« 「原子論」を科学する(1) #原子論 #原子論的物質観 #原子論の授業 | トップページ | 2022年・今年もコガネグモと出会った!!(2022/05/22) #コガネグモ #クモ学 #隠れ帯 #コガネグモの狩り »

【Web更新5/22】22-21 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc7624_20220523035201

せわしなく人の動くや麦の秋 22/05/21撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】22-21
週末定例更新のお知らせ
 前の田んぼのカエルの大合唱がうるさいほどだ。
 ところが、ある瞬間ピタリとそれはやみ小鳥の囀りにシフトする。
 その瞬間は一昨日が4時40分、昨日が4時35分
 そして本日は…!?

 はたして、この瞬間は何が決定しているのだろう!?

◆表紙画像集2022 更新 麦
 今年もこの季節がやってきた!!
 麦の穂は黄色く熟してきた。水田の準備も平行してすすむ。
 人の動きもせわしくなってきた。
 麦の秋だ!!

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 梅雨期の6月。
 テーマは決まっていた。「寅彦とルクレチウス」だ。
 1ヶ月集中して「ルクレチウスと科学」を読む。
 さて、今回はどこまで読み解きが進むだろう!?

◆「静電気」を科学する 更新!
 4ヶ月にわたって綴ってきた 「静電気」を科学する シリーズをリンクしてページ化してみた。
 自分自身の学びのプロセスの記録化である。
 いちばん参照するのは私だろう。
 続・「静電気」を科学する はあるだろうか!?

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 久しぶりリアル参加させてもらったファラデーラボ「かがくカフェ」はやっぱり愉しかった。
 「原子論」を科学する シリーズもはじめた。
 どこまでも楽しむことを最優先に考えてつづけたい。
 面白くなくなったら、すぐやめようと思う。


 大賀ハス観察池。
 蓮根の植え替えから第8週目である。
 前日の雨は、浮葉の上で輝き転がっていた!!
 
_dsc7669_20220523035201

 

 

|

« 「原子論」を科学する(1) #原子論 #原子論的物質観 #原子論の授業 | トップページ | 2022年・今年もコガネグモと出会った!!(2022/05/22) #コガネグモ #クモ学 #隠れ帯 #コガネグモの狩り »

コメント

カエルの大合唱→小鳥の囀り
のスイッチ時刻に関してですが、お住いの辺りでは4:50前後が日出時刻となっており、明るさが関係しているのかもしれませんね。

投稿: さんちゃん/池田勝利 | 2022/05/23 11:23

参考になりそうな考察を見つけました。

鳥のさえずり始める時刻と日の出の時刻との関係について
https://www.wbsj.org/nature/public/strix/10/Strix10_08.pdf

投稿: さんちゃん/池田勝利 | 2022/05/23 11:26

カエルの天敵には肉食の鳥類も含まれるでしょうから、鳥の目が効くような明るさになると、居場所を知らせることにもなる鳴き声を発しなくなるのかもしれませんね。

投稿: さんちゃん/池田勝利 | 2022/05/23 11:29

さんちゃん/池田勝利さん

貴重なコメントをありがとうございます。
ナルホド(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
納得の行く推論ですね!!

投稿: 楠田 純一 | 2022/05/24 05:42

さんちゃん/池田勝利さん

 たいへん興味深いレポートの紹介をありがとうございます。
 およそはそう思っていても、くわしく調査した研究はたいへん面白いですね。
 これを読むと、より説得力が出てきましたね。

>さんちゃん/池田勝利さん
>
>参考になりそうな考察を見つけました。
>
>鳥のさえずり始める時刻と日の出の時刻との関係について
>https://www.wbsj.org/nature/public/strix/10/Strix10_08.pdf

投稿: 楠田 純一 | 2022/05/24 05:55

さんちゃん/池田勝利さん

 つづけてありがとうございます。
 まさに三段論法ですね。
 うんと納得です!!そのつもりで今朝聞いていると、まったくそのとおりだと思いました。
 カラスが大きな声でなくんですが、それが「合図」になっているのではと思ったりしました。

投稿: 楠田 純一 | 2022/05/24 06:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「原子論」を科学する(1) #原子論 #原子論的物質観 #原子論の授業 | トップページ | 2022年・今年もコガネグモと出会った!!(2022/05/22) #コガネグモ #クモ学 #隠れ帯 #コガネグモの狩り »