果托はやはりふくらむ気配はない。 アタリマエ!!

_dsc0623

_dsc0628

| | コメント (0)

【Web更新6/28】20-26 【大賀ハス観察日記】等 更新!!

_dsc7926

災禍の年折り返すかな半夏生 20/06/26撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-26
週末定例更新
 まもなく2020年前半が終わる!!
 「4R作戦」の現在地をゆっくりと確認してみたい。
 そんな一週間に!!

◆表紙画像集2020 更新 半夏生
 この律儀さはどこから来るのだろう!?
 明後日が、暦の「半夏生」。
 西の庭の植物「半夏生」は、葉が白くなり始めた。緑の葉が白くなりゆくさまはなんとも美しい!!
 災禍の年も、折り返し地点まできたことを告げてくれているようだった。

◆【大賀ハス観察日記】 更新!!
 大賀ハスの蓮根を植え替えしてから13週目だった。
 そして、第1号の「あこがれの4日間」の最終日、4日目だった!!

●6:56 雨にぬれながらも開いてきた!!

_dsc8760

●11:16 用事があって、少し目を離すことになった。観察を再開したときはすでに花びら、おしべはばっさりと…

_dsc8790

●11:15 落ちた花びら、おしべは草むらに…。

_dsc8786

●13:42 花びらは一枚に。

_dsc8848

●18:16 三本のおしべを残すのみに。

_dsc8909

なんと律儀な!!
この律儀さはどこからくるのだろう!?

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 7月もテーマは引き続き「教科書に掲載された 寺田寅彦作品を読む」である。
 ほんとうに少しずつではあるが、「寅彦の作品(随筆)が、なぜ教科書に多く掲載されてきたのか?」がわかってきた気がするのだった。

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 実生ヒガンバナの「発芽・発根」はついに125個まで達した。
 「ヒガンバナに何が起こったか?」の謎解きは今からだ!!
 栗田子郎先生がおられないのが、残念でならない。悲しい!!くやしい!!

◆「クモ学」のすすめ 更新!!
 コガネグモがまだ登場しない。と言ったら、すぐさま現われた!!
 6/26のことであった。これで8年連続して、コガネグモに出会ったことになる。
 今年は何匹に出会うことができるだろう。o(^o^)o ワクワク

さあ、2020年後半に向けて
ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

| | コメント (0)

【Web更新6/21】20-25 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc5914

花蓮やあこがれの4日近くなり 20/06/20撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-25
週末定例更新のお知らせ
 昨日(2020/06/21)の部分日食の観察。
 「平面鏡」「ピンホールいろいろ」等を準備して待ったが、曇り空はついには晴れることはなかった。
 でも家族で試みたということが楽しかった!!
 一夜明けて、全国での観察の様子の「おすそ分け」画像・動画を楽しませてもらっている!!
 飽きない!! 実に面白い!!
 今日一日はゆっくり楽しませてもらおう。

◆表紙画像集2020 更新 花蓮・大賀ハス
 昨年は一度として訪れることのなかった「あこがれの4日間」。
 今年は二年ぶりに楽しめそうだ!!
 「あこがれの4日間」が訪れるのは今週中だろうか o(^o^)o ワクワク
 皮肉なことに、花芽がのびてきたのは、たいそうして蓮根の植え替えをした「大賀ハス観察池」の方ではなく、残りものの「蓮根」をほり込んだけの「水栽培池」の方からである。
 さらに驚くのは、「水栽培池」には、花芽第2号、第3号が待ち受けているということだ。

_dsc5994

_dsc6003

_dsc6015_20200622035801

_dsc6026 

◆オンライン「寅の日」更新!!
 7月のテーマも、6月につづき「教科書に掲載された 寺田寅彦作品を読む」ということでやっていきたい。
 作品(随筆)の背景を知り、より深く読み解くという作業はなかなか楽しい!!
 あらためて「発見」することも多い。

◆【ヒガンバナ情報2020】更新!!
 「発芽・発根」した実生ヒガンバナ119個の植木鉢への「引っ越し」作業は完了した。
 今週中には「発芽・発根」の再チェックを行ないたい。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 久しぶりにふだんの「宇宙見物」の話題でなく、特番「宇宙見物」=「(部分)日食」観察のことを話題とした。
 これもまた楽しいものである。

 夏至が過ぎてしまった!!
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

| | コメント (0)

【Web更新6/14】20-24 【ヒガンバナ情報2020】 等 更新!!

