【Web更新4/20】19-16 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc6564

満天星の花灯りつけ空舞うや 19/04/18撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-16
週末定例更新のお知らせ
 ずいぶん遅れた週末定例更新のお知らせとなってしまった。週もなかば過ぎてからのものとなったが、それでもやっぱり2週間分まとめてとはしたくなかった。
 これはまったくの偶然であるが、本日(2019/04/25)は、私のホームページ記念日である。
 今から21年前の今日、つまり1998/04/25(土)に私のこの拙いホームページはスタートした。【理科の部屋】ですでにホームページを立ちあげていた多くの友人たちに手取り足取り教えてもらいながらはじめたのだった。ホームページの名前も、大枠のデザインも当時とまったく変えていない。
 21年間の歩みのすべてがここにあるとも言える。

◆表紙画像集2019 更新 満天星(ドウダンツツジ)
 満天星の花が目立つ季節だ。
 青空バックに下から見上げていると、ランタン(天燈)のように空を舞うかと見えた。
 寺田寅彦記念館の庭の満天星の花もみごとであった!!今年の晩秋に訪れるときはどうなっているだろう楽しみである。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 オンライン「寅の日」7年の歩みを発表させてもらう機会があった。
 にわかファンが、寅彦をこよなく愛する「友の会」メンバーを前に話をするということでとても緊張した。しかし、終わってしまえばとても貴重な機会を与えてくださったと感謝している。深謝 <(_ _)>
 さあ!!可能な限りオンライン「寅の日」を続けよう!!

◆「コウガイビル」を追う!!
 41号コウガイビルはエサなしで2ヶ月を越えても生き続けている。
 「再生」を繰り返しながら。
  貴奴等の大の苦手の夏がまもなくやってくる。42号との出会いはあるだろうか!?

さあ、22年目に向けて
ゆっくり ゆっくり 急ごう!!


| | コメント (0)

【Web更新4/14】19-15 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc6150

友来たり熱く語るや竹の秋 19/04/13撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-15
週末定例更新のお知らせ
 新年度に入ってはや半月だ!!
 あの峠(真壁仁)の一節が頭をよぎった。
 「みちはこたえない。 みちはかぎりなくさそうばかりだ。」

◆表紙画像集2019 更新  竹の秋
 いつか使ってみたい季語というのがある。この「竹の秋」もそのひとつだった!!
 古の人の観察眼を象徴するような季語だ。筍が顔を出すようになると、栄養はそちらに吸い取られ親竹は枯れ始める。
 それはまるで「秋」のようだ!!
 ダカラ「竹の秋」!!おみごと!!
 家の前の竹藪はまさに今、その季節だった。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 自らを「サイエンスコミュニケーター」と名のり始めて9年目である。
 名のってはみたもののどこか違和感があった。ホンモノの「サイエンスコミュニケーター」を求めて彷徨がはじまった。
 そのなかで、ひとつの結論に達した。
 「サイエンスコミュニケーションの最前線は現場の理科の授業である!!」
 「すべての理科教師は、最前線のサイエンスコミュニケーターである!!」
 なんとも自分にとって都合のいい強引な結論であった。でも、これは真実であると今も確信している。
 「私の「ふしぎ!?」」「立春の卵」「コウガイビル」「雲見」「マッチ」「タンポポ」と手前味噌のネタばかりを使っての「授業びらき」を構想するという試みをやってみた。「授業」は構想するだけでもやっぱり面白い!!
 今年度は、いくつかの「単元」で挑戦してみたい!!

◆オンライン「寅の日」更新!!
 こちらも8年目の取り組みをはじめた。今年はよりパブリックの場での展開をめざしたい。
 サイエンスカフェ「寅の日」での展開はそのひとつである。

 さあ4月後半にはいる。
 ゆっくり 急ごう!! 10連休まで。


| | コメント (0)

【Web更新4/7】19-14 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc5382

ランドセルひとつ加わりすみれ哉 19/04/06撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-14
週末定例更新のお知らせ
 2019年度がスタートして一週間!!
 2019年度はじめての週末定例更新である。新年度・新学期というのはいくら年をとっても身が引き締まる思いだ。

