« サイエンスコミュニケーター宣言(430) #道楽の科学 #共愉の科学 #サイエンスコミュニケーター #オンライン企画 | トップページ | 2022年4月(卯月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール »

サイエンスコミュニケーター宣言(431) #理科の授業 #理科の部屋 #日本理科教育史 #現代理科教材発展史

Dscn9962_20220331043801

▼サイエンスコミュニケーターとしての「現在地」を確かめる作業をつづけよう。

 次は第3の座標軸だ。

(3) 中学校「理科」カリキュラム全課程実践的検討!!

 11年の歩みのなかでもずっと確信を持ち続けていることがある。
 それは

・理科の授業はサイエンスコミュニケーションの最前線である!!
・理科教師は最前線のサイエンスコミュニケーターである!!

 ということである。理科の教師にとっては、別途「サイエンスコミュケーション」の現場があるわけではない。
 理科の授業そのものが最高の現場であるのだ。

▼誰もが自らの授業を語りはじめたら、かつてどこにもなかった「授業DB」が構築できるかも知れない。
 少し古くなるが、小さな試みをはじめた。

●私の「ふしぎ!?」からはじめて「卒業論文」にいたるまでの中学校3年間「理科」全課程を構想する!!
 新・中学校「理科」を構想する(2016年版)

 少しずつでも更新はつづけるつもりだ。更新しないものは、存在しないに等しいから。
 当面、力点を置きたいのは 2つ

●2022年度「授業びらき」を構想する!!(「わたしならこうする」)
●Webテキストの<テキスタイル>化!!


▼次は第4の座標軸だ。

(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!

ホンモノの「流行」は「不易」を内包する!!
ホンモノの「不易」は「流行」を創造する!!

 理科教育コミュニティの「不易流行」を追っていた。【理科の部屋】はひとつの答えだと思っている。

 「情報は発信するところに集まる」!!
 「情報は交叉するところに生まれる」!!

 は「不易」である。

▼最後の第5の座標軸に行く。

(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる。

 関連して2つのプロジェクトに取り組んでいた。

◆『「日本理科教育史」をプロットする!!』
◆『現代理科教材発展史』

 いずれも遠大なるプロジェクトであった。(少々「大風呂敷」!?)
 取り組みは間欠的で、きわめて遅々たるものとなっていた。ポンコツひとりの仕事としては限界があった。

 プロセスを愉しみながら どこまでも現在進行形で ゆっくり ゆっくり 急ごう!! 
 さあ、12年目の歩みに向けて


|

« サイエンスコミュニケーター宣言(430) #道楽の科学 #共愉の科学 #サイエンスコミュニケーター #オンライン企画 | トップページ | 2022年4月(卯月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイエンスコミュニケーター宣言(430) #道楽の科学 #共愉の科学 #サイエンスコミュニケーター #オンライン企画 | トップページ | 2022年4月(卯月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール »