« 本日(2024/06/07)、第381回オンライン「寅の日」!! #科学と文学 #traday #寺田寅彦 | トップページ | 「動く大地」を科学する(23) #動く大地 #現在進行形 #科学する #姶良火山灰層 #等高線 #山地形成 #新生代第四紀 #最終氷河期 »

「動く大地」を科学する(22) #動く大地 #現在進行形 #科学する #地質時代 #市川誕生物語 #新生代新第三紀 #新生代第四紀

Dscn7435

▼「動く大地」の物語を、今自分の暮らす「大地」を舞台に具体的にイメージしようとするがなかなかむつかしい。
 まわりに見える山や川の物語に興味がある。
 もう一度、まったくの0から出発してみよう。
▼幸か不幸か、自由に自動車を乗り回すことができなくなってしまった。
 せいぜい「自転車」でがやっとだった。
 ここは思い切って、「歩く」でいくことにした。
 市川沿いを、今まで歩いたことなかったコースで歩いてみた。
 はじめて見る風景だった!!
 見慣れた山も、ちがった角度から見ればちがった風景だった。

Dscn7472_20240608044401

Dscn7516

Dscn7521

▼そうだ!!
 この「市川誕生物語」に焦点をあてて、いままでにあげてきたことを再度繰り返してみよう。
 まずは「町史」からである。
◆「福崎町史 第三巻」資料編Ⅰ  
 「福崎の地史」から

●新生代新第三紀(約2500万年前から約200万年前まで)
・いまから約2500万年前、福崎付近は多分現在のアジア大陸の一部だった。
・その陸地は侵食が進み、起伏の少ない準平原であった。
・この準平原にまだ市川は、いまの状態では流れていなかった。
・その先に瀬戸内海もなかった。
・しかし、1700万年前ごろから大地は裂けはじめ大陸からの分離が開始される。
・いわゆる日本海の誕生である。
・約1600万年前の中新世中期のころ、ばらばらになった陸塊が南東の方向に移動。
・福崎町の南には太平洋からいり込んでできた海が岡山、広島、島根の各県を横切り多島海を形成しながら日本海につながった。
・瀬戸内海、それも第一瀬戸内海のはじまりである。
・この海も約1000万年前になると土地の全般的な上昇にすっかり干上がってしまった。
・中新世後期から鮮新世前期、約5~600万年前になると土地の上昇にともなって火山活動がはじまる。
・福崎町にほど近い宍粟郡のダルガ峰(千種スキー場)はこのころの火山。
・鮮新世の中期から後期、約200~300万年前になると、いまの瀬戸内海の付近で局地的な沈降がはじまる。
・湖沼が点在しはじめる。
・この湖沼群の一部に太平洋からの海水が進入して第2の瀬戸内海が形成される。
・市川が現在のように流れはじめたのは、このころからである。
・このようにして時代は第四紀に移っていく。
・この時代になって日本列島は東北日本と西南日本がしっかりと結合し、現在の場所に位置するようになった。
・もちろん、今日われわれになじみのある風景も、この時代に完成された。

▼では、その「新生代第四紀」にいては、
『石と地層と地形を楽しむ はりま山歩き』(橋元 正彦著 神戸新聞総合出版センター)   
「はりまの大地はどのようにしてできたか」(同書P7)
を再度参考にさせてもらおう。

(5)山が高くなり、段丘や沖積平野ができた(260万年前~)
・今から260万年頃より新しい時代を第四紀という。
・第四紀は氷河時代であり、氷期と間氷期が繰り返し訪れた。
・今の瀬戸内海あたりは、新第三紀鮮新世の終わり頃(300万年前頃)から沈降をはじめていて、細長い湖ができていた。
・120万年前になると、ここに海水が進入をはじめます。
・その後、氷期と間氷期の繰り返しによる海面の昇降によって、海が入ったり退いたりを繰り返し、やがて東から播磨平野まで海が進入するようになった。
・この300万年前頃からできた地層を大阪層群という。
・大阪層群は、播磨では明石市や小野市、三木市などで見られます。
・日本列島は、300万年前頃から東西に圧縮され、西日本でも山地が隆起をはじめた。
・六甲山地の上昇は100万年前ぐらいから本格化した。
・播磨の大地はその影響を受けて東が隆起、西が沈降するという運動をするようになった。
・加古川流域では、この大地の隆起と周期的な海水面の変動によって、河川や海岸に沿って何段もの段丘がつくられた。
・一方、たつの市から西の海岸や家島諸島では、大地の沈降によって複雑に入り込んだ海岸が地形がつくられました。
・氷期には、寒冷な気候を反映した地形がつくられた。
・峰山高原や段ヶ峰周辺などに見られる化石周氷河斜面や岩塊流などです。
・氷期には海面が下がったために、大地に深い谷が刻まれました。
・ 完新世(約1万年前~現在)に入ると、最後の氷期も終わり、海面は徐々に上昇していった。
・それによって、かつて谷だったところや河口付近に泥や砂や礫がたまった。これが沖積層である。
・海面の上昇は縄文時代の今から6000年前が最大で、海は今の平野部に進入していた。
・その後、海が退き沖積層は広い平野となった。

 なんでもゆっくりな私は、やっと少しずつ少しずつ「市川誕生物語」の景がみえてくるのだった。
 ゆっくり 急ごう!!
(つづく)

Dscn7419_20240608044401

|

« 本日(2024/06/07)、第381回オンライン「寅の日」!! #科学と文学 #traday #寺田寅彦 | トップページ | 「動く大地」を科学する(23) #動く大地 #現在進行形 #科学する #姶良火山灰層 #等高線 #山地形成 #新生代第四紀 #最終氷河期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日(2024/06/07)、第381回オンライン「寅の日」!! #科学と文学 #traday #寺田寅彦 | トップページ | 「動く大地」を科学する(23) #動く大地 #現在進行形 #科学する #姶良火山灰層 #等高線 #山地形成 #新生代第四紀 #最終氷河期 »