« 2020年・『燐寸(マッチ)一本 化学の元!!』はどこまで!? #2020年 #マッチの歴史 #マッチ棒 #清水誠 | トップページ | 2020年・『「クモ学」のすすめ』はどこまで!? #道楽の科学 #クモ学 #コガネグモ  »

2020年・『「丹生」を追う』はどこまで!? #2020年 #丹生 #朱 #辰砂 #水銀 #Hg #お水送り #お水取り

Dsc_7220

▼「道楽の科学」としては最も古い部類に属にする無手勝流探究があった!!

『「丹生」を追う』

 である。これはどこまできているのだろう!?
 再始動がはじまれば、どこから動けばいいのだろう!?

▼そもそものはじまりを「記録」していた。

●1986年8月 朱(丹)を追え 1 (「地下茎」第40号P6-9)

 今から34年ほど前(1986年)の、生徒の夏休みの自由研究にはじまる。
 当時勤務していた学校の校区に「仁豊野」という地名のところがある。その地名は「二(丹)+フ(生)+ノ(野)」に由来するというのがその自由研究の主旨だった。郷土研究家に聞き取りをそれをまとめたものらしかった。
 「丹」が生まれる地だというのである。
 丹とは硫化水銀=朱である。

 私は、面白いと思った!!

 自分でも確かめたくなってきた。それ以来「丹生」を追うことをはじめたのである。

それから34年!! 
 実に多くの「発見」があった。
 また多くの人に出会い教えてもらってきた!!
 ・若狭の「お水送り」
 ・奈良東大寺修二会「お水取り」
 には繰り返し足を運んだ。そして、2018年12月には「これから」について次のように語っていた。


『「丹生」を追う』のこれから #丹生 #朱 #辰砂 #水銀 #Hg(2018/12/23)


▼2019年、2020年と連続してたいした「動き」もしなかった。
 来年以降再始動するときのために2年前に「これから」としてあげたことを再度記しておこう。

(1) Webページ『「丹生」を追う』の充実を図る!!

(2) 『「丹生」を追う』旅に出たい!!
(a) 奈良・桜井市、宇陀市
(b) 伊勢
(c) 大分・宇佐
(d) 全国各地の丹生神社・丹生の地名が残るところ
(e) 全国の水銀鉱山跡
等々

(3) 「水銀(Hg)文化」を追跡する!!

【オマケ】
※今度、「お水送り」で若狭を訪ねたときは、ぜひ『時を刻む湖』(水月湖)にも行ってみたい!!
  
あえて これも

(つづく)

 

|

« 2020年・『燐寸(マッチ)一本 化学の元!!』はどこまで!? #2020年 #マッチの歴史 #マッチ棒 #清水誠 | トップページ | 2020年・『「クモ学」のすすめ』はどこまで!? #道楽の科学 #クモ学 #コガネグモ  »

コメント

突然失礼いたします。
弥生墳墓の棺などに使われている水銀朱に興味を
持っています。特に水銀朱の産地同定(中国産か国産か)
について論文などを漁っていますが、なかなか情報を得ることが難しい状況です。蒲池明弘氏の本も読もうとして
いますが、まだ読んではいません。何かの折にはご教示
をお願いいたしたくご連絡申し上げました。

投稿: 佐藤 吉隆 | 2020/12/07 22:12

佐藤 吉隆さん

楠田です。
コメントありがとうございます。

>弥生墳墓の棺などに使われている水銀朱に興味を
>持っています。特に水銀朱の産地同定(中国産か国産か)
>について論文などを漁っていますが、なかなか情報を得ることが難しい状況です。

たいへん興味深いことを研究されているんですね。
私などまったくのシロウトで、ただただ興味のおもむくままに、丹生を追っています。
私も吉野ヶ里遺跡の水銀朱には興味を持ちました。また動けるようになったら、いろんなところにでかけて「丹生」を追いたいと思っています。今後とも、よろしくお願いします。<(_ _)>

投稿: 楠田 純一 | 2020/12/08 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年・『燐寸(マッチ)一本 化学の元!!』はどこまで!? #2020年 #マッチの歴史 #マッチ棒 #清水誠 | トップページ | 2020年・『「クモ学」のすすめ』はどこまで!? #道楽の科学 #クモ学 #コガネグモ  »