« 【お薦め本】『フランクリン』(板倉聖宣著 仮説社) | トップページ | 「静電気」を科学する(18) #三種の神器 #ライデン瓶 #電気盆 #箔検電器 »

「静電気」を科学する(17) #箔検電器 #ボルタの電気盆 #静電誘導 #箔検電器の歴史

Dscn8876

▼先日のファラデーラボ・第129回「かがく」カフェで森本雄一さんが発表された
 『手作り箔検電器とボルタの電気盆』!!
 私も作らせてもらって、今、机の上にある。
 これがなかなかのスグレモノである!!
 なんと言ってもうれしいのは、あの高価な実験装置「箔検電器」が、今、目の前にあるのだからアリガタイ!!
 思いついたら、今すぐにでも実験ができるのだ!!

▼そもそも「箔検電器」はいつごろはじまったのだろう!?
 その意義は!?
「ボルタの電気盆」については、すでにその歴史をみた。

 「箔検電器」の歴史に入る前に、どうしてもふれておかねばならないことがあった。
 「静電誘導」!!
 こんなコトバ使うのも久しぶりだ。
 帯電体の近くに金属を置くと金属には電気が発生した。帯電体に近い側には帯電体と逆の電荷、遠い側には同じ電荷が発生する。
 ダカラ 箔は開く!!
 この「静電誘導」の現象は 1753年カントン(イギリス)によって発見されたのである。

▼この現象をもとに1754年に、カントンは検電器を考案した。
 ただし、カントンの最初に考案した検電器はリンネルの糸にコルクボールをぶらさげて「空気中の電気」を調べようとしたものらしい。
 いろいろ考えるものだな!!
 決定的進化をとげるのは1787年だ!!
 ベネットが「ガラス容器に入った金箔を使用した」検電器を発明したのだ。

▼この歴史を自分の頭の整理のために「あのボルタを中心とした歴史」にあてはめてみよう。

・1753年(宝暦3) カントン 「静電誘導」現象を発見。
・1754年(宝暦4) カントン 「検電器」を考案
・1775年(安永4) ボルタ 「電気盆」を改良し、世間に広く知らしめる。
・1782年(天明2) ボルタ  コンデンサトレ(蓄電器)と名づけた蓄積装置の組み立てに到達する。
・1787年(天明7) ボルタ 麦わら検電器発明
・1787年(天明7) ベネット 金箔検電器発明

・1800年(寛政12) ボルタ電堆の発明 

 やっぱりいちばん気になってくるのは、「検電器」から「ボルタ電堆」にどうツナガルのかダ!?
 「手作り箔検電器」でいろいろ遊ばせてもらいながら考えてみたい!! 

(つづく) 
  

|

« 【お薦め本】『フランクリン』(板倉聖宣著 仮説社) | トップページ | 「静電気」を科学する(18) #三種の神器 #ライデン瓶 #電気盆 #箔検電器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【お薦め本】『フランクリン』(板倉聖宣著 仮説社) | トップページ | 「静電気」を科学する(18) #三種の神器 #ライデン瓶 #電気盆 #箔検電器 »