« 「天気の変化」を科学する (7) #天気の変化 #科学する #授業実践DB #極地方式研究会 #テキスタイル #Webテキスト #雲見 | トップページ | 本日(2024/01/15)、第369回オンライン「寅の日」!! #レーリー卿 #traday #寺田寅彦 »

「天気の変化」を科学する (8) #天気の変化 #科学する #Webテキスト #雲見 #宮沢賢治 #十種雲形 #雲見のうた

Dscn2920

▼実は「天気の変化」を科学する の本番はここからである。
 ここからは、できるだけ現在進行形で話をすすめたい。

◆Webテキスト試案『「雲見」を楽しもう!!』 


▼Webテキストの対象は誰か!?
 それは「テキスト」を見てくれるすべての人だった。
 まずは「授業」のはじまりと同じにしていた。

1. 上空のようす
・「青空」はどこまで
・「雲」はどのくらいの高さに
・ジェット機はどこを
・気象衛星「ひまわり8号」はどこを

 Webであるからこそ可能なことことを模索してみたい。

▼次は「雲見」とは!?である。
 「雲見」を最初に言い出したのはあの宮沢賢治だった。
 「蛙のゴム靴」(宮沢賢治 青空文庫より)につぎののようにあった。 

  ある夏の暮くれ方、カン蛙ブン蛙ベン蛙の三疋は、カン蛙の家の前のつめくさの広場に座すわって、雲見ということをやって居りました。一体蛙どもは、みんな、夏の雲の峯(みね)を見ることが大すきです。じっさいあのまっしろなプクプクした、玉髄(ぎょくずい)のような、玉あられのような、又また蛋白石(たんぱくせき)を刻んでこさえた葡萄(ぶどう)の置物のような雲の峯は、誰(たれ)の目にも立派に見えますが、蛙どもには殊(こと)にそれが見事なのです。眺(なが)めても眺めても厭(あきな)いのです。そのわけは、雲のみねというものは、どこか蛙の頭の形に肖(に)ていますし、それから春の蛙の卵に似ています。それで日本人ならば、ちょうど花見とか月見とか言う処(ところ)を、蛙どもは雲見をやります。
「どうも実に立派だね。だんだんペネタ形になるね。」
「うん。うすい金色だね。永遠の生命を思わせるね。」
「実に僕ぼくたちの理想だね。」

私たちも「雲見」をやりませんか!?

 と行きたい!!

▼つぎは「雲の名前」である。
 なじみの「名前」で呼ぶのも楽しいかも知れないが、私は最初から「十種雲形」を憶えてしまうのに賛成だ!!
 たった10種類!!
 最初に憶えてしまい使ってみよう!!
 空を見上げたら「名前」でやろう!!
 ついでにその雲のおよその高さを言ってみよう!!

 憶えて、使えるようになったら一生モノ!!

 憶えるために「雲見」のうた (雲家族10のうた)♪をつくってみた。


※ 「雲見」のうた(雲家族10のうた)♪

ケンケン三兄弟に(巻雲 巻層雲 巻積雲)
コウコウ姉妹 (高層雲 高積雲)
ソウセキ(層積雲) はなれても りっぱに ソウ! セキ! (層雲 積雲)
雨 雨 ふれ ふれ ラン!ラン! (乱層雲 積乱雲)


(つづく)

|

« 「天気の変化」を科学する (7) #天気の変化 #科学する #授業実践DB #極地方式研究会 #テキスタイル #Webテキスト #雲見 | トップページ | 本日(2024/01/15)、第369回オンライン「寅の日」!! #レーリー卿 #traday #寺田寅彦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「天気の変化」を科学する (7) #天気の変化 #科学する #授業実践DB #極地方式研究会 #テキスタイル #Webテキスト #雲見 | トップページ | 本日(2024/01/15)、第369回オンライン「寅の日」!! #レーリー卿 #traday #寺田寅彦 »