« 実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2022/04/23) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 | トップページ | 「煮干しの解剖」を科学する(10)#こどもサイエンスひろば #サイエンス教室 #魚のかがく #煮干しの解剖教室 #煮干しの解剖資料室 »

【Web更新4/24】22-17 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc6545

実を残しいつのまにやら藤の花 22/04/23撮影@福崎


■楠田 純一の【理科の部屋】22-17
週末定例更新のお知らせ
 はやくも4月最後の週末定例更新となった。
 なんともそのはやさに心もからだもついていけない!!
 
 はやいのはそれだけではなかった。
 季節も晩春、初夏を通り越して夏!?
 もっと ゆっくり ゆっくり 急ごうや !!

◆表紙画像集2022 更新 藤の花
 実がはじける「潮時」を観察したくて、冬の間ずっとずっと通い続けた藤棚。
 しばらくぶりに訪れたら、はじけなかった実を残したまま、すっかり花の季節となっていた。
 それにしてもみごとなものだ「藤の花」は!!
 今度はこのみごとな「藤の花」が、どのように「藤の実」に変化するか!?
 またしばらく通ってみようかな。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 しばらく続けてきた 「煮干しの解剖」を科学するシリーズも、いよいよ本番だった。
 実に楽しかった。
 また多くのことを学ぶことができた。深謝 <(_ _)>

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 オンライン「寅の日」11年目の歩みもはや1ヶ月が過ぎようとしている。
 5月テーマは「寅彦と科学教育」である。
 あらたな展開も期待したいところである。

◆【ヒガンバナ情報2022】 更新!!
 ヒガンバナの葉が今枯れかけようとしている。
 しばらくすると地上部から姿を消してしまうだろう。
 今こそ ヒガンバナの葉 の観察を!!


 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから4週目です。
 いちばんのりの「葉芽」は葉が開こうことしている。やがて「浮葉」となるだろう。
 あとにつづく「葉芽」も次々と。

_dsc6622

 

|

« 実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2022/04/23) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 | トップページ | 「煮干しの解剖」を科学する(10)#こどもサイエンスひろば #サイエンス教室 #魚のかがく #煮干しの解剖教室 #煮干しの解剖資料室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2022/04/23) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 | トップページ | 「煮干しの解剖」を科学する(10)#こどもサイエンスひろば #サイエンス教室 #魚のかがく #煮干しの解剖教室 #煮干しの解剖資料室 »