【Web更新11/29】20-48 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc6315

山茶花や待つ人もなき停留所 20/11/27撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-48
週末定例更新のお知らせ
 11月(霜月)が終わる!!
 12月(師走)が始まる!!
 2020年の師走とはどんな一ヶ月となるだろう。
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

◆表紙画像集2020 更新 山茶花
 日の当たる山茶花を撮りたかった。
 作業の手を止めて、その場所に行くと日が陰ってきた。
 また出直すことにした。再び、その場所に行くとまたしても、雲がいっぱいに
 何度かこれを繰りかえしてやっと撮った!!
 今年の山茶花はひときわ鮮やかに見える。なぜだろう!?

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 「寅彦忌」特番を含め4回のオンライン「寅の日」それにプラス第4回オンライン句会「寅の日」!!
 「寅の日」三昧の師走になりそうである。
 
◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「日本理科教育史」をプロットする!! のシリーズ 再び「【理科の部屋】30年史」に集中してみたいと思う。
 「30年史」そのなかで何が起こり、何が生まれたのか!?
 それは「これから」にも有効なものだろうか。
 できるだけ多様な視点で追ってみたいものである。

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 「水栽培」中の「自然結実」花茎から完熟種子がなかなかこぼれ落ちて来ない。
 昨年は530個も手に入れたのに。
 これはどういうことだろう!?
 いくつかの作業仮説をたてながら、実生実験の観察を続けたいものである。

 大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから、35週目である。
 まだ「初霜」「初氷」もみられない。
 それはいつだろう? 

_dsc6499

| | コメント (0)

【Web更新11/22】20-47 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc5900

花八手虫それぞれに集いけり 20/11/18撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-47
週末定例更新のお知らせ
 「巣ごもり」の暮らしが長くなっている。
 それだけ世間を吹く風に疎くなっている。ときどきそれを実感して自分でも驚いてしまうことがある。
 世間ではそろそろ師走の風が吹き始めるころだろうか。
 さあ ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

◆表紙画像集2020 更新 花八手
 今年はこれまた遅いな と思っていた八手の花が咲きはじめた!!
 それは、まさに「小春日和」というそんな天気の日だった。
 いっせいに虻、蠅などの虫たちが集い始めた。
 花八手からどんなシグナルが発せられたのだろう!?

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 オンライン「寅の日」をはじめて9度目の師走だ!!
 「寅彦忌」もあって、「寅の日」三昧の師走になりそうである。
 テーマは、ながらく続けて来た「寅彦と俳句」から、「寅彦と科学と文学」に変わる。
 読む随筆は長編ばかりであるので、ちびりちびりと読んでおきたい。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「日本理科教育史」をプロットする!! という自分でも少し気恥ずかしくなるほどの仰々しいタイトルのシリーズである。
 しかし、なかみはどこまでも「等身大」に「リアルタイム」に語っていきたい。
 思いつくまま、気儘に…。
 まだ まだ 続けるつもりである。

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 2019年採集・回収した530個の種子を使った実生実験は、数々の仰天の「事実」を見せてくれている。
 この「事実」を「記録」しておきたい。
 そして、私なりの作業仮説を組み立ててみたい。
 他の年度のモノ、コンガンバナの方の「記録」も近日中にあげたい。

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから34週目である。
 風が冷たくなってきた。
 枯蓮の葉が風に吹かれて、飛びはじめた。
 枯れ葉の葉脈、これまた美しい!!

_dsc6108


 

| | コメント (0)

【Web更新11/15】20-46 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc5444

枯芙蓉やとぎれとぎれに風の音 20/11/14撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-46
週末定例更新のお知らせ
 今朝、第3回オンライン句会「寅の日」11月例会は、選句期間に入った。
 作句して投句するのも面白いが、人が詠んだ句を選句するのもなかなか愉しい作業だ。
 10日間の時間的余裕があるから、ゆっくり ゆっくり 愉しめるのだ!!
 アリガタイ!!

◆表紙画像集2020 更新 枯芙蓉
 芙蓉という花はほんとうに長く楽しませてくれる花だ。
 枯れれば枯れたで また趣がある。
 真青なる空に映えていた!! とぎれとぎれに 冷たい風が…。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 理科の授業は、サイエンスコミュニケーションの最前線である!!
 理科の教師は、最前線のサイエンスコミュニケーターである。
 では、その理科の授業でどんな「実験」が展開されてきたのだろう!?
 『やさしくて本質的な理科実験』の歩みを追ってみた。
 自分自身の「宿題」をいっぱい残していることに気づいた。さて、それをどうするかな!?
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

●2020年11月13日~22日 サイエンスアゴラ2020『Life』開催中!!