_dsc5493

額の花雨粒打ちて響くかな 20/06/13撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-24

 週末定例更新のお知らせ
 「地球の回転速度が急激に増してきたのか!?」
 とあろうはずのないことを考えてしまうほど、時がどんどん過ぎていく!!
 先日はじまったばかりと思っていた6月もはや半ばである。
 呪文のように唱えてみる
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

◆表紙画像集2020 更新 額の花(額紫陽花)
 雨が降り続く
 雨粒が萼である装飾花を打つ!!
 打楽器のごとく 雨音のリズムが響いてきた かと。

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 119個の「発芽・発根」した実生ヒガンバナの「引っ越し」をはじめた。
 「引っ越し」先は、植木鉢。
 そこで秋の「出葉」を待つのである。119個はなにしろ膨大な数だ、まだ「引っ越し」は完了していない。
 今度、晴れたら…

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 「Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?」のタイトルでの連載は終了する。
 今ところ5つの試案を作成した。
 この試案をもとに次なる展開は!? さあ、あらたなステージに向かって!!

 蓮根の植え替えから11週目の大賀ハス観察池。
 浮葉のあいているすき間にたくましい立葉が次々と立ちはじめた!!
 変化は急激に訪れた。
 もっとすごい変化は、「水栽培池」の方に起きていた。
 2020年花芽1号が顔を出していた。立葉をぬいていちばん高くなろうとしていた。
 「あこがれの4日間」はいつだろう? 楽しみである o(^o^)o ワクワク

_dsc5566

_dsc5571

_dsc5609

| | コメント (0)

【Web更新6/7】20-23 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等 更新!!

_dsc5110

曇天や燈明のごと花石榴 20/06/06撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-23
週末定例更新のお知らせ
 

科学の方則とは畢竟(ひっきょう)「自然の記憶の覚え書き」である。自然ほど伝統に忠実なものはないのである。

と言ったのは寅彦である。(「津浪と人間」より)
 まったくその通りであると実感することが多い!!
 こんなこと「はじめて…!!」と、「大発見」したつもりでも、何年か前の同日に同じことを「みつけて」いたというようなことがしばしばである。
 でもやっぱり自らのレセプターを錆び付かせないという意味でも、「新発見」の感動を続けるのである。
 今週はどんな「大発見」「新発見」に出会うかな!?  o(^o^)o ワクワク

◆表紙画像集2020 更新 花石榴
 白い花ばかりに惹かれてきたこのシーズン。
 花石榴の独特の朱色はなんとも新鮮で魅力的である。曇天に燈明を灯すごとくであった!!

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 Webテキストミニ試案「エマグラム~エマグラム鉄道物語~」はいったん終了する。
 試案だから、これから何度も更新するだろう。
 やっぱり「テキスタイル」という作業は面白い!!
 ついつい夢中になってしまうのである。これこそが、私にいちばんピッタリくる学びのスタイルなのかも知れない。

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 自然結実ヒガンバナ「種子」の発芽・発根は530個中ついに119個まで来てしまった!!
 この驚愕の「事実」!!「記憶」せずに徹底して「記録」しておきたい!!
 今週から植木鉢に植え替える次のステージに向かう。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 6月のテーマは、「教科書に掲載された 寺田寅彦作品を読む」である。
 読み進めるうちにわかってくるのだった。
 「なぜこの作品が教科書に掲載されたか?」が… それが面白い!!

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから10週目だ。ここへ来ていっきょに浮葉は元気づいてきたかに見える。
 はじめての「立葉」も立ちはじめたようだ。
 「水栽培」池の方は、「立葉」があふれんばかりのびてきた。
 そのうちに「花芽」はないかとさぐってみるが…!?

