« 「いろいろな生物とその共通点」を学ぶ(4) #大賀ハス #花のつくり #花の変化 #種子植物 | トップページ | 2021年8月(葉月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール »

「いろいろな生物とその共通点」を学ぶ(5) #ヘチマの花 #雄花雌花 #花粉 #花の進化

Dscn8681

▼子規庵のヘチマ!!
 今が雄花の花盛り!!
 何匹ものクマバチが雄花に頭から潜り込んでいた。
 しばらくまさぐるようにしてから、また他の花に飛んでいった!!

 よほど美味しい蜜が用意されているのだろうか!?

▼そうだ!!
 今度はヘチマの花粉をデジタル顕微鏡で観察してみよう。
 セロテープを使った簡易な方法で花粉のプレパラートをつくった。
 みつけた!!
 トゲトゲのある花粉を。
 待てよ 
 ヘチマの花粉ってこんなトゲトゲあったかな ?(゜_。)?(。_゜)?
 調べてみた。どうやら違う。
 もっとたくさんある花粉は別にあった。
 でもトゲトゲのある花粉は誰のモノだろう!?クマバチがどこからか運んできたものだろうか。
 そう言えば、クマバチはとなりのヒマワリの方へも飛んでいっていたな。
 それとも…

Hetima1000

Sinhetima100

Isihetima4002

Dscn8796

▼この花粉をヘチマの雌花に運んでもらわなければ。
 あれっ!?
 花の下に子房部をもった雌花が見あたらない。
 まだ花開いていないいくつかをみつけたにすぎなかった。
 どうしてだろう!?

 もう実になって大きく育とうとしているものもあるのだから、雌花が咲いていたことは確かだ!!

Dscn8777_20210731044101

Dscn8736
 
▼それにしてもこの雄花・雌花というみごとな「戦略」!!
 どんなメリットがあるのだろう。
 いつごろ生まれたものなんだろう。
 
 「花の進化」はなかなか面白いテーマだ!!

 
(つづく) 
 
 

|

« 「いろいろな生物とその共通点」を学ぶ(4) #大賀ハス #花のつくり #花の変化 #種子植物 | トップページ | 2021年8月(葉月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「いろいろな生物とその共通点」を学ぶ(4) #大賀ハス #花のつくり #花の変化 #種子植物 | トップページ | 2021年8月(葉月)の「雲見」は!? #雲見 #もくもくシール »