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 「自然結実」ヒガンバナ、今年の不作は明らかになってきたようだ。
 ますます浮き彫りになるのは2019年530個の「異常さ」だ!!
 その謎解きは、「事実」の「記録」からはじまる!!
 今週もまた「記録」しておくべき「事実」が… 。

◆「コウガイビル」を追う  更新!!
 つきあいがはじまって12年!!
 Webテキスト「コウガイビル」の試案にとりかかろうと思う。
 この「ふしぎ!?」な生きものの教材化に向けて

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから33週目だった。
 すっかり枯れ蓮で占められていた。
 来年の春までは小さな「ビオトープ」として、また初霜・初氷の「標準池」としての役割が待っていた。

_dsc5590

| | コメント (0)

【Web更新11/8】20-45 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc4859

紅葉や父の形見の腕時計 20/11/06撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-45
週末定例更新のお知らせ
 「立冬」が過ぎた!!
 「暦の上では…」というコトバには、どこか「暦」を非科学的とみるニュアンスが含まれるとみるのは被害妄想!?
 考えてみると 「暦」 これほど科学と暮らしがツナガッタものはないのに!!

◆表紙画像2020 更新 楓
 黄葉、紅葉の季節だ!!が
 木々が冬仕度をはじめた。このみごとな姿を画像におさめようとするがなかなか (^^ゞポリポリ
 ならば 一句で その瞬間をと思うが、これもまたなかなか…。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「日本理科教育史」をプロットする!! シリーズは、時空を超えて 思いつくまま 気の向くままだ!!
 サイエンスアゴラ2020 まできて「未来」までプロットしてしまった。
 今週はまた別の視点でプロットをつづけてみよう。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 「寅彦と俳句」のテーマが続く!!
 私はここに科学者・寺田寅彦のスタンスを見る。
 オンライン句会「寅の日」は、第三回目を展開中である。
 投句期間の15日までなら、参加することもできますよ。

◆【ヒガンバナ情報2020】更新!!
 どうやら、今年は昨年とうってかわり「自然結実」がほとんど見られないようだ。
 これはあくまで私が観察した範囲の話。
 ますます昨年の「異常さ」が顕著になってくる。
 あれはなんだったのだろう!? 

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから32週目だ。
 観察池に赤まんまが倒れ込み、このコラボもなかなかだ!!
 枯蓮に霜はいつ?

_dsc5082


 

| | コメント (0)

【Web更新11/1】20-44 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc3836

紅葉や放射冷却朝の空 20/10/31撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-44
週末定例更新のお知らせ
 2020年もあと2ヶ月となった。
 年頭の「4R作戦」どこまで来たのかな!?
(1) 準備(ready レディー)
(2)応答(response レスポンス)
(3)再生(reproduce リプロデュース)
(4)再挑戦(revenge リベンジ)

 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

◆表紙画像集2020 更新 ハゼ
 真っ先に紅葉に気づくのは、前の山のハゼだ!!
 嗚呼!! こんな季節になったのだと、シグナルをくれる。
 放射冷却で、冷え込む朝。空の真っ青にお似合いだ!!

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「日本理科教育史」気になる点のプロットを試みる。
 きわめて気まぐれに!!
 どこまでも等身大に自らの歩みとリンクしながら!!
 まだ、まだ つづけよう。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 11月テーマも「寅彦と俳句」をつづける。
 寅日子先生の本意に少しでもせまることができればうれしい。
 ひとりでは無理でも、多くの人の知恵をかりれば可能かも知れない。

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 今年第4回目の「自然結実」ヒガンバナ群生地巡りいつでかけようか?
 迷っている。
 昨年よりもさらに開花の遅れた今年だから、少し遅れてからと思いつつも、急激に冷え込んできてからどうしょう。
 もう花茎は倒れたかな!?

 大賀ハス観察池、蓮根の植え替えから31週目だ。
 緑を残す葉は少なくなった。枯れた葉が中心だ。
 枯れた葉もなかなか味わい深いものがある!!

_dsc3919

| | コメント (0)

【Web更新10/25】20-43 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc2534

柿の葉や一雨一度下がりをり 20/10/24撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-43
週末定例更新のお知らせ
 「ゆっくり行く者は遠くへ行く」
 を信じて ゆっくり ゆっくり !!

 今週で10月が終わる。次回更新は11月ダ!!

