« サイエンスコミュニケーター10年の歩み(3) #2013年 #サイエンスコミュニケーター #クモ学 #自然結実ヒガンバナ#お水送り #理科の部屋20周年 | トップページ | サイエンスコミュニケーター10年の歩み(5) #2015年 #サイエンスコミュニケーター #立春の卵 #実生ヒガンバナ #雲見の旅 »

サイエンスコミュニケーター10年の歩み(4) #2014年 #サイエンスコミュニケーター #クモ学 #ゲホウグモ#コヒガンバナ

Dscn5495_20210313034401

▼サイエンスコミュニケーター4年目の歩みの「記録」を見てみる。

●【私の重大ニュース2014】(1)
●【私の重大ニュース2014】(2)
●【私の重大ニュース2014】(3)
●【私の重大ニュース2014】(4)

▼「自然観察」のいろいろは私の究極の道楽となっていた。
 なかでも、「クモ学」は最高に楽しかった。
 コガネグモにつづいて登場してくれたゲホウグモは「クモばっかり病」を発症させた。(^^ゞポリポリ

●ついにゲホウグモの「狩り」を見た!!(2014/07/02)

Dsc_2150

▼ファラデーラボ、「日曜会」、極地方式研究会 等々へと私の学びの場は拡がっていった!!
 自分以外の人の「私の科学」を知ることは、このうえない愉しみであった。
 人と出会いだけでなく、モノを「おすそ分け」してもらうこともあった。
 それがまた最高にうれしかった!!
 なかでも「日曜会」でおすそ分けしてもらったコヒガンバナの種子は、これ以降のヒガンバナ研究の方向も変えてしまった!!

●コヒガンバナの種子を手に入れた。\(^o^)/ #higanbana(2014/10/26)

Dsc_2217

▼さて、その年はどんな本を読んでいたのだろう!?

●【私の読んだ本・ベスト10】2014

 やっぱり「クモ学」関連があるな!!ナットク (゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

(つづく)

Dscn0848

|

« サイエンスコミュニケーター10年の歩み(3) #2013年 #サイエンスコミュニケーター #クモ学 #自然結実ヒガンバナ#お水送り #理科の部屋20周年 | トップページ | サイエンスコミュニケーター10年の歩み(5) #2015年 #サイエンスコミュニケーター #立春の卵 #実生ヒガンバナ #雲見の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイエンスコミュニケーター10年の歩み(3) #2013年 #サイエンスコミュニケーター #クモ学 #自然結実ヒガンバナ#お水送り #理科の部屋20周年 | トップページ | サイエンスコミュニケーター10年の歩み(5) #2015年 #サイエンスコミュニケーター #立春の卵 #実生ヒガンバナ #雲見の旅 »