_dsc5320

_dsc5334

 

| | コメント (0)

【Web更新5/31】20-22 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等 更新!!

_dsc4454

葉赤く縁取りたるや白十字 20/05/30撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-22
週末定例更新のお知らせ
 夏服への更衣の季節である!!
 更衣だけでなくあらたなディメンションでの展開がはじまる!!

 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

◆表紙画像集2020 更新 白十字・ドクダミ
 ずっとずっと不思議に思い続けていることがあった。
 ドクダミの葉を縁取る「赤い枠」はなんだろう!?
 どんな意味があるのだろう? こぼれ落ちるエキスを堰き止めているのだろうか、それとも…
 その赤に注目すればするほど、白十字のやわかな白が目立つのだった。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 Webテキストミニ試案「エマグラム~エマグラム鉄道物語~」のテキスタイルの作業に入った。
 プロ仕様の専門用語でいっぱいだ。
 これらをどこまで私仕様に換えて、わかりやすくかつ面白く読み解くかが鍵だ。
 挑戦がつづく!!

◆コウガイビルを追う 更新!!
 49号・50号コウガイビルがともに産卵した。
 今年も昨年にひきつづきコウガイビルの「赤ちゃん」たちに出会うことができるだろうか!?
 「偶然」は連鎖する!!
 51号コウガイビルにも出会った。

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 実生ヒガンバナ実験、ついに発芽率は20%を突破してしまった。
 どんどん発芽・発根してくる姿を見るのはとてもうれしい!!
 それにも増してうれしいのは、実生実験法についてである。
 これまでは、大げさに「楠田式「自然結実」ヒガンバナ実生実験法」などと称して語っていた。
 もうその必要はない!!
 この方法で発芽・発根してくるのなら、意図も簡単だ。誰でもすぐ取り組める!!

 「記憶」せずに「記録」を続けよう!!

◆新・クラウド「整理学」試論 更新!!
 Twitter的はどこまで進化するだろう。
 Twitter的は、どんな「未来」を切り拓くか。それは私にもわからない!!
 書き続けてきた「Twitterはじめて○○○日目に思うこと!!」のなかにヒントがあるのかも知れない。

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから9週目だった。
 葉を水滴がころがる季節となった。それを見ていると、いくら見ていても飽きない!!
 「水栽培池」の方も同様だ。
 立ち葉の上を降った雨粒がころがる様子は、なおいっそう面白い!!

_dsc4501

_dsc4538_20200601034101

| | コメント (0)

【Web更新5/24】20-21 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc3271_20200525034801

金銀と連なりゆれる忍冬 20/05/22撮影@福崎

 

■楠田 純一の【理科の部屋】20-21
週末定例更新のお知らせ
 「却の整理学」というフレーズがとても気に入っていたことがある。
 モノゴトを「忘却」のフィルターを通して、残るモノだけを「整理」するという作戦デアル。
 「整理」ベタの私には魅惑的な「整理学」に思えたのだが…

 

◆表紙画像集2020 更新 忍冬
 前の田に水が入り その上を風が渡る!!
 その風が 山ぎわ 土手の 忍冬の花をゆらす 
 もう何年も 何年も 繰りかえす景である。
 その景を「日常」という。 なんともうれしい景である。

 

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 6月のテーマを決めていた。
 「教科書に掲載された 寺田寅彦作品を読む」である。
 なにか あらたな展開の予感がする。はたして、どんな展開が…

 

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 Webテキスト試案「高層天気図・数値予報図」がひとまずできた。
 セミパブリックな場に公開しておくことにより、これまたあらたな展開があるかも知れない。
 そんな願いを込めて…
 
◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 2020/05/21現在の暫定発芽率は103/530個=0.194 ナント 19%だ!!
 どんな作業仮説が考えられるのか。
 それがこれからの課題だ。
 秋の「出葉」に向けた植え替えの準備もすすめている。
 なにしろはじめての経験だけに…(^_^;)

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから8週目である。水面に浮き葉が占める割合が増えてきている。
 「水栽培」池の方は、立ち葉がいくつも見られる。
 はたして、今年はこのなかから「花芽」が顔をだすことがあるだろうか。

_dsc3326

_dsc3334


| | コメント (0)

【Web更新5/17】20-20【ヒガンバナ情報 2020】 等 更新!!

