« 【Web更新5/19】24-20 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! | トップページ | 2024年・今年もコガネグモと出会った!!(2024/05/20) #コガネグモ #クモ学 #隠れ帯 #飾り »

2024年6月のオンライン「寅の日」は #科学と文学 #traday #寺田寅彦

Dscn4778_20240521044501
▼私は、およそ文学とは縁遠い人間だった。
 しかし、ここには特別の思い入れを持っていた。 
 「高知県立文学館」である。
 そこには、「寺田寅彦記念室」があった。
 訪れたときは、いつも長居をする。貴重な展示、「寺田寅彦実験室」のビデオ等もさることながら、ここには独特の空気が流れている。
 いつしか寅彦と対話している気分になるのだった。

▼2024年6月のオンライン「寅の日」の計画をたてる時期である。
 6月はちょっと角度をかえて、寅彦を読み解きたい。

【6月テーマ】「寅彦と科学と文学」

 2024年6月のオンライン「寅の日」は2回ある。

■2024年6月のオンライン「寅の日」!!
◆第381回オンライン「寅の日」 …6/07(金)
◆第382回オンライン「寅の日」 …6/19(水)

▼では何を読むか!?
 このテーマのときは定番としてきたズバリ「科学と文学」を読みたい。
 「科学と文学」はかなりの長編である。
 今回は、2回に分けて読むこととしたい。

■2024年6月のオンライン「寅の日」!!

◆第381回オンライン「寅の日」 …6/07(金)「科学と文学」(1)(青空文庫より)

◆第382回オンライン「寅の日」 …6/19(水)「科学と文学」(2)(青空文庫より)


▼人は自らの「文脈」に引き寄せて文章を読み解く。
 アタリマエのことながら、6月のテーマのような場合はなおさらであろう。
 ひとそれぞれで、ちがった「文脈」を持っている。
 だから、読む人によって、まったくちがった感想・意見をもたれることだろう。
 ちがうから面白い!!
 とも言える。多くの人の感想・意見を聞きたいですね。

Dscn4763_20240521044501

|

« 【Web更新5/19】24-20 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! | トップページ | 2024年・今年もコガネグモと出会った!!(2024/05/20) #コガネグモ #クモ学 #隠れ帯 #飾り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【Web更新5/19】24-20 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! | トップページ | 2024年・今年もコガネグモと出会った!!(2024/05/20) #コガネグモ #クモ学 #隠れ帯 #飾り »