« 2021年10月(神無月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール | トップページ | 今こそ、植物「ヒガンバナ」の教材化を!! #ヒガンバナの葉 #光合成 #ヒガンバナの一年 #日本ヒガンバナ学会 »

2021年10月(神無月)の俳句「歳時記」!! #俳句 #歳時記 #オンライン句会

Dscn9980

▼我らが寅日子先生は、1905(明治三八)年の4月、『ホトトギス』に「団栗(どんぐり)」を掲載した。
 
●「どんぐり」(寺田寅彦 青空文庫より)

 ころがる「どんぐり」を見ていると、それを思い出すのだった。

▼さあ今月も名句の鑑賞 よりはじめる俳句修業だ!!
 名句の参考にさせてもらうのは、いつものように

◆NHK「俳句」 テキスト 

である。ここより巻頭の名句11句を引用させてもらう。

(1) 秋晴の何処かに杖を忘れけり 松本たかし
(2) 霧の村石を投らば父母散らん 金子兜太
(3) さやうなら霧の彼方も深き霧 三橋鷹女
(4) 蜻蛉つかふ空そのうへの空高し 岡田一実
(5) 今生のいまが倖せ衣被 鈴木真砂女
(6) どんぐりの森の大きな消火栓 森澤 程
(7) 茸山のきれいな水を跨ぎけり 山尾玉藻
(8) 運動会石鹼吊す蛇口あり 小川軽舟
(9) 父と呼びたき番人が棲む林檎園 寺山修司
(10) ふりかぶる何ヅ處も紅葉めらめらと 高橋睦郎
(11) 帰るのはそこ晩秋の大きな木 坪内稔典

▼俳句修業の第一歩は「選句」から!!
 「選句」という作業はけっこう面白い。
 この作業をする度に、世界が広がっていくような気がしてくるからだ。
 ましては、「名句」ならなおさらである。
 今月の私のシロウト「選句」の結果はこうだ。

【私の選んだ名句ベスト3】

(1) 秋晴の何処かに杖を忘れけり 松本たかし

(6) どんぐりの森の大きな消火栓 森澤 程

(10) ふりかぶる何ヅ處も紅葉めらめらと 高橋睦郎

【次点】

(2) 霧の村石を投らば父母散らん 金子兜太

【選評】
・「秋晴」がなんとも効果的、アルアルだ!!うまいなあ!!
・いっぺんに「童話」の世界に!!なんでだろう!?
・「何ヅ處も」「めらめらと」なんてなかなか出てこないな。修業だ!!
・「霧の村」「父母」に反応してしまった。


▼俳句修業の究極の「かたち」が「句会」である。
 多くの先達たちが教えてくれるところだ。しかし、シロウトにとってそのハードルは高い。
 そんなとき、たいへん面白い道をみつけた!!

 オンライン句会である。
 寅日子先生に師事するオンライン句会、オンライン句会「寅の日」!!
 もう二年目に入っている。その面白さを伝えたいが、なかなかむつかしい!!
 ありきたりのコトバしか出てこない。

 いっしょにやりませんか!!

● 第14回オンライン句会「寅の日」10月例会案内!!

|

« 2021年10月(神無月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール | トップページ | 今こそ、植物「ヒガンバナ」の教材化を!! #ヒガンバナの葉 #光合成 #ヒガンバナの一年 #日本ヒガンバナ学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2021年10月(神無月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール | トップページ | 今こそ、植物「ヒガンバナ」の教材化を!! #ヒガンバナの葉 #光合成 #ヒガンバナの一年 #日本ヒガンバナ学会 »