« 実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2021/04/09) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 | トップページ | 本日(2021/04/12)、第282回オンライン「寅の日」!! #研究的態度の養成 #traday #寺田寅彦 »

実生ヒガンバナ(2019年採集分)は今!!(2021/04/10) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験

Dscn9425

▼2019年に採集・回収したヒガンバナの種子530個を使った実生実験!!
 前回の観察で一定の結論が出ていた。

「出葉」したものの総合計は54個!!

「安富」5+「夢前」12+「福崎」29+「加美」2+「福崎B」2+「庭」1+「線路」3=54個 !!

「発芽・発根」したもののうち
暫定出葉率54/140個×100= 38.6% !!

530個の種子全体から見ても
暫定出葉率54/530個×100= 10.2% !!

これは驚異的な数だった!!

▼この「事実」をどう考えるか!?
 この謎解きが今、最大の課題だった。
 
 一方その後、実生実験がどのように展開していったかを「記録」しておくこともまた急務だった。
 前回から、2ヶ月と10日あまりが経過していた。

まずは【安富】【夢前】の鉢が置いてある場所だ。
・春になり雑草が生い茂っている。
・雑草をひっこぬきながら、ヒガンバナの葉を確認する!!
・あらたに「出葉」したものはない。
・それどころか、前回に確かに確認した葉が消えている!!
・先の方が枯れかけた葉もある!!

結論だ!!
【安富】4→3つが消えている→1
【夢前】8→3つが消えている→5(先が枯れかけた葉も)

Dscn9375

Dscn9381

Dscn9494_20210411061201

▼次は【福崎】である。
・こちらも葉の先が枯れかけたものがある。
・それどころかやっぱり葉が消えてしまったものもある。枯れきって消えてしまったということだろう。
・前回より葉が伸びたものもある。16㎝、17㎝まで育ったものもあった。
・見えている鱗茎(球根)が大きくなっているものも。
・2枚の葉がのびたものも。

結論だ!!
【福崎】26→5つが消えている→21

Dscn9392

Dscn9408

Dscn9410

Dscn9415


次は【その他】であった。
・こちらではなにより目をひくのは、土の上にはみ出した鱗茎(球根)がまるまると大きく育っていることだ!!
・これまで実生実験をずっとやってきて、一年目からこんな大きな鱗茎を見るのははじめてであった!!
・こちらの葉も17㎝に達するものもあった。
・葉先はやっぱり枯れ始めていた。
・すでに消えてしまった。枯れて!?も 1つあった。

結論は!!
【その他】6→1つが消えて→5

Dscn9442_20210411061301

Dscn9446

Dscn9456

Dscn9459

Dscn9473

▼最後に、鉢に植え替える前のケースのなかで「出葉」してきたものをみた。
・周辺の雑草が大きくのびてきた。
・ケースのふたをとったままだったのでケースのなかにも雑草が…。
・光が存分にあたっていたせいもあるのだろうか!? 枯れのスピードもはやい。
・もうあとかたもなく消えてしまったものもある。

【ケース】10→消えたもの2つ→8

Dscn9480

Dscn9483_20210411061601

Dscn9484

Dscn9490_20210411061601

【全体的な結果】
・枯れて消えてしまったものは15個!!
・あらたに「出葉」してきたものはない!!
・「出葉」によって、鱗茎(球根)を大きく成長させた!!光合成は偉大なり!!
・一度は「出葉」したという「事実」はかわらない。
・従って「出葉率」も変わらない!!
・「出葉」した葉がすべて枯れてしまわないあいだに、ケースの分は植木鉢に植え替えよう。

この「事実」をふまえて
2019年日本のヒガンバナに「何が起きたのか!?」の謎解きを進めよう!!
ゆっくり ゆっくり 急ごう !!

|

« 実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2021/04/09) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 | トップページ | 本日(2021/04/12)、第282回オンライン「寅の日」!! #研究的態度の養成 #traday #寺田寅彦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実生ヒガンバナ(2019年以前分)は今!!(2021/04/09) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 | トップページ | 本日(2021/04/12)、第282回オンライン「寅の日」!! #研究的態度の養成 #traday #寺田寅彦 »