◆表紙画像集2020 更新 柿の葉
 一雨降るごとに気温が下がっていく!!
 「一雨一度」とはうまくいったものだ。
 それにあわせるがごとく、柿の葉も色濃く変化していく。
 こちらも冬仕度か!?

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 なんとも大げさなタイトル 「日本理科教育史」をプロットする!! のシリーズをつづけている。
 よりリアルタイムに
 より等身大に
 語ることをつづけているが、今度は 思いつくがままに より自由度 を増してつづけていきたい。

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 いよいよ寒くなってきて、これまで直立していた花茎が倒れかけていた。
 さあ!!その時期の到来だ!!
 「自然結実」した花茎は直立したままのはずだ!!
 「自然結実」ヒガンバナを求めては いつ!?

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 「寅彦と俳句」のテーマの月が続いている。
 それは、オンライン句会「寅の日」の展開と関連してである。
 俳句結社「寅の日」は、寅日子先生に師事する!! 
 2ヶ月展開してみて、ますます面白くなってきた。
 ぜひ あなたも!!

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから30週目だった。
 葉の枯れは益々加速してきたのだった。

_dsc2616

  


 

| | コメント (0)

【Web更新10/18】20-42 【ヒガンバナ情報2020】 等 更新!!

_dsc2255

鐘響きふわりとうごくすすきかな 20/10/18撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-42
週末定例更新のお知らせ
 週末定例更新をするたびに、「嗚呼!!一週間が過ぎたんだ!!」と認識する。
 そんな暮らしが続いている。
 あと10回の更新で2020年も終わる。「現在地」を認識することにも…

◆表紙画像集2020 更新 すすき
 今さらであるが、俳句修業に本格的に取り組みたいと思っている。
 やっぱり寅彦の言っていたとおりだ。
 見ていても、見えなかったものが見えてくる気がするから不思議だ!!
 すすきがふわりと動いたように見えた!!

◆【ヒガンバナ情報2020】更新!!
 ヒガンバナの季節はもう終わったと思ったら、大間違いだ。
 植物「ヒガンバナ」の季節は今からが本番だ!!
 花茎の足元の葉を観察しよう。
 「ハミズ ハナミズ」(葉見ず 花見ず)の戦略に感動!!
 萎れゆく花茎の先に注目だ。子房部がふくらんできているものはないだろうか!?
 昨年のように「自然結実」の異変は起こらないだろうか!?

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「日本理科教育史」をプロットする!! のシリーズは、より等身大の歴史にこだわっていきたい。
 私の「日本理科教育史」をツナゲバ ほんとうの「日本理科教育史」が浮かび上がってくるの デワ。
 まずは プロット をつづけよう。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 第2回オンライン句会「寅の日」は選句期間に入っている。
 オンライン句会「寅の日」にちなみ ここのところ「寅彦と俳句」をテーマに随筆を読んでいる。
 作句をはじめて、寅日子先生の言っていたことに あらためて納得することも多い。
 
 大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから、29週目だ。
 もう完全に緑を残す葉の方がすくなくなってしまった。でもものは見方だ!!
 枯れゆく蓮の葉も また 美しい!! 

_dsc2355

| | コメント (0)

【Web更新10/11】20-41 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc1029

精一杯生きし証しや金木犀 20/10/10@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-41
週末定例更新のお知らせ
 2021年のシステム手帳のリフィルをネットで注文した。
 以前は文具店に行って、翌年度のリフィルを購入するのをこの頃の年中行事としてきたが、昨年からネット注文としている。
 「今さらシステム手帳でなくても…」と言われるが、やっぱり私には紙のリフィルの方がピッタリと来るのだった。
 リフィル届いたら…o(^o^)o ワクワク

◆表紙画像集2020 更新 金木犀
 ヒガンバナの季節がすぎるとあの「におい」が、どこからともなくやってきた。
 あの「におい」の伝播力はどれほどであろう?
 「におい」は分子!!
 ナラバあの「におい」の分子はなんというのか!? 聞いてみたことがあった。

 近づいて じっくりと 花を観察してみた。 合掌

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「日本理科教育史」をプロットする!! シリーズ続けている。
 今でなければできないこともある。そういう気もあるのだが、「でなければ」を優先するのもいやだ。
 もっと気ままに ゆっくり 急ごう!!

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 いよいよ植物「ヒガンバナ」の「ふしぎ!?」を追う季節だ。
 今年も、多くのヒガンバナが「自然結実」する「異変」は起こるのだろうか!?
 昨年(2019年)採集・回収した種子を使った実生実験。「出葉」してくるのはどれだけの鉢だろう!?
 それまでの実生ヒガンバナではどうだろう!?
 「異変」の謎解きはどこまで進むだろう!?
 これまた ゆっくり 急ごう!!

