« 【理科の部屋】30年の歩み!!(20) #理科の部屋 #30thrika #30年史 #自分史 #30周年記念オフ | トップページ | 2023年11月(霜月)の俳句「歳時記」!! #俳句 #歳時記 #オンライン句会 »

2023年11月(霜月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール

Dscn8972_20231101044601

▼10月は終わった。ついに11月(霜月)だ!!
 11月の「雲見」を予想する前に10月の「雲見」のまとめをもくもくシールセットによる「雲見」カレンダー(理科ハウス)でふり返っておこう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴   6      
・巻雲   6  
・巻積雲  2  
・巻層雲  1       
・高積雲  1   
・高層雲  3       
・層積雲  3    
・積雲   6     
・層雲   0
・乱層雲  2    
・積乱雲  1 

 あくまで午前9時(原則)の記録である。と言いながらもけっこう気まぐれなところもある。
 これはあくまでシール貼りで、「雲見」を楽しむひとつの目安すぎない。
 とりわけこの10月は、シールを貼ってしまってからもコロコロと空の雲は変化した。
 それが秋の「雲見」の特徴なのかもしれない。 
 目立ったのは
 「快晴」6、「巻雲」6、「積雲」6 である。
 10/26の「積乱雲」はすごかった雷雨、雹は 「大気の不安定」を物語るものだった。
 10/29の「部分月食」ほぼパーフェクトに観察できたのはうれしかった。
 ともかく10月もまだ暑かった。
 これまでのように日最高気温~日最低気温の「記録」をアメダスの「記録」を利用して、メモ欄に記入してみた。
 「夏日」(最高気温25℃以上の日)は、8日もあった。
 
▼11月(霜月)の「雲見」の予想に入ろう。
 まず昨年の11月の天気図を参考に見てみよう。

◆日々の天気図 2022年11月 (気象庁)
・もう「夏日」はないだろうか!?
・ほんとうにどこまで「暖冬」となるのだろうか。
・「西高東低」の典型となる日はいつごろ訪れるだろうか。
・初霜はどうだろう!?
・「木枯らし1号」はいつごろになるだろう。
・もくもくシール、もっとも多く貼るのは何だろう!?

▼次は、ずっとお世話になっている参考本だ。

◆『12ヶ月のお天気図鑑』(武田康男・菊池真以著 河出書房新社)

 ここから、11月の画像のタイトルだけ引用させてもらう。

「小春日和」
「夜霧」
「朝露は晴れ」
「初霜」
「天気の変わり目」
「東雲」
「一雨一度」
「時雨」
「一発雷」
「乾燥」
「紅葉狩り」
「デイヤモンド富士」
「木枯らし」
「冬の蜃気楼」

▼自由に「雲見」の旅に出れなって久しくなろうとしている。
 しかし、今月は その計画を立てている。
 どんな 「雲見」の旅になるか楽しみである!!

 もちろん日々の「雲見」、【宇宙見物】も !!
 私は武田康男さんの本のあのフレーズが大好きだ。

 「見上げてみれば、ぜんぶ空!」(『まるわかり空の図鑑』より)


|

« 【理科の部屋】30年の歩み!!(20) #理科の部屋 #30thrika #30年史 #自分史 #30周年記念オフ | トップページ | 2023年11月(霜月)の俳句「歳時記」!! #俳句 #歳時記 #オンライン句会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【理科の部屋】30年の歩み!!(20) #理科の部屋 #30thrika #30年史 #自分史 #30周年記念オフ | トップページ | 2023年11月(霜月)の俳句「歳時記」!! #俳句 #歳時記 #オンライン句会 »