◆表紙画像集2019 更新 菫(すみれ)
 漱石先生の俳句に
 「菫程な小さき人に生れたし 漱石」
 というのがある。なぜかとても気に入っている。
 とりわけ今年は、まだ「愚陀佛庵」の余韻が残っているからなおさらである。
 通学路の小さき菫を見て、詠んでみたくなった。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「サイエンスコミュニケーター宣言」をはじめてはや9年目になる。
 いつでも自分で「現在地」を確認するために、5つの座標軸を設けていた。
 そのひとつに
 (3) 中学校「理科」カリキュラム全課程実践的検討!!
 というのがある。2019年度は、ひとつこの座標軸にこだわってみようと思う。
 とは言ってみても、きわめて気まぐれな取り組みになると思うが…。いくつかの「単元」を取り上げて「授業」の構想を考えみたい。
 まずはその手始めに「2019年版・授業びらきを構想する」を少し続けてみた。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 前の「授業」の構想と関連して、今年度はぜひともWebテキスト『天気の変化』をもう少し「かたち」あるものとしたい。

さあ、2019年度も ゆっくり ゆっくり 急ごう!!
 

| | コメント (0)

【Web更新3/31】19-13 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc4868

ひらひらと連なり渡る連翹哉 19/03/28撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】19-13

週末定例更新のお知らせ
 新年度がはじまった!!旧年度最後の週末定例更新のお知らせである。
 すべてがシームレスにツナガッテイルのにちがった景に見えてくるから不思議だ!!

◆表紙画像集2019 更新 連翹
 あれよあれよと言うまに、真っ黄色の明るい世界になってしまった。
縦横に伸びる枝を真っ黄色の蝶がひらひらと連なり綱渡りをするかのように私には見えた。

◆オンライン「寅の日」 更新!!

 俳句結社「寅の日」への道 を連載中である。
 まだまだ方向も定まらぬシロウトの戯れ言である。しかし、本人はいたって真剣!!

◆【大賀ハス観察日記】 更新!!
 2019年度・大賀ハス観察池の蓮根の植え替えをした。
 なんと12年目の観察が始まっているのだ!!
12年目!!その時間の長さに自分でも驚いてしまう。
 今年はいくつの「あこがれの4日間」に出会うことができるだろう!?
 楽しみである。

さあ、ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

 

 

| | コメント (0)

【Web更新3/24】19-12 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc3974


通学路こぼれ落つかな小米花 19/03/23撮影@福崎



週末定例更新のお知らせ

 まだ「子規を訪ねて」の旅の余韻なかにいた。

 なぜそこまでシロウトがこだわるのか!?自分でも不思議な気がする。

 ここに何かの必然を感じる。それは… ?(゜_。)?(。_゜)?

◆表紙画像集2019 更新 雪柳・小米花・小米雪
 今はどこもかしこも雪柳でいっぱいだ。雪柳とはうまく言ったものだと思っていた。
 今度は歳時記を見ていたら、「小米花」というのも出ていた!!
 なぜか、私にその白さは 「小米」というのがピッタリときた。
 今週の一句の動機は実に単純、「小米花」を使ってみたかったことにつきる!!
 まもなくオンライン「寅の日」7年の歩みが終わる。
 同じようなことを繰り返して言うが、7年間も欠かすことなく継続してきたことに自分でも驚いてしまう!!
 それはとりもなおさず、
 「今、寺田寅彦が面白い!!」ということを意味する。
 8年目の展開が楽しみだ。
 2月に家の庭をはっていた41号コウガイビルくん。
 今度は、はたして何を教えてくれるのだろう!? これまた楽しみだ o(^o^)o ワクワク
 blogの書き込む方法がメンテナンス後少し変わったが、だいぶ慣れてきた。
 アリガタイ!!
 さあ、ゆっくり  ゆっくり 急ごう。

| | コメント (0)

【Web更新3/17】19-11 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc3603
ふくふくやふきまんぶくのふくらみて  19/03/15撮影@福崎
週末定例更新のお知らせ
 一大事件だ!!
 ここ何年間で、こんなことは一度もなかったはず!!
 1blog/日 更新をずっと続けている私にとって、二日もそれを怠ってしまうとは…。
 「ココログのリニュアル・メンテナンス」だった。
 それと、私の旅とが重なってしまったのだ。


