« 「日本理科教育史」をプロットする!!(35) #2001年 #やさしくて本質的な理科実験 #極地方式研究会 #鈴木清龍 #若生克雄 | トップページ | 実生ヒガンバナ(2019年採集分)は今!!<その1>(2020/11/16) #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 »

【Web更新11/15】20-46 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!!

_dsc5444

枯芙蓉やとぎれとぎれに風の音 20/11/14撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】20-46
週末定例更新のお知らせ
 今朝、第3回オンライン句会「寅の日」11月例会は、選句期間に入った。
 作句して投句するのも面白いが、人が詠んだ句を選句するのもなかなか愉しい作業だ。
 10日間の時間的余裕があるから、ゆっくり ゆっくり 愉しめるのだ!!
 アリガタイ!!

◆表紙画像集2020 更新 枯芙蓉
 芙蓉という花はほんとうに長く楽しませてくれる花だ。
 枯れれば枯れたで また趣がある。
 真青なる空に映えていた!! とぎれとぎれに 冷たい風が…。

◆サイエンスコミュニケーター宣言 更新!!
 理科の授業は、サイエンスコミュニケーションの最前線である!!
 理科の教師は、最前線のサイエンスコミュニケーターである。
 では、その理科の授業でどんな「実験」が展開されてきたのだろう!?
 『やさしくて本質的な理科実験』の歩みを追ってみた。
 自分自身の「宿題」をいっぱい残していることに気づいた。さて、それをどうするかな!?
 ゆっくり ゆっくり 急ごう!!

●2020年11月13日~22日 サイエンスアゴラ2020『Life』開催中!!

◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 「自然結実」ヒガンバナ、今年の不作は明らかになってきたようだ。
 ますます浮き彫りになるのは2019年530個の「異常さ」だ!!
 その謎解きは、「事実」の「記録」からはじまる!!
 今週もまた「記録」しておくべき「事実」が… 。

◆「コウガイビル」を追う  更新!!
 つきあいがはじまって12年!!
 Webテキスト「コウガイビル」の試案にとりかかろうと思う。
 この「ふしぎ!?」な生きものの教材化に向けて

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから33週目だった。
 すっかり枯れ蓮で占められていた。
 来年の春までは小さな「ビオトープ」として、また初霜・初氷の「標準池」としての役割が待っていた。

_dsc5590

|

« 「日本理科教育史」をプロットする!!(35) #2001年 #やさしくて本質的な理科実験 #極地方式研究会 #鈴木清龍 #若生克雄 | トップページ | 実生ヒガンバナ(2019年採集分)は今!!<その1>(2020/11/16) #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「日本理科教育史」をプロットする!!(35) #2001年 #やさしくて本質的な理科実験 #極地方式研究会 #鈴木清龍 #若生克雄 | トップページ | 実生ヒガンバナ(2019年採集分)は今!!<その1>(2020/11/16) #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ実験 »