【Web更新9/20】20-38 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc7149

彼岸には間に合いにけり曼珠沙華 20/09/19撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-38
週末定例更新のお知らせ
 「暑さ寒さも彼岸まで」はやっぱり正しかった!!
 このアタリマエを「科学」と見るかどうかで、人の「科学観」は二分されるような気がする。
 明日はお彼岸の中日(=秋分の日)だ。

◆表紙画像集2020 更新 ヒガンバナ・曼珠沙華
 ヒガンバナは彼岸を忘れてはいなかった。
 なんという律儀さだ。 お見事!!
 しかし、遅れていることは確かである。
 私がもっとも興味を持っているのはこの後の展開にある。
 この「遅れ」は、昨年のような「自然結実」の異変をもたらすのだろうか!?

◆オンライン「寅の日」更新!!
 第1回オンライン句会「寅の日」は、選句期間に入っている。
 25日までである。その後、結果発表がある。
 一ヶ月をかけての句会、初心者には時間的余裕があるからアリガタイ!!
 今週中には、第2回オンライン句会「寅の日」10月例会 を提案したいものだ。

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 遅れているのは全国的なことなんだろうか?
 今、全国のヒガンバナ名所はどうなっているだろう。
 あの巾着田は!?
 まずは存分に秋の風物誌を楽しもう。
 その後は、長年取り組んで来たヒガンバナの「ふしぎ!?」の謎解きだ!!
 再び「自然結実」の異変は起こるのか!?

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「日本理科教育史」をプロットする!! とぎれとぎれになるが、歩みはとめない。
 プロットはつづける。
 プロットをつなぐ作業はいつでもできる。
 まずはプロットを…!!

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから25週目だった。
 まだ一年の半分にも達していない。
 はや葉は少し黄色味を帯びてきた。
 どこまで蓮根は太ってきただろう。今、泥のなかを見てみたい気分だ。 

_dsc7329

| | コメント (0)

【Web更新9/13】20-37 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc6074

18きっぷ期限すぎるや蓼の花 20/09/11撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-37
週末定例更新のお知らせ
 私は今なお「袋ファイル」を使い続けている。
 使い始めてもう30年である。その数だけは膨大なものになる。
 その都度メンテナンスが必要!! と思いながらも今日まできてしまった(^_^;)
 「整理」は遠大なるテーマである。
 断捨離を楽しむ!! 今となってはそれしかない。

◆表紙画像集2020 更新 蓼の花
 大きくなった蓼の花が秋風にゆれていた。
 夏休みの楽しみの定番となっていた「青春18きっぷ」の旅。
 今年は購入すらしなかった。(^_^;)
 いつになったら、再開できるだろう。
 今度はどこに行こうかな!?

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「日本理科教育史」をプロットする!! 思いつくまま気ままにプロットをつづけている。
 プロットした点がもう少し増えてきたら、なにかの輪郭が見えてくるかも知れない。
 それを楽しみに、まだまだプロットをつづけてみよう。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 第1回オンライン句会「寅の日」展開中である。
 やりはじめてみると、思っていた以上に面白い!!
 ひょっとしたら、初心者にはリアル句会よりもオンライン句会の方が面白いのかも知れない と思いはじめている。
 まもなく投句期間が終了する。

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから24週目だ。
 枯れ始める葉もでてきた。考えてみると来年春の蓮根の植え替えまで この後の方が長い!!
 この後は、もっとも身近な「ビオトープ」、そして 初霜・初氷の「観察池」となる。
 どんな展開がみられるだろう。 o(^o^)o ワクワク

_dsc6219

| | コメント (0)

【Web更新9/6】20-36 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc5515

数珠玉や上り列車の数かぞえ 20/09/05撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-36
週末定例更新のお知らせ
 台風情報が気になる朝だ。
 「白露」である。
 この時期になるともうひとつ気になるものがあった。
 ヒガンバナである。
 さあ、今週中には花芽の「初見」はあるだろうか!?

