« 「Webページ」という方法!! #ホームページ #Webページ | トップページ | 【お薦め本】『すごすぎる 天気の図鑑』(荒木健太郎著 KADOKAWA) »

授業【実践DB】は可能か!? #授業 #実践DB #ネットワークと教育 #森山和道 #情報整理学

_dsc8151

▼「袋ファイル」からはじめて「Webページ」という方法まで、情報整理について個人的体験を交えながら急ぎ足で語ってみた。
 今、あらためて思う。
 その究極のねらいとは何だったのだろう!?
 と。

▼そのひとつが、授業【実践DB】の構築であると思っている。
 個人的なものとしては、2016年に次のようなものをまとめてみた。

私の「ふしぎ!?」からはじめて「卒業論文」にいたるまでの中学校3年間「理科」全課程を構想する!!
新・中学校「理科」を構想する(2016年版)

 もちろん、完成されたものではない。
 特にすぐれた実践というわけではない。むしろ「失敗」の連続で、悪戦苦闘の「記録」である。
 今、読み返せば「こうやっておけばよかったのに」と思うことばっかりある。
 しかし…
 今もあらたなこと学びはじめるときには、この授業【実践DB】を参照するようにしている。

▼ところで、インターネット時代がはじまった四半世紀以上前、ひとつの衝撃な文章に出会った!!
 衝撃的であると同時にきわめて示唆的であった。
 著者の森山和道さんに直接お願いして、今なおWebページにリンクさせてもらっている。

●「ネットワークと教育」(森山和道)

 教育現場のネットワーク環境は大きく変わった。
 しかし、今日においてもやはり有効な提言がいっぱいある。
 とりわけ、最後の一文は 今なお示唆的でアル!!

そういう風に考えていくと、別に教育現場にコンピュータ・ネットワークなんか必要ないんじゃないか──そんな風に思えてくるかもしれない。しかし、それは違う。各人が全く違う目的で蓄積したデータベースや、全く違う目的のために造られたネットワークがシームレスに繋がっていくのが「ネットワーク時代」である。全く違う知識・思考方を、全世界規模で共有することができるのだ。

例えば、それぞれの教師が自分の授業ノート・データベースを構築し、公開する。それは巨大な授業のデータベースとなるだろう。それだけで、全く違う授業が生まれるかもしれない。


▼森山さんの提言から四半世紀以上経った!!

 今、授業【実践DB】はどこまで進んでいるのだろう!?

・そもそも、授業【実践DB】は可能か!?
・ネット環境の変化によるあらたな課題は!?
・ひょっとしたら、もう実現してしまっているのかも知れない!?

 しばし、考えてみたい。

 東の畑のジャガイモ(男爵)の花が咲き始めた。
 ひょっとしたら「実」が と思うと摘んでしまうことをためらうのであった。
 
 
 

|

« 「Webページ」という方法!! #ホームページ #Webページ | トップページ | 【お薦め本】『すごすぎる 天気の図鑑』(荒木健太郎著 KADOKAWA) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「Webページ」という方法!! #ホームページ #Webページ | トップページ | 【お薦め本】『すごすぎる 天気の図鑑』(荒木健太郎著 KADOKAWA) »