« 「「原子論」を科学する」ページ化に向けて(3) #原子論的物質観 #原子論の歴史 #原子論の歴史年表 #板倉聖宣 | トップページ | 「自然結実」ヒガンバナの「種子」の回収をはじめた!!(2022/11/02~) #自然結実 #ヒガンバナの種子 #三倍体 #日本ヒガンバナ学会 »

「「原子論」を科学する」ページ化に向けて(4) #原子論の歴史 #物の本質について #ルクレチウス #ルクレチウスと科学 #寺田寅彦

Dscn0030_20221104042001

▼私には、「原子論的物質観」のルーツを探るという以外にも、もうひとつの「文脈」があった。
 それは板倉聖宣氏もその「原子論の歴史」年表でもとりあげていることであった。

●1417年 ポッジョ(イタリア、1380~1459)、ある修道院でルクレティウスの『事物の本性について』の全文を発見。

●1929年 寺田寅彦(日本、1878~1935)「ルクレチウスと科学」『(岩波講座)世界思潮』)に発表。


▼それは言わば、「ルクレチウス物語」とよべるようなものだった。
 くりえし、オンライン「寅の日」では、この随筆をとりあげていた。

◆「ルクレチウスと科学」(寺田寅彦 青空文庫より)


▼我らが寅彦が「なぜ、かくも熱くルクレチウスを語るのか!?」それを少しでも読み解きたかった。
 その読み解きは、2ヶ月5回にわたっていた。

●本日(2022/06/06)、第318回オンライン「寅の日」!! #ルクレチウスと科学 #traday #寺田寅彦

●本日(2022/06/18)、第319回オンライン「寅の日」!! #ルクレチウスと科学 #traday #寺田寅彦

●本日(2022/06/30)、第320回オンライン「寅の日」!! #ルクレチウスと科学 #traday #寺田寅彦

●本日(2022/07/12)、第321回オンライン「寅の日」!! #ルクレチウスと科学 #traday #寺田寅彦

●本日(2022/07/24)、第322回オンライン「寅の日」!! #ルクレチウスと科学 #traday #寺田寅彦


▼ルクレチウスへのこだわりは、どうやら寅彦だけではなかったようだ!!
 板倉聖宣氏然り!!

●1965年 国土社版「少年少女科学名著全集4」として、ルクレチウス著・国分一太郎訳『宇宙をつくるものアトム』/ブラック著・亀井理訳『宇宙をつくるものアトム』合冊で刊行。


◆「原子論」を科学する


(つづく)

|

« 「「原子論」を科学する」ページ化に向けて(3) #原子論的物質観 #原子論の歴史 #原子論の歴史年表 #板倉聖宣 | トップページ | 「自然結実」ヒガンバナの「種子」の回収をはじめた!!(2022/11/02~) #自然結実 #ヒガンバナの種子 #三倍体 #日本ヒガンバナ学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「「原子論」を科学する」ページ化に向けて(3) #原子論的物質観 #原子論の歴史 #原子論の歴史年表 #板倉聖宣 | トップページ | 「自然結実」ヒガンバナの「種子」の回収をはじめた!!(2022/11/02~) #自然結実 #ヒガンバナの種子 #三倍体 #日本ヒガンバナ学会 »