« 今こそ、植物「ヒガンバナ」の教材化を!! #ヒガンバナの葉 #光合成 #ヒガンバナの一年 #日本ヒガンバナ学会 | トップページ | 【お薦め本】『寺田寅彦と物理学』(池内了著 玉川大学出版部) »

【Web更新10/3】21-40 【ヒガンバナ情報2021】 等 更新!!

_dsc6745

常山木の実西谷川に映りけり 21/10/02撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】21-40
週末定例更新のお知らせ
 10月(神無月)がはじまった!!
 
 みちはこたえない。
 みちはかぎりなくさそうばかりだ。(真壁仁「峠」より)

◆表紙画像集2021 更新 常山木の実・臭木の実
 そこの常山木(くさぎ)の花に気づいたのは今年の夏だった。
 なじみの場所でありながら、ずっと気づかなかっただけなのだろう。
 西谷川の土手の石垣から生えていた。
 突き出た対岸からやっと観察できた。
 赤い萼のまん中の藍色の実は宝石のように輝いていた!!
 西谷川の川面に映っていた!!

◆【ヒガンバナ情報2021】 更新!!
 「お彼岸」はとっくにすぎたのにヒガンバナ!?
 いや植物「ヒガンバナ」の観察は、今からが本番だ!!
 <葉の季節>に入ったことを自分の眼で確かめてみよう!!
 そして
 あんなにみごとな「花」を咲かせていたの ダカラ !!
 それはもう少し後の話にしよう。

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!?  更新!!
 今月も「雲見」、俳句「歳時記」だけの更新になってしまった。
 いつでも、試案の試行錯誤だけは繰り返そう。
 そして、使ってみたい。

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 10月のテーマは、「寅彦と自然の見方」だ。
 寅彦の観察眼から大いに学びたいものである!!


 大賀ハス観察池は蓮根の植え替えから28週目だった。
 枯れ蓮とヒガンバナのコラボ、そのヒガンバナもすっかり萎れてしまった!!
 実のネツトもひとつぶらさがるだけになってしまった。

_dsc6877
  

 


 

|

« 今こそ、植物「ヒガンバナ」の教材化を!! #ヒガンバナの葉 #光合成 #ヒガンバナの一年 #日本ヒガンバナ学会 | トップページ | 【お薦め本】『寺田寅彦と物理学』(池内了著 玉川大学出版部) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今こそ、植物「ヒガンバナ」の教材化を!! #ヒガンバナの葉 #光合成 #ヒガンバナの一年 #日本ヒガンバナ学会 | トップページ | 【お薦め本】『寺田寅彦と物理学』(池内了著 玉川大学出版部) »