« 2022年・私の「ヒガンバナ研究」はどこまで!? (7) #ヒガンバナの繁殖 #ヒガンバナの種子 #ヒガンバナ実生実験 #Webテキスト #日本ヒガンバナ学会 | トップページ | 2022年・私の「ヒガンバナ研究」はどこまで!? (8) #シロバナヒガンバナ #ヒガンバナの種子 #ヒガンバナ実生実験 #ヒガンバナの歴史 #Webテキスト #日本ヒガンバナ学会 »

第26回オンライン句会「寅の日」10月例会案内!! #寅の日 #オンライン句会 #夏雲システム

Dscn9709_20220929025301


 草むらや土手あるかぎり曼珠沙華 子規
 曼珠沙華あっけらかんと道の端 漱石

 樽本勲氏は『ヒガンバナ(曼珠沙華)と日本人 ~日本人の曼珠沙華との交流~』( 樽本 勲 著MyISBN - デザインエッグ社)のなかで、「曼珠沙華は子規の戦略的季語だったか」というきわめて興味深い論考を展開しておられる。子規の曼珠沙華のこだわりも並々ならぬものがあったようだ!!

▼私は今、ひとり吟行もままならぬ身にある。
 だからこそなおさら子規のすごさを実感している。
 床に伏しながらも句を詠み、盛んに「句会」を催し、あらたな「俳句」を創りだしていった。

 私たちのあこがれの「句会」は、3年目にはいっていた!!

▼あらためて、2022年10月例会の案内をあげておく。 
***************************************************************

第26回オンライン句会「寅の日」10月例会実施案内

0.はじめに
 本会をオンライン句会「寅の日」と称する。
 オンライン「寅の日」から生まれたオンライン句会です。
 俳句結社「寅の日」が運営しています。
 寺田寅彦に師事します。 

0からはじめる人のためのオンライン句会です。

 本会は「夏雲システム」を利用させてもらっています。

1.原則として月一回の月例句会を実施します。

2. 参加者
 あらかじめ登録された者のみ。
 (「俳号」をきめて、【句会「寅の日」参加希望】のタイトルで楠田までメールを)
 
3.投句のお題
・当季雑詠(その季節の季語を自由に詠む。)

4.句数
・5句だし
・5句選(特1・並4)特選は2点 並選は 1点 扱い
・予選句は自由 

5.【投句期間】
 2022年10月1日0時から15日23時30分まで
 
6.【選句期間】
 2022年10月16日0時から25日23時30分まで  

7.【結果発表】
 2022年10月26日から
同時に「談話室」が書き込み可能になります。

8.賞について
 ・最高得点句は最優秀句であり、その句会の「寅日子」賞とする。
 ・特別賞として、次の賞を設ける。
 「これぞ科学!!」が詠まれた句 → 「牛頓」(ニュートン)賞!!
 「よくぞそこまで観察した!!」という句 → 「藪柑子」賞!!
  特別賞は、毎回でなくてよい。
  もちろん「寅日子」賞と重なることがあってもよい。
  参加者が、選評の際に書き込むようにようにしたい。複数票を獲得したときに受賞としたい。

9.注意事項
 参加する前に「夏雲システム」、「同意事項」をよく読んでおいてください。

***************************************************************

▼ビンチはチャンス!!
 子規の心境で(まったくのシロウトがそんなこと言ったら(^^ゞポリポリ)、オンライン句会「寅の日」のあらたな可能性をさぐってみたい!!
 ひょっとしたら、ここにオンライン「句会」の最大の醍醐味があるかも知れない。
 あなたも一緒にどうですか!!

 

|

« 2022年・私の「ヒガンバナ研究」はどこまで!? (7) #ヒガンバナの繁殖 #ヒガンバナの種子 #ヒガンバナ実生実験 #Webテキスト #日本ヒガンバナ学会 | トップページ | 2022年・私の「ヒガンバナ研究」はどこまで!? (8) #シロバナヒガンバナ #ヒガンバナの種子 #ヒガンバナ実生実験 #ヒガンバナの歴史 #Webテキスト #日本ヒガンバナ学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2022年・私の「ヒガンバナ研究」はどこまで!? (7) #ヒガンバナの繁殖 #ヒガンバナの種子 #ヒガンバナ実生実験 #Webテキスト #日本ヒガンバナ学会 | トップページ | 2022年・私の「ヒガンバナ研究」はどこまで!? (8) #シロバナヒガンバナ #ヒガンバナの種子 #ヒガンバナ実生実験 #ヒガンバナの歴史 #Webテキスト #日本ヒガンバナ学会 »