« 実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2023/10/16) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 | トップページ | 63号・64号・65号コウガイビルはエサなしで3ヶ月経った、そして!?(2023/10/19) #コウガイビル #陸生プラナリア #生命科学最前線 #教材化 #渡辺憲二 »

実生ヒガンバナ(2019年採集分)は今!!(2023/10/18) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験

Dscn8502

▼2019年の秋に採集・回収した「自然結実」ヒガンバナの「種子」は530個あった。
 これらの「種子」を使った実生実験は2020年の春からはじめた。
 その「今」を報告する!!
 前回の観察は、2023/02/06 であった。

●実生ヒガンバナ(2019年採集分)は今!!(2023/02/06)

 このとき観察した葉はすべて枯れてしまい、地上部から姿を消した!!
 野のヒガンバナが、<花の季節>から<葉の季節>にシフトしたのに合わせるように、今、「出葉」してきているのだった。

▼まず【安富】【夢前】の鉢が置いてある場所からだ。
 まわりの草、笹など、また八手の葉の枯れたモノが覆い被っていた。
 それらをとりのぞくのにずいぶん時間を要してしまった。
 そして、いよいよ観察である。

Dscn8420

【安富】
・「出葉」している鉢はかわらず2つである。(3㎝、6㎝)
・大きな鉢のモノひとつを加えていた。これは、育苗トレーを処理していてみつけたものだ。(5.5㎝)
・最初に発見した「自然結実」ヒガンバナ群生地から採集・回収したものは合計3つということになる。

Dscn8435

Dscn8437

【夢前】
・「出葉」している鉢は、これまでとかわらず3つである。
・二鉢は、1枚の葉がよく伸びようとしていた。(7㎝)(11㎝)
・一鉢は葉が3枚ものびてきていた。(12㎝、7㎝、8㎝)
・枯れたヤツデの葉などで日当りが悪かったことが、葉の伸び、枚数に影響しているのだろう。
 それはごくアタリマエのことに思えた。それはとても重要なことに思えた!!

Dscn8443_20231019040001

Dscn8448

Dscn8453

▼次は群生地【福崎】である。

【福崎】
・「出葉」している鉢はこれまでより一鉢減って12鉢である。
・二枚以上の葉をのばしている鉢は多数ある!!葉が5枚の鉢もあった。
・複数枚の葉をのばしている鉢ではすごいことが起こっていた。
 明らかに「分球」(球根が2つに分かれる)をしている。これがより明確になっていた!!
・「球根」が浮き株になり、「分球」がよりはっきるするものもあった。
・葉の長さは、今のところいちばんよく伸びた葉で13㎝であった。
・あきらかに昨年より、「出葉」は進化・定着してきていた。
・一鉢をのぞき、まったく昨年度と同じ鉢で「出葉」してきていた。

Dscn8464

Dscn8466

Dscn8468

Dscn8471

Dscn8487

Dscn8497


【その他】
・「出葉」している鉢はこここれまでと同じく3つあった。
・ここでも「分球」が確認できる鉢もあった。

Dscn8516_20231019044101

Dscn8523_20231019044201

次は「育苗プラグトレー」から大きな植木鉢に植え替えたものについてである。
【育苗トレー】から
・前回同様に5鉢までが「出葉」していた!!
・2枚以上「出葉」しているものは2つもあった。
・予想に反して、葉がのびるのはまだまだこれからのようだ。(7㎝、7㎝、4㎝)(7㎝、6㎝)

Dscn8505


結論として、「出葉」している鉢の数は26鉢である!!
現段階(2023/10/18)における「出葉」はこれまでよりひとつ減って26個である。

現在「出葉」している鉢は、すべて昨年まで「出葉」していた鉢である!!

これまでをまとめると次のようになる。


◆【2019年採集分の実生実験】の現段階での結果(2023/10/18)

【2019年】 530個の「種子」採集・回収

【2020年】
・発芽率  140/530×100=26.4 %
・出葉率  54/140×100=38.6%
 全体で  54/530×100=10.6%

【2021年】
・2年目の出葉率 27/54×100=50.0%

【2022年】
・3年目の出葉率 27/54×100=50.0%

【2023年】
・4年目の出葉率 26/54×100=48.1%


 この「出葉率」は、基本的に維持できるのでは考えている。
 「分球」が進んできていることにも注目しておきたい。


|

« 実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2023/10/16) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 | トップページ | 63号・64号・65号コウガイビルはエサなしで3ヶ月経った、そして!?(2023/10/19) #コウガイビル #陸生プラナリア #生命科学最前線 #教材化 #渡辺憲二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2023/10/16) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 | トップページ | 63号・64号・65号コウガイビルはエサなしで3ヶ月経った、そして!?(2023/10/19) #コウガイビル #陸生プラナリア #生命科学最前線 #教材化 #渡辺憲二 »