« 「煮干しの解剖」を科学する(6) #卵巣 #精巣 #背骨 #血管 #せきずい #筋肉 #煮干しの解剖教室 | トップページ | 【Web更新4/17】22-16 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »

「煮干しの解剖」を科学する(7) #観察準備物 #実践記録 #煮干しの解剖資料室 #煮干しの解剖教室

Dscn9896_20220417045401

『煮干しの解剖教室』(小林眞理子著 仮説社)をテキストとして、「教材研究」としての解剖実習もついに最後となった。
 テキストの最後にはこんなページがあった。

【もしも見ることができたら】(P29)
・「めずらしい!」もの発見で、寄生虫発見の報告が出ていた。
・丸まったひものようなもの!?私も今回どこかで見たような気がした。(あとでチェックしてみよう)
・多くの人の目で観察すればいっぱい「めずらしい!」ものを発見できるかもしれないな!?
・「どんもの食べていたのかな」ということで、胃のなかの顕微鏡観察をしていた。
・今回はこれには挑戦しなかった。
・これだけでもけっこう興味深いすぐれた「教材」であると思う!!

▼さらにこんなページもあった。

【解剖で見えてくるもの】(P30)
・「解剖」によって見えてきたものがまとめてあった。
・「解剖」学習の位置づけが語られていた。納得デアル!!
 

外から見ただけでは、動物のこうした特徴を持っているかどうかはわかりにくい。つまり、解剖による研究はそれを調べる科学の方法の一つなのだ。

・「煮干しの解剖」という授業のいろんな場面での可能性を考えさせられた。

▼さあ、具体的な準備物に入ろう!!

・煮干し(ひとり何匹ぐらいあるといいのかな!?)
・A4の白い紙(「解剖皿」ダ)
・つまようじ一本(あればピンセット)
・ルーペ

ここでもやっぱり

◆『煮干しの解剖資料室』 

は最高に役に立つ!!
ぜったいのお薦めだ!!

▼前回の「ひとり授業」のときも、今回の「教材研究」としての「科学する」シリーズでも、先行実践された方の多くのコメント・アドバイスをもらった。それがたいへんうれしかった!!
 同時に、これまでに多くの方が「煮干し解剖」を実践されていることを知った。
 
 今しばらく、これまでの「煮干しの解剖」実践から大いに学びたい!!

(つづく)


|

« 「煮干しの解剖」を科学する(6) #卵巣 #精巣 #背骨 #血管 #せきずい #筋肉 #煮干しの解剖教室 | トップページ | 【Web更新4/17】22-16 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「煮干しの解剖」を科学する(6) #卵巣 #精巣 #背骨 #血管 #せきずい #筋肉 #煮干しの解剖教室 | トップページ | 【Web更新4/17】22-16 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »