« Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(35)#高層天気図 #数値予報図 #デジタル台風 | トップページ | Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(36)#Webテキスト #高層天気図 #数値予報図 »

【Web更新5/24】20-21 オンライン「寅の日」 等 更新!!

_dsc3271_20200525034801

金銀と連なりゆれる忍冬 20/05/22撮影@福崎

 

■楠田 純一の【理科の部屋】20-21
週末定例更新のお知らせ
 「却の整理学」というフレーズがとても気に入っていたことがある。
 モノゴトを「忘却」のフィルターを通して、残るモノだけを「整理」するという作戦デアル。
 「整理」ベタの私には魅惑的な「整理学」に思えたのだが…

 

◆表紙画像集2020 更新 忍冬
 前の田に水が入り その上を風が渡る!!
 その風が 山ぎわ 土手の 忍冬の花をゆらす 
 もう何年も 何年も 繰りかえす景である。
 その景を「日常」という。 なんともうれしい景である。

 

◆オンライン「寅の日」 更新!!
 6月のテーマを決めていた。
 「教科書に掲載された 寺田寅彦作品を読む」である。
 なにか あらたな展開の予感がする。はたして、どんな展開が…

 

◆Webテキスト『天気の変化』の可能性!? 更新!!
 Webテキスト試案「高層天気図・数値予報図」がひとまずできた。
 セミパブリックな場に公開しておくことにより、これまたあらたな展開があるかも知れない。
 そんな願いを込めて…
 
◆【ヒガンバナ情報2020】 更新!!
 2020/05/21現在の暫定発芽率は103/530個=0.194 ナント 19%だ!!
 どんな作業仮説が考えられるのか。
 それがこれからの課題だ。
 秋の「出葉」に向けた植え替えの準備もすすめている。
 なにしろはじめての経験だけに…(^_^;)

 大賀ハス観察池は、蓮根の植え替えから8週目である。水面に浮き葉が占める割合が増えてきている。
 「水栽培」池の方は、立ち葉がいくつも見られる。
 はたして、今年はこのなかから「花芽」が顔をだすことがあるだろうか。

_dsc3326

_dsc3334


|

« Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(35)#高層天気図 #数値予報図 #デジタル台風 | トップページ | Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(36)#Webテキスト #高層天気図 #数値予報図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(35)#高層天気図 #数値予報図 #デジタル台風 | トップページ | Webテキスト『天気の変化』はどこまで!?(36)#Webテキスト #高層天気図 #数値予報図 »