« 【お薦め本】『まちぶせるクモ 網上の10秒間の攻防』(中田兼介著 コーディネーター辻 和希 共立出版) | トップページ | 72号コウガイビルはエサなしで4ヶ月生きのびた!!(2024/02/29) #コウガイビル #陸生プラナリア #コウガイビル研究 #教材化 #再生 #切っても切ってもプラナリア »

子規庵の糸瓜(5年目)から種子を採取した!!(2024/02/27・28) #子規庵 #糸瓜の種子 #ヘチマタワシ

Dscn8714_20240229052101

▼そもそものはじまりは、二度目の子規庵の訪問のときだった!!
 このとき、私は5粒の糸瓜の種子を「おすそ分け」してもらった。
 その年から、「子規庵の糸瓜」として育てはじめた。
 5粒の種子は、4粒が発芽した。
 その後、毎年育て続けて今日にいたっている。
▼5年目の「子規庵の糸瓜」の一年をふりかえってみる。

●「子規庵の糸瓜」5年目の種子を蒔いた!!(2023/05/02) #子規庵 #糸瓜 #糸瓜の種子
●子規庵の糸瓜(5年目)を植え替えた!!(2023/05/28) #子規 #子規庵 #糸瓜 #子規博物館
●子規庵の糸瓜(5年目)を収穫した!!(2023/11/01) #子規庵 #糸瓜

Dscn8691

▼実は収穫後、「自然乾燥」にまかせて、放置していたのである。
 種子の採取をはやくやらねばと思いつつ、一昨日になってしまったのである。
 方法は意図も簡単だった!!
 ヘタ(糸瓜の底)をとって、箕の上でトントンとすれば、いっきょに「種子」がこぼれ落ちてくる。
 自然界では、こうして「種子撒き」をするのだろう。
 「種子」が完全に出てきたことを確認すれば、今度は「ヘチマタワシ」とりである。
 乾燥してペリペリになった皮を、表皮の繊維を利用しながら剥いでいけば、これも簡単にとれた。
 それでも、作業は2日間にわたった!!

Dscn8698_20240229052101

Dscn8703

Dscn8736_20240229052201

Dscn8722_20240229052201

Dscn8761_20240229052301

Dscn8770_20240229052301

Dscn8791_20240229052401

▼採取できた「種子」と「ヘチマタワシ」をながめながら、6年目の取り組みを構想するのだった。
 どこまでも「子規庵の糸瓜」であることにこだわりたかった。

●子規庵

●松山市立子規記念博物館
 
 再訪したいな!!

Dscn8836_20240229052401

Dscn8859_20240229052401

|

« 【お薦め本】『まちぶせるクモ 網上の10秒間の攻防』(中田兼介著 コーディネーター辻 和希 共立出版) | トップページ | 72号コウガイビルはエサなしで4ヶ月生きのびた!!(2024/02/29) #コウガイビル #陸生プラナリア #コウガイビル研究 #教材化 #再生 #切っても切ってもプラナリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【お薦め本】『まちぶせるクモ 網上の10秒間の攻防』(中田兼介著 コーディネーター辻 和希 共立出版) | トップページ | 72号コウガイビルはエサなしで4ヶ月生きのびた!!(2024/02/29) #コウガイビル #陸生プラナリア #コウガイビル研究 #教材化 #再生 #切っても切ってもプラナリア »