« 本日(2022/01/13)、第306回オンライン「寅の日」!! #科学と文学 #traday #寺田寅彦 | トップページ | 【お薦め本】『寺田寅彦「藤の実」を読む』(山田功・松下貢・工藤洋・川島禎子著 窮理舎) »

「静電気」を科学する(3) #エレキテル #橋本宗吉 #エレキテル究理原 #ライデン瓶 #百人おどし

Dscn2074

▼「エレキテル」で思い出すもうひとりの人物がいた。
 橋本宗吉こと橋本曇斎である!!
 曇斎は「エレキテル」によるくわしい数々の実験を行ない『阿蘭陀始制エレキテル究理原』にまとめた。
 のちに「日本の電気学の祖」とよばれる人物だ。

▼『エレキテル究理原』のなかに紹介されている実験に「天から火をとる実験」というのがある。
 庭の高い松(30mを越える)を利用して雷が静電気であることを実証する実験であった。
 実験を行なった場所は、大阪府泉南郡熊取町に平安時代からの名家「中家」の住宅の庭である。
 その実験地に記念の碑が立っていると聞かされていた。
 ここもまた「いつか」は行ってみたいと思い続けていた場所だった。
 
 その「いつか」は、2013/12/22に唐突に訪れた!!
 その場所に立ってみるだけで感動だった!!

Dscn2022_20220114044501


▼「雷」が「静電気」である認識はいつごろからであったのだろう。少し「エレキテル」の歴史をふり返ってみよう。
 (『磁石と電気の発明発見物語』(板倉聖宣編 国土社)の年表を参考に)

●1752年(宝暦2) フランクリン  雷のある日に凧をあげて、雷の電気を取り出す実験に成功し、避雷針を発明した。
●1776年(安永5) 平賀源内 エレキテルの修繕と製作に成功する。
●1779年(安永8) 大阪で日本最初のエレキテルのみせものがはじまった。
●1811年(文化8) 橋本曇斎 『阿蘭陀始制エレキテル究理原』の序文が書かれる。

その20年後!!

●1831年(天保2) ファラデーの「電磁誘導」発見


▼曇斎の『エレキテル究理原』には、数々の面白い「静電気」の実験が紹介されていた。
 よくしるところでは「百人おどし」などもある。
 また「ライデン瓶」なども登場する。

 今さらであるが『エレキテル究理原』<復刻版>がむしょうに欲しくなってきた。
 どうやら「静電気」ばっかり病が発症しかけたようだ。

(つづく)
 

|

« 本日(2022/01/13)、第306回オンライン「寅の日」!! #科学と文学 #traday #寺田寅彦 | トップページ | 【お薦め本】『寺田寅彦「藤の実」を読む』(山田功・松下貢・工藤洋・川島禎子著 窮理舎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日(2022/01/13)、第306回オンライン「寅の日」!! #科学と文学 #traday #寺田寅彦 | トップページ | 【お薦め本】『寺田寅彦「藤の実」を読む』(山田功・松下貢・工藤洋・川島禎子著 窮理舎) »