« 実生ヒガンバナ「発芽・発根」の追加6個!!そして… (2020/06/24) #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ #日本ヒガンバナ学会 | トップページ | 2020年大賀ハス第1号「あこがれの4日間」の二日目!!(2020/06/26) #大賀ハス #あこがれの4日間 »

2020年大賀ハス第1号「あこがれの4日間」が始まった!!(2020/06/25) #大賀ハス #あこがれの4日間

_dsc6475_20200626055001

_dsc6482_20200626055001

▼ しまった!!
  「あこがれの4日間」のはじまりのサインを見逃してしまった!!

 気づいたのは、なんと昨日(2020/06/25)の8:29にもなってからだった。
 今年の大賀ハス第1号の「あこがれの4日間」の第1日目だった!!
 長年の大賀ハス観察により、「あこがれの4日間」はじまりの予告のサインを前日の夕方には読みとることができると思っていた。
 花蕾の外の萼が一枚、蕾とのあいだに「すき間」ができるのである。
 一昨日の夕方、私はそれを見逃してしまっていたようだ。
▼「あこがれの4日間」は久しぶりだった。
 昨年はとんだトラブルつづきで、ついには一度たりともなかったので、2年ぶりということになる。
 蓮の花は

ひらいた ひらいた
なんの花が ひらいた
レンゲの花が ひらいた
ひらいたと思ったら
いつのまにか つぼんだ

 の歌のとおり、早朝に咲き始め、昼ごろまでにはつぼんでしまいます。
 それを4日間を繰りかえし、4日目には花びらも、雄しべもバラバラと落としてしまう。
 私は、この4日間をいつとはなしに勝手に「あこがれの4日間」と呼ぶようになった。
▼昨日は、その第1日目だったのです。
 第1日目のはじまりも不思議いっぱいだった!!
 定刻(これまでの観察から5時~5時30分ごろと判断していた。)になると、きまって開き始めるのである。
 まるで「目覚まし時計」がセットされているように!!
 いっきょに開くように言われているが、ていねいに観察すると、もっと不思議なことがいっぱいわかってきた。
 花びらり先端に謎解きの「鍵」あると思っていた。
 花ビラのひらくのにも順番があるのである。
 そして、きまった最後の一枚があることもわかった。その意味は!?
 閉じるときも、その順番があった!!
 それはあまりにも規則的であり、感動的だった!!
 この「からくり」=メカニズムの謎解きに挑戦したこともある。
 しかし、私はあまりにも無手勝流すぎた!?

_dsc6501

▼どうやら観察をはじめたときは、すでに最大に開いたときを過ぎていたのかも知れない。
 徐々に閉じはじめていた。

●8:58 あきらかに閉じ始めていた。

_dsc6544

●9:56 雨が降りはじめた。この雨は、花の開閉に関係しているのだろうか!?

_dsc6603

●11:01 ほぼ完全につぼんだ!!

_dsc6632

●11:56 蕾はさらにつぼみ細長くなった感じがする。

_dsc6681

●14:09 なんとなく「しなびた」感じを受けるのはどうしてだろう。 

_dsc6737

さて、二日目の展開は…

(つづく)

|

« 実生ヒガンバナ「発芽・発根」の追加6個!!そして… (2020/06/24) #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ #日本ヒガンバナ学会 | トップページ | 2020年大賀ハス第1号「あこがれの4日間」の二日目!!(2020/06/26) #大賀ハス #あこがれの4日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実生ヒガンバナ「発芽・発根」の追加6個!!そして… (2020/06/24) #ヒガンバナの種子 #実生ヒガンバナ #日本ヒガンバナ学会 | トップページ | 2020年大賀ハス第1号「あこがれの4日間」の二日目!!(2020/06/26) #大賀ハス #あこがれの4日間 »