 メンテナンスが思っていた以上に長引いた。一応の対策は立ててはいたが、旅先での更新はかなわなかった(^^ゞポリポリ

 実に遅れてしまった「週末定例更新」お知らせだが、あらたな書き込みの練習としてあげる。

◆表紙画像集2019 更新 ふきまんぶく(蕗のとう)
 ちょっと古い話だが、『ふきまんぶく』という大のお気に入り絵本があった。
 文と絵は、田島征三さんだ。
 あの表紙の文字も絵も大好きだった。あまり気に入ったので「学級文庫」としておいていた。
 生徒たちも気に入ったのか、本はポロポロになっていた。
 でもながくとっておいた。どこだったのか数日さがしつづけた。やっとあった。
 最初のページにこう書いてあった。
 この絵本の舞台になっている東京都西多摩郡日の出村では、蕗のとうのことを「ふきまんぶく」とよんでいる。「まんぶく」というのはまんじゅうのことである。蕗のとうは、ふっとらとまるくて、まんじゅうみたいだからである。 田島征三


 私は、この絵本に出会ってから蕗のとうを「ふきまんぶく」とよぶようになっていた。

 その「ふきまんぶく」が… 

 俳句結社「寅の日」への道 とい新シリーズをはじめた。
 この度の旅も、実はそれと大いに関係していた。
 これは後ほど詳しく報告したい。更新がうまくできれば…(^^)V
 「サイエンスコミュニケーター宣言」というちょっと変なタイトルの記事を書き始めてから、もうすぐ8年が終わる。
 可能な限りまだまだ続けるつもりである。


さてこれでうまく更新できただろうか。

当分「試行錯誤」がつづくのだろうか!?

| | コメント (0)

【Web更新3/10】19-10 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc3158


幾万の土筆行列走りかな 19/03/09撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】19-10
週末定例更新のお知らせ
 週も半ば過ぎてからの「週末定例更新」のお知らせである。
 「そんなことなら、2週間まとめての更新ではいいではないか。」と言われてしまいそうだが、
 それは違う!!
 Web週末定例更新/週、blog/日は絶対にゆずれない私の鉄則だ!!
 これによって「くらし」にリズムをつくろうとしているのだった。

◆表紙画像集2019 更新  「土筆」
 つくしの胞子のダンス を顕微鏡観察してYouTubeにあげたことがある。
 その「からくり」に感動した。粗製乱造こそ唯一の「戦略」としているんだろうと思っていたら、大きな勘違いだった。自然のいのちの営みには、まだまだ私の知らない感動と不思議あった!!
 そのつくしが今年も、川の土手に幾千万の行列をつくることだろう。
 その「走り」と思われる一本がこの日顔を出してきた。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 サイエンスカフェ「寅の日」!!
 まだ提案する本人も具体的なイメージに到達していなかった。
 
 オンライン「寅の日」連動するコミュニティ!!
 いろいろ思案ばかりを繰り返すよりはじめてしまおう。ということではじめてしまった。

 ●ついに登場!!オンライン「寅の日」コミュニティ スタート!!(2019/03/10)
   Facebook版・サイエンスカフェ「寅の日」

 ぜひ、ぜひご一緒に…!!

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!! 自らを「サイエンスコミュニケーター」と名のり始めて8年が終わろうとしている。
 先日、ファラデーラボで楽しませてもらった「共愉の科学」の反芻しながら、「これから」をいろいろ考えている。
 私にとっての「科学」とは!?
 サイエンスコミュニケーターとは!?

 次の更新まで日は少ない。
 しかし、セレンディピティは突然やってくるもの!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新3/3】19-09 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc2744


茨の芽上り列車のゆらしけり 19/03/01撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】19-09
週末定例更新のお知らせ
 「春に三日の晴れなし」とはうまくいったものだ!!
 これなら使える。使いモノになる!!
 いや、それとなくアタリマエに使っている。
 こんなものを「常民の科学」と呼びたかったにちがいない!!

◆表紙画像集2019 更新 野茨の若芽
 家から数十メートル先の野茨の若芽が気になっていた。
 新鮮な緑と根元の赤のコントラストがみごとだった!!
 思わず魅入ってしまってカメラを向けていた。
 そこへ上り列車が通り過ぎていった。
 「青春18きっぷ」はもう解禁だ!!

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 8ヶ月ぶりの5つの座標軸を使っての「現在地」確認の作業がすんだ。
 浮かび上がってくる「これから」があった。
 思わず 真壁仁 「峠」 だった。

 すぎ来しみちはなつかしく
 ひらけくるみちはたのしい。
 みちはこたえない。
 みちはかぎりなくさそうばかりだ。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 ここにも明確になった課題があった。
 テキスト試案をWeb化して「かたち」にすることだ。
 可視化してこそ、次なる「これから」が見えてくるはず…。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 オンライン「寅の日」7年の歩みのふりかえりから生まれた「これから」!!
 すべての取り組みを集約し焦点化した企画!!
 サイエンスカフェ「寅の日」の企画こそが「これから」を語りはじめるのだろう。
 しばし、実現に向けた作業を検討してみる。

 この雨はいつやむのだろう!?
 やんだら何からはじめようかな。o(^o^)o ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新2/24】19-08 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc2007


修二会の花付け待ちて椿哉 19/02/22撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】19-08
週末定例更新のお知らせ
 もうすぐ2019年2月が終わるんだ。口のなかで4つのCを唱えてみる。

(1)継続(continue コンティニュー)

(2)挑戦(challenge チャレンジ)

(3)創造(creative クリエイティブ)

(4)共愉(convivial コンヴィヴィアル)

◆表紙画像集2019 更新 椿
 「椿」というとすぐさま連想するふたつの椿があった。
 ひとつは
 「落ちざまに虻を伏せたる椿かな 漱石」である。寅彦も気になってしかたなかった椿だ。
 もうひとつは
 「二月堂修二会(お水取り)の椿の造花」である。韃靼の翌朝、二月堂で見たその椿が忘れられない。
 造花の椿の花付けは2月27日のはずだ。
 もうその準備はでき、それを待つだけなんだろう。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 一ヶ月かけて、8年目オンライン「寅の日」の展望をしてみよう。
 3月テーマは「寅彦と警鐘「天災は忘れられたる頃来る」」である

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 5つの座標軸で、私の「現在地」を今一度検証してみる。

◆【ヒガンバナ情報2019】 更新!!
 まだまだ先の長い私のヒガンバナ研究である。あらたな参考文献ができたのはうれしい。
 いつか直接お話を聞いてみたいな。

◆コウガイビルを追う 更新!!   41号コウガイビルとの出会いは何をもたらしてくれるだろう。
 「エサなしで生きのびる」新記録は生まれるだろうか!?

 さあ、2月最後の一週間がはじまる。
 3月の準備をはじめよう。まずは… o(^o^)o ワクワク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Web更新2/17】19-07 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc1588


ホシノヒトミ足元に小宇宙かな 19/02/16撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】19-07
週末定例更新のお知らせ
 「雨水」も過ぎた!!
 なんとも律儀に時は過ぎていくことか。
 はやくも今年になって7回目のWeb更新だ。

◆表紙画像集2019 更新  ホシノヒトミ(オオイヌノフグリ・イヌノフグリ)
 『日本植物方言集成』(八坂書房)によれば、「イヌノフグリ」のことを千葉(柏)では、「ほしのひとみ」と呼んでいたらしい。なんともスバラシイネーミングである!!
 「イヌノフグリ」などよりも、その花のようすを表現したものだ。そもそも「イヌノフグリ」とは花の後の実のことを言ったものだ。
 これを知ってから、やっぱり花は「ホシノヒトミ」と呼ぶようにしている。
 『日本植物方言集成』をあけたついでに他にはと見ていると、「はたけのくわがた」(和歌山・西牟婁)というのがあった。昔の人の観察眼に恐れ入るばかりだ。

 同じ視点で詠んだ俳人がいた。「客観写生」を唱えた虚子である。さすがである!!

 

犬ふぐり星のまたゝく如くなり 高浜虚子
 

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 「これから」を考えるなかから生まれた私の寺田寅彦「活用」法。
 その究極のかたちのひとつ
 ・サイエンスカフェ「寅の日」 
 さらに具体案を8年目がはじまるまで検討したい。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 【お薦め本】も、ファラデーラボ等も同じくこちらにリンクした。
 こちらの方も、今一度「現在地」を確認しておきたいものだ。

 「啓蟄」「春分」までには何をこそ…。
 ゆっくり 急ごう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