« 「日本理科教育史」をプロットする!!(4) #日本理科教育史 #現代理科教材発展史 #スライム | トップページ | 【Web更新9/6】20-36 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »

「日本理科教育史」をプロットする!!(5) #日本理科教育史 #現代理科教材発展史 #究極のクリップモーター

Dscn6771

大気はきわめて不安定な状態にあることは確かだった!!
 台風の中心から遠く離れていた。
 しかし、その影響は遠く離れた空にも現われていた。
 車にのせてもらい車窓からの「雲見」をした!!
 この「雲見」のあと、激しい雷雨だった。

 「台風を科学する」は、防災・減災にツナガル!!

Dscn6794

Dscn6836

Dscn6840

▼現代理科教材発展史をつづける。
 もう少し身近に私自身もかかわってきた教材をあげてみる。
 ●「究極のクリップモーター」
 である。私にとっての「はじまり」はここにあった。

●1984年(昭和59) 台なしクリップモーター(楠田)(後に『究極クリップモーター』と命名)はじまる。

▼「スライム」と少しかたちを変えて、時系列にもならべていた。

●現代理科教材発展史-「究極のクリップモーター」考(その1)

●現代理科教材発展史-「究極のクリップモーター」考(その2)

この最後に次のように語っていた。

これからやりたいことがいくつかある。
・ひとつは、さらなるルーツを探ること。
・さらなる「究極のクリップモーター」を追求すること。
である。
 そして、なによりもやりたいことは、すべての中学生(小学生、大人にも)にあの「回った!!回った!!」の感動体験をしてもらうことだ。

▼これを受けるようなかたちで次のようなページをつくっていた。

◆「究極のクリップモーター」を普及させる会

 ここには、さらなるルーツを追う情報や進化しつづける「究極のクリップモーター」情報ともリンクすることとした。
 今や教科書・実験書にも定番化した「究極のクリップモーター」!!
 ネット上にもいろんなタイプや「応用」も登場してきている。
 さらに進化が進んでいくだろう。
 でもこのコトバは忘れたくない!!

誰が いつ どこで やっても回る! だから「科学」だ!  

(つづく)  

|

« 「日本理科教育史」をプロットする!!(4) #日本理科教育史 #現代理科教材発展史 #スライム | トップページ | 【Web更新9/6】20-36 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「日本理科教育史」をプロットする!!(4) #日本理科教育史 #現代理科教材発展史 #スライム | トップページ | 【Web更新9/6】20-36 サイエンスコミュニケーター宣言 等 更新!! »