« 実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2021/11/29) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 | トップページ | 2021年12月(師走)の俳句「歳時記」!! #俳句 #歳時記 #オンライン句会 »

2021年12月(師走)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール

Dscn9115

▼いよいよ12月(師走)だ。
12月(師走)の「雲見」を予想する前に2021年11月の「雲見」のまとめをもくもくシールセットによる「雲見」カレンダーでふり返っておこう。
 使用した十種雲形シールは次のようになった。

・快晴    5 
・巻雲    2 
・巻積雲   0 
・巻層雲   4     
・高積雲   3  
・高層雲   0     
・層積雲   5 
・積雲    7 
・層雲    2  
・乱層雲   2  
・積乱雲   0

 目立つのは、快晴5+積雲7=12 である。
 それにくらべて 乱層雲2 である。
 観測時間が原則9時 とかぎられていることもあるが雨はとても少なかった印象である。
 顕著な自然現象として川霧をよく観察した。
 川霧発生の条件とは!? 追究してみたいテーマでもある。


▼2021年12月(師走)の「雲見」の予想に入ろう。
 まずは昨年の12月の天気図を見てみる。

◆日々の天気図 2020年12月 (気象庁) 

・「初霜」はあったが、「初氷」はまだだった。それはいつだろう!?
・「初雪」はいつだろう!?
・今年の冬は「大雪」はあるのかな?
・寒くなるのかな!?
・あらためて気温のことが気になりかけている。わずかな気温の変化で見えてくる自然現象は大きく変化する。
今さらの如く、このアタリマエに感動している。
・どんな景を見る年末年始になるだろう。「雲見」は!?


▼12月の「雲見」予想をつづけよう。
 次なる「雲見」の予想の資料はこれだ。よりローカルな予想に入ろう。

◆向こう1か月の天候の見通し 近畿地方(大阪管区気象台)

・毎週木曜日更新だから、最新は明日の更新を待つ必要がある。
・大雑把にみれば寒くなって来そうだ。
・太平洋側と日本海側との天気のちがいが顕著になる季節だ。
・自分が住むところが、どちらに近いのか!?
・どちらかと言うと、「日本海側」だろうか!?
・よりローカルな「雲見」の予想ができるようになりたいものだ。
・鍵は地形にありそうだ!!
 

▼いよいよ「雲見」の旅 再開!!
 と思ったら、またまた雲行きがあやしくなってきた。
 
 もしリアルがむつかしくなったら
 再びエマグラム鉄道で「雲見」の旅だ!! 


|

« 実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2021/11/29) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 | トップページ | 2021年12月(師走)の俳句「歳時記」!! #俳句 #歳時記 #オンライン句会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2021/11/29) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 | トップページ | 2021年12月(師走)の俳句「歳時記」!! #俳句 #歳時記 #オンライン句会 »