◆「コウガイビル」を追う 更新!!
 54号コウガイビルの「生命」はどこまで!?
 この「ふしぎ!?」な生きものの研究はどこまですすんでいるのか?
 それを確かめるために また動きはじめたいと思っている。

 大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから28週目である。
 完全に枯れてしまった葉が何枚か出てきた。
 「今年はここまでとしておこう」という判断はどんなシステムで行なわれるものなんだろう!?
 判断基準になるのは日照時間だろうか!?
 それとも

_dsc1148


| | コメント (0)

【Web更新10/4】20-40 【ヒガンバナ情報2020】 等 更新!!

_dsc0278

溝蕎麦や石橋流れかはりたり 20/10/03@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-40
週末定例更新のお知らせ
 気づけば はや10月だ!!
 私は昨年から、松山市立子規記念博物館の『正岡子規 句めくり 2020』という日めくりカレンダーを使わせてもらっている。
 これが なかなか いい!!
 中央に 子規の一句が 左右の余白に その一句をなぞってみる。
 そろそろ来年のぶんを 注文する時期が来ているのでは!?

◆表紙画像集2020 更新 溝蕎麦
 うすいピンクの色をした金平糖のような溝蕎麦の花が好きだ!!
 毎年、出会うたびに 「あっもうこの季節なんだ!!」と気づく。
 いつもの 石橋の川の流れが、昨年と変わっている気がする。
 それは 単なる 気のせいなのだろうか!?

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 20年以上続けるページの更新である。
 今年の開花は、この20年以上の継続観察のなかでも、もっとも遅れているのかも知れない。
 その遅れは、昨年のような「異変」をもたらすのだろうか!?
 それとも…!?
 今、植物「ヒガンバナ」の観察がいよいよ本格的にはじまる!!

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 今月も「雲見」と俳句「歳時記」だけの更新である。
 しばし、他の「ばっかり病」に夢中になってしまっていると、つい忘れてしまっていることがある。
 「大気の物理学実験室」のなかに暮らしていることの面白さを!!
 
◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「日本理科教育史」をプロットする!! このシリーズ間欠的になろうとも続けたいと思う。
 当分は【理科の部屋】の歴史 を追いかけてみたいと思う。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 10月のテーマも「寅彦と俳句」デアル。
 オンライン句会「寅の日」は第2回目10月例会に入っている。
 この面白さは 実体験することによってしか味わうことができないだろう。
 ぜひ、ぜひ…
 
 大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから27週目だ。
 葉の枯れは 徐々に進んでいく。枯れゆく葉もなかなかいい!! 
 蓮根はどこまで太っただろう!?  

_dsc0285

| | コメント (0)

【Web更新9/27】20-39 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc8619

蓮枯れていよいよの曼珠沙華哉 20/09/26撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-39
週末定例更新のお知らせ
 私は「不易流行」というコトバが好きである。私流に読み解くと次のようになる。
 ホンモノの「流行」は「不易」を内包する!!
 ホンモノの「不易」は「流行」を創造する!!
 
 さて、今週はどんな「不易流行」と出会うだろう。ホンモノと出会うかな!?

◆表紙画像集2020 更新 曼珠沙華・ヒガンバナ
 開花が遅れている。昨年で例年より一週間~10日遅れていた。
 今年はそれよりさらに3日以上遅れている。つまり例年より10日以上の遅れということになる。
 いよいよ今年も本格的にヒガンバナ観察の季節がはじまる。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 「日本理科教育史」をプロットする!! をつづけている。
 「記録」として残っているものはプロットしやすい。この一事をもってしてもウメサオタダオは正しい。
 

ものごとは、記憶せずに記録する!!

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 しばしヒガンバナ三昧の日々がつづく。
 植物「ヒガンバナ」の観察の本番は今からデアル。
 この遅れた開花はどんな「異変」をもたらすのだろう。「自然結実」にどう影響するのだろう!?

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 ついにオンライン句会「寅の日」が実現した\(^O^)/
 想像していた以上に面白い。
 第2回目10月例会 参加者が増えるとうれしいな。

 大賀ハス観察池、蓮根の植え替えから26週目である。
 26週目と言えば、一年52週の半分、折り返し地点だ。
 枯れがすすんでいる、そのそばのヒガンバナは最盛期をむかえようとしていた。
 まったく意図しなかった景だ。

_dsc8804_20200928040001  

| | コメント (0)

より以前の記事一覧