◆表紙画像集 2020 更新 数珠玉
 数珠玉が次々と色づきはじめた。
 それこそ数珠つなぎに連なり順番まちだ!!
 土手の上を播但線の列車が通り過ぎた。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「日本理科教育史」をプロットする!! 新シリーズの連載がつづいている。
 「現代理科教材発展史」は、個人の力量ではかぎられたものしかプロットできない。
 またちがった視点に立ち、今や定番となった教材(実験)の発展史が語られたら面白いだろうな。
 ルーツを知ることは、「これから」を語るのにきわめて有効!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 待望のオンライン句会「寅の日」は、第一回目開催中である。
 今は投句期間中である。
 オンライン句会!! ゆっくり自分ペースで句会に参加できるから、想像していた以上に面白い!!

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 また毎月の「雲見」と俳句歳時記だけの更新にもどってしまった。
 機会あれば、5つの試案をひっぱりだしてきて、再検討してみたいものだ。
 
 大賀ハス観察池、蓮根の植え替えから23週目である。
 ますます葉は盛り上がり、ジャングル状態だ。
 蓮根がますます太ってきているだろうと想像するとうれしい。 来年こそ!!

_dsc5605

 

| | コメント (0)

【Web更新8/30】20-35 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc4954

朝顔や毎朝かぞへまたひとつ 20/08/29撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-35
週末定例更新のお知らせ
 Festina Lente !
 (ゆっくり急げ)
 相矛盾する行動指針2つを結びつけたみごとな名言(格言)である。
 先月末に亡くなられた外山滋比古さんの著書『ゆっくり急ぐ』(外山滋比古著 毎日新聞 2010.11.25)で知った。
 8月が終わる!!
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

◆表紙画像集2020 更新 朝顔
 これで終りか!?
 と思っても、翌朝にはまたひとつ と咲きはじめる朝顔!!
 やっぱり 秋の季語が正解なのかな。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 またしても大風呂敷の変なシリーズをはじめてしまった。(^^ゞポリポリ
 「日本理科教育史」をプロットする!!
 である。試行錯誤を繰りかえしながら自分の歩んできた道をプロットする。
 記憶せずに「記録」する。
 自分で飽きたらすぐやめる。それを決めておいてはじめる。
 時空を飛び越えて、どこにプロットするかわからない。
 プロットした地点から見えた景についても「記録」しておきたい。
 さて、どこまでつづくやら…!?

◆オンライン「寅の日」更新!!

 ついに念願のオンライン句会「寅の日」がはじまった!!
 我らが師・「寅日子」先生はなんとおっしゃるだろう。
 エールをおくってくださるかな。

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから22週目だ。
 立葉はまわり草もまきこんで、猛々しいまでに生長していた。
 今からでも花芽が出てくることはないのだろうか!?

_dsc5058
 

| | コメント (0)

【Web更新8/23】20-34 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc4111

新涼や仙人草の白冠し 20/08/22撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-34
週末定例更新のお知らせ
 断捨離!!
 何度心に決め、口にもしたことか。
 でもしばらくするとモトノモクアミ!!
 これぞまさに私にとっての「シーシュポスの神話」だ。

◆表紙画像2020 更新 仙人草
 そこかしこの草むらを、山ぎわを 白い仙人草が覆い始めた。
 それは、まるであたらしい白い冠をかぶったように見える。
 猛暑が続いても 季節は前へ進むのだった!!

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 久しぶりに、サイエンスコミュニケーターとしての「現在地」を検証してみた。
 この作業のちょっとまずいところがある。
 「現在地」を確かめること自体が目的になってしまい。
 そこで満足してしまい、次なる作業にツナガラナイことだ!!
 さあ、今度こそ…!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 オンライン句会はすでにはじまっている。
 今週は参加をよびかけることに力をいれたい。
 まずは自分自身が愉しんでしまうことがいちばんなんだろう。

  大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから21週目だ!!
 ここへ来て、実際に土の入れ替えから行なった大賀方式の「観察池」とただ単に蓮根をほり込んだだけの「水栽培池」の差は歴然としてきた!!皮肉なことに2回の「あこがれの4日間」は「水栽培池」に訪れたのみだった。
 来年はどうすればいいのだろう。 ?(゜_。)?(。_゜)?