_dsc2573

山法師や休館つづく図書館も 20/05/17撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-20
週末定例更新のお知らせ
 暇にまかせて、いつ終わるともわからぬ作業にとりかかった。
 「自分史」をふり返る作業である。
 今さら気づくのであるあるが、「記録」にあるものは「記憶」も蘇ってくるのだが、
 「記録」のないものは忘却の彼方だ!!
 
 まずは、この一週間の「記録」を残して置こう。

◆表紙画像集2020 更新 山法師・ヤマボウシ
 ヤマボウシが私は大好きだ!!
 人生で出会ったヤマボウシの木のいくつかをすぐさまに思い出すことができる。
 瑞々しい緑の葉にやわらかな白色の総苞片!!
 またあらたなヤマボウシに出会った。

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 ずっとずっと追いかけてきたヒガンバナの「ふしぎ!?」。
 もはや迷宮入りしたと思っていた「事件」の謎がとけるときのように、事態はいっきょにドラスティクに展開しつつある。
 80個もの「種子」が発芽・発根してきた!!
 それは、まだ終わってはいない!!今週はどこまで…!?

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!

 Webテキスト試案「高層天気図・数値予報図」のテキスタイル進行中である。
 テキスタイルすること自体を愉しむというスタンスにかわりない。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

◆オンライン「寅の日」更新!!
 5月のテーマは「寅彦と学問」である。
 6月のテーマを考える時期が来ている。オンライン「寅の日」の展開方法についても、少し検討していることがある。
 「オンライン」であることの意義を問い続けたい。 

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから7週目である。
 浮葉は大きく広がってきた。
 「水栽培」池の方には「立ち葉」も出てきた。
 葉がみるみるうちに広がっていく!! 光合成は偉大ナリ!!

_dsc2641

_dsc2658

| | コメント (0)

【Web更新5/10】20-19 【ヒガンバナ情報 2020】 等 更新!!

_dsc1494

風のせて列車のゆくや花いばら 20/05/09撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-19
週末定例更新のお知らせ
 家で過ごす一週間は超のんびりのはずだった!!
 ところが、とんでもなく超多忙!!
 超ドラスティクな一週間となった!!

◆表紙画像集2020 更新  野茨 花いばら
 乗客をあまりのせない、空席ばかりが目立つ列車が通り過ぎていく。
 本来なら行楽シーズン到来で満席なんだろうが。
 列車が通り過ぎたら、線路沿いの土手の花いばらがゆるやかに ゆれた!!

◆【ヒガンバナ情報 2020】 更新!!
 22年目の【ヒガンバナ情報】はドラスティクな展開のときをむかえていた!!
 「自然結実」ヒガンバナの「種子」が次から次へと発芽・発根しはじめたのだ!!
 私が昨年の秋に採集・回収した「種子」はかぎられている。その「種子」たちが発芽・発根しはじめたということは、野では数え切れないほどの「種子」が、発芽・発根しはじめたことを意味する。
 「日本のヒガンバナは3倍体で種子では殖えない。」という定説はくずれるかも知れない。
 栗田子郎先生に報告できないのが、残念でならない。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 Webテキスト試案「高層天気図・数値予報図」のテキスタイルをはじめた。
 改訂は後ほどいくらでもやるつもりで、まずは前にすすめていこうと思う。
 テキスタイルそのものを愉しむつもりで!!

◆コウガイビルを追う 更新!!
 ついに第50号コウガイビルに出会った。
 コウガイビルが活発に行動開始のシーズンがきているのだろう。
 昨年、卵・赤ちゃんコウガイビルに出会ったのもこの季節だったことを思い出す。
 今年はどうだろう!?

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから6週目だった。
 浮葉に水滴が丸くなりころがっていた。「水栽培」池の方も、浮葉が目立ってきた!! 

_dsc1526

_dsc1544

| | コメント (0)

より以前の記事一覧