« 【お薦め本】『細胞とはなんだろう』(武村政春著 ブルーバックス) | トップページ | 【Web更新4/4】21-14 オンライン「寅の日」 等 更新!! »

サイエンスコミュニケーター11年目にめざすこと!!(1)#2021年 #サイエンスコミュニケーター #道楽の科学 

Dscn8659

気づけば、実生ヒガンバナの鱗茎(球根)は大きく育っていた!!
 自然はどこまでも律儀に粛々と進行していた!!

 自らを「サイエンスコミュニケーター」と名のりはじめて11年目だった。
 それもはや4日目だ。

▼「サイエンスコミュニケーター10年の歩み」を一年ごとにふり返る作業をしていて、つくづくと感じた。
 ウメサオタダオのあのコトバを
 「ものごとは、記憶せずに記録する。」

 11年目もやっぱり「記録」していこう。どんな些細な「事実」も。
 まずは「11年目にめざすこと」を「記録」しておこう。
 いつのころからか使いはじめた「現在地」検証のための5つの座標軸をまたまたひっぱり出して来る。

(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求!
(2) サイエンスイベント・ムーブメントに参画する。
(3) 中学校「理科」カリキュラム全課程実践的検討!!
(4) あらたな理科教育コミュニティの構築!
(5) 日本理科教育史を現在進行形のかたちでまとめる。

▼ひとつひとつの座標軸で「めざすこと」を「記録」しておこうと思う。
 まず

(1) 道楽的「科学」・道楽的「理科」の追求! 

 
 「道楽の科学」と聞いてすぐさま頭に浮かぶ 究極の道楽が3つがあった。

 ・「雲見」
 ・「宇宙見物」
 ・「歳時記」(俳句)

 である。これらは、11年目も続行である。
 旅が解禁になりしだい「雲見」「吟行」の旅に出たい!!

▼この他に、私の勝手気ままに進めている「道楽の科学研究」とよべるようなものがいくつかあった。
 「道楽」でやっているのだから、制限も期限もなかった!!
 面白さが最優先でやってきた。
 そのスタンスはこれからも続行する!!
 しかし、一方でもう少しまとまった「かたち」で「記録」することも考えたいと思うようになった。
 先にあげた「実生ヒガンバナの研究」など、いちばんにやりたいことだ。
 他にどんなものがあるのだろう。あげるだけあげておこう。

●「コウガイビル」を追う 

●「丹生」を追う

●「クモ学」のすすめ

●「燐寸(マッチ)一本 化学の元!!」

等々

(つづく)

|

« 【お薦め本】『細胞とはなんだろう』(武村政春著 ブルーバックス) | トップページ | 【Web更新4/4】21-14 オンライン「寅の日」 等 更新!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【お薦め本】『細胞とはなんだろう』(武村政春著 ブルーバックス) | トップページ | 【Web更新4/4】21-14 オンライン「寅の日」 等 更新!! »