_dsc4127

_dsc4148_20200824035101

| | コメント (0)

【Web更新8/16】20-33 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc3640

草むらの覇者吠えにけり葛の花 20/08/15撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-33
週末定例更新のお知らせ
 連日の猛暑!!
 まだまだ続きそうというからたまらない。
 楽しみな一週間のはじまりでもある。
 あらたな展開のはじまりは、いつでも o(^o^)o ワクワクドキドキ

◆表紙画像集2020 更新 葛の花
 昔、「植物の世界」のテキストをつくったことがある。
 そのとき、つる植物のみごとな「戦略」に驚いた!!
 他の植物にからまりつき、少しでも高くなり「光とり競争」の覇者となっていた。
 「もっと光を!!」と絶叫するかのごとき姿は感動ものだった。
 「葛粉工場」を訪問したのはいつだったかな!?

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 オンライン句会「寅の日」が、いよいよはじまる!!
 リアル句会を一度も経験したことない私がはじめる。
 師事するのは寺田寅彦!! はたしてどんな展開になるのやら!?
 軌道修正は前に進みながら、やっていきたい。

 大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから20週目だ。
 立葉は猛々しいまでに成長してきた。一方の水栽培池の立葉は少し枯れ始めた感がある。
 ここに来て、やっと正規の観察池との差が出てきた。
 来年は、水栽培池も大きな容器でやってみたいものだ。

_dsc3702 

_dsc3716

| | コメント (0)

【Web更新8/9】20-32 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc3064

今朝もまたなほあらたなる芙蓉かな 20/08/07撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-32
週末定例更新のお知らせ
 久しぶりに持病「ばっかり病」発症をしている!!
 この度の「ばっかり病」は、これまでのものとやや異質で異次元のものとも見える。(私のなかではけっこうツナガッテイルが!!)
 「句会」ばっかり病である。
 はたしてこのあとどのように推移するだろう!?

◆表紙画像集2020 更新 芙蓉
 「酔芙蓉」とは、うまく言ったものだ。
 朝は白っぽくても夕方になれば酔っ払ったように赤くなり萎んでいく。
 なんかこんなみごとな花がモッタイナイ!!
 と思うが、心配することはない。
 次の日の朝には、前日を上回る数の花が咲き昇っていく!!

◆オンライン「寅の日」更新!!
 オンライン句会「寅の日」ばっかり病!!
 「ゆっくり急ぐ」を教えてくれた外山滋比古さんが亡くなった。
 そう言えば外山滋比古さんには『省略の文学』というのもあったような。
 いかん!!
 このばっかり病はいろんなところに派生していきそうだ。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

 大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから19週目である。
 立ち葉は「たくましい」までに成長してきた。しかし、いっこうに「花芽」は見えない!!
 ここ2年連続だ。
 なにがマズイのだろう!?抜本的に「栽培法」を考えなおす必要があるのかも知れない。

_dsc3152
 


 

| | コメント (0)

【Web更新8/2】20-31 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc2528

道草の友も古希かな灸花 20/07/30撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-31
週末定例更新のお知らせ
 長かった梅雨が明けた!!
 例年なら夏休み真っ盛りの頃、ところがまたしてもちょっと状況が変化してきた。
 状況の変化に対応して、どこまでフレキシブルな動きをとれるかが問われているのかも。

◆表紙画像集2020 更新 灸花 ヘクソカズラ
 またそこかしこに灸花が見られる季節となった。
 「灸」(やいと)なんて、もう死語なのかも (・_・)......ン?
 道草の友が、手の甲につばつけた灸花のせて フウフウ していたのを昨日のように思い出す。
 あの友は 今 !?

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 「オンライン句会への道」をシリーズで書き綴って来た。
 いよいよ より具体的な
 「オンライン句会「寅の日」をはじめよう!!」のシリーズに入っていく。
 どんな展開になっていくのか 私にもわからない o(^o^)o ワクワク

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 「雲見」と「俳句歳時記」だけの更新にもどってしまった。
 変則的ではあるが、夏休みだ!!
 5つのWebテキスト試案にあらたな動きがあるのか!?

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから18週目だ。
 立葉のジャングルだ。悲しいかな花芽はまだひとつとしてみられない。
 来年度の「蓮根の植え替え」方法、抜本的に考えなおす必要があるのかも知れない。
 水栽培池についても同様である。枯れてしまった花芽があわれだ!!

_dsc2802

_dsc2814


| | コメント (0)

【Web更新7/26】20-30 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc2105

リコリスの一番のりや夏水仙 20/07/22撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-30
週末定例更新のお知らせ
 なんとはや7月最後の週末定例更新のお知らせとなる!!
 よく目の着くところに
 「2020年 7月目標 徹底整理 !!」と貼り紙がしてあった。
 「7月」のところ「8月」に書き換えよう!!

◆表紙画像2020 更新 夏水仙 ナツズイセン
 なにも見られなかった地面から花茎がスルスルと伸びてきたかと思ったらみごとな花を咲かせた!!
 リコリスの仲間の季節が今年もやってきた。
 まずは一番乗りのナツズイセンだ!!

◆オンライン「寅の日」更新!!
 オンライン句会「寅の日」の実現をめざして歩みを加速している。
 「夏雲システム」を使わせてもらってのスタートは今週中にも可能だろう。
 久しぶりの「走りながら考える!!」あのワクワク感 o(^o^)o ワクワクドキドキ

◆「クモ学」のすすめ 更新!!
 今年のコガネグモは3号どまりだ。
 しかし、なげく必要はなさそうだ。
 3号コガネグモはながくながく同じ場所にいてくれて、「食事」「隠れ帯」「ネットの張り替え」等々を見せてくれている。
 アリガタイ!!

 大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから17週目だ。
 観察池には、まだひとつも「花芽」は見られなかった。どうして ?(゜_。)?(。_゜)?
 「水栽培池」の方のせっかくの「花芽」うっかり水を切らし、残念な最期となってしまった。 

_dsc2394

_dsc2399_20200727041601

 

 

 

 

| | コメント (0)

【Web更新7/19】20-29 新・「自由研究」のすすめ試論 等 更新!!

_dsc1767

藪枯らし花はお伽の入口かな 20/07/18撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-29
週末定例更新のお知らせ
 例年なら夏休みに突入!! という時期だ。
 今年ばかりは、いろいろ変則的なことが起きているのだろう。
 それらにフレキシブルに対応できない自分を感じてしまう。(^^ゞポリポリ

◆表紙画像集2020 更新 藪枯らし
 今、いちばん野で目立つ花は、私にはヤブガラシだ!!
 なんともかわいい魅力的な花だ!!
 オレンジ色の花托(テーブル)には蜜がいっぱいなのだろうか。さっそくアリたちが食卓についていた。
 やがてピンクの燭台のように色が変化する。思わず足を止め魅入ってしまうのである。
 そこは、まるでお伽の国の入口のようだ!! 

◆新・「自由研究」のすすめ試論 更新!!
 2020年・夏の「自由研究」は!?
 を特別バージョンで連載してみた。たとえ変則的な事態であってもやはりいきつくところは同じだった。
 2020年の夏だからこそ生まれる「自由研究」にめぐりあいたいものだ!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 直接的にはオンライン「寅の日」に関係しなくても、関連しそうな話題が多くなってきている。
 どうやら、ここが私のすべてのプラットフォームになりつつあるようだ。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 あまり人に会わないから、自らを「サイエンスコミュニケーター」と名のる機会も少なくなっている。
 少しさみしいことだ。
 今度、そう名のるのはいつだろう!?

◆「クモ学」のすすめ 更新!!
 3号コガネグモより号数が増えていかない。
 今年は、ここまでなんだろうか。それにしても3号はしっかりねばってくれている。アリガタイ!!

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 実生ヒガンバナの「発芽・発根」率はついに130/530→24.5%にまでなった。
 「日本のヒガンバナに何が起こったか!?」その謎解きはまだまだ続く。

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから16週目である。
 「観察池」の方は、立葉はジャングルのようになってきた。しかし、花芽はひとつとして…(/_;)
 「水栽培池」の方、せっかく第三、第四の花芽が顔をだしたのにうっかり水をきらしてしまった。
  起死回生は可能か!?
 再び「あこがれの4日間」はやってくるだろうか。

_dsc1815

_dsc1829

  

| | コメント (0)

より以前の記事一覧