« 本日(2022/02/18)、第309回オンライン「寅の日」!! #地図をながめて #traday #寺田寅彦 | トップページ | 2022年3月のオンライン「寅の日」は #防災と減災 #traday #寺田寅彦 »

2021年採集・回収したヒガンバナの「種子」にナンバリングをはじめた!!(2022/02/18) #自然結実 #3倍体 #ヒガンバナの種子 #実生実験

Dscn0051_20220219042501

▼2021年に自然結実ヒガンバナから採集・回収した823個の「種子」を冷蔵庫から出してきた。
 「種子」の保存方法もこれがベストなのかわからない。
 当初、カビの被害で悩んだ末に考えた方法だった。

 それにしてもやっぱり823個は圧巻だった!!


Dscn0024

Dscn0034

▼実はこの「種子」を使って、どのように実生実験を展開するのかきめていなかった。
 まずは、823個の「種子」に特定化を図りたかった。
 ナイロン袋には
 ・花茎の採集場所
 ・採集日
 ・「種子」回収日
 を記入していた。
 それを見ながら採集日、回収日の順番にならべてみた。

▼とは言っても、とんでもない数の「種子」だ。
 まずは自然結実ヒガンバナ群生地【安富】からはじめた!!
 机上に順番にならべておいて、赤マジックでナンバリングをしていった。
 
【安富】=208個
 花茎採集日は二日あった。
 ・2021/10/12
 ・2021/10/26 

▼たったこれだけの作業であるが、けっこう時間がかかった。
 しかし、時間がかかるぶんだけ、あらためての「発見」もあった。

 花茎の「水栽培」に入ってから、3週間を過ぎたころが回収のピークである!!

 そんなこともわかりはじめた。
 【安富】のナンバリングだけでなんと半日をかけてしまった。

 道は遠いな!!
 さてどのように実生実験を展開したものやら!?

(つづく)

Dscn0067

Dscn0085

Dscn0097_20220219043201

Dscn0116

|

« 本日(2022/02/18)、第309回オンライン「寅の日」!! #地図をながめて #traday #寺田寅彦 | トップページ | 2022年3月のオンライン「寅の日」は #防災と減災 #traday #寺田寅彦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日(2022/02/18)、第309回オンライン「寅の日」!! #地図をながめて #traday #寺田寅彦 | トップページ | 2022年3月のオンライン「寅の日」は #防災と減災 #traday #寺田寅彦 »