« 「動く大地」を科学する(20) #動く大地 #現在進行形 #科学する #地質図 #近畿トライアングル #六甲山 #地形と地質 #河岸段丘 #傾動運動 #第四紀 | トップページ | 【Web更新5/19】24-20 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »

「動く大地」を科学する(21) #動く大地 #現在進行形 #科学する #地質図 #河岸段丘 #高位段丘 #段丘崖 #竹薮 #第四紀

Dscn6643

▼「えっ、こんな高いところに!?」
 「こんな大きな石ころがゴロゴロ!!」
 「まちがいない ここが市川の川底だったんだ」

 医者からの帰り道だった。
 自由に自動車に乗れなくなった私は、このときも自転車だった。
 久しぶりに自転車で、遠出したこのとき、せっかくだからちょっと寄り道して帰ろうと思ったんだ。
 そのとき、出会ったのがこの崖だった。

▼この崖こそ「段丘崖」
 これぞ市川の「河岸段丘」!!
 そのなかでももっとも高いところに位置する「高位段丘」!?
 
 地形図・地質図で確認していてもやっぱり驚きだ。
 こんな高いところに丸い大きな河原の石ころがゴロゴロとは

Dscn6648

Dscn6646

▼まわりを見渡せば、列をなして竹薮があった

 <きまり>
 ・段丘崖に竹薮あり!!

  は正しいのか。
 
▼この「河岸段丘」はどのようにしてできたのだろう!?
  いつのころここは川底だつたんだろう。
  これもまた、第四紀という時代の「動く大地」の物語なんだろうか。

 自転車散策のフィールドワークも、自転車ならでは楽しみがあるかも!!  
こんどは、どんな景との出会いがあるかな。

(つづく)

Dscn6626

|

« 「動く大地」を科学する(20) #動く大地 #現在進行形 #科学する #地質図 #近畿トライアングル #六甲山 #地形と地質 #河岸段丘 #傾動運動 #第四紀 | トップページ | 【Web更新5/19】24-20 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「動く大地」を科学する(20) #動く大地 #現在進行形 #科学する #地質図 #近畿トライアングル #六甲山 #地形と地質 #河岸段丘 #傾動運動 #第四紀 | トップページ | 【Web更新5/19】24-20 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »