« 2021年8月(葉月)の俳句「歳時記」!! #歳時記 #オンライン句会 | トップページ | 「日本理科教育史」をプロットする!!(49) #鉄と硫黄の化合実験 #化学指導ノート #三井澄雄 #田中実 »

「日本理科教育史」をプロットする!!(48) #鉄と硫黄 #化学変化 #舎密開宗 #宇田川榕庵 #田中実

Dscn7545

▼私には相矛盾するふたつの持病がある。
 「ばっかり病」と「あれもこれも病」である。
 今さらなげいてもはじまらない。これらの持病とうまくつき合っていくしかない。
 
 今年の夏、「夏の創造」という大げさなプロジェクトをかかげた。そのなかでいくつかの課題(宿題)を設けていた。
 そのひとつが

(3)「日本理科教育史」をプロットする!! を続ける

である。しばし、これに集中してみようと思う。


▼最近、中学校理科から、「化合」という用語が消えると話題になっていた。
 驚いて、あの実験はどうなるんだろう?と、教科書を取り寄せ確かめてみた。
 あの実験はあった!!

【実験】「鉄と硫黄の混合物を加熱したときの変化」

 として。
 やっぱり定番実験だ!!
 私としては、さらに発展させてた、「鉄と硫黄のダンゴ」実験が気に入っていた。

【実験】「鉄と硫黄のダンゴ」実験


▼この機会に、この定番実験が、日本理科教育史のなかでいつごろ、どのように「定番」となっていったのだろう。
 しばし、それを可能な範囲で追いかけてみたいと思う。
 日本の科学史で「化学」と言えば、これだ!!という本があった。
 『舎密開宗』である。

●1837~1847年 『舎密開宗』(宇田川榕庵著)日本で最初の「化学書」!!

 貴重な資料だ。それはわかるがこのままでは私には歯が立たない。
 アリガタイことに現代語訳が出ていた。

●1975年 『舎密開宗―復刻と現代語訳・注 』(講談社 宇田川 榕菴 (著),田中 実 (著))

 マッチを追いかけていたときに、かなり思いきって手に入れていた。
 こんなときにこそ見なければ…。


▼ここに、この定番実験はすでに出ていた!!

 「銕和硫黄 第二百七章」

 現代語訳ではこうだ。引用させてもらう。

 第二百七章 鉄は硫黄と化合する    鉄くずに適当量の硫黄を加え、水で練って泥状にすると、自然に発火する。  …

 (『舎密開宗―復刻と現代語訳・注 』(講談社 宇田川 榕菴 (著),田中 実 (著))P308より)

 驚きデアル!!

(つづく)

Dscn7533

Dscn7565_20210804033301

Dscn8999_20210804033301

|

« 2021年8月(葉月)の俳句「歳時記」!! #歳時記 #オンライン句会 | トップページ | 「日本理科教育史」をプロットする!!(49) #鉄と硫黄の化合実験 #化学指導ノート #三井澄雄 #田中実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2021年8月(葉月)の俳句「歳時記」!! #歳時記 #オンライン句会 | トップページ | 「日本理科教育史」をプロットする!!(49) #鉄と硫黄の化合実験 #化学指導ノート #三井澄雄 #田中実 »