« 【Web更新12/04】22-49 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等 更新!! | トップページ | 2022年冬・私の「クモ学」は今!!(6)(2022/12/05) #クモ学 #ナガコガネグモ #クモの越冬 #ナガコガネグモの卵のう #卵のうと出のう »

2022年冬・私の「クモ学」は今!!(5)(2022/12/05) #クモ学 #ジョロウグモ #クモの越冬 #Q10の法則 #クモのSCP

_dsc1247_20221206040501

▼最初に気づいたのは、一昨日(2022/12/04)の朝だった!!
 昨日(2022/12/05)も、やっぱり確認してみた。今も、柿の木のところに居るのはBとCだけだった。
 寒空の中、同じポーズでいつづけていた。

_dsc1263
 
▼ではAのジョロウグモ(♀)はどこに行ったのだろう!?
 Aの居た場所には、食べ残し(チュウチュウあと)とネットがまだあった。
 柿の木の上の方の枝を見たり、下の草むらのなかをかなり入念に調べたが、彼女は居なかった!!
 忽然と消えるわけはなかった!!
 鳥でも奪い去らないかぎり、忽然と姿がなくなるわけはなかった。
 2日間に渡る探索の結果、まだみつからない!!
 シロウトながらいろいろ<予想>してみるが、まだ真実はわからない!?

_dsc1238

▼これまでの「記録」を見てみる。

●師走の「雲見」とクモ学!!(5)(2015/12/17)


 本格的、寒波襲来のときの姿が「記録」されていた。
 いや、もっと遅くの「冬至」前日の元気な姿が「記録」されていた。

●【私の重大ニュース2015】(1)(2015/12/21)

▼「冬至」と言えば、昼がいちばん短い日だ!!
 「日の長さ」はクモたちの暮らしの大きな尺度になると聞いた事がある。
 ナラバ、「そのとき」がひとつの目安であろうか。
 「Q10の法則」
 「クモのSCP」
 等など知っているつもりのことをならべてみる!!

 さあ、Bさん、Cさんたちはこの後、どうするだろう!?
 Aさんは、どこに行ってしまったのだろう!?
 まだ、まだ 継続観察が必要なようだ!!

(つづく)

_dsc1187

 

|

« 【Web更新12/04】22-49 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等 更新!! | トップページ | 2022年冬・私の「クモ学」は今!!(6)(2022/12/05) #クモ学 #ナガコガネグモ #クモの越冬 #ナガコガネグモの卵のう #卵のうと出のう »

コメント

楠田先生、ジョロウグモの腹部の模様、色彩、美しいですね。

投稿: 鈴木勝浩 | 2022/12/07 21:28


鈴木勝浩先生

ほんとうですね!!
ジョロウグモお腹の「赤」はきれいですよね。
あの模様って個体ごとに少しちがうのですかね。

少しずつ、時間帯によってポーズをかえているようにも見えますね。

投稿: 楠田 純一 | 2022/12/09 06:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【Web更新12/04】22-49 Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 等 更新!! | トップページ | 2022年冬・私の「クモ学」は今!!(6)(2022/12/05) #クモ学 #ナガコガネグモ #クモの越冬 #ナガコガネグモの卵のう #卵のうと出のう »