« 「日本理科教育史」をプロットする!!(29) #サイエンスコミュニケーター #サイエンスカフェにいがた | トップページ | 「自然結実」ヒガンバナ群生地は今!!(2020/11/05) #ヒガンバナ #自然結実 #ヒガンバナの種子 »

「日本理科教育史」をプロットする!!(30) #2011年 #サイエンスアゴラ #サイエンスアゴラ2011

Dscn0824

2011年!!
 この年が、「日本理科教育史」を語る上でも重要な年であることは確かだ!!

 「サイエンスコミュニケーター」を名のりはじめた私もまだ「これから」ははっきりと見えていなかった。
 2011年の晩秋。
 ちょうどこんな季節だった。「これから」を求めてある場所にでかけていった!!

Dscn0811_20201105050401

Dscn0816

Dscn0861

▼ある場所とは

◆サイエンスアゴラ
 
である。これもまた本間善夫さんに教えてもらったものだった。
 ここにもきっちりと「記録」が残っていた。

●2011年11月18日~20日 サイエンスアゴラ2011 『新たな科学のタネをまこう-震災からの再生をめざして』

▼サイエンスアゴラは2006年にはじまっていた。
 それまでのテーマをならべてみると次のようになる。

第1回 サイエンスアゴラ2006 『科学と社会をつなぐ広場をつくる』

第2回 サイエンスアゴラ2007 『みんなでつなごう未来のスイッチ』

第3回  サイエンスアゴラ2008 『地球の未来 日本からの提案』

第4回 サイエンスアゴラ2009 『地球の未来 日本からの提案Ⅱ』

第5回 サイエンスアゴラ2010 『未来へつなぐ科学のひろば』

第6回 サイエンスアゴラ2011 『新たな科学のタネをまこう-震災からの再生をめざして』

 第5回と第6回のあいだに3.11があった。第5回までの「歴史」の地続きとして第6回があるのだろうか。
 それとも…!?
 自分の目と耳でたしかめてみたかった。

▼当時のblogに、サイエンスアゴラ2011 参加の目的を次のようにメモしていた。

(1) 人に会いに行く。
  前からなじみのある方、前から会いたいと思っていた人、はじめて会う人 …
  ともかくいっぱい人に会おう。
(2) 会った人の「私の科学」から学ぼう。
(3) 「サイエンスコミュニケーター 5つの条件」の検証!!
  私は手前勝手な条件をつくっていた。その検証をしてみよう。

 ◆サイエンスコミュニケーター 5つの条件    
【条件1】「私の科学」をもつこと
【条件2】「私の科学」を楽しむこと
【条件3】Twitter的であること。(「リンク」「シェア」「フラット」「等身大」「リアルタイム」)
【条件4】「科学魂」をもつこと
【条件5】「学び」続けること

(4) サイエンスコミュニケーターの「これから」を学ぶ。

 はたして「目的」は達成できたのだろうか?
 それとも!?

(つづく) 
  
 

|

« 「日本理科教育史」をプロットする!!(29) #サイエンスコミュニケーター #サイエンスカフェにいがた | トップページ | 「自然結実」ヒガンバナ群生地は今!!(2020/11/05) #ヒガンバナ #自然結実 #ヒガンバナの種子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「日本理科教育史」をプロットする!!(29) #サイエンスコミュニケーター #サイエンスカフェにいがた | トップページ | 「自然結実」ヒガンバナ群生地は今!!(2020/11/05) #ヒガンバナ #自然結実 #ヒガンバナの種子 »