« 2020年・ヒガンバナの完熟「種子」回収した!!(2020/12/15) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 | トップページ | Webテキスト試案「高層天気図・数値予報図」を使ってみる!!(2) #高層天気図 #500hPa #300hPa #初雪 #大雪 #ジェット気流 »

Webテキスト試案「高層天気図・数値予報図」を使ってみる!!(1) #高層天気図 #850hPa #750hPa #湿数 #大雪

Dscn9170

▼風は刺すように冷たかった!!
 夕方、地域の高台(130m)にのぼってみて、暮らす町を展望してみた。
 生野峠からこぼれ落ちてくる雪が降ってくるかと思っていたが、夜までそれはなかった。

 今朝(2020/12/17)起きて、外に出てみたらうっすらと雪化粧!!
 初雪だ!!
 雪はまだ降りつづいていた!!
▼「この雪はどのようにして降ってきたのだろう!?」
 「この後、雪はどうなっていくだろう!?」
 この「ふしぎ!?」の謎解きに挑戦してみたくなった。

 久しぶりにWebテキスト試案をひらいてみる。

Webテキスト試案「高層天気図・数値予報図」(pdf版)

▼まずは
「1 高層天気図と高さ」
である。同時に気象庁の「高層天気図」のページを開いてみよう。

高層天気図(気象庁)

そして、

「高度が高いところが気圧の高いところを表し、高度が低いところが気圧の低いところを表す」

を理解できるようにしよう。
そしてこの アタリマエ を !!

● 高くなるほど気圧は低くなる!!
● 私たちは「大気の海の底」にくらしている。

▼そして、いよいよ
「2 850hPa・700hPa 高層天気図」
だ。

●アジア 850hPa・700hPa 高度・気温・風・湿数天気図(AUPQ78) 

を実際に開いてみて考えてみる。
昨日の昼12時で、1,500m上空の気温は 何度だろう?

テキストに従って(1)~(4)に答えてみよう。


週明けの天気予報で興味深いことを言っていた。

「上空1,500mの気温が-6℃以下になるかが雪が降るかどうかのひとつの目安です」

ほんとうかな!?

(つづく)

|

« 2020年・ヒガンバナの完熟「種子」回収した!!(2020/12/15) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 | トップページ | Webテキスト試案「高層天気図・数値予報図」を使ってみる!!(2) #高層天気図 #500hPa #300hPa #初雪 #大雪 #ジェット気流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年・ヒガンバナの完熟「種子」回収した!!(2020/12/15) #日本ヒガンバナ学会 #ヒガンバナの種子 | トップページ | Webテキスト試案「高層天気図・数値予報図」を使ってみる!!(2) #高層天気図 #500hPa #300hPa #初雪 #大雪 #ジェット気流 »