« 2020年大賀ハス第1号「あこがれの4日間」が始まった!!(2020/06/25) #大賀ハス #あこがれの4日間 | トップページ | 本日(2020/06/28)、第257回オンライン「寅の日」!!#森の絵 #traday #寺田寅彦 »

2020年大賀ハス第1号「あこがれの4日間」の二日目!!(2020/06/26) #大賀ハス #あこがれの4日間

_dsc7190_20200627052001

_dsc7171

▼「あこがれの4日間」の4日間はそれぞれの日ごとに意味あった。
 特に二日目は、「花」本番だった!!
 一日目の天気が悪く、中途半端な開き方しかできなかったから、なおさら二日目は大きく開いてきたかに見えた。
 最高に開いたのは、7時過ぎから8時頃にかけてであった。
 花びらの先端から向かいの花びらの先端まで(長径)は15㎝に達するまでになっていた。
 あの小さかった蕾が!!
▼「花」とは、「種子」をつくるための器官だった。
 まわりが明るくなり、「花」がひらくにしたがって、第1号大賀ハスの「なかみ」が見えてきた。
 中央の花托(ステージ)に9つの「めしべ」があった。
 それを取り巻くように、先端に白い葯(花粉が入っている)をもった「おしべ」が多数みられた。
 「めしべ」の先・柱頭は少し輝いて見えた。

_dsc7042

_dsc7053

_dsc7152

▼器官がそろっているだけでは、次なる展開はない。
 花粉を柱頭まで運ぶ、「運び屋」が必要だった。
 それを引き受けるのが、蜂などの虫たちだった。ときにはどこからともなく大きな熊蜂もやってきた!!
 その虫たちは、ここに「花」ひらいたことをどうして知るのか!?
 それは香りである!!
 なんとも言えぬいい香りが拡散しはじめるのであった。
 「荷風千里」のコトバを思い出す。
 ところが、残念なことに昨日は、一匹として虫たちはやって来なかったのだ!!
 香りは確かにしていたのに。
 天気のせいだろうか!? 
 花粉ははげしい雷雨が流し去ってしまったのである。

▼悲運な二日目を、少しドキュメント風に追いかけてみる。

●4:11 なんと!!はやくも少し開き始めていた。

_dsc6766

●5:01 かなりのところまで開いてきた。

_dsc6774

●5:02 めしべは9つと確認できた。

_dsc6787

●5:30 どんどん開花が進む!!

_dsc6862_20200627051801

●6:07 全開が近づくと、まるで中央から光が放たれるように輝い来る!!

_dsc6935

●6:08 少し見る角度を変えてみると、またちがった姿が

_dsc6956

●6:42 全開が近づいてきた!!

_dsc7035

●7:53 「香り」がすごい!!どこまで拡散するのだろう。「香り」の正体は!?

_dsc7263

●8:20 あきらかに少し閉じ始めている。

_dsc7318_20200627052101

●9:21 閉じるのは進んでいった。

_dsc7360

●9:23 雨が降りはじめた。

_dsc7390

●9:59 本格的に雨が…

_dsc7432

●10:49 悲しいかな、花粉が流されていた!!

_dsc7604

●10:50 閉じるのははじまっていた。

_dsc7614

●10:54 閉じていく姿を上から見ると

_dsc7647

●12:04 葉が邪魔をして完全にはとじられようだ(^_^;)

_dsc7770

●13:41 はげしい雷雨だ!!

_dsc7832

●14:00 雨は上がり、ほぼ元通りに。

_dsc7848

●15:02 完全に閉じたようだ。

_dsc7893

●17:17 とんだ「二日目」だった。傷ついた花びらが痛々しい。

_dsc7988

さあ、「あこがれの4日間」三日目はどんな展開に

(つづく)

|

« 2020年大賀ハス第1号「あこがれの4日間」が始まった!!(2020/06/25) #大賀ハス #あこがれの4日間 | トップページ | 本日(2020/06/28)、第257回オンライン「寅の日」!!#森の絵 #traday #寺田寅彦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020年大賀ハス第1号「あこがれの4日間」が始まった!!(2020/06/25) #大賀ハス #あこがれの4日間 | トップページ | 本日(2020/06/28)、第257回オンライン「寅の日」!!#森の絵 #traday #寺田寅彦 »