« オンライン句会「寅の日」をはじめよう!!(6) #寅の日 #オンライン句会 #夏雲システム | トップページ | オンライン句会「寅の日」をはじめよう!!(8) #寅の日 #オンライン句会 #夏雲システム »

オンライン句会「寅の日」をはじめよう!!(7) #寅の日 #オンライン句会 #夏雲システム

Dscn5318

あれっ!?いつのまに!!

 次に顔をあげたとき、「雲の峰」は大きく成長していた。
 こんな景を、我らが師・「寅日子」先生はどう詠んだだろう。

朝顔に水をやりけり雲の峰

   雲の峰見るゝ雲を吐かんとす

生きながら雲の峰とやなりぬらん

Dscn5306

Dscn5288

▼オンライン句会「寅の日」の話をつづける。
 私はいささか迷っていた。
 オンライン句会をどのような「かたち」で開催したらいいのか?
 リアル句会の経験もないだけにまさに雲をつかむような話だった。
 はじめてのことだから、準備の期間を設けるということで、準備「句会」を計画した方がいいだろうか?
 あまりに拙速であって、計画だおれになってしまわないだろか?
 等々いろいろと迷い悩んでいた。
 そんなとき、はたと気づいた!! こんれはオンライン句会であると!!
 
「句会」会場の準備も必要ない。
 師事する先生の都合を聞く必要もない。
 リアル句会のハードルを高くしていることは、あらかじめてすべてクリアしているのである。
 ダカラ 最初から 決めてしまおう。

●オンライン句会「寅の日」の開催は、月一回の定例開催(月例開催)とする!!

▼そう決めるとけっこう気が楽になった。
 つづけて最初から決めておくべきこと決めてしまっておこう。都合が悪くなれば変更するということで

●【投句期間】
 毎月1日0時から15日23時59分まで

 ※ただし、第一回目の9月定例句会にかぎりそのかぎりではない。準備が整いしだい投句できるようにしたい。

▼次に決めておきたいのは【選句期間】である。

●【選句期間】
 毎月16日0時から25日23時59分まで  
 そして【結果発表】は次のようにしたい。

●【結果発表】
 毎月26日から

 参加メンバーは、あらかじめ登録されたメンバーと【投句期間】内に登録された方としたい。
 ただし、私が慣れていないこともあるのでできるだけはやめに登録をお願いします。

(つづく)

 

 
 

 

 

 

 
 

|

« オンライン句会「寅の日」をはじめよう!!(6) #寅の日 #オンライン句会 #夏雲システム | トップページ | オンライン句会「寅の日」をはじめよう!!(8) #寅の日 #オンライン句会 #夏雲システム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オンライン句会「寅の日」をはじめよう!!(6) #寅の日 #オンライン句会 #夏雲システム | トップページ | オンライン句会「寅の日」をはじめよう!!(8) #寅の日 #オンライン句会 #夏雲システム »