« 2020年・『「丹生」を追う』はどこまで!? #2020年 #丹生 #朱 #辰砂 #水銀 #Hg #お水送り #お水取り | トップページ | 【Web更新12/6】20-49 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »

2020年・『「クモ学」のすすめ』はどこまで!? #道楽の科学 #クモ学 #コガネグモ 

Dsc_8007

▼次なる「道楽の科学」の歴史は比較的浅かった。
 
●「クモ学」のすすめ

 である。
▼私の「クモ学」は、たまたま2013年7月に身近にコガネグモの「狩り」を目撃したことにはじまる!!

●2013年7月9日 コガネグモの「狩り」を見た!!

 糸技を駆使したみごとな「狩り」に感動してしまった。
 もうすっかりコガネグモにはまってしまった!!
 そのとき、私は「たまたま」と思ったが、後日わかってきたことだが、これはそんな偶発的なことではなかったのだ。
▼このときから、意識的に周辺を観察するようになった。
 そして、毎年、何匹ものコガネグモに出会うようになったのだ!!

 つまり2013年に突然身近に現われたのではなく、これまでもずっと身近に一緒に暮らしていたのだ!!

 コガネグモだけでなく、いろんなクモたちが身近に暮らしていた!!
 ・ゲホウグモとの2度の出会い(2014年、2016年)
 ・ジョロウグモの産卵 → 出嚢 → 「団居」(まどい)→ バルーニング(旅立ち)
 ・隠れ帯の「ふしぎ!?」
 ・巧みな糸技の数々
 などなど
 この7年半のあいだに実に多くの「ふしぎ!?」をみせてもらってきた。
 でもやっぱり最高に「ふしぎ!?」なのは 
 この「ふしぎ!?」に今までどうして気づかなかったのだろう!?
 ということだ。

 最大の「ふしぎ!?」は最も身近にある!!

▼来年以降、自由に「動ける」にようになったら、ぜひやってみたいことがある。
 2つある。

(1) クモ関係の学会に参加し、リアルにたっぷり「クモの話」を聴きたい!!

(2) クモに特化した観察会に行きたい!!

 さて、それはいつ実現するだろう。
 実現すれば、さらに身近なクモたちのことが面白くなるだろう。
 楽しみである。 o(^o^)o ワクワク
 
 

|

« 2020年・『「丹生」を追う』はどこまで!? #2020年 #丹生 #朱 #辰砂 #水銀 #Hg #お水送り #お水取り | トップページ | 【Web更新12/6】20-49 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年・『「丹生」を追う』はどこまで!? #2020年 #丹生 #朱 #辰砂 #水銀 #Hg #お水送り #お水取り | トップページ | 【Web更新12/6】20-49 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »