« オンライン句会への道(6)#寺田寅彦 #俳号 #寅の日 #夏雲システム #オンライン句会 | トップページ | 2020年8月(葉月)の「雲見」は!? #雲見 »

オンライン句会への道(7)#愚陀佛庵 #子規 #漱石 #寅の日 #夏雲システム #オンライン句会

Dscn8509_20200731035901

桔梗活けてしばらく仮の書斎哉 子規

愚陀佛は主人の名なり冬籠 漱石

 松山市立子規博物館の3階(展示第2室)に「愚陀佛庵」(復元)があった。
 私はしばらくその場所をはなれることができなかった。
 明治28年(1895)、漱石の下宿先に松山に帰郷した子規が転がり込んできた。52日間ものあいだ子規は我が家のように気儘に暮らしたという。
 漱石の俳号をとって「愚陀佛庵」と呼ばれたここで仲間が集い句会が開かれたという。
 思わずタイムスリップしてしまいそうな空間がそこにあった。

Dscn8485_20200731035901

Dscn8504_20200731035901

Dscn8516_20200731035901

▼それ以降、漱石はより俳句に熱中し、「子規へ送りたる句稿 その一」(明治28年)から「その三十五」(明治32年)を、子規へ送り続けるのであった。
 子規は、それに短評を書いたり、添削したり、○をつけたりするのである。
 その交流、指南の方法こそ漱石の「俳句」をつくり出した。

▼我らが寅彦が、漱石を訪ねて、「俳句とは」を聞いたのは明治31年(1898)である。
 「愚陀佛庵」から3年後のことであった。
 そして、今度は、寅彦が漱石に送ったのである。
 「夏目漱石へ送りたる句稿」の「その一」から「その二十一」(明治32年)までを。
 漱石は、今度は寅彦に対して、子規がやってくれたことと同じこと寅彦にやってくれた。
 子規 → 漱石 → 寅彦 !!
 学びの作風は引き継がれていった!!

▼そんな大御所の話はちょっとおいておこう。
 \(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ

 デワアルガ マナブトコロモアリソウナ

 オンライン句会「寅の日」の学びの作風は、今のところゼロ!!
 今はじまろうとするところだから。
 参加するみんなで愉しくつくっていきたいものである!!
 私たちの 学びの作風を

 あの「愚陀佛庵」のように!!

(つづく)

 

 

|

« オンライン句会への道(6)#寺田寅彦 #俳号 #寅の日 #夏雲システム #オンライン句会 | トップページ | 2020年8月(葉月)の「雲見」は!? #雲見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オンライン句会への道(6)#寺田寅彦 #俳号 #寅の日 #夏雲システム #オンライン句会 | トップページ | 2020年8月(葉月)の「雲見」は!